ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

宇宙戦隊キュウレンジャー感想 第46話

2018.01.26 (Fri)

Space.46 「希望と絶望のはざまで」




ショウ・ロンポー
「僕ちんから最後の指令だ。みんな、死ぬな。」





スーパーヒーロー高所(#46)

最後の指令(#46)




オッキュー!

司令官からの最後の指令は、こうでなくっちゃね。
平和になった宇宙を、全員で確かめるんだ。第46話。




ツルギ
「俺様は、鳳ツルギ。すなわち、ドン・アルマゲ。」






すなわちドン・アルマゲ(#46)





鳳ツルギとドン・アルマゲの融合。
すなわち、真のラスボス、ドン・ツルマゲの誕生というわけだ。
こいつは伝説になるぜ!



だっせぇ…。



いや、だっせぇぞコレ。


ツルギのジャケットを羽織っているのはカッコイイけど。
全体的なカラーリングなんだそれ。
特に羽。どうしたその羽。
なにがあるとそのカラーリングになるんや。

なんてこった…ダサさにおいても伝説になっちまった。

ドン・クエルボの背中についてた羽を
そのまま使った方が鳳凰っぽさがあったかも知れぬ。


でも、ドン・クエルボの小物っぷりがハンパなかったので
ツルギがラスボス化したのは、盛り上がり的にベネ。
鳳だけに、大トリを飾る。つってね。
フェニックスエンド。つってね。



自分に憑依されると薄々感づいていながら
明確な作戦を誰にも伝えていなかったツルギさんのミステイク。


ツルギと一緒に、ドン・アルマゲを倒しても
また分離して、誰かに憑依しちゃいそうだし。

あえて俺様に憑依させて、ホウオウキュータマの残された力で
分離しようとするドン・アルマゲを抑え込むから
俺様と一緒に消滅させろ!とか言う作戦かしらね。


…まぁ、例え事前に伝えた所で、ツルギが犠牲になるやり方なんて
ラッキーは断るのでしょうが。なんてこった!





ツルギ
「それでもお前は、俺様の大事な仲間だ。」






クエルボは砂になった(#46)





クエルボを切り裂いて、因縁に決着をつけたのは
ツルギらしくて良かったなと。
ラッキーとの区別化という意味でも。


クエルボは、元々そんなに悪い奴では無かったと思う。
(カラスキュータマを使っていたようだし。

ツルギと一緒に行動するにつれて
彼への憧れが、劣等感から嫉妬へと変わり
そこをドン・アルマゲに付け入られて
悪意を増幅させられ利用されてしまったカンジじゃないかしら。


ドン・アルマゲと分離されてから
ツルギに襲いかかってくるゲスっぷり。
アレが、彼の心の奥にある
本質的な闇の部分だったのかも知れませんが…
なんだか同情したくなる側面もあったりなかったり。


鳳凰の光にあてられて、闇に落ちたカラス。
哀れな男よ、クエルボ。





憑依合体ドン・アルマゲ(#46)





ドン・アルマゲは、実体を持たない存在なのかな?


当初から、ツルギの不死身の身体を狙っていた様ですし。
誰かに憑依しなければ、何も出来ないとかかな。


不死身の力のない燃えカス状態のボディだが
プラネジュームを補給することで
再びホウオウキュータマの力を取り戻し、不死身の肉体を得る。
宇宙を破壊できるほどのエネルギーがあれば可能ッ!

ホウオウキュータマの力をが戻ったあとに
ツルギと分離させることが出来れば色々と都合が良いか・も。


ツルギがドン・アルマゲから分離された際には
いつも通り半裸で登場するわけですよ。伝説おじさんが。
なんてこった。半裸回数でも新記録をつくるつもりとは。
こいつは伝説になるぜ。


やっぱり最終回には、12人全員そろっての
変身&名乗りが見たいので
ツルギ分離成功&生存のハッピーエンドルートが良いですね。

ラッキーなら、ツルギなら
伝説の救世主・キュウレンジャーなら何とかしてくれる。





スーパーヒーロー諦めない(#46)





あきめたらそこで伝説終了ですよ!




コメント


管理者のみに表示

トラックバック