ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第29話

2018.04.07 (Sat)

第29話 「開幕のベルが鳴る」




新規映像(#29)




「スカイウォールの惨劇から10年。
世界を滅ぼす、強大なエネルギーが秘められた
パンドラボックスを開けるため、新たな戦いが幕を開けた!」


OPリニューアル!

喫茶店のシーンから惣一が削除されて
紗羽さんとカズミンがIN!
紗羽さん、ようやくOPに加われたのね。良かった…。

nascitaの「A」が「∀」になっちゃってる龍我カワイイし
不敵に変身するブラッドスタークもカッコイイわ~。

1番ビックリしたのは葛城巧が出てきたことでしょうか。
葛城の思わせぶりな笑顔がとてもイイ。
困惑しているような戦兎くんと表情と比べても
色んな風に受け取れてミステリアスゥ!


「開幕のベルが鳴る」ってサブタイトルかっこ良くね?第29話。



パンドラタワー未完成版(#29)





盛り上がってまいりました。(塔的な意味で)




パンドラボックスにパンドラパネルをはめ込んだら
塔がモリモリ盛り上がってきたでござるの巻。


なんか塔が生えてきたんですけど。
バベルめいたタワーが生えてきたんですけど。
なにこれこわい。


塔が生えてきた近辺にあった民家は壊滅必死であり
どこからどうみても大惨事。

フルボトル27本分(今回、実際にハメこんだのは
パンドラパネル2枚分の様子)で、この有様とは恐れ入る。

完全にパンドラボックスが開かれたあかつきには
火星と同じく、地球文明はキレイサッパリ滅ぶ模様。

中に入ってるエネルギーを取り出すってレベルじゃねーぞ。


スカイウォールのパーツが引っ込んでたりしてましたけど
壁パーツを流用して、タワーを構築しているのだろうか?

パンドラタワー完成の際には、スカイウォールは消滅するのかも。

…まぁ、すでに三都の対立は終了したも同然だし
壁がなくなった所でドーコーするわけでも無いんだけれど。
壁がなくなっても赤いバリアみたいなものは健在っぽいしね。





西都首相オーケストラ(#29)

ノリノリ難波御堂重三郎(#29)





どんなシーンでも第九を流しておけば
荘厳な雰囲気が醸し出される説。




オーケストラを指揮する難波会長(御堂フェイス)が楽しそう。
ノリノリじゃねーの。

これって、御堂さんとして…
つまりは、西都首相としてオーケストラを発注したわけですよね。

完全に首相ご乱心ですよね。

塔が生えてきてるのに、首相がオーケストラの指揮してるって。

うん、ご乱心どころじゃないな。

難波会長、やってみたかったのかな。オケの指揮。

やっていることはアレですが
悪の親玉的雰囲気はビシビシと伝わってくるので素敵ではある。
全て私の計画通りみたいな。指揮通りみたいな。



…まぁ、その内ブラッドスタークに始末されちゃうんでしょうけど。(小声)



代表戦の結果を曲げて、情報操作をする所とか最悪よね。
最初から約束を守る気なんてサラサラないんでやんの。

勝てばOK、負けても事実を隠蔽しつつ
東都を焼け野原にして勝ったことにするという地獄のプラン。

ルール無用の残虐ファイターやんこんなもん。
パンドラフラッシュ浴びてないのにコレだもん。
現状、一番邪悪な人類ってカンジね。



…まぁ、その内ブラッドスタークに始末されちゃうんでしょうけど。(2回目)



背後から内海に撃たれて、全ての権力を持っていかれる展開もアリやな。
個人的に、内海には期待しておる。



余談ではあるが「難波重三郎」で変換しようとしたら
「難波重THEブロウ」になってしまい、ものすごい強キャラ感が出た。






戦兎
「俺は…敵も味方も死なせないと言った。
愛と平和を掲げて戦うと誓った。
それは、綺麗事かもしれない。幻想かもしれない。
それでも俺は…お前も、お前たちの仲間がいる北都も…
みんなを守って、戦いたいんだ。」


猿渡一海
「どいつもこいつも…お前の戯言に付き合う気はねぇ。
けど…みーたんにお願いされちまったからなぁ。
しょうがねぇ。お前らと一緒に、最速で戦争を終わらせてやるよ。」

「心火を燃やして、ぶっ潰す!」






戦兎と一海(#29)





カズミンがカッコ良すぎて辛い。




戦兎くんとカズミンの共闘シーンの熱さハンパない。

少し前まで、敵同士として命懸けで戦っていた2人が
戦争を終わらせるために、共に戦う決意を固める…
ってだけでも十分熱いと言うのに、北都三羽ガラスの面々が
2人の背中押してくれるイメージカットとかもうね。

涙で前が見えないって言うね。
感涙にむせばざるを得ないって言うね。


戦闘中にフルボトルをバックハンドパスする戦兎くんと
それを、ツインブレーカーでダイレクトキャッチするカズミンのシーンや
三羽ガラスのフルボトルを使って繰り出す必殺技とかも
各キャラとの繋がりを感じてグッときたぜ。


信頼感をビジュアルで現してるカンジっつーんですか~~~。
本当の仲間になれた瞬間の画っつーんですか~~~。


特に、戦兎くんの背中を押してくれているのが
青羽って所がシビれる。

響きますよね。

胸に。





墓の前で待ってた龍我(#29)

お願いみーたん(真剣)(#29)





カズミンを止める為に、一晩中外で待っていた万丈と
お願いみーたんする美空ちゃんも良かった。
みーたんの「お願い」の言い方が、また切ない。


戦兎くんたちとカズミンは、特殊な関係性だったし
色々と複雑な思いもあっただろうけど…
(背中を押してくれた三羽ガラスのシーンも含めて)
新たな関係性を築いて、先へ進んでいけそうで本当に良かったなと。





量がエグイ(#29)





あくしゅ券、写真さつえい券、耳かき券を
ボストンバッグ一杯に用意していたみーたん。

カズミンレート(もしくは紗羽レート)で、あくしゅ券1枚が5万ドルク。
写真さつえい券が1枚10万ドルクなので
耳かき券は1枚15万ドルクくらいだろうか。



…デフレ起こるでコレ!



美空ちゃんが1枚1枚手書きで作ったと思うと泣けてくる。
カズミンなんて、耳かき券1枚あれば言いなりなってくれるだろうに。


熱い想いを語った戦兎くんといい
道で待ち構えていた龍我といい
カズミンモテモテ問題ですわ。

猿渡一海29歳独身…モテ期キテル…!!






ブラッドスターク
「成長したとは、嬉しいねぇ。」


龍我
「強がるなよ!ハザードレベルは、俺の方が上だ!」


ブラッドスターク
「確かに。だが、俺にはこれがある!」






火星ビーム(#29)





火 星 ビ ー ム!!




そりゃ出ますよ。ビームくらい。



火星力(カセイチカラ)だぞ?

例え、ハザードレベルで負けていようとも
ブラッドスタークさんには、火星力があるんだぞ?

記憶を消したり、顔を変えたりできることからすると
手からビームを出す事など、雑作もないことなのだ。


知らんけど。






鷲尾雷
「調子に乗るなよ。ボトルを寄こせ、早くしろ!」


ベルナージュ
「我が名はベルナージュ。火星の王妃。」






金のみーたん(#29)





私は火星からやってきた火星の王妃。

おだやかな心をもちながら
はげしい怒りによって目覚めた伝説のみーたん…

超みーたんベルナージュだ!!!!!





緑の瞳になると同時に、黄金のオーラに包まれるみーたんさん。
これが、みーたんを超えた伝説のみーたん。スーパーみーたん人ですか。

覚醒時の火星力は通常時に比べて格段に上昇し、約50倍に跳ね上がる。
相手は死ぬ。



覚醒みーたんのオーラで、めちゃめちゃ吹っ飛ばされる鷲尾(弟)(笑)


って言うか、兄がヘルブロスになるので変身解除して草むらに避難。
美空ちゃんを発見。卑劣にも人質に取ってボトルを要求する。
覚醒した美空ちゃんに吹き飛ばされる…という、一連の流れに吹く。

そもそも、ちょっと前にもみーたんの火星力で
幻徳さんもろとも西都へ強制送還させられたというのに
再び手を出して吹っ飛ばされるという学習能力の無さね。


これが難波重工最終兵器(弟)の底力だ…!



美空ちゃんのバングルに入っていた人格は、ベルナージュさん。

あらやだ聞きました奥さん?火星の王妃さまですってよ!
まー、どーりで!どことなく気品があるわねーって思ってたのよ。

ご丁寧に自己紹介してくれる辺りが気品漂う丁寧さ。


流れ的には、石動惣一の中には
火星の王様の意識が入り込んでいるというパターンでしょうか。


…王と王妃の意識が、父と娘の中に?


それはそれとして、石動惣一に関しては
惣一としての意識が、彼の中にどれほど残っているのかが気になる所。

完全なる傀儡だったとしても、数える罪が多すぎるか…。






戦兎
「俺に考えがあります。1ドルクもらえませんか?」


氷室泰山
「これでいいのか?」


戦兎
「どうも。」


氷室泰山
「…。」






おこずかいちょーだい(#29)

むだづかいすんなよ(#29)

なににつかうん?(#29)




お金返してっ!



ヤベーイ!




コメント


管理者のみに表示

トラックバック