ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

スーパーヒーロータイムの感想

2016.08.08 (Mon)

動物戦隊ジュウオウジャー 第24話 「レッド・デッド・リザレクション」





ゲキコウ大和(#24)





記憶を探って母親を実体化させ、しばらく堪能させた後
目の前で切り裂くと言う所業を成し遂げたバングレイさん。
外道衆かコイツは。

巨獣マニアの脳筋おじちゃんかと思いきや
とんでもないゲス野郎じゃねーの。
そりゃ温厚な大和くんも激おこ状態になるってもんよ。


大和の母親は病気でなくなっている様ですが、父親は健在の模様。
…とは言え、色々とこじれていそうですね。
大和は重いもの背負ってそうだなぁ。






仮面ライダーゴースト 第43話 「全裸王・アデルザワールド」





ゼンラアデル(#43)





全裸玉座…だと…!?




服ゥゥウウウッ!!服を着なさいよ!服!!
アデルお兄様のリトルお兄様がゼンカイダイカイガンしてんじゃねーの。
お前、アリア姉さんに何見せてくれちゃってんのよ。
「これが私の世界だ!」つって。
こいつはとんでもないイッツ・ア・スモールワールドですわ。


ついに始動するデミアプロジェクト。
配布されるハイテクコンタクトで、急に賢くなる一般市民。
最前線で巻き込まれ眼魂化する御成に
全裸玉座を披露したアデルお兄様。
まさにクライマックス突入ってカンジですね。

ポイントだけ書き出すと何が何だか分からないなコレ…。






魔法つかいプリキュア! 第27話 「今年の夏祭りは混沌がマスト」





デウスマスト来るで(#27)





永劫の乾きと共にこの地に降り立つ終わりなき混沌デウスマスト。

ついに奴が復活するというのか…。
くそっ…奴の気配を感じて俺の右腕が暴れ出しやがった…!
静まれ…俺の腕よ…怒りを静めろ!!

中二アトモスフィアを存分に含んだ終わりなき混沌に
我が邪気眼も疼きざるを得ない。





太陽熱いお(#27)

終わりなき混沌氏(#27)





太陽の中にいる様ですが熱くないのかしら…
サウナ感覚で堪能しているのかしら…。

太陽を克服したフェニックスさんが降臨するわけじゃないよな…。






以下雑記ッ!





仮面ライダーエグゼイド





エグゼさん(#43)





短パンじゃん!エグゼイド短パンじゃん!!

すげぇ…派手なユニフォームに身を包んだフットサル選手みてーだ…!



エグゼイドの画像を初めて見た時は
もう仮面ライダーじゃなくてもいいんじゃないかな?とか
これはとんでもない奴がやってくるで…!とか思っていたのですが
思っていた以上に、とんでもないやつがやってきそうな予感。


…とは言え、アメトーーク!の仮面ライダー芸人で
エグゼイド・レベル1が動いているのを見たら
ちょっとカワイイじゃんとか思ったりしちゃったりして。

レベル1はユルセンくらいの大きさのCGサポートキャラだと考えていたので
スーツで動くゆるキャラスタイルで出てきたのは驚きでした。

こんな風にエキセントリックなのを組みこんでいくのも
長く続くシリーズにとっては重要だったりするのよね。
なんにせよ、楽しみである事は間違いないのです。いろんな意味で。




コメント

久しぶりにコメントします。
 最近仕事で疲れてなかなかここへもこれませんでしたが、やっとコメントできるようになりました・・・。

 ジュウオウジャーの今話を見て、私はやっぱり「実父は、ベタだけども鳥男で母の再婚相手の義父(や多分その連れ子あるいは異父弟妹)とはほぼ絶縁状態」が有力かなあ・・・と思いました。まあ、継子いじめとまではいかなくとも母の死後「他人の家」に居場所がなかったと考えたら幼少から家出を繰り返していた事も叔父を頼りきってる事も説明がつきますしね。

 でも、ご都合主義でも最後には実父・義家族どっちとも和解をして欲しいかもと思ってたりします。

 でも、叔父さんも大和が義家族とうまくいっていないの知ってるのならどうして引きとるまでしなかったのかとも考えたけど、「その時はまだ駆け出しで子ども一人養うまでの収入がなかったのかな・・・。」とか考えてみたけど、子ども向けの番組でそういうのつきつめてもしょうがないと思い、やめにしました。

 今回はここまでにします。
『疾風ロンド』と『ぼくのおじさん』の映画も面白そうです。
・映画館……子ども連れが多いのに、去年の『心が叫びたがってるんだ。〜Beautiful Word Beautiful World〜』予告を兼ねためんま登場と同じく、劇場版アニメ『艦これ-艦隊これくしょん-』の予告が流れた時、めっちゃ微妙な空気が流れてました(笑)。
・そして小便だけで、子ども客を笑わせる劇場版アニメ『アングリーバード』のマイティーイーグル、マジでレジェンドヒーロー(笑)。

>レッド・デッド・リザレクション
・これも運命の悪戯というやつですか……。

>外道衆かコイツは。
・地獄送り決定ですね。
・基本的に外道でないと、スーパー戦隊の影(あくやく)なんてやってられません。

>巨獣マニアの脳筋おじちゃんかと思いきやとんでもないゲス野郎じゃねーの。
・他所様のバーベキュー横取りするような奴ですし、無関係の人すら巻き込む戦い方や相手の記憶を実体化させる能力を平気で使ってたことからしてもロクな奴じゃないとは思ってましたが……!

>大和の父親
・まぁ奥さんの墓へ花束を置いていった辺り、悪い人ではなさそうだと信じたいのですが……。

>全裸王・アデルザワールド
・体育座りの王者を超える逸材ですわ。

>こいつはとんでもないイッツ・ア・スモールワールドですわ。
・誰が上手いこと言えと。

>ついに始動するデミアプロジェクト。配布されるハイテクコンタクトで、急に賢くなる一般市民。最前線で巻き込まれ眼魂化する御成に全裸玉座を披露したアデルお兄様。まさにクライマックス突入ってカンジですね。
・ポイントポイントを押さえると、いわゆる「混沌(カオス)」ってやつですか。

>今年の夏祭りは混沌がマスト
・ごめん、意味がわからない。

>永劫の渇きと共にこの地に降り立つ終わりなき混沌デウスマスト。ついに奴が復活するというのか…。くそっ…奴の気配を感じて俺の右腕が暴れ出しやがった…!静まれ…俺の腕よ…怒りを静めろ!!
・スマン、日本語で頼む。
・しかしデウスマスト……ラテン語で考えると、「邪神」ですか。他の方も指摘しておりましたが、かつて魔法戦隊と戦った「地底冥府インフェルシア」の上層部、そしてウルトラマンティガ達と激闘を繰り広げた闇の勢力よろしくクトゥルフ神話なイメージですね。

>リコ「まぁ夏とはいっても暦の上でのことで、魔法学校自体は年中『春』なんだけどね。」
・良いフラグをありがとうございます(白目)。

>ジュン「何だ?騒がしいな。祭りの準備はどうしたんだい?」
・「泣く子も黙るジュン」は自称じゃなかったか(コラ
・最近真面目に授業を受けて、スキルが上がってるっぽいから更に厄介なのでしょうね(ぇ

>補習メイトとの再会
・生徒達が集まってきたのもそうですが、彼女達が「花海 ことは=はーちゃん」を一笑に付した辺り、はーちゃんとモフルンの異端ぶりが出ておりますね。

>校長先生の苦悩
・あら、マジでMPほぼ0ですか……それでも若返った辺り、薬膳茶の効能ハンパないですね。
・迷った時は原点に戻る……青臭く真っ直ぐな生徒達の姿を見て、再び奮起した姿は輝いてみえました。

>ラブー「やるじゃない、プリキュア。今日はやめとくよ、疲れたし。」
・そう言えば、「本調子じゃない」とか言ってましたね。ヤモーを復活させたのは、プリキュアの力を見るためでもあり色々仕事を押し付けるハラでもあったことが伺えましたが、封印から解放されたばかりで、しんどかったのもあるのですね。

>リコ「私は小食なんだから、すぐお腹すくのは当然なの!」
・でかいサンドイッチとパフェ平らげた娘の言うセリフか(笑)。まぁプリキュアってカロリーめっちゃ使いそうですけど。

>魔法学校の学食
・花の里にもフラワンがおりましたし、リンクルストーンにも精霊が宿ってますし、妖精自体は当たり前のようにいるのですね。
・それと何だかんだ言って、食文化はナシマホウ界とほぼ同じなようで少し安心しました。まぁリコ達がナシマホウ界の食事に順応してましたので、そうではないかとは思ってましたが(笑)。

>トッドさんの青果店
・262代とか凄い老舗!

>太陽の中にいる様ですが熱くないのかしら…サウナ感覚で堪能しているのかしら…。
・まぁ熱かったら、出てくるでしょう(そういう意味じゃない
・カンカン照りなのに、日中曇っているみたいにピーカンみかんが育たない……という話は、「永劫の渇き」がジワジワと迫ってきていることでもありますので、少しゾッとしました。
・太陽は、我々にとって遠いようで近く近いようで遠い存在ですので、その中に名状しがたき者がいるというのは、凄く嫌な感じがします。

>太陽を克服したフェニックスさんが降臨するわけじゃないよな…。
・復活したフェニックスさん、ショー展開でウィザード&ビーストに先輩ライダー勢と後輩ライダー勢も加勢しため、滅ぼされました(笑)。
・まぁ魔法界とナシマホウ界の太陽が同じとは限りませんが(笑)。

>ムホーつかい
・闇の魔法の根源は、やはり「無」か。
・「欲張る」とか「貪欲」、「枯れて散る」,「ばっちい」,「スパルタ」,「がめつい」,「野望」に「タブー」からして、無法者とも掛けてる辺り、シャレが効いてます。

>ラブー「達」の仕事
・復活した時の台詞から仲間はいるようでしたが……もしかして「何度も来ない」発言しちゃったラブーも長くない(笑)?
・連中は魔法つかいプリキュアとは別の力で封印されていたようですが、それも含めて今後に期待です。

>『仮面ライダーエグゼイド』、公式の紹介からして開き直っとる(笑)
・東映側は「新しいヒーロー番組を生み出したい」,「昔のヒーロー物をリメイクしたい」、スポンサー陣は「安定したブランドで儲けたい」………… 平成ライダーは現状メタルヒーロー等の流れも汲んでいると思ってますので、まぁ「こういうのもアリか。」と。いえ、ヨルさん達と同じく、あのゆるキャラっぽいレベル1が思ってたのよりデカくてビックリしましたけど(笑)!
・まぁレベル2の活躍からして面白そうでしたし、モチーフからしてレベルアップの余地もまだまだありそうなことは示唆してましたので、期待ですね。メインライターの高橋先生は深夜アニメにドラマ、映画と色々な脚本を書かれているお方ですが、どう展開してくださるかも楽しみです。

>>輝夜さん
・お久しぶりで、お疲れ様です。
・初期設定だと、動物戦隊のレッドもジューマンの予定だったのを、「人も動物も大切な地球の仲間」というテーマをより強調するためか、「人間」にしたそうですので、レッド戦士となった大和先生とジュウオウイーグル予定だった鳥男の繋がりは、物語的にもメタ的にもあり得ますが、どうなのでしょうね。
・ジューマンパワー譲渡にしたって、ラリーさんの老け具合からすれば、鳥男はまだ若々しさが残ってる気がしますが、それは元々の年齢差か(笑)。
・仰るとおり、大和先生と風切家の和解を望みます。ひょっとして、バングレイの決着とかパワーアップ回とかと絡めたりするのですかね。
・そして、真理夫叔父さんは、大和先生が幼い頃からあのアトリエ兼住居なツリーハウスを所有していた辺り、割と当時から評価は高かったと思われます。今も昔も金儲けのために彫刻を創ってるわけではなさそうでしたが、駆け出しの学者である大和先生を含めたあれだけの大所帯を抱えても余裕な辺り、財力は半端じゃないですね。強く出られなかったのは、普通に親権関係かもしれません(笑)。
・ちなみに夏映画を観る限り、偶にあちこち彷徨いていた海賊戦隊のサイドキックであるナビィにも出会ったことがあるみたいです。

長々と失礼しました。

管理者のみに表示

トラックバック