ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第38話

2018.06.08 (Fri)

第38話 「マッドな世界」




よーし、内海変身しちゃうぞー(#38)




満を持して仮面ライダーに変身する内海さんの
マッドな笑顔にエボ☆リューション。

こんな展開ファンタ☆スティック!第38話。




エボルト
「フェーズ4、完了。おかげで完全体になれたよ。」

「これで俺は、更なる進化を遂げる。最終章の始まりだ。」






まだ進化するで(#38)





このエボルトはフェーズを完了するたびに
パワーがはるかに増す…
完全体にはなったが、さらなる進化の可能性も残している…
その意味がわかるな?




えっ?完全体からもパワーアップするん!?

えぇ…マジかよエボルト、引くわぁ。

現状でもほぼ苦戦してないのに
さらにパワーアップするかも知れないとか引くわぁ。

完全体になったばかりなのに
さらなるパワーアップの可能性をチラつかせるイヤラシさに引くわぁ。


戦兎くんが変形させちゃったパンドラパネルも再生したし
ボトルも変化したし、パワーアップフラグ立てすぎやん。


そりゃ、トリプルライダーキックも防ぎますよ。
2週連続で防ぎますよ。

前回は、エボルトリガーでエネルギーを吸収しましたが
今回は、ガチンコで防ぎましたよ。
片手で。
トリプルライダーキックを。


トリプルライダーキック不発多すぎ問題じゃないですか。
いつ決まるんですかトリプルライダーキック。
今でしょ。
今では無い。





エボルFPS視点(#38)





エボルトの遺伝子情報を回収され、単なる人間になったはずの万丈に
謎の記憶がフラッシュバック。


なんぞこれ。


エボルトだったころの記憶っぽいですが…
やはり、万丈さんが最後の切り札なのか。






エボルト
「これからは、俺がこの国のリーダーだ。」
「首相はアンタのままでいい。
ただ…今後は俺の操り人形となって生きてもらう。」


難波会長
「難波重三郎を、バカにしているのか?ふざけるな!」


エボルト
「今、ここであんたを殺ってもいいんだぞ?
明日まで待ってやる、良い返事を期待してるよ。」






マスターボディ(#38)





ハイ、完全体になれたので、あとは私が支配します。

あなたには、私の操り人形になってもらいます。

もしくは、死。




冷酷!残忍!横暴!


完全体になった途端に、本性を現して
とんでもない要求をつきつけてくるエボルトさん。

ホラ反旗を翻してきたー。反旗をぶんぶん翻してきたー。

難波重工に、忠誠とか誓うわけないじゃん。
忠誠心?なにそれ?おいしいの?ってくらいにしか思ってないもん。

石動惣一に擬態していたのは
長年使用してきた愛着があるボディだからだろうか。



当然の如く手のひらを返してくるエボルトさんに
凄んで見せる難波重三郎の滑稽さパネーイ。

バカにしているのか?って、その通りですが何かというね。

むしろ、操り人形とは言え
首相のポジションを手に入れられるならば
悪くないような気がしないでもないぞ、難波お爺ちゃん!






内海
「これ以上のガスを注入すれば、戦闘不能と同時に消滅する。」


内海&鷲尾兄弟
「「「全ては、難波重工のために!」」」






死相が出ている鷲尾兄弟(#38)

ネビュラガス吸引中(#38)





これ死ぬやつやん。



これ今週中に死ぬやつやん。


劇的パワーアップを遂げるけど、戦闘不能と同時に消滅するやつキタ。
戦闘不能に追い込まれてシュワ―って消えるための仕込みキタコレ。

この時点で、鷲尾兄弟も退場か…と、察することが出来てしまうのが辛い。

北都三羽ガラスは、カシラのためを思ってガス注入してたけど
鷲尾兄弟は、相変わらず難波重工の為に。
なんだか切ないねぇ。





めっちゃコード多い(#38)





このシーン、床に這ってるコードの数が多くてスキ。
内海が倒すレバーも何か凝っててスキ。

全体的に『サイエンス!』ってカンジがしてスキ。






葛城巧
「僕は悪魔に魂を売った…なのに、いまさら非を認めるなんて
納得できる訳ないでしょう。
あなたを信じた僕がバカだった。」


幻徳
「…。」


内海
「エボルトが実権を握れば日本が!
いや…世界が滅びるかもしれないんですよ!
あなただって、そんなこと望んじゃいないはずだ!
お願いします!我々に力を貸してください!!」


幻徳
「…。」






幻徳さん呼びだされ祭り(#38)





チクショー!葛城からは責められて、内海からは頼られる!
今年の幻徳は厄年か!




改めてみると、氷室幻徳って結構なポジションにいるのね。

東都政府首相補佐官、東都先端物質学研究所所長、ファウスト幹部。

パンドラボックスの光を浴びて交戦的になった末
仮面ライダーとなって、光の影響を克服。
父親を目の前で失うというオマケ付き。

なんというかこう仮面ライダー感が強いなと。
バイクに乗ってもいいんじゃないかと言うレベル。



葛城巧は、自分の技術が戦争の道具として利用されることに気付いた後も
エボルトを倒すという大義の為に、突き進んできたのか…。

そんな彼からしてみると、なにをキレイ事いってるんだと。
多少の犠牲はやむ無しとやってきたのに、今さら謝るんじゃないと。


急に、きれいなげんとくんになってるんじゃないと。

悪魔と相乗りしていたつもりが
気付いたら運転してた幻徳がいなくなってんじゃんと。


葛城巧の言うこともわかるけど、幻徳さんにも色々あったんだよ。
あんまり責めないであげてね。胃に穴が開いちゃうから。



幻徳に助けを求める内海さんは
ちょーっと頭の位置が高いんじゃあないの?

以前、幻徳さんに土下座させたんだから
それ以上のドゲっぷりを披露しないとねぇ。

ご自身の安いプライドと、どっちが大事なんですかぁぁあ~~~?

頭を下げる内海の姿を見て、複雑な表情を浮かべる幻徳さん。
心中複雑の極みだよねコレ。





なんだか大変なことになったおじさん(#38)





桐生戦兎と葛城巧が入れ替わりながら心情を吐露する所や
内海の土砂降りのシーンとか、画的にシビれる。イイネ。






一海
「俺は行かねぇ。」

「西都は、俺の故郷や大事な仲間を奪った。
奴らを助ける気にはなれねぇ。」






行かないカズミン(#38)

顔は見せないカズミン(#38)





カシラは、故郷(北都)を思う気持ちで強くなるからね。

命懸けで戦った、戦兎や万丈。
パンドラボックスの影響除去及び、拳で語り合った幻徳らは
彼の中で筋を通した(通せた)結果の共闘なのでしょうが…

北都に攻め込んで制圧したり
猿渡ファームの従業員を人質に取ったりする
西都という国自体のためには、心火を燃やして戦えないのは道理。


本心では、エボルトを何とかしなければならないというのは
分かっているでしょうが、そう簡単には割り切れない気持ちも分かる。

そして、カシラがこんな所でくすぶるような男では無いということも分かる。





鷲尾雷
「兄貴ィッ!…あとは頼んだ!全ては、難波重工のために!」


万丈
「オイ!オイ!なんで助けた?」


鷲尾風
「誰かの為に戦うのも…悪くない。弟にも…教えてあげよう…」






鷲尾兄弟の最後(#38)





鷲尾兄弟ーーーッ!!!




バ…バカな…か…簡単すぎる…
あっけなさすぎる………




やっぱり死ぬやん。


まぁね。死ぬよね。
戦闘不能と同時に消滅するキャラになってたし。
そりゃ、死ぬよね。


仮面ライダーエボル・フェーズ4の引き立て役であり
むしろ、引き立てられたかどうかも微妙なラインではありますが…
それでも、鷲尾風の消えっぷりはなかなか見事。


万丈を庇って、万丈の腕の中で消えていくのは
ちょっぴりグッときた。

鷲尾風は、万丈と戦って彼の真っ直ぐさを知っているし
感化されたことで、誰かの為に戦うということを知った直後の死。

最後は、弟のことを思って散っていくってのもお兄ちゃんらしくてベネ。


鷲尾兄弟は、もうちょっとスポットライトが当たっていれば
もっと良いキャラクターになれただろうに、ちょっと残念。

掘り下げるだけの尺がなかったのだろうけど
短期間で印象深い活躍を遂げた
北都三羽ガラスと比べちゃうんだよなぁ。

まぁ、あっちはカシラのがいてこそという部分もあるのだけど。


一方、弟の鷲尾雷のションボリっぷりには可哀想になってくる。
底なし沼にハマったみたいになって消滅してたからね。

最後まで「全ては難波重工の為に!」だったし。

難波重工よりも、お兄ちゃん大好きっ子というスタンスの方が
もっと輝けたかもしれない。

ただ、これだけは言える。
鷲尾雷、お前の坊主頭…決まってたぜ…!!





野生の鷲尾雷(#29)





お兄ちゃんにボトルを渡し、素早く草むらに隠れる
スマートなムーブを見せた雷ちゃん(29話)がスキ!だった。(過去形)






エボルト
「せっかく、チャンスをやったのに。」


難波会長
「金なら…金ならやる!難波重工の財産は全部やる!
だから…い、命だけは助けてくれ!!」


エボルト
「命乞いか。人間ってのは、どこまでも醜いなぁ。
最高だよ!俺は、お前のような人間が大好きだ!!」






はぎゅ~(#38)

難波会長の最後(#38)





難波会長ーーーッ!!!





難波重三郎、エボルトにはぎゅーっとされて、永遠にチャオである。
EVOLっと!エボキュア。


これまで散々好き勝手やってきた挙句
言うこと聞かなくなったら抹殺しようとするわ
暴力と権力が通じないとなれば、金に頼って命ごい。

清々しいまでのクソ野郎っぷりを存分に発揮して、無様に散っていく。
悪役の鑑のような活躍。


大好きだと抱擁されて、安心したと同時に消滅させられる。
地球外生命体を、権力で飼い慣らせると思っていたお爺ちゃんの末路よ。






エボルト
「さぁ、答えを出せ。難波の復讐を果たすか、俺に忠誠を誓うか。」


内海
「ハハハハハ!ならば、答えは1つだ!!
あなたに、忠誠を、誓おう!!」


エボルト
「フフハハハハハ!だから人間は面白い!
この星を滅ぼすのはやめた!フハハハハハ、内海。」


内海
「変身!」


エボルト
「さぁ、存分に戦え!仮面ライダーマッドローグ。」






新しい内海の誕生だよ(#38)





唐突な内海の裏切りが
エボルトの地球破壊を止めた。





あれ、今地球救った?内海地球救った?

ありがとう内海、さようなら内海。
そして、初めまして仮面ライダーマッドローグ。


エボルトに忠誠を誓った内海。


ようやく難波重工の呪縛から解き放たれたにも関わらず
自らエボルトの呪縛に飲みこまれて行くスタイル。

難波会長の杖をベキッ!っとへし折った直後に
エボルトに忠誠を誓うというマッドさ。

難波チルドレンとして生きてきた結果
依存しなければ生きられないのか…
そのように教育されてきた結果なのかも知れんね。



鷲尾兄弟、難波会長を次々と始末された今
エボルトに忠誠を誓った上で、難波の全ての手に入れるというのが
もっともクレバーなやり方であるとも言える。

エボルトの操り人形に成り下がるけど
難波重工の支配者のポジションはゲットだし。

そう考えると、内海は実に人間臭い奴にも見えてくる。


あえて、エボルトの配下になる事で
地球を救うための隙をうかがっているという
英雄的展開も考えられますが…

地球外生命体エボルトの配下になった
狂気に飲まれた人間という方が、個人的には好みかしら。

内海は、展開上何度かあった仲間になる機会を全スルーしてきたからね。


最後の最後でエボルトを裏切って、逆転の活路を見出してくれるのか
このままエボルトの配下として、悪の道を突き進むのか。


どちらにせよ、オイシイ気がするぞ内海ィッ!!





難波重工終わった(#38)





どう転ぶにせよ、最終的に内海のメガネが
割れる、壊れる、砕け散るという展開になると予想。



花京院の魂を賭けておこう。




コメント

(全くのとばっちりで魂がコインになる花京院の音)
www
突然の花京院!!
第38話「HUGっと!エボキュア」
おっさんずラブかな?

毎回勝手に魂賭けられる花京院カワイソスw

自らの株を急下降させて世界を救った内海さん流石すぎる。


ルパンレンジャーパトレンジャー「何をしても株をあげる男朝加圭一郎」

女の子若干尾崎由香さんに似てね?(サーバルちゃん役の人)

HUGっと!プリキュア「鉄腕ルールー」
ここでもメガネキャラがヘイトをためる言動かましましたよ。

管理者のみに表示

トラックバック