ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーエグゼイド感想 第30話

2017.05.12 (Fri)

第30話 「最強VS最強!」




ポッピー
「2人とも無理しないで!ここは私が。」


ニコ
「「私達」…の間違いでしょ?」





ポッピー&ニコ(#30)

目が青いタイプ(#30)




「止めてやるよ、俺が必ず。」


「それを言うなら、「俺たちが」だろ。」



2人のときめき&クライシスが1つに。
最高のパートナーが出合う時、奇跡が起こる。


ポッピー&ニコのダブル変身!
なんだかとっても、いい匂いがしそうでゾクゾクするねぇ。

ニコちゃんの回転のぎこちなさにホッコリしながらも
女性コンビの活躍を堪能せざるを得ない。

目が青いのは味方の証。第30話。




パラド
「最高の頂上対決だな、永夢!
この戦いには、あらゆる運命がかかってる。
バグスター最強の俺と、人類最強の永夢!
勝者は世界の支配者になって…敗者は世界から滅びるんだ!!」


永夢
「人類の運命は、僕が変える!」


パラド
「バグスターの運命は、俺が変える!」






マックス大決戦(#30)





MAX大変身 とびっきりの最強対最強。




永夢とパラド。人間対バグスター。
因縁の場所でもある、ネクストゲノム研究所でのMAX大決戦。
すぐにステージセレクトしちゃったのは残念だけど
こう言うこだわりは良いですね。

レベル99同士の戦いでしたが、ゲームセンスではパラドが上。

同レベルとは言え、キャラクターの個性や性能も違うし
何よりも操るプレイヤーが違う。
この辺は、天才ゲーマーMの元たるパラドの方が勝っていたと。


飛彩に患者のことを、大我とニコに仮面ライダークロニクルの攻略を頼み
パラドとの決戦に向かう永夢からは
命をかけた最終決戦に向かう覚悟が感じられて良いですね。
死亡フラグバリバリ立ててるけど主人公だから大丈夫!
ついでにまだ30話だから、もっと大丈夫!!





飛彩
「あいつだって…患者じゃないか…!」


ニコ
「あるぇー?そういえばさぁ…ラスボスに到達するためには
ライドプレイヤーの私がパラドをぶっ倒さないと
クリアの証ゲットできなくない?今がそれのチャンスじゃん!」

「知ってんでしょ?言い出したら聞かない、私の性格~。」


大我
「…行くぞ。」






ドクター飛彩(#30)

イラッ(#30)

大我の真似してエアクオーツ(#30)





患者のオペを無事完了させた飛彩に
順調にゲームクリアの証を手に入れる大我&ニコ。

それぞれのやるべきことを果たしつつも
永夢のことを心配して駆けつけようとする姿にグッときたぜ。

永夢を助けるための理由を探しちゃうようなツンデレだらけですが
なんだかんだで仲間を信用している所にグッとくる。

大我のことを理解した上で、背中を押すニコちゃんマジカワイイ。
もはや大我先生が尻に敷かれる未来しか見えない。

ちょいとイチャつき過ぎのよーな気もするが。
ラブラブアベックなのでしょうがない。
そう…しょうががないのだ…!



魔王・飛彩の貴重なオペシーンが
まるっとカットされていたのがMAX大残念。





魔王キャンセル(#30)





CM明けたら、まさかのオペ終了ですよ。
キング・クリムゾンかよ。






パラド
「お前、誰だ!?」


ポッピー
「仮面ライダーゲンム、レベル0。」


檀黎斗
「ずいぶん楽しそうじゃないか、パラド。ゲームマスターの私を差し置いて。」






社長カムバック(#30)





社・長・復・活!!




復ッ活ッ檀黎斗復活ッッ


檀黎斗復活ッッ檀黎斗復活ッッ檀黎斗復活ッッ(※気の済むまでリピート)



永夢のピンチに颯爽登場、仮面ライダーゲンム・レベル0!!
死すらも超越し、奇跡のカムバックを果たした社長の降臨である。

さすが仮面ライダークロニクル界の神、いわゆるゴッド。
檀黎斗は永久不滅。もはやこれは常識なんだよね!


それにしても、なんという神々しい登場なのかしら。
迸るほどのダークヒーロー感。

社長の登場と同時に、俺の脳内でOPが流れだしたからね。

未知の領域を切り開いたアイガッタビリーブな社長に
ザ・ニュービギニングの予感を感じて止まらなかったからね。

パラドクスレベル99に立ち向かう社長…シビれますわぁ~。
復活したばかりで、ちょいと体がギクシャクしているのか
ふらつきながらもガンガン攻める社長が素敵。

レベル0とレベル99の差って凄いよね。
レベル100くらい差があるもん。
まぁ、そんなハンデものともしないけどね。社長は。
天才だし。不滅だし。





檀黎斗
「宝生永夢を乗っ取ろうとしても無駄だ。」


ポッピー
「ゲンム レベル0のゲームエリア内には
バグスターウイルスの力を抑制する効果があるから。」


パラド
「しらけるぜ…。」






フルカラー説明書(#30)





オリジンガシャット=レベル0は
「無の力」でバグスターウイルスを抑制する効果がある。

社長が場に出ているステージ上では
パラドのバグスター能力・永夢乗っ取りが無効化されるッ!


永夢がパラドと戦う時には、必然的に共闘せざるを得ないシステム。
うわぁ…色々と問題ありそうなカンジィ…。


社長の復活に対してなのか、ウイルス抑制効果に対してなのか
もしくは、その両方なのかは定かではありませんが
心底嫌そうな顔して撤収したパラドくん。
これから永夢と合おうとすると
ついでに社長も付いてくる可能性大やでこれ!


しかし、「レベルX」に続いて「レベル0」とか
社長は厨二心をくすぐるポイントが分かってますね。
「不死身」とか「無の力」とかゾクゾクするねぇ。
さすが生粋のエンターテイナーと言わざるを得ない。






檀黎斗
「ワタシハフメツダ。ワタシハフメツダ。ワタシハフメツダ。」






バグッてクロト(#30)





バグってんじゃねーの。




「私は不滅だ」をリピートする壊れかけの社長。
いい感じの角度で首筋にチョップを喰らわせれば直りそうな気配ある。


永久不滅連呼マシーンと化した社長でしたが
ゲーマドライバーを装着した途端に
元気ハツラツ発情したみたいにテンションマックスでリボーン完了。
己の天才っぷりを再認識する自画自賛っぷりを発揮。
正気に戻ったと言っても、そう言えば社長は
元々バグってるようなもんだったなと再認識する私であった。



「やった!やったぞ!!ウワァーハハハハハハハハ!!
やはり私は…不滅だァァアアーーーッ!!」



デカデカと「GAME MASTER」とプリントされたスーツを
スタイリッシュに着こなせるのが社長の凄い所。

バグスターと潜んでいましたけど
オリジンガシャット内に、自分自身のデータをセーブしていたのかな?

レベル0のガシャットが「バグスターウイルスを抑制する」効果がある以上
必ず誰かが必要になって起動することを想定した上での措置っぽい。

バグスターウイルスの抑制といい、セーブデータの保存といい
かなり用意周到にやってきてたんやね社長。
スゴイぞーカッコいいぞー!!






檀黎斗
「ゲームオーバーすらも超越する…私こそ神だアッーーー!?






吸い込まれ神(#30)





吸い込まれてんじゃねーの。




神ーッ!!神ィィィイイイーーーッ!!!
吸い込まれてますぞゴッドォーーッ!!!


バグスターとして蘇り、ゲームオーバーを超越したことで
ゲーム世界の神となった社長は
バグヴァイザーⅡに収納可能ッ!あらやだコンパクト!
驚きの収納サイズで、余計なスペースはとりません。
吸引力の変わらない、ただひとつのガシャコンバグヴァイザーⅡ。



不死身ッ!!不老不死ッ!!バグスターパワーッ!!

フハハハハハハハハハ
これで何者もこの檀黎斗を超える者はいないことが証明されたッ!

とるにたらぬ人間どもよ!
このゲームマスターが支配してやるぞッ!!
我が「知」と「力」のもとにゲームを楽しむがいいぞッ!


…だけどお家が狭いの。





ポッピー
「調子に乗らない!」


檀黎斗
「なにをする!ここから出せ!!オイ!出せェーッ!!」






収納神(#30)





社長は、ちょっとイキるとすぐに吸い込まれちゃうんだ。

利用価値がある時にだけ、ポッピーさんがお外に出してくれるんだ。

ポケモンボールに収納されているポケモンみたいな扱いだぞ。


クロト!キミにきめた!




コメント

シャチョサン!
ザコの中にはゲームオーバーした人が入っているのかと思っていました。
シャチョサンが 追放 って言っていたのが、現世からゲーム世界への追放なのかと。
ゲーム世界ではザコに入り、倒されれれば死亡。
だとしたら、バンバン倒してきたなかに飛彩センセの恋人もいたり、貴利矢さんがいたりして。。。な~んて鬱展開はないですね(笑)ノセられちゃった☆
シャチョサンがいなくなって思いのほか寂しかったので、今後の活躍が楽しみですね(笑)
No title
ヨルさんエグゼイドの感想しばらく上げてなかったからもう見てないのかなー?(´・ω・`)と思ったらまとめて上がってたヤッター!
最近はヒロイン達の活躍が多くて嬉しいですね。ここまで前線に立つヒロインはライダーではなかなか見られないのではなかろうか
次回予告の所でレーザーは消えたのにゲンムが消えてないのはこういうことでしたか…!ゴライダーといい、しぶとい男だ壇黎斗。

管理者のみに表示

トラックバック