ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーエグゼイド感想 第28話

2017.05.11 (Thu)

第28話 「Identityを超えて」




ニコ
「…ん?大我ぁ、通報入ってるよ?行かなくていいの?」


大我
「俺達の目的は、仮面ライダークロニクルを攻略することだ。
それより、バグスターの目撃情報はあったのか?」





脱ぎすてられた白衣(#28)

くつろぐ大我(#28)




な ん ぞ こ れ。




診察室の椅子にかかる白衣と聴診器。

大我を呼ぶニコ。

ニコのベッドでくつろぐ大我。


なんぞこれ。オイなんぞこれ。

とんでもない演出キタでこれ。

白衣と聴診器を脱ぎすてて、ニコちゃんのベッドでくつろぐ大我。
ニコちゃんのベッドでくつろぐ大我。
デコられたニコちゃんのベッドで。我が物顔でくつろぐ大我。

もう完全にレッツゲーム後じゃないですか。
2、3回はコンティニューした後のけだるさ出てますもん。

しかも、大我が手にしているのは知恵の輪というね。
はいコレ完全に、くんずほぐれつの暗示ですよ。
絡み合っちゃいました的な。事後ですよ的な。
圧倒的淫猥めいた比喩表現ですよ。


遠慮無用のリア充アピール。
これが一線を超えたアベックの力なのか…おっかねぇ…第28話。




ポッピー
「誰も悲しませたくない…誰も傷つけたくない…。
みんなで仲良く、ドレミファビートがしたいよ…。」


永夢
「やろうぜ、みんなで一緒に。」






カッコイイ永夢(#28)





人の命を犠牲に生まれた来たバグスターとして
自分の存在を否定してしまうポッピーの哀しさと
それを救おうとする永夢の男前っぷりにシビれたぜ。


ポッピーが戻ってくるエピソード。


バグスター即切除のモットーを持つ飛彩と大我。
バグスターにも良い奴はいるんだ派の永夢。

CRのドクターとしては、飛彩と大我の方が正しいのですが…
バグスターには良い奴もいるというスタンスの永夢も
ゲーム好きだからこそってカンジで嫌いじゃない。


ドレミファビートはポッピーを笑顔にするとゲームクリア。
この辺はゲームに通じており、尚且つポッピーを信じて行動した
永夢の活躍が光っていたなと。男前やぞ永夢先生!

ポッピーを笑顔にするとゲームクリアっていいよね。






グラファイト
「…なるほど。お前のその記憶は宿主のセーブデータだ。」

「俺達バグスターは、人間の体を乗っ取ることで宿主のデータを受け継ぐ。
俺にもブレイブの恋人の記憶があるからな。お前だって例外じゃない。」






隅っこポッピー(#28)

ドヤ顔グラファイト(#28)





えぇ…グラファイトさん、小姫ちゃんの記憶あんの…。




飛彩とイチャイチャしていた時の記憶とか
あんなことや、こんなことをしていた時の記憶とか持ってんの?

飛彩先生の体のホクロの数とか、ニチアサでは公開できない特殊な癖とか
全部まるっとお見通しなの?
うわやだもう絶対勝てないじゃんこれ。

早くグラファイトを始末しないと、個人情報をネットに拡散されて
天才ドクターが表を歩けなくなっちゃうよぅ…。


せめて、小姫ちゃんから生まれるのが
グラファイトでは無く、ポッピーだったならば…。
感染したのがドラゴナイトハンタ―だったのがアカンかったんや。


バグスターの宿主の記憶は「セーブデータ」なんですね。
少なくとも、ゲーム病で消えていった人たちの情報は残っていそう。
復活できそうな気もするけど、データ人間感あるなぁ。

肉体は別の場所に保存されているとかあるかな?
ステージセレクトの転送技術があるから
なんとか出来ないこともない気がしないでもない。






永夢
「やってやろうじゃねぇか。最高に、スリリングなゲームをな。」






やってやんよM(#28)

Mパンチ(#28)





容赦のないグーパンがポッピーを襲う!!




名前はMでも、性格はドS!
それが天才ゲーマーMなんだよね!!

スリリングでバイオレンスなゲームが始まってしまうんや…。


洗脳されてバグスターに組していたとはいえ
登場人物の大半から暴力を受けたポッピーさんのヒロイン力ね。

無事に仲間として戻って来れてハッピーエンドで締めかと思いきや
顔面にグーパンを喰らうヒロインの気持ちを考えてあげて!!




コメント


管理者のみに表示

トラックバック