ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第23話

2018.03.03 (Sat)

第23話 「西のファントム」




猿渡一海
「猿渡一海、29歳独身。
ネットで初めてあなたと出会った時から
心火を燃やしてフォーリンラブでした!握手して下さい!」


紗羽
「握手するなら整理券を買ってね!はい、5万ドルク!」


猿渡一海
「5万?…安いっスね。」





みーたんラブ(#23)

5万ドルクちょーだい(#23)




生活費を切り崩してまで、みーたんに貢ぐ男!
それが、猿渡一海29歳独身ッ!!


隙あらば、金をせびっていく女!
それが、滝沢紗羽27歳独身ッ!!


みーたんとの握手、5万。
みーたんとのツーショット、10万。
みーたんとの思い出、プライスレス。第23話。



ファンキー西都ブラザーズ(#23)





「エンジンブロス!」

「リモコンブロス!」

「「2人合わせて、ファンキー西都ブラザーズ!!」」

「言っとくが、そう簡単に正体は明かさねぇ!」

「…って、オ~イ!もう明かしちゃってるし!」


「お前ら、さては…バカだな!!」



そんな流れにはならず、ひたすらシリアスムード全開で
淡々と任務をこなす、鷲尾兄弟。

北都三羽ガラスに続く、おバカ兄弟では無かった…。
ガチ系のソルジャー兄弟やった…。

西都ブラザーズの大暴れで
オラたちの猿渡ファームが壊滅状態に…!!


最上魁星の開発したカイザーシステムに
内海が改良を加えて完成させた、新カイザーシステムで潤動ッ!


兵器開発の流れを、ストーリーの中に自然に組み込むことで
ごく自然に劇場版のリペイントを登場させるという
大人の都合にも大変お優しくなっている使用でございます。


さすが内海、有能だな内海。


一丁のネビュラスチームガンを
2人で使いまわして変身するのがイイカンジ。

大人の都合にも大変お優しくなっている使用でありながら
数少ない貴重な兵器である的な雰囲気も出るという一石二鳥っぷり。





有能うつみん(#23)





さすが内海、有能だな内海。

褒美に角砂糖をやろう。






黄羽
「カシラ…僕、もうダメみたい…
実はね…カシラが来る前から、もうヤバくて…
僕を置いて、逃げて下さい…!」


猿渡一海
「出来るワケねぇだろ!」
「バカ野郎!何してんだ お前!」


黄羽
「こうでもしないと逃げてくれないでしょ…」


猿渡一海
「聖吉…!」

黄羽
「あ…やっぱり…記憶失ってないじゃん…。
ウソ下手だなぁ…。
カシラ…青ちゃんと、向こうで見守ってますから…」






黄羽死亡(#23)





聖吉ィィイイーーーッ!!!




お前、聖吉って名前だったのか聖吉ィーッ!!

黄羽ちゃん、なんですぐ死んでしまうん?

西都の強さを見せつける為ですか。そうですか。

北都三羽ガラスも、残るは赤羽ちゃんのみ。
北都一羽ガラスへとダウングレードしてしまったのであった。
一羽ガラスってなんじゃい。



命からがらエスケープしたのに
ネットリとしたしつこさで追ってきて
確実にトドメを刺してくる
ファンキー西都ブラザーズの容赦なさがハンパない。
なんやアイツら、ターミネーターか。

つい最近まで、トップのハザードレベルを誇っていたグリスが
ここまで一方的にフルボッコされるとは。

ビルドとの決闘のダメージや
連戦続きの疲労がなかったとしても
タイマン勝負でギリギリ勝てるかどうかってレベルでしょうか。
インフレキビシイ。





聖吉ぃぃぃ!(#23)





黄羽の死に嘆くカシラを、真上から撮るカットが好き。
哀しみと切なさと心強さと、ドローン撮影の良い所を感じる。





クロコダイルクラックフルボトル(#23)

ローグだオラァ(#23)





デンジャー!クロコダイル!!

割れる!喰われる!砕け散る!
クロコダイル・イン・ローグ!オォォラァァアッ!!




やだ…仮面ライダーローグカッコイイ…!!

フルボトルをスクラッシュ。
胴体部分を走るクラックと
喰われて割れるフェイス部分のヒビ割れが超イカス。


女性の叫び声が入っていますが
ホテルに連れ込まれそうになった時の
紗羽さんの声ですか?
違いますか。そうですか。





強いぞローグ(#23)





戦兎&龍我コンビの攻撃を正面から受けても全然動じなかったり
超近距離射撃でクローズチャージを一撃変身解除させたり
スパークリング&クローズチャージが
まったく相手にならない圧倒的な強さ。


横に大きく動く戦闘と大爆発。
撮影場所を存分に活かした、大迫力アクションが目を引きますね。


スパークリングのパンチでズザザーっと後退するもののノーダメージ。
その状態から逆にブラカワニめいた必殺キックを叩き込んでくる勢い。

その頑丈さと獰猛さは、まさにクロコダイルってカンジでクールだわぁ。






幻徳
「また会えたな、葛城。」


戦兎
「氷室…幻徳…!」






驚愕の正体はこのあとすぐ(#23)

帰ってきた幻徳(#23)





仮面ライダーローグ…いったい氷室何徳なんだ…!!

と、思ったのも束の間。
中から幻徳さんが出てきました。
ぬるっと出てきました。

随分と早いお帰りですね。


カムバックに際してイメチェンしてきた幻徳さんが
チームバロンのOBみたいで、ちょっと吹く。




コメント


管理者のみに表示

トラックバック