ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第20話

2018.02.10 (Sat)

第20話 「悪魔のトリガー」




悪魔のトリガー(#20)




\デビル/ \トリガー/ 第20話。




戦兎
「これが…禁断のアイテム…。」


石動惣一
「それをビルドドライバーに挿せば、今より遥かに強い力が手に入る。
万丈の暴走も止められる。」


戦兎
「禁断のアイテムって事は、その代償もあるんだろ?」


石動惣一
「正解!」






禁断やぞ(#20)

エサクタ(#20)





ハザードトリガーを装着し続けると、自我を失う可能性があります。

自分が、葛城巧だったという事実を乗り越えて
桐生戦兎としてのアイデンティティを確立していこう
必死こいて頑張っているのに、自我を失う可能性があります。

スマッシュに使うと、成分を直接注入するだけに代償はさらに大きく
倒されたら消滅します。かみ砕いて言うと死にます。

ハザードトリガーの効果効能・副作用を良く考えてお使いください。



アカンやつやん…。



絶対、使っちゃアカンやつやん…。


使い続けると自我を失うし、場合によっては死ぬ。
ダメじゃん。兵器としてもダメじゃん。
禁断っていうか、未完成やん。

なんかこう、無理矢理パワーアップさせるための
強制ドーピングのようなアイテムですね。


まぁ、スクラッシュドライバーの時点で
使えば使うほど交戦的になっていく副作用がありますし
なんかもう全体的に、アカンやつよね。
ホンマ、葛城巧さんは悪魔の科学者やでぇ…。



戦兎
「どうしてこれを俺に…?」


石動惣一
「それは…なぜお前を生かしたのかって理由にも繋がる。
お前しか、万丈龍我を止められないからだ。
万丈は、生まれながらにして戦う才能を持った言わば天然もの。
片やお前は、科学という文明の力で強くなる養殖もの。
2人が切磋琢磨して強くなることが、俺の望みだ。」


戦兎
「それが、あんたの目的とどう関係があるんだ?」


石動惣一
「その答えは…またの機会にしよう。チャオ。」





天然の龍我と、養殖の戦兎。

アルファの龍我と、オメガの戦兎。アマゾンッ!


どちからを当て馬にして、どちらかを強くするのではなく
2人を切磋琢磨させて強くさせる。無理矢理にでも。


すなわち!来るべき火星人襲来に向けて
奴らに対抗できる有能な戦士を鍛え上げる。
それこそが、石動惣一の唯一無二の目的なのだ。


なんてこった!こいつは伝説になるぜ。





カシラわっしょい(#20)





三羽ガラスは、カシラの為に。
カシラは、三羽ガラスの為に。


それぞれお互いの為に、命をかけて戦おうとしてんのよね。
この辺、戦兎と龍我の関係性と通じるものがある。

結局、パンドラボックスと、それに魅せられた者達の被害者であり
本人たちは、こんな戦いなんて望んではいないんだよなぁ。

それでも、大事な人を守る為に
そして、生きるためには戦うしかないわけで
名前や記憶を捨ててまで、やらなければならないという地獄絵図。


それだけに、彼らには幸せになって欲しいというか
せめて、死んでほしくはないという感情が芽生えてしまうのですが…。

本名の刻まれたドッグタグとか出されちゃうと
着々と死亡フラグを積み重ねているように思えてハラハラしちゃう。




猿渡一海
「シケたツラしやがって…
俺についてくる気なら、これだけは必ず守れ。
絶対に死ぬな。」


三羽ガラス
「カシラ!カシラ!カシラ!」





ワッショイ!ワッショイ!横ワッショイ!!


絶対に死ぬな、か…。絶対に死ぬなコレ。






紗羽
「氷室泰山が首相のままなら、戦争なんて起きなかったのに…。」


美空
「ねぇ…氷室泰山って今 どうしてるの?」


紗羽
「まだ、意識が戻らないみたい。」


美空
「私の力で、治せないかな?」






美空ベホマ(#20)





いやぁ…さすがに、治すのは難しいんじゃね?


治せました。


マジでか。



龍我のように、ネビュラガスの影響を受けた者を
フルボトルを浄化するように、癒すことが出来る…
みたいなカンジ感じかと思っていたのですが
普通の人間も普通に癒せる模様。マジでか。


まぁ今回、氷室泰山が入院してたのは
ブラッドスタークが撃ち込んだ毒が原因だったと思うし
それを踏まえると、美空の力で回復させることが出来たのも
納得できるのですが。


石動惣一のように、自らの力で他人の顔を変えたり
記憶を消去できたりする、驚異の火星力なのであるとするならば
どんな人間の怪我や病気でも癒すことが可能と言うことになり
それはそれで、問題が起きそうではある。


マスターがいなくなって、みーたんとしての活動も減少。
さらに、ボトル浄化作業がなくなったことで
しばらくは、まっとうなヒロインしてた美空ちゃんですが
新たなるポジションを確立してきましたね。


ちなみに、紗羽さんと美空ちゃんが
貴重なナースコスを披露しているので括目するが良いだろう。






幻徳
「俺が全てを決める!俺が、この国のリーダーだァァッ!!」


氷室泰山
「お前に、この国を束ねる資格はない。」
「今すぐ、東都から出ていけ。もう親子でも何でもない。」


幻徳
「いいだろう…なら好きにさせてもらう。
パンドラボックスは、俺のものだ!!」

「グワーッ!!!これが…ライダーシステムの力か…。」






氷室ブザマ幻徳(#20)





ナイトローグ弱くね?(小声)




ファイナルベントみたいな必殺技を繰り出した時は
やるじゃん幻徳やるじゃんと、ちょいとばかり期待しちゃったけど
まさか軽くキャッチされて、そのままポイされるとは…。

キックってのはこうやって撃つんだよォ~~~ッ!みたいなノリで
スパークリングに蹴り飛ばされて変身解除。

階段ゴロゴロおじさんと化す、氷室幻徳氏なのであった。



ちゃうねん…戦兎くんが強くなりすぎたんやねん…。


ハザードレベルが変動しない、トランスチームシステムでは
限界があったんや…。
惣一さんのような地力も、幻徳さんにはなかったんや…。


ナイトローグのハザードレベルっていくつ位なんだろ?
3.0~3.5くらいかしら。
オウルハードスマッシュとタイマンしても勝てないくらいかしら。





戦兎
「これで終わりだ。」


幻徳
「まだ終わらないぞォッ!
俺は、必ず貴様らの前に現れる。さらなる力を手に入れてな!」






捨て台詞幻徳(#20)

ちょっと撃つ幻徳(#20)





捨て台詞はいいんだけど、軽めに射撃してくる所が小物全開。
3発中2発外してるし。
パンパン撃ってないで、早くお逃げ。


東都首相代理の座どころか、東都首相補佐官として座をも失い
氷室泰山からは勘当を言い渡され
せめてパンドラボックスだけでも奪い去ろうとしたものの
戦兎くんにフルボッコされて階段ゴロゴロ。

どん底まで落ちたようにも見える、氷室幻徳の再起に御期待ください。


…幻徳さん、どうするつもりなんだろうか。


さらなる力とか言ってもねぇ。
石動惣一か、内海にすがるしか方法がなさそうなんだけど。

どちらにせよ、ハザードレベルを上げないと話にならないし
特訓するか強化手術をするしかないな。
ハザードおじさんになるしかないな。






戦兎
「筋肉馬鹿が…泣かせることしやがって。
俺がお前を止める。この身をかけても!!」






ハザード変身痛そう(#20)





ハザードオン!!

ラビット!タンク!スーパーベストマッチ!!

ガタガタゴットン!ズッタンズタン!
ガタガタゴットン!ズッタンズタン!






ズッタンズッズッタン





アンコントロールスイッチ!
ブラックハザード!ヤベーイ!!




ヤベイ。ハザードヤベイ。まじでヤベイよ、マジヤベイ。
今川焼きみてーに、プレスされる変身が痛そうで、マジヤベイ。




コメント


管理者のみに表示

トラックバック