ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

動物戦隊ジュウオウジャー感想 最終話

2017.02.25 (Sat)

最終話(第48話) 「地球は我が家さ」




ジュウオウジャー(#48)

動物戦隊(#48)




「多くの生命が生きる星、地球。
人間とジューマン、異なる種族が出会い1つの群れが生まれた。
この星を守るために!」




タスク
「メーバの集合体…!?」


大和
「あれがジニスの本当の姿だったんだ。」


ジニス様
「違ァう!あんな醜く、卑しい姿は本当の私ではない!
私は何よりも美しく、気高く
最強で最上の生物に生まれ変わったのだ!!」






ジニス様の正体(#48)





意外!それはメーバの集合体ッ!




ジニス様、メーバが集まってできた生命体だった…。
雑っ魚!ジニス様、雑っ魚!!

しかし、ラスボスが戦闘員の集合体とか予想外。
尊大な態度の裏側は、コンプレックスで一杯だったというね。
気高いとか言いながら、実際はめっちゃ卑屈なラスボス。
フッフフ…カワイイ奴め。


メーバの集合体、つまりは弱い生物が群れをなしていたと。
群れをなして生きるのは人間やジューマンと一緒だけど
その肉体は単一であり、その精神はドス黒い。

自分より弱い生物を下等呼ばわりして蹂躙し
己の劣等感を覆い隠そうとする下劣な遊戯。
それがジニス様のブラッドゲームだったんだよね。

……さ…最低の発想だ…!!


ジニス様から抽出したエネルギーでプレイヤーが巨大化したり
コインからメーバが生まれたりしていたけど
アレってエネルギーって言うかジニス様そのものってカンジよね。
…なんか卑猥な雰囲気あるな。


ジニス様の正体には驚愕しましたが
それ以上に、秘密を見抜いた大和の超視力にもビックリだよ。
もはや目が良いと言うレベルを超越しておるわい。






ナリア
「ジニス様…どんなに御辛かったことでしょう。
けれど私は、あなたがどのような御姿でも構いません。
あなたは、このナリアがお護り致します。」

「…ジニス様…どうして…!?」


ジニス様
「私にとって最大の侮辱は…同情だ。」


ナリア
「私は…ただ…あなたを…!!」






生きてたけど死んだナリア(#48)

グッバイナリア(#48)





ナリア生きてた!と思ったら、即行で殺されて大混乱。



たとえどんな姿であろうとも…!ジニス様に忠誠を誓うナリアさん。
そんな一途で忠実なナリアさんを背中からドンである。
ここがチャンスとばかりに、ジュウオウジャーもろともドンである。

コンプレックスを含めて慕ってくれたナリアに対して
「同情こそが最大の侮辱」と一蹴し
容赦なく斬り捨てるジニス様のこじらせっぷりハンパない。



自己満足の為ならば他の命を遊びで奪い
保身の為ならば仲間であろうが皆殺し…
てめーさえ楽しめりゃあいいという……
もはや、この地球上に生きてていい生物じゃあないなこいつは……






ジュウオウジャー
「動物戦隊ジュウオウジャー!」


ジニス様
「この私をなめるなよ!」


ジュウオウジャー
「お前こそ…この星をなめるなよ!」






素面名乗り(#48)





ハイキタ素面名乗り!本能覚醒カッコイイ!!


役者さんとしても一年間演じ続けてきたキャラクターの集大成だろうし
最大の見せ場としての気合いの入りっぷりを感じるので超好き。
みんなビシッと決まっててナイスだぜ。
最終決戦真っ最中ボロボロの状態で…ってのも燃えポイント。


個人的には、みっちゃんが凛々しくてポイント高い。
ジュウオウザワールドのポーズはスタンダードに強そうで良いのよ。
アムちゃんは可愛さが出過ぎちゃってる気がしないでもないw





獣王者(#48)





ナイス爆発。この決まりっぷりよ…!
ノーバンクの決めポーズも美しい。






大和
「野性大解放!」



「大和が…大解放を!」






大和野生大開放(#48)





空前絶後のォォオ!超絶怒涛のキングオブ王者ァァア!
地球を愛し、地球に愛された男ォッ!
陸・海・空、全てのジューマンパワーの継承者ァッ!!

あまりのポテンシャルの高さに
デスガリアンから命を狙われている
そう我こそはァァアア!

ジュウオウイーグル!風切ィィイイ大和ォォオオオ!!
イェエエエエエィイイイ!!ジャスティス!! (




なんという野生大開放。




すごい解放されてる。完全に大開放してる。めっちゃ迸ってる。
ジューマンパワーがとめどなく溢れ出てきてる。
なんかもう、とんでもない振り切りっぷりを感じる。
100%中の100%を披露した戸愚呂弟ばりのテンションを感じる。

リミッター振り切りすぎて、なんかワケの分からない生物になってたし。


鳥のマスクをかぶり、クジラの服を着た、ムッキムキのゴリラっぽい生命体が
左手にサイコガンを装備た上に、背中に羽を生やして
自由自在に空を飛びまわって襲いかかってくる恐怖ね。

ビジュアル的には理性皆無で力のままに
目についたものを全て破壊するモンスターに見えなくもないぜ…!
これにはさすがのジニス様の押し負けざるを得ない。

これが陸海空すべての王者の力を有し
ジューマンと人間の力を合わせ持った
地球最強の王者の姿なのかも知れない。コワイ!


でもこれ、完全にみっちゃんの野生大開放の上位互換ですよね…。
披露されたのが最終回で良かった。
もっと前に大和が野生大開放を習得していたならば
みっちゃんが体育座りモードのまま動かなくなっていたかも知れん。






ジニス様
「あり得ん…こ、この私が…!」


セラ
「今の私たちはジューマンパワーと!」


タスク
「地球のパワーと!」



「人間のパワーと!」


アム
「キューブくんたちのパワーと!」


レオ
「熱い熱い友情パワーと!」


大和
「たくさんの力をつなげて戦ってるんだ!
全てを踏みにじってきたお前なんかに負けるはずない!!」
「ジニス!今度こそ終わりだ!!」


ジニス様
「グワーッ!!」






巨大戦ジニス様(#48)

地球のパワー(#48)





決着ゥゥーーーッ!!




あらゆるパワーが繋がってる。力こそパワー。
パワー・トゥ・ザ・ピーポー。

絆をパワーに変えて戦うジュウオウジャーと
己以外は全て下等と踏みにじってきたジニス様。

繋がることを否定し続けてきたジニス様に
地球のパワーを叩きつけての大勝利なのであった。
この星をなめるなよ。


ジニス様の巨大形態が、初期の置物スタイルに近くてナイス。
動きにくそうだけど威圧感あって嫌いじゃないのよねあの形状。

決着は少々アッサリ目。
メーバの集合体だという事を活かして
細胞が一つでも残っていれば再生可能と言うのはどうかと思い増したが
不死身のアザルドさんと丸かぶりするのでダメでした。残念。







「どうなってんだ?これは…。」


バド
「まさか…人間界とジューランドが融合したのか?」


大和
「いや…世界を繋げようとは言ったけどこういう意味じゃ…
ってか、むしろこれ重なってない…?」


ラリー
「全ての王者の資格が覚醒したことで、2つに分かれた世界を
再び1つにすることを望んだのか…この星が。」


アム
「まっ、いいんじゃない?繋がっちゃったものはしょうがないし。」


レオ
「確かに。どうせ毎日遊びに来るつもりだったし。」


セラ
「手っ取り早くていいかもね。」


タスク
「どんな理不尽なことが起きても、繋がっていることを
僕たちは望んだんじゃないのか?大和。」


大和
「そうだね。それが俺たちの…新しい未来だ。」






混ざっちゃった(#48)





とんでもないことになった…。




最終的に人間界とジュ―ランドはシンクロします。しました。

デスガリアンとの戦いを終え、リンクキューブの力が戻った今
大和たちにしばらくのお別れが待っている。
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

ジューマン達がジュ―ランドにある家へと帰って行く。
そんな、ちょっぴりセンチメンタルなお別れシーンが描かれるのかと思いきや
まさか、家の方が迎えに来るとは。



この星の生き物は、みんなどこかで繋がっている。
人間界とジュ―ランドも繋がっている。
繋がっているというか、今や融合している。

確かに大和たちは人間界とジュ―ランドとの繋がりも求めていたけれど
こういう物理的に融合するってのは、思てたんと違うは・ず。
大王者の資格が気を利かせてくっ付けてくれたのかしら?



人間界とジュ―ランドが融合してしまった事で
ジュ―ランドの闇の部分がうやむやになってしまうかも知れないけど
その辺はタスクが何とかしてくれるに違いあるまいて。

そもそも、イメージしていた「繋がり」の延長線上にある未来って気もするし
ここから頑張って行けばよいのではなかろうか。


つまり「地球が我が家」!そういうことなんだよね!!(勢い)
俺たちの新しい世界の未来はこれからだ!!





ジュウオウダンス(#48)

ダンシングバドさん(#48)





人間とジューマンが一緒に楽しくダンスをするエンディング。
動物戦隊ジュウオウジャーの伝えたかったこと全てがここにある。
そんな風に思えるほど、大和パパとバドさんの笑顔が眩しかったのであった。
キレキレ過ぎやろ2人とも…!!



全体的には、大和以外のキャラクターが掘り下げが少なかったり
各々の五感の鋭い設定がイマイチ活用されなかったり
どっちかというとデスガリアンサイド(※ただしナリアは微妙)の方が
ドラマが充実していたという側面もあったりするのですが…

要約すると「ジュウオウジャーの活躍をもっと見たかった」ってカンジで
上手いことまとまるので、多くは語るまい。





後のジュウオウピッグである(#48)

こぶた拾った(#48)





泣いていた子ブタジューマンの手当てをする大和から感じる
バドさんを救った大和パパと
子供の頃の大和を救ったバドさんの面影。

そして、手をつないで歩いて行く先には仲間達が待っている。

大和たちがこれまで気付いてきた
人間とジューマンの繋がりをヒシヒシと感じるラストシーン。


この星の生き物は、みんなどこかで繋がっている。
きっと仲良くなれる。
そんな優しい絆を感じてグッときたぜ。


動物戦隊ジュウオウジャー、とても楽しく見させていただきました。
みなさま一年間お疲れ様でした&ありがとうございました。





おわり(#48)




コメント

いい最終回だった・・・キュウレンジャーもきっとこれから熱い展開とか今明かされる衝撃の真実とかやってくれるんでしょうね。
いやぁジニス様は強敵でしたね・・・(いろんな意味で)ジニス様の細胞っていうのはつまりメーバでもあったわけね、わかるかぁッ!メーバ一個でも残ってたら復活しそうとか思ってたら超スーパーヒーロー大戦ではやくも復活するようです。とりあえずジュウオウジャーすごく面白かったです(小並感)
No title
一年間ジュウオウジャーの感想お疲れ様でした。
とても好きな戦隊だったので、毎回感想を楽しみに読まさせて頂いてましたw

これからもマイペースで感想頑張ってください。

管理者のみに表示

トラックバック