ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第35話

2018.05.19 (Sat)

第35話 「破滅のタワー」




美空
「万丈!?」


猿渡一海
「じゃない…エボルトだ。」


エボルト
「正解!」





正解!(#35)

エサクタ!




YES I AM!破滅を!地球に!
HELL(ヘル)2U(トゥーユー)!35話。




戦兎
「なんで、あんたが万丈の体に!!」


エボルト
「お前には、まだ話してなかったな。
元々、俺と万丈は2つで1つの生命体だったんだ。以下略」






説明完了チャオ(#35)





お前には、まだ話していなかったな。

ならば、ご丁寧にペラペラと喋ってやろう。


俺と万丈が、元々は1つの生命体であった事。

23年前、火星にやってきた無人探査機に
次に滅ぼす星を探すため遺伝子の一部を潜り込ませた事。

地球にたどり着いた遺伝子の一部が
母親の胎内にいた万丈に憑依したと言う事。

出産時に記憶と能力を失い、ただの人間になり下がった事。

万丈の体に憑依した生命体を回収するために
石動惣一の体を乗っ取り地球にやってきた事。

パンドラボックスを開け損ねたので
万丈の研究をしていた葛城忍を脅して協力させた事。

万丈に試練を与え続けたのは
融合可能なハザードレベル5.0まで上げるためだった事。

その他、もろもろ基本的には
俺のせいだったという事をなァーーーッ!!



めっちゃ喋ってくるやん。



そこまで詳しく聞いてないのに
めっちゃ詳細に説明してきたやん。


1聞いたら、10帰ってきたやん。


戦兎くんをボコる片手間に、めっちゃ説明してくれたやん。


喋りたかったんかな?エボルトさん喋りたかったんかな?


エボルトさんも苦労してるからね。


20年以上も前から積み上げてきた計画がようやく実ったワケで
念願の万丈との融合を果たせてウッキウキ状態だったのかも知れぬ。

これまでの頑張りを喋りたくて喋りたくて仕方なかったのかも知れぬ。


話せる相手は限られてるし、戦兎くんなら何を喋っても平気だからね。
ここぞとばかりに、ペラペラ喋っちゃったおじさん。


話すだけ話して、パンドラボックス&フルボトルを回収して
阿修羅閃空めいてフェードアウトするおじさん。


葛城忍は、エボルトに協力したことを悔やんで自殺したらしいけど
本当かしら…。

葛城パパは、もう少し出番があるかな?
チビ万丈との絡みとか過去話で出てくる可能性はあると思うのだが。





紗羽
「マスター…!」






なんか落ちてる(#35)

マスター落ちてた(#35)





マスター落ちてた。




なんかグッタリしてた。
でも、一応ピクピク動いてたから大丈夫っぽい。

エボルトは抜けたようですが、意識は戻らず。

…エボルトが抜けたって表現スゴくね?


回復したら、本当の石動惣一が見られるのね。

色々と責任感じてるだろうし
立ち直る難しそうだけど、頑張って頂きたい。

やろうと思えば、ブラッドスタークに蒸血できそうだし
最終局面大ピンチの場面で
石動惣一が颯爽登場するパターンあるで。






難波会長
「エボルドライバーを手に入れるために、私を騙したのか?」


エボルト
「確かに、これは俺にしか使えない。
だがそれは、俺自身が最強の兵器になるって事だ。
あんたへの忠誠は変わらない。
パンドラボックスだって、持ってきてやったろう?」


難波会長
「あとボトル1本で、禁断のエネルギーが私の物に!
世界を制するのは…私だ!!」






ワシの箱じゃあ(#35)

ワシの箱なんじゃ(#35)





わしのじゃぁあ~~~
パンドラボックスはわしのなんじゃぁぁああ~~~
禁断のエネルギーはわしのものじゃぁああ~~~


ハイハイ、病室に戻りましょうねお爺ちゃん。
たい焼きも用意してありますからね。


いやじゃぁあ~~~わしが世界を制するんじゃあああああ~~~



一時期、醸し出していた大物感はどこへやら。

もはや、引退を待つばかりのお爺ちゃんへと
クラスチェンジした難波会長。

エボルト相手に「私を騙したのか?」は無いよなぁ。

そもそも、あいつに忠誠心とかあるわけないじゃん。
忠誠心は変わらないって言ってるけど
元から無いものは変わりようがないからね。

エボルトを手駒のように使うならまだしも
簡単に、あしらわれている様では先が知れる。


パンドラボックスを開けられるようになっても
当分、開けるつもりはないとか、もうね…

もはや、どうやって退場するのかくらいしか期待が持てないわね。






猿渡一海
「(ン!?みーたんと2人きり?マジか!?
いやいや、みーたんのお父さんも、戦兎も意識が戻ってねぇんだぞ?
浮かれてどうする、俺!
…いや、こんな時だからこそ
みーたんには、支えが必要なんじゃないか?
そうだ!そうに決まってる!そして、その相手は俺しかいない!
今が、グリスからカズミンに昇格する絶好のチャンスチャンスチャンス!
ここは、心火を燃やしてそっと抱きしめる!)」

「スタン・ハンセン…!スタン・ハンセン…!」






心火を燃やして抱き寄せる(#35)

カズミンラリアット(#35)





戦兎くんが目の前で寝込んでいるのに2人きりとは…。

ま…まぁ、別にみーたんに変な事しようとしてたわけじゃないし!

そっと抱きしめると見せかけて
ウエスタン・ラリアットの練習してただけだし。

弱っている隙をついてモノにしようとか思ってないし。
ちょっとしか思ってないし。


万丈がエボルトに乗っ取られ、殺伐とした展開が続く中
カズミン妄想劇場は、癒しパート足りえる安らぎ空間なのであった。






エボルト
「野郎が集まって、なに辛気臭い話してるんだよ?」


美空
「万丈!?」


猿渡一海
「じゃない…エボルトだ。」


エボルト
「正解!お前たちを、セレモニーに招待しようと思ってな。
おっと、火星の王妃はお断りだ。」






セレモニー御招待(#35)





万丈かと思った?残念!エボルトちゃんでした!


えっ、思ってないの?エボルトだと思ったの?
ならば良しッ!!

まぁ、消えてたからな。
あんなステルス能力、万丈にはないからな。


えっ、消えられるの?エボルトさん消えられるの?
万丈と融合して、フェーズ2に移行したから能力が増えたの?

なんなの、なんで万丈スケスケなん?

スケスケと言うか、瞬間移動してきたようにも見える。

どちらにせよ、もういついかなる時でも
その辺に万丈が潜んでいるかと思うと、気が休まる暇がないのは確実!
そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!

ステルス万丈探知器を作ろう。(提案)



パンドラタワー着工セレモニーに、御招待。


ただし、火星の王妃はお断りぞ。

ドキッ☆仮面ライダーだらけの男子会なのぞ。
女人禁制の神聖なる儀式ぞ。
特に、金色に発光しちゃう系の火星女子はお断りぞ。


セレモニーにご招待と言いつつも
やっていることは拉致であり実際悪質。

阿修羅閃空みたいな動きで、戦兎くんたちを拉致っていましたけど
どうやって3人まとめて運んで行ったのかしら…。

成人男性を3人かかえてステージ移動するなど
フェーズ2にとっては、たやすいことなのやも知れぬ。スゴイ!






猿渡一海
「戦兎、今だ!」


エボルト
「邪魔するな!」


猿渡一美
「グワーッ!!」


幻徳
「早くしろ!」


エボルト
「今さらヒーロー気取りか?
戦争を引き起こしておいて都合がいいな。お前の罪は決して消えない!」


幻徳
「グワーッ!!」






飛び過ぎ問題(#35)





スマブラみてーになってんじゃねーの。




飛ばされ過ぎだろ2人とも。

どんだけ吹っ飛ばされてんのグリス。
どんだけ吹っ飛ばされてんのローグ。

あのまま東都を飛び出して
西都や北都へ不法侵入するかの如き飛ばされっぷり。
重力を無視したようなベクトル移動。
フワーッいってたからね。


セレモニーに招待しておいて、強制退去させる圧倒的暴挙。

無理矢理連れてきて、無理矢理帰らせる。
この傍若無人っぷりがエボルトさんのヤベイ所である。

最後の1本だったフェニックスフルボトルさえ手に入れば
お帰り頂いても一向に構わないと言うね。

むしろ、とっとと帰れと言うね。






エボルト
「戦兎、俺だ…助けてくれ…!」


戦兎
「万丈…!?」


エボルト
「隙ありィィイイ!!」






嘘だバカ(#35)





せっこ。




エボルトはすぐこういうことをする。

実力差は十分にあるのに、尚且つこーゆーセコイことをしてくる。
メンタルもグリグリと抉ってくる。



仮面ライダーローグや、タンクタンクフォームに加えて
ハザードフォーム辺りだと、エボルに何とか食らいついていける印象。

エボルトは、一度見た攻撃やフォームに対して
すぐさま対応してくる強みがあるので
ハザードフォームでのバリエーションチェンジは効果的っぽい。

レベルの上がった戦兎くんでも
短時間しか使えないのがキビシイですが。


なによりキビシイのは、カズミンかしら。
なんとかハザードレベルを上げて頑張って欲しい。

万丈が使わなくなったツインブレイカーを借りて
両手に装備したらどうだろうか?

ツインブレイカー二刀流にして
いつもの2倍ジャンプして、いつもの3倍の心火を燃やせば
エボルを上回るハザードレベルを叩き出せる可能性あるで。



科学の行き着く先は破滅だというエボルトに対して
科学の役割と、それを扱う人間を信じるという戦兎くん。
この辺の問答は、テーマとしての軸を感じて嫌いじゃない。






難波会長
「パンドラボックスを開けるつもりだ!奴を止めろ!」


内海
「はい!」

「やめろ!貴様、なにをしているかアッー!!






スーツで着た内海(#35)

退場する内海(#35)





なにしに来たんだコイツ…。




スマッシュ連れてくるとか、ナイトローグに変身するとか
最終兵器兄弟(失踪)を連れてくるとか、色々とあったやろ。

何をフラッとやってきて、フラッとフェードアウトしてんの内海。
なにしに来たの内海。


…って言うか、来るの早いな内海。


内海が素早いのか、パンドラタワーが近所にあるのか分からないけど
結構な高さあったんじゃね?

めっちゃ急いで走ってきたのか内海。
場違い感ハンパなかったぞ内海。






エボルト
「ようやくこの時を迎える。絶望を味わうといい!」


戦兎
「やめろォーーーッ!!」
「これが…パンドラの力…!!」


エボルト
「地球は終わりだ!」






地球終了のお知らせ(#35)


kibayashi.jpg





詰 ん だ。




パンドラタワー完成と同時に、地球終了のお知らせ入った。
ヤベイ詰んだコレ。

まだ35話なのに、パンドラタワーが建っちゃったコレ。

詰んだ。





それでも天才物理学者なら…
天才物理学者ならきっと何とかしてくれる…!!

はず。

たぶん。





コメント

あなたのブログいっぱいちゅきです。
エボルトセコいですねw

管理者のみに表示

トラックバック