ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

獣電戦隊キョウリュウジャー感想 第33.5話

2018.02.13 (Tue)

ブレイブ 33.5 
「これぞブレイブ!たたかいのフロンティア」





ブレイブ33.5

!?









…ただの完全新作エピソードだコレ!!



なんか急に帰ってきた獣電戦隊キョウリュウジャー。

ルパンレンジャーVSパトレンジャーの花道に
衛星軌道上から岩烈パンチをお見舞いしてきたような衝撃。

唐突過ぎるカムバックが荒れすぎて止められねぇ!!


スマホゲー「ブレイブフロンティア2」の宣伝用のコラボ企画で実現した
奇跡のブレイブイン。

…らしいのですが、ゲームの宣伝要素が皆無なのがスゴイ。

コラボ企画とは一体…と、思う一方で
キョウリュウジャーへのリスペクトと愛を感じてグッとくる。

そもそも、「ブレイブ」繋がりと言うだけで
新作をまるっと一本作り上げてしまうとは
頭がおかしいブレイブ過ぎる。


三条脚本に、役者全員の生身戦闘、新デーボモンスター、etc.
OP、ED、CMを除いて、本編よりも尺が長いという
ブレイブ極まる素敵な構成。

キャンデリラ&ラッキューロは元より
キングを初めとした役者さん勢もイキイキとしてて
見ててニヤニヤしてしまった。

メンバー全員、良い意味で変わらないカンジだったけど
イアンはさらに色っぽく、ソウジくんは一層カッコ良くなってた印象。
そして、ラッキューロは相変わらず超カワイイ。


なによりも、本編終了数年後にガチの新作エピソードが
見られただけでも、一ファンとしては嬉しい限り。











勇敢戦隊ブレイブフロンティアも含めて
まことブレイブなひとときであった。


ブレイブポイント、66兆2000億!!




コメント

キョウリュウジャー大好きなブレフロプロデューサーが自らのブレイブを証明するため頼み込んだという

管理者のみに表示

トラックバック