ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダードライブ感想 第35話

2015.07.03 (Fri)

第35話 「ろう城事件はなぜ起きたのか」




事件発生20時間前(#35)

特状課ウチワ(#35)




特状課籠城事件発生20時間前。
衝撃的な事件発生へのカウントダウンが刻まれる中
りんなさん達が持っているうちわが気になってしょうがない。

なんですかあの特状課特製うちわは…。
限定販売ですか?またプレバン限定販売なのですか?第35話。




チェイス
「ここに現れるのか?お前が取り逃がした、仁良が。


進ノ介
「直感だが、可能性は高い。」


チェイス
「唐沢ゆかりが、また狙われると?」


進ノ介
「彼女は12年前の事件の記憶を改ざんされなかった。
仁良が狙う理由は十分ある。」






進ノ介が逃がした仁良(#35)





「お前が取り逃がした、仁良が。」 (辛辣)




あー、前回ちゃんと仁良を捕まえておけばなー。
こんな面倒なことにはならなかったのになー。
お前が取り逃がした仁良がなー。

あとアレなー、お前が守りきれてないでお馴染みのゆかりちゃんなー。
なんだか変な毒を喰らってたみたいだけど大丈夫かなー。
あーあ、お前が仁良を取り逃がさなければなー。


チェイスさんの他意のない一言が、私の被害妄想フィルターを通して
間接的に進兄さんを陥れる。
あの表情と起伏の少ない口調がアカンのや…
だってチェイスはロボだから…。


逃走している仁良を捕らえるために、ゆかりちゃんを張っていた進ノ介ですが
もっとやり方はあったんじゃないかと思わざるを得ない。
少なくとも見張りと護衛にシフトカーを何台か派遣しておくべきよね。
もう、唐沢ゆかりちゃん狙われ過ぎ問題だもん。


仁良さんとの嫉妬合体にによって超進化態になったブレンさんでしたが
もはや仁良など用済みとばかりにポイ捨てすることはせず
ちゃんと協力して融合進化態してあげているのは優しいですよね。
まだ利用価値はあるという事でしょうが…。

ブレンさんと融合したことで毒霧を噴出させたり
シーフロイミュードとしての能力もアップしているのがイイカンジ。
…まぁ、たいして効いてなかったけどね。
融合元がブレンさんだから仕方ないけどね。





チェイス
「やはり、あのタブレットには
ロイミュードの生みの親、蛮野天十郎が…。」



「おい!姉ちゃんには言うなよ、絶対。」


チェイス
「いいだろう。だが…なにかの時は力を貸せ。
前に、泊進ノ介を復活させた時のように。」



「なつくな!俺は、お前のダチじゃねぇ!」


チェイス
「ダチ…?」






ダチじゃねーし(#35)

ダチってなんぞ?(#35)





ダチとはなんだ?
つい乱れちゃう系のものなのか?





家族系のニュアンスを感じるが、同一カテゴリーのものなのか?
乱れちゃうのか?ダチのことになるとつい乱れちゃうのか剛!?

チェイスの言語データにはない言葉が新たにインプットされる。
自分には理解できない人間の繋がりみたいなものに対して
興味や疑問を持ったりするチェイスくんがカワイイ。

現状仲間内で、剛が蛮野タブレットを所持しているのを知るのは
チェイスだけですし、これからしばらくは
密な関係が続きそうなカンジではありますね。
とりあえず耳の裏を見せあいっこすると良いだろう。
もっとなつきまくると良いだろう。


剛は剛で、なんだかんだ進兄さんを助けに来たりしてますが
まだ元の関係に戻るまでには至らない様子。
追跡、撲滅、いずれもマッハ~が再び聞ける日はいつなのか。





メディック
「あんな小悪党と手を組んで、一体何を企んでいるのかしら?ブレン。」


ブレン
「メディック…これからはブレン様と呼べ。」


メディック
「その姿は…!?」


ブレン
「さぁ、呼ぶんだ…ブレン様と!」


ハート
「ついにお前も超進化したのか。友として…嬉しいよ。」


ブレン
「フフッ…全てはハート、あなたの理想を実現するためです。
「その顔が見たかったぁ…
私に嫉妬するその顔がハハハハハハハハ!」






ブレンさん絶頂期(#35)






超進化態になっちゃったけど    ハートに褒められたんだけど
  今どんな気持ち?          今、どんな気持ち?ねぇ、どんな気持ち?

          / ̄ ̄\                      / ̄ ̄\
        /   ⌒ ⌒\                  /⌒ ⌒  \
        |    ( ●)(●)                 (●)(● )   |
         |   ⌒(__人__)                 (__人__)⌒   |
      .♪  |     |r┬-|ハッ             ハッ  |r┬-|      |
         |     `ー'´}  ハッ  ./  ̄ ̄ ̄ \:.  ハッ{ `ー'´     |
         ヽ        }   .::/        ::::\:  ヽ、      /
 ______ヽ     ノ   .;: |          :::::::| :    ン    ヽ_____
 ヽ___         、`\     \.....:::::::::    ::::, /    /        ___/
       /       /ヽ <   r "     .r  /゚。     〉 /\    丶
      /      /    ̄   :|::|     ::::| :::i        ̄♪   \    丶
     /     /    ♪    :|::|:     .::::| :::|:             \   丶
     (_ ⌒丶...        :`.|:     .::::| :::|_:.            /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,':     .::(  :::}:.            } ヘ /
        し  )).         :i      `.-‐".              J´((
          ソ  トントン                               ソ  トントン





絶好調!!だれもブレンを止めることはできない。




超進化態になったブレンさんは圧倒的パゥワーでメディックちゃんをフルボッコ。
ハート様に褒められ有頂天でデレ顔を披露したのちに
ぐぬぬ顔を晒しながら地べたに這いつくばるメディックちゃんをみて
華麗なるジャンピングからの四つん這い接近遭遇ガン煽りのフルコンボである。


凄い笑顔だ…これまで出一番良い顔してるぜブレンさん…!!
まさに黄金に輝く超進化態の如き眩しさを醸し出しておりますわぁ。

ホラホラ負け犬の小娘がぁ~~~ブレン様とお呼び!ブレン様とォッ!!
そして崇め奉るのよォォォオ!!!(恍惚)


砂浜で這いつくばるメディックちゃんがカワイイ。
強気なドSが地に落ちる展開っていいよね。
艶めかしいボディラインと顔についた砂がキュートだわー。

いつも余裕の態度でブレンをイジメてきたメディックちゃんですが
ここまで無様な姿を晒すことになるとは。
しかも、ブレンさんの手によってだもんなぁ。
そりゃ、ぐぬぬ顔もするってもんよね。
…報復が怖いですけど。


それにしても、あのブレンさんがメディックちゃんに大勝利する日が来ると
いったい誰が想像できただろうか。いやできない。(反語)

ブレンとメディック、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い。
否!これこそが嫉妬という感情が持つ純然たるパワーなのだ。

今ここに、嫉妬を司る絶対嫉妬神が誕生したといっても過言ではあるまい。
この世に「嫉妬神」が生まれたのだ。ブレンさんは「神」になった。



もはや崇拝しかない………
この場所に「神殿」を建てよう。






ブレン
「次は…泊進ノ介の番だ。ウェーヒィヒヒヒヒヒ!」






ノリにノってるブレンさん(#35)





そしてこの御尊顔である。




こいつ…進ノ介を殺る気だ「マジ」だ……
ブレンのくせに仮面ライダードライブを始末しようとしている……
「ウソ」は言っていない顔とメガネだ……
こいつにはやるといったらやる…

『スゴ味』があるッ!






本願寺課長
「行き詰まった時は、こうして町の景色を見つめたくなる。」
「私もそうです。あなたのお父さんもそうでした。」


進ノ介
「親父と課長は知り合いだったんですよね?」


本願寺課長
「彼が初めて捜査一課に配属された時の同僚でした。」
「相手は卑劣です。最後の瞬間こそ慎重に。
そして忘れないでください。
ピンチの時には、我々仲間がいるということを。」


進ノ介
「はい。」






本願寺課長カッコイイ(#35)

2人のおもひで(#35)





本願寺課長カッケェ…。


焦る進ノ介を諭して、仲間の力を頼れと助言してくれる本願寺課長の
頼れる上司っぷりがハンパない。
こうやって声をかけてくれるだけでも救われることもあるってもんさね。

課長の思い出の写真を、さり気なくパクろうとした進ノ介に吹いたw





仁良光秀
「12年前に発生した英都銀行南久瑠間支店における強盗殺人事件。
真犯人は、国家防衛局長官真影壮一でした。」


ブレン
「しかも正体は機械生命体のリーダー001。」


仁良光秀
「その恐るべき機械生命体を倒したのが
仮面ライダーこと泊進ノ介巡査です。」


ブレン
「ですが、真影の残した資料を調べた結果新たな事実が発覚しました。
今回の事件の裏には、機械生命体同士の勢力争いがあったのです。
つまりこういうことです。仮面ライダーは正義のヒーローのふりをして
密かに自分が機械生命体のリーダーになるチャンスを狙っていた…。」


仁良
「さらにその陰謀には、特状課も協力していました。」


ブレン
「奴らは実に卑劣で、おぞましく、危険な存在。我々人間の敵なのです!」


仁良光秀
「特状課は解体!
警察の威信にかけ、必ず仮面ライダーを逮捕します!!」






ニラ顔Wピース(#35)





ニラ顔Wピース出たーーー!!!




記者会見の場で、まさかのWピースである。とんでもないドヤ顔である。

特状課に追い詰められている状況であるにもかかわらず
必死こいて逃げるのではなく、逆に攻めていくスタイル。
立場と情報力をフル活用して特状課に罪を擦り付けていくという
悪鬼めいたクズ戦略である。このメガネも凄い。


しかし、仁良課長のメンタルはハンパないですね。
自分の過去の犯罪が暴かれかけているにもかかわらず
逆に人前に出ていくとか、通常の人間の精神では実行できないんじゃなかろうか。

進ノ介の父親を殺しておきながら、12年も平気な顔して捜査一課にいたわけで
その時点で仁良課長の精神は、通常の人間のそれを明らかに凌駕してるし…。
ロイミュードに「人間のクズ」とまで言わせちゃう男だし
とっくの昔に精神は壊れているのかと思うと
彼の常軌を逸したようなふざけた言動も納得できるかも知れん。
機械生命体の手下になっていた時点でアレなんだけどね。

…彼のしていることはクズ度フルスロットルの悪行なので
キャラクターだけでも面白くしないとチビッ子がガチで引きそうだという
配慮があるであろうことは確定的に明らかですが。





ブレン
「証拠はこれです。」
「機械生命体030事件の犯人は、沢神りんなの元恋人。」
「065事件の犯人は、追田警部補の元先輩刑事。」
「072事件では、西城究がまさしく機械生命体の共犯者でした。」
「そして決定的証拠はこれです。新たな銀色の仮面ライダー…
その正体は、かつて人々を襲った機械生命体であり
特状課詩島巡査はそれを知りながら、秘密にしていたのです。」






りんなさんの研究録(#35)

追田警部補の事件簿(#35)

今井健太の憂鬱(#35)





ズブズブじゃねーか!!




なんという犯罪の温床。特状課こそロイミュード犯罪の源泉だったんだよ!!
そんな風に世の中が受け取ってもおかしくないくらいの実績が満載である。

特状課と言う部署にいる立場上、ロイミュードと関わることは確実なのですが
関係者及び、親密な関係にある人間たちがことごとく
事件に関与しまくっているという事実は利用されると厳しいものがありますね。
これまでの事件をこんな風に使ってくるとは思わなかったぜ。
以下参照。



『沢上りんなの研究録 ~婚活に潜んだ罠~』 (第16話第17話


『警部補 追田源八郎 ~復讐のジャッジタイム~』 (第18話第19話


『西城究・今井健太の憂鬱 ~最上級の友情~』 (第20話



よくよく見ると表立って絡んでないのは、本願寺課長だけなのかな?
りんなさん、追田警部補、今井健太さんの件に関しては
同情の余地アリと言うか、あまり問題はない気がしますけど
霧子ちゃんがチェイスとイチャついているのは保護できないのがネックやな…!






進ノ介
「猫の子一匹出る隙間なしか…さすが警察だ。」


ベルトさん
「感心している場合かね?」


進ノ介
「ベルト…え?」


ベルトさん
「フフッ…ハッハッハッハッハッ!!」


進ノ介
「ベルトさんその格好どうしたんだ?」


ベルトさん
「君を助けに来たんだよ。だが安心した。逃亡者にしては余裕がある。」






ベルトさんロボ(#35)

あらかわいい(#35)





超特状合体ベルトさんロボ!!




ついに特状課の切り札が起動してしまったというのか…。
これで戦隊ヒーロー張りの巨大ロイミュードが出てきても
ワンパン勝利確定と言うことですねベルトさ…うわ、ベルトさんちっちぇ!!


なんという無駄合体でしょう。
機動力UPだけならば、ベルトさんの下にシフトカーを2台付ければいいだけなのに
あえて手足を組みこんでロボ化するというロマンあふれる形態。

実質的に効果は薄いとはいえ、少年の心を燃え上がらせる形態と言えるでしょう。
まさに匠の技が光る一品であります。ベルトさん実に嬉しそうな笑顔ですね。

両腕の実用性に疑問が持たれるところですが、本人が満足げなので良しとしよう。
ロケットパンチ的なギミックが隠されているのかも知れんし。


…もはや自由自在に動き回ることに何の不自由もないベルトさん。
最初からこの形態で動きまわっていれば良かったんじゃね説も飛び出すレベル。






ブレン
「その顔…無表情だが怒ってるようだな。」


チェイス
「仮面ライダーとロイミュード、互いに戦うしかないとしてもブレン…
お前たちのやり方は、あまりに醜い!」


ブレン
「フフッ…気に入らない、と言うわけか。」


チェイス
「あぁ、そうだ。」






頼れる金ブレン(#35)





チェイス怒りのイッテイーヨ。


珍しくブチ切れてるチェイスくんが熱い。
表情から怒ってるかどうか読み取るのは困難だけど
付き合いの長いブレンさんには分かる様子。仲良いなお前ら。

教習所内を逃げまわるシーフロイミュードを追いながら戦う構図が
ビジュアル的に新鮮で楽しい。
ドライブとチェイスのコンビネーションフィニッシュもカッコ良かったですね。


ここでの仁良は、進ノ介を特状課に誘導するために動いているので
久留間運転免許試験場内でバトルする流れは理にかなっていてグッド。
わりとアッサリと倒されたのも計算の内なんじゃないかしら。


仁良との融合進化態から分離して
超進化態の姿で颯爽登場するブレンさんがイカスぜ…
強者のオーラ出ちゃってるんじゃねコレ?

なんか雷みたいなエネルギー波まで繰り出してましたもん。
超進化態になってからと言うものノリノリですよ。
もう毒を出すだけのガッカリメガネじゃないんだぞっつって。






仁良光秀
「鬼さんこちら、手の鳴る方へ~。ヘイ!こっちこっち!!」


進ノ介
「特状課に?もう逃げ場はないぞ!観念しろ仁良!!」


仁良光秀
「う~ん、それはどうでしょう?」


進ノ介
「諦めろ!もう逃げられないぞ、仁良!!」


仁良光秀
「俺は捕まらねぇよ、絶対にな。
…おっ、聞こえてきたぜ?ここは警察に包囲された。
あらかじめ俺が通報しといたからな。」


アナウンサー
「繰り返します。 犯人は、警視庁特状課の泊進ノ介巡査。」
あの仮面ライダーです。」






仁良の逃走経路(#35)





かかったな!泊進ノ介ッ!
これが我が『逃走経路』だ…
きさまはこの仁良との知恵比べに負けたのだッ!





特状課への逃走がイコール反撃の手段になっているッ!!
追い詰められた仁良課長が、特状課に籠城…かと思いきや
進ノ介が籠城事件の犯人に仕立て上げられる展開にグッときたぜ。


逃げるのではなく、あえて攻めに転じることで
活路を見出す仁良課長の手腕に、進ノ介の父親を射殺した犯人でありながら
これまで経ち振る舞ってきた狡猾さを感じざるを得ない。
ゲロ以下のにおいがプンプンする男だぜコイツはよォォォ~~~。







「進兄さんがピンチだ!」


蛮野天十郎
「泊進ノ介…クリムと一緒にいる仮面ライダーのことか?」


「あぁ。また力を貸してくれ!」


ハート
「それは返してもらおうか。とても大切なものなんだ。」



「断る…と言ったら?」


ハート
「ハッハッハッハ!力ずくで奪うさ。」






みんな大変(#35)





進兄さんのピンチにマッハで駆けつけようとしたであろう剛くんの前に
ハート様が立ちふさがる。
立ちふさがるって言うか、タイミング悪く蛮野博士の回収に来た。
蛮野博士の返却日は過ぎ去っていたのだ…!


教習所でのバトルに助っ人で出てこなかったので
てっきり寝ているのかと思われた剛くんですが
どうやら進兄さん籠城事件のニュースに夢中だった模様。

特状課のメンバーは、進ノ介を逃がすために犠牲になってブタ箱にIN!
剛は剛で、ハートの相手をしなければならないので助けには行けなそう。

さらに、唐沢ゆかりちゃんは、ブレンに撃ち込まれた毒で倒れ
チェイスもボコられ意識不明で戦闘不能。仲良く地べたでおねんね中である。


まさに進ノ介絶体絶命大ピンチ。
ここまで仮面ライダーを追い詰めたのが
ブレン&仁良さんの嫉妬メガネコンビだというのは意外な所でありつつも
その卑劣なやり方は彼ららしさ満点だったりでなんだか痺れますわ~。
仮面ライダーとなって倒せば良いという単純な問題では無いのが厄介な所よね。





仁良光秀
「泊進ノ介お前は罠にはまったんだよ。
そして、今から1時間後に…死ぬ。ヒャハハハハハハハハハ!」






特状課ろう城事件発生(#35)





泊の血統というのは我が運命という路上にころがる
犬のクソのようにジャマなもんだったが…
最後の最後はこの仁良光秀に利用されるのが宿命だったようだ…
フハハハハハハハハハ!


「吐き気を催す「邪悪」に、裁きの鉄槌はいつ下るのか」




コメント

嫉妬の心は仁良心だゾ
強敵ゴルフロイミュードを辛くも退けた仮面ライダードライブと仲間たち。そんな彼らを待ち受けていたのは最悪の敵が張るおぞましい罠でした。仁良劇場、ここに開幕です
卑怯で卑劣で最低のド悪党。しかしいざ攻勢に回った際の爆発力はこれまでのロイミュードの誰をも上回るものでした。
フリーズが倒れたために前回馬脚を現すことになった仁良ですが、まさかそれを逆手にとって反撃に転じるとは
ブレンから貰った情報を活用してまんまと特状課を悪に仕立てあげ、ピンチはチャンス!を演出する。人間として腐りきっていても一課の課長。逃げ回るたけの無能ではない様子。進ノ介が逃がした魚は小物なれどもとんでもない外道だったようです
立った立ったベルトさんが立った!
正直立ったからって何か意味があるように思えないし、タイプトライドロンになれば進ノ介ボディで動けるのにシフトカーたちに手足になってもらう必要あるのかしら、って感じですがとにかくベルトさんタイプ自立です。
父の仇を捕まえるどころか追い詰められている現状ですが、進ノ介の心に曇りや焦りは見えません。守るべき市民、頼れる同胞、支えてくれる仲間たちがいる限りもう乱れちゃうことはないでしょう
No title
りんなさんの団扇は手作りなんでしょうか?

あるいは、警察でやった仮面ライダー系のイベントの記念品とか?

さて、色々あってローテンション気味ですが、今回も思った事を挙げていきましょう。

①多分、一切の悪気なく「お前が逃がした」と言っちゃうチェイス。そういえば、ちゃんとマッドドクターに助けてもらった礼は言ったのか、チェイス?

②チェイスに「懐くな」という剛。確かにチェイスって「融通の利かない忠犬」みたいな感じですよね。

③チェイスがプロトシフトスピードのシフトカーを使ってましたが、あいつのAIも修理されたんですね。

④思いっ切りメディック相手に威張り散らすブレン。やってる事は完全にラディゲですが、今のご時勢ではメディックをトランザ状態にするのはマズイですかね。

⑤もの凄く嬉しそうに自分が超進化態になった事をハートに知らせるブレン。報われてよかったな、ブレン。まあ、長続きはしなさそうだけど・・・。

⑥泊に「自分たちがいる」という事を伝える本願寺さん。泊は本当にいい仲間を持ちましたね。

⑦後、写真はパクらず、焼き増しを頼め、泊。あっ、ちゃんと料金は払えよ。

⑧ドヤ顔でピースってどうなんだという疑問はさておき、見事に嘘八百を並べ立てたブレンと仁良。これは効果的ですね。もう特状課は開き直って「自分たちが手を結んだのは人間との共存を望む『穏健派』のロイミュードだ」とでも言ってみます?

⑨ノリノリでロボと化していたベルトさん。これ、ベルトさんはともかく手足にされているシフトカーたちに不満はないんですかね?最下部のランブルダンプとマッシブモンスターもそうですが、ランブルダンプとバーニングソーラーが地味に大変な気がします。

⑩おそらく仁良とブレンの計略であっさりと倒されたシーフロイミュード。これ、ロイミュード106としては災難以外の何物でもないですね。

⑪何気に強い超進化態ブレン。その輝きが流れ星でない事を祈ります。

⑫泊を篭城事件の犯人に仕立てるつもりらしい仁良。出番だぞ、カラフルコマーシャル!この模様をすぐにマスコミに知らせるんだ!

⑬剛からタブレットを取り返しに来たハート。これは蛮野博士のデータが必要だからなんでしょうが、私としてはタブレットを盗られたブレンのためでもあって欲しい。

三者三様でピンチに陥っている仮面ライダー。

最初に立ち上がるのは誰なのか?

次回への期待がフルスロットルですね!
全部モッテカレタ。。。
ベルトさんの最終形態(仮)とか、チェイスたんの人間講座ダチってなーに?(仮)とか仁良が悪過ぎて逆にすがすがしい件とか色々ありましたが

ジャンピングブレン様が全部持って行きました
もう、私、空っぽよ。。。


明日ですかー楽しみですねー
一週間が長いなぁー(笑)


ではROMに戻ります!
ヨル様いつも更新ありがとうございます

管理者のみに表示

トラックバック