ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

スーパーヒーロータイムの感想

2016.10.10 (Mon)

動物戦隊ジュウオウジャー 第33話 「つっぱり大相撲」




ドッソイ大相撲(#33)




立ち合いは強くあたって、あとは流れでお願いします。


八百長してまでスモートロンを横綱に昇進させる
悪名高き亜嵯流怒部屋に、へのつっぱりはいらんですよ!

アムちゃんの股間に食い込むまわしが
そこはかとないエロスを醸し出している気がしないでもない。
ごっつぁんです!!





仮面ライダーエグゼイド 第2話 「スーパードクターK」




剣はメスです(#2)




天才外科医・鏡飛彩。
彼に切れないものは無い。
そう、ショートケーキやアップルパイでもね。


出てきて早々、ネタキャラ臭が凄い鏡飛彩さん。
美人ナースをはべらせて出てきたからね。
ベルトを装着させてもらってたからね。
変態かな?変態ですねきっと!変態の騎士ガンダムですよ!!


やれやれ、こいつはとんでもないスーパードクターがやってきたもんだぜ…!





「仮面ライダー平成ジェネレーションズ 
Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」










仮面ライダーとパックマンのコラボ!
ゲームモチーフのエグゼイドならではの冒険的フュージョンである。

エグゼイドは、デザインやモチーフからも
新たな層を取り込もうとする意欲が感じられる所が好感触なので
こういった試みも個人的にはウエルカムであり、期待せざるを得ない。


しかし、ピクセルに続いて、パックマンさんも頑張ってんな。

Dr.パックマンがロックシードをモリモリ食べて
パワーアップする姿が目に浮かぶ様じゃわい。
いや、Dr.パックマンってなんだ。

なんだかよく分からんが、とにかく仙人が悪いんだろう。
ユグドラシル絶対に許さねぇ!!


エグザイドを筆頭に、ウィザード、鎧武、ドライブ、ゴーストが
ズラッと並んでいる姿を見ると
あらためてみんな個性的だなーと感じるのと同時に
エグゼイドもそんなに変じゃないなと思え…思えないな、まだ。
慣れるにはもうちょっとかかりそうだなコレ。

それにしても、どいつもこいつも変身音がうるさそうな奴らですね。
全員そろって変身しようものなら音声が重なり合いすぎて
ワケが変わらなくなりそうである。
ベルトさんはキレてもいい。もしくは考えるのをやめてもいい。





以下、プリキュア感想ッ!



魔法つかいプリキュア! 
第36話 「はらぺこチクルンの花畑ハニートラップ」





号泣みらいさん(#36)




おやつのパンケーキが消えて号泣する朝比奈みらいさん(13)

パンケーキ消失事件の犯人はこの中にいる!
アズカバン送りなど生ぬるい!!
必ずこの手で見つけだして、犯人の血でパンケーキを真っ赤に染めてやる。
意気込むみらいさん。

あやうく犯人にされるところだったモフルンは
自慢の嗅覚で真犯人を発見。

事件は無事に解決するのであった。
しかし、パンケーキは戻るわけもなく本当に悲しい結末になったのでした…。

オルーバさんの手下として働く密偵妖精チクルン。
忠誠心からではなく、弱みを握られているから従っているようですし
なんだかんだで早々に改心しそうな雰囲気。




ツタンカーメン魂的な(#36)

はよ目覚めろや(#36)




デウスマストの配下の気配が思ってた以上に多くてビックリ。
世界各地で光りまくってる。
リンクルストーンと同じく12人いるのかな。

はーちゃんも元々はムホー側の存在なのかも知れぬ…。




夕日が目に染みるん(#36)




みらいとモフルンのストーリーは毎回涙腺にくる。
あの置き手紙で理解可能とは、絆の強さを感じざるを得ない。

生まれた時から思い出を共有しているってだけでも十分グッとくるけど
みらい、モフルン、リコ、はーちゃん、それぞれ全員が
「魔法」というファクターで繋がっているのが
下地の部分をしっかりと固めてるカンジで上手いと思うのです。




まるめられたモフルン(#36)

狩る者と狩られる者(#36)




喋るクマのぬいぐるみは、まるめちゃおうねぇ。


モフルンまるめちゃうおじさん目ぇ怖っ!!
モフルン逃げて超逃げて。



コメント


管理者のみに表示

トラックバック