ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダージオウ感想 第7話

2018.10.25 (Thu)

EP07 「マジック・ショータイム2018」




ウィザード早瀬魔法SHOW(#7)




さあ、ショータイムだ!第7話。




ソウゴ
「すっげぇ!でもさぁ、あれってマジックじゃなくない?」


ツクヨミ
「私も思った。トリックとか手品というよりは…。」


ゲイツ
「まるで本物の魔法だな。かつて…仮面ライダーウィザードという
魔法を使うライダーがいたと言う。
タイムジャッカーが、あの早瀬という男に
仮面ライダーウィザードの力を与えていれば…
魔法を使えても、なんら不思議なことじゃない。」


ツクヨミ
「調べる価値はありそうね。」






あいつアナザーライダーじゃね?(#7)





ウワー!?アナザーライダー出てきたー!?




トリックだとか手品だとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
こいつぁ魔法に違いねえ!!

かつて、仮面ライダーウィザードという
魔法を使うライダーがいたと言う…!

おのれ…タイムジャッカーの仕業か!!


なんという短絡的アナザーライダー思考。
毎度毎度タイムジャッカーの相手をしていると
このような思考に至ってしまう可能性があります?

しかし、結果的には大正解であり
話の流れがスピーディーなので良い事なのです。






スウォルツ
「会えて、うれしいよ。仮面ライダーゲイツ」


ゲイツ
「タイムジャッカーか…!」


スウォルツ
「俺はスウォルツ。
お前たちに動かれるといろいろと厄介だ。大人しくしてもらう。
意見は求めん。」


ゲイツ
「ウォズ!」


スウォルツ
「ほぅ…いつの間にか、彼と手を組んでいたか。
これは誤算だった。また次の機会にしよう。」






ウォズマフラーキャッチ(#7)





すっごい伸びるよ!




ウォズさんのマフラー、すっごい伸びるよ!!


そのマフラー、伸びるんすね。
あらやだ、未来のマフラーかしら。

花京院みたいなビジュアルで
リサリサみたいな技を繰り出すウォズさん超クール。


ゲイツくんとは昔からの知り合いだったのね。
現状は仲たがいしているみたいだけど
絶体絶命のピンチからは助けてくれる優しみ。
一応は、味方サイドと考えても良さそう。いまのところは。



タイムジャッカーに時間停止させられている間に攻撃されたら
マジヤバいんじゃね?に、対する明確なアンサーが。


なんかもう普通にマジヤバかった。


屋上から念力で押しだされるって、どんな気持ち?ねぇどんな気持ち?

停止した時の中で、ナイフを雨あられのように投げても
ロードローラーで押し潰そうとしてもOK。
相手が仮面ライダーだろうが、変身前にやりたい放題である。

タイムジャッカーの時間停止に対しては、手も足も出なそうなんだけど
歴史の流れを知っていて、神出鬼没のウォズさんが助けてくれそうではある。

ウォズさん、タイムジャッカーの時間停止中でも動けそうな強者感あるし。

最悪、ゲイツがやられてもソウゴかツクヨミが存命ならば
時間移動してやられる寸前に助けに行けそうな気がしないでもない。
実際に、やるかどうかは別として。





命の恩人やぞ(#7)





ゲイツやツクヨミが、ソウゴの仲間になれば歴史が歪みかねない。
…と、考えつつもゲイツをソウゴの仲間に誘ったのは
ゲイツくんの性格を考慮した上で
ソウゴと距離を置かせるためのタクティクスなのかしら。

我が魔王に、気安く接するのは許さないけど
魔王の側近としてなら、お傍に置いてやってもいいぞ。

…くらいのテンションなのかも知れん。


物理的な距離も近すぎだからね。





近い近い近い(#7)





軸が重なったらチューしてる距離ですわ。





ウールくん(#7)

オーラちゃん(#7)





今回は、タイムジャッカー3人組が全員出てきてテンション上がりました。


ウールくんが、アナザーライダーをつくって
オーラちゃんが、更なる絶望を与えてパワーアップさせて
スウォルツさんが、邪魔者を排除する。


意図的に協力したのか、バラバラに行動しつつサポートし合ったのか
たまたまイイカンジに協力プレイになったのかは定かではありませんが
ちょっとしたパーティータイムであり、ショータイムなのであった。






ソウゴ
「あの人…なにも悪いことはしてないよね?
彼と戦うのは、なんか違う気がする。」


ゲイツ
「ぬるいな!アナザーライダーの存在そのものが危険なんだ。
あの力をいつ手に入れたのか、まずはそれを知る必要がある。
やつに白状させる。」

「思っていた通りだ。
その力、お前に持たせていては…やはり、こうなる。
2度は逃がさんぞ。」






対立ボーイズ(#7)





アナザーライダーは存在自体が危険!
力を手に入れた経緯を吐かせてから排除する!!

アナザーライダー、見敵必殺なゲイツくんに対して
まだ何も悪いことしてないなら戦うのは違くね?というソウゴ。


ソウゴの言い分も、ゲイツくんの言い分も、双方理解可能。


考え方の違いでギスギスしちゃった2人だけど
この辺は、育った環境や性格が如実に表れているカンジ。

ソウゴの言い分はもっともだし
ゲイツやツクヨミは、未来でオーマジオウを相手に
命をかけてレジスタンスしていただけに
アナザーライダー関連には過剰に反応せざるを得ないだろうしねぇ。


確かに、ウィザード早瀬は魔法の力でマジックショーをしていただけで
人を襲ったりはしていなかったワケで。

アナザーライダーの力でお金儲けをしていただけなワケで。

しかし、結果的にブチ切れて婚約者に襲いかかってしまったワケで。


手に入れた力をどう使うかで、ヒーローにも、怪物にもなるってやつね。
なんというか、すっごくアナザーライダーしてると思うわ。





アナザーウィザード(#7)





アナザーウィザードのビジュアルも超カッコイイ。


ベルトの手の部分がガイコツになっていたり
顔面がヒビ割れたようになっている所が
ライダーとファントムの中間ってカンジでチョーイイネ!


頭部にリングがついているのがオシャレだけど
なんだか引っ張られちゃいそーだな…とか思ってたら
見事に引っ張られてて吹いたw





覚醒ウィザード早瀬(#7)





香織お嬢さんの為に、6年間も頑張ってきたのに
6年前にはすでに他の男からプロポーズされてて
自分のことなど、はなから眼中になかったので絶望します。


ウィザード早瀬さんのピエロっぷりに涙が出てくる。


一番ショッキングなのは、ウールくんと契約しようがしまいが
香織お嬢さんとは上手くいかないってことやね。

タイムジャッカー関係なく、フラれる運命。6年前から。

必死に守ってきたマジックハウスも閉鎖するしフラれるし。
そもそも希望ルートが一切ない、絶望ルート一択パターン。

って言うか、自分が6年間頑張った結果
香織お嬢さんが婚約者と新しいスタートを切れるという事実。

そりゃ「意味がわからん」となっちゃいますし
「何のために俺がここまでやってきたと思ってんだ!」ともなりますわ。

ウィザード早瀬には、もう同情しかねぇ。

希望がみえるエンディングに到達できるのかしらこの人…。






ソウゴ
「ゲイツ、やめてよ。」


ゲイツ
「こいつは人を襲い始めた。お前のぬるさが招いた結果だ! 」


ソウゴ
「でも…ここまでする必要はないと思う!」


ゲイツ
「なら、やるしかないな。」


ツクヨミ
「2人とも、やめて!」






スリープ!ツクヨミ(#7)





私の為に争わないでーーー ( ˘ω˘ ) スヤァ…





スリープされたんで、とりま寝るわ。


キッスで起こして。キッスで。王子様の。


もーちーろーんー、魔王様はノーサンキューだZO!




コメント


管理者のみに表示

トラックバック