ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

手裏剣戦隊ニンニンジャー感想 第12話

2015.05.27 (Wed)

忍びの12 「最強決戦!奇跡の合体」




フートンで寝ておれ(#12)





   スヤァ…
        / ̄ ̄ ̄\   仮面ライダードライブ、このあとスタート!>
      /  ―   ―\ 
  __ /   ( ー)  (ー) \       ____
   ( |      (__人__)    |      .|| 7: 58 || |
  \ヽ\__  `ー ´__/ \      ̄ ̄ ̄ ̄
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \







  ガバッ ! !  ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ    やっべぇ寝過ごした!
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\     熱いなコレ!!
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/      ____
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ      ||12: 00 || |
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\      ̄ ̄ ̄ ̄
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
      ヽ               \





恐るべしフートンの魔力!
よいよい、フートンで寝ておれ天晴。第12話。




キンジ
「お命頂戴しやす!お…お見事。」


伊賀崎好天
「グラッチェグラッチェ…そうではない!
わしではなく孫たちを倒してみよと言ったじゃろ、このバカ者。」


キンジ
「いやしかし、天晴坊ちゃんの回復を待つのもおっくうでございやすし…。
他の皆さんもそれどころじゃないご様子でして。」


伊賀埼好天
「相手は蛾眉雷蔵じゃ。おぬしに構っておる場合ではないかもなぁ。
…おぬしはよいのか?」


キンジ
「あっしがコレクションしたいのは、妖怪でございやす。」


伊賀埼好天
「フン、勝手にせい。よいか期限は1カ月じゃ。
それまでに孫たちとのケチャップをつけるのだ…決着をつけるのだ。」






忍者カレー(#12)





カレーにケチャップをかけるのだ。




ゲゲ!カレーにケチャップ…気持ち悪いど!
いや、気持ち悪くはないけど、かけ過ぎでしょそれ。
カレーよりもケチャップの方が多くなる勢いで投入してましたけど
好天おじいちゃん、重度のケチャラーなのかしら?
私も、マヨネーズとケチャップだったら、ケチャップ派ですが。(不必要な情報)


キンジの襲撃を華麗に回避して、カレーを御馳走する!
…と見せかけて、自分で食う。
汚いなさすがラストニンジャきたない。
カレーが食べたきゃ、ちゃんと注文してお金を払えという事ですね。


ラストニンジャに弟子入りするためのテスト期限は1ヶ月。
期限内に天晴たちを倒せなければ
スターニンジャーは流れ星のように消えゆくのみなのである。マジでか。

とは言え、天晴は雷蔵にやられて満身創痍。
他のメンバーも強くなる為に特訓中。
誰にも相手にされず、妖怪も現れないし、暇を持て余したキンジさんは
ラストニンジャを襲いに来たというワケでしょうか。

じいちゃんが認めてくれない限り、キンジは弟子入りできないわけですが
正式にニンニンジャーの一員になるには、どんな流れになるのだろうか。


しかし、好天じいちゃん、おでん屋台以外にもカレー屋さんもやってたのね。
手広くやってるなー。そのうち、寿司の屋台が出てきそうな勢いだわ。






「あのロデオマルさんも、おじいさまが作ったオトモ忍なのですか?」


キンジ
「いえ、これをお手本に作りやした。」



「おじいさまのお書きになった本ですね!
『君も作ってみようオトモ忍の作り方』…。」






これに書いてある(#12)

オトモ忍の作り方(#12)





そんな、てれびくんの付録みたいな…。




載ってるんかい。オトモ忍の作り方、本に載ってるんかい。
説明書を見ながら、軽いノリで作れちゃうものなのだろうか?
ちょっと難しいプラモみたいな?
わからないところは、お父さんやお母さんに聞いてみよう!


まさか、オトモ忍の作り方が公にされているとは。
もはや忍ばな過ぎってレベルじゃねーぞ。
自ら進んで秘伝をオープンにしていくスタイルの忍者って一体…。


材料さえあれば誰でも作れちゃうものなのかな?
もしかしたらこ、キンジだったからこそ
オトモ忍を作れたという理由が出てくるかも知れぬ。備えよう。


そもそも、オトモ忍の動力源って何なのだろうか…。
忍タリティかしら?忍タリティエンジンで動いているのかしら?
忍タリティエンジンって何だよおっかねぇな。







「蛾眉雷蔵、覚悟!」


蛾眉雷蔵
「お前たちか。わざわざ俺の刃にかかりにきたか。」


八雲
「イージーだな。」



「そんなつもりはないけどね。」


風花
「みんな、いこう!」


蛾眉雷蔵
「なかなかやるではないか。しかし、赤いの!奴の力には及ばんな。」






真剣白歯取り(#12)





むうっ!あれはまさしく真剣白歯取り…!!
まさかあの技を、この目にする時が来ようとは…!


首を狙った凪の一撃を、歯で噛みついてガードする
蛾眉雷蔵さんのワイルドさハンパねぇ。

念願だった赤いのとの決闘も済んだし
恐れを集めるために大暴れする雷蔵氏。ノリノリである。
ニンニンジャーが止めに来ても、余裕で返り討ちである。


暴れまくる蛾眉雷蔵を止めに来る八雲たち。
蛾眉雷蔵を取り囲む様に登場してくるシーンがナイスアングルで超イカス。
特に高い所から見下ろすよーに出てくるやっくんはさすがですね。
このままの陣形で変身するのがカッコ良くてたまらんぜ。

天晴を抜かした4人と蛾眉雷蔵の戦闘シーンは
ヨニンジャーのコンビネーションが見所。
素晴らしい連携攻撃でしたが、それを力でねじ伏せる雷蔵の強さがイイカンジ。





キンジ
「おやめになった方がいい、天晴坊ちゃん。
今のあなたが行っても、足手まといになるだけでございやす。」


天晴
「なんで邪魔するんだよ?」


キンジ
「もちろん、あっしのためではございやすが…。
万全でない天晴坊ちゃんを戦わせないため
頑張る4人の健気な姿を見やしたら、ちょいとグッときやしてね。
そんな心意気を踏みにじるってのは、どうなんでございやしょう?」


天晴
「言ってる意味よく分かんないけどな
あいつらは…あいつらは俺を待ってるんだよ!」


キンジ
「そんなことなんで分かるんですかい?」


天晴
「なんでだろうな?妹と従兄…家族だからじゃないか?
とにかく相手してほしかったら一緒に来い。
なんなら蛾眉と一緒に相手してやる。」






囲炉裏でBBQ(#12)





キンジの食事をモリモリ食う。
BBQを焼肉定食だとか言いつつモリモリ食う。
汚いなさすがアカニンジャーきたない。
囲炉裏でBBQしてるキンジもどうかと思うけどw


八雲たちが雷蔵と戦っていると知り
ボロボロの体で戦いに出ようとする天晴と
それを止めようとするキンジのやり取りが、なかなかイカしてるじゃん。
「家族だから」って理由は、シンプルワッショイな天晴らしくて良いですね。





ザ・日本人(#12)





キンジが持っていた写真に写っていたのは
彼の父親とお兄ちゃんでしょうか?
キンジの家族関連でも、なにかしらのエピソードがありそうなカンジ。

…ともあれ、この写真によってキンジの父親が、好天じいちゃんという
衝撃の事実展開は、ほぼ消えたと思って間違いなかろう。


でも良く考えたら、キンジの母親が
好天じいちゃんの娘という可能性はゼロでは無い気がする。
意味深に母親だけ写真に写ってないですし…。
つまり、キンジもいとこ戦隊になれる可能性が存在しているという事なんだよ!






蛾眉雷蔵
「人間どもと共に消してやる。
赤いのが待っている地獄へと行くがいい!」


天晴
「俺がどこで待ってるって?」


蛾眉雷蔵
「赤いの…生きていたのか!」


天晴
「勝手に死んだことにするな!!」


蛾眉雷蔵
「フハハハハ!さすがだ赤いの!
やはり武士は、命のやり取りこそ相応しい。」
「来い、赤いの。もう一度やり合おうぞ!」






タカ兄参上(#12)





やったータカちゃんカッコイイー!!




絶体絶命の八雲たち、その頭上に圧倒的忍タリティを漂わせながら
威風堂々と直立するは、包帯姿に赤の装束!
伊賀埼天晴!アカニンジャーのエントリーだ! !


蛾眉雷蔵にボコられ大ピンチのヨニンジャーの元に、颯爽登場・伊賀埼天晴。
好天じいちゃんがオーバーラップしてしまうほどの安心感。
みんなにとって天晴は頼れる存在である事がヒシヒシと伝わってきますね。

純粋な強さ的にもそうですが
決して折れない精神的な支えとしての信頼感が
天晴のリーダー的資質に繋がっているのかも知れぬ。


高い所から登場するのは忍者としては当然の様式美なのか…。
着地の時に、無駄にダメージを負っていたような気もしますが
細かい事を気にしてはいけない。忍法・やせ我慢の術である。


五人揃って横並び変身!これがまたカッコイイんだな。
ニンニンジャーはあまり変身バンクを使わないですが
今回は一度も使っていないんじゃなかろうか。
ノンバンクな変身シーンの全てがカッコイイ仕様なので
気になったらリピートしてみると良いだろう。ザ・変化!





キンジ
「天晴坊ちゃん、申し訳ありやせん。あっしが勘違いしておりやした。
皆さんの心意気背負って一騎打ちをしてくださいやし!」


十六夜九衛門
「いらぬ邪魔を…!」






バーガー白刃取り(#12)

ワーォ!(#12)





天晴と雷蔵の一騎打ちを邪魔しようとする十六夜九衛門に対し
一騎打ちを邪魔するのは、粋じゃないとばかりに乱入するキンジ・タキガワ。
天晴達の心意気を汲んで助太刀に来たのはグッときたぜ。

忍シュリケンで九衛門の刃を受け止め
その勢いを利用して変化するスターニンジャーさんの
ボウケンジャーめいた変化スタイルに、私の忍タリティが燃え上がるわー。






蛾眉雷蔵
「貴様、なぜだ?なぜこれほど強くなった?」


天晴
「なんでだろうな?でも…なんか…。
初めて自分以外の力が、湧き出てるって感じだ!
熱っ!なんだ?新たな忍タリティを学んだってことか!?
よっしゃあ!みんなの気持ちを合わせるぜ!」


蛾眉雷蔵
「それでこそ我が手柄となる男よ!牙凌道・雷幻斬り!!」


天晴
「シュリケン忍法奥義・乱舞忍烈斬!!」


蛾眉雷蔵
「見事だ赤いの…いや…伊賀崎天晴…!」


天晴
「俺の名前、覚えてたのか?」


蛾眉雷蔵
「その名に違わずあっぱれな奴よ…
悔しいが…俺の御首級、お前にくれてやる…。」






天晴対雷蔵(#12)





決着ゥゥゥウウウーーーッ!!!




己の実力のみで技を繰り出した蛾眉雷蔵と
「合」の忍シュリケンを使ってみんなの力を合わせて迎え撃った天晴。

最後は天晴と雷蔵の一騎打ちで決着でしたが
天晴がみんなの力を感じて戦った事で勝利をつかみ取る。


天晴は単騎でも十分強いけど、蛾眉雷蔵相手のガチタイマン勝負だと分が悪い
…と言うか、一度は普通に負けてましたもんね。

前回の戦いの時よりも明らかにダメージを負っていたのに勝利できたのは
仲間を力を信じる心が、天晴の忍タリティを高めた結果だったのじゃ。(老師)


壁に立っての立体的な殺陣や、八雲の忍者一番刀を使っての二刀流
そして、地面に突き刺した刀を使って次々と斬りつけていく乱舞忍烈斬。
蛾眉雷蔵とのアクションも見どころ満載でチョーイイネ!

忍者一番刀を天晴に手渡した八雲は
ここぞとばかりに魔法を使って戦っているのかと思いきや
まさかの素手で奮闘しててちょっと吹いたw
そこは魔法を駆使してもいいのよやっくん…。


天晴の事を「赤いの」と呼んでいた雷蔵。
自分を打ち破った相手に敬意を払うかの如く
散り際に「伊賀埼天晴」と名前を呼ぶとはシビれたぜ。






十六夜九衛門
「せっかく恐れの力も集まってきたのになんてことだ。
せめて最後に働いて頂きたく存じまする。」


蛾眉雷蔵
「やめろ九衛門!俺の死に際は俺が決める!」


十六夜九衛門
「妖術肥大蕃息の術。」


蛾眉雷蔵
「やめろォォーーーッ!!」


天晴
「あのおっさん敵だけど…ちゃんと成仏させてやるぞ!」



蛾眉雷蔵
「礼を言う赤いの…お館様ァーッ!無念…!!」






雷蔵サヨナラ(#12)





蛾眉雷蔵、爆発四散!サヨナラ!!




天晴に敗北した雷蔵が、潔く散ろうとした所を
無理矢理巨大化させるなんて、ひどいよ九衛門!

漢の散り際を利用された雷蔵には、なんだか同情してしまうわ…。
最後の最後なんて、天晴に礼を言ってましたもんね。
おのれ九衛門許すまじ。


巨大妖怪ガシャドクロ2体が合体して
巨大な剣になるギミックは面白かったな。


行き当たりばったり合体・キングシュリケンジン!
デザイン的に、もはや訳が分からないキングシュリケンジンですが
とりあえず、デカくて強いということは分かった。

シノビマルは胸部の定位置に、ロデオマルは頭部に乗るんですね。
…水面下では、メインの操縦権を争って小競り合いが起こっていそうだわw


蛾眉雷蔵、まさかの1クール退場!
マジでか蛾眉さんマジでか。
天晴のライバルとして、実に魅力的なキャラだったので
このスピード退場は残念でならない。

バカ正直な所もあって、なかなか憎めない奴でしたね。
常に正々堂々と正面から挑んできた雷蔵…
己の敗北を認め、自ら首を差し出してくる心意気と良い
敵ながらアッパレな男であったわ。






伊賀埼好天
「今回の孫どもは、お主の協力もあって勝てたようじゃの。」


キンジ
「どうでございやしょうかね?
とにかく、これじゃあますます坊ちゃんたちを倒しづらくなりやすよ。」


伊賀埼好天
「そんなことは、わしの知ったことではない。」


キンジ
「好天様、それほどまでして
弟子をとろうとしない理由は、なんでございやすか?」


伊賀埼好天
「その昔、わしも一度だけ弟子をとったことがある。
…が、上手くいかんかった。それ以来、弟子をとらんことにしておる。」


キンジ
「そのお弟子さんってのは?」


十六夜九衛門
「フン…。」


伊賀埼好天
「十六夜九衛門じゃよ…。」






弟子いたねん(#12)

マスター好天(#12)

ダークサイドに堕ちた(#12)





十六夜九衛門は、ラストニンジャの弟子だった!


重要な情報がサラッと出てきてビックリしました。
やはり九衛門は元忍者ということになるのね。
アイツ、忍者サイドの情報を知りすぎてたもんなぁ。

牙鬼幻月の復活や、終わりの手裏剣の入手など
九衛門が何をたくらんでいるのか分かりませんが
現状、復活しそうな気配がない牙鬼幻月よりも
よっぽどミステリアスで、悪のオーラを出しているから困る。
これは九衛門ラスボス化あるで!


見える…九衛門に背中を刺される、牙鬼幻月さんの姿が見える…!!(幻覚)




コメント

No title
こちらで字幕にして読ませてもらうと、すごくかっこいいやり取りで脚本も凝ってるんだなあ、とか思うのですが。実際視聴している時はドタバタの方が目立ってしまうのは、やっぱあれですかね。滑舌ですかね。
No title
「フートン」と聞くと、「クレヨンしんちゃん」を思い出しますね。
原作でしんのすけが「ふとんの精」である西川ちゃんに貰った生きてる布団の名前です。

さて、今回も思った事をいくつか。

①おでん屋以外に、カレー屋までやってた好天さん。ところで、キンジ的に蛾眉雷蔵は妖怪枠に入らないんですね。まあ、一応は人・・・だからですかね?

②オトモ忍の作り方を本に載せてた好天さん。多分、難易度としては「レオン・ジョルダーナの画帳」からパラレルエンジンとかゴードムエンジン作るレベルなんじゃないですかね?

③オトモ忍の動力源は何なのか?空気中に漂う「氣」の力・・・とか?

④「真剣白歯取り」を披露した蛾眉雷蔵。この技を見たのは「デモンベイン」のウィンフィールドさん以来ですね。

⑤でも、蛾眉雷蔵の評価だと強さは「天晴>残りの4人」なんですね。

⑥キンジの家族の写真より囲炉裏でバーベキューの方が気になる私。やっぱり、私って芸人気質なんですかね?

⑦勝手に死んだ事にしたのもそうですが、勝手に「地獄へ行った」と決め付けるのもダメですね。天国に言った可能性もあるのに・・・まあ、どうでもいいですが。

⑧キンジのボウケンジャーっぽい変身、格好良かったですね!

⑨皆の武器を借りて戦うというと「ゴーカイジャー」のソドマス戦を思い出しますね。ジョーが5刀流を披露した話です。

⑩まあ、合理的なんだけど、場の空気は読めてませんでしたね、九衛門。私も同じ事をすると思いますが。

⑪キングシュリケンジン。シュリケンジンと違って、シノビマルの顔部分にカバーがないから、本当に「ただ座ってるだけ状態」ですね。

⑫好天さんの弟子だったらしい九衛門。「ニンニンジャーVS仮面ライダードライブ」での事も考えると、やっぱり旋風さんより年下なんですかね?

蛾眉雷蔵・・・惜しいキャラが早々に散ってしまいましたね。
しかし、晦正影もなかなか興味深いキャラなので、今後の活躍に期待です。
「少し寝よう。」と思って就寝。目が覚めたら、一日が半分過ぎてる恐怖たるや……。
・最初から蛾眉が本気を出して暴れていたら厄介だったとよく分かりましたね。この強敵と「一人ではなく皆と一緒に」決着をつけたのも、忍びの6の展開を活かしていて良かったです。
・2クール目はどんな「テコ入れ」が待ってるのか……!

>カレーにケチャップをかけるのだ
・隠し味として大さじ4杯とか聞いたことはありますけど……まぁソースかける人もいますし、好みですかね。
・ちなみに言うと、ヒーローイベントのカレーライスには、ライスにレッドヒーローの顔をケチャップで描いたものもありますが、カレールーとの相性はそんなに悪くないです。

>私も、マヨネーズとケチャップだったら、ケチャップ派ですが。
・それ、仁藤さんの前で言うなや?

>期限内に天晴たちを倒せなければ
スターニンジャーは流れ星のように消えゆくのみなのである。マジでか。
好天「いや、そこまでは言うとらん。」

>いずれオーガニック・スシの屋台曳き
・『ゴーカイジャー』の描写からして、店(テナント賃貸)持てたらしいですね、「ゴールド寿司」。

>「週刊ラストニンジャ・オトモ忍をつくる」
好天「忍タリティをグーンと高めて、スリケンをジューッと熱うして、手でバー回して、ブスッと刺して、ガッチャンやりゃあ、出来るじゃろがい!」
・霞が「合体カラクリ忍同士の合体」という詳細まで把握できかった辺り、好天さんと同じく「人を食った」文体の可能性が高いですね。

>忍タリティエンジンって何だよおっかねぇな。
・『ドライブ』世界でも恐れられてましたしねぇ。

>真剣白歯取り
・『ベルセルク』のワイアルド等の修羅達も使ってましたけど、「真剣白刃噛み」を使える忍たまのしんべヱの潜在能力って一体……。

>囲炉裏でBBQ
・実際可能ですし、島の宿等OKなところもあります……ちょいと煙いッスけどね(笑)。

>やったータカちゃんカッコイイー!!
天晴「カッキーン!」

>蛾眉雷蔵、爆発四散!サヨナラ!!
・ニンジャソウルではなくオバケソウルでも爆発四散インガオホーか。

>ガシャドクロの剣
・ある意味牙鬼軍団のオトモ忍ですよね、牙鬼妖怪は。

>敵幹部入替制
・まぁ『ガオレンジャー』みたいに1クール毎に倒されていった最高幹部達が終盤で復活・集結という例もありますし、何より公式で松田 賢二氏への「お疲れ様でした。」記事がないことから、再登場も期待できる……かもしれません(笑)。

>お爺ちゃん!孫に偉そうに言う前に自分のお尻くらいちゃんと拭いてください!!
・今までの言動とか春休み合体SPとかで「現代っ子か?」と思ってはいましたが、皆さんのご推察通り、やはり忍者絡みですか……まぁ輝夜さん、「輪廻転生」という言葉もありますし、かつて牙鬼が人間だった頃に似たような小姓がいなかったとも限りませんから、ね。
・ちなみにショーだと、忍びの力に溺れて牙鬼と同じく妖怪に堕ちたミカゲ、そしてラストニンジャへの嫉妬から妖怪忍者と化した旧友といった「暗黒忍者」も登場しました。まぁお友達の声援でパワーアップしていたとは言え、未熟な手裏剣戦隊(しかもスターニンジャー合流前)に敗れて、オタッシャする程度ですので、本来の実力も「お察し」ですけどね(笑)。

>>通りすがりさん
・仰るとおり、この作品は基本ハチャメチャですが、締めるべきところはしっかり締めようとしてるので、好感が持てますねぇ。滑舌は……初期に比べると少しマシになってましたし、これからもゆっくり付き合っていきますか。ちなみにショーのアカニンジャーは大体滑舌が良いので、「燃えてキターーーッ!」等も印象が違いますし、「普段は残念だけど、ここぞという時に頼りになるお兄さん」としての一面がよく出てます(笑)。

>>JUDOさん
>空飛ぶフートン
・いつの日か再登場しないですかねぇ……アニメ化は今のスタッフだと改変酷そうなのでしなくてもいいか(コラ

>狩りの対象は「妖怪」
・山姥(鬼女)とか酒吞童子にペロリ太郎(説の一つですけど)とか人間が妖怪化した後天性タイプもいるにはいますけど、確かに牙鬼達は「はぐれ外道」と言いますか「半妖怪」な感じですしねぇ(笑)。

>オトモ忍の動力
・「具現化」設定とか好天さんの説教とかから察するに、皆さんの推察通り、氣(忍タリティ,カラテ)かもしれませんね。

>天国に行った可能性
蛾眉「もし赤いのが極楽へ行ってしまったら、俺が地獄に堕ちる愉しみがなくなるではないか!?」

>五刀流
・ゾドマス戦の決着もゾロの三刀流とかパーリィーな奥州筆頭の六爪流とかを意識したのかぶっ飛んでましたが、良かったですね(笑)。
・よく競い合ってるヤッくんが託したってのも「熱いな、コレ!」でした。

>浪漫も現実も大切なものであります
・仕事はかなりできる方なのに、「やる気起きひん」と拒否ってた上司が、やっと本気になったと思った矢先、何か納得してクールに去ろうとしたら、そりゃ「無粋」と言われようと、ふんじばりますよね(笑)。

>座ってるだけのシノビマル
・まぁ離脱しやすくなったと思えば…………(笑)。

長々と失礼いたしました。

管理者のみに表示

トラックバック