ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーゴースト感想 第6話

2015.11.26 (Thu)

第6話 「運命!再起のメロディ!」




シュトレーゼマン仙人(#6)




運命と言う名のデスティニー。
タケルカンタービレ第6話。




ユルセン
「眼魂ゲットスケジュール表ォ~?」


仙人
「なんじゃこりゃ。」


タケル
「あぁ…いや、しっかり計画を立てようと思ってさ…。」


ユルセン
「計画って眼魂ゲットの?」


仙人
「こんなもの…なんの役にも立たねぇよ。あばよ!」






手帳をゴミ箱にドン(#6)





駄目だこいつ…早くなんとかしないと…。




眼魂ゲットスケジュール表ってなんなの…なに書いてんのこの子…。
そんなしょーもないもの書いてる暇があるなら
他にやるべきことは多々あるだろうに…。
そりゃ手帳ごとゴミ箱にボッシュートされて当然ですわ。


「たぶん2つくらい眼魂見つかる」

「ユルセンにおねだりする」

「クリスマスプレゼントでおっちゃんが眼魂をくれる」


記載されている内容が楽観的すぎて吹いたw
なんという他力本願。
タケル殿、圧倒的に危機感足りなくない?
もしかしてまだ自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね?
すでに死んでるんだぜ、タケル殿ォッ!


極めつけは定期的に「休」が入ってることですよ。
あと45日で10個以上の眼魂を手に入れなけれなばならないのに
予定に休みを組みこむとかマジかコイツ。
死んでるんだから眠らなくても良さそうなものなのですが
ゴーストとは言え普通に休まないと疲れちゃうものなワケ?

焦りや恐怖や不安感を抱えた結果
わけのわからないスケジュールを構築したり
自分の姿を現せなくなるという事態に陥ったタケル殿。
なかなかの豆腐メンタルっぷりである。
命、燃やせよ。

タケルの為に一生懸命頑張っているアカリさんや御成の方が
よっぽど命燃やしてる感あるよなぁ。特に御成。






タケル
「眼魔だ!きっと眼魔の仕業だ!」


アカリ
「音が消えた!?」


君島陽子
「そうなんです…これが最近、お兄ちゃんの周りで起こっている
不思議な出来事なんです。」


御成
「兄上と言うのは、学生ながら世界的に権威ある作曲コンクールに
入賞しておられる方で…。」


君島陽子
「でも、ここ最近スランプで曲ができないって…。」


タケル
「ベートーベンだ!音がなくなる不可思議な現象に
悩める作曲家…ベートーベンだよ!!」






音符眼魔(#6)





おうタケル、早よその作曲家の兄ちゃんハグしたれや。




なんや金色に輝かないと無理?
ベートーベンのゴーストが出るまで待ってくれ?
そういうことならしゃあないな…。


周囲の音を消す能力を持つ音符眼魔。
頭の音符がアイスラッガーっぽくてキュートである。

音符眼魔の力で急に音が消えたでビックリしました。
てっきりスピーカーが壊れたのかと。
音が消えたまま変身→バトルの流れは面白かったですね。
変身音がないだけで、ここまで地味になるものなのか…。

音を奪われるってのは、五感の一つを封じられるのと同義なわけで
上手く立ち回れば、かなりの優位に立てたであろう音符眼魔さんなのですが
戦闘中に普通に喋りまくっていると言うね。
物陰に潜んで音距離攻撃するだけで十分強いと思うのに…!





タケル
「うわっ…来たよ…。」






タケルボコるマン(#6)

また殴られるゥ!(#6)


イヤなやつがきた!





イヤなやつがきた!




タケル殿をフルボッコにして眼魂を奪っていく青いお兄さん来た!!
よーしスぺさん今回もタケル殿ボコって眼魂ゲットしちゃうぞー。

眼魔による不可思議事件発生→仮面ライダーゴースト出動→
仮面ライダーゴーストをボコって眼魂を奪い取る為にスペクター登場。
この安定した流れである。早くも華麗なる様式美が確立されておるな。






マコト
「よこせ…今日の所は、見逃してやる。」


アカリ
「はぁ~…タケル?いるの?タケルー!?」


タケル
「…。」






タケル怒りの敗走(#6)





ピンチのヒロインを放置して、隠れてる主人公の勇姿!


スぺクターから逃げ出しちゃうのはいいとしても
襲われそうなアカリさんを放置して隠れてるのはいただけない。
食らいついてでもアカリさんを守るくらいの男気を見せて欲しかったなぁ。

奪われそうだったムサシ魂を守れたのもアカリさんのおかげだし…。
タケル殿はアカリさんに、ごめんなさいしなきゃだよね。


エジソン魂にゴーストチェンジして、ゴーストをボコるスペクター。
デザイン的にゴーストが使用した時とほぼ変わらないのがちょっと惜しい。

アカリさんにガンガンハンドを向けるスペクターの姿は
「お嬢さん、お手をどうぞ」と助けようとしている風に見えなくもない。




妹眼魂
「お兄ちゃん。」


マコト
「なんだ?」


妹眼魂
「なにを考えていたか当ててあげる。
アカリさんのこと。仲良かったもんね。」






妹弄りタイム(#6)

目玉の妹(#6)





シ ス 魂。




うわぁ…マコト殿の妹さん…すごく丸っこいナリィ…。
ほんのりピンク色で可愛らしい目玉ですね!…嘘。ちょっとグロイわ。

マコトスペクター氏が仮面ライダーとして戦う理由は妹の為かー。
こういうしっかりとしたバックボーンがあると感情移入しちゃうな。

マコトの妹を救うために英雄の眼魂が必要だとするならば
それを知ったタケル殿がどうするのかが見どころかも知れない。

手に入れたエジソン魂をアランくんに簡単に渡しちゃう所を見ると
単に英雄の眼魂を集めればいいと言うわけでもなさそうだけど…。


マコトと目玉の妹の会話からすると
アカリと知り合いなのかなという印象も受けますがどうなのかしら。
食い込み具合によってはマコトの主人公度が大幅アップの予感。






アカリ
「タケル、子供のころから怒られたり悩んだりすると
いつもここに来てたでしょう?だから、ここに来てみました。
もし、いなかったら…ただの独り言です。」


タケル
「アカリ…。」


アカリ
「タケルが死んで生き返ったり…眼魔やおっちゃんが見える様になったり…
色々ありすぎて追いついていけないけど。
タケルがゴーストとか…でもそんなことどうでもいい!
タケルがそこにいるって思えるから。
本当につらいのはタケルだって分かってる。
でも…私だって、どうしたらいいのか分からなくて…。」






縁の下隠れる系ライダー(#6)

アカリさんのヒロイン力(#6)





へこみまくって軒下に隠れちゃうボーイ・天空時タケル(18)


鉄塔の上とかだとデビルマン的悲哀が出てナイスな雰囲気かも知れませんが
縁の下だと、もはや情けなさしか感じなくて泣けてきますね。

タケルのことが見えないのに、そこにいると信じて励ますアカリさん。
タケル本人よりも、彼女の方がよっぽど真剣にタケルのことを心配してますね。
年上幼馴染としてのヒロイン力を存分に発揮しててイイカンジ。
御成に負けてばっかりはいられねぇぜという気概を感じるぜ。






君島康介
「ただ生きていても何の意味もない。死んでるのと同じだ!」


君島陽子
「そんなこと言わないで!
お兄ちゃんは…私のたった1人のお兄ちゃんだよ…!」


アカリ
「あなたを、こんなに大切に思ってくれている人がいるのに
なんでわからないの?あなたが今ここにいることが大切なの!
生きてる意味とか、死んでるとか生きてるとか、そんなことどうでもいい!」


タケル
「そうか…俺はここにいるんだ。
この命が…消えてなくなるその時まで、俺は命を燃やしきる!
俺、分かったよ。俺は…俺を信じる!!」






スーパータケル殿(#6)





タケル殿が光った!これでハグる!!




作曲家のお兄ちゃんに、妹ちゃんが抱きついたのを見て
今回は妹ちゃんのハグで解決になるのか~と思っていたのですが
やっぱり金色に輝いたタケル殿がやってくれました。ハグを。
君島兄妹をまとめてガッバーいきましたね。
本気を出したタケル殿ならば、2人まとめてハグれるのだ。


ここでもヒロイン力を発揮するアカリさんの活躍が光る。
「死んでるとか、生きてるとか、そんなことどうでもいい」という言葉は
アカリ自身に言い聞かせているようでもありグッときました。
さり気なく御成も良いこと言ってたし
やはりゴーストヒロインズはイイですね。

君島兄妹、深海兄妹のW兄妹に加えて
アカリとタケルの絆を見せてくれる上手い手法。
タケルたちも姉弟っぽい部分もあるからねぇ。
恋愛感情があるのかどーかは置いといて。






タケル
「さぁ、コンサートの開幕だ!」






ベートーベン魂(#6)





曲名!運命!ジャジャジャジャーン!

あれ…ジャジャジャジャーンって流れないの?あ、そう。
音撃で音符眼魔を翻弄するベートーベン魂。
なんというか、今後あまり使われ無さそうなゴーストですね!

最後のトドメを、ムサシ魂に持っていかれたのがあんまりだわw
アカリさんが体を張って取り戻した眼魂なだけに
ムサシ魂でのフィニッシュはタケルとの絆を感じてナイスでしたが。
ベートーベン魂の必殺技フィニッシュを見られる日が来るのはいつの日か…!


鍵盤のデザインが施されたパーカーがモノトーンでクールなのですが
フードの横からピロッて出てるのは髪型のイメージなのかな…
ピンポイントで超だせぇ…。





妹眼魂
「お兄ちゃん…あの子、良かったね!」


マコト
「今回だけだ。今回だけは、あいつに花を持たせてやる。」






妹と観覧中(#6)





マコトお兄ちゃんはクールに去るぜ。


アカリさんと妹に免じて
タケルをボコって眼魂を奪い取る作業は勘弁してやるぜ。
しかし、マコトお兄ちゃんってば予想以上に妹ちゃん大好きっぽい雰囲気。


あのキレキレの決めポーズも、妹ちゃんに
「お兄ちゃん、変身する時にポーズを決めた方がイイよ!」
とか言われてその気になって必死に考えた結果
「お兄ちゃんカッコイイ!」とか言われて現在に至るに違いあるまい。(偏見)





タケル
「なぁ、アカリ。軒下で言ったこと覚えてる?」


アカリ
「何よ?なんか言った?」


タケル
「色々ありすぎて、追いつけてないって。
なんでも物理学で説明できるって、いつも言ってるのになぁ~。」


アカリ
「覚えてない。」


タケル
「えっ?ちゃんと言ったぞ。」


アカリ
「言ってない。」






言うたよな?ん?(#6)





アカリさんに「ごめんなさい」と「ありがとう」を言うのかと思いきや
上げ足を取ってアカリさんをからかうスタイルのタケル殿。ウザいですね!

豆腐メンタルのくせに微妙に上から目線な部分が
いかにも子供っぽいですよねタケル殿は。






仙人
「乗り越えたな。そろそろ次の準備にかかるか…。フッフッフッフッフ。」






企んでるフェイス(#6)





溢れ出る黒幕感。




モノリスの前で何やら企む姿は、まさに黒幕。
もうラスボスは仙人なんじゃないかと言うレベルの怪しさである。
久しぶりの仙人っぽい衣装の仙人が逆に怪しい。


そもそも、この人(?)自分のことは何一つ話さずにここまで来てますからね。
偉人の眼魂15個集めたら生き返ることが出来るというのも妄言かも知れんし。

最終的に「全部うっそでぃーす!」とか言いだしてもおかしくない空気感あるわー。
怖いわー。仙人怖いわー。




コメント

お久しぶりでござりますです。
私は最初っから仙人が黒幕だと思ってました。(小並感)
本当に黒幕だったらユルセンも怪しくなってきますね。
……で、ユルセンって何者でしょう?
No title
あの兄に言ったアカリの台詞は、現代の世の中にいる簡単に自殺してしまう若者達に向けた、ゴーストを通して伝えたい大事なメッセージの一つなんだろうと思う
No title
仙人、コスプレは頑張ってるのに、ピアノがしょぼい。

まあ、それはさておき、今回も思った事をいくつか。

①スケジュール表が楽観的過ぎるタケル。物事は悲観論で備え、楽観論で行動する方がいいんだぞ、タケル。

②音を消す能力を持つ音符眼魔。戦闘中は普通に音が出るんですね。まあ、ゴーストと眼魔が手話で話してきたらシュール過ぎますが。

③スペクターの姿に恐怖し、姿が消えてしまうタケル。ここまでメンタルが弱いヒーローが他に・・・あっ、初期の紅渡も割とメンタル弱かったですね。

④タケルの代わりに、ムサシの眼魂を守ったアカリ。いや、ニュートンならともかく、ムサシは自分で守れよ、タケル。父親の形見から生まれたものだろうが。

⑤妹の魂が宿った眼魂に語り掛けるマコト。あれでスペクターが変身したらどうなるんですかね?まあ、できないと思いますが。

⑥タケルの身を案じ、彼がいるであろう軒下へとやってきたアカリ。だいぶヒロインとして目立ってきましたね。

⑦死ぬ事で歴史に名を刻もうとする君島陽子。確かにコナン君も「そう優れた芸術家の多くは死んでから名を馳せる」と言ってますね。まあ、現代だったら、単なる奇人で終わるでしょうが。

⑧ベートーベン魂を手に入れ、変身を披露したゴースト。何というか、特殊能力は高そうですが、攻撃力は低そうですね。

⑨スペクターの変身ポーズが妹ちゃんに「お兄ちゃん、変身する時にポーズを決めた方がイイよ!」とか言われてその気になって、必死に考えた結果?もしかして、妹さんはオリエンタルラジオのファン?(←多分違う)

⑩感謝でも謝罪でもなく「からかう」という行動に出たタケル。まあ、これもきっと彼なりの照れ隠しとかそんなんですよ、多分。

モノリスの前で、何やら意味深な事を口にする仙人。
彼も笛木(白い魔法使い)のように、「協力者のように振舞っているだけの黒幕」なのか。
それとも単に思わせぶりな台詞を口にしただけで、特に意味がなかったりするのか。
謎は尽きませんね。
「眠れる奴隷」……確かに「『運命』の奴隷」な話でしたね。
マコト「なにが『ゴースト騎兵アマイ仮面(マスク)』だ!!この砂糖 タケルが〜」
タケル「ぎゃぼーーー」

>運命という名のデスティニー
・「力こそパワー」的な(笑)。
・運命の物語ならゲームにもあったな、と(だから何だ

>眼魂ゲットスケジュール表
・ツッコミの嵐でしたが、この回の時点で11月28日ですので、12月のスケジュールを読むとあながち全部が全部間違いでもなかったり……12月9日に外へ出れば、愛する女のために戦う氣志團と繋がり、オレゴースト眼魂がスペシャル進化(行こう♪サイコー♪スペシャルなゴースト♪)し、12月19日以降に「ナムコアクションミュージアム 東映ヒーローワールド」へ行くと、ハワイ王国を建国したカメハメハ1世の力を秘めたカメハメハゴースト眼魂(ハワイ♪ワイワイ♪治めたーい♪)が購入できますし、クリスマスまでにちゃんとキャラデコクリスマスケーキを予約していれば、サンタクロースの魂が入ったサンタゴースト眼魂(ジングルベル♪星降る♪聖なる夜♪)がプレゼントされますので(待て

>音符眼魔
・パーカーの元になったスカーフや見た目、島本先生のTwitterで、「下ネタ好き」,「仮面ライダーじゃなくて、サリエリ(ベートーベンやシューベルト達の師匠であるアントニオ・サリエリ)にアレされそう」という旨の発言があったことからして、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが元ネタでしょうね。アニメ『21エモン』で、「ベートーベンに恋して、ドキドキするのはモーツァルト」と歌われてましたし(待て
・「サリエリVSモーツァルト」のスキャンダルを基にした映画『アマデウス』は有名ですが、同人ゴロと名高い「蛸壺屋」が『けいおん!』同人誌『万引きJK生 けいおん部』でパロッたことから知った人も多いのでは……。

>眼魔による不可思議事件発生→仮面ライダーゴースト出動→仮面ライダーゴーストをボコって眼魂を奪い取る為にスペクター
・そして結局割りを食う眼魔団(涙)。

>「お嬢さん、お手をどうぞ」と助けようとしている風に見えなくもない。
・ガンガンハンドを介することで、お嬢さんの手に直接触れないため、セクハラがどうとかいった後々面倒くさくなるリスクも抑えられる……かもしれません(笑)。持ち物が触れただとか身体の接触があっただとかそんなことだけで、「痴漢」認定とか勘弁ですわ。

>最後のトドメを、ムサシ魂に持っていかれたのがあんまりだわw
・ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと同じくウィーン古典派三大巨匠の一角モーツァルトが宿った眼魔を、ベートーベン魂で退治するのは、まずかったのかもしれません。

>フードの横からピロッて出てるのは髪型のイメージなのかな…
・仰るように、絵画でのハネっ毛のイメージですかね。
・ちなみにこれは、シンフォニーフードの飾りであり、相手の弱点を超音波で探る解析装置でもある「デスティニーチューナー」だそうですね。

>>JUDOさん
>ベートーベンはもの凄く字が汚かったらしいです。
・有名な『エリーゼのために』は、本当は『テレーゼのために』ではなかったのかというアレですね(笑)。

>ガンガンセイバー、ベートーベンリスペクト
・ニュートン魂もガンガンセイバーを必要としませんでしたし、特殊技系統は必要ないのかもしれませんね。

>ピアノがしょぼい。
・かの高名なフランツ・フォン・シュトレーゼマン大先生に向かって何たる言い草!!

>音符眼魔の攻撃
・まぁ確かに不協和音の音波攻撃が得意なのに、消音にしたら、殆んど意味なくなりますしね(笑)。

>ムサシは自分で守れよ、タケル。
・まぁスペクターに散々痛めつけられた上に精神的にも追い詰められて、覚悟が揺らいだために、実体化も維持しにくくなり、その上でまたボコられたら、嫌になりますわね。

>シス魂は使えるか
・オレ魂からして、設定的には使えるでしょうが、マコトがそれを許すわけはないでしょうし、確かに「使わない」でしょうね。

>死ぬ事で歴史に名を刻もうとする君島「康介」
・コナン君のその台詞は、怪盗キッドに対して言い放ったあのクサイ台詞の前振りですね(笑)。
・しかし生きているうちに評価される者もいれば、埋もれてしまった者,あるいは「ゴースト」として消えていった者もいるのでしょうねぇ……。

>ベートーベン魂
・「ミュージックオブディスティニー」も遠距離として使える方ですし、一応「アタックシンフォニー」という乱打も使えるみたいですので、拳あるいは鍵盤を弾く指が使えりゃそれで効果が出るみたいです(笑)。

>妹さんはオリエンタルラジオのファン?(←多分違う)
・彼らのTVデビューと深海兄妹の行方不明時期はギリギリ重なりますので、もしかしたら…(←だから違う)

>彼なりの照れ隠し
・「親しき仲にも礼儀あり」やぞ、タケル!!

>> さん
>OP演奏攻撃とかしてこねえかな
・ちょっと違いますが、深夜特撮『牙狼〜魔戒ノ花』第19話を思い出します。
・「曲名♪『運命』♪ジャジャジャジャーン♪」からして、期待できますかねぇ……ニイガキ魂ならもしくは(生きてます)。

>いのちをだいじに
・「生きたくても生きられない人がいるんだぞ!」とか「死ぬ勇気があったら云々」とかじゃなく、存在そのものを肯定する説得は良かったですね。

>>TSさん
・学コンのプログラムに抜擢ってスゲェ……自分は「小人のパレード」描いて不採用だったので(どうでもいい事実)。

>>ゆっくりさん
お久しぶりです!
>ユルセンとは?
・テレビ朝日公式サイトによると「仙人の使い魔」、第3話でのタケルの説明によると、先述に加えて「仙人(おっちゃん)の分身」でもあるそうです。「ゆるキャラの仙人=緩仙(ユルセン)」という説が有力(待て
・ちなみに東映公式サイトにのみ出てくる使い魔チビセンくんの「兄貴」分だそうですので、性別上はおっちゃんと同じく「オス」みたいです(ぇ

>おっちゃんが「黒幕」?
・肝心なことをはぐらかすのもそうですが、次に現れる偉人のゴースト(パーカーゴースト)を当てていることからマッチポンプが疑われたり、上述の通り、仙人の分身であるユルセンが「新しい眼魂が生まれるなら、犠牲が出てもかまわない」スタンスだったりで、黒幕説も根強いですね、確かに。

長々と失礼いたしました。

管理者のみに表示

トラックバック