ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第46話

2018.08.07 (Tue)

第46話 「誓いのビー・ザ・ワン」




Aer you ready?(#46)




Are you ready?第46話。




エボルト
「本日をもって我が国は終了する!」

「俺の名は、エボルト。あらゆる惑星を吸収して
自らのエネルギーに変える、地球外生命体だ。
この地球を滅ぼして、俺の一部にする!!」






地球終了のお知らせ(#46)





日本終了のお知らせ。




地球を滅ぼして吸収する宣言までしちゃってるので
結果的に、地球終了のお知らせでもある。

吸収された地球は、エボルトさんのどの部分になるんですか!?
両足ですか?両肩ですか?まさか、股間ですか!?
地球1個で足りるんですか!?(下ネタ)


どうも、地球外生命体です。


自らの正体を現すと共に、地球終了のお知らせを生中継する
地球外生命体のエボルトさん。


ご丁寧に「地球外生命体」だと名乗るあたりに
エボルとさんの地球大好きっ子な部分が垣間見える。

「どうも、宇宙人です。」とか自分で言うだけでも相当だけど
「どうも、地球外生命体です。」だからね。

地球ありきの存在ですというが如き謙虚さですよ。

お客様へ対する真心込めたサービスが好評な
敏腕セールスマンの片鱗を感じざるを得ないですよ。





1人でセッティングしました(#46)





1人で撮影してるところとかもうね。泣けてくるよね。健気で。





エボルト
「仮面ライダー諸君に次ぐ!
明朝、パンドラタワーの前にロストボトルを持参して集結せよ。
この星を賭けて、最後の戦いを始めようじゃないか!
ハハハハハハ!ワーハハハハハハハハ!!」






かかってこいや(#46)





ノリノリじゃねーの。




ノリノリじゃねーの、この地球外生命体。

ワーハハハハって。スゴイ高笑い出たわよ。


『エボルトゲーム』という武道大会をおこなうことにした……!
場所はパンドラタワー。ロストボトルを持参して集結せよ。

テレビ放送で、地球終了のお知らせと最終決戦のお誘いとか
極上のエンタテインメントを提供してくるやん。

これも、深すぎる地球への愛着が故のサービス精神なのか。






戦兎
「この世界には、パラレルワールドと呼ばれる
無数の平行世界が存在する。
白いパネルと、エボルトが持つ黒いパネルを使えば
別の世界と交わることができる。」

「俺達がいる世界がA。スカイウォールがない世界をBとするなら
AとBの世界を合わせて、Cという新しい世界を創るんだ。
白と黒のパネル…そしてエボルト自身。
これらの強大なエネルギーを合わせると、激しい時空の歪みが生まれて
既存の物理法則では成り立たない、特異点が現れるはずだ。
それを利用して、新しい世界へと融合する。」






パラレルでアレする(#46)





なるほど、やっぱりさっぱりわからねぇ。




万丈さんにもわかるように、10文字以内で説明してくれ。
それ以上の文字数になると、混乱してくるから。万丈さんが。


黒いパンドラパネルとロストボトル。
そして、白いパンドラパネルの力を使い、並行世界と融合することで
エボルトの存在しない、新たな世界を創りだす。

並行世界の融合の過程で、エボルトとパンドラボックスは
エネルギーとして消費され消滅し、過去と未来の鎌田が一つに!
…という事であり、だいたい分かった。


つまり、α世界線とβ世界線を融合させ、新たな世界線を創りだし
シュタインズゲートに到達しようという事です?


エニグマを使って、並行世界同士を融合させて
消滅させようとしていた最上魁星の研究と対照的な解決策。

パラレルワールドの存在は、劇場版でも示唆されていたので
それほど問題はないのですが…
融合される側のB世界がちょいと不憫な気がしないでもない。



エボルトの遺伝子を持つ万丈だからこそ
ハザードトリガーで白いパンドラパネルを生成できた。


さすが万丈さんや…最初から最後まで、人類の切り札だったんや…。


万丈の中に、エボルトの遺伝子があったからこそ
途中まで完全体になるのを阻止できていたし
エボルトが抜けた後も、白いパンドラパネルを生成するのに必要不可欠。

万丈龍我さんは、生まれながらのエボルトカウンターやったんやね。

万丈さんは、もっと丁重に扱うべき。

なんなら国で保護するべき絶滅危惧種といっても過言では無い。過言。





戦兎
「お前はどう思う?
本当に父さんの目的は、新世界を創ることだけだったのか?
いくらエボルトがいない世界にするためとは言え
大勢の犠牲者を出しすぎてる…。」


葛城巧
「やはり君も同じことを考えてたか。」


戦兎
「既知の物理法則を超えた現象…
それは言いかえれば、奇跡を起こすってことだろう?
もしかしたら父さんは…。」






もはや完全に二重人格(#46)

内なる巧(#46)





葛城忍が犠牲者を出し過ぎていたことに関して
戦兎くんも、ちゃんと考えてくれていたようで一安心。


新世界に到達するためならば、手段は択ばないって感じだったからね。


色々と踏まえると、葛城忍が目指した新世界は
スカイウォールの惨劇が起きなかった世界ということかしら。


スカイウォールの惨劇が起きない新世界では
パンドラボックスに関連した、多くの被害者がいなかったことになる。

つまり、エボルトが絡んだ悲劇がなかったことになり
その全ての犠牲者を救うことが出来る。


目的が、エボルト関連の犠牲者全員の救済であったならば
非情に撤しつつも、がむしゃらに新世界を目指した葛城忍の心情も理解できる。


でも、そうなると新世界では「桐生戦兎」という人物は
生まれなかったことになるよなぁ…。

ラストシーンで、葛城巧と佐藤太郎が道ですれ違って
お互いに振り返りつつ「君の名は?」とかいうラストシーンになる可能性あるで。






戦兎
「これは元々、お前のために作ったものだ。
お前が、また人体実験したから渡せなかった。」

「三羽ガラスのデータが取り込んである」

「そのボトルで変身すれば、ハザードレベルが一気に上がる。
今のお前が使えば、人間の限界値超えて…消滅する。
だから、あくまで武器として使ってくれ!」


猿渡一海
「世界を救うためなら、命を賭けて戦うのが仮面ライダーだろ。
あいつらはもういねぇ…俺がどうなろうと…!」


戦兎
「お前に何かあったら、俺達が悲しむ。」


猿渡一海
「…心配すんな。これはビルドドライバーに挿すもんだろ?
俺、スクラッシュドライバーしか持ってねぇしよ。」






ブリザードナックル(#46)

絶対使うマン(#46)





死ぬやつじゃん…。




それ死ぬやつじゃん…。

変身したら人間の限界値を超えて消滅するとか
絶対に変身しちゃうやつじゃん。完璧な前振りじゃん。


追加で施された人体実験によって、パワーアップと同時に
強制変身解除で消滅するようになってしまったカズミン。

さらに、変身することで消滅しちゃう強化アイテムも追加ですよ。

もう前も後ろも消滅だらけ。
完全に消滅ルートに入ってるけど、大丈夫かしらカズミン。

生命力強そうだから、逆に生き残る可能性もあるけど…。


最終決戦前に、もういっちょガスいっとく?

北都にあるファウストのアジトに乗り込んでって
カプセルに入ってくる?


万丈の強化アイテムかと思われていたブリザードナックルは
本当は、カズミンの為に開発されたものなのであった。

マジでか。いつの間にか、グリスのロボマークが付いてるけどマジでか。
急いでそれっぽくしただけじゃないのか戦兎くん?


本来ならば、カズミンに特訓をさせることで
使えるようにしていくつもりだったのかも知れませんが
ガス吸引による強制変身解除で消滅というデメリットが出たことで
それも難しくなっちゃったからねぇ。時間も足りなかったし。






幻徳
「僭越ながら、乾杯の音頭を取らせていただく。
思えば今まで様々なこ―」


全員
「乾杯ーーー!!」


幻徳
「カンパーイ。」






カンパーイ(#46)


びっくるするくらい





びっくりするくらい誰ものってこなかった。


乾杯の音頭に。誰一人として。

それ以前に、乾杯の挨拶すら聞いてもらえなかった。

元東都政府首相補佐官なのだが!?

せっかく作ってきたであろう全員分の文字Tも
誰も着てくれていないのだが?
放置されているのだが?

1人乾杯からの、1人流しそうめんが涙を誘う。





流しそうめん(#46)





全然すくえてないし。そうめんを。





ビルドBBQ(#46)





夜は焼肉っしょ!!




えっ?バーベキュー?
肉焼いてるから、焼肉っしょ!!


最後の晩餐めいた、決戦前夜のヤクニクパーリー。

メンバーが楽しそうにキャッキャしている姿を見てホッコリする。
同時に、こういうシーンも最後かも知れないと思うとしんみりもする。
ここから先はシリアス一直線だろうしねぇ…。


みーたんのタオルで、レッツパァーリィーを目論む男・猿渡一海。

世界で一番無駄な心火の燃やし方をして、見事に完全燃焼ですよ。
ラオウが昇天した時みてーになってますよ。

わが生涯に一片の悔いなし!!





う~たん&ひげたん(#46)





意外!それは幻徳のタオルッ!




ひげたんのお髭は、フローラルなかほり。


みーたんのタオルをクンカクンカしようとして
ひげたんのタオルをクンカクンカしてしまったカズミン萌え。


幻徳さんって良い匂いするんだ…。

汗の拭き方も何だかカワイイし…。

ひげたんウサギのイラストもカワイイし…。

なしよりのありだな。






エボルト
「ようこそ、パンドラタワーへ。
ロストボトルは持ってきてくれたかな?」

「いいだろう。これからルールを説明する。
お前達には、このパンドラタワーの頂上を目指してもらう。
だが、10分おきにこの国をエリアごとに消していく。こんな風に。」

「お前達が早く頂上に着けば、それだけ多くの人間が助かるってわけだ。
イッツ、ショータイム!!」






最終決戦開始(#46)





ほう…向かってくるのか………
逃げずにこのエボルトに近づいてくるのか………

近づかなきゃてめーをブチのめせないんでな………



逃げ惑う人々の間から、向かってくる4人の仮面ライダー。

強敵に立ち向かっていく、この絵面。
問答無用にカッコイイ。シビれますね。


「絶望の中の希望」っつーんですかあ~~~
「ヒーローとしての貫録」っつーんですか~~~っ

…つうーーーっ雰囲気をビシビシ感じるわけっスよお~~~っ


4人同時変身からの一斉攻撃で、ガーディアンの大群を瞬殺ですわ。
ハザードレベルがガンガンズンズングイグイ上昇してますわコレ。






エボルト
「そいつらは、俺の遺伝子で作った擬態だ。
ホラ早く行かないと、またどこかが餌食になるぞ。」


猿渡一海
「ここは任せろ。お前らは先に行け。」


戦兎
「でも、三羽ガラスは、お前の…!」


猿渡一海
「エボルトは!俺の逆鱗に触れた…!」






てめーはカシラを怒らせた(#46)





北都三羽ガラス、まさかの再登場ッ!!



だが それが逆にカシラの逆鱗に触れた!





逆鱗に触れた





死んだ3羽ガラスすらも弄ぶエボルトに、カシラの怒りが有頂天。


擬態3羽ガラスの姿に惑わされることなく
立ち向かっていくカズミンがカッコ良く
それでも、肝心な所で甘さと迷いを捨て切れない姿にグッとくる。



パンドラタワーの頂上で、これ以上ないくらいリラックスしながら
現場中継を眺めつつも、的確に人のトラウマを抉ってくるスタイル。

10分ごとにブラックホールでボッシュートといい
ド外道なことを、悪気無く行うのがエボルトのイヤらしい所。
人間は好きだけど、虫けらをイジって弄ぶ感覚での好きなんだろうなぁ。

しかし、分離させた遺伝子から
3羽ガラスの擬態を作りだすとか凄くね?

遠隔自動操縦のコピー人間でしょコレ。しかも3体同時。
ある程度、本人の記憶も有している様だし便利すぎにも程がある。

エボルトさんってば完全体になってからというもの
生命体としてのポテンシャルの上昇がとどまる所を知らんな。





紗羽
「嘘…幽霊から…。」






難(#46)





難波重三郎からTEL!


十中八九、内海からの連絡!!


内海が改心する最後のチャンスかしら。
このままエボルトの手下として終わるってのは、あんまりだからね。
科学者として、仮面ライダーとしてのプライドを見せつけて欲しいものである。






猿渡一海
「悪ぃな、戦兎…。約束破るわ。」






激凍心火(#46)





『Are you ready?』

「できてるよ。」





激凍心火!グリスブリザード!!

仮面ライダーグリスの強化形態キタ!

良かった…ツインブレイカーを二刀流して
パワーアップフォームだって言い張るカズミンはいなかったんだ…!




偽物だと分かっていても、非情になりきれない。倒すことが出来ない。

そんな甘えを吹き飛ばすかのように
ブリザードナックルで変身するカズミン。


変身したら消滅する、その覚悟。
三羽ガラスを葬る覚悟。

全ては、三羽ガラスと己自身に対するケジメであり
自らの意思を貫く為に、命をかけても通さなければならない道理。


猿渡一海の心の火と命の炎が、冷たく熱く燃え上がる。



「心火を燃やしてぶっ潰す!」




コメント

こんなに胸熱な 出来てるよ 聞いたことない!
死亡フラグばんっばん立てて二週間空くとか、もう絶望ですよ。
最後の希望助けてって叫ぶクラスです。。。


別世界を融合させるって、ぶつけるのとどう違うのかよくわからないけど、
たくみ君とせんと君が言うならそうなんだろなって感じでした笑
融合させようとした結果、二つとも消滅とかありそうですよねぇ(´ー`).。*・゚゚

管理者のみに表示

トラックバック