ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

動物戦隊ジュウオウジャー感想 第27話

2016.09.02 (Fri)

第27話 「本物はどっちだ?」




アシスタントのアムちゃん(#27)




「それでは第一問いきます!!
アマゾ…」


「ポロロッカ!!」


「正解ッ!」



アシスタントのメガネアムちゃんのウルトラ可愛さに
超光速で早押しボタンを連打して正解を叩き出すマン!

コピージューマンはキューブヒツジの夢を見るか?第27話。



アタック2獣5(#27)





第一回チキチキ!クイズ・ヒントで連想アタックショック
面白ダービーリーグ総本家発見選手権さま~!!





…わかりません





なんかもう全体的にわかりません。
いったい何が始まったんです?クイズ!?クイズナンデ!?



買い物帰りに、巨獣ハンター・バングレイに襲われて
記憶からコピーを作られてしまったタスクとセラ。

増殖したタスクとセラは、リハクの目をもってしても見わけがつかない。
30分以内に本物を見わけなければ
2人に装着された爆弾が爆発してしまう。


時間がない…そうだ!クイズで見分けよう!!


マジでか。どうした大和どうした。
「イッテ~獣さまっ!」言うてる場合か大和。
ノリノリなのか大和。なぜ角を取らない!?とか言いたいのか大和。


タスク&セラちゃん大爆発カウンドダウンの危機的状況で
クイズ番組を開始する大和くんの鬼メンタルに脱帽である。
タイムリミットがあるというのにバッチリ着替える余裕っぷりよ。


大和のような天才策略家でなければ
百戦錬磨のジューマンどものリーダーは務まらんと言うわけか。
フッフフ…まったく恐れを知らないワイルド特攻野郎だぜ…!
そりゃ、アタック25どころか、イッテQまでパロるってもんさね。


仲間の危機にクイズ番組を始める勇気!
これがまかり通るのが総集編の恐ろしい所なんだよね。
2人に増えたタスクとセラも
片方のユニットを早々にジューマン化することで
分かりやすさと合成の手間と予算を抑える工夫がなされているワケですね。
すごいてくにっくだ。

アクションは少なめ、巨大戦に至ってはナシでしたが
クイズ自体は、わりと考えられている難易度で
なかなか楽しめたのでした。アタックチャーンス!!





ニセモノ消失(#27)





これが…涙?泣いているのは私…?



あまりにも記憶力が良すぎるという点を逆手に取り
偽者を暴き出すことに成功したクイズマスターヤマト。

記憶からコピーされている偽物ゆえの違和感を見抜くとは
やはり天才か…。


偽者とは言え、仲間であるタスクとセラを倒すわけにはいかない。
なんとか爆弾を解除する方法を見つけだそうと試行錯誤する
ジュウオウジャーの面々を横目に
「自分も本物が良かった」
と呟きながら消えていく偽物のタスクとセラの姿が哀しい。
急にしんみりさせてきた。
前半のカオス展開からは想像できない締めである。
まったく油断も隙もありゃしねぇ。


自ら消えていった偽者のタスクとセラは
自分が偽者であるという自覚はあったのだろうか?

そもそも、タスクとセラの記憶から作りだされた存在なわけで
完全に偽者ってわけでも無いような気がするし…
彼らはコピーではあるけれど、敵という感じではないんだよなぁ。

大和のお母さんがコピーされた時は
記憶だけでは無くお母さん自身の自我があったようにも見えましたし
もしかしたら純粋に、自分こそが本物であると思っていたのかも知れんね。

そう考えると、自ら消えていった2人は実に仲間思いだったと言えるのかも。
コピーにだって友情はあるんだーーーっ!!


バングレイの策略は撃ち破ったものの
胸に刻まれる何とも言えない残尿感敗北感。

やり場のないこの怒りは、全てバングレイにぶつけようぜ!





いかがわしい手(#27)





よーし、バングレイおじさん、セラちゃんのコピー作っちゃうぞー。

俺用にも一体コピってくれよバングレイおじちゃん!!(懇願)





ちまたでウワサの(#27)

マベちゃんくるわよ(#27)





帰ってきた!!




エンディングだろうが、次回予告だろうが
オイシイ所は全部この手でつかみ取る、それが海賊ってもんだろ!


海賊戦隊が帰ってくるだけでもテンションフォルテッシモなのに
ストーリーにもガッツリ絡んできそうでワクワクがノンストップ。

ジュウオウジャーのレンジャーキー強奪待ったなしやで。




コメント

いつも記事を楽しく読ませていただいてます。
アムちゃんが可愛すぎです!完全アム派です(笑)


管理者のみに表示

トラックバック