ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーゴースト感想 第8話

2015.12.13 (Sun)

第8話 「発動!もう一つのモノリス!」




ゴーストライダーキック(#8)

サブタイ前に終了(#8)




巨大化したインセクト眼魔に、イグアナゴーストライカーで対抗!
迫力の巨大戦を繰り広げたのちに、ライダーキックでフィニッシュ!!

ウソみたいだろ。サブタイトル登場前の出来事なんだぜ。これ。
前回のラストでここまでやってくれたら良かったんじゃないかと思いつつ
最初からクライマックスなのも嫌いじゃないというジレンマ。

つまり、尺の問題には仮面ライダーも勝てないということであり第8話。




タケル
「アカリ!御成!大丈夫か?」


御成
「タケル殿ですか?どこにいるんですか?」


タケル
「さぁ、帰ろう。」






捕らわれる御成(#8)





8話で2度も緊縛される坊主。それが御成なんだよね!




いまだかつてこんなハイペースで敵に捕まり
2度も緊縛姿を披露した坊主がいただろうか、いやいない。(反語)

早くも、眼魔に捕まることに関してはベテランの風格すら感じるからね。
隣で縛られているアカリさんの存在感を吹き飛ばすほどのインパクトですよ。

どういうつもりなのかしら御成は。
男子僧侶緊縛萌えというニッチなニーズに応えているのかしら…。
フッフフ…まったく恐ろしい男よ御成…。
いったいこれから何度の緊縛姿を披露してくれることやら
最終的に、亀甲縛りで天井から吊るされる御成の姿が見られそうだぜェ…!


2人仲良く縛られるゴーストヒロインズ。
前回、西園寺からビリー・ザ・キッド魂を奪取するという
大活躍を見せてくれましたが
一転して大ピンチに陥る所がバランスが取れていてイイカンジ。



アカリ
「…乗っ取られてるんじゃないでしょうね?私を油断させるために
眼魔が御成だけを乗っ取ったって事も考えられるでしょ?」


御成
「なんと疑い深い!答えは私の心にある!
断じてそんな事はありません!!」


アカリ
「私は簡単には信じません!御成の口癖は?」


御成
「拙僧。」


アカリ
「です?」


御成
「ぞ!」


アカリ
「御成だ!」




なんだこのやり取りwww


助かった直後のアカリさんと御成の掛け合いが楽しい。
御成の心配をする前に、本当の御成なのか疑ってかかるアカリさんが
いかにもリケジョな雰囲気が出てて好きだわー。






西園寺
「眼魂集めは順調ですか?」


マコト
「貴様には関係ない!」


西園寺
「妹さんを生き返らせるんでしょう?」


マコト
「よせと言っている!」


西園寺
「天空寺タケルは、既に5個持っていますよ?
この調子だと、彼が生き返ってしまいますね。」


マコト
「そんな事はさせない!」


西園寺
「もしかして、龍の息子だから手心を加えているんじゃないでしょうね?
…甘いですね。」


マコト
「俺が甘いだと…?俺は…俺のなすべき事をする!!」






残り一個でしたァン(#8)





マコト兄ちゃん、煽り耐性低すぎ問題。




ちょっと煽れば即激怒。
まさに瞬間湯沸かし器。ティファールの電気ケトルの3倍は早い。

って言うか、いくらなんでも簡単に乗せられすぎだろ…。
妹ちゃんが信用できないって言ってるのに
あっさりと掌の上で転がされてますし。
その結果、西園寺さんにまんまと乗せられてタケル殿をボコりに行く始末。

妹の為ならば、あらゆる詐欺に引っかかってしまいそうな危うさあるわー。
根っこの部分は、真面目&素直な良い子なんですよ…たぶん。



西園寺
「スペクターが4個。仮面ライダーゴーストが5個。そして…私が5個。
ついに、あと1個で15個が出揃いますよ。天空寺龍…!」




偉人の眼魂めっちゃあった…。



めっちゃあったって言うか、もう残り1個になった…。
しかも、最後の1個は次回出てくるし…。

前回、簡単に眼魂を作れるミラクル西園寺カバンが出てきましたが
アレがあればこの程度の個数を集めるのは雑作もない事なのであろうぜ。
もう西園寺だけで良かったんじゃないかな?






マコト
「タケル…お前は、龍さんが何を研究していたのか知っていたのか?」


タケル
「え…タケル?龍さん?なんでお前が父さんの事を…龍さんって…
もしかして、マコト兄ちゃん?マコト兄ちゃんなのか?そうなんだろ!?」

「この10年…一体、どこで何をしてたんだよ!?」
「マコト兄ちゃんが…何でスペクターなんだ!?一体何があったんだ!?
ずっと心配してたんだぞ!」


マコト
「俺の事など忘れていたんだろ!」


タケル
「違う!そうだ…妹さんは?カノンちゃんは元気なのか!?」


マコト
「貴様が妹の名前を口にするな!
お前達が幸せに暮らしている間、俺と妹は地獄を生きてきた!」


タケル
「マコト兄ちゃん!話を聞かせてくれ!
理由も分からないのに、友達とは戦えない!」


マコト
「俺に友などいない!」






ブチ切れマコト兄ちゃん(#8)





マコト兄ちゃん、激おこぷんぷん丸である。




まぁ、マコト兄ちゃんが怒るのも分かる気がしますね。
色々と勘違いしてたり、騙されたりしてるってのもあると思いますが…
それ以前に、タケル殿ってばあれだけ顔を合わせておきながら
一向に思いだしてくれなかったんだもん。

一番最初にマコトが大天空寺に来た時に
タケル殿が気付いてあげることが出来ていたならば
マコト兄ちゃんが、ここまで激おこになることはなかったのかも知れんね。

そのあと、かなりの近距離で顔を合わせたにも関わらず
思いだす気配すらなかったもんなぁ…。





だれだよこのひと(#5)





これは完全に忘れられていたと思われていても仕方なかろうなのだ。
そりゃ、俺に友などいないって言われちゃいますわ。
もう友達じゃないよバカ―!である。


ゴーストのベルトを利用して
ノブナガ魂オメガスパークを放つスペクターがカッコイイ。
同じベルトをしているからこその見せ方ですね。
ツタンカーメン魂での鎌スラッシュもチョーイイネ。

ニュートン魂の重力操作を使って、スペクターの攻撃を防ぎつつ
目くらまし&撤退するタケル殿の策士っぷりもグッド。
ここでのライダーバトルはアクション的に見せ場が多くて良かったなと。





アラン
「スペクターが、あれほど感情的になるとは…。」






怒りのケンカキック(#8)

スぺさん荒れてんなー(#8)





いや、あの子かなり感情的な方でしょ…。




見てくださいよアランくん。車にケンカキック喰らわせてますよアイツ。

クールそうな顔して、煽り耐性皆無だぞマコト兄ちゃん。
妹ちゃんを軽くディスれば即激怒や。

その辺の感情を利用して、マコトを操っているのかと思っていたのですが
案外そうでもないのかアランくん…?






ナリタ
「マジかよ!?」

シブヤ
「夢ですよね?お願いだから夢って言って!」


アカリ
「まだちゃんと解明できてないけど、これは現実よ!」


御成
「ど…動揺するな!2人とも修行が足りん!」






御成はうろたえない(#8)





う…うろたえるんじゃあないッ!
不可思議現象研究所員はうろたえないッ!





ナリタとシブヤは、眼魔どころか仮面ライダーゴーストすら初見になるのか。
アカリさんが謎のランタンであたりを照らしだしたと思ったら
謎の怪人と怪物がバトルを繰り広げていたらビビっても仕方あるまいて。

もはや慣れているであろう御成すら、微妙に動揺してるもんね。
ど、ど、ど、ど、動揺ちゃうわ!武者震いだわ!!


人間を操ってモノリスを作っていたインセクト眼魔。
モノリスって作れるものなんだ…。

そもそも大天空寺にあるモノリス自体が、まだ謎の物体だというのに
こんな廃工場で新たなモノリスが作られてるとなると
ますます訳が分からなくなりますね。

ええねんええねん。よくわかんねーけど、とりあえず壊しとけばええねん。
えっ?アランくんが自爆させるの?マジでか。





蜂と蜘蛛(#8)





蜘蛛の巣に絡めとられるインセクト眼魔さんが色っぽ…くはない。残念。


無数の蜂に分裂して、攻撃をかわすインセクト眼魔。
やられても復活で来たのは、コアである本体を倒せていなかったからなのね。

ビリー・ザ・キッド魂の百発百中の銃さばきで
一匹残らず撃ち落とすのかと思いきや
クモランタンさんのスパイダーネットで捕獲したのちに
ライフルモードで撃ち抜くというワイルドスタイル。

西部ガンマンめいたクイックドローを期待していたのですが
クモランタン販促期間には勝てなかったよ…。





田中恒男
「俺とお前は一生親友。たとえ死んでも…。」


木村智則
「地獄で親友!」






一生親友じゃんよ(#8)

地獄で親友(#8)





地獄行き前提なのか…。




地獄を見てきた深海兄妹と、地獄でも親友宣言の田中&木村。
なるほど、今回は地獄祭りだったというワケですね。


一生親友どころか、死んでも親友宣言という驚異のベッタリ感に
微妙にホモッティなアトモスフィアを感じますが
親友が元に戻って良かった良かった。





ユルセン
「良かったな!
眼魔に乗っ取られて99日経つと、体を完全に乗っ取られちまって
お前でも助けられないからなぁ~。」


タケル
「えっ!?そんなの聞いてない!!」


ユルセン
「今、言った~。」






急に大事なことを言うユルセン(#8)





眼魔にとりつかれて、英雄の眼魂を作りだした人間は死ぬ。
別に英雄の眼魂を作らなくても、99経つと死ぬ。←New


かなり重要なことを、今更サラッと言い放つユルセンの鬼畜っぷりパネェ。
それ、1話とか2話で言うことなんじゃないですかね?

こぉいつぅ~みたないポーズにイラッと来ますね。
ちょっとカワイイのがまたイラッと来ますね。






タケル
「アカリ…。スペクターの正体が、分かったんだ。」


アカリ
「え!?」


タケル
「スペクターは…マコト兄ちゃんだった。」


アカリ
「マコトって…あの?」


マコト
「カノン…すぐにあいつから全ての眼魂を奪ってやる。待ってろよ。」






マコト兄ちゃんだった(#8)





スペクターの正体が、幼馴染のマコト兄ちゃんだと知ったタケル。
一方、そのマコト兄ちゃんはタケルから全ての眼魂を奪うと
妹ちゃんに約束するのであった。


15個の眼魂を集めても、生き返れるのが、どちらか1人だとするならば
かなりベビーな話になりそうな感じもしますね。

眼魔に乗っ取られた人間は99日で死ぬというルールが
眼魂化している妹ちゃんに、どのように影響するのかも心配かも。


…ところで、マコトの妹ちゃんは、カノンちゃんって言うんですね。
ほっぺの辺り(?)が、ほんのりピンク色になるのが可愛いけど
ちょっとでも妹ちゃんのことを話題にすると
マコト兄ちゃんがガチ切れするのでマジ危険。

「なんだか、南くんの恋人みたいですね!」とか

「トイレから出た直後に、妹さん触るのどんな気持ち?」とか聞いちゃうと
この世から消されてしまう危険性があるので注意すると良いだろう。




コメント

No title
イグアナストライカーは飛べないのが欠点ですね。

さて、今回も思った事をいくつか。

①もの凄いペースで敵に捕まってる御成とアカリ。御成は下手したら「仮面ライダーW」の亜樹子よりヒロインしてるんじゃ・・・。

②後、妙に仲がいい御成とアカリ。さすがに亜樹子と照井みたいに最終回後に結婚とかないですよね?

③妹関係でのマコトの沸点が低過ぎる。ただ、西園寺がムカつくキャラであるのは間違いないと思います。

④何かもう5個も眼魂を集めてた西園寺。この人、もう少し時間があれば、1人で全部集められたんじゃないですかね?

⑤タケル殿ってばあれだけ顔を合わせておきながら、一向に思いだしてくれなかったんだもん?いや、幼少期から青年期に掛けて10年間も会ってなかったら、まずわかりませんって。

⑥何か車に八つ当たりしてるスペクター。嘗てここまで煽り耐性のない仮面ライダーがいただろうか?

⑦割と完成間近っぽかったのに、あっさりとモノリスを自爆させたアラン。思い切りがいいですねぇ。

⑧どう考えても、インセクト眼魔の核となる1匹を仕留めるなら、ビリー・ザ・キッドよりロビンフットの眼魂を使うべきだと思うんですが・・・まさかの飽和攻撃ですか。

⑨地獄行き前提の秘密の合言葉。あれですか、先に死んだ方が地獄の鬼を退治しておくという事ですか?

⑩さらっと重要な事を言い出すユルセン。仙人はもう少しマトモなサポートキャラを寄越すべきだと思うんですが・・・そもそもこいつは使い魔の類という認識でいいんですかね?

ちょっとでも妹の事を話題にするとキレるマコト。
それでも敢えて1つ訊きたい。

落としたり、傷が付いたりしないように、妹さんの眼魂はケースみたいなものに入れておくべきではないでしょうか?
僕は妹に恋をする……一線越えた奴じゃあねえか!!
・確かに御成問答面白かったですね。ゴーストも実体化できない程の脱力系(笑)。

>ユルセン「坊主、走り遅えな……。」
・名誉挽回の一念でマリさん(怪盗リトルジョン)の車に追いつく健脚でも階段の昇降はしんどいか、あの衣装では……。

>ギリギリセーフ
・インセクト眼魔を退けて、バットクロックの記録映像を見てから、駆けつけて間に合いましたね……流石100m5.8秒!

>偉人の眼魂めっちゃあった…。
・煽ってる西園寺もタケル殿と同じく5個とか4個GETのマコトが気の毒過ぎて……。まぁこの時点だと、マコトももう1個眼魂を持っているのですが、15個の英雄眼魂にカウントされない特殊タイプですからねぇ。

>マコト兄ちゃん、激おこぷんぷん丸である。
・「ぷんぷん丸」とかそんな可愛らしい次元じゃねえ(笑)。
・まぁ龍さんの息子(幼馴染)ということで、知らず知らずのうちに「甘くなっていた」ために、「龍があの事故を引き起こしたかもしれない」と言われたら、そりゃ焦っているマコトは、「タケル(ゴースト)を潰して、眼魂を奪うことは間違っていない」と自分に言い訳しますわね。

>発動!もう一つのモノリス
・モノリスは、天然物の巨大な一枚岩もしくは一枚岩や一枚岩風に加工した岩を彫像等手を加えた人造物(ギザの大スフィンクス等)を指しますので、材料さえあれば、作れちゃうのですね。
・それらそれとして、謎のモノリスはやはり眼魔由来ということですか……大天空寺地下にある奴は、遠い宇宙の彼方にある眼魔星の民が他の星へ行くための標として放り込まれたな(待て

>眼魔怪人と眼魔アサルト
・工場長化していた木村が、インセクト眼魔に対してタメ口だった上に命令していたことからして、眼魔怪人と眼魔アサルトで立場が変わるわけではないのですね。
・マシンガン眼魔は、元々素体が眼魔アサルトの1グループを束ねていたとか何かですか。

>う…うろたえるんじゃあないッ!不可思議現象研究所員はうろたえないッ!
・「素体の眼魔アサルトはともかくパーカー羽織った怪人はダサい」,「いや全部ダサい」とdisられる島本先生デザインの怪人達ですが、あの世界では、やはり十分脅威の対象なのですね。
・個人的にはユーモラスだけど、裏モチーフを取り入れているだけあって、細かい小ネタが面白いという印象でしたけど、あの狼狽えぶりからして「TVフィルターがかかってるだけで、S.I.C.のフィギュア的な見た目をしている」って奴ですか。

>インセクト眼魔、縛り系の後、銃殺
・ちなみにファーブル先生は、蜘蛛の観察記録も書いてましたが、後にその一部が「現実と違う!」と指摘を受けたことも有名な話ですね。

>眼魂化している妹ちゃんに、どのように影響するのかも心配かも。
・イモウト眼魂になった理由は、雑誌によると、「死んで、魂が眼魂に宿ったから」という旨が書かれてましたので、タケル殿と同じパティーン!

>『南くんの恋人』
・原作だとちよみ死んじゃうやん……と思ってましたが、少し前に出た『南くんは恋人』によりますと、「前作はちよみの夢で、現実は南くんの方が小さくなってしまっていた」という切り口で物語が紡がれた模様です。前作と違い、二人だけの閉じた空間ではなく、ちよみにとってお互い憎からず思えるようになる男の人が出てくるといった調子で、南君は「恋人」面する「やかましい愛玩動物」状態……ドラマの南くん達と違ってアレだったし、ちょうど良い扱いなのかも(笑)。

>「なんだか、南くんの恋人みたいですね!」とか「トイレから出た直後に、妹さん触るのどんな気持ち?」とか聞いちゃうとこの世から消されてしまう危険性があるので注意すると良いだろう。
スペクター「もう遅い………!」

>他媒体展開
1.てれびくん2016年1月号付DVD『仮面ライダーゴースト 一休眼魂争奪!とんち勝負(バトル)』
・時系列はビリー・ザ・キッドゴースト眼魂を含めて5個所有の状態で、依頼待ちでしたから、第8話〜第9話の間です。
・タケル殿と御成&アカリのダブルヒロインが、スペクター所有の分も含めて、今まで登場した眼魂をおさらいし終え、仙人からの電話でヒントをもらい、今度誕生するゴーストは一休と確信!そんな矢先、今回の依頼人笹原 真由子(お笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤 なつさん)が助けを求めて、やって来ました。「目に見えない誰かにとんち責めに遭っている」と。早速僧兵眼魔(弟)もとい坊さん眼魔の姿を暴き、連中の目的が、15個の眼魂とは違う特別な代物一休ゴースト眼魂をゲットするため、倉庫に一休さんのとんちで有名な虎の屏風の写真を収めていた笹原さんを一休宗純の子孫と睨み、狙ったことを聞き出します。しかし笹原さんの口から「違います」,「とんちより三度の飯が好き」と勘違いを指摘され、グダグダな空気が漂ってきましたが、「自分たちで一休ゴーストを生み出す」ための「一休眼魂争奪!とんち勝負(3本勝負)」を司会(笹原さん),ゴースト陣営(タケル,アカリ,御成)と眼魔陣営(坊さん眼魔,眼魔コマンド4体)に分かれ、繰り広げることに……。
・最初の2問はなぞなぞタイプ(パンはパンでも食べられないパンはなんだ?/交通渋滞に巻き込まれる鳥は?)で、ラスト問題が純粋な頓知(風船を風船のサイズより小さな輪の中に入れるにはどうしたら良い?)……ふくよかな笹原さんに惚れ、腑抜けて頼りにならない御成を放置し、タケル殿とアカリが奮戦!最後はタケル殿の閃きにより、とんち勝負を制することに成功した時、虎の屏風の写真が光り、見事一休ゴースト眼魂をゲット!その直後、実力行使に出た坊さん眼魔達をオレ魂で撃破し、一件落着!!
・しかし遠巻きで見ていたスペクターの呟きによると、「このタイプの眼魂は、使いこなすのに、条件がある」そうですが、あえてタケル殿御一行には聞こえないところでそんな発言を……!しかし彼の手には同じく特殊な眼魂ピタゴラスゴースト眼魂が!
・このエピソードの続きを視るには、てれびくん2016年2月号で応募者全員サービスDVDを予約する必要があると……。
・眼魂の紹介に係るタケル殿達のコスプレで、パーカーゴースト達のキャラが少し掴めます。そして御成がデブ専なことも分かります。それと動きがゾンビに見える眼魔コマンド達も人語を喋れないだけで、意外とちゃんとした知性や個性を持っていることが伺えました。

2.3DSゲーム『仮面ライダーゴースト ゲームでカイガン!!』
・時系列は同じく第8話〜第9話の間
・夏頃に起きた蛾眉 雷蔵を中心とした牙鬼妖怪達の復活……これは手裏剣戦隊の活躍で鎮圧されましたけれど、雷蔵達を復活させた黒幕は闇に消えてしまいました(3DSゲーム『手裏剣戦隊ニンニンジャー ゲームでワッショイ!!』より)。
・そして今回、再び表舞台に現れた黒幕=戦士ジェネシスは、倒された眼魔達に目をつけ、復活させ始めました。復活した眼魔達の暴走を止めたいゴーストと眼魂集めに邪魔な再生眼魔達を何とかしたいスペクターがそれぞれ調査を始め、お互いの共通の敵を認識し、力を合わせて、ジェネシスを追い詰める…という筋書きでした。
・戦士ジェネシスの目的は、妖怪や眼魔といった戦闘力の高い存在を復活させた時に魂の一部を取り込む装置「たましいのうつわ」を利用して、溜まったエネルギーを吸収し、「二度と誰にも負けない最強のヒーローになる」ことでした。どうやら彼もかつて敗死し、何らかの理由で甦った存在のようですが、力を求めすぎた結果か、手段が目的となってしまい、ヒーロー失格な行為に手を染めてしまっていることにも気づかない様子でした。ニンニンジャーやゴースト&スペクターの活躍で再生軍団は力をほとんど回収する間もなく、全滅させられ、挙げ句の果てにダブルライダーに追い詰められ、「負けたくない」一心でたましいのうつわに溜まった不十分な力を取り込み、案の定暴走……大天空寺の皆,カノンがいなければ、ゴーストやスペクターも辿ったかもしれない末路に彼らは何を思ったかは分かりませんが、ジェネシスを装置諸共打ち砕き、眠りにつかせた後、またそれぞれの道へ戻ることに。ゴーストは今回の事件のように「マコト兄ちゃんと力を合わせて戦いたい」ようでしたが、それは何時の日になるやら……。

>>JUDOさん
>イグアナ「ゴー」ストライカーは飛べないのが欠点ですね。
・最高飛行速度が設定されてませんしね。
・しかしキャプテンゴースト状態で浮遊していたのは、後部の重力制御装置「ヴォイドフローター」の力みたいですが、それはイグアナが顔を出しても「垂直な壁を走れるように、重力をいじる」役割があることからして、高いジャンプくらいはできそうであります。

>御成は下手したら「仮面ライダーW」の亜樹子よりヒロインしてるんじゃ・・・。
所長「なんやて!?」

>妹関係でのマコトの沸点が低過ぎる。
・TSさんも指摘しておりましたけど、身内があんな姿にされたら、ナーバスにもなりますわね。

>この人、もう少し時間があれば、1人で全部集められたんじゃないですかね?
・偉人や英雄所縁のアイテムを見せただけて、パーカーゴーストを生み出す程発奮するマニアを15人も探すのは結構骨でしょうし、アラン達と組む方が手っ取り早かったのでしょうね。

>10年越しの再会
・城乃内(仮面ライダーグリドン)も「男子3日会わざれば刮目せよ」と言ってましたしね。
・中3の頃、小学5年以降会ってなかったクラスメイトと再会した時に、雰囲気から見た目から変わっていて分からなかったことがあります。数年で変わる人もいるのですから、10年なんてもっと変わる人がいるでしょうね。

>嘗てここまで煽り耐性のない仮面ライダーがいただろうか?
・まぁそれなりに。

>まさかの飽和攻撃
・「ビリー・ザ・キッド魂で倒す」ことに拘ってしまい、適任なフォームを「忘れてた」のでしょうね、タケル殿の感じからしたら。

>景気良くモノリス爆破
・ちゃっかり眼魔ホールを生成して、一応目的は達成していた辺り、抜け目がないですね。

>地獄行き前提の秘密の合言葉。
・木村・田中、閻魔相手に地獄の国盗り…と言いますか、ヨルさんのご指摘通り、恋人同士の約束ですな……(苦笑)。

>そもそもこいつは使い魔の類という認識でいいんですかね?
・「おっちゃんの分身(=使い魔)」だそうですし、仙人のはぐらかし具合からして、完璧なサポートキャラを期待するのは、難しいですね。東映公式サイトのチビセン君もアレですし(笑)。

>ちょっとでも妹の事を話題にするとキレるマコト。 それでも敢えて1つ訊きたい。 落としたり、傷が付いたりしないように、妹さんの眼魂はケースみたいなものに入れておくべきではないでしょうか?
マコト「貴様ァ……カノンは『物』じゃないんだぞッッ(クワッ)!!」

>>TSさん
・ブラコン,シスコンはキャラ付けのスタンダードですけどねぇ……海外オタの一意見だと、「お兄様もしくは弟君と積極的に関係を持とうとするお姉さんキャラや妹ちゃんが目立ってきてる日本は間違いなく病んでる」とか(苦笑)。

長々と失礼いたしました。

管理者のみに表示

トラックバック