ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

スーパーヒーロータイムの感想

2016.04.25 (Mon)

動物戦隊ジュウオウジャー 第11話 
「じっくりコトコト煮込んだ真理夫おじさん特製濃厚ホットミルク」





鳥男はクールに去るぜ(#11)




おれだけの力でギフトに勝たないと…
みんなが…安心して…ジュ―ランドに帰れないんだ!!



一刻も早くジュ―ランドに帰りたいジューマン4人組。
彼らが、王者の資格を持つ謎の鳥男を追跡する間
たった1人で驚異の殺戮マシーン・ギフトに立ち向かう大和。
いや、無謀過ぎやろ…死ぬぞ、大和ォ…。

ジュウオウキングでもフルボッコされた巨大ロボ相手に
タイマン勝負を仕掛ける大和のヒューマンパワーにシビれる!あこがれるゥ!
ジュウオウイーグルで負けても
ジュウオウゴリラで再変身して突撃とかマジワイルドタフガイ。

ジュウオウイーグルとギフトの戦いはカメラワークも含めてカッコ良かったなぁ。
同時に挿入される、鳥男と4人のバトルも、負けず劣らずでしたわ。


仲間を放って無責任に帰るわけにはいかねーぜ。
鳥男を放置して、ボロボロの大和の元に駆けつけた4人。
決して走らず急いで歩いてきてそして大和を助けに来た4人。

帰りたい気持ちも本当だけど、仲間を助けたい気持ちも本物。イイネ!
5人揃ってからの同時変身は激燃え。
名乗り完了と同時にOPのサビが流れる素敵仕様は
もはや勝利のファンファーレと言ったところであった。

後ろのビルのガラスに写り込むギフトの巨大感も相まって
前半屈指の燃えシーンだったのではなかろうか。


完成!ワイルドジュウオウキング!
なんかあんまり変わってねぇ…キリンとモグラは脚にくっ付くだけなのね。
いっその事、両腕になるくらいのワンパクっぷりを発揮しても良かったか・も。


謎の鳥男はクールに去るぜ。
大和のピンチには駆けつけてくれたけれど
ジューマン達とは慣れ合わないし、王者の資格も返さない。

せっかく出てきたのに、全体的に謎のまま帰って行った鳥男。
せめて名前くらいは名乗っておけばいいのに…。

ジュ―ランドに対して嫌悪感を持っている様ですが
嫁さんが人間で迫害されてきたとかそーゆーアレだろうか?




すげー匂ったわ(#11)




こいつはくせえーッ!鳥以下の匂いがプンプンするぜッーーーッ!!



羽根の匂いで、鳥男を追跡したタスクくん。
レオの靴下と同レベルの匂いがあったのか、鳥男が案外近くにいたのか
タスクの鼻が鋭すぎるのかが問題やな。

鳥男くさい説が有力になっちゃうかんね!






仮面ライダーゴースト 第28話 「ディープ・スペクター・インパクト」




がんばるマコト兄ちゃん(#28)




ディープスペクターのカラーリングが、何かエロイ。
光沢のある紫色のパーカーとシルバーのボディ、そしてピンクの差し色が
ジゴロめいた敏腕ホストな雰囲気を醸し出しておるわい。
さすがだな。マコト兄ちゃん、さすがだな。


父親の死によって、がっくりとうなだれるアランくん。

まったく動かない等身大フィギュアと化したアランを
眼魔の追撃から守りつつ、眼魔世界から脱出しなければならないという
無理ゲーを強いられるタケル殿。
動け!動け!動いてよ!
今動かなきゃ!今やらなきゃ!みんな死んじゃうんだ!!

そんなピンチに颯爽と駆けつけて、マコトナックルを繰り出すマコト兄ちゃん。
これには、さすがのアランくんも眼を覚まさずにはいられない。

眼魔の世界が完璧などでは無いこと
父上を殺したアデル兄さんをぜってぇ許さねぇこと。
様々な想いを乗せてネクロムに変身したアランの活躍が…と思いきや
オイシイ所を全部持っていくのは、ディープスペクター・マコトなのであった。

さすがだな。マコト兄ちゃん、さすがだな。
自然にタケルの元へとやってくるもんね。
やはりマコト兄ちゃんには、タケルGPSが組みこまれているに違いねぇ。


ディープスペクターは、魂の深淵の力にドーノコーノするらしく
変身時に、何やら苦しんでいるような描写が入っていましたが大丈夫かしら?

まぁ、フーディーニの時にも鎖でグルグル巻きにされてたし平気だろ。
そういうハードMっぽい攻めは、どんとこいな所があるから。マコト兄ちゃんは。
カノンちゃんもそう言ってたし。(幻聴)




借りは返したベル(#28)




強風吹き荒れる土手に、颯爽登場ジャベルさん。


これは完全に御成をストーキングしてましたねぇ。
一宿一飯の恩を返しに来たジャベルさんがチョーイイネ。インガオホー。
お腹が減っていなければ、イゴールなど相手にならんのだ。




ぶたれたイゴール(#28)




一方、KMSはアカリさんにビンタをされ、涙目で帰って行ったのであった。
何だこいつ。




やっかい払いキュビ(#28)

キュビ下清先生(#28)




キュビ下清先生ェーッ!! (BGM/野に咲く花のように(演奏・音符眼魔))


旅に出おった…!!
キュビと音符眼魔の諸国漫遊珍道中が今、始まる…!


2体の眼魔を見送る御成たちの背中がシュールすぎる。
このシーンがやりたかったから、土手に来ていた疑惑ですわ。


微妙に持て余していたキュビちゃんを、体よく退場させたカンジでしょうか。
しかし、これでいつでも再登場可能なポジションを手に入れたとも言えますね。

最終回あたりで、正体不明の有名画家&有名作曲家として
華麗にカムバックしてくる展開来るで!





魔法つかいプリキュア! 第12話 
「ミラクルスター・オン・ザ・マジカルスカイ」





はみ出していくスタイル(#12)




安心安定のデカさ。


魔法界代表として、ナシマホウカイで舐められるわけにはいかない。
大きな視点を持って、飛び出していこう。
そうだ、もっとはみ出していこう。
そんな気概が、黒板に現れてしまったという事ですね!


…上の方、届かなくね?






以下、プリキュア感想!



星ゲット(#12)




下を見て歩いていると暗く怖い山道も、見上げれば輝く満点の星空。
見方を変えれば、世界が変わる。
星空のように、キラキラでワクワクしたことを見つけよう。

みらいちゃん、良いこと言った。良いこと言ったよ、みらいちゃん。

完璧を目指して頑張るのもいいけれど、もっと一緒に楽しもうぜと。
自分が魔法界でたくさんのワクワクを経験したように
リコちゃんにもナシマホウ界で同じように楽しんで欲しい。
そんな彼女の優しさが伝わってきますね。

みらいちゃんの優しさが宇宙まで伝わった結果
リンクルストーン・タンザナイトが降ってきたもん。
ホンマ、みらいさんの優しさは大宇宙に響き渡るで。


みらいがリコに星を見に行こうと誘いに来る時に
魔法学校の征服ってのがイイネ。

子供の頃のみらいが顔を上げるきっかけになったのが
モフルンの目に映る星だったってのも、めっちゃ素敵やってん。




また見てた(#12)

箒星(#12)




また見られてる…!!


あまりに頻繁に目撃されるようだと、魔法界の教頭先生に
脳細胞破壊魔法でパーにされるんじゃないかと心配になりますね。

魔法使い目撃っ子ちゃんが、ナシマホウ界での協力者になるのかな?




コメント

No title
「仮面ライダーチェイサー」見ました。

ネタバレにならない程度に、感想を一言だけ。

メディックは努力の方向を間違えてないか?

さて、本編の方の感想も簡潔に。

ジュウオウジャー
①王者の資格を持つ鳥男の元へ向かうジューマン4人組。ふと思ったんですが、王者の資格って、科学的に複製できないんですかね?

②巨大ロボに1人で戦いを挑んだ大和。大和、狙うべきは脚の関節だ!もしくは、一寸法師みたいに中へ入るんだ!

③仲間を放っておけないからと、王者の資格の奪還を保留して大和の元に駈け付けるジューマン4人組。「鳥男の羽と脚に2、3発銃撃して動かなくしてから王者の資格を拾って、大和の所へ向かう」という考えが過ぎった私はダメですか、そうですか。

④ワイルドジュウオウキングにおけるモグラとキリンの必要性はいったい・・・電池要員?

名前すら言わず、ジューランドを「あんな世界」呼ばわりして去っていた鳥男。
彼がジューランドを嫌う理由は何なんですかね?

・実は、ジューランドにおいて鳥人間は被差別対象。

・実は、親と喧嘩して絶賛家出中。(ジューマンパワーを大和に分けているから老けているが、実は高校生ぐらい?)

・実は、ジューランドで女(ジューマン視点で、芳賀優里亜に似ている)にフラれた。

さて、どれでしょう?
ちなみに、私は全部違うと思います。

仮面ライダーゴースト
①前回からの引きで、ガンマイザー燃え尽きませんでしたね(当たり前)。父を喪い、方針状態のアラン。まあ、これは仕方ないですね。しかし、彼といい、タケルといい、進ノ介といい、詩島姉弟といい、ここ1年余りは父親と縁がないキャラが多いですね。

②率先してタケルたちを助けてくれたノブナガゴースト。実際、信長は「安土城の建設現場で部下を怒鳴り付けた後、踊りを踊って重くなった場の雰囲気を和ませた」という話もありますから、意外といい人なんですよね。

③前回から音符眼魔に何をさせれるのかと思ったら、まさか自分のための曲作りとは・・・。もうボーカロイドみたいなの使って自分で作詞作曲したらどうだ、イゴール?

④スランプになって普通の絵を描いたキュビ。お前はれんちょんか。

⑤何だかんだで仲良くなった音符眼魔とキュビ。絵描きと作曲家のコンビですから・・・次は料理人の包丁眼魔とかどうでしょう?

⑥御成に助けられた恩をきっちり返していったジャベル。義理堅いですね。やっぱり戦闘に慣れている彼の方が科学者のイゴールより強いんですかね?

⑦今回初登場のディープスペクター。随分とトゲトゲになってしまいましたね。ネクロムにも強化フォームはあるんですかね?せめて武器ぐらいはあげて欲しいんですが・・・。

旅に出てしまった音符眼魔とキュビ。
沢芽市でバナナの妖精とかに巡り会ったりするんでしょうか?
それはそうと・・・いったい荷物の中に何が入ってるんですかね?
こんばんは。
 今回のジュウオウジャーは珍しく真理夫叔父さんがマジメモードでしたね。(『真田丸』の信繁を導く出浦様が見えました)やっぱりそこは五人の保護者なんだと思いました。

 後、色んな作品で「親よりもおじおばに可愛がられている設定の場合、親と深い確執がある」のがお決まりですが、大和は母親(名字が違いかつ『叔父』だから大和の母が真理夫の姉の可能性大)との間に何かあるんだろうな?

 とにかく、真理夫叔父さん私好きです。
あっ、それと。
 「飲むか」って時、「まさかこの規制が厳しいご時勢にガチの飲酒シーン!?」と思いましたが違った。「ジェットマン」の時なんか飲酒喫煙ガンガンだったらしいのに・・・。

 でも、カメラが回ってない時は叔父と甥の二人は晩酌してますよん。きっと。
『ズートピア』、ケモナー関係なく面白かったです!
・ミラクルジャンプ2016年5月号の表紙は仗助と康一君でしたけど、他の方々が仰る通り、「仗助は、空条 仗世文のコスプレみたいw」でした(笑)。何と言いますか、不良にボコられて髪型を貶され、プッツンしても、大した反撃ができないままに袋叩きにされそうな感じ(コラ

・仰る通り、序盤戦の大詰めで、盛り上がりましたね!味方勢力のマイクラ感は仕方ないとして、これからも期待です……しかし今回は「ファントムブラッド」ネタ多いですね(笑)。
>「じっくりコトコト煮込んだ真理夫おじさん特製濃厚ホットミルク」
・ちょっと待て、ホットミルクは、牛乳を加熱すれば良いだけの話だ。何故「煮込んだ」?濃厚なエキスが出る「ナニ」をじっくりコトコト「煮込んだ」!?

>大和「おれだけの力でギフトに勝たないと…みんなが…安心して…ジュ―ランドに帰れないんだ!!」
ギフト「ウィーン ウィーン ガション(シッタコトカ)」

>ジュウオウキングでもフルボッコされた巨大ロボ相手にタイマン勝負を仕掛ける大和のヒューマンパワーにシビれる!あこがれるゥ!
・バキュウウウン
・やっ やられたッ!!

>鳥男を放置して、ボロボロの大和の元に駆けつけた4人。決して走らず急いで歩いてきてそして大和を助けに来た4人。
・略して「ボつけて」!

>こいつはくせえーッ!鳥以下の匂いがプンプンするぜッーーーッ!!
・「鳥男くさい」説は、やはり加齢が原因か(コラ
・まぁ狩りの時に、鳥等の獲物の居場所を探ることを目的とした猟犬もいましたので、多少は……ね(笑)。

・時系列で言えば、本編24話の1号活躍シーン→映画『仮面ライダー1号』アバン→本編23話→『1号』の序盤→『ジュウオウジャー』第7話→本編24〜26話→『1号』潜入捜査シーン〜ショッカー&ノバショッカー決着→ゲーム『仮面ライダー バトライド・ウォー創生』→『1号』ラスト……という具合ですか。デミアプロジェクトのことを考えると、『1号』中盤と終盤辺りの間にいくつか本編エピソードも入りそうですけど。
>ディープ・スペクター・インパクト
・映画『ディープ・インパクト』も競走馬「ディープインパクト」もまさに「衝撃」でした。
・ちなみにデーブ・スペクター氏が、この名称に反応したようで、「『仮面ライダーディープスペクター』の悪役に決まった」という旨のジョークを、Twitterで呟いておりました(笑)。何はともあれ、『ゴースト』外伝も期待大か(待て

>まったく動かない等身大フィギュアと化したアラン
・確かに1/1フィギュアでしたね、アラン(お荷物感)。

>動け!動け!動いてよ!今動かなきゃ!今やらなきゃ!みんな死んじゃうんだ!!
・「暴走」フラグ、立てなさんな(笑)。
・しかし原典の方は、戦線復帰の流れからして、普通のロボットアニメなら燃え展開が待ってるはずなのに、「母さんの甘やかし」と言いますかあのグロでしたからねぇ……『新劇』での結果はもっと酷かったし(苦笑)。

>さすがだな。マコト兄ちゃん、さすがだな。
・散々タンクトップ放置プレイだった分、暴れてましたね。

>変身時に、何やら苦しんでいるような描写が入っていましたが大丈夫かしら?
・スペクターパーカーゴーストやネクロムパーカーゴーストは、力の根源から引き出した力のほんの一部をドーノコーノで滅茶苦茶抑え込んで生み出した存在ということですかね。
・ちなみにディープスペクターのパーカー生地「ディープバイオレットコート」は、「変身者の苦痛に抗おうとする意志に応じて全身各部のパワーを増幅し、戦闘力を強化する機能を備えている。」とのことで、ディープスペクターパーカーゴーストは間違いなくドがつく程のSであることは間違いないです(苦笑)。

>一宿一飯の恩
・ジャベルも大天空寺に来れば……と思いましたが、大帝アデルからアラン王子の抹殺指令を下されている以上、そこまでは歩み寄れませんか。しかしイゴールに逆らった以上、拠点であるディープコネクト社には入り浸れませんし、こっそり御成のもとへ来て、おにぎりとか食べに来そうな感じです。

>KMS、涙目
・大した挫折もなく、自尊心だけ肥大化したような奴ですし、こんなもんですかね(苦笑)。

>キュビと音符眼魔の諸国漫遊珍道中
・途中でゴリラのラリーさんに会ったら、よろしく言っといてください。
・それはそれとして、「在庫処分」言いなや(そこまでは言ってない

・点数を採るだけのインプット型ではなく、色々な経験を積んで地頭を鍛えるのは、良いことですね……自分はそれをあまりやってこなかったので、少し後悔しとります(苦笑)。
>「ミラクルスター・オン・ザ・マジカルスカイ」

・「ホウキハヤイ」で「みんなが大事」ですね。

>安心安定のデカさ。
・魔法学校の黒板はよりスペースが広いから、加減を間違えましたか(白目)。
・大ジャンプもかましたのでしょうけど、書き終わるまで突っ込みもせず、待っていた高木先生やクラスの皆は、良い連中であります。

>みらいがリコに星を見に行こうと誘いに来る時に魔法学校の「征服」ってのがイイネ。
・普通に読み進めていて、吹きました(笑)。
・確かにやってのけそうなポテンシャルを持ってますけど……持ってますけど!!

>自分が変われば、世界が変わる
・林間学校のキャンプファイヤーで予定より早く焚き火が崩れて、辺り一面真っ暗になった時、引率の先生が慌てて照明をつけにいったのですが、その間、皆ザワザワしており、不安になって、何となく空を見上げたら、星が綺麗で、暗い気持ちが吹き飛んだことがありますので、みらいの言葉は何となく分かりました。
・「世界」とまではいかないかもしれませんが、ちょっとしたことで、色々違って見えますよね、「コペルニクス的転回」と言いますか何と言いますか。

>リンクルストーンタンザナイト
・アフリカのタンザニアで主に産出されることと色合いがタンザニアの名山「キリマンジャロ」の夕暮れ時を彷彿させることから、「タンザナイト(タンザニアの夜,タンザニアの石)」と呼ばれるそうですね。 石言葉も「知性」,「問題解決」であり、「見る角度で色が変わる」性質は、今回のテーマに沿ってますし、命名の由来辺りから、「宇宙」のリンクルストーンになったのかな、と。
・ちなみにこのリンクルストーンに宿る精霊は流れ星みたいです。

>魔法使い目撃っ娘ちゃん 勝木 かな
・そう言えば、中の人は、去年ウメコ(デカピンク)を再演したことが記憶に新しい菊地 美香さんですね。記憶を消されるのか何かやらかすのかスタッフがキャラを扱いきれずにフェードアウトするのか(コラ

>脳細胞破壊魔法でパーにされるんじゃないかと心配になりますね。
・せめて細胞変換魔法で動物にするくらいで勘弁したってください。

>>JUDOさん
>王者の資格って、科学的に複製できないんですかね?
・10年は軽く経ってるのに、ジューランド側が王者の資格を1個も複製できていない辺り、難しいのでしょうね。超エネルギーが詰まってるみたいですし、人間側の科学力も合わされば、何とかなりそうですけど……。

>大和、狙うべきは脚の関節だ!もしくは、一寸法師みたいに中へ入るんだ!
・それができないから、苦戦してるんでしょうが、このクソセコンド(苦笑)!!

>「鳥男の羽と脚に2、3発銃撃して動かなくしてから王者の資格を拾って、大和の所へ向かう」という考えが過ぎった私はダメですか、そうですか。
・ダメとは言いませんが、鳥男に追撃する辺り、クズいですね(コラ
・でも「王者の資格を掻っ攫って、大和先生を助けに行く」のは、両立できそうだとは自分も思いましたが、それをしないのが、連中の連中らしさということで、好感が持てましたね。

>ワイルドジュウオウキングにおけるモグラとキリンの必要性はいったい・・・電池要員?
・い、いざとなれば、アタッチメントできるし(震え声)。


>実は、ジューランドにおいて鳥人間は被差別対象。
・大和先生がジュウオウイーグルに変身した時、「人間がジューマンの力を使った!?」という認識でしたし、ラリーさんもキャストブログのナマケモン(ナマケモノのジューマン)も特に言及してませんでしたし、何よりジューランドにオウムらしき鳥系のジューマンもいましたので、それはないと思いたいですね。

>実は、親と喧嘩して絶賛家出中。
・のび太君も10年で折れてましたし、それはないかと。

>実は、ジューランドで女(ジューマン視点で、芳賀優里亜に似ている)にフラれた。
・狼のジューマンとか馬のジューマンとかとの絡みで……そんな理由で人間界に放り出されたのなら、ラリーさんも首の骨を折りたくなるレベル(苦笑)。

>1年余りは父親と縁がないキャラが多いですね。
・他だと、両親が亡くなったキャラが多いですね。

>実際、信長は、意外といい人なんですよね。
・人間は、相手を傷つける刃物を握る手を持ってますが、いったん刃物から手を離せば、美しい草花を生み出すことだってできますからね。
・創作みたいな「魔王」や「暴君」では、誰もついていきませんものね……信長に限ったことではありませんが、創作物だと「カリスマ(笑)」が多くて困る。

>もうボーカロイドみたいなの使って自分で作詞作曲したらどうだ、イゴール?
・それじゃあ虚しいじゃないですか(コラ

>お前はれんちょんか。
・一定の芸術センスを持っている人には、ありがちなことだそうな(笑)。
・漫画だって構想ウン十年の作品より気軽に描いた奴が売れたりすることもありますし、勉強が全然ダメなへろへろくんだって「エイプリルフールだから嘘をつこう」と授業中嘘をついていたら、正解連発でクラスの皆を驚かせてましたし(だから何だ

>幹部の強さ
・武官クラスと技官クラスの差でしょうね。イゴールの眼魔スペリオル・パーフェクトはそもそもパーカーをパージして致命的なダメージを避ける意図もあるみたいですし。

>ネクロムにも強化フォームはあるんですかね?せめて武器ぐらいはあげて欲しいんですが・・・。
・アーケードゲームの『仮面ライダーバトル ガンバライジング』では、一応全偉人,全レジェンドライダーのパーカーを纏えるみたいですので、それに賭けるしか(ぇ

>いったい荷物の中に何が入ってるんですかね?
・キュビちゃんはやっぱり大天空寺での皆との思い出……それと日常雑貨(ぇ
・音符眼魔は取るもの取り敢えず飛び出してましたので、餞別かキュビちゃんの荷物か(コラ

>>輝夜さん
・こんばんは。
>色んな作品で「親よりもおじおばに可愛がられている設定の場合、親と深い確執がある」のがお決まり
・両親が早世しているパターンも……あまり想像したくないですけどね(苦笑)。

>飲酒喫煙ガンガンだったらしいのに・・・。
・時代も放映時間(夕方)も違いますので、『鳥人戦隊ジェットマン』とは比べられませんね(笑)。
・『特捜戦隊デカレンジャー』Episode17のウメコや『獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その36のレツ(ゲキブルー)は「酔拳(※本当の酔拳はシラフじゃないとできませんが、この世界では映画みたいに、酔うと真価が発揮されるということでどうか)」の下りで許されてましたし、『侍戦隊シンケンジャー』だと正月設定(第四十四幕)で流さん(シンケンブルー)と源ちゃん(シンケンゴールド)の飲酒は許されてましたっけ。
・『ニンニンジャー』の夏映画では、呑んだシーンはありませんが、酔い潰れた描写はありましたね、天晴。

>晩酌
・中の人はボトル一本空ける人ですので、大丈夫ですかね、大和先生(笑)。

長々と失礼しました。

管理者のみに表示

トラックバック