ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第42話

2018.07.13 (Fri)

第42話 「疑惑のレガシー」




葛城忍(#42)




辿る歴史!出てくる父!疑惑のレガシー!第42話。




エボルト
「これで東都は壊滅だ。この国は俺の物になる!」






ブラックホールおじさん(#42)





さあ、いらない政府官邸はしまっちゃおうね~。




利用価値のなくなった東都政府官邸は
ブラックホールで無の彼方へしまっちゃおうね~。


御堂さん(偽)として、国を支配するために
邪魔な東都を政治的にかつ、物理的に壊滅させるエボルトさん。
いらない政府官邸は、ブラックホールにしまっちゃうんだ…。


北都は、西都が掌握済みだったけど
東都は、政府主体で戦兎くんたちに出撃依頼をして
必死の抵抗をしてたかんね。

それをまるっとブラックホールの彼方にボッシュートですわ。
建物どころか、中で勤務していたであろう職員たちもボッシュートですか?

政府官邸が一瞬で粉みじんですよ。
なにしてくれてんのあの宇宙人。
ブラックホール凄すぎ問題。





円の動き(#42)





戦兎くんと幻徳くんの周りグルグルおじさんも好き。
エボルト殺法、円は直線を包む!


戦兎くんは、ダイヤモンドでガードしてましたけど
ジーニアスフォームは、ノーモーションで
フルボトルの能力発動が可能なのね。

凄いけど、ちょっと味気ない。スゲーイ!けど、アジケネーイ!





万丈
「感情が…抑えられねぇ…!ウワァアアアーッ!」






万丈コンボ(#42)

止められねぇパンチ(#42)






抑えきれない感情を、内海に叩きつけていくゥ!!




華麗なる空中コンボを決めていくゥ!!


エボルトのブラックホールを見て、フラッシュバックを起こし
理性と言う名の感情のタガが外れ
本能のままに破壊行為を続けるビーストめいた存在と化した万丈。

フルボトルを光輝く銀色に変化させつつ、内海氏をフルボッコである。


謎のニンジャが、止めてくれなければ危なかったぜ…。


…謎のニンジャはもうちょっと出てきて
内海を助けてあげても良かったのよ?


あくまでも、万丈の暴走を止めただけで
内海はどーでもよかったという事ですか?そうですか。納得です。






エボルト
「これで、この国全てが俺の支配下になった
まずは、ロストスマッシュの生産だ。
仮面ライダーの捕獲に全力を尽くせ。」


内海
「ロストスマッシュを量産して人間を襲えば、いずれ国は滅びる。
それは、支配すると言うあなたの目論見とは矛盾するはずです。
一体、何を企んで…」


エボルト
「余計な詮索はするな。命が惜しければな。」






ちょっと黙ろうか(#42)

ショボーン内海(#42)





(´・ω・`)ウッツミーン…。




まぁ、エボルトからもテキトーに扱われてるし
いてもいなくてもどちらでもいいポジションなんやろうな内海…。


マッドローグの強さ補正も切れてるし
もう絶望のロードしか見えない。

ジーニアスでの浄化作用が働いていれば、ワンチャンあるか?






葛城巧
「この国のこと、父さんのこと…悩みは尽きないね。」


戦兎
「ここは・・・?」


葛城巧
「僕と君の記憶の世界だよ。ここで記憶を操作してる。」


戦兎
「なんだと…?
悪魔の科学者だった頃の記憶が曖昧なのは、お前の仕業か。」






記憶操作部屋(#42)





お前の仕業だったのか。




戦兎くんの記憶に曖昧な部分があるのは
葛城巧…お前の仕業だったのか。



なにしてんすか巧さん。



葛城巧さんが、戦兎くんの頭の中で
都合の良いように、記憶の扉を開け閉めしていた模様。



スゴイなそれ。



もはや、科学と言うレベルを超越しているような気もするが
これもまた、科学なのだ。知らんけど。


それにホラ、戦兎くんには知られたくないこともあるからね。
葛城巧の趣味丸出しのウッフン動画の保存場所とか。

自分自身による記憶操作も必要なんだよ。たぶん。


戦兎くんが悪魔の科学者だったころの記憶を思い出せないのは
彼の中の葛城巧が意図的に行っていた事であった。

どうやら、父親に関することを秘匿しているようだけど…
父親のことを信じている戦兎くんに対して
葛城巧が気を使っているようにも見える。






内海
「我々の目的は、仮面ライダーの捕獲ゥ。
お前たちをロストスマッシュにしてやる!!」






反政府ライダー(#42)

ノリノリマッドローグ(#42)





お前もロストスマッシュにしてやろうか!




ノリノリじゃねーの。

内海ノリノリじゃねーの。


マッチポンプの悪役を演じる内海さんのノリノリっぷりと
幻徳さんをボロクソにけなしまくった挙句
喜々として蹴りを入れる時の生き生きとした躍動感よ。

これは、戦兎くんと幻徳さんを捕まえたあかつきには
躊躇なくロストスマッシュにしますわ。

ワンチャンすらないなコレは。





戦兎
「俺たちの求める明日が…
エボルトに奪われるなら、戦う意義も価値もある。
俺たちを信じて、託してくれた人たちの為にも
ここで終わるワケにはいかないんだよ!!」


幻徳
「…お前の言うとおりだ。これで終わりにはさせない。
エボルトを倒すため、この国を建て直すため。
全身全霊で己の使命を全うする!」

「仮面ライダーは…不滅だ!うおおーーーッ!! 」






調子に乗った内海(#42)





仮面ライダーは不滅だ!と吠えて奮起する幻徳さん。
キャラにそぐわない熱い所を見せる姿にキュンと来るわン。



煽りまくった結果、インプットされたデータ以上の力を出されて
無事に敗北する内海氏。

インテリキャラの様式美すら感じる敗北っぷりよ。
ロストスマッシュを盾にして生き残るしぶとさもチョーイイネ。

あとは死ぬ時に、メガネが割れればカンペキやね。



…内海生存ルートの可能性は、何パーセントあるのだろうか。






戦兎
「ライダーシステムは、データなんかじゃ計れない。
誰かの力になりたいと願う思いが…俺たちを強くするんだ!」
「俺たちが、エボルトからこの国を取り戻す!!」


内海
「ふざけるな…!俺は…認めんぞォーッ!」


葛城忍
「それでいい。
ライダーシステムは、そんな綺麗事のために創られたものじゃない。」


戦兎
「父さん…!」






葛城忍です(#42)





パパァーーーン!!(登場効果音)




前回と同じ引きィッ!!


親父が出てきて引くやつ2回連続ゥッ!!


2回連続で葛城忍の登場で続くパターンキタコレ。


もう1人の仮面ライダービルドの正体は
なんと葛城巧の父親、葛城忍だったのです。



知ってた。



視聴者の大半が気付いてた。

コイツしかいねーもん。

前回のラストで、葛城忍が顔を出していなければ
「まさか」って感じでグッと来たかも知れませんが
普通に出てきちゃってたもんね。驚きも半減なのですわ。



完全にエボルトの協力者として出てきた葛城忍。
また1人、親父ライダーが息子ライダーの前に立ちはだかる!


ビルドの基本フォームはカッコイイのうとしみじみ感じつつ
次回へTo Be Continued…!




コメント


管理者のみに表示

トラックバック