ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダービルド感想 第2話

2017.09.23 (Sat)

第2話 「無実のランナウェイ」




意外と低い壁(#2)




火星で発見されたパンドラボックスが引き起こした
スカイウォールの惨劇から10年。
我が国は東都、西都、北都の3つに分かれ、混沌を極めていた。


意外と低いな、スカイウォール。第2話。



ジャーナリストが来たわよ(#2)





火星で発見されたパンドラボックスが引き起こした
スカイウォールの惨劇から10年。

仮面ライダー、脱獄犯、ジャーナリストが入り乱れ
喫茶店「nascita」の地下は、混沌を極めていた。



仮面ライダーの秘密基地に
フリージャーナリストのお姉さんがフリーにIN!


戦兎くんが店のマッチを落とし
店長が冷蔵庫の入り口を開けておくという
隙の生じぬ二段構えのスタイルで不法侵入ウェルカム。


アッチャーイッケネートッホホー。(×2)


あまりのヌケサクっぷりに、もしかしたら彼女を利用しようとして
あえて誘い込んだのではないかと言う
逆説的思考が冴え渡ってくるレベル。


でも、戦兎くんは、元々そんなに正体隠してるワケでもなかったかも。
そこそこ目撃情報もあったみたいだし
わりとフリーダムに仮面ライダー活動をしていたのかも知れぬ。

指名手配されてしまった今となっては、コソコソしなくちゃダメそうだけど。

喫茶店のマッチを持ち歩いていたのは
実験で火を使うからーとかだろうか。
フルボトルを作ったり振ったりする以外にも
なにかしら実験的なことして欲しいな。
天才物理学者なのだから。自称。たぶん。



フリージャーナリスト・滝川紗羽さんの図々しいまでの清々しさで
仮面ライダーに密着取材をする権利をゲット。


正体をバラさないことに加えて
スマッシュ事件関連の情報提供をしてくれるみたいなので
ウィンウィンな関係性なのだ。
ウィンウィンウィンウィン(反響音)な関係なのだ。





美空
「詳しくはこれ読んで。」






説明しよう図で(#2)

分かりやすい図(#2)





『怪人ボトルってなぁに?』 作・画:いするぎみそら


オラ、バカの為に絵で描いてやったぞ。



わぁい、わかりやすぅい。



龍我に説明するのがメンドーだったのか
図で説明してくれる美空さん。

ガッツリ書き込んでいるけど、見やすくて分かりやすい。

これを書くより、口頭で説明した方が早いと思うのですが
龍我には、こっちの方が分かりやすいと考えたのだろう。
もとい、美空さんとしては、こっちの方が楽なのだろう。



怪人ボトルを浄化できるのは、石動美空さんだけ。

巨大レンジに怪人ボトルをセットして
美空さんがチョチョイとすれば、フルボトルの完成ですよ。

これぞ、石動美空にのみ許された奇跡の御業なのだ。

称えろし。もっと称えろし。美空さんを崇め奉れし。


謎の腕輪も含めて、かなりの重要人物のようですが
龍我に乗せられてしまうあたりにチョロさを感じる。
やってやるし!逃げられてるし!!





お疲れ様です(#2)





ガーディアンの追跡は、変身解除で欺ける。


所詮はロボよ。

頭脳は2メガよ。

「がんばれゴエモン!からくり道中」(FC)1本分よ。


仮面ライダービルドの追跡しかインプットされていなかったにしても
なかなかのポンコツっぷり。

龍我(生身)破壊されてましたし
追跡撲滅いずれもガッカリと言えよう。

いや待て、龍我さんが強過ぎるといった方が正しいのかも知れない。
スマッシュ反応あるし。

戦兎くんを見逃したのも、戦兎くんが天才すぎるが故の機転だったのだ。





ゴリラモンドパンチ(#2)





ゴリラ!ダイヤモンド!ベストマッチ!!
輝きのデストロイヤー!ゴリラモンド!!




ゴリラのパワーと、ダイヤモンドの硬度。
その2つが組み合わさって勝てないものなどない。

ダイヤモンドで出来たゴリラが爆誕した。
そう考えて差し支えないであろう。


これが、なにを意味するのか…そう、ムテキである。


ダイヤモンドの拳を持ったゴリラに殴られたらヤバイじゃん?
ゴリラに殴られた時点でヤバイのに、ゴリラ硬度10だよ?

ガーディアンごときが束になってかかって来ようが一網打尽ですよ。
むしろ、まとまってくれて片付けやすかったですよ。


………合体すんの?


え、ガーディアンって合体機能が付いてんの?

東都市民の貴重な税金が、ガーディアンの合体機構開発の為に
湯水の如く使われていると思うと切なくなるね。

そんな合体ロボを一撃粉砕する仮面ライダーは
指名手配されて当然かも知れない。


良く分からない計算式で「勝利の法則は決まった」は良かったなと。
あんなカンジのインチキ物理学っぽい戦い方がスキ!






龍我
「こいつが香澄?本当に香澄なのか!?」






外道ナイトローグ(#2)





たこ焼きやん…。




龍我の恋人が、たこ焼き怪人に…!!


アジトで椅子に座って足を組んでいる姿がクールなナイトローグさん。


声からの正体バレを隠すのに必死なのか
喋っていることが聞き取りずらくて困る。
かなり重要なことを言ってるのに、聞き取りにくいのはアカンよね。

なんかもう必死こいて正体を隠してるけど
結局、怪しい髭のおじさんだったらマヌケですよォ~~~
意外ッ!ってカンジの正体を期待しちゃいますよォォォ~~~


頭に煙突が生えてたり、体中からパイプが出ていたりして
コウモリを工場がベストマッチしたようなデザインも素敵である。

戦兎が仮面ライダービルドである事や
フルボトルの能力を知っていたり
仮面ライダーを捕らえるようなそぶりを見せなかったり…
短時間の対峙ながら、色々と分かることがあったなと。

戦兎くんを泳がせて観察しているようなカンジかしら。
仮面ライダーがモルモット扱いされているような感覚。





ナイトローグ
「ハザードレベル1。
身体の弱い人間は、ガスを注入した時点で死に至る。
スマッシュの成分を抜き取れば、魂と共に肉体も消滅する。
助かる道はない。」






聞き取りにくい声(#2)





し…死んでる…!!



第2話にしてメインメンバーの恋人が死んだんですけど。

お互いの為にしたことが、巡り巡って闇に飲まれ
お互いが不幸になるというデススパイラル。

龍我は怪人にされ、彼女は死に至る。



…重くね?


身体の弱い人間はガスを注入した時点で死に至る。

どうやら特殊なガスを使って、人間をスマッシュ化している様子。
完全に人体実験じゃん。完璧なる悪の組織じゃん。

拉致してガスを吸わせて人体実験をする組織。


…エグくね?


ガチじゃん。ガチのやつじゃんこれ。

怪人からスマッシュ成分を抜き取れば、人間に戻る。
それなら死者が出ることもないだろう。

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

ところがどっこい……体が弱いと普通に死ぬ!
現実です……!これが現実…!





吸引力の変わらないラビット掃除機(#2)





掃除機で炎を吸い取って、ダイヤモンドに錬成。
それをスマッシュにブチ当てて、なんかグルグルすることによって
香澄さんとスマッシュを一時的に分離。


さぁ、戦兎くんがスマッシュの体を支えている間に
最後のお別れをするんだ龍我!


…ちょっと何やってるか分からないですけども。


全体的に良く分からないですけども。
キン肉マンの火事場のクソ力を分離した、ミキサー大帝みたいなカンジ?

所詮、私ごとき凡人の脳細胞では
天才物理学者のすることは理解できなくて当然であり
実験結果を目の当たりにして驚愕するだけの十分なのだ。





タブレットマスター(#2)

絞ったった(#2)




いやー、絞った絞った。



ダメじゃん…タブレット絞っちゃダメじゃん…。

タブレットを雑巾しぼりするマスター。
店長…やはりただものでは無かったか…。

美空ちゃんと同じく特殊な才能を持っているのか
もしくは、超人的な握力を有しているのか。

スマッシュ反応ありそうな顔してんな。






龍我
「あんたのおかげで、香澄と最期に話ができた。ありがとう。」


戦兎
「ドラゴン…龍我の龍か。」
「そのボトルは、彼女から抜き取った成分だ。お前が持ってろ。」
「礼を言われるのは、お前の冤罪を晴らしてからだ。」






ドラゴンフルボトル(#2)

香澄さんから抽出された成分(#2)





彼女から抽出した成分をレンチンしたら
ドラゴンフルボトルが出来ました。
上手に出来ましたー。

死んだ彼女の成分を使って変身するのかしら…。
とんでもない悲しみ背負っちゃうのね龍我くん。


「また一緒に見に来ようね。」


もう一度、一緒に桜を見に来ようと約束した時点で
かなり痩せていたようでしたし…

龍我が焦って手術費用を稼ぐために
八百長試合に手を出したことも踏まえると
香澄さんは長くなかったんじゃないかと思われますね。

恋人の死から立ち直るのが、ちょいと早すぎる感もあるけれど
悲しむよりもやるべきことが龍我にはあるのだわ。


せっかくだし、数話かけてやってくれたらもっと感情移入できたのに
ちょっと勿体なかったかも。
展開自体はスピーディーで良いんだけどね。


彼女が拉致・人体実験された挙句
怪人にされて命を落とすという事件に巻き込まれた万丈龍我。

かなりドラマチックで、主人公ってカンジのバックボーン。
戦兎くんと共に主役を張れるポテンシャルを感じざるを得ない。


…頭脳以外は。


いやほら、彼1人だと事件の真相にたどりつける気がしないというね。
でも、バカな子ほどカワイイって部分もあるし
それはそれでいいんですけどね。


戦え、万丈龍我!冤罪を晴らし、恋人の敵を討つその日まで!!




コメント


管理者のみに表示

トラックバック