ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダーゴースト感想 第1話

2015.10.09 (Fri)

第1話 「開眼!俺!」




仮面ライダーゴースト(#1)




命、燃やすぜ!



天空寺タケル死亡(#1)





死んだッ!仮面ライダーゴースト完!




あー、天空寺タケルくん死んじゃったかー。
冒頭から死んだように寝てたもんなー。
刀眼魔さんに一刀両断されて、見事刀の錆になりましたとさ。
番組開始10分も持たなかったよ…。
天空寺タケルは、幽霊(ゴースト)と踊(ダンス)っちまったんだよ…。


まぁ、あれは敵がズル過ぎるという部分も大きいですね。
まず普通の人間には視認できないという、驚異のステルス性能持ちだし
あっちからは丸見えだし、攻撃し放題なんだもん。
もう、チートや。チーターやろ、そんなん!





天空寺龍死亡(#1)





すでに他界しているタケルパパこと、天空寺龍さん。

これはアレだな。パパ魂として、天空寺龍ゴーストアイコンがきちゃうな。
劇場版辺りで、親子憑依合体する展開になると見た。

仮面ライダードライブの、進ノ介&英志のフューチャー親子コンビと
仮面ライダーゴーストの、タケル&龍の幽霊親子コンビで決まりだ!(幻)


「天空寺タケル」は勇者ロボを操りそうな名前だけど
その父親である「天空寺龍」もかなりのパワフルさですね。
一子相伝の暗殺拳法の達人みたいな雰囲気ある。


大天空寺の元住職で、ゴーストハンター…
霊能者とかじゃなくて「ゴーストハンター」なんですね。

そもそも、ゴーストハンターとは一体…。
ゴーストハンターが住職やってるお寺とか
彷徨える霊たちを強制的に成仏させちゃいそうなパワーを感じるのぅ。
悪・霊・退・散!!





アカリ姉さん(#1)

御成兄さん(#1)





年上幼馴染の月村アカリと、年上住職代理の御成くん。
なるほど…真逆の属性を持ったダブルヒロイン体制と言うわけか…。

最終的にどちらが正ヒロインの座を勝ち取るのか
タケルを巡っての恋のバトルも目が離せないぜ。



「清廉潔白な拙僧と、ガスバーナーと持ち歩くガサツなリケジョのアカリくん…
タケル殿がどちらを選ぶかは明白ですな!」



だいたいゴーストの仕業にする御成さんと
だいたいプラズマのせいにするアカリさん。

お姉さんぶっちゃうアカリさんも
一生懸命修行している割には、ゴーストが見えなかったりする御成りも
2人ともなかなか面白いキャラしてますね。
特に御成くんなんてガチ坊主頭ですからね。
チャームポイントの天パを剃り込んでのスタイル。気合いが違うぜ。(


シブヤ(メガネ)とナリタは、今の所どーでもいいかな。
現状、カツオと中島みたいなイメージだわ。
御成の目を盗んでは、掃除をサボりつつ庭でキャッチボールしてそう。






仙人
「生き返りたいか?」


タケル
「え?そりゃあ生き返りたいよな…誰!?」


仙人
「わしか?わしは、誰でもあって誰でもない。」


タケル
「神様?」


仙人
「いやいや、それほど偉くない。」


タケル
「なんでもいいよ、おっちゃん。
おっちゃんは俺を生き返らせてくれるのか?」


仙人
「おっちゃん?それはねぇだろう。せめて「仙人」と呼んでくれ。」






仙人(#1)





SE・N・NI・Nデター!!




あの世的な所に迷い込んだら、仙人に出逢ったでござるの巻。


仙人って…ナントカ仙人と呼ばれておるとか、そーゆーのも特になく
普通にプレーンな「仙人」なんですね。
偉そうで神様よりは偉くないちょっと偉いかもしれない仙人。


訳知り顔で眼魂や眼魔の説明をしてくれたり
ゴーストドライバーを授けてくれたり
とんでもないことをサラッとやってのけているのが仙人の凄い所だぜ。

いったい何者で、何が目的なのか。
そーゆー確信的な部分を吹き飛ばすくらいのインパクトが仙人にはあった。

…って言うか、竹中直人さんの演技と存在感がハンパない。
急にフレンドリーな口調になるのはズルい。笑ってしまうわあんなんw
うん、ホントだよ!じゃないよ仙人w


ユルセンは、プリキュアでいう所の妖精枠かしら。
目玉おやじ的なイメージですかね。
竹中直人さんの出演が難しい時の為の保険キャラかも知れぬ…!


初回から水落ちさせられて、びしょ濡れになったタケルくんオツカーレ。
仙人との出会いのシーンは、ロケーションも含めて雰囲気良かったですね。






天空寺タケル
「俺は…もう後悔しない。俺がみんなの命を守る!
ゴーストだけど…命、燃やすぜ!!






ゴースト変身(#1)





カイガン!オレ!レッツゴー!覚悟!ゴ・ゴ・ゴ!ゴースト!




妖怪ウォッチめいた変身サウンドが耳に残るぜ。ボンバヘッ!

発光するボディに、フード付きパーカーを着こんだナイスガイ。
仮面ライダーゴースト参上!
コイツはゴキゲンなパーティーピーポーがやってきたもんだぜアーイ!

闇に映える電飾スーツが超カッコイイ。
電飾を仕込んでいるからゴーストのスーツはマッシブなのね。
仮面の目の部分以外が発光するのが幽霊っぽくてイイカンジ。
仮面ライダーゴーストのデザインは全体的こってて好きだわー。
バッチリミナー!バッチリミナー!


しかし、ライダーキックの迫力が微妙でちょっとションボリ。
スピード感がないから威力が低そうに見えちゃうんですよね。
エフェクトはカッコ良かっただけに余計に残念。


天空寺タケルは、すでに死んでいるので戦いで死ぬことは無い。
ただし、ダメージは普通に受けるし死ぬほど痛い。
ぬぅ…便利なんだか便利じゃないんだか…。
痛覚がないと色々とアレなカンジになっちゃいそうだし
こんな感じで良いのかも。

でも、すでに死んでいるがゆえに、絶対に死なないってのは
ある意味大きなアドバンテージですかね。





バイクで来た(#1)





CM明けに急にバイクで来た。(困惑)




刀眼魔に「ついて来い!」と言われたので
一旦お寺に戻ってバイクに乗って来たのかしら…。


バイクに乗った状態での変身&バイクアクションを見せてくれたのはグッド。
バイクも変身するのがカッコ良かったので、またやって欲しいな。
ライダーとバイク、角がお揃いじゃーん。






仙人
「武蔵の心にシンクロしたお前なら、力を貸してくれるはずだ。」


タケル
「本当か?おっちゃん。」


仙人
「仮面ライダーゴーストは
英雄の眼魂の優れた力を使って戦うことができるんじゃ。」






ムサシ魂(#1)





カイガン!ムサシ!決闘!ズバッと!超剣豪!


初回から新たな眼魂ゲット&フォームチェンジ披露とは太っ腹。
ムサシ魂で二刀流。海辺でのバトルが巌流島っぽくてチョーイイネ。
初回からスーツを海水に浸す所に、諸田監督の豪気を感じる。

パーカーに加えて、顔のアイコンもガラッと変わりつつも
ゴーストらしさは損なわれていないのは
ボディの見た目のインパクトが強いという部分が大きそう。

パーカー自体が霊体や魂を現しているんですね。つまりオバケ。
それが憑依合体することで、仮面ライダーゴーストは力を発揮すると。
英雄の魂を扱いながら、このオシャレ感。めっちゃ素敵やん。



そんなことより、空中に浮かぶ仙人ね。



何の予兆もなく、イキナリ空中に仙人が出てきたら吹くしかないじゃないw
しかも、謎の力で眼魔の攻撃を弾くというオマケ付き。
これは確実に強い。(確信)

あと、タケルくんはちゃんと「仙人」って呼んであげて><





眼魔さん(#1)





剣眼魔と槍眼魔は、佐々木小次郎と宝蔵院胤舜がモデルかな。
敵もちゃんと偉人・英雄モチーフじゃないとね。

剣眼魔は、肩に燕が止まっててカワイイ。
主人公であるタケルを殺した敵キャラとしての貫録を感じる…かも知れない。





どうだい、いい画だろ(#1)





雑魚眼魔がワラワラいるのも戦闘員チックでナイス。
パーカー来てるところが予算的にも優しい雰囲気。

剣眼魔&槍眼魔も、雑魚眼魔に偉人の魂を憑依させた感が出てるし
デザイン的にしっかり考えられている感じが好きだわー。


ムサシ魂でバッサバッサと切り刻んでいくシーンは
飛び散る血飛沫的な黒い何かしらの液体っぽいアレの効果もあって
迫力満点のアクションシーンなのであった。





ライバル風イケメン(#1)

黒い鳴滝さん(#1)





なんかライバルキャラっぽいイケメンと
黒い鳴滝さんみたいなのがいた。


15個の英雄の宿る眼魂を巡って
タケルくんと激しい奪い合いバトルを展開するわけですね。
最終的に黒い鳴滝さんに裏切られて、味方になるパターンもあるで。






仙人
「よう、おかえり。やっと引っ越し終わったよ。」






引っ越してきた仙人(#1)

99日で死ぬで(#1)





仙人引っ越してきた…。




ひゃあ!この仙人、住みつくつもりだ!!

まさかの引っ越し。まさかの共同生活の開始である。
えぇ~…どこから引っ越してきたの仙人…。
そもそも仙人って生きてんの?死んでんの?
霊体なの?生身なの?竹中直人なの?なんなの仙人ってなんなの?

こんな面白いおっちゃんが住みついちゃったら
タケルくんが色々な意味で食われちゃうじゃ無いですか!
…そう…色々な意味で…。



仙人
「言い忘れてたけど99日の間に
15個の眼魂を探し出さないと生き返れないからね。
ゴーストでいられるのにも限りがあるんだよ。それが99日。
それを過ぎちゃうと、本当に死んじゃうよ。」




そしてこの重大発表である。




生死に関わるタイムリミットを
引越センターのコスプレで告げる仙人とはいったい…。





ゴーストタケル(#1)





なんだかんだ生き返ったというわけでは無く
そのまま普通にゴースト状態なのね。
肉体と魂が定着していない、半死みたいな状態で進むのかと思っていたので
ガッツリと死んだままと言うのは意外でした。
死人が仮面ライダーになるのは、まさに仮面ライダーゴーストですね。


99日以内に15個の偉人の眼魂を集めなければガチで死ぬ。
透明なことを利用して、女湯を覗きに行ってる暇はねーぞタケルゥ!!




コメント

第1話 夢の中で、会ったような…
もう、竹中仙人でいいんじゃないかな!

ヒロインは御成さん(真ヒロイン)とユルセンで決まりですね。(断言)

シブヤ役の人は電王シリーズの小太郎、縮んだ良太郎役の人ですね。

タケル君は最初顔やファッションセンスのせいで映司君みたいな性格のキャラを想像してたんですが、多少渡よりのタイプとは意外でした。1年間でどう変わるか楽しみですね。

全身タイツの戦闘員(パーカー羽織っているとはいえ)も平成ライダーシリーズでは大変珍しいタイプで新鮮に感じられました。

一番の見所は間違いなく竹中さんね!
No title
1話目から死亡する主人公。

劇中で(「仮面ライダー4号」も含めて)死にまくった泊進ノ介とは「MOVIE大戦」でいいコンビになるかもしれませんね。

さて、今回も思った事をいくつか。

①アカリは仮面ライダーウィザードやマジレンジャーを見たら、どんな顔するんでしょうね?

②仙人は・・・もうツッコミが追い付かないのでスルーします。

③ゴーストのベルトも最近のベルトの例に漏れず、賑やかなベルトですね。

④あの体格と顔立ちでバイク乗ってるタケル・・・まあ、いいんですけどね。

⑤宮本武蔵は100人を相手に勝利したというタケル。あれって、確か敵を細い道に追い込んで1人ずつ倒したんじゃなかったっけ?

⑥で、この黒い鳴滝みたいな人は何者?後、もの凄くどうでもいいですが、かなり歯並びが悪いですね、この人。

⑦仙人が引越しスタッフの格好で登場。やっぱり神通力みたいなので荷物を運び込んだんですかね?まさか普通に担いできたとか?

99日の間に15個の眼魂を集めなくてはいけない。
凄い重要な事をさらっと言われたタケル。
彼の明日はどっちだ?
No title
ムサシ眼魂手に入れたから、あと98日で14個か…。単純計算で週に一個手に入れないと間に合わないじゃん!
…あれ?イケるな…
大体四ヶ月以内ってことは復活と同時にパワーアップイベントかな?
No title
黒滝さん(仮)歯ァ汚い
凄いガチャ歯アンド黄ばみ
メイクかなんかでしょうか。天然ものだとするとちょっと心配
仮面ライダーゴーストここに開幕
第一話はオーソドックスに主人公、寺生まれのTくんこと天空寺タケル君とその周囲人物、そしてヒーロー誕生にいたるまでの経緯が紹介されました
今のところのお気に入りキャラは御成さんですね
うるさいけどタケルや親父さんのことを大事に思って期待してくれる感がありがたいです
リケジョのアカリちゃんも気遣ってくれるのは確かだけどちょっと自分の信条前に出し過ぎかな。今後に期待です
太古の英雄英傑の力をパーカーの形で文字通り身にまとって戦うゴースト
初見がドライブ映画でのニュートンだったので教科書に出てくるような偉人限定かと思ったのですが武蔵のような武人などもありなんですね
ノブナガのオーズ、イエヤスのウィザードときたので秀吉の眼魂に期待したかったのですが、本日放送のOPに信長らしき影があったので望み薄かな。残念
ともあれ今年度も一年よろしくお願いします
ドライブ終盤のレビューも楽しみにしながらのんびりお待ちしてます
ドライブロスになってます。。。
ヨルさん!ゴーストのレビューもやって下さるんですね!!!
良かったー!ドライブロスが激しくてヤバいんです。。。
生きる希望を見つけました!!!
ヨルさんマジ晴人(´;ω;`)

仮面ライダーゴーストのはんぱ丈なパーカーみたいなフォルムがあんまり好きではなくて。。。
せっかくだからもう少し長いとウィザードみたいに動作がカッコよく見えるんだけどなぁーなんて思ってます
いや、あと何話か見たらカッケー!って思えるのかも知れません
死にましたね。主人公瞬殺でしたね。
進兄さんの殉職なんてレベルじゃなかったですね!
ゴーストってそういうことだったんですね

最近ベルトは割と静かめ(?)だったので、今回のベルト好きです
ウィザードのベルトっぽい騒がしさですよね~

あ、関係ないのですが東映特撮FC登録してしまいました( ´艸`)画像粗くて微妙ですが、ちゅうかなぱいぱいまで楽しめてhappyです☆
ゴーストだけど、前向きに「GO!」な「Striker」ですか。
・ゴーストライダーは洒落にならないアンチヒーローですが、こちらは小洒落た特撮ヒーローですね。

>もう、チートや。チーターやろ、そんなん!
・牙王…じゃなかったキバオウさん、落ち着いて。『SAO』の人気投票で大人気だったじゃないですか(コラ!

>魂として、天空寺龍ゴーストアイコンがきちゃうな。劇場版辺りで、親子憑依合体する展開になると見た。
・あなたが神か?

>一子相伝の暗殺拳法の達人みたいな雰囲気ある。
・大蛇の九頭「龍」を日本 「武尊(タケル)」は乗り越えましたしね。

>霊能者とゴーストハンター
・霊能力(霊媒能力)の一つとして「除霊」や「浄霊」が含まれますので、ゴーストハンターも広義の「霊能者」ですね。

>変幻自在仙術で〜♪
・「誰でもあって誰でもない」からこそ口調も衣装もコロコロ変わるのですね……ダークマンと呼んでくれ(古い!

>オレゴースト眼魂
・そう言えば、タケル殿の魂が入るブランク状態時から、刀眼魔と槍眼魔が目の色変えて狙ってきてましたけど、何か秘密でもあるのですかね。
・「眼魂を探すように。」と指示を受けたから、執着しただけか……。

>宮本 武蔵の因縁コンビ
・モデルはご推察通りかと。バタコさんのネタをお借りすると、海岸(カイガン)!の決闘とか燕返しとかTwitterとかねぇ(笑)。

>生死に関わるタイムリミットを
引越センターのコスプレで告げる仙人とはいったい…。
・人が死んでんねんで!

>女湯を覗きに行ってる暇はねーぞタケルゥ!!
・実際やらかしたら、興奮して滾ってしまい、途中で常時実体化状態になり、進ちゃんに逮捕されそうではあります(笑)。ちなみに「賢者」になったら、幽体化がまたできるように(もう黙れ

>>TSさん
・伊達にあの世一歩手前は見てねぇぜ!
>ユルセン「ウェヒヒヒ クラスのみんなには内緒だよ!」
・一応、ユルセn…まどかはJCで、タケル殿はDKか……。

>全身タイツの戦闘員(パーカー羽織っているとはいえ)
・ショッカー系列の「彼ら」が出張ったり、黒タイツなワーム戦闘員や下級インベス(鎧のインベス)等が出てくるキャラクターショーを見ていたりしていて忘れてましたが、確かに珍しいですね。屑ヤミーは……ちょっと違いますか(笑)。

>魚座間さん
>バジンたん以来の逸材
・オートバジンは忘れた頃に、活躍してましたねぇ……前々作の春映画からして、巧専用(笑)の個体はちゃんと修理されたようで良かったですね。

>>JUDOさん
>「MOVIE大戦」でいいコンビになるかもしれませんね
・「切ない仮面ライダー」と「熱い仮面ライダー」のコンビで括られちゃいましたね(笑)。

>アカリ、魔法使い達と出会ったら…
・笛木(白い魔法使い=仮面ライダーワイズマン)みたいに究めちゃうか柳田 理科雄先生みたいにより面倒臭くなるか(コラ
・まぁ挙げられた魔法使いの力は、科学とも融合できる感じですので、耐性がつけば、理解してくれそうですね。

>仙人は・・・もうツッコミが追い付かないのでスルーします。
・深淵を覗くなら云々と言いますし、それが賢明かと。

>ゴーストドライバー
・目玉型のセーフティーユニット「グリントアイ」を覆う物質変換装置「レイスインヴォーク」(つまりは中央のカバー部分)を外した形態が少し衝撃的で話題になってましたね。まさかあの賑やかさの元は……!

>あの体格と顔立ちでバイク乗ってるタケル・・・まあ、いいんですけどね
・16歳以上でちゃんと免許取ってたら、体格も顔立ちも関係なく乗れますからね(そういう意味か?

>宮本武蔵の100人斬り
・仰る通り、狭い道に誘い込んで一人ずつ倒す術は、『五輪書』でも書かれてましたね。稲を刈り取った後のぬかるんだ土地を利用したとも……。
・しかし相手にしたのは70人とも数十人とも言われて曖昧だったり、一乗寺下り松の決闘後に起きた大阪の役には、吉岡 直綱(真偽は不明ですが、武蔵に敗れて、引退に追い込まれた吉岡 清十郎と同一との説あり)と直重(武蔵に倒された吉岡 伝七郎と同一とも)の兄弟が豊臣方として参戦していたり、そもそも吉岡一門は別の刃傷沙汰で道場を閉めたことや大阪の役後に染物の道へ進んだことからして滅んでないみたいですし、武蔵の大立ち回りがあったら、記録に残ってるはずですので、創作の可能性が高いらしいですね。武蔵側の資料は「宮本 武蔵は吉岡兄弟も門弟達も蹴散らした」、吉岡家の資料は「武蔵?当主が、一対一の決闘で、返り討ちにしたが、その次の勝負でまさか逃げるとは……。」と食い違ってるのも有名ですか。
・まぁ長々と書きましたが、ムサシゴーストの恩恵を受けたムサシ魂のスペックや「見切り」等の設定からして、この世界の宮本 武蔵は、「戦国無双」した可能性が高いですね。タケル殿とのシンクロのタイミングからして、「大切な人達を守るための戦い」をしていたのかも。
・ちなみにこの世界だと、「老いて朽ちるだけ」の余生を嘆いていた老年期に、突如タイムスリップしてきたスマートブレイン社の教授から、「更なる高み(オルフェノクの王)」を示され、巌流島の戦い後にスカウトされた佐々木 小次郎と共に使徒再生でオルフェノク化,ヘルヘイムのクラックの影響もあり鎧武達が迷い込んだ異次元世界(いわゆるもう一つの戦極世界)だと戦いに魅入られた魔人へと堕落する……等『魔界転生(おぼろ忍法帖)』を意識した末路が示唆されております(前者は『555』放送当時の大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』や漫画『バガボンド』による宮本 武蔵人気にあやかった東映太秦映画村のオリジナルスペシャルショー「仮面ライダー555対宮本武蔵」,後者は「仮面ライダースーパーライブ2014」)。
・前者の武蔵オルフェノクは、555圧倒,オルフェノクの王になるために障害となる小次郎オルフェノクの排除……と冥府魔道に堕しておりましたが、教授が時空を超えてまで武蔵や小次郎をオルフェノクにした真の目的が、「誰でも変身できる『デルタギアNEW』の完成に必要な戦闘データ収集」の為と知ってしまった挙句、完成した新型デルタギアの力で変身した教授に処分される羽目に……!しかし瀕死のダメージを負ったことが切っ掛けで、正気に戻り、自らの行いを恥じた武蔵オルフェノクは、償いとして最後の力を振り絞って333NEWに一矢報いて、555と913の勝利に貢献した後、「自分のように力に溺れるな」と忠告し、散華しました。
・異次元の魔人ムサシの方は、ムサシの脅威に抗った異次元世界の住人達に滅ぼされるも、善の心マサムネ(武蔵正宗)と悪の心カネシゲ(兼重)に分かれる形で復活し、カネシゲが戦死者達の怨念や器となる肉体(バロン)、そしてマサムネを取り込んだことにより、ガシャドクロ(最近、伝承にない創作妖怪と断じられてますが、設定上は戦場に散った者達の怨念が依り代となる骨を集めて、一体の巨大な骸骨へと変化した存在であります。)に似た本性を現し復活しました。しかし、マサムネは元々カネシゲを止めようとしていたことや鎧武達との出会いで「人類の自由と平和のために戦う」ライダー達の魂に触れたことから、魔人ムサシに抵抗し、逆転の切っ掛けを作っておりました。

>仙人のお引越し
・セリフや能力からして、仙術使ったり身体使ったりの組み合わせですかね。
・ちなみに、Twitterで「お化けのロック」を連想した人もいたみたいです。

>> さん
>ノルマ達成
・問題は、「いつも いつでも うまく行くなんて 保証はどこにもない」ことですね。

>>魔界転生さん
・確かに父親が更に上の実力者であること等からして、マジ寺生まれのTくん(笑)。そのうち「破ぁ!!」で解決ですか。
>黒滝さん(仮)歯ァ汚い
・皆さん、突っ込んでおられますが、これが森下 能幸氏のセールスポイントですので、あまり触れないでやってくだされ。

長々と失礼しました。

管理者のみに表示

トラックバック