ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダードライブ感想 第38話

2015.07.24 (Fri)

第38話 「悪魔はなぜ進化を求め続けるのか」




ハート
「食事か…人間という奴はズルいな。至る所に喜びがある。」





食べるハート様(#38)

輝くハート様(#38)




メディック 「(めっちゃ光っとる…!!)」




美味しい料理を食べた喜びで進化しかけるハート様カワユス。

「そうだ!美味しいものでハート様に進化していただこう!」
そう考えたメディックちゃんは手作り弁当を差し入れたものの
ハート様は一向に輝かず黄金のソース作りにシフトしたのであった。第38話。




進ノ介
「人間を滅ぼすなんて…絶対にさせない!」


ハート
「まぁ、そう気張るな。お互いケガ人だ。
それに俺は、ベルトを持たないお前とやり合うような無粋はしない。」






粋なハート様(#38)





ぬぅ…まっこと粋な漢よ、ハート…!!


仮面ライダーと真正面からやり合って
変身解除にまで追い込んだにもかかわらず
クールに見逃すハート様の漢っぷりがヤバい。なにこの正々堂々マン。
超カッコイイだろ。ウソみたいだろ。敵組織の幹部死なんだぜ。それで。


変身していない進ノ介を攻撃するなんて無粋な真似はしない。
「仮面ライダーは人間の平和の象徴だ。
変身してから倒さなくては意味が無い。」
以前、ブレンに対して言っていたセリフの通りですね。有言実行カッコイイ。

進ノ介を精神的に追い詰めたり、社会的に抹殺しようとした
ブレン&真影&仁良の、トリプルゲスメガネ達とは格が違うぜ!



ハート
「俺の目的はただ一つだ。
創造主である人間を真っ正面から打ち破り、支配することだけだ。」
「滅ぼしたら俺たちの強さを見せつけてやれないだろ?
それにお前みたいに面白い奴も中にはいる。」


進ノ介
「だったら…戦わずに済む方法はないのか!?」


ハート
「ないね。俺たちは戦い、進化する。人間の歴史と同じじゃないか。
いや…違うか…。俺は人間を超えるぞ。泊進ノ介。」




おれは人間をこえるぞ!泊進ノ介ーーーッ!!


ロイミュードとして進化するために、闘争する。
ハートにとって創造主である人類は
ロイミュードが進化するために淘汰しなければならない壁。
人間と戦い乗り越えることで、ロイミュードの強さを見せつける。


ロイミュードを破壊する、平和の象徴・仮面ライダーを完膚なきまでに倒し。
自分たちロイミュードこそが、人類よりも優れた生命体であると証明すること。

進ノ介と話をしながらも、戦わずにすむ方法はないと悟っているハート様。
人間とロイミュードは相容れない。平和的和解をすることは不可能である。
そんな風に悟っているような物悲しい雰囲気も感じますね。
森の中で進ノ介とハートが2人きりで会話をするという
不思議なシチュエーションもイイカンジ。


ロイミュードこそ頂点だと人間に認めさせ支配はするが滅ぼしはしない。
勝利してなお滅ぼさぬ。制覇してなお辱めぬ。
ロイミュードは悪なのか?
ハートは支配の先に何を見ているのだろうか…。






ブレン
「どうやら、あなたはハートの信頼を失ったようですねぇ。
さぁ、今こそ超進化態である私に体を与える…
やめなさいメディック!?落ち着いて!!」


メディック
「さっきの死神の様子…あと一歩で完成するはず!」






メディックのおもひで(#38)





いつの間にかデートしてた…。




シャレオツなオープンカフェで楽しそうにランチしてた…!

ハート様に怒られてションボリしながらトボトボと歩くメディックちゃん。
ふと顔を上げると、そこはハート様との思い出の場所なのであった。
楽しかったあの頃の記憶が蘇る。乙女か、メディックちゃん乙女か。

なんでしょうかあの派手な格好をしたカップルの食事シーンは。
思い出補正で乙女エフェクトかかってましたけど…。
って言うか、いつの間に2人きりで食事に行ったのだろうか…?

この時の食事がきっかけで、メディックは黄金のソースを作ろうとするわけで
それほど昔のことでは無いと推測される。

おそらくブレンが家出して、真影や仁良とワイワイしてた頃に
ハート様と2人きりの時間が増えたメディックちゃんが
色々とキャッキャウフフな時間を過ごしていたに違いないんだよ!


メディックちゃんの周りでウロチョロする003がウザカワイイ。
生殺与奪の権利をメディックちゃんに握られているのも同義なのに
なぜあんなに偉そうにしていられるのだろうか。
怖いもの知らずの鬼メンタル…さすがブレンさんだぜ…。






進ノ介
「奥村さん!あなただったのか。」


奥村シェフ
「待ってくれ!彼女を殺さないでくれ!!」


ベルトさん
「3人の容疑者のうち、2人が犯人だったとは…。」






クックロイミュードの正体(#38)





犯人は『2人』だったッ!




ロイミュード090は、増川美穂。
そのロイミュード090と奥村シェフが融合して
融合進化態・クックロイミュードになっていたと。
欲望の強い人間を配合して、より強いロイミュードを作るみたいな。
ドラゴンクエストモンスターズみたいな。

人間&(プレーンな)ロイミュードと言うのが
融合進化態のスタンダードでしたが、今回のパターンは
仁良とブレンのシーフロイミュードと同じ様なパターンですかね。


容疑者3人の内、2人が犯人だったというのはなかなか面白いギミック。
今回のストーリーは、何気に犯人捜しの要素も入っていましたが
このトリックがわりと簡単にスルーされてしまったのはちょっと残念だったかも。
他の事件でのトリックに使えたんじゃなかろうかと言うくらい勿体ないカンジ。


…しかしアレだな。
松村シェフと板垣くんのラブラブゲイカップルの間に増川さんが入ってきて
2人の関係をぶっ壊して松村シェフを奪い取ったみたいな
ドロドロの三角関係トライアングラーに見えなくもないな。
見えないですか、そうですか。


クックロイミュードとのバトルでは
タイプテクニックでローリングラビティを使ったり
タイプワイルドでフッキングレッカーを使ったり
タイプチェンジ&タイヤコウカンの組み合わせを見せてくれたのが嬉しい所。





同時強化(#38)





3ライダー揃い踏み!!

タイプフォーミュラからタイプトライドロン!
デッドヒートマッハからバーストモード!
チェイスは…シンゴウックス装備!

…なんでや…なんでチェイスだけ強化が地味なんや…。
せっかくだしチェイスもパワーアップフォームが欲しいよね…。
剛くんデッドヒート貸してくれないかなー?
もう2人はダチみたいなもんじゃんかよー。貸してくれよォー。





進ノ介
「奥村松太郎。機械生命体犯罪幇助の罪で逮捕する。」






シェフ逮捕(#38)





早くオンフルールの夕日を静脈注射して逃げるんだ!!


ちゃんと逮捕描写を入れてくれるのが嬉しい。
機械生命体犯罪幇助の罪…。
この間逮捕された仁良もそうですが、どのくらいの罪になるんだろうか?


純粋な「味への追及」と言う部分だけは「悪」ではない気がしますね。
美味しい料理を作りたいという欲求だけで
機械生命体と融合しちゃう根性は凄い。
(090の増川さんが色仕掛けで落した可能性もあるけど)

ちょっと、食の先年帝国を築こうとしていただけなんですよ!






メディック
「ハート様のための…黄金のソースが…。
「ハート様に喜びをお届けし、超進化して頂きたかった…
そのための希望だったのに!
これでもう…あの人のお心を取り戻せない!!」


進ノ介
「ハートのため…だったのか。」



「お前も終わりだメディック。
進兄さん借りるよ!ハァーーーッ!!


進ノ介
「アッーーーーー!!?」






フレンドリーライダーキック(#38)





剛の容赦のないライダーキックが進兄さんを襲う!!




でも、結構無事。
メディックにトドメを刺そうとした渾身の一撃を喰らった進兄さんですが
特に変身解除すらされなかったという現実。

幹部級に向けて放った渾身のライダーキックを
タイプスピードに止められる仮面ライダーマッハさんェ…。
デッドヒートマッハバーストモードでのマックスフレアライダーキックという
仮面ライダーマッハの中でも最強部類のライダーキックだと思うんだけど…。

ま…まぁ、あれかな。剛くんがヒットの瞬間に手加減したのかな。
うんそう。きっとそうに違いないモジャー。


完成した黄金のソースが破壊されてしまい、泣き崩れるメディックちゃん。
その隙にトドメを刺そうとした剛のキックを、身を挺して止めた進兄さん。

ハートの「ベルトを持たないお前とやり合うような無粋はしない」に対して
「変身していないロイミュードを倒すような無粋はしない」という所でしょうか。

ハートとの話し合いで、ロイミュードに対する考えが揺らいでいたことや
メディックの行動がハートに対する愛情から来ていると知ったことも大きいかな?

目の前で人間を傷付けられたら容赦なく倒すだろうけど
愛する人を想うメディックの行為に、何か感じるものがあったのかも知れぬ。
ロイミュードを倒す戦士としては、剛くんの行動が正しいんだけどね。


変身してようが変身していまいが、怪人態だろうが人間態だろうが
ロイミュードは、追跡、撲滅、いずれもマッハ。
それが仮面ライダーマッハなのだ。
ロイミュード修復能力を持つメディックを倒す機会を仲間に奪われる…
それが仮面ライダーマッハなのだ。


…そんなことより、メディックちゃんの胸元ヤバくね?
たわわに実ったバイラルコアがこぼれ落ちそうじゃね?
もしかして、あの谷間にブレンさんが隠れているのかなー?
って言うか、二の腕も良くね?
ノースリーブの腋の部分に乗っかってるお肉がキュートじゃね?



霧子の霊圧が…消えた…!?






メディック
「ハート様…今までのことお許し下さい。
どうせ散るのなら…奴らではなく、あなた様の手で…。」


ハート
「メディック…俺たちロイミュードの数は108と限られている。
例え人間を支配しコアを再生産できたとしても、これ以上には増えないんだ。」
「俺を想ってくれるのは嬉しいが、そのために貴重な仲間を犠牲にする…
そんな君であって欲しくない。」


メディック
「あぁ…ハート様…!なんて広いお心…!!
あなたの意志に背くことは、もう二度といたしません。」


ハート
「お前の戦士としての器量に感謝する。泊進ノ介。」


進ノ介
「お前がやったことと同じだ。
だが…人間を脅かす限り、俺はお前たちと戦う。そして倒す!」


ハート
「それでいいのさ。今、分かった…一番大事なことが。
やはり、お前こそが俺にとって最高の相手だということだ。
嬉しいぞ…!おかげで俺の心が極まった!!」






男前ハート様(#38)





ハート様のカッコ良さが極まっておる…!!




メディックちゃんを優しく抱きしめるハート様カッコ良すぎ問題。
仲間を犠牲にしてきたメディックの全てを許して受け入れる。
まさにロイミュードの王たる器の持ち主ですね。
あんなに優しくされたら惚れてまうやろ…惚れてまうやろー!


そしてまさか、最高のライバルと巡り合えた喜びで超進化するとは。
戦いの中で戦闘の喜びを感じつつ、覚醒するパティーンかと思いきや
戦わずして超進化ですよ。進ちゃんの態度に喜び爆発ですよ。

君に出逢えた喜びで心が極まっちゃう系ボスですよ。
さすがハート様、そこらのボスキャラとは次元が違うというわけよ。


超進化態になったハート様のオーラもハンパない。
ちょっと気を全開にしただけでライダー全員吹っ飛ぶレベル。
蛮野バリアーがなければやられていた。


仲間を犠牲にしてきたメディックちゃんを許す優しさ。
敵である進ノ介の戦士としての器量に感謝し頭を下げる器の大きさ。
そして、最大の好敵手と巡り合えた喜びで超進化する戦士としての貫録。
ほんまハート様のカッコ良さは青天井やで!
泊進ノ介さんの主人公度を凌駕する存在。それがハート様なんだよね!!



ハート
「約束の数は超進化態が4。俺とブレン…残るはあと、2人。」




「約束の数」は、超進化態が4体。
ハート様とブレンさんを含めると、残り2体。

良かった…ブレンさんが頭数に入ってて良かった…!!
もうメディックちゃんが仲間を犠牲にすることは無いでしょうし
ブレンさん生存の道に光が見えてきたぜ。






クリム・スタインベルト
「ハートが超進化したか…フッ、ロイミュードと人間。
さぁて、どちらが勝者になるのかな?」






黒いクリム(#38)

クリムさん(#38)


だれだ!?





誰かキタ!クリムさんっぽい人キタコレ!
でも、ホントにクリムか?ホントにクリムなのかー?
うーん…悪そうな顔してるからロイミュードだな!!(断定)
ははぁん、さては時間関連の能力を所有する004だなー。


颯爽登場、生クリム風のおじさん。
映画の宣伝パートである1分間ストーリーも始まって
劇場版とリンクさせる気満々ですね。

真の黒幕はベルトさんだという展開はアリだと思うけど
劇場版でやりそうなので本編のラストは違う感じになりそうなヨ・カ・ン。




コメント

喜びと器と超進化(オーズ風)
038
「悪魔にだって愛はあるんだーーー!」
ハート様のキャラの魅力が超進化。
同時にメディックのヒロイン度が
霧子ちゃんとデッドヒート(安易な文章

剛のデッドヒートキックマッハーモエール
(長い は以前に進之介がメディックに
しようとした事なんですよね。

仁良と抱きあって進化したブレンさまぁと
言い、メディックを抱擁したハート様と
言い、人間態でのハグもポイントですね。

タイプスピードでデッドヒートキック
マッハーモエール(長い を止めたのは
違和感ありましたね。仮面ライダーとして
怪人を守った描写かもですけど。

蛮野バリア展開、そして撤退。
神、否タブレット。
ハート様は一回蛮野博士の電触手
受けてるから超えられるかなと
思いましたが蛮野博士強すぎる…。

クリムさん。声の出演から、本編へ
ちょっ、写ってますよ!(錯乱
次回も登場するようで…。

さぁて、人間とロイミュード
どちらが生き残るかな…?
(予想:結局、蛮野博士
次回もナイスドライブ!



メディックちゃんの超進化回かと。。。
メディックちゃんの超進化回かと思った時期が私にもありました。。。

ハート様のほうかぁー

ハート様格好良すぎてヤバかったですね

あの状態のメディックちゃん(仮にも女子)に渾身のライダーキックをためらいもなくぶちかます剛君がゲスいわけじゃないんだから!

ロイミュードを心から憎んでいるだけだし、姉ちゃんに知られる前にマッハで撲滅しなくちゃいけないだけなんだから!

ハート様につられた進兄さんが漢すぎて、剛君が更に残念な子にしかみえない。゜(゜´Д`゜)゜。
登場シーンで花火背負ってた剛君カンバァァックヽ(`Д´)ノ
No title
美味しい料理を食べた喜びで超進化しかける・・・天道総司の料理を食べさせたら、普通に超進化するんじゃないですかね?

私としては何となく城戸真司の餃子とかで超進化して欲しいと思いつつ、今回も思った事をいくつか。

①変身解除した泊とは戦わない。本当に正々堂々としたロイミュードですね、ハート。

②戦い、進化する事を人間と同じだというハート。確かに人間の歴史を見てると、否定できない部分も多いですよねぇ。

③何やらハートとデートみたいな事をしてたメディック。それはそれとして、バイラルコアについてはハートから頼んでもらった方がよくないか、ブレン?

④「犯人は2人」という驚愕の事実。奥村シェフも料理人としてより高みに行こうとする心意気は立派なんですが、その方法が問題でしたね。

⑤つまり、板垣は奥村シェフの目を覚まさせようとして、スープを盗んだという事でしょうか?師匠思いのいい弟子ですね。

⑥武器装備しただけのチェイス。えっと・・・ほ、ほら、自分の姿に絶対の自信を持ってる人は変身しないと完璧超人始祖のガンマンさんも言ってたし。

⑦「機械生命体犯罪幇助の罪」ですか。グロンギの時もそうでしたが、特撮世界は刑法の改正が早いですね。

⑧後、奥村シェフはセルメダル投入しても、いいヤミーを作りそうですね。

⑨マッハのキックをドライブが止められたのは・・・いきなり目の前にドライブが出てきたので、戸惑った剛がブレーキを掛けたんですよ、きっと!

⑩まあ、私も剛の意見には賛成ですけどね。あの状況なら、私でもメディックを攻撃します。

⑪108体のロイミュードについて「たとえ人間を支配しコアを再生産できたとしても、これ以上には増えない」と言うハート。つまり、プロトゼロは例外として109体のロイミュードは誕生しないんでしょうか?

⑫メディックを抱き締め、器の大きさを見せ付け、さらに超進化までしてみせたハート。次のVシネマ主人公は彼に決定でいいですよね。

⑬約束の数は超進化態が4体・・・意外と少ないんですね。そして、ブレンがちゃんと頭数に入っている。ただ、メディックが仲間を犠牲にする事はなくなったとはいえ、問題は彼女がいつブレンにバイラルコアをくれるかですよね。下手すると、4体目の超進化態が出てくるまであのままという可能性も・・・。

生身のクリムっぽい人が登場してましたが、彼の正体やいかに?

もしかして、ベルトさんは「クリムの良心的なものをコピーした存在」とかなんでしょうか?

ラストに向けて、期待が高まりますね。
さよならオンフルールの夕日-黄金の心(ハート)だゾ
前回分かったことではありますけどロイミュードにも人間と変わらない味覚が備わってるんですね
ハートにとって進化を促すほどの喜びにならないとはいえ、その事実はなかなか興味深い。もし増川こと090があのまま順当に超進化態となりおおせたらオンフルールの夕日こそがカギとなっていたかもしれません
粋で大らかな器を見せつけるハート。目先の目的や欲望に捕らわれず広い視点で大きな夢を語る姿は単なる統治者や支配階層ではない種族の頂点としての誇りを感じさせます
人と同じく戦い支配し、その輪廻をなぞりながらも決して殺しつくすことをよしとせずより優れた種として統治を目指すハート。
ある意味彼らロイミュードは人類の子供たちと言えるのかもしれません。
だからといってもちろん人類の守護者である仮面ライダーとして負ける気はないでしょう。相手にとって不足のない恐るべき、そして敬意を払うべき敵手であると思います
久々の追跡!撲滅!いずれもマッハー!
陰ながらの支援とチェイスを窓口にした応援にしか来ていなかった剛くん。これでようやく復帰といったところでしょうか
蛮野博士に止められていたにもかかわらず進ノ介(とチェイス)の危機には飛び込んでしまうところはやはり剛くんですね。
根っからのいい子であり、ヒーロー。心から歓迎です。チェイスとのわだかまりもほとんど解けているようですしもうひと押しあればまたあの愉快でちょっと真面目な仮面ライダーマッハが見れることでしょう
映画の事前情報や予告編ばかりでなくついに本編でも姿を現した黒衣の男! その正体は本当に『悪』であるクリム・スタインベルトなのか!?
OPも映画仕様になると最終回の足音が近づいてくる気がして切なくなります。
映画をただの番外やパラレルとして終わらせず一つの集大成や大舞台として扱ってくれる方が好きなので、こちらもただの演出ではなく何かしかの意味を持って話に組み込んでほしいですね
そんなわけで次回は免許証取得回です(えっ

管理者のみに表示

トラックバック