ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第39話

2018.06.16 (Sat)

第39話 「ジーニアスは止まらない」




サイボーグ内海(#39)

ロボ内海(#39)




難波重工の改造手術を受けサイボーグとして蘇った内海は
エボルトから授けられたベルトによって
仮面ライダーマッドローグとして再起動した!


サイボーグと言うほどのポテンシャルを感じない。
メカ内海、もしくはロボ内海が妥当であろうという結論に達しつつ
ジーニアスは止まらないし、内海成彰は止まれない。第19話。




幻徳
「貴様…自分が戦争を悪化させていると。なぜ気づかない!
より多くの犠牲者を生むことになるんだぞ!?」


内海
「黙れ!お前に言われたくはない!
エボルドライバーが全てを制す!」

「死ねェーーーッ!!」






マッドローグ絶好調(#39)





死ねェーッ!!って。




死ねェーッ!!って言っちゃった内海。

強制変身解除されて、生身で横たわる幻徳さんに対して
情け容赦のない一撃をお見舞いしちゃったわ内海。

もう完全に殺る気満々やん。

お前にだけは言われたくねぇんだよォ―つって。
ガチギレ殺戮モードですやん。

内海ウイングでの滑空爆撃も殺意高かったけど
トドメの銃撃は完全に獲りにいってましたもんね。ライフを。


あえてエボルトに忠誠を誓うことで
地球の破壊を食い止めると同時に
側近として内側から情報を手に入れて
世界の平和を守ろうとしているのでは?

…という期待をも、打ち砕かんばかりの一撃。


カズミンが助けに来てくれなければ
幻徳さんは万丈もろとも、この世からアデューなのであった。



「西都のためになんか戦いたくねーと言ったばかしだけどよ~~~
来ちゃったよ~
オレ言う事とやる事が違うウソつきだからよ~~~」




カシラが助けに来るとはよぉ~~~
まさか………
「まさか」って感じだがグッときたぜ!!


いや実際は「まさか」って感じはしなかったけども。
やっぱり来てくれたんですねカシラ!って感じだったけども。

大ピンチに颯爽登場するカシラのカッコ良さよ。

スチームガンを利用する機転といい、即撤退する判断力といい
マジ頼れるなカシラは。





火星文明崩壊の図(#39)

幻覚見えるんですけお(#39)





グレートドラゴンエボルボトルを使いはじめてから
謎の記憶がフラッシュバックするようになった万丈。



それ使っちゃダメな奴じゃん…。



エボルボトルを媒体に、エボルトの遺伝子情報を逆に取り込んで
自分の中で新たな遺伝子を再構築したみたいなカンジなのかしら。

使えば使うほど、エボルトの遺伝子が活性化するけど
使わないわけにはいかない。
そんなヤバめのボトルとなっております?






内海
「エボルドライバーは、宇宙でたった1つしか存在しないはず。
誰がコレを創ったんですかぁ~?」


エボルト
「余計な詮索はするな。お前は言われた通りのことをやればいい。」






なんで2個あんの?(#39)

黙って働けバカ(#39)





Q. なぜエボルドライバーが2つあるんですか?

A. うるせーバカ。テメーは俺の言う通りに動いてりゃいいんだよバカ。





辛辣ゥ!

内海な純粋な疑問をバッサリ切り捨てるエボルトさん辛辣ゥ!
余計なことを詮索したら、簡単に切り捨てられそうな怖さがあるな。


万丈フラッシュバック問題もそうですが
エボルドライバー2個あった問題も気になりますね。

エボルト以外のエボル星人(仮)のベルトだろうか…?
葛城忍がつくりだした劣化コピーというパターンもあるか。


しかし、それ以上にエボルドライバーを使って
内海が変身できたという所が一番気になる。

エボル星人(仮)じゃなくても使えるのか…。

エボルトが内海用に調整したのかしら?
なんだかエボルトの優しさを感じるわね…。
甲斐甲斐しいとことあるからなアイツ。






内海
「あの時、氷室幻徳に撃たれて…九死に一生を得た。
なのに俺は…」

「俺は…間違ってないーッ!!」






センチメンタル内海(#39)

間違ってない内海(#39)





俺は、間違っていない!!



間違っていることは分かっている。

間違っていないんだと、自分自身に言い聞かせなければ
己を保っていられない。


哀しきマッドメガネの姿が、そこにはあった。


内海は、マッドになってしまった訳では無く
マッドにならなければ、自分を保っていられなかったのか…。

橋の上で、幻徳に撃たれたことを思いだすあたりがセンチメンタル。

本心を吐露した直後に、幻徳に殺されそうになって
エボルトに救われた…という経緯もありつつ
忠誠を誓う流れになったという側面もあったんですよと。

幻徳に裏切られ、難波会長も死亡。
科学者としての居場所を求めた結果のマッドな現状ということかしら。


あの時、幻徳に撃たれなければ…
命を救ったのがエボルトでなければ…

科学者として、まっとうな道を歩むルートもあったのかも知れん…。






葛城巧
「仲間?少年マンガじゃあるまいし
そんな定義が曖昧なもの信じてどうなる。」

「仲間なんて信じた所で、バカを見るだけだ。
僕が信じてるのは…科学だけだ。」






天才でしょ葛城(#39)

天才瓶(#39)





仲間~?ケッ!僕は科学者だよ…!
「仲間」なんて定義が曖昧なものチャンチャラおかしくて…

ン完成ぇ~~~い!

全てのボトルの成分を注入した、究極のパワーアップアイテム!
その名も…ジーニアスボトル完成ぃぃい~~~!!



アレよね、葛城巧ってネーミングセンスが壊滅的にアレよね。
加えて、ナルシストっぽいよね。
そりゃ、みーたんも引くってもんよね。


少年漫画的友情パワーを否定する葛城巧が信じているのは科学だけ。

共に地獄のロードを突き進んでいたと思っていた
幻徳さんに裏切られたからね!

仲間だと思っていた男が急に謝ってきたからね!

幻徳としてはパンドラフラッシュでバーサク状態になった上での
錯乱的蛮行だったとはいえ
葛城巧からすると、そんなの関係ねぇってハナシだしねぇ。


「僕が信じてるのは、科学だけだ。」


科学だけは裏切らない。


もはや己の天才的頭脳と科学の力しか信じられるものはないのだ…。
可哀想なたっくん…!!






幻徳
「俺が行かなければ…!
俺は、内海の心を踏みにじった、お前と同じように…!」


葛城巧
「…。」


幻徳
「俺は、お前らを利用して戦争を引き起こした。
なにをどう償っても許される事じゃない!
だが…今は!今だけは、この国のために戦わせてくれ!
頼む!もう一度だけ…信じてくれ!!






信じて幻徳(#39)

困惑葛城(#39)

ぐったり幻徳(#39)





葛城巧と内海。2人の科学者の運命を狂わせた男!
それが、氷室幻徳、この人なんだよね!!



まあ!ゲントクったらいけないひとッ!



内海に関しては、パンドラボックスの光の影響下でなければ
救えた可能性がありつつも
葛城巧に関しては、まともな状態に戻ったからこそ
裏切られたと受け取られてしまったという事実。

どちらにせよ、2人の科学者を双方とも救うルートは
幻徳さんの歩んだ道には存在しなかった説。

結果として、2人の科学者から恨まれるという大惨事。
これがシュタインズゲートの選択か…!


「もう一度だけ信じてくれ!」と叫ぶ幻徳さんが切なさ乱れ撃ち。



私のことは嫌いでも、この国のために戦わせてください!






龍我
「なにしに来た?」


葛城巧
「別に、君を助けに来た訳じゃない。」

「仮面ライダービルド。
『創る』『形成する』って意味のビルドだ。
以後、お見知りおきを。」






葛城巧変身(#39)





葛城巧の貴重な変身シーン。




巧ちゃんってば、いつも変身した後に出てきてたから
変身するシーンは超貴重。

ビルドの説明と、以後お見知りおきを…ってのがクールでカッコイイ。

「以後お見知りおきを」とか言っておきながら
ライダーキックで怪人を倒して
なおかつ「シーユー」とか言っちゃうんだぜ。ヒューッ!


ラビラビ装着シーンも、自分用に調整。

戦兎くんのように飛びまわりながら装着するのでは無く
パーツの方がやってきてくれる仕様に。

確かにアレ、無駄に体力使ってそうだったしね。
アグレッシブなアクションは、葛城巧には似合わないのだ。





科学者同士(#39)





科学者と言うスタンスから対比される、葛城巧と内海の2人。

内海も科学者としての能力は高いからなぁ。

様々なしがらみから解き放たれた結果
科学者としての側面が大きくなってきた所を見ると
内海の本質は科学者なんだと思うワケで。

科学者として、葛城巧と絡むシーンも見たかったかも。
案外、仲良くなれそうな気がしないでもない。






葛城巧
「君は信じられるのか?仲間を。
なら、見せてくれ。君が創る未来を。」

戦兎
「なにやってんだよ、万丈。
やっぱり、サブキャラには荷が重かったみたいだな。」


龍我
「戦兎…?」


戦兎
「自意識過剰な、正義のヒーローの…復活だ!!」






桐生戦兎復活(#39)





復ッ活ッ 桐生戦兎復活ッッ




エボルトに乗っ取られたり、葛城巧になったりで
しばらく出番が無かった戦兎くんがカムバック。

ナルシストで自意識過剰な天才物理学者の復活であった。



誰かの力になりたい、誰かを守りたい。
仮面ライダービルドは、ラブ&ピースのために
戦う時、最高のポテンシャルを発揮する。


理論を超えた感情のパワーが必要と理解した葛城巧は
桐生戦兎へとバトンタッチ。


己が消えることもいとわない、その意気や良しッ!

正確に言えば消えるわけでは無いのかも知れないけど
それなりの覚悟があったと思うのよ。

自ら戦兎くんにバトンを渡す心意気にグッときたぜ。


葛城巧が、桐生戦兎を受け入れたという実感ッ!

自分は、仲間を信じられないけど、戦兎ならば仲間を信じられる。
ならば、そんなもう1人の自分を信じればいい。



僕(葛城巧)が創って!俺(桐生戦兎)が戦う!






戦兎
「さぁ、実験を始めようか!勝利の法則は決まった!」






ジーニアスフォーム(#39)





俺自身がビルドドライバーになる事だ。




全てのボトルの成分を注入した
究極のパワーアップアイテムで変身した結果
なんだかスゲーイことになっちゃったぞ。


ヤクルト工場みたいな変身スペースで颯爽変身ジーニアス。

全身にボトルが突き刺さってているその姿は
過剰なドーピングをしているヤベイ奴に見えなくもない。

見るからに全部のボトルの能力を使えますよーと言う
ビジュアル的インパクトがハンパないですね。
まさに、完全無欠のボトルヤロー。モノスゲーイ!


この私の美の基準からいうと…
「カッコイイ」…とは言い難いですが。

「理解しやすい」という意味ではカンペキかと。



対象ボトルがくっ付いている部分をフリフリすることで
ボトルの能力をダイレクトに使用することが可能ですか?

右ひじ、左ひじ、交互に振って
最後に頭をシェイクすればベストマッチが発動するのです?

ベストマッチの発動は、さながらダンスのようなのです?


違うのですか、残念です。



必殺技の発動時には、体中に配置された60本全てのボトルが
一斉に光り輝き出すことを期待しておこう。





ボトルヤロー(#39)





エレクトリカルパレードみてーに。



エレクトリカルパレード・ドリームライツみてーに。




コメント


管理者のみに表示

トラックバック