ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

動物戦隊ジュウオウジャー感想 第20話

2016.07.15 (Fri)

第20話 「世界の王者」





体育座り門藤操(#20)





みっちゃんめんどくせぇぇえええ!!第20話。



門藤操(#20)





部屋の隅っこで体育座りしてる半裸の子がいるでしょう?
あれがザワールドの中身なんだよね。
これまで幾度となくジュウオウジャーの前に現れて
圧倒的な力でみんなをボコボコにしてきた
エクストラプレイヤーの中身なんだよね。


俺には服を借りる資格は…ない!
ご飯を食べさせてもらう資格もなければ
仲間になる資格もない!!

「あ、自分のことは気にしてくれなくていいっす。
自分、生きてる資格すらないゴミクズ野郎なんで。
ゴミクズらしく部屋の隅っこで大人しくしてるんで勘弁してください。」

そんな勢いで、半裸体育座りですよ。
どこか遠い目をして言るぞい!


意外なことにネガティブキャラだった門藤操。

子供の頃から体が弱く、恥ずかしがりやで、気も弱い。
あだ名で呼びの友達もいなかったらしく、ぼっち気質でめっちゃ卑屈。
そのくせ切り替えは早く、立ち直ったり落ち込んだりと忙しい。
トータル的に、非常に面倒くさい系男子になっております。うぜぇ。

ジニス様が、ザワールドのベースに操を選んだ理由も
暗く卑屈な目をしてたから。
さすがジニス様…操の内面を看破しておったか…!


そんな操くんを甲斐甲斐しくお世話する大和の優しさがハンパない。
さすが、これまでも手のかかるジューマンたちの心を開き
まとめ上げてきた実績を持つ男である。
彼にかかればどんな生物も手籠めにできるであろうぜ。





ジュウオウザワールド(#20)





「今日から俺は、世界の王者・ジュウオウザワールド!
この俺を…なめるなよ!!」



無理矢理ジューマンパワーを引き出され犠牲になった3人のジューマン。
罪悪感を感じながらも、そのジューマンパワーを使って戦う!

ジュウオウザワールド誕生の背景と結論に至る過程は
なかなかシリアスでダークな部分もあるのですが
妄想脳内会議で解決してしまう門藤操の明るさが事態を軽く見せておる。


「サイの意見を採用した!」


「サイ」ト「採用」ガカケテアリマスネ
ダカラドーダコーダイウワケデハナインデスガネ。


己の中で3名の妄想ジューマンが葛藤し、答えを出すという面倒くささ。
オオカミが否定派、ワニが肯定派、サイが中立…と見せかけて
間をとった答えを導き出すメイン人格という感じでしょうか。
なんだかんだ最初から答えは出てそうなのが、めんどくさい所ですねw
資格、資格うるせぇー!□が無いなら○だ!自分流で行け門藤ゥッ!!


今回は、チームリーダーであるアザルドとクバルのコンビが出撃してきましたが
ジュウオウザワールドの強さを見せつけるには、ナイスな相手でしたね。
大和以外の4人を軽く捕らえるなど、幹部らしい風格もあったのではなかろうか。
再生能力を見込まれて、盾にされるアザルドさん不憫。





ボウリンゲンリターン(#20)





生きていたのかボウリンゲン…。


前回、やられたと勘違いしていましたが
ザワールドのおかげで普通に逃げていたんですね。

巨大化したまま、どこかでスタンバっていたのだと思うと
なぜだか涙が出てきてしまうのはなぜだろう。





体育座りザワールド(#20)





「ゴメン…過去の俺が余計なことを…。」


変身後にも落ち込むジュウオウザワールド氏が安定して面倒くさい。
壁を見ながら体育座りするスーパーヒーロー…。

大和が励ましたら一瞬で立ち直る単純さがアホっぽくてイイカンジ。
メンタル弱いけど、メンタルリセットも早い。
ピーキーな性格してますね、操きゅん。





みっちゃん(#20)





『門藤操』じゃあ今いち呼びにくいッ!
この風切大和が名づけ親(ゴッドファーザー)になってやるッ!
そうだな…『メキシコに吹く熱風!』という意味の
『みっちゃん』というのはどうかな!



みっちゃん…普通や…。
みっちゃん…みっちゃんかぁ…。


えっ?一緒にご飯食べてくれるんですか!?
マジすか!いつですか!?なに食べるんすか?
とりあえず日にちと時間だけでも今の内に決めて…
…あっ…社交辞令っすよね…。そっすよね…。
いいんですいいんです。俺なんて道端の草で十分ですから。


あだ名で呼んでもらった上に、ご飯に誘ってもらって有頂天みっちゃん。
グイグイくる、めっちゃグイグイくる。
めっちゃ押し強い!目力もあるし、全体的に圧が強いわこの子!


ジュウオウザワールド・門藤操。
ゴーカイシルバー・伊狩鎧と、キョウリュウゴールド・空蝉丸と
トッキュウ6号・虹野明のヒューマンパワーを抽出して混ぜ合わせ
遠心分離器にかけて残ったものを窓から投げ捨てたみたいなキャラですね。
つまり、追加戦士としては抜群の個性を持っている期待のルーキーと言えよう。


めんどくさく、思い込みも激しい浮き沈みするメンタルに加えて
物凄い出来の良い手作り人形を作っちゃう無駄に高い女子力…
なんか、ヤンデレの素質がありそうですね、みっちゃん。

あまり優しくし過ぎちゃうと、少しかまってあげないだけで
包丁を持ちだして野生大開放しちゃいそうな雰囲気があるので
大和くんは刺されないように注意すると良いだろう。





コメント

お久しぶりでーす!
 戦隊の単独記事がお久しぶりです。(そっち!?)

 今回みっちゃんこと門藤操のキャラや背景がハッキリしましたが、私実は彼の第一印象が「後の三人と違ってこのレベルのルックスなら同級生や同僚に一人はいるよな・・・。」だったんですが今回の回を見て納得、イケメンではこの設定にリアリティが出せないからだったんだ。あ、でも逆かな?演技力だけでオーディションに選ばれて、脚本や演出の先生が彼のルックス見てこの設定浮かんだのかな?鶏が先?卵が先?

 後、みっちゃんっていうあだ名はベタだね。私でも簡単に予想できたもん。そこは「ミッチー」とか「ミサミサ」とかさ・・・。

 手芸のスキル半端ネエー!作品のネット販売やった方が釣りなんかよりもはるかに儲かんじゃね!?と思ってたりします。以上!
デスモスチルスを知ってるかい?
・人付き合いすら面倒臭いものなんだから、これくらい超面倒臭い人間がこの世に存在しても何ら不思議はないのです(混乱)。

>あれがザワールドの中身なんだよね。
・ギャップ萌えの許容量を超えてるよ、パンクしてるよぉ……!

>半裸体育座りですよ。どこか遠い目をして言るぞい!
・今日一日だけでもがんばれぞい!←間違った使い方

>操「あ、自分のことは気にしてくれなくていいっす。自分、生きてる資格すらないゴミクズ野郎なんで。ゴミクズらしく部屋の隅っこで大人しくしてるんで勘弁してください。」
・彼が飛び出した時、あれだけザワールドにボコられてフラフラだろうに、「門藤のゴミクズ野郎はどこだ 出てこい!!」とも言わずに探し回ったであろう大和先生には、頭が下がりました。

>意外なことにネガティブキャラだった門藤操。
・前にも投稿しましたが、踏みにじるほどクールなザワールドのキャラ設定は、そりゃ誤作動起こすってもんです。いえ、マスター・ジニスが見込んだ通り、他者から受け入れられなかったが故の後ろ暗くドス黒い破壊的な感情が育っていたからこその大抜擢だったと思いますが、根は生真面目すぎるほど善人ですからね……大和先生が「君を信じる」と受け入れてくれたのは、本当に救いだったのだと思います。

>ぼっち気質でめっちゃ卑屈。そのくせ切り替えは早く、立ち直ったり落ち込んだりと忙しい。
・ここまでではないにしろ、何となくそういう心の機微は分かるような気がします(苦笑)。

>さすがジニス様…操の内面を看破しておったか…!
・もしかしたら…ですけど、マスター・ジニスも似たような性格だったり(苦笑)?

>妄想脳内会議で解決してしまう門藤操の明るさが事態を軽く見せておる。
・仰るように、彼の葛藤を3人のジューマン(=内面の自分)との対話で表現したのは、巧いな、と。下手すりゃ、「また『エヴァ』か……。」になりますもの(笑)。

>なんだかんだ最初から答えは出てそうなのが、めんどくさい所ですねw資格、資格うるせぇー!□が無いなら○だ!自分流で行け門藤ゥッ!!
・しかし答えが出ていても、動けない奴がリアルだろうとフィクションだろうと五万といる中、ここで一歩踏み出せたのは、大和先生の励ましやジューマン達の意地を見たことが影響してるというのは、良かったです。

>チームリーダー出撃
・『ヒーローライブスペシャル2016』でもそうでしたが、頭脳派と武闘派と真逆のくせに息が合って存外強い……おそらく根本的なところ(嗜虐性など)は一緒だからでしょうね。
・盾にされましたが、前より再生早かったですね。

>コンティニュー状態
・ジニスの余剰エネルギーが切れると元のサイズに戻るのかそれとも死ぬのかはたまた一生巨人のままなのか……アザルドがやられた時、無駄遣い大好きな課金戦士であるマスター・ジニスが、再生を加速させるであろうコンティニューを制止した辺り、元のサイズに戻ることはなさそうですが……。

>ピーキーな性格してますね、操きゅん。
・立ち直ると、ちょいちょいザワールド時代のノリが垣間視えますね(笑)。

>大和「『門藤 操』じゃあ今いち呼びにくいッ!この風切 大和が名づけ親(ゴッドファーザー)になってやるッ!そうだな…『メキシコに吹く熱風!』という意味の『みっちゃん』というのはどうかな!」
みっちゃん「///!!」
レオ「ヤマト、お前大丈夫か?」
タスク「そもそも『みっちゃん』に『メキシコに吹く熱風』という意味はなかったはずだぞ?」
アム(ねぇ、大和君、もしかして……。)
セラ(うん、疲れてたのに、アイツを朝まで追いかけ回してたでしょ?朝っぱらから闘ったし、そろそろ限界かも。)

>ゴーカイシルバー・伊狩鎧と、キョウリュウゴールド・空蝉丸とトッキュウ6号・虹野明のヒューマンパワーを抽出して混ぜ合わせ遠心分離器にかけて残ったものを窓から投げ捨てたみたいなキャラですね。
・窓から投げ捨てた残り滓の塊が、体育座りの王者なのですね(ぇ
・明も「ヒューマン」パワーと表現したのは、何となく嬉しかったり……まぁVシネマで「光を受け入れたことで、シャドー怪人ではなく、人間とほぼ同じ生態になっている」と明かされてましたしね。
・『ゴーバス』の追加戦士サイドを混ぜなかったのは、ある意味正しい選択だったかも(笑)。ヒューマンではないにしろ、人間臭い奴が片割れにいましたが(笑)。

>ヤンデレの素質
・だからこそ、健全な成長を期待します。そう!「つよく、やさしく、美しく」(まて
・しかし釣り好きな一面を把握していたからこそのリール超回転 ジュウオウザガンロッドだったのですね(笑)。

>>輝夜さん
・お久しぶりです。
>第一印象「後の三人と違ってこのレベルのルックスなら同級生や同僚に一人はいるよな・・・。」
・一応中の人は、第26回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で、前作で天晴役だった西川氏を抑えて、グランプリ獲った人なのですけどね(笑)。

>後、みっちゃんっていうあだ名はベタだね。私でも簡単に予想できたもん。そこは「ミッチー」とか「ミサミサ」とかさ・・・。
・冗談だとは思いますが、既視感あって意外性はそんなにないですし、操のキャラに合ってないので採用されても、いつの間にかフェードアウトしてそうだな、と。
・どちらかと言えば、自分はみっちゃんがしっくりきましたので、やっぱりベタはベターだと思います。

>手芸スキル
・早速バンダイさんが目をつけて、売り出すみたいですね(笑)。東京のテレアサショップでの先行販売だと税込みで各種1,620円なので、全国販売だともっと高くなるかも(苦笑)!?

長々と失礼しました。

管理者のみに表示

トラックバック