ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーゴースト感想 第40話

2016.07.20 (Wed)

第40話 「勇気!悲壮な決断!」




刑事・夏目真一郎(#40)




ニチアサワイド劇場
「夏目真一郎の不可思議事件簿 ~親子の心の在り処~ 」



服は着せておいた(#40)





「私をどうするつもりです?」


「私の横で見ていてもらいましょう。
これから私が成し遂げる…偉業をね。」




はい、無能・THE・無能。




白タンクトップ…否、白キャミソール姿で目覚めたアリア姉さんに
何をすることもなく普通に服を着せたアデルお兄様マジ無能。

やっとやぞ…やっとアリア姉さんの胸部がダイカイガンした思ったら
即行でいつもの衣装に元通りですわ。
即終了とばかりに閉店ガラガラですわ。

アリア姉さん(生身)を迎えに行った眼魔コマンドたちも超無能。
「フヘヘヘ…アデル様に差しだす前に、ちょいとばかり楽しませてもらおうか?」
とか言いながら、抵抗するアリア姉さんを
無理矢理オメガドライブするくらいの気概を見せて欲しかったですね。
どいつもこいつも無能オブジイヤーですよ。

グンバツのボディラインを、頑なに隠していくスタイル…
これはもう、かでなれおんの無駄遣いと言わずしてなんと言えよう。
我が怒りは風化することはないが、埒が明かないのでこの辺にしておこう。
そう…これはニチアサキッズタイムなのだから…。


アデルお兄様は、アデルお姉様を処刑せず近くにおいておく模様。
もう眼魔界に残っている家族は彼女くらいのものですからね。
きっと寂しいんだよ、アデルお兄様も。たぶん。知らんけど。





タケル殿ウザくね?(#40)





「タケルくん、君よくウザいって言われるでしょ?」




ついに正面から言われたw

みんなボカしてきたのに!フワフワさせてきたのに!

JK(外見はオッサン)の辛辣な言葉のジャックナイフが
タケル殿の心のやらかい場所をザックリと抉り取る!!


…と思いきや、意外とノーダメージ風なタケル殿。
ハートが強いのか、スルー力が高いのか、気にもしないアホゥなのか。
とにかくすごいタフネスハートの持ち主だぜ。


この辺から、お父さんの顔が女子高生に見えてくるから困る。
身振り手振りや走り方もそうだけど
やはり内面からくる感情の表現力が凄いなと。
役者さんの演技力の高さには脱帽せざるを得ない。





VSガンマイザー(#40)





さあ来いタケルウウ!
そのガンマイザーは実は一回攻撃しただけで
入れ替わり能力が解除されるぞオオ!


ムゲンでボコったら無事に入れ替わりが解けました。
映りの悪いテレビをチョップして直すみたいな荒業ですね。さすがムゲン。

ガンマイザーの中にお父さんが入っていると気付かずに
普通にデリートしようとしたタケル殿ですが
上手くヒットした結果、運良く全員元通りになりました。
下手したらお父さんの命が消えていた可能性もありますが
ギリギリ何とかなりました。
これが人の持つ無限の可能性ってやつか…。


ビリー・ザ・キッドに加えて、ムサシ&フーディーニ召喚。
ガンマイザーの動きを封じた上で、ムゲンフィニッシュ。
英雄の力を借りてガンマイザーを倒す展開が良いですね。
ガンマイザー戦は、毎回こんな感じでやってくれたら良かったのになぁ。
ついでに、ビリー・ザ・カノンちゃんの出番がなかったのは残念でならない。


ムゲン魂でイサマシュートを放っていましたが
タケル殿は今回の一件でいつ、どこで、誰に、勇ましさを感じたのだろか…。
感情パワーをゲットしたら、発光するくらいして欲しいよねタケル殿は。

ガンガンセイバー&サングラスラッシャーの二丁拳銃オメガシュートは
ビリー・ザ・キッドリスペクトってカンジで素敵。





(不可思議)事件解決(#40)





同僚で親友の刑事が情報を売り渡していた裏切り者で
最終的に崖に追い詰められて全員集合からのクライマックス…
なるほど、土曜ワイド劇場じゃねーの。


タケル殿が、ほぼほぼ関与しない所で着々と進行していく
シリアス全開な刑事ドラマ展開が無事に完結。
同僚の刑事ジライヤが悪に手を染めた理由や
真由ちゃんとお父さんの確執と言った部分を丁寧に描写したならば
そこそこの2時間ドラマが出来上がりそうな勢いであった。


真由ちゃんとお父さんを元通りにして、仲直りさせるミッションもコンプ。
ずーっとツンツンしてた真由ちゃんが
ラストでデレを見せるのはグッときちゃいますね。

ちなみに、外見がお父さんだった方が
ちょっぴり可愛く見えてしまった時があるという事実は
私の心の奥底に封印しておこう。





し、死んでる(#40)





一方、マコト兄ちゃんのパッパは、どうやらすでに死んでいる模様。
マジかよ映画館行ってくる!




コメント

あるぇ?おかしいなJK。。。?
いやホントおっさんが完全にJKに見えました。
演技力パネェですね
もとに戻る前の方がなんかJKっぽかった、なんか可愛くみえてた自分にガクブルしてたんですが、
ヨル様のご意見伺えてホッとしましたw
私だけではなかったのだwwwww
公式サイトに新ライダーを匂わせるカウントダウンが出てきましたねぇ。
・夏目刑事が主人公で、「もどき」じゃなくて本物の刑事ドラマ撮っても良いんじゃあないか、と。

>はい、無能・THE・無能。
・これで「大帝」の座についてんだから、超ウケる。
・しかし大帝アドニスやアラン王子も同じ状況だったら、アリア姫に服着せてそうな……何だ、この一家無能じゃねーの(黙れ

>アリア姉さん(生身)を迎えに行った眼魔コマンドたちも超無能。
・せっかく薄い本が厚くなるかと思ったのに…………。
・おそらくあの眼魔コマンド達、侍「女」的な連中なのかもしれませんね(苦笑)。

>そう…これはニチアサキッズタイムなのだから…。
・昔のプロデューサーの中には、「性の目覚めが、海外の特撮映画だった」的な理由で、子ども向け番組にセックスシンボルを設けた人もおりましたが……(涙)。

>アデルお兄様は、アデルお姉様を処刑せず近くにおいておく模様。
・ガンマイザーに続いて、「アリア」お姉様まで侵食されとる……!
・ヨルさんの放心が分かるようです(涙)。

>きっと寂しいんだよ、アデルお兄様も。たぶん。知らんけど。
・東映公式サイトでも、「アデルは父を不完全だと言った。しかし、それでも父が理想とした完璧な世界を目指そうとする。」と指摘されている辺り、それが真実なのでしょうね。
・大帝アドニスも、影でこそこそやってたアデルには厳しめに、良い意味でも悪い意味でも真っ直ぐなアラン王子には割と甘めに接していた描写からしても、「認めてもらいたい」という想いはありそうです。亡くなったアルゴス王子も、アラン王子の回想からして、「生前は」好青年であり、慕われてたみたいですし、次男坊として色々抱えこんじゃいましたか。まぁ拗らせたのは、間違いなくイーディス長官の煽りもあると思いますが……。

>イゴール「興味深い……。」
・連中は新しい眼魔眼魂があれば、すぐ復活できるのが、鬱陶しいですね(苦笑)。しかしこいつも腹に一物抱えてますか。

>意外とノーダメージ風なタケル殿
・今まで邪険にされて、落ち込んだり悩んだりしたからこそ……ですね。ここでギャグみたいに凹んだりしたら、「自分を信じる」発言がまた薄っぺらくなりますし。

>役者さんの演技力の高さには脱帽せざるを得ない。
・ROMの人さんも仰っておりましたが、本当にその通りですね……。
・最近は予算かけて撮る映画は大体若手がメインだからか、「『日本の映画』は、お遊戯会レベルに落ちた」と批評されますが、「一括りにすんな!」と(落ち着け

>さあ来いタケルウウ!そのガンマイザーは実は一回攻撃しただけで入れ替わり能力が解除されるぞオオ!
・公式サイトのストーリーでも「その衝撃が功を奏し、それぞれの心と体が元に戻った。」とありますし、本当に結果オーライでしたね(苦笑)。
・まぁガンマイザーが、ムゲン魂にボディ壊されたら、元も子もないと考えたのもあるのでしょうけど。
・それと元々姉弟喧嘩でバグッてた存在だから、というのもありそうです(笑)。

>下手したらお父さんの命が消えていた可能性
仙人「でぇじょうぶだ、グレートアイでなんとかなる!」

>同僚の刑事ジライヤが悪に手を染めた理由
・またジライヤと……!チョコでも食べて落ち着くか。

>一人は星を、一人は泥を…
・篠崎刑事の無念そうな言い方からして、組織の色に染められた感じですかね。「俺を捕まえるのが、お前で良かった。」という台詞からして、自分ではどうしようもなかったのでしょうねえ……。
・情報漏洩についてですが、金が欲しかったのかはたまた手島のバックに篠崎刑事(もしくは上司)と懇意の暴力団等裏社会の顔がいたかそれとも……前者なら情報源を失った手島もすぐ逮捕されるでしょうが、後者みたいに根が深かったら、「困った時の本願寺参り」ですね。

>ビリー・ザ・カノンちゃんの出番がなかった
・マコト兄ちゃんの視線(ロックオン)を警戒したか……。

>合体ガンマイザー撃破
・アンバランスな体型でしたが、戦い方がトリッキー故に、それがマイナスともならず、中々に強敵でしたね。
・ビリー・ザ・キッドゴーストだけでなく対となるムサシ&フーディーニのゴーストを召喚してくれたのは、「おぉっ!」と漏れました。
・ムゲン魂の販促期間という事情もあって、今まで英雄の力を借りてガンマイザーを倒す展開はありませんでしたが、英雄達が「タケルと共に戦う」と覚悟を決めた後で、持ってきたのは、良かったな、と。
・分析を終えたガンマイザー・マグネティック・ブレードは、「人間は興味深い」と結論付けてましたが、和解するには、遅すぎました(苦笑)。

>ガンガンセイバー&サングラスラッシャーの二丁拳銃オメガシュート
・弾込めが面倒な構造故に撃ち尽くしたら捨てて、新しい銃を出すという「とにかく弾が必要」という意味合いでの二挺拳銃と比べたら、精神エネルギーが尽きない限り、ムゲンにぶっ放せる銃を使える今の状況は、彼にとっても望むところか(笑)。

>イサマシュートの理由
・一応今回の親娘の覚悟やギャレット保安官がキッドを討った理由の話からして、「勇気」がテーマだと分かるのですが……。
・パット・ギャレットも叩けば埃の出るタイプだったとはよく言われてますけど、今回の話やキッドの自伝映画みたいに、友情や葛藤があったと思いたいです。

>>残り9マイザー
・ダークネクロムPを退けたプラネットとクライメットの他に、ツタンカーメンゴーストの助力もあって解決したあの子ども化事件を引き起こした時使いのタイム,ロビン・フッドと同じく百発百中の矢を放つアロー,歌舞伎な槍さばきを得意とするスピアー,ベンケイ並みのパワーを持つハンマー,以前JUDOさんが予想されたエジソンと同じ電撃使いのエレクトリック,百発百中のガンマンなライフル,振動波を得意とするオシレーションが控えている模様です。

>ニチアサワイド劇場「夏目真一郎の不可思議事件簿 ~親子の心の在り処~ 」〜完〜
・タケル殿が、夏目親娘の見えない壁へヒビを入れるために、撃ち込んだ「言弾(コトダマ)」は、御成からの受け売りだったというのも感慨深いです。

>マジかよ映画館行ってくる!
・お客様!映画は8月6日からです!!
・しかし「おっちゃんが黒幕!?」な描写をしても、「どうせブラフだろ?」と視聴者に冷めた目で見られるのは、今までのスタッフの悪ノリのせいです(苦笑)。

>他媒体展開
◯『東京おもちゃショー2016』の仮面ライダーゴーストショー
・時間軸としては、3ライダー集結後ですが、アラン王子はたこ焼き食べるのに忙しかったのか、登場したのは、ゴーストとスペクターのみ。
・ガンマイザーの力でパワーアップした刀眼魔(TV本編の連中とは別個体)とこの個体を指揮する眼魔カスタムの部隊を打ち破り、見事お姉さんとお友達を守りきる、といったショー展開お約束なお話でした。

◯『仮面ライダーゴースト スペシャルイベント』ショー「ONARI NIGHT〜御成の怪談ナイト〜『集結!闇のライダー!』」
・時系列的には、マコト兄ちゃんがディープスペクター眼魂を引っさげて復帰した頃。
・ショッカー白戦闘員の技術を持つショッカー赤戦闘員アカザワ(※1)が開発した15個の「闇のゴースト眼魂」……仮面ライダーに敗れた者達の怨念をダークライダー(ショッカーライダー3号,仮面ライダーリュウガ,仮面ライダー王蛇,仮面ライダー913,仮面ライダー000,仮面ライダー歌舞鬼,仮面ライダーネガ電王,仮面ライダーエターナル,仮面ライダーマリカ,仮面ライダーダークドライブ タイプネクスト等)として実体化させたり、その怨念をエネルギーへと変換させたりといった芸当が可能なその力で世界を支配しようと企てたショッカー残党(「スペースショッカー」等と同じくシャドームーンの派閥)の野望を止めようとするショッカー骨戦闘員の亡霊クロキさん(※2)の願いを受け止めたゴースト&スペクター&ネクロムが立ち向かい、見事撃破する…といったお話を、御成の語りを交えて、描いておりました(笑)。
・サブライターである毛利先生脚本でしたが、ダークライダーゴースト眼魂エピソードの没案なのかな、とも(笑)。
(※1)ネタバレになりますが、クロキさんよろしくアカザワも亡霊です。
(※2)仮面ライダーとの出会いにより、正義の心が芽生え始めていた1人のショッカー戦闘員(アカザワ クロキか)から、善の心を引き離すべく、シャドームーンが命を奪った結果、悪と正義に分かたれた戦闘員ゴーストがそれぞれアカザワとクロキさんだったわけです。怨念と共にアカザワを取り込み、レッドに覚醒したシャドームーンを闇のゴースト眼魂諸共仮面ライダー達が粉砕したことで、もう一人の自分を止めようと命を燃やし切ったクロキさんはタケル殿達に感謝しながら、昇天しました。

◯「SUPERてれびくん×仮面ライダーゴースト夏魂」掲載の4コマ漫画『バーストギャグ!ガン!ガン!ガンバライジング!!』
・今回の事件の前後辺りに、1号先輩と再会し、昭和ライダー45ゴースト眼魂をGETしたみたいですが、改造当初の1号の色合いな昭和ライダー45魂を見て、「思えば、私がショッカーに改造されてそこから仮面ライダーの戦いが始まったんだな。そうか、あれからもう45年戦っているのか。」と感慨深げな先輩に対し、「お前も苦労してんだなぁ。」と肩を叩いてきたのは、何とショッカー戦闘員(笑)。「どの口がいってんだぁぁぁぁ」と怒りを込めた元祖ライダーキック(ノリツッコミ)で、戦闘員を見事オーバーキルしてました(笑)。
・他の記事には、「西園寺は死んでいない」とか「フレイ達が示唆した脅威はまだ去ってない」とかいった興味深い情報もありました。

>>JUDOさん
>アカリの一昔前のファッション
・「SUPERてれびくん×仮面ライダーゴースト夏魂」で、「オシャレはムゲン大!カイガンファッションショー 夏コーデ編」という特集がありましたが、そこでアカリのアイドルオーディション時の格好と仏系ラッパー御成について、「子どものころ夢見たアイドルやアーティストになりきり!!」と書いてありましたので、「そういうこと」みたいです(笑)。

長々と失礼いたしました。

管理者のみに表示

トラックバック