ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第48話

2018.08.25 (Sat)

第48話 「ラブ&ピースの世界へ」




戦兎
「お前の野望は、俺たちが打ち砕く。
それが、一海の…・全ての人の想いだ!
行くぞエボルトォーッ!うぉぉおおおーーーッ!!」





さぁこい仮面ライダー(#48)

行くぞエボルト(#48)




エボルトォオオオ!ウオオオ行くぞオオ!

さあ来い仮面ライダー!

ご鑑賞ありがとうございました!
セントの勇気が世界を救うと信じて…!第48話。




エボルト
「目にもの見せてやろう。さぁ…俺の一部となれ!」






月いただきました(#48)





月も食ってパワーアップッ!
ブヂュブヂュルつぶして
ブラックホールにひきずりこみジャムにしてくれるぜェー




月いかれたわ。ガッツリいかれたわ。
地球に多大な影響でるわ。なんかそんな風に聞いたことがあるわ。
月が無くなったら地球がヤバい的な説を聞いたことがあるわ。
もう、お月見も出来ないわ。


これエボルト倒しても、月は元に戻らないんですよね?

やはり並行世界と融合して、新世界到達エンドしかないなぁ。
現状、エボルト倒す=新世界到達なので問題はないけ…お月様返して!!


アッサリとロストボトルを回収して、怪人態へと戻ったエボルト。
月を喰らって両腕を強化。
さらに、地球をつまみ食いすることで両肩を強化して究極体へと超進化。



すごいよエボルトさん、どんどんダサくなる!



なにあの両肩のパーツ。

両肩よりも先に強化した方がいい場所が多々あると思うのですが。

ひとまず、胸と両足に強化パーツをつけた方が強そうに見える説。





ハザードトリガー落ちてた(#48)

クローズマグマハザード(#48)





クローズマグマハザード!


落っこちてたハザードトリガーで
万丈さんが満を持してのガタガタゴットンズッタンズタン。
ハザードトリガーを使うことで極熱筋肉が
超極熱筋肉へとビルドアップなのです。

文字通り、熱い展開だったけど
特に見た目が変化するでもなく暴走するでもなく
なにより大活躍するわけでもなく
普通にエボルトに切り返されてしまったのが残念至極。


カズミンの形見のブリザードナックルを使って
クローズマグマブリザードになってくれても良かったのよ?

マグマとブリザードで、極大極熱筋肉なのよ。

右半身のブリザードと、左半身のマグマで
氷炎筋肉クローズマグマブリザードになって弾岩爆花散するんだ…。






幻徳
「聞こえるぞ…みんなの声が、祈りが!」

「親父…やっとわかったよ。
国をつくるのは力を持つ者じゃない。力を託せる者だって。」

「後は頼んだぞ…桐生…戦兎…。
親父…少しは近づけたかな……」






幻さんの最後(#48)





大義のための犠牲に、おれはなる!




国をつくるのは力を持つ者ではなく、力を託せる者。

人々の為に命をかけて戦う幻徳さんは
希望を託せる人物であったといっても過言では無かろう。

人々に犠牲を強いる人間では無く
人々の為に犠牲になることすらいとわない人物。
それこそが、国をつくる器を持つ者。

国の未来を守る為に、市民の声援を力に変えて戦う仮面ライダー。

エボルトを倒して地球を救うために
自らを犠牲にして一矢報いる幻徳さんのカッコ良さよ…!

紆余曲折あった幻さんも、随分と立派になったのう…!!



市民からの応援を受けて立ちあがり
割れたマスクの奥から鋭い眼光を光らせて
エボルトに向かっていく幻徳さんが熱すぎる。


カズミンに許されていたエピソードに加えて
これまで蔑ろにしてきた市井の人々にも頼られて応援されるという
幻徳への救いともいえるシチュエーション。

みんなの応援が仮面ライダーに力を…
有権者たちの清き一票が、幻さんに力をくれる!!


父親の影を追い掴む様にして消えていくその散り様。
幻徳の影がローグのシルエットになっている演出にグッときますね。

氷室幻徳…仮面ライダーとして見事な散りっぷりであった。

幻徳は犠牲になったのだ。
世界を救うという大義…その犠牲にな。





エボルト
「仮面ライダーなど叩き潰してくれ…ウッ!?な…なにッ!?」


美空
「トリガーが壊れた…!」


紗羽
「幻さんが…止めてくれたんだ…!!」






エボルトリガーバチバチ(#48)

エボルト硬直状態(#48)





エボルトに命懸けで必死に食らいつき
エボルトリガーを破壊していた幻さんカッコイイよ幻さん。
無駄死になんかじゃあなかったんだぜ。





ヒロイン紗羽さん(#48)





なにげに、紗羽さんがヒロインしててキュンと来る。


初対面時の隣のホテルで朝までパーリナイ宣言がなければ
もっと良い関係を築けていたかも知れんね。
β世界線では仲良しこよしなのかも知れんね。






戦兎
「新世界の扉よ…開けーーー!!」






開け新世界(#48)





開いたわ。




宇宙空間が開いて、並行世界の地球が出てきたわ。
さらに、その間に隙間まで開いちゃったわ。もう開きまくりね。


なんか宇宙がヤバいってカンジ!


並行世界の地球が、強引に引っ張り出されてきてちょっと吹いた。

ワームホールめいた力で並行世界の扉を開いて
ブラックホールの力で吸い寄せてんのかしら?


あとは、エボルトを隙間にポイすれば新世界の完成らしいですが
勝手に融合されるβ世界の地球からすると
とんでもない大災害に巻き込まれている感。

宇宙空間にできた光の隙間にエボルトを放り込んで
並行世界と融合するためのエネルギーにするってのも
よく考えると、そうとうダイナミックな解決法ですよね。

これくらいしないと勝てないんや…仕方ないんや…。
大義のための犠牲となれ…。



幻徳がつくってくれたエボルトの隙をついて
戦兎くんがジーニアスフィニッシュで、エボルトからパネルを摘出。

すかさず、万丈が黒いパンドラパネルに白いパンドラパネルを合わせる。

これまでにないくらいの素早い動きで美空ちゃんが
パンドラボックスをダッシュで持ってきて、戦兎くんが白いパネルをIN!

なんというスピーディーな共同作業。
おそろしく速いムーブ。オレでなきゃ見逃しちゃうね。


世界の危機を救うのが「箱の蓋を閉める」ことだという
パンドラボックスの名に相応しいアクション。

見た目のカッコ悪さは置いといて、開いてしまったパンドラの箱を
閉めるまでに至ったという事実はイイカンジなのではないかしら。






戦兎
「あとは…あの光の隙間にお前を放り込むだけだ。
お前のエネルギーで、新世界は完成する!」


龍我
「俺にもエボルトの遺伝子が宿ってる。
一緒に消えるのは、俺の方が都合がいい!」


戦兎
「まさか…やめろ、万丈!!」


龍我
「戦兎、ありがとうな!」


エボルト
「そう簡単に、くたばってたまるかぁあーーーッ!!」
「離れろ…!離せぇぇえええーーーーーッ!!」


戦兎
「万丈ォーーーッ!!」






グッバイバンジョー(#48)





幻徳にエボルトリガーを破壊されたことで
動きが鈍った一瞬がエボルトの運命をわけた!

よけられるはずの万丈のマグマに宇宙までおしあげられた!!


灼熱の噴出物は地球の動きを脱出して
大気圏外までふっとんでいく
(1975年 カムチャッカ半島 トルバチク火山の観測より)

マグマのエネルギーは我々の想像以上にすさまじい
地球のパワーをもってしてもエボルトを殺すことはできない
しかし万丈龍我はマグマの力でエボルトを大気圏外に追放したのだ。



万丈さんってば、自力で大気圏突破して
宇宙空間まで飛んで行けるんだ…モノスゲーイ。


自らに宿るエボルトの遺伝子のことを危惧して
エボルトと共に光の隙間へと突っ込んでいく万丈龍我。

こういうことをサラッとやってのけるのが
万丈龍我のカッコイイところであり、ヒロイックな部分である。


しかし、これにて万事解決ってワケにはいかないだろうし
エボルト最後の悪あがきを、戦兎くんが叩き潰すのがラストバトルかな。


エボルトを打倒して、新世界へ到達できるのか?
新世界に到達って言うか、ストーリー的に見事に着地を決められるのか?
幻徳の文字Tネタはあるのか?
ベルナージュさんに出番はあるのか?


次回、最終回!


ラブ&ピースの世界へ To Be Continued...!




コメント


管理者のみに表示

トラックバック