ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーエグゼイド感想 第41話

2017.08.13 (Sun)

第41話 「Resetされたゲーム!」




龍戦士グラファイト(#41)



ドドドドドド



俺は「ドラゴナイトハンターZ」の龍戦士・グラファイト。
それが戦う理由だ。第41話。




ジョニー・マキシマ
「話が違いますよ、ミスター正宗。
ゲーマドライバーを、譲って頂ける約束だったのにね。」


壇正宗
「運命がリセットされたんです。」






大物ミュージシャン会談(#41)

運命がリセットされたんです(#41)





ちょっと何言ってるか分からないです。




運命が。リセット。なるほど。分かりません。

ビジネス交渉の場で「運命がリセットされた」とか言いだす壇正宗氏。

違うんです。運命がリセットされたんです。
ゲーマドライバーは、ちゃんと用意していたんですよ。
でも、運命がリセットされてしまったので。
リセットされなければいけたんですけどね。運命が。リセットを。

見るからに、ただものでは無い風格を持つジョニー・マキシマ社長に
「コイツやべぇ…!」と思わせるには十分すぎるインパクト。

海外展開も白紙になるのも納得の一言であり
これで業務提携が通ったら奇跡といっても過言では無かろう。


そもそも、海外展開と共同開発じゃベクトルが違いすぎるし
最初からビジネス合意ルートはなかったと思わなくもない。






壇正宗
「ドラゴナイトハンターZに、頼ると思っていたよ。」


パラド
「クロノス…!」


壇正宗
「ムテキの力を持たない君たちなど…もはや、敵ではない。」
「フン!君たちをポーズで始末することは容易い。
だが今…私は、非常に機嫌が悪い!
徹底的に苦しみながらァ死の恐怖を味わえェ!」






八つ当たりクロノス(#41)





なるほど。八つ当たりじゃねーの。




はいこれから君たちに八つ当たりしまーす。
ビジネスが上手くいかなかったので
腹いせに仮面ライダーを絶版にしたいと思いまーす。


仮面ライダークロニクルの海外展開が白紙になった怒りを
永夢たちに叩きつけるッ!!

リセットによって、ハイパームテキがなくなったことで
全盛期のゲスっぷりを取り戻した壇正宗氏。


マキナビジョンとの交渉決裂のイラつきをおさえるために
わざわざグラファイトの元で永夢たちを待ち構えて
一方的にナブるき満々でのご登場なのであります。ゲッス。


さっさとポーズして絶版にしちゃえばいいのに
自分の方が圧倒的優位となると
調子こいて舐めプするのが壇正宗の良い所。

普通に超強いクロノスのカッコ良さが光る。



パラド
「永夢の命は、俺が守る!」


永夢
「ダメだパラド!逃げろ!」
「ダメだろ…自分の命も大切にしなきゃ。」




恐怖を乗り越えたパラドは
身を挺して永夢の命を守れるくらいまで急成長。

死の恐怖に、部屋の隅でガタガタふるえて
命ごいをする心の準備が完了していたあの頃とは違うんです!

だからこの「仮面ライダークロニクル」で
このパラドに精神的動揺によるミスは決してない!
と思っていただこうッ!






ポッピー
「みんなで力を合わせて、クロノスに対抗しよう?」


グラファイト
「断る。貴様たちが人間との共存を選ぶならば、好きにすればいい。
だが、俺は俺の道を選ぶ。人間と手を組む気はない。」


ポッピー
「グラファイトにも…笑顔になって欲しいの。」


パラド
「お前は俺の仲間だ。これからも、俺と一緒に戦ってくれよ!」


グラファイト
「…さらばだ。」






仲良くしようぜ(#41)

だが断る(#41)





ハイパームテキがない現状で、最も頼りになる男…

それが、ゲムデウスウイルスをその身に宿したことで
ポーズ中でも活動可能の男前、超絶ドドド怒涛のバグスター
グラファイトさんなんだよね!


ゲーム時間がリセットされた影響で
順応していたゲムデウスウイルスに苦しんでいるのが可哀想。

ニコちゃんのゲーム病は完治したというのに
グラファイトさんは、むしろ悪化してしまったというね。
せっかく頑張って順応させたのに…。


グラさんが仲間になってくれれば、対クロノス戦で頼りになるし
パラドの分も合わせて、ガシャットロフィーもコンプ可能ッ!

…だったのですが、パラドの頼みですら断るグラさん。

彼には、仲間からの誘いよりも大切な
己の中の矜持ってやつがあったのだ。





黎斗
「落ち着け。ハァ…まったく。
どいつもこいつも、肝心なことを忘れてないか?
………いるじゃないか、ここに。神の才能を持つ男が!」






ここにいるではないか(#41)

神が(#41)





溜め!!




壁ドンして←溜めてからの→ドヤ顔振り向き。

神々しさすら感じる一連のムーブに
神の才能を持つ男のポテンシャルを感じずにはいられない。

振り向くまでに、ソニックブーム撃てるくらい溜めてっからね。
ゴッドドヤ顔ハリケーンや。(ゴッドゲージ1本消費)


リセットによって、ハイパームテキガシャット消失。
さらに、貴利矢が持ってきた患者のデータ入りプロトガシャットが
壇正宗の手に戻ってしまった様で、案外ピンチ。


奪われたゲーマドライバーが戻ってきたのと
レーザーターボガシャットとタドルレガシーが
手元に残ったのはラッキーでしたが…
グラファイトの協力が得られない今、クロノスへの対抗手段がない。


そんな絶体絶命大ピンチを覆すのが
リセットによってコンティニュー回数が回復し
元気ハツラツ発情シタミタイニテンションMAXの新檀黎斗、その人なのだ。






貴利矢
「永夢に何する気だ?」


壇黎斗
「決まってるだろ。ハイパームテキを再び開発する。」


貴利矢
「大丈夫かよ?少し休んだ方が良いんじゃないか?」


黎斗
「私達のクリエイティブな時間を邪魔するな!
永夢ゥ!ゲームのアイデアをもっと強くイメージしろォォオ!」
「永夢ゥゥゥ!ブゥェハハハハ!
もう少しだ、もう少しで……ウッ!?






過労死神(#41)





し…死んでる…!!




まさかの過労死。完全に燃え尽きてる。
ゲーム制作で過労死する仮面ライダーがここいた。


ハイパームテキがなくなったなら、もう一度作ればいいじゃない。

シンプル、ゆえに難しい最適解。
こんなことをサラッと言い放ち、やってのけてしまうのは
ハイパームテキの開発者本人だからこその強み。

フッフフ…まったく頼れる奴だ…!
敵に回せば恐ろしいが、味方になればこれほど頼もしい奴はいまい。
性格的には、デンジャラスですが。


加えて、神すら羨むクリエイティブな才能をもつ
宝生永夢の創造力が融合することで、もはやムテキ。
作業完了は時間の問題であったと言えよう。





コンティニュー神(#41)





「私に構わず集中しろ!
リセットの影響で、私のライフは増えている。開発を続ける!」




読んで字の如く、命懸けでの開発作業からの
命を削りすぎてガチで死ぬという超展開。

黎斗だからギャグで済んでるけど
実際、とんでもない精神力と覚悟の持ち主だと思う。

いかなる時も、躊躇なく自ら体を張るのが黎斗の凄い所。
彼にとって、ゲームは命をはるに値することなのよね。






グラファイト
「貴様たちに問う。貴様たちにとって戦いとは何だ?
何のためにその命を懸ける?」


大我
「バグスターを残らずぶっ潰して、5年前の過去に決着をつけるためだ。」


飛彩
「ライダークロニクルを終わらせて、人類の未来を守るためだ。」


グラファイト
「過去と…未来…。
背中合わせの志を抱き共に戦うとは。因果な者たちだ。」


大我
「てめぇこそ。1人で戦うことに何の意味がある?」


グラファイト
「貴様達が過去と未来に意味を見出すように
俺の戦いの意味は、今この瞬間にある。
俺は、ドラゴナイトハンターZの龍戦士グラファイト。それが戦う理由だ。」






グラさん因縁コンビ(#41)

グラファイト(#41)





龍戦士グラファイトかっこ良すぎ問題。




パラド達の説得を断ってまで、人間と戦うことを選んだグラファイト。

バグスターとして、ゲームキャラとして
己の意思を全うすべく、飛彩と大我との最終決戦に挑む。

戦いに己の存在意義の全てをかける。
誇り高き武人のようなスピリッツを感じる。

決戦前に、「さぁ!回復してやろう!全力でかかってこい!」とか言って
体力を全回復させてくれるボスキャラみたいな器のデカさを感じる。

かっけぇ…!かっけぇよグラさん…!



グラファイトは、やられて復活するごとに
肉体的のみならず、精神的にもレベルアップしてきた印象ですね。
最終的に、正々堂々と戦いを挑んでくる武人キャラになるとは。
ハドラーみたいや。



「ゲムデウスウイルスを持つ俺のレベルは、限界を突破した。
死ぬ覚悟で来い!」




レベル100の飛彩と、レベル50の大我のコンビを相手に
一晩中、互角以上の戦いを繰り広げたグラファイト。

ゲムデウスウイルスによって限界突破しているようですが
少なくともレベル150相当はある予感。
ゲムデウスウイルスに完全順応したら、もっと強くなりそう。


って言うか、そんなグラファイトを相手に
レベル50で戦いを挑む大我先生の頑張りに拍手やわ。

ホンマ、大我先生は息をするように死線を潜り抜けるゴッツイお方やで…!






壇正宗
「諸君、このゲームは無効だ。仮面ライダークロニクルは攻略させない。
…フン、君たち仮面ライダーは全員絶版だ。」

「なんのマネだ?君を助けてやった私に歯向かう気か?」


グラファイト
「正々堂々と戦い、決着はついた!
なのに貴様は!神聖な戦いに泥を塗った!!」


壇正宗
「フン!ハァ…。」


グラファイト
「パラド、ポッピーピポパポ。
道こそ違えたが、お前達は俺の…生涯の仲間だ!
スナイプ、ブレイブ。
俺に敵キャラを全うさせてくれた貴様らに、心から感謝する。」

「ドドドドドドドドドドド…紅蓮爆龍剣!!」






漢気グラファイト(#41)





グラファイト…(´;ω;`)




パラドとポッピーに、生涯の仲間であった事を。
飛彩と大我には、敵キャラを全うさせてくれた事を。

敵と味方、それぞれに感謝の気持ちを伝えるグラファイト。

ポーズされた時の中で、誰にも聞こえない本心を口にして
仲間とライバルを守る為に孤独に戦うグラファイトがカッコ良すぎる。

クロノス相手に放つ最後の必殺技に、カットイン演出が入るのも胸熱。


邪魔なクロノスを吹っ飛ばし、ニコちゃんの一撃を
あえて受けに行くという男前っぷりは
カッコ良すぎてちょっとズルいレベルに到達しておったわ。



全ての因縁に決着をつける神聖な戦いに
土足でズカズカと乱入してくる絶版おじさん。

やだもうなにあの人、ぜんぜん空気読まない。

空気を読めない絶版おじさんは、紅蓮爆龍剣しちゃおうねぇ。
ドドドドドドドドドドドの多さに
一撃にかけるグラファイトのガチっぷりを感じる。


タイマンガチンコ勝負で、クロノスを吹っ飛ばしていましたし
この時点でグラファイトは、クロノスに匹敵する実力を
兼ね備えていた唯一の存在であったのではなかろうか。





グラファイト
「これでいい…。」


ポッピー
「最後に笑ったね、グラファイト。」


パラド
「お前の生き様、見届けたぞ。」






不敵に笑うグラファイト(#41)



ワムウは風になった





ポッピーが、人間と一緒にゲームして笑顔になりたかったように
パラドが、永夢と一緒にゲームを楽しみたかったように
人間と死力を尽くして戦うことこそが、グラファイトの矜持。


「グラファイトにも、笑顔になって欲しい。」


ポッピーが願ったのとは、別の形だったかも知れませんが
笑顔で散っていったグラファイト。
飛彩と大我の2人と、楽しそうに戦う姿が印象的でした。
グラファイトにも「心」があるように思える最後なのであった。





バグヴァイザー拾ったマキシマ(#41)





完全態バグスターであるグラファイトならば
バグヴァイザーがあれば復活可能ッ!

…かも知れませんが、バグヴァイザーはジョニー・マキシマが回収。


まぁ、満足のいくゲームオーバーを迎えられたのならば
無理に復活させてもアレよね。
なんかもう恥ずかしいし。






壇正宗
「何をしようと無意味だ!
同じ運命を繰り返すがいい!ハハハッハッハッハッ!!」

「ん!?なぜ時間が巻き戻らない!?
…ハイパームテキィィ!!」


永夢
「ここまでの攻略データは…セーブした。」


正宗
「セーブ!?」


黎斗
「ハイパームテキに、セーブ機能を搭載したのさ!」


貴利矢
「もう、お前のリセットは通用しないぜ?」






セーブ機能付けました(#41)





檀黎斗が一晩でやってくれました。




ハイパームテキガシャットを再度作りだすだけでは無く
新たに「セーブ」機能まで搭載させるという偉業を
たった一晩でやってのけるとは、まさしく神の御業。

数十回も過労死してまでやり遂げるその姿勢ッ!
僕は敬意を表するッ!



来るか!ハイパームテキ……

「リセット」はお前に出会いたくない「一心」で発現した能力だ!
……………

このわたしをもっと追い詰めるがいい!
その限界の「ギリギリさ」が再びきっと!!
「リセット」を発現させるのだッ!




っつーカンジでよォォオ~~~
追い込まれなきゃ発動できない能力かと思ってたんだけど
案外普通にリセットできた模様。

ポーズも制限ゆるゆるだし、加えてリセットも使い放題とか
壇正宗のような人間が手にしていい能力じゃあねーなコレは。


やっべ!ハイパームテキきた!リセットォ!リセットォォオオ!
ハイ残念セーブしましたー。リセットしても無駄ですぅー。

セーブ機能の実装によって、リセットは事実上無意味に。

リセマラ禁止めいた雰囲気を醸し出しつつ
リセット能力獲得直後に、即行で対処された
壇正宗涙目案件なのである。ざまぁ。





壇正宗
「こォンな筈ではァァ…!!」


黎斗
「美しい…!」


貴利矢
「あれが…ラスボス。」


永夢
「ゲムデウス…!!」






リセットォォ~(#41)

ゲムデウス登場(#41)





ゲムデウス降臨、満を持して。




超絶男前グラファイト退場。
セーブ機能搭載ハイパームテキ登場でリセット無効化。
そして、ラスボス・ゲムデウス登場。


…イベント多すぎじゃね?


ちょっと待ってほしい、まだ処理しきれてない。
1話の中でやるべきイベントが多すぎて
私の脳のキャパを余裕で越えてる。

怒涛の展開が押し寄せて来る。

ハチャメチャが押し寄せて来る。
泣いてる場合じゃない。
ワクワクを100倍にして、パーティーの主役になるしかない。




コメント


管理者のみに表示

トラックバック