ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーエグゼイド感想 第35話

2017.06.24 (Sat)


第35話 「Partnerを救出せよ!」




人類とバグスターが命懸けの戦いを繰り広げるゲーム
『仮面ライダークロニクル』。
プレイヤーはゲーム病を発症し
ゲームオーバーになった者は消滅する危険なゲームが街には蔓延っていた。
これは、かつてないウイルスから患者の命を守るために奔走する
ドクター達の物語である!




貴利矢も入れて!(#35)




どうした急に。急にどうした?

唐突に始まるナレーションに戸惑いつつも
クールな雰囲気に飲まれてしまいたい、第35話。




貴利矢
「ドクターなんて、もう必要ないんだよ。」

「プレイヤーの命も、バグスターの命も、しっかり管理されてる。
幻夢の社長さんが運営してる限り、人類は安泰だ。」

「ライダークロニクルが、この世界の命のルールを変えたんだよ。」

「これだけは忘れんな。
天才ゲーマーだろうと、天才ゲームクリエイターだろうと…
仮面ライダークロニクルは止められない。」






新九条貴利矢ターボ(#35)





これがターボの本体のハンサム顔だ!




なにィィーーー!!?お、お前は九条貴利矢ーーーッ!!


ハイ出た。新九条貴利矢ターボ出たコレ。
ターボの中からこんにちは。九条貴利矢のお出ましである。

ターボの中身は、やっぱり貴利矢さんだったか。

全然知らないおじさんが出てきたらどうしようかと。
作さんが出てきたらどうしようかと。
あ、でも、作さんはジュージューバーガーガシャットしか使わなそう。
作るさんターボだったら分からんが。


以前の貴利矢さんとは、ちょいとばかり雰囲気が違う。
チャラさが薄まり、ダンディさがアップしたことで
悪堕ち的アトモスフィアを醸し出していると言えなくもなかろう。

自分、イメチェンしましたから。
バイクなのに、自転車で攻撃しちゃいますから。
ロードバイクはバイクですから。


もう、ドクターも医療も必要ないんだよ。
まさに地獄に落ちて復帰してきた男のようなセリフを吐く貴利矢さん。
もう、パーフェクトもハーモニーもないんだよ。
奇跡も、魔法も、あるんだよ。

自分が復活できたのは、壇正宗のおかげ。
壇正宗の考えに賛同しつつ、義理も相まってクロノス側に付いている。

…そんなカンジのことを言っていましたがこの人、嘘つきだからなぁ。
本心を隠して行動しているようにしか見えないというね。





黎斗
「ゲームマスターの私に許可なく
勝手に駄作を生み出すことは…断じて許さない!」






私がやってやんよ(#35)





自分の許可なくガシャットが増えるのは絶対許せねぇ!




許さないよ、神は断じて許さないよ。
でも、たまに許すよ。物分かりは良い方だから神は。


貴利矢が使用している爆走バイクのガシャットは
黎斗が関与していないガシャットの模様。

壇正宗の手で新たに造られたガシャットなのかな?
プロトオリジンのデータを元に、作さんに作らせた的な。

なんにせよ、バグスターウイルス抑制効果のあるガシャットを
新しく作り出すことも可能と言うことなのかしら。





黎斗
「フゥー!」
「残りライフ94。私の貴重なライフをよくも!!」






コンティニュー神(#35)

残機94(#35)





完全な逆切れである。




自分がゲームオバーにした相手に対しての、この逆切れである。

俺がお前を消滅させるのはOKだけど
お前が俺を消滅させるのは絶対に許せねぇ!

お前のライフは俺の自由、俺のライフは俺の自由。
極限にまで研ぎ澄まされたジャイアニズムを感じる。
逆に清々しい爽やかさを感じる。まさに神。


コンティニュー時のハイテンションがマリオめいてて困る。





永夢
「ゲームで人の命を操るなんて異常です!
貴利矢さんなら分かるでしょう!?」


貴利矢
「じゃあ、自分が消滅したまま死んでた方が良かったって言うのか?
自分を消滅させたそいつとは手を組んでるくせに。」


黎斗
「…。」






貴利矢と永夢(#35)

ドヤ神(#35)





そしてこの顔である。




まったく懲りない悪びれない。
謝る様な事などなに一つやってない。
むしろ、神に対して不届きな態度をとっているおまえたちが謝れ。
そんな顔してる。

すごいドヤ顔してるだろ?ウソみたいだろ。神なんだぜ。それで。






壇正宗
「消滅者の命がかかっている限り
衛生省は、仮面ライダークロニクルを取り締まる事はできない。
むしろ消滅者の命が救えるかどうかは、我々の運営にかかっている。
社員一丸となって、消滅者の命を取り戻そうじゃないか!!」






正宗会議(#35)





とんでもない自作自演でた。




ダブルスタンダードどころか、トリプル、クアドラプルしてる。
って言うか、全ての方向をまんべんなく欺いてる。


壇正宗社長統制下の幻夢コーポレーションは
仮面ライダークロニクルでの人間消滅問題を解決すべく
日夜頑張っているのですというスタンスっぽい。

人間の消滅は、あくまでもバグスターの仕業であり
自分は、その尻拭いをしているんですよと。

前任の社長である、黎斗と天ヶ崎恋に責任を押しつけて
クリーンな社長を演じることで、社員たちの士気高揚を図り
尚且つ、仮面ライダークロニクルの販売は継続しつつ
最終的には海外展開も視野に入れたプランを提示する。
なんという辣腕社長っぷり。


仮面ライダークロニクルを利用して「命のルール」を変え
プレイヤーの命を管理することで、己が「世界のルール」になる。

なかなか良いカンジの、吐き気を催す邪悪ですね。
汚いなさすが正宗きたない。






永夢
「あなたの言葉が、ずっと僕を支えてくれたんです。
僕の中で、ずっと貴利矢さんが生き続けていたから…
どんな困難も、乗り越える事ができたんです!
だから今度は…僕が貴利矢さんを救います。
あなたの笑顔を取り戻すために!!」


貴利矢
「別に救われる事なんてなにもない。」

「0速。変身。」






ゼロ速(#35)





ゼ ロ 速。




なんや0速って…。
ニュートラルじゃん、ギア入ってないじゃん。
ターボさん走りだしていない問題デタ。

でも普通に強いというね。
ニュートラルでも走れちゃうというね。
走りだしたら止まらないぜと言うね。

壇正宗社長から報酬で頂いた、プロトジェットコンバットでの
爆速空中起動もハンパない。さすがターボさん。


ケンカキックでキャラセレクトする貴利矢さん。
チョイ悪どころか、完全にヤンキーである。
レーザーターボの髪型ってモヒカンっぽいもんなぁ。
世紀末的ヒャッハー感ある。


…それにしても、ターボさんへの報酬のクオリティが高いですね。
レーザーの戦闘力増強のためとはいえ
あの壇正宗がプロトガシャットを1個進呈しちゃうとかもうね。

飛彩さんなんて、一生懸命頑張ってるのにバグった小姫オンリーやぞ。
なんやこの対応の違いは。労働組合に訴えるしかねぇ!





ニコ
「大我!…クロノス!私達が相手になってやる!!」


壇正宗
「君たちも絶版になりたいのか?」






ハイポーズ(#35)

大我ニココンビ(#35)





無謀にもクロノスに突っ込む大我先生のガッツと
華麗にフォローする天才ゲーマーニコちゃんの協力プレイが光る。

と言うか、大我が吹っ飛ばされるのを見越して
回復アイテムを投げ込んでおくニコちゃんが凄すぎる。

止まった時の中で、しこたまナイフをぶん投げてきたDIOみたい。






永夢
「なんで!?確かにリプログラミングしたはず。」


貴利矢
「なーんか勘違いしてるみたいだけど…自分は自分だ。」

「クリスマスのあの時、自分はお前に全てを託した。
でも、バグスターを根絶するどころか
ライダークロニクルを止められずに、犠牲者を出した。
期待外れもいいとこだ。」

「結局、お前は1人じゃなんにもできない。
天才ゲーマーだったのは、パラドの力があったからだ。」

「………お前には失望したよ。」






貴利矢キック(#35)





容赦のない顔面キックが永夢を襲う!!




まさかの顔面ハイキックである。
顔を蹴られて海へドボンである。

永夢くん、メッチャ飛んでったもんね。海に向かって。
ゴロゴロバッシャーンいっとったもん。

医者に顔面をハイキックされた医者おる?ここにおる。

顔面パンチならまだしも、顔面キック。
キレイに足が上がるからって、ワイルドが過ぎるぜ貴利矢さん…!

お返しの永夢パンチは、あえて受ける。
そんな余裕を感じるワイルドさ。


自分、救われることなんてないんで。
笑顔、取り戻される必要ないんで。むしろ、失ってないんで。

元々、壇正宗に操られているわけでは無く
自分の意思で行動していた新九条貴利矢ターボには
リプログラミングも無駄なこと。

永夢に愛想を尽かして、壇正宗に協力している。

…と見せかけて、スパイ活動してるカンジでしょうか。
壇正宗の元から全てのプロトガシャットを取り戻すのが目的かしら。

貴利矢はゲームオーバーになる前に、刑務所にいた壇正宗と会ってますし
復活直後でも、即行で現状把握できるであろうレベルで
頭の回転も爆速ターボだからね。


永夢に向かって呟いた言葉は
「俺に乗れ、名人。」か「俺に乗れ、永夢。」の二択かな。

永夢呼びの方が相棒っぽいけど、名人呼びの方が貴利矢らしい。


…「俺に乗れ、名人。」に、花京院の「魂」を賭けよう!!





ポッピー
「どうしたの?永夢。さっきから様子が変だよ。」


ニコ
「あんたが人を殴るなんて…意外。」


大我
「レーザーに、なにを言われたんだ?」


永夢
「…知らない方がいい。」






言えやしないよ(#35)





(´・ω・`) 。o0(言えよ…)






壇正宗
「報酬を望むなら、期待に応えろ。
タドルファンタジー…いや、タドルレガシー。」






レガスィー!(#35)





タドルレガシーガシャット。


またしても、新たなるガシャットが。
神が激怒する案件ですねコレは。

レベル100らしいですが…
ガシャットから配線がはみ出しちゃってる所とか
無理矢理パワーアップさせて作りましたってカンジがしてエグイですね。
スゲー体に負担がかかりそう。
白髪になるどころか、体にノイズが入っちゃいそうなレベル。


…大我先生がパワーアップする分はないんですかね?





黎斗
「恐ろしい…私の才能が!フハハァ(ウットリ)
神の才能に…不可能はなァァァい!!






ムテキィ!(#35)





ハイパームテキガシャット。


神のネーミングセンスがハンパない。
デザインセンスもハンパない。

無敵って…なんかもう色々とスゴイ…。
自分の才能に酔ってる神スゴイ…。





神の作業場(#35)





ポッピーのエリアがどんどん狭くなってて泣ける。

もう半分以上持っていかれてる。
半分以上って言うか、8割方持っていかれてる。
侵食率の加速度スゴイ。さすがゴッド。



最終的にドレミファビートは、新壇黎斗がナビゲートするよ!





ポッピージョジョ立ち上手すぎ問題(#35)





神のビートはもう…止められないぜ!!




コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック