ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー感想 第3話

2018.03.01 (Thu)

#3 「絶対に取り戻す」




急がなアカン(#3)




「気をつけよう たった5秒が 命とり」第3話。




魁利
「もう来なくていーぞ!」


初美花
「ベーだ!」






ランチください(#3)

にどとくんな!!





にどとくんな!


ばーかばーか!!にどとくんなばーか!!


客が帰ってから悪態をつくスタイル。

真正面からポリスメンにケンカを売らない
クレバーなスタイルとも言えよう。子供か。


はい、普通にご飯食べに来たパティーン。

前回ラストで、意味深に登場してきたパトレンの面々でしたが
普通に食事をしに来ただけの模様。

結局、何も食べずに出て行ってしまいましたが
職場が近いとのことなので、今後も頻繁に顔を出しそう。


グッドストライカーは
コグレの手にすら余るルパンコレクション。

コレクションブックに収納されるのが嫌で
コグレから逃げ回っているとかかな?

自由を愛するグッティを束縛することは、誰にもできないのだ。


それにしても、神出鬼没なコグレさんの怪しさが凄いですね。

ルパンコレクションの場所を的確に教えに来てくれたり
出たり消えたり、色々と凌駕している存在にも見える。


グッドストライカーは、ルパンコレクションを強くする
ルパンコレクションだけど…
コグレさんは、ルパンコレクションを管理する
ルパンコレクションなのかも知れない。

意思を持つルパンコレクション、グッティがいるだけに
コグレさんのように人間の姿をした
ルパンコレクションもありかなと。

本が本体で、主亡き今もコレクションを管理しているカンジかな。





透真の願い(#3)





よーし透真さん、新妻に裸エプロンさせて
夜のマスカレイドしちゃうぞー。




そんなふうに考えていた時期が透真さんにもありました。


結婚式のドレス選びの待ち合わせに
ほんの5分遅刻したばかりに
目の前で彼女を失ってしまうことになるとは…。

「ルパンコレクションを取り戻せば、消えた人も取り戻せる」
…というコグレの言葉がなかったら
ギャングラーを抹殺するための
無慈悲な殺戮マスィーンと化していた可能性あるで。コワイ!


店の中で、パトレンジャーからVSチェンジャーを奪おうとしたり
ルパンコレクション奪還にかける熱意は
他の2名より強いカンジですね。

ワクワク新婚さんライフエンジョイ直前で
一気に地獄のズンドコまで叩き落されたとなれば
その気持ちは分からんでもない。


「一見、無駄な寄り道が可能性を広げるんだって。」


魁利の言葉に、彼女の言葉を重ねて納得する。
しっかりと冷静さを持ち合させているのがイイですね。

クールそうに見せて、中身はグツグツなタイプってカンジで。


「たった5分が命取りだよ。」


透真の胸に刻まれて言るであろう、彼女のセリフ。

これはタイムリミット系のエピソードで
透真さんが活躍するフラグ…!

たった5分、されど5分。遅刻厳禁つってね。つってね。






咲也
「もっと褒めて下さい!褒められると伸びるタイプです!」






咲也の本気(#3)





むしろ、叱られると必要以上にめっちゃ凹むタイプです!!


ちょいとしたミスから、窮地に陥ってしまいヘコみまくる咲也くん。
ミスはミスとして、ちゃんと反省できるのは良いことですよ。
落ち込んだりするのも場合によっては必要なのだ。


百・発・百・中!汚・名・返・上!名・誉・挽・回!


気合の一撃で、ピンチを脱出。
しっかりと切り替えて、失敗を乗り越える咲也。
やればできる子…褒めたら伸びる子だわ、この子…!


「装備を奪われかけるなど言語道断!
ギャングラーも快盗も、舐めているからあんなことになるんだ!」


まぁ、説教たれてた圭一郎さんも
ガッツリ罠にかかったしまっていたワケですけれども。

あの人、どんな相手でも油断はしないだろうけど
直情タイプだから、搦め手とか罠にめっちゃ弱そうよね。
少し煽れば突っ込んできそうだし。
その辺、煽り耐性が高そうな2号&3号頼りかしら。


粘液まみれで身動きが取れないまま
ケツだけプリプリするのはサービスシーンですか?
まったく…轟音爆走すぎるぜ…!

パトレン3号の粘液拘束放置プレイとか
国際警察の権限において、実力を行使せざるえない。






ヒルトップ管理官
「咲也、仕事のミスは、仕事で取り返せばいい。
今度こそ、君の本気を見せてくれ。」






ヒルトップの助言(#3)





ヒルトップ管理官が、案外まともなこと言っててビックリしたわ。

叱るのは圭一郎で、フォローするのがつかさ。
パトレン内でもバランスは取れているけど
広い目線で見守ってくれるような立ち位置のヒルトップ管理官も
なかなか頼れそうボスですね。

もっと、おちゃらけているタイプかと思ったので
良い方向に意外でした。





アカレンジャイ×3(#3)

えーっ(#3)





増 え た。




パトレンが使うと融合して、ルパレンが使うと分身するのか…。
快盗としては、利便性が高そうなギミックよね。





完成パトカイザー(#3)





一・撃・必・勝!警察ガッタイム!
正義をつかみ取ろうぜ!完成!パトカイザー!!




右手に警棒、左手に拳銃めいたキャノン砲という
ジャッジメント不要で、デリートしちゃう気満々の装備。

ギャングラーに、手錠など必要ない。
奴らに必要なのは、地獄と言う名の監獄だけだ。

そんな気概を感じる。
アーノルド・シュワルツェってる。


ローラースケートめいた移動術もユニークでイイネ!
個人的に、もっとパトランプを光らせてほしかったけ・ど。

パトカイザー内部で、制帽かぶってるグッティがカワイイ。
今後も気分で、両戦隊を行ったり来たりするのかしら。
まったく、移り気な子猫ちゃんだぜ。
ニンジンみてーな面しやがって。


巨大ドグラニオ・ヤーブンの像も粉砕して任務完了!
これにて一件コンプリート!





爆砕ヤーブン像(#3)

あ・・・(#3)





「あ…。」




彫像を壊されて、ちょっぴりシュンとしちゃった
ドグラニオ・ヤーブンにキュンと来た。

なんだかんだ言いながら、けっこー気に入ってたっぽいねぇ。






咲也
「ねぇ、君!」


初美花
「えっ…なに…!?…なんですか?」


咲也
「めちゃくちゃカワイイね!名前聞いてもいい?」






透真と咲也(#3)





君、かわうぃーねー!




よーし咲也、職場近くのレストランで
可愛い店員さんナンパして朝まで事情聴取しちゃうぞー。




ハイキタキャッツアイ。
これはもう咲也の口から、パトレンの作戦がダダ漏れになるフラグ。

警察官が制服でナンパするとか駄目じゃないのか?
国際警察の権限において、堂々とナンパしているので問題はない。
つべこべ言ってると逮捕しますよ!!



透真
「なぁ、これに下剤でも混ぜたら
混乱に乗じてVSチェンジャー奪えるんじゃないか?」

「冗談だ。今のはな。」




国際警察に出される食事は、超強力な下剤入り!!
一口喰えば三日はウンコが土石流みたくとまらねェ!!

下剤を投入しルパンコレクションをゲットしようとする
透真さんの容赦なさっぷりがスゴイ。
微妙に冗談に聞こえない所がスゴイ。



透真と咲也の掘り下げが、スマートに展開してて良かったなと。

サブタイの「絶対に取り戻す」ってのも
凍らされた時を取り戻そうとする透馬と
ミスしてしまった事での名誉を取り戻そうろする咲也で
上手いことリンクしてる所にグッときました。


料理に下剤を投入しようとするブルー!
イエローをナンパするグリーン!

2人ともナイスキャラで好感触ですわー。




コメント

ルパパトの第4話感想待ってます

管理者のみに表示

トラックバック