ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーゴースト感想 第3話

2015.10.31 (Sat)

第3話 「必中!正義の弓矢!」




股間のジロー(#3)

ロビン・フッドうんちく(#3)




見える見える。悪い権力者や金持ちを懲らしめて
弱い人民を助ける義賊の姿がちらっと…!
だっておっちゃんの股間のジローは目がイイんだもん。

愛と正義の義賊、ロビン・フッド参上!第3話。




御成
「ターケール殿ォーッ!不可思議な事件発生ですぞォーッ!!」


白瀬マリ
「今回の事件もまた怪盗リトル・ジョンの見えない力による犯行でした。
盗まれたお金は、すでに貧しい人たちに配られた模様です。
怪盗リトル・ジョンは、まさに現代の義賊ロビン・フッドではないでしょうか。
以上、白瀬マリでした。」


アカリ
「盗まれたのは政治家が隠し持っていた裏金なの。
発覚を恐れて、犯行予告のことを警察に届けてなかったみたい。」


御成
「見えない力とは、眼魔の仕業では?
我ら不可思議現象研究所の出番ですぞ!
…名刺も作っておきました。」






ノリノリ御成(#3)





それにしてもこの御成、ノリノリである。




不思議事件のニュースを見て、ハイテンションでやってくる御成。
見えない力で起きた事件を眼魔の仕業と睨んで、ワクテカしている御成。
すでに不可思議現象研究所の名刺も作成済みだった、用意周到な御成。

初っ端からグイグイくる。御成がグイグイ来てる。
圧倒的御成力(おなりりょく)でてる。
御成力がガンガンズンズングイグイ上昇してる。


ニュースで知った事件をゴースト絡みだと見切る御成の直観力すごくね?
不思議な事件を追って、坊主の直感で捜査!しちゃうタイプじゃね?
いつのまにか作っていた名刺の出来が良くて逆に引くわ。
やる気満々じゃねーかこの坊主…!

よし!さっそく行動開始だ!!
タケルは捜査!アカリさんは地下の研究所で研究!
そして、御成は留守番だ!!なぜなのですかタケル殿ォーッ!!!





答えはあなたの心にある御成(#3)





Q. 本当に不可思議なことを解決できるんですか?

A. 答えはあなたの心にある。



依頼者がやってきてホクホク顔の御成。
良い顔してる。カモがネギを背負ってやってきた時の猟師の顔してる。
よく見ると目の奥が$の形になってる。(なってない)



「答えは、あなたの心にある。」



なんか深いことを言っているように思わせつつ
相手の質問をはぐらかせる巧妙な話術…!これが御成のやり方…!!

この微妙に生臭いカンジがイイですね。
不可思議現象研究所の売り上げが伸びてきたら
フェラーリとか買って乗り回しそうなアトモスフィアを感じるですわー。






アカリ
「SHIRANUIによりゴーストを可視化…
これってゴーストを見えるようにする研究だ!」






博士とアカリ(#3)





変なおじさん見えたー!!




仙人がアカリさんに「おっちゃん」呼ばわりされたことを嘆いていましたが
あんな博士と助手コントみたいな姿で「仙人」だと認識しろと言う方が
難しいわけで…。どう見ても不法侵入してきた不審者だし…。


タケルパパの研究を完成させて
ゴーストを可視化することに成功したアカリさん。
なんてインテリジェンスあふれるヒロインなんだ…!


最終的には仙人が出した謎の素材を加えることで
SHIRANUIが完成したわけですが…
パッと出てきた謎の小瓶を投入するアカリさんの冒険心スゴイ。

研究中に前髪を上げて、メガネを装備している姿もカワイイ。
これは仙人がガン見するのも無理はない。
たぶんお風呂とか覗いてるぜ仙人のやろう。

アカリさん的には、不可視のおっさんが周りをうろついていることに
嫌悪感を抱いたりしないのだろうか?
これからは自宅へ帰ったらまずSHIRANUIを一吹きするのが
アカリさんの日課になりそうな気がしないでもない。





女子アナ急接近(#3)





女子アナの白瀬マリさんに接触するタケル。

基本的にタケルくんは半透明的な存在なので
どんなに警備が厳しい場所であろうとも潜入可能と言うのが強みですね。
重要人物との接触に、無駄な尺を使う必要がないと言う意味でも強みですね。


…しかしこれ、やろうと思えば美人女子アナの自宅に潜入することも
容易に可能と言う夢のよーな能力ですよね。死と隣り合わせだけど。





なんか凄い過去(#3)





ここでの2人の会話は色々と端折られている感じ。

白瀬マリさんの父親に関する過去の話とか
1話完結では無く、2話完結の前後編だったならば
ちゃんと語られていたに違いなかろうなのだ。






アカリ
「どうしたの?」


タケル
「御成がリトル・ジョンに捕まった!」






御成大活躍(#3)





緊縛される御成(*´д`*)ハァハァ




怪盗リトル・ジョンを相手に、孤軍奮闘する御成。
逃走する怪盗リトル・ジョンの車を走って追跡して追いつく御成。
アッサリと捕まって縛り上げられ、苦悶の表情を見せる御成。

いやこれ誰得!?
坊主の緊縛シーンとか、誰に向けてのサービスなのか…。
ニッチな層にも気配りを忘れない御成のサービス精神には感服でござる。


そもそも、敵に捕まって人質扱いされるとか
ヒロインであるアカリさんの役目じゃないのか…。
いやまぁ、御成もヒロインの1人である事には間違いないですが。


って言うか「仙人なりきりコンテスト」ってなんぞ。
仙人が仙人らしい恰好をしてたのって、一番最初に出てきた時だけでしょ。
あとは完全に竹中直人丸出しなんだけど。
こいつはどんなカオスなコンテストになるのか楽しみで仕方ねぇぜ…!





斧眼魔(#3)





斧眼魔。ロビン・フッド絡みの誰かがモチーフでしょうが
こちとら、ロビン・フッドとウィリアム・テルが混同するレベルの知識なので
斧眼魔さんのモデルが誰なのかは知る由もないのであった。
胸から突き出てるアックスからアパッチなソウルを感じなくもない。


ユルセン曰く「眼魔に目をつけられた人間はどんどんおかしくなって
命と引き換えにゴーストを呼び出す」らしい。
その人間の思い入れのある偉人の眼魂を手に入れるために
眼魔がとりついて悪さをするというイメージかしら。
悪霊めいててコワイ!





突然のハグ(#3)





_人人 人人_
> 突然ハグ <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄




急にどうしたタケル殿ォーッ!!?
白瀬マリさんの可愛さに我慢が出来なくなって抱きついちゃったのカナー?

若さゆえの過ち…!これは完全におロープ頂戴事案…!
でも、タケルは死んでるから法律では裁けない…ゆえに無敵…!!


「マリさんの命を感じる…。」


いや、お前の感じているのはおっぱいちゃうんかと。
他人の命の鼓動を感じるのは、死んでいるタケルならでは…かな。

おそらく尺の都合で色々とすっ飛ばされたのでしょうが
この辺は、タケルとマリさんの父親を亡くしているもの同士の
シンパシーを感じられる流れがあったんじゃないかなーと思うのよねー。

しかしなんだろうこのタケルハグ。
仮面ライダーゴーストのハグには浄化作用があるのです?





アカリ砲不知火(#3)





SHIRANUIスゴイ。




ハンドクリーナーめいたSHIRANUI散布機・あかり砲を撃ち出すことで
あっという間にゴースト可視化。
これがSHIRANUIの効果なんだよね。

ここまでしても、ゴーストを信じたくないというアカリさん。
アンビバレンスな思考がリケジョらしくもある。


これまで仮面ライダーゴーストと眼魔の戦いは
人間の目に触れることなく、まさに人知れず行われてきたわけですが
不知火の投入によって変身して戦うタケルの姿が見えるようになったのは
大きい変化ですね。
少なくとも、アカリと御成の2人が目撃できることが重要かと。

タケルの変身を羨ましがる御成…
なんかそのうち変身しちゃいそうで怖いw





ロビン魂(#3)





火薬の量ハンパねぇ…。




何メートルの火柱が上がってんだアレ…。
ハロー!アロー!森で会おう!!どころじゃないよ。
地獄で会おうぜベイビー!ですよ。火葬完了ですよ。


針の穴を通すような一射で斧眼魔を見事貫くロビン魂。
思いもよらない大爆発が起こったのは、その直後であった。
パワフル…!繊細に見えてパワフルなのねロビン魂…!!

緑のフードが森での迷彩効果を発揮しそうで発揮していない
自己主張の強さを抑えられない風のデザインがイカス。


電話がコンドルになって飛んで行っただけでもポカーンとしていたのに
それが弓になるとは驚きました。
仮面ライダーゴーストのアイテムは突拍子もないから困る。
コンドルと電話と弓を組み合わせようとする勇気!

そして、コンドルデンワ―というネーミングセンス…。





御成ヤッホゥ(#3)





ナパームの爆発を背に、森の中を駆け抜ける御成。
ボロボロになりながらも、斧眼魔の弱点を見抜く御成。
ゴーストの勝利に貢献し、タケル殿の役に立てて歓喜の表情を見せる御成。


ダメだ…今回、御成のことしか書いてない…。
なんかもうタケルよりもアップのシーンが多いし
インパクトが強すぎてダメだよね。いや、ダメじゃないんだけど。
いややっぱダメかな?

森の中で爆発を背に走る御成&アカリ…。
第三話にして、なにをさせられているんだろうかこのダブルヒロインは。


主人公を食う勢いを見せる御成。
「なりきり御成コンテスト」が開催されるのは確定的に明らかであり
もはや時間の問題であるのは間違いないですぞタケル殿ォーッ!





シブヤ
「御成さん!褒めて下さい!見つけました!」


ナリタ
「ほら、探せって言われてた男の手がかり。」






シブヤ&ナリタ(#3)





有能&有能。




第三話にして、黒い鳴滝さんの情報をゲットしてきたシブヤ&ナリタ。
不可思議現象研究所が動き出してまだ間もないというのに
暗躍する敵存在の情報を手に入れてくるとか有能過ぎにも程がある。
しかも、特徴を図にして分かりやすくまとめているこの手腕…!

てっきり御成の言いつけを破って
大天空時の裏庭でキャッチボールをしているものとばかり思っていたので
この2人の活躍は正直意外でした。


凄いぞシブヤ&ナリタ!
カツオと中島とか言って正直スマンかった…!!

お詫びに角砂糖を3個やろう。




コメント

オナリティが高いナリ。
ゴースト 3
「眼前のゴースト」
不知火の可視化でおっちゃん見える。
なんか、ヤバそうな薬だな不知火。
空中に散布じゃなくて直に飲んだら
確実にゴゴゴゴーストの予感。

白瀬マリさんがリトルジョン
って言うのは予定調和。
OPのクレジットで解る。

ロビン魂はクウガのペガサスフォーム
を思い出す。最近のライダーは
弓で斬ったりするから、返って新鮮かも。

次回の更新を楽しみにしつつ
オヤスミ~!


管理者のみに表示

トラックバック