ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第47話

2018.08.18 (Sat)

第47話 「ゼロ度の炎」




ヒゲポテト(#47)




「大義のための、犠牲となれ。」

「心火を燃やして、ぶっ潰す!」


燃え上がる零度の心火。第47話。




内海
「人体実験まで受けたのに…無様なもんですねぇ。」


幻徳
「内海…!3対1か。ハンデには丁度いい。」


内海
「強がっても無駄ですよ。あなたは終わりだ…私がいなければ。」

「現行のライダーシステムでは勝ち目がない。
だからエボルトに下ったんですよ。難波会長の仇を討つために。」






裏切りの内海(#47)





内海ィーーーッ!!?




お前マジか、マジでか内海。

え…内海ってば、難波会長の仇を討つために
あえてエボルトに従ってたの?嘘やん。


え、マジで?


その割には、北都の一般市民を消そうとしたり
幻徳さんに殺る気満々の攻撃を仕掛けてきたり
強制変身解除で消滅するカズミンをボコにしてた気がするけども。
そもそも「死ねー!」とか言ってた気がするし。


…まぁ、良く考えたら難波会長の仇が討てればいいわけだし
幻徳やカズミンがどーなろうと、内海には関係ないか。

エボルトに近づくことでデータを集めて
エボルドライバーを使いこなすのが目的だったんだろうし。



フン!くだらんなあ~~~~~
ラブ&ピースのためなんてなあ~~~~~っ

この内海の目的はあくまでも「難波会長の仇討ち」!
あくまでも「エボルトを打倒」すること!!

幻徳のように大義のために戦うつもりもなければ
心火を燃やすこともない……

どんな手をつかおうが…………最終的に…
勝てばよかろうなのだァァァァッ!!


※ 尚、勝てはしない模様。





幻徳
「フッ…相当マッドだよ、内海。」


内海
「難波チルドレンですから。」


幻徳
「なら力を貸せ。お前は、難波重工の為に。
俺は愛と平和のために、この戦いに勝ァーーーつ!!」






ダブルローグ(#47)





背中合わせで戦う
幻徳と内海のWローグの勇姿にシビれる。

ローグもマッドローグもカッコイイんや~。





内海
「弱点を仕込んでおいたんですよ。
このボトルでのみ、奴の攻撃を無効化できるように。」






難波チルドレンズ(#47)

サメバイクのやーつ(#47)





こんなこともあろうかと!


こんなこともあろうかと!じゃないか内海!!


こんなこともあろうかと、
ヘルブロス対策をしっかりと仕込んでいた内海に
科学者としての才覚を感じる。

この辺は、桐生戦兎よりも優れている部分かも知れぬ。

冷静に戦力分析をしたり
紗羽さんに連絡してフルボトルを届けてもらったり
頭脳派キャラっぽい活躍が光る内海。

ろうそくの火が消える直前にひときわ明るく燃えるアレである。






エボルト
「ブラボー!さっ、そのボトルを渡してもらおうか。」






ボトルちょーだい(#47)





ボトルちょーだい!!




ボトル頂戴おじさんきた。
ボトル頂戴ブラボ―おじさんきた。


パンドラタワーの頂上で待ってればいいのに
ボトルが待ちきれなくて来ちゃった。

擬態用に放出した細胞の回収ついでに来ちゃった。


分離させた擬態用細胞のヘルブロスに
ロストボトルを仕込んでおいたのかな?

もうボトルさえあれば、エボルトだけで生成できそうな気がするけど
それまでの過程を楽しんでそうな雰囲気ある。






美空
「グリス!もうやめて!死んじゃうよ!!」


猿渡一海
「心配してくれるなんて嬉しいねぇ。
…けどよ、どの道助かりそうにねぇんだ。後は頼んだぞ、戦兎。」

「みーたんが、最後の大舞台を見てくれるんだ。
全力でカッコつけねぇとなァッ!」

「死闘!渾身!全霊!これが最期の…祭りだァーッ!!」






カズミン最後の祭り(#47)





最後の祭り。

イッツラストフェスティバルめいた
ファイナルパーリータイムの開幕である。

体から粒子が出ちゃってる状態で戦い続けるカズミン。
自らの体でロストボトル生成までもやってのけようとする心意気。
推しの前でカッコつけたいとか言っちゃうドルオタの鑑っぷり。

カズミンが男前すぎて泣けてくる。





龍我
「オイ、あのグリスの色…。」


戦兎
「なんで変身した…?」


龍我
「もう助からねぇのか?…ふざけんなよ!
なんでそんな危ねえもん使わせたんだよ!
なんでそんなもん作ったんだよ!?」


戦兎
「…。」






なにやっとるん?(#47)

しらんし(#47)





(´・ω・`) 。o0(しゃーないやん…アイツ1番弱かってん…)

(´・ω・`) 。o0(勝手に強制変身解除で消滅する体質になっとるし…)

(´・ω・`) 。o0(ワシは変身すな言うとってんぞ…)




ダンマリですわ。これは悪魔の科学者の顔ですわ。


戦兎くんは、カズミンがブリザードナックルで変身することを
想定してたんじゃないかしら…。

もっと言うと、カズミンが自らロストボトルを生成してくれることを
暗に期待していた節すらあるわ…。


使ってはいけない強化アイテムなんて渡したら
カズミンの性格的に絶対使うに決まってるわけだし。

本当に、武器として使わせるだけのつもりだったのならば
ロストボトルを預かっておけばいいし
葛城忍のビルドドライバーも厳重に隠しておくべきだったかな…
そこまでやったとしても、カズミンは止められないのも事実だろうけどね。


なんにせよ、10本のロストボトルが必要不可欠なわけで
カズミンの行動は世界救済への一歩でもあるのだ。

大義のための犠牲となれ…。なった…。






内海
「私がお前についたのは…このドライバーに
エボルトのデータを、インプットするためだ!」


エボルト
「知ってるよ。だが、人間には使えない。」


内海
「フェーズ1。…フェーズ2…フェーズ3…!」
「フェーズ4!!」


エボルト
「人間風情が!」


内海
「難波会長の仇ィーーーッ!!」


エボルト
「あぁ、そうだった。お前はサイボーグだったな。」






サイボーグ内海(#47)





カラダもってくれよ!!フェーズ3だっ!!!!!

…フェーズ4だぁーーーーーつ!!!!!




人間に、エボルドライバーは使いこなせない。

しかし、内海は使える。

だって内海はサイボーグだから。



お前マジか、マジでか内海。

え…内海ってば、幻徳さんに撃たれて川に落下した後
難波重工驚異の科学力でサイボーグ化されてたの?


え、マジで?


確かに、あの高さから落下して無事だったってのは甚だ疑問だったから
身体の一部を機械化して一命をとりとめたということなら納得はできる。

最上魁星も半身サイボーグ化してたし、技術的な応用は可能ッ!

…ネビュラスチームガンに始まり、並行世界やサイボーグ化と
最上魁星の科学者としての格がモリモリ上がっていく…。



界王拳のように、赤いオーラを纏いながら
フェーズを上げていくマッドローグがカッコイイ。

人間では耐えきれない負荷でも、サイボーグボディならば耐えきれる。


…はずだった。


サイボーグ化したことによって、人間では再現不可能な領域まで
フェーズを上げることが出来たものの、負荷に耐えきれずにオーバーヒート。

エボルトの言う「容量オーバー」ってのは、内海のサイボーグ部分が
フェーズ上昇の不可に耐えきれなかったという事であり
決して、内海の電脳(2メガ)が容量不足だったというワケではあるまい。


…たぶん。





幻徳
「内海ィッ!!」


内海
「あなたを…助けた訳じゃない…ロストボトルを…守っただけ、だ…」






ウツミン・・・!(#47)

バックアップモードへ移行(#47)





アナタヲ、タスケタワケジャナイ…ロストボトルヲ…マモッタダケダ…ガガーピー





ロボだこれー!!!





ロボだコレーーー!!!


いや、ロボでは無い。サイボーグ。

エボルトに貫かれて、無残に転がるサイボーグ内海。


「実はサイボーグでした!」という事にするならば
最後に右手が変形してサイコガンにでもなれば良かったのに。

全身全霊の内海ファイナルバスターを繰り出せばよかったのに。

目からエボル細胞焼却ビームの方が良いかな…?

エボルトの背中にしがみついて
自爆装置を作動させるくらいやっても良かったかも。

「さようならゲンさん……」っつって。



色々と裏切りを重ねてきた内海ですが
まさか、人間だったことすらも裏切るとは。(?)

なんだかんだあった内海だけど…
「難波会長への忠義」だけは、本物であったと感じる。
その一点だけは、ブレていなかったんじゃなかろうか。

生まれながらのザ・難波チルドレン。それが、内海成彰なんだよね!

せっかくだし、内海の難波会長に対する想いをもって深く知りたかったかな。

難波重三郎の洗脳教育の結果と言えば、それまでなんだけど
それ以上の何かが、内海にはあったように思える。思いたい。


最後にメガネが割れなかったのが残念でならない。


…ン?もしかして生存フラグが立ってるのか?


サイボーグ部分を修理すれば復帰できる可能性あるで。
幻徳が首相になったあかつきには
敏腕サイボーグ秘書として公務を全うするのだわ。






猿渡一海
「そろそろ…潮時みてぇだな…
みーたん…戦兎…龍我…紗羽さん…ヒゲ…
お前らのせいで、この世にだいぶ未練が残っちまった…ありがとうな。」

「ラブ&ピースを胸に生きていける世界を…
向こうで3バカと祈ってるぞ。心火を燃やして…!」






心火を燃やして(#47)





凍気を纏い、氷を巻き散らしながら戦う
仮面ライダーグリスブリザードが超クール。

惜しみなく必殺技を繰り出し、擬態3羽ガラスを葬っていくカズミン。

今にも消滅しそうになりながらも全力全開で抗う姿は
燃え滾る心火に耐えきれず、氷の体が溶けていくような悲壮感もある。






猿渡一海
「みーたん…これを…戦兎に。」


美空
「グリス…!」


猿渡一海
「最期まで…グリスかよ…。」


美空
「当たり前でしょ!
名前呼んだら、いなくなっちゃう気がして…だから呼べなかった。
これからも、絶対呼んであげないんだから!」

「生きてよ…だから生きてよ…!お願いだから生きてよ!
お願いだから…生きてよ!!ねぇ…!!」


猿渡一海
「推しに看取ってもらえるなんて…幸せもんだな。
あいつらに…あいつらに自慢してやんねぇとな。」


美空
「グリス?グリス…!グリス…!!グリス!ねぇ…!」

「カズミン…!!」






カズミン消滅(#47)





カ、カズミンーーーッ!!!




カズミンが消えそうなんスよーーーーーッ!!
無敵の『ベルナージュパワー』でなんとかしてくださいよォーーーッ!!



カズミン消滅。燃え尽きたぜ…心火がよ…。


消えそうになってから、けっこう粘って生きていたので
ベルナージュさんが覚醒すれば、助かるかもと思ってしまった。

全然出てこなかった。

ベルさん全然出てこなかった。

戦兎くんに蹴り飛ばされたことを、根に持っている可能性ある。


土俵際の粘りに定評のあるカズミンなので
みーたんがチューでもすりゃーワンチャンあったかも知れん。



美空ちゃんが、ずっとグリス呼びだったのは
名前を呼んだらいなくなっちゃうような気がしていたから。

その予感は当たっていたということになるのか。

どこか満足そうに消えていくカズミンと
生きてくれと必死で訴えかける美空ちゃんの姿にグッとくる。



内海も、カズミンも死んでしまいましたが
ここまでくると、並行世界との融合を果たして
新世界でハッピーエンドになるしかないかなーと思える。


新世界の猿渡ファームで、元気にジャガイモ育ててるカズミンが
出てくることを祈っておこう。






エボルト
「よっ!」


戦兎
「エボルトォーーーッ!!」






よっ!(#47)

激おこ戦兎くん(#47)





おお…キレなすった…!




めっちゃキレてるやん。戦兎くん激おこやん。


カズミンが消滅した怒り。

それを食い止められなかった自分への怒り。

全ての元凶であるエボルトへの怒り。

何も守れない己の無力さへの怒り。


そしてなにより…必死こいて頂上まで駆け登ってきたのに
遅れてノコノコ登場してきたエボルトに対する怒りだァーーーッ!!



なんなん。エボルトさん、どこ行ってたん。トイレなん。
ブラッド族(劇場版鑑賞済)ってトイレ行くん?
星を喰うから、ウンコもデカいん?惑星級なん?



幻徳と紗羽さんが到着してる上に
変身解除して傷の手当てまでできてるどころか
一番、遠くにいたはずの美空ちゃんまで合流しているという事実。

10分ごとに都市がブラックホールされている状況だというのに
そこはかとなく漂う時間的余裕。

戦兎と万丈が先行していた意味がないような気が…。


これはもう、エボルトさん完全に様子をうかがってたね。
カズミン消滅の連絡が全員に行き渡るまで待ってたよね。

戦兎くんたちの神経を逆なでして楽しんでるマンですわ。


そもそも、ここがパンドラタワーの頂上なのか分かりませんが…
ラスボスたるもの、ちゃんと待ち構えていて欲しいものである。

そんな諸々の事情を踏まえて叫んだわけですね。戦兎くんは。


「エボルトォーーーーーッ!!」っつって。



カズミン(と内海)の死を知り、悲しみにくれる面々の
悲壮感をあおる無音の演出。
静寂を破り、軽いノリで登場してきて雰囲気をぶち壊すエボルト。


激昂する戦兎くんの叫びが、最終決戦の幕開けを告げる。




コメント

そうなんですよね
これは、元々お前の為に作った物だ。
武器として使え、変身するなよ。
って戦兎の言葉が
変身させるフリにしか聞こえませんでした。
カズミンの性格上、変身に使うに決まってるし
ボトル精製の為に使ったとしか思えない、、、

そんな思いで見てしまったので
最後の戦兎の叫びが白々しく思えてしまった。

演出はすごく良かったんですが
なんと言うか、腑に落ちない、、、、
そうと思ってたよ内海
ではなく
相当マッドだよ内海
では...?

ゲンさんも内海の裏切り気づいていなかったかと
コメント返信ッ!
ご指摘グラッツェ!修正しました!

「相当マッド」って言葉に馴染みがなさすぎる。(汗



管理者のみに表示

トラックバック