ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

動物戦隊ジュウオウジャー感想 第34話

2016.10.21 (Fri)

第34話 「巨獣ハンターの逆襲」




串刺し三兄弟(#34)




初っ端から3対3の巨大戦…
これは、後半の巨大戦が無いフラグ…!


ソードマスターヤマトめいた串刺しフィニッシュを決める
ワイルドトウサイキングさんのワイルドさは
千の風に乗ってサバンナを吹き抜けるでぇ。第34話。



かぶりもの戦隊ジュウオウジャー(#34)





「キューブホエール!?ナンデコンナトコロニィ~!!」

「ナニィー!マサカオレタチヲタスケルタメニィ~!?」



うわー来ちゃったかー。安全な所にいろって言ったのに
俺たちを助ける為にあえて死地に飛び込んで来ちゃったかー。
仲間思いや―。キューブホエールはマジ仲間思いのホエールやでー。


はい、茶番・オブ・茶番。

なんという棒演技。
これにはさすがのバングレイさんもポカーンである。
ヘヘッ…やっこさん、ビビって声も出ねぇみてぇだぜ…!


偽者には偽者で対抗するッ!
キューブホエールのダミーを作ってバングレイを罠にハメる大作戦。
やられる前にやる。受け身でばかりはいられない。
むしろこちらから攻めていくスタンスに、ワイルドなアグレッシブさを感じますね。

偽者作戦に加えて、記憶を読まれてコピーを作られないように
頭部に動物武装を施すクレバーな戦隊。
それが動物戦隊ジュウオウジャーなんだよね!


演技が棒なのと、シャークとタイガーのかぶりものがなかったのは御愛嬌。
単に頭に触られなければ良いのであれば
普通のヘルメットでも良い気がしますが…
そこは真理夫おじさんのアーティスティックパワーを信頼してのかぶりもの。
キューブホエールのダミーとか、精巧すぎて怖いレベル。
真理夫おじさんが一晩でやってくれました。

決めポーズ時の背景エンブレムも、かぶりものしてるのが凝ってて笑えるw





にせもの戦隊ニセオウジャー(#34)





ニセモノ戦隊ニセオウジャー!!


…ニセモノと言うよりコピーだから、ビジュアルに変わりがなくて困る。
黒いマフラー等を付けてオリジナルとの差別化を図るのが
ニセモノ戦隊としてのマナーでは無いのか?違うのか?
違いますか。そうですか。すみませんでした。


クバルさんの記憶を利用してコピー作っちゃいました。

かぶりものを装着して記憶を読まれないようにしていた大和たちですが
ニセモノ使いとしてはバングレイの方が一枚上手。
協力者であるクバルの記憶からジュウオウジャーをコピーしていたのであった。

ジュウオウジャーの上を行く、バングレイの狡猾さが際立つナイスな作戦。
あえて騙されたフリをして迎え撃ってくるとか
バングレイさん凄いよバングレイさん。


それもこれも、クバルさんの協力があってのことなのだけど…
ここまで協力したクバルは、ちゃんと見返りを貰えるのだろうか。
なんだか次回あたりでバングレイさん死にそうなんだけど。
なにも見返りがなかったら、またジニス様にクスクスされちゃいそうだけど。





タスクをズン(#34)





偽ジュウオウザワールドを相手にする、レオ、セラ、タスク、アム。

偽ジュウオウイーグルとタイマン勝負する、みっちゃん。

偽ジュウオウジャー5人を相手に戦う、大和。


…大和だけ難易度高くね?


1人だけ5対1とかどう言うことなの。
難易度調整をミスったのかと思えるほどの無理ゲーっぷり。
仮に5人倒しても、クバルとバングレイが控えているというね。
完全に敗北イベントバトルですよ。

それでも、4人抜きを達成する大和が超カッコイーグル。
そして、客観的に見て分かる動けるゴリラの強さね。
パワータイプなのに案外スピーディーとか汚いなさすがゴリラきたない。


第一回対バングレイ・チキチキ偽者騙し合い対決は、バングレイの勝利。
本物と偽物が入り乱れるカオス展開。(ビジュアル的にも)


アムちゃんとセラちゃんを差し置いて
敵に連れ去られるというヒロインポジションをやってのける風切大和氏から

「アムセラなんかにヒロインの座は渡さないわ!
さぁ、みっちゃん!早くアタシを助けに来て!」

…と言う、力強い意思の力を感じる。

さすが大和さんやで。





ひもピーン(#34)





バングレイとクバルの謀略によって
傷つき倒れる仲間たち、捕らわれる大和。

キューブホエールを守るために起こした行動が
逆に彼らのピンチを招いてしまった。

仲間によって自由を封じられたキューブホエールの鳴き声が
哀しくこだまする中
はたして彼らはニセモノではない、本物の絆を掴めるのか。


次回、『巨獣死すべし』


この次も、サービスサービスゥ!!




コメント


管理者のみに表示

トラックバック