ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダードライブ感想 第36話

2015.07.12 (Sun)

第36話 「銃弾はどこに正義を導くのか」




ブレンイズナンバーワン!(#36)





          奇蹟のブレンカーニバル

          開     幕     だ
        n:       ___      n:
        ||    / __ \    .||
        ||    | |(゚)  (゚)| |    ||
       f「| |^ト    ヽ  ̄ ̄ ̄ /   「| |^|`|
       |: ::  ! ]      ̄□ ̄     | !  : ::]
       ヽ  ,イ  / ̄ ̄ハ ̄ ̄\  ヽ  イ




ブレンの指が光って唸る、ライダー倒せと輝き叫ぶ!
ブレンと仁良のメガネカーニバルの開催だコラァ!!第36話。




仁良光秀
「泊進ノ介、お前は罠にはまったんだよ。」


ブレン
「今から57分30秒後、君は射殺されることになる。」


仁良光秀
「追い詰められて逆上したお前は
人質の俺を射殺しようとし、逆に俺に撃たれるのさ。」


進ノ介
「ずいぶん手の込んだ罠だな。」


仁良光秀
「お前の大切なもの全て否定してから始末するためだよ!
正義のヒーローとしての名声、全てをな。
だからこの場所で、この拳銃なんだよ。」






ゲスメガネコンビ(#36)





この銃はッうおおおこの銃はッ!!
この銃は仁良が父さんを撃った銃だーッ!!





わざわざ12年前の事件の物的証拠である拳銃を進ノ介に向けるのは
父親である泊英介を含めて、進ノ介の全てを否定して始末するため。
ステージに特状課を選んだのも、同じく大切なものをすべて壊すため。

どこまでもゲスの中のゲス。
仁良光秀…このメガネ、まさにゲスの極み!!


さらに、ブレンが唐沢ゆかり嬢に毒を仕込み
遠隔地にタイムリミット付きの人質をご用意。
その気になればいつでも始末できるという用意周到さ。

嫉妬を司る、嫉妬メガネ神的存在としての
卑屈さが存分に感じられるコンビネーションプレイである。


ブレンが仁良を!仁良がブレンを引き立てるッ!
『ハーモニー』っつーんですかあ~『ゲスの調和』っつーんですかあ~っ
たとえるならサイモンとガーファンクルのデュエット!
ウッチャンに対するナンチャン!
高森朝雄の原作に対するちばてつやの『あしたのジョー』!
…つうーっ感じっスよお~っ

この2人組、相性が良すぎる!今まで出会ったどの融合進化態よりも!
小指が赤い糸で結ばれてるコンビかチクショオ!


頼れるシフトカーズも捕らわれてしまい
まさに孤立無援の絶体絶命大ピンチ。

…だったのですが、シフトカーを閉じ込めておいたのが
普通の風呂敷だったのが納得できんw
どう考えても脱出されるだろあんなの…。

あいつら通常のロイミュードなら
単体で貫けるほどのスピードとパワーがあるんだぜ?
あんな風呂敷程度、その気になれば簡単に脱出できるだろうし
各々の特殊能力を駆使すれば
状況を打開することも十分に可能だったと言えよう。
…まぁ、実際にそうなるんだけど。





チェイス
「ダメか…!これが彼女の残り時間!?
ふざけたまねを…!!どうすれば救える?」






チェイスのお医者さん(#36)

ご丁寧に残り時間(#36)

BABYSTAND(#19)





なんだ…?キズが文字になっているぞ…
いったい……いつ……?どこで…?
「BABY」「STAND」と読めるぞッ!!


遠隔地で唐沢ゆかりを毒状態にした挙句
ご丁寧に絶命までのカウントダウンまで表示してくれているとか
ブレンさんのサービス精神は五大陸に響き渡るで。
それがお前の絶望までのタイムだ!!


チェイスをボコにしながらも放置しておいたのは
唐沢ゆかりの助ける為に行動させ、進ノ介の共犯者に仕立て上げる為。
なにからなにまで計算づくのブレンさんのタクティクスに
まんまとハマってしまうチェイスさんのシンプル脳がニクイ。






ハート
「よそ見をするな!今は、俺との戦いに集中しろ!」



「なら…俺も限界超えていくぜ!」


ハート
「やはり貴様も違う!貴様も俺を、超進化に導く存在ではない。」
「タブレットは返してもらうぞ。
これは…!?うわぁあああーーーっ!?






蛮野博士強くね?(#36)





ぅゎ 蛮野博士 っょぃ。




あのハート様を一撃でノックダウン…だと…!?
これが蛮野コレダー(雷属性)の威力なのか…!!


なにこのタブレット最強じゃん。
少なくともデッドヒートマッハより強いこと確定じゃん。
防御力は紙ですが、こんな便利なもの誰も壊さなでしょうし
実質的には、イージスの盾めいた防御力を所持していると言えよう。


…って言うか、こんなこと出来るなら剛がやられる前にしてあげなさいよ。
奪われるフリをして、ハートを行動不能にすれば
デッドヒートマッハでも勝てたんじゃなかろうか。
剛を守るために本気を出したとかそーゆーアレかなぁ?
父は強しってことかしらね。


デッドヒートマッハを軽くフルボッコしたハート様。
デッドゾーンの制御も上々のご様子であり、かなり強くなっていた印象。
一方、復帰、敗北、いずれもマッハな
仮面ライダーマッハさんの姿に涙が止まらない。






進ノ介
「あんたには…警察官としての誇りがないのか?」


仁良光秀
「ホント、父親そっくりだな!警察官の誇り?
俺にはそんなものありましぇーん!残念でした~。」

「さて問題です。お前の父親は、なぜ死んだのでしょうか?
まじめだったから。ブー!ハズレ。
正解は、マヌケだったからです。おバカだったからで~す。」

「さぁどうする?どのみち時間になれば、あの女は死ぬ。
お前も父親と同じように俺に敗北するのさ。
なぁ…なぜ今回、俺が唐沢ゆかりを選んだかわかるか?
彼女が死ねば、お前の父親の死がムダになるからだよ。つまり…犬死にだ。
ワン!ワン!ワン!ワン!ワン!」






この顔である(#36)

泣けるぜ(#36)





もうやめてください!!
泣いてる子もいるんですよ!!





煽る煽る、仁良さんが至近距離から超煽る。
進ノ介の怒りを誘い、自らに向かって発砲させるために
ありとあらゆる手段で煽ってくる姿がムカつき度マキシマムドライブ。
進兄さん涙目でしたやん。仮面ライダー泣かせるなやw

煽りオンリーで仮面ライダーを泣かせるとか、とんでもない男だ仁良光秀…!
何だこの人…もしかして地上に舞い降りた煽り神かしら?


進ノ介の涙は、怒り憎しみ哀しみ悔しさ…
様々なものが入り混じっての感情なのでしょうが
それらをグッとこらえながらも溢れ出てしまう様な表情が秀逸。
煽りまくる仁良さんの憎たらしさも加えて
進ノ介と仁良さんの演技力を堪能できるナイスシーンでした。





ブレン
「いいぞ…抜け!撃て!
その瞬間を世間に流せば、お前は正真正銘ただの犯罪者だ。
…あ?え?なんだ…?この肝心な時に!!オイ、なんとかしろ!!」






映んねーぞ(#36)

たこ足配線やめましょう(#36)






  バン  
バン (∩`・ω・) バン
   / ミつ/ ̄ ̄ ̄/
  ̄ ̄\/___/





バンバンバンバンバンバンバン
バン     バンバンバン
バン (∩`・ω・) バンバン
 _/ミつ/ ̄ ̄ ̄/
   \/___/ ̄ ̄





    ; '  ;
     \,( ⌒;;)
     (;;(:;⌒)/
    (;.(⌒ ,;))'
  (´・ω((:,( ,;;),
  ( ⊃ ⊃/ ̄ ̄ ̄/
  ̄ ̄\/___/ ̄ ̄





「たこ足にしてるからだろォッ!!」




いいかブレン、最も気をつけなくちゃあいけないのはな…
『たこ足配線』だぜ……
後で『録画』されてませんでしたってのが最もムカつく!






仁良光秀
「残り…10秒。ほら撃てよ!残り…5秒。4秒、3秒。」


ブレン
「2秒1秒…タイムオーバー。」


仁良光秀
「ハハハハハ!たった今死んだぞ!泊英介が命がけで守った少女が!!
俺の勝ち。お前ら親子の負けだーっ!」


進ノ介
「黙れ…黙れ黙れーっ!!」


仁良光秀
「外すよなぁ~やっぱ…。まぁ、防弾チョッキ着てたけどね~。
アディオス、仮面ライダー。正当防衛成立。
へへへへへ!ヘッヘッヘイ!ヘッヘッヘイ!ヘッヘッヘーイ!」






進ノ介また死亡(#36)





勝ったッ!仮面ライダードライブ完!




しんのすけはしんでしまった!
にらはふしぎなおどりをおどった!
しかしなにもおこらなかった

いや、進ノ介さん何回死ぬねん。
ちょっと前にフリーズロイミュードにガチで殺されてから
そんなに経過してない内に、またしても死亡ですよ。
なんなの?すぐ死ぬキャラなの?進兄さんはすぐ死ぬキャラなの?


吐き気をもよおす邪悪とはッ!
なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ……!!
自分の利益だけのために利用する事だ…


父親を侮辱し、その父親が命をかけて守ったゆかりちゃんをも利用する
仁良さんのクズっぷりがノンストップ。
全てを利用して、己の保身の為だけに犯罪を重ねるこの男は
ロイミュードよりも邪悪な存在なのは、人間の悪意なのかも知れんね。


当てなかったとはいえ、仁良に向かって発砲した進ノ介。
彼の感情を思えば、仁良の眉間に風穴を開けてもおかしくはないと思いますが
個人的には、ここは堪えて欲しかったかなと。
根っこの部分は熱血刑事な進ノ介からすると
ぶん殴らなかっただけでも偉いとは思うけどね。





逆転会見(#36)





と、ここでネタばらし。




早速開いた記者会見で、あることないこと吹聴していたゲスメガネーズの前に
思いもよらない人物達が姿を現す!
そこには、元気に走り回る泊進ノ介&唐沢ゆかりちゃんの姿が!!


ブレンの毒で死んだと思われた唐沢ゆかり嬢と
仁良の銃弾に貫かれ死亡したと思われた進ノ介。
それぞれしっかりと生きてましたァン。

泊進ノ介絶体絶命大ピンチを救ったのは
剛、チェイス、ベルトさん、シフトカーの頼れる仲間たち。


…なのですが、ゆかりちゃんを毒状態から救えたのも
映像に割り込んでメッセージを送ったのも
おろらく蛮野博士の力であり、彼の助力なくして
このピンチは乗り越えられなかったであろうことは確定的に明らか。

ブレンが見ていたモニターの映像をジャックして一時的に見えなくしていたもの
イッテイーヨ弾幕を流したのも、おそらく蛮野博士の仕業なんじゃなかろうか。
お茶目かつ万能すぎるだろ、あのタブレットパパ…
ムッ…「蛮野」…「万能」…なるほど、繋がった。脳細胞がトップギアだぜ。


イッテイーヨの画面で、サムズアップがかぶってしまい
チェイスにガンを飛ばす剛くんがキュートであったw


進ノ介を銃弾から守ったのは、ディメンションキャブ。
こういう風に、シフトカーの能力を使って窮地を脱する展開、アタイ好きよ。

でも、この逆転会見に至るまでの時間経過がまるっと省かれているので
霧子ちゃんが釈放されている理由とか
仁良さんは進ノ介の死亡確認をしなかったのかとか
そもそも籠城事件の結末はどのように報道されたのかとか
そういった部分がどうなっていたのかは気になる所。

本願寺課長が暗躍したとかそーゆーアレかしら?うぅん…気になる…。
子供の頃『刑事コロンボ』が好きだったせいか
こかまいことが気になると夜もねむれねえ。





データ人間的な(#36)





あと、ゆかりちゃんを救った方法が
一度データ化して蛮野タブレット内に取り込んでから
ブレン毒だけを駆除して再構成するという荒業だったのも気になる。

データ人間みたいになってるけど、いいのかコレ?
あのゆかりちゃんは、少し前のゆかりちゃんと同一人物なのか?
いや、死んじゃうよりは遥かに良いんだけれども。なんかコワイ!






進ノ介
「仁良…貴様だけは許さない!!」


仁良光秀
「たたた…助けてくれ、ブレン!仲間だろ?」


ブレン
「仲間?冗談じゃない。 貴様は超進化のための道具だ!」
「私は最強。3人まとめて葬ってやる!」
「超進化態の私が…あり得ない!覚えてろーー!!」






トリプル3(#36)





3人同時変身きた!これで勝つる!




3ライダー同時変身&ライダーキック3連発!!
そして爆発四散するロイミュード003!!
まさにトリプル祭り開催中といった迫力の圧倒的3推しである。


進ノ介、剛、チェイスの3人ライダーの同時変身が熱い。
円陣組んでグルグル回りながらの変身が
アベンジャーズチックでカッコイイのですが…
別に円陣を組むほどの敵に囲まれていないので
その点に関しては割とビミョー。今回は横並び変身でもよかったかも知れぬ。

剛とチェイスは、まだぎこちない関係性ですが
なんだかんだで仲良くなって行きそうな雰囲気が良いですね。
3ライダーとして最終章に向かう為の
スタートラインについたっつーカンジっすよぉ~。


ライダーキック3連発もアングルが凝ってて迫力満点でした。
3人同時のトリプルキックじゃないのがイイカンジ。
ブレンにトリプルライダーキックは贅沢すぎるぜ。


仁良さん逮捕と共に、ブレンさんも退場かと思いきや
ちゃっかり生き残るというしぶとさである。
3連ライダーキックくらって生きてただけでも十分強いと思うの。





進ノ介
「仁良光秀。殺人容疑で逮捕する。」


霧子
「やっと…終わりましたね。」


進ノ介
「あぁ。やったよ…親父。」


仁良
「ハッハッハッハッハッ…ハハハハハハハ…。
ヘヘヘヘヘヘヘ!まだ終わっちゃいないだろう?
ロイミュードと仮面ライダー、果たしてどっちが勝つのかなぁ~?
最後まで見届けてやるぜ。ヒーッヒッヒッヒッ!!」






仁良逮捕(#36)

仁良光秀(#36)





最後の最後まで、悪態を吐く仁良光秀。


完全敗北して逮捕されても反省の色など一切なく
不敵に笑って退場して行く様は
ゲス中のゲスとしての美学すら感じますね。
ぶん殴りたい、あの笑顔。


仁良のしてきたことを考えると、仮面ライダーにボコボコにされた挙句
ゴミ箱にボッシュートされてもおかしくないくらいなんだけど
ラストまでイラつく笑顔を残して去っていくのも仁良らしいかも。

物理的な力では無く、社会的な権力と悪知恵を武器にした人間であり
主人公の父親を殺した張本人。
市民を守る刑事でありながら、ロイミュードに加担して
己の保身と野望に走ったキングオブゲス。
ゲスオブジイヤーノミネート確定の大活躍を見せた仁良光秀。
本当に最後までムカつくキャラでしたね。(褒)






メディック
「ブレン様。さぁ…じ~っくり治療してあげますわ。
ブ・レ・ン・さ・まぁ~♪」


ブレン
「やめて!やめて下さい!やめてやめてやめて!ノーッ!
あっあっ…アッーーー!!?」


メディック
「アハハハ!ウフフフ!」


ハート
「蛮野…奴を、このままには…!」






がんばれブレンさん(#36)





メディックちゃんが楽しそうで何よりです。




凄い笑顔。眩しいくらいに輝いてる。超進化態みたいな笑顔してる。
ナンバーだけになったブレン様を両手でコネコネしながら
無邪気に笑っているメディックちゃんがキュートですね。
ブレン様が具体的にどうなっているのか想像しただけでもゾクゾクしますが。


前回メディックちゃん相手に
これ以上ないくらいのドヤ顔を披露していたブレンさんですが
たった一週で、またしても立場が大逆転する有様ですよ。
ナンバーだけになっても、表情豊かなブレン様素敵です!

メディックちゃんにイジめられてましたけど
アレくらいで済んで良かったなと。
踏みつぶされて昇天しちゃうんじゃないかとガチで心配しましたわ。
そばにハート様がいたから助かったカンジでしょうか。


一応、メディックちゃんに治療してもらえるっぽいですが
復活したブレンが二度と逆らえないように
なんらかのリミッター的なアレを仕込まれそうなのがおっかねぇ所だぜ。


ともあれ、まだまだ頑張れブレン様!
仮面ライダーにリベンジするその時まで!!
(そんな時は来ないだろうなと言う表情で)


コメント

決着のタイムリミットだゾ
26話から始まったとして10話、劇中では12年越しの戦いにやっと終止符が打たれました
仁良光秀。本当に恐るべき敵でありました。単純な悪党という言葉ではとてもくくれません。
進ノ介も英介警部補もその人生含めてすべて台無しにしてやるつもりで周到に張り巡らされた罠。嫉妬一つでここまでやれるとは尋常じゃない精神性です。そりゃあブレンごときを超進化させられるのもわけないですね
ブレン生存! ブレン生還! 絶対今回死ぬと思ってたのに!
雷とか重力とか随分芸達者になっていましたけど、超進化態って本当に強くなれるんですね。見た目がほとんど変わってないからいまいち脅威度がわかりませんでしたけど納得。
ただ今回ボディが倒されたんですけど復帰後は元の体でしょうか。超進化態のままなら約束の数として機能できそうですけどね。メディックがそんな素直に戻してくれるかしらん
進ノ介が発砲した時はちょっと嫌な感じでしたが後からすべて計算ずくだったと分かってひと安心。
あの瞬間まで激情に身をやつすことなく耐えたからこそ勝つチャンスがみえたわけです。
まあ仁良の言っていたとおり、撃てていても外すのは進ノ介の性格を鑑みればわかっていたこと。それすら計算の内だって言うんだから本当に恐ろしい。
蛮野博士、というかそれを奪ってくれた剛くんがいなかったらどうなっていたことか
ええ、別に戦力面での活躍がここ最近どうしようもないくらいだからって必死に擁護してるわけじゃないですよ!
さあてライダー三人の共闘も見れましたし、いよいよ最終章が始まろうという時期ですが、蛮野博士がなにやら不穏な発言。果たしてロイミュードと仮面ライダーの戦いにいかなる影響を及ぼすのか、檻の中の仁良に代わって最後まで見届けようと思います
No title
ブレンが輝いた36話でしたね。

さて、今回も思った事をいくつか。

①「お前の大切なもの全て否定してから始末するため」と言って、手の込んだ罠を張った仁良。こういうのは失敗するのが常なのに、どうしてさっさと殺さないのか。というか、ブレンはもしこれで泊を殺してたら、ハートの超進化が遠退く可能性がわかってるんでしょうか?

②シフトカーを普通の風呂敷に閉じ込めちゃった仁良とブレン。シフトカー、特にカラフルコマーシャルはとっとと逃げて中の様子を投影すべきだったのでは?

③わざわざタイムリミットまで表示してくれる毒。「トリコ」のココの毒みたいな便利さですね。

④タブレットのくせに、ハートを気絶させた蛮野博士。もう自走するためのタイヤを装備するだけで、十分に単体で戦えそうですね。

⑤徹底的に泊を煽っていく仁良。もうここまでくると、役者さんの演技力に脱帽するしかないですね。

⑥3体でパソコンを叩いたり、線を抜き差ししたりと弄り回すロイミュード。でも、やってる事は割と原始的・・・いや、お前らも機会生命体なんだから、もっとこう考えて配線しろよ。

⑦勝利の舞(?)を踊る仁良。このシーン、役者さんもノリノリだったんだろうなぁ。

⑧見事なまでのどんでん返しを披露した特状課の面々。ブレンは見事に語るに落ちましたね。黙ってればよかったのに・・・。

⑨で、あの「イッテイーヨ」のノリノリ動画は誰の趣味?剛の頼みで蛮野博士が入れたの?それとも、蛮野博士本人の趣味?

⑩多分、チェイスは「サムズアップ」の意味をわからないながらに、「取り敢えず合わせておこう」とか思ったんでしょうね。

⑪何か凄い方法で復活させられたゆかり。これって、身体を新造したという事でいいんでしょうか?いや、再構築?いずれにしろ、とんでもない方法で助けましたね。

⑫あっさりトリプルライダーにやられてしまった超進化態のブレン。ところで、「出番ですよー!」の呼び掛けで現れた追加のロイミュード3人はその辺にじっと息を潜めてスタンバイしてたんですかね?

⑬逮捕されたものの、全く反省する気のない仁良。まあ、反省するような奴なら、こんだけの事はしないと思いますが・・・。

「ハート、すぐにブレンを助けてやれ!」とツッコミを入れつつ、ブレンに新しいバイラルコアが与えられる事を祈っています。

管理者のみに表示

トラックバック