ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー/手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』感想

2015.08.14 (Fri)

『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー/
手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』





チェイスの免許




ドライバーズライセンスは笑顔のチェイス。大当たりである。
以下、ネタバレアリ感想。




『手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』




恐竜殿さまアッパレ忍法帖!




初っ端から、お城でのジュッカラゲとの攻防。
見応えのあるアクション連発でグッと引き込んでくれる。
たまには忍者らしく忍んでの潜入奪還作戦に感心していたら
殿様の入った箱にタカ兄を縛りつけ
城を破壊しながら去っていくニンニンジャーを見て
いつものニンニンジャーだと安心しました。忍ぶどころか暴れ過ぎ。

無気力になってしまった恐竜殿様が
天晴に引っ張られて立ち直っていくのはいいですね。
何気に飲酒シーンがあったのが印象深い。


ゲスト幹部の弓張重三がカッコ良すぎる…!
なんというスタイリッシュ半分こ怪人。
弓がメイン武器ってのイカスぜ。

スタンダードに強くてカッコ良い幹部だったので
本編で出てきて欲しかったなーと思ったのですが
それはそれでニンニンジャーに影響されてギャグキャラ化しそうなので
むしろ劇場版限定で良かったのかも知れぬ。

シュリケンジンダイノによる巨大戦に、ラストのダンスシーンと抜群の安定感。
短時間でニンニンジャーの楽しさをギュッと詰め込んだような良作でした。





『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』




サプライズ・フューチャー




「疑り深くて胡散臭い秘密主義者!」
「知性派気取りの火の玉小僧!」


進ノ介とベルトさん、お互いへの信頼と友情。
そして、バディとしての絆にグッときたぜ。

進ノ介とエイジの親子の物語がメインかと思いきや
進ノ介とベルトさんの友情がメインだったとは…!


エイジのキャラクターや活躍も良かったのですが
これまで仮面ライダードライブの物語を追ってきた身としては
やはり進ノ介&ベルトさんの関係性に注目しちゃいますね。

仮面ライダードライブは「親子の絆」みたいなものが
テーマ性の一つでもあると思うのだけれど
進ノ介とベルトさんの関係性も、息子と父親という側面もあって
その辺がピックアップされていたなという印象。


初代ドライブピットを譲り渡すくだりなんて
父親が大切にしていた宝物を、息子に譲り渡すシーンなわけで
約束の日を前に手紙を開けてしまうであろう事を予測して
あらかじめメッセージを仕込んでおいたベルトさんの心情も踏まえると
目頭が熱くならざるを得ない名シーンだったわー。
自分と趣味が似てると呟く進ノ介とか超良かったわー。
その直後に、霧子ちゃんが来て涙目で抱きついてくるのもイイヨネー。
進ノ介さん羨ましいヨネー。

アクションシーンの動きもそうですが
竹内くんの演技力の向上にも目を見張るものがありました。
初代ドライブピットの場面もそうだけど
ベルトさんを破壊するシーンも進ノ介の感情がビシビシ伝わってきたなと。


未来から来た息子を名乗るエイジに翻弄されながらも突っ走る進ノ介。
暴走するベルトさんを破壊する強い意志。
相棒を殺すのと同義であろうことを実行できる強さ。
エイジを疑い、用心深く進ノ介にトライドロンキーを託しておく周到さに加え
進ノ介を信じて自分を破壊させるベルトさん。
これまで一緒に戦ってきた2人だからこその絆を感じました。
バディ物としても抜群の見せ場が多々あるから素晴らしい。


霧子ちゃんのバディとしての活躍もポイント。
警察のメンツにこだわる古葉参事官に啖呵をきるシーンが
刑事ドラマっぽくてグッドでした。
霧子ちゃんの言葉で、それまで進ノ介を追う立場だった警察が
仮面ライダードライブの味方としてフォローに来てくれる流れがまた良し。





アクションシーンも迫力満点。
特筆すべきは、超デッドヒートドライブのカッコ良さでしょうか。
進ノ介がボロボロの状態で、チェイスから託されたマッハドライバーと
ベルトさんから託されたトライドロンキーで変身るというシチュエーション。
デコトラを片手で受け止めての変身シーンに加えて
アシンメトリーな魔進チェイサーめいたデザインも込々で超カッコイイ。
さらにマスク割れまで披露しちゃってましたもんね。アレはズルい。

時を越えた親子の絆パワーで変身したタイプスペシャルも良かったけど
やっぱり超デッドヒートの方が沁みましたね。

剛とチェイスも出番は少ないものの各々見せ場はあってイイカンジ。
マッハとチェイサーの同時変身とかグッときたぜ。
チェイスは巨大重機をシンゴウアックスで一刀両断
マッハはドライブとのダブルライダーキックがカッコ良かったな。

壁面すら走るネクストライドロンを駆り
ターミネーターの如く迫ってくるダークドライブもクール。

本編で進ノ介を蘇らせるために行ったトライドロン超加速に続き
ベルトさんの復活に落雷を使うBTFリスペクトっぷりがチョーイイネ!
タイプスペシャルのライダーキックもスタイリッシュであった。





いくつか謎が残る部分もあるのですが…。
ベルトさんが暴走しかけたのは
本編で蛮野博士が仕込んだチップの影響と言うことで良いのだろうか。
映画内で一度本体が破壊されたので
蛮野チップに関してはもう解決と言う流れになるのかな。
この後の本編でチップについて言及されると思うけど…。

過去と未来の自分を融合させるという、鎌田めいた活躍を披露した
ロイミュード108こと、パラドックスロイミュード。
地球全体を包み込むほどの永遠のグローバルフリーズってのは
本編でのラスボスの能力かと思っていたので
ここで使われたのはちょっと意外。

本物のエイジはすでに敗北していて
全ては108の自作自演だったってのは驚きました。
永遠のグローバルフリーズなんていう大胆なことを画策した割には
小細工を駆使する繊細さである。

本編での1分間ストーリーも、未来でのタイムロードを利用するために
エイジに扮したロイミュード108だったと言うことで良いのかな。


未来に関しては情報があまり出てなかったり
108がフェイクを入れたりしているので、分からないことが多いですね。
進ノ介が死んでいることや、エイジが仮面ライダーとして戦っていたこと
ナンバーのないロイミュードが存在している事などを踏まえると
仮面ライダーとロイミュードの戦いはまだ続いている様でしたが…。


一番の謎は本編でもチラチラ出てきていた
生クリム・スタインベルトさんでしょうか。
ベルトさんが暴走した結果、ロイミュードを媒介にして復活した姿なのか
たまたまクリムに似ていた近所のコスプレおじさんだったのか…。





『仮面ライダーゴースト』


ワイヤーアクションを駆使した幽霊っぽいが良い感じだったのですが
あれはすぐにやらなくなりそうな予感がプンプンするぜ…!

マスクのオレンジの部分が発光するのにはビックリしました。
フードを被ると怪しさ満点でいいじゃないの。

フォームチェンジでパーカーも変わるのね。
ニュートン…だせぇ…!!





「スタートユアエンジン!」
「ひとっ走り付き合いたまえ!」


進ノ介とベルトさんのセリフや
進ノ介と霧子ちゃんの笑った笑ってないの言い争いとか
懐かしい感じのやり取りが微妙にシャッフルされている所に嬉しくなりました。
この3人のバディ感…感無量やで。
アクションよし、ドラマよしのクオリティの高い作品で大満足。
楽しかった!!ナイスドライブ!!


…ラストはイチャイチャする進ノ介と霧子ちゃんの2人で締めでしたが
なんでしょうかねこのリア充爆発しろ的な雰囲気は。
えっ、なに、霧子ちゃんって進ノ介の未来の嫁なの?
いや、それはどうだろうか。何かの間違いで私の嫁になる可能性もある。
そう…未来は常に白紙なのだから…。(遠い目)




コメント

超時空!嵐を呼ぶオラの息子だゾ
公開初日に観てきました。映画ならではの楽しみがふんだんに盛り込まれたいい作品だったと思います。ちなみに免許証は剛くんでした
テレビ放送で前フリを行い、続きは劇場で!という手法ではなく映画は映画である程度独立した物語を展開する珍しい構造で、仮面ライダードライブの集大成というよりアナザーエピソードに近い気がします
やはり注視するのはベルトさんと進ノ介ですね。一年かけて培ったその関係ばかりでなく、使命に殉じて残酷な判断も下せる姿勢や正体不明の若者のみならず自分さえも疑って機械扱いできる冷静さ
私たちが知っているドライブコンビを余すところなく堪能させていただきました
初代ドライブピットに入った直後の『コラっ進ノ介』から番組初期のどこからベルトさんの声がするのか分からないといったネタまで。
視聴者の見てないところにさえ積み重ねがあったことを現してくれたのが嬉しいですね
今回事件の発端となった泊エイジ。結局進ノ介は本人と会うことはなかったのですが、その会いたかったという願いや嗜好はきっと本人の抱いていたものだったのでしょう。だからこそ鎌田ロイミュード、いや108の外道ぶりが際立つわけですが
ちょっとだけ出番薄めのチェイスと剛くん。変形巨大重機やパラドクスロイミュード戦での足止めなど見どころ自体はあっただけにもっと重きを置いてくれるシーンがあったらなとちょっと残念。
壊すなよと貸したのに廃車確定レベルで粉砕されたライドクロッサーが哀れすぎる
久しぶりの登場なのにあんまりだァー! ライドチェイサーも壊れたので剛くんも許してくれるでしょうか
超デッドヒートドライブ。その姿は筋肉(マッスル)だった。魔進チェーサー時代から思っていましたがこの着ぐるみゴツイですねえ
劇中での活躍は頑丈とか頼りがいがあるとかいうより、ボロボロになっても力及ばずとも泥臭く喰いついていく進ノ介の刑事根性の具現ですね
唐突に出てきたトライドロンキーを活かすための形態かと思っていましたがこれがどっこい、
トライドロンキーそのものがまさしく物語の勝利のカギとなるその展開には本当に舌を巻きました
去年のMOVIE大戦の返礼をするかのような進ノ介の「STARTYOURENGINE!」には心底震えました。
進ノ介とエイジ。結局生きて交わること叶わなかった親子。けれどその存在は確かに今の進ノ介を救ってくれました
タイプスペシャル。これってダークドライブのタイプチェンジに当たるんでしょうかね
結果として見れば20年後の未来技術を手に入れたわけですから今後の戦いが有利に運んだりするんでしょうか。
ネクストトライドロンはエネルギー切れとか補給方法がないとかでごまかせますがダークドライブボディはまたいつか本編か何かで使ってくれたらいいなと思います
けど、将来的に霧子ちゃんと結婚するかもなんて考えて、
まさかね。と微笑むくらいで済ませればいいのに顔を見て噴き出すとは。そりゃあモテないよ進ノ介。本当にちゃんとエイジに逢えるのか。頑張ってほしいものですね
本作テーマ曲のre-rayのCDを買いました。ちょっとした仕掛けをジャケット裏側に見つけました。本当に松岡さんはエターナルが好きなんですねえ
No title
諸事情で、来週から忙しくなりそうです。

さて、今回はネタバレを含めて思った事をいくつか。

ニンニンジャー

①何となくですが、弓張重三は蛾眉雷蔵と仲がよかったんじゃないでしょうか。気が合いそうですよね、あの2人。

②あの恐竜殿様が居酒屋まで歩いていくシーンを想像すると、なかなかシュールですよね。子供たちに大人気だったんじゃないでしょうか。

③それにしても、キンジの変装は何でバレ・・・ああ、もっと酷い変装してた劇場版「シンケンジャー」という偉大な前例がありましたね。

④殿様は演者さんと「奥さんに逃げられた」という設定的に、リアル嫁が出てきて欲しかったですね。最後に一言だけ「殿様!」と呼ぶだけでもいいので。

全体的に、面白かったですね。
弓張重三も獰猛の戦騎Dみたいに、本編で登場するんですかね?
その時は蛾眉雷蔵にも復活して欲しいです。

仮面ライダードライブ

①泊とベルトさんの信頼関係が凄いですね。1年の付き合いは伊達ではないという事ですか。

②プロトライドロンの登場にも興奮しましたが、飾ってあったクラシックカーも名車ばかりでしたね。破壊されてしまったのが本当に残念です。

③泊にベルトを渡したり、泊を庇ったり・・・今回はチェイスの身体を張った見せ場が多かったですね。剛とのダブル変身にも燃えました。

④トライドロンキーで変身した超デッドヒートドライブは格好よかったですね。何かこう継ぎ接ぎというか、ゴテゴテしてる感じがよかったです。

⑤霧子もバディとして熱く語ってましたね。

⑥ダークドライブもネクストトライドロンもスタイリッシュで格好よかったですね。なのに、どうしてタイプスペシャルはあんな微妙なデザインに・・・やっぱり顔の造詣、特に目の色でしょうか。

⑦仮面ライダーゴーストは何というか不思議な感じでしたね。さて、彼はどんな活躍を見せてくれるのか。

⑧1つだけどうしても気になるんですが、ダークドライブもデコトラのシフトカーを持ってましたが、未来にもデコトラってあるんでしょうか?

アクションやら何やらと見せ場も多かったですが、少し謎も残した感じでしたね。

本編で解決してくれるのか。

それともディレクターズカット版を待つ必要があるのか。

とにかく全体的に、楽しめました!
No title
ニンニン
本編よりもいろんなところで色々残念な扱いを相変わらずされてるキンジの印象が強かったですw
キメポーズで足場がないスターさんェ・・・


ドライブ
見どころ満載、パロディ満載
過去と未来が絡む話→ターミネーターとBTF
その短絡的な発想のパロディ、チョーイイネ!


初代ドライブピット、飾ってある車がガチの名車ばかりで
あそこが爆発するシーンの時にかなり本心で「うわもったいな・・・」って声に出して呟いてしまいました

パンフのインタビューでも色々と今後についての言及要素がありましたが
本当にチェイスはどうなるんでしょう・・・やはり中の人の想像通り・・

管理者のみに表示

トラックバック