ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダードライブ感想 第23話

2015.03.27 (Fri)

第23話 「悪戯な笑みを止めるのはだれか」




進ノ介追田警部補
「見えない爆弾なんて、こりゃコイニョウボウの仕業としか思えねぇ。」





コイニョウボウ(#23)




ドヤってる…現さんがドヤってる…!!
この顔は!………ボケている『顔』だぜ……追田源八郎!

ロリショージョ、モエニュードウ、ホイコーローに続く
新たなるキーワード、コイニョーボ。
もはや狙って間違っているとしか思えないワードに
現さんの次なるボケに期待が高まる第23話。




ハート
「そうか…チェイスがやられたのか…。」


ブレン
「いい友達を亡くしました…!
誰かさんがもっと上手く改造していれば
こんな悲劇は起こらなかったのに…!!」


メディック
「誰かさんとは誰の事かしら?
ハート様、悲しむ必要などございませんわ。
チェイスは所詮、約束の数にも入らぬ男。
いずれ敗れる運命の者が敗れた、それだけの事です。」


ハート
「理屈じゃないんだよ、メディック。
友達をなくすと言う事は、とても…とても悲しい事なんだ。」


ブレン
「そうですね、ハート。我々は必ず復讐すべきです。」






したり顔ブレン(#23)





したり顔デターーー!!




ブレンさんのムカつく、したり顔デター!!
まんまとハート様の隣の席をゲットした、ブレンさんのドヤ顔が光る。
メガネの奥も怪しく光る。
全然、計画通りじゃないけど、計画通りみたいな顔しとる。
なんというイラつく表情。殴りたい、あの笑顔。


ハート様の隣のポジションをかけて
熱い火花を散らすメディックとブレンのデッドヒート。
二代目ハンカチを手にしたブレンさんは一味違うぜ…!
チェイスがやられたってのに、なにしてんのこの幹部達?


ハンカチは『2枚』あったッ!
まさかの二代目登場ですよ。ストックあったんかい…。


分かるワー、その気持ち分かるワー。
ハートの心情を察して、同調するブレンさん。
この辺は、ハートとの付き合いの長さが出たカンジ。
ついでに、チェイスがやられたことを
メディックのせいにすることも忘れない憎たらしさである。
出し抜かれて、ぐぬぬ顔を晒すメディックちゃんが可愛いです。

なぜか勝ち誇っているブレンさんだけど
基本スペックはメディックの方が圧倒的に上だかんね!
調子にのってるとまたボコられるで!


チェイスがいなくなったことで、心を痛めるハート様の優しさが熱い。
めっちゃ落ち込んでますやん…。
ハートだけは、チェイスを道具としてではなく、仲間として扱っていたんだね。
手にしていたのは、プロトドライブのシフトカーでしょうか。

それにしても、ハート様はなぜこんなにも仲間思いなのか…。
(おそらくいたであろう)コピー元のお兄ちゃんが
友情に熱いタイプだったのかも知れん。





霧子
「ドクター。これは、私とあなた2人だけの秘密よ。」
「ドクター、お願い。」






マッドショック(#23)

死ぬほど痛い(#23)





秘密のお医者さんプレイキタコレ。




マッドドクターの協力を得て、チェイスの治療をする霧子ちゃん。
治療するなら、ナースコスの一つや二つするべきなんじゃなかろうか?
そんな考えが頭をよぎりましたが、すぐに過ぎ去っていきました。


進ノ介やベルトさんに内緒で、こんな事までしちゃうとか
霧子のチェイスに対する思い入れは半端じゃないですね。

シフトカーの能力を利用するのに、ブレイクガンナーを使うのは上手い。
これならば、ドライブやマッハの力を借りなくてもOKと言うね。
霧子ちゃんに治療されるなら、怪我するのも悪くないと言うね。
死ぬほど痛いのもご褒美?ハイクオリティだなオイ。






霧子
「剛。やっぱりここにいた。」



「何?わざわざ弟にデート見せつけに来たわけ?」


進ノ介
「そんな平和な用事なら良かったんだけどな。
ちょっと付き合ってくれ。お前の手を借りたい。」



「この遊園地に爆弾。タイムリミットは今日の15時か…。」
「うわぁぁあーーーッ!!?」


追田警部補
「おい!アレ、仮面ライダーじゃねぇか!?」
「仮面ライダーが爆発した!?」






マッハ大爆発(#23)





爆発、退場、いずれもマッハ!!




マッハさん大爆発してるじゃないですかー!やだー!!

たまたま偶然、見えない爆弾が背中に直撃する仮面ライダーマッハェ…。
観覧車の上に登ってて、爆弾が直撃しちゃうとか、圧倒的レア体験。
仮面ライダードライブに負けじと特訓している最中に
呼び出されて手伝いに行った結果がこれだよ!
とんでもない確率で、爆弾がヒットしちゃう剛くんは持ってる男である。


連続予告爆破事件に、ロイミュードが関係している疑いがある。
さらに、見えない爆弾を探すとなれば
仮面ライダーマッハの手も借りたかったという事ですね。

…普通にシフトカーズを総動員しても良かったんじゃなかろうか?
以前、数年前に喪失した事件の証拠品も探し当てていましたし。
レーダーで探知する能力を持っているシフトカーとかいないのかしら。
演歌を流す奴はいると言うのに。


今回のロイミュードは、久しぶりに進化態でちょっとカッコイイ。
見た目に反して軽いキャラクター性と
外見からはビミョーに能力が判断できなかったのもナイス。






霧子
「剛のおかげで、観覧車の爆破を防げたのね。」



「あんなの、ただの偶然だし。」


ベルトさん
「マッドドクターがいれば、少しは痛みを和らげる事もできたが…
霧子、どこへ行ったか知らないか?」


霧子
「さ…さぁ?そういえば見ませんね。ちょっと、探してきます!」


ベルトさん
「ん?りんなは知らないか?」


りんな
「今、話しかけないで!」






半裸ライダー(#23)





ドキッ☆ボロボロ半裸男子だらけのドライブピット!!




脱ぐよねー、案外脱ぐねー。割と脱ぐシーンあるねー。
よーし、次はハート様のシャワーシーンも期待しちゃうぞー。(虚ろな目で)


半裸男子に目もくれず、研究開発に勤しむりんなさんが偉い。
通常状態のりんなさんであれば、半裸の進ノ介&剛くんを食い入るよーに
そして上から下まで舐め上げるよーに凝視した挙句
参考用の画像を確保することは確定的に明らかなのですが
今回ばかりは、タイプフォーミュラ用のシフトカー開発が優先とはさすがです。
ちょっと、りんなさんを何だと思ってるんですか、やめてあげてください><


ロイミュードの見えない攻撃に翻弄され
一方的に攻撃された挙句、逃げられてしまう結果に。
進ノ介と剛の2人に、これほどダメージを与えるとはなかなかやりおる。


ベルトさんが「マッドドクターがいれば、少しは痛みを和らげる事もできた」
とか言ってましたけど、その痛みを和らげる治療が死ぬほど痛いという事実。
一度、死ぬほどの痛みを乗り越えさえすれば
断続的な痛みは無くなるという解釈なのだろうか。どっちがいいのやら。

マッドドクターをパクった霧子ちゃんの狼狽っぷりパナイ。
根が真面目っぽいし、隠し事とか出来ないタイプなのね。




「またドライブか…もう進兄さん1人でいいんじゃない?
ハハ…なんてウソウソ!何かあったらまた呼んでよ。」




一方、剛はタイプやさぐれモード。
パワーアップアイテムがドライブだけだったり
いくら特訓しても結局役に立ててなかったりで
嫉妬、ストレス、いずれもマッハ。
かなり落ち込んでいましたが、ファイトよ剛!負けるな剛!





進ノ介
「茂木拓郎くん。君、緑ヶ山東高校の生徒なんだって?」


追田警部補
「それ、連続予告爆破事件の最初の現場だな。」


進ノ介
「調べたところ、第2の現場の駅、第3の現場のショッピングモール。
どちらの監視カメラにも、爆破予告時間の前後に君の姿が確認されてる。」
「何の目的で行ったんだ?」


茂木拓郎
「連続爆破予告だよ?見たいに決まってんじゃん。」


進ノ介
「じゃあ、君はどうして遊園地であらかじめ観覧車を撮影してたんだ?
どこが爆発するか知ってたからじゃないか?」


茂木拓郎
「たまたまっすよ!ヤマ張ってたら当たったって言うか?」






茂木拓郎(#23)

キーワードは3号だってさ(#23)





ハイ、今回の犯人はコイツ。




あー…これは、見るからにやっちゃう顔してますわー。
ゲーム感覚で事件を起こしちゃうタイプですわー。
古畑任三郎にビンタされるキムタクと同じタイプですわー。(凄い偏見)

もはや完全にコイニョウボウのコピー元であり
暴れ恋女房確定なのである。






シュートロイミュード
「いくら仮面ライダーでも、4か所同時爆破じゃ止らんないでしょ。」


進ノ介
「そうかな?止める気満々なんだけど。」


シュートロイミュード
「何でここに!?」


進ノ介
「ずうっと考えてたんだ…こいつがどこから出てきたのか?
やっと分かった。俺が食らった見えない攻撃。
お前の能力は、人間の目には見えない程の速さで
物を撃ち込む事だったんだ。連続爆破予告事件も同じだ
。爆弾は元々、仕掛けられてなんかない。
予告時間に、お前が撃ち込んでたんだ。それが分かれば後は簡単。
今回の予告の4か所同時に
爆弾を撃ち込むのに相応しい場所を探してもらった。それがここだ!」


シュートロイミュード
「推理が当たった所で、撃っちゃえばこっちの勝ちなんだよ!」


ベルトさん
「タイプフォーミュラのスピードなら、
着弾地点が分かっていれば追いつける。必ず止めるぞ、進ノ介!」


進ノ介
「当然!」






シュートロイミュード(#23)





ぅゎ フォーミュラさん 超はゃぃ。




見えないほどの速さ?走って追いつけますけど?
見えない速さで放たれたミサイルに
走って追いつくフォーミュラさんマジパネェっす!!
って言うか、ミサイルに走って追いつくという画が普通に面白いw



「仕組みが分かりゃ、見切れるんだよ!」




見えない攻撃を繰り出す能力ではなく
見えない程の速さで物を射出する能力。

見えない攻撃ならばキビシイが、超スピードの攻撃だと分かれば
同じく超スピードを武器にするドライブやマッハには見切ることは可能ッ!
厄介な攻撃ではあるものの、対策は立てられるという事よね。

シュートロイミュードも、よく観察すると射出口が一杯ついてますし
あそこからの攻撃さえ注視していれば割と余裕なのか・も。
肩の部分は必殺のミサイルポットかしら。
うーん、全体的にガンマンロイミュードの上位互換のよーなカンジ。


それにしても、4か所同時に爆破をする為に最も適した場所を
バッチリ探し当てちゃう究ちゃんって凄くね?


通常フォームを経由せずに、最初からクライマックスへのW変身が熱い。
個人的に、いきなり最強フォームになられるのはちょっとアレで
通常フォームを経由するのが様式美であると思っているのですが
今回は、超スピードでなければ対応できない相手だったので
初っ端から最高速を出せるフォームに変身するのは理に叶っていたかも。






ベルトさん
「どうした?進ノ介、スピードが落ちている!爆弾はあと1つだぞ!」


進ノ介
「いや…そろそろGが厳しい…!」
「こんな時に…!!これは?」


ベルトさん
「りんなが開発していたピットクルー。
マンターン、ジャッキー、スパーナだ。至急メンテナンスを頼む!」


進ノ介
「すげぇ!体が楽になった!」


ベルトさん
「進ノ介、時間がない。マンターンを使え!」






ピットイン(#23)





やだ…フォーミュラさんのフル加速ポーズ、超ダサい…!!

なんだろうあの、アラレちゃんを連想させるダッシュポーズ。
背中からアフターバーナーみたいに炎が出るのはカッコイイのになー。

両手にタイヤを装備しているから、あのポーズが一番車チックであり
最高速度を出せると言われたら納得せざるを得ませんが
どう見てもカッコ悪いのは揺るぎない事実であろう。


超高速でミサイルを止めて回るタイプフォーミュラがカッコイイ!
どう考えても間に合わないと思うのですが
魔進チェイサーが作りだしていた超重加速の中で
超高速で動けていたことを考えると
ほぼ時が止まっている状態レベルまで加速しているのかも知れぬ。


肉体&マシンの限界を、ピットインすることでカバーするってのはイイカンジ。
ピット作業も超高速だったに違いあるまい。

シフトカーのピットクルーのメンテナンスを受けて、燃料もマンターン!
俄然、元気ハツラツ、発情シタミタイニ再加速シテイマス。







「しまった!」


シュートロイミュード
「よく分かんないけど、俺のチャンスじゃん!死んじゃいな!!」



「うぅっ…あっ…!進兄さん!」


進ノ介
「ただいま。爆弾は全部ぶっ壊してきたぜ。」


シュートロイミュード
「全部!?嘘だろ!?あぁ~もう!!」


進ノ介
「最後の爆発だ!!」






もう全部進兄さん1人で(#23)


もう全部あいつ1人でいいんじゃないかな





もう全部、進兄さん1人でいいんじゃないかな?




4カ所同時に撃ち込まれたミサイルを1人で破壊して
大ピンチになっていた剛の元へと、颯爽登場カムバック。

新たなシフトカーの能力で、シュートロイミュードをフルボッコして
トレーラー砲でフィニッシュです。へっ!きたねえ花火だ。


デッドヒートマッハで、シュートロイミュードとタイマンはっていた剛くんですが
タイムリミットでタイヤがバースト。
隙をつかれて、逆にボコられる結果に。
ロイミュードを倒す気満々で戦っていたのに
逆に、進兄さんに助けられる始末。


剛は、限られた装備を補うために、肉体を鍛えながら頑張ってきたと言うのに
進兄さんは、ちょっと目を離した隙に、パワーアップと言うね。

ドライブとマッハで共有のデッドヒートより先の、フォーミュラへ。
そして、それをフォローするシフトカーまで追加と来たもんだ。
それに引き換え、一向に追加されないシグナルバイク。

ドライブを超える最新型の仮面ライダーとして
華麗に登場してきたマッハですが、どうしてこうなった…。
ハーレー・ヘンドリクソン博士どこいった…。


焦りがつのり、余裕が無くなっている剛の姿が痛々しい。
マッハドライバーも壊されてしまいましたが
剛くんは一体どうなってしまうのだろうか。
マッハのパワーアップアイテムも作っておくれよ、りんなさん!






茂木拓郎
「事件解決、おめでとうございます。
俺の疑いも晴れたし、めでたしめでたしだ。じゃっ!」


霧子
「いいんですか?帰してしまって。」


追田警部補
「今日の所は仕方ねぇ。事件に噛んでるって証拠も不十分だしな。」






ちょりーっす(#23)





このガキ~~、勝ち誇ってやがる……

「ホントは俺が「ロイミュードのコピー元」さ!
だがなんの証拠もねぇ!
てめーらは完敗なんだよォ!どうすることもできねーだろォ!」

そう言っているッ!このエテ公はそう言っているッ!


釈放されて調子にのって帰宅する茂木拓郎くん。
殴りたい、あの笑顔。
是非とも彼の犯罪を暴き、ブタ箱にぶち込んでほしいものである。





回収ブレン(#23)





久しぶりに、現場にてコアを回収するブレンさんの姿が!
メディックちゃんに一泡吹かせたのでご機嫌モードでお仕事再開かしら。

しかし、魔進チェイサーに続き、シュートロイミュードのコアも未破壊とか
トレーラー砲の精度に疑問が持たれますね。
実はまだ完成品ではないのだろうか?
ネジが一本抜けてましたァンみたいな。


ナンバー091のコアはブレンが回収した上に
コピー元の犯人(仮)も証拠不十分で釈放。
事件は一応解決しましたが、物語はもうちょっとだけ続くんじゃな予感。

「悪戯な笑みを止めるのはだれか」と言うサブタイトルも良かったなと。
いつも余裕を見せていた、剛やメディックの笑みが今回は無かったし
茂木拓郎くんの悪戯な笑みが次回に止まると思うとワクワクしてくるぜ。






霧子
「ドクター、調子はどう?」


チェイス
「…お前が、俺を助けたのか?」






起きたわよ(#23)

腕ガシ(#23)





あらやだ、なにこの怪しげなムード…。




ベッドの中から、霧子ちゃんの腕をガッシィィッ!ですよ。

壁ドン、袖クル、顎クイ、肩ズンに続く
次世代を担うセンシティブな萌えキュンアクションとして
全俺の期待が集まっているという「腕ガシ」ですよ。

あのまま強引に引き寄せてベッドにインであり、ピットイン。
これがチェイスくんのやり方なんだよね。やだもうこの夜の死神!

マッドドクターをチェイスの為に使って
実の弟である剛くんの治療には使わせなかったり
今回の事件現場にはまったく行かなかったのに
チェイスの様子を見に行くことは忘れない
ちょっと色ボケている霧子ちゃんなんてイチコロですワー。


焦りが見え隠れしつつ、マッハドライバーをも壊されてしまった剛に
霧子ちゃんの死ぬほど痛そうな看病で意識を取り戻したチェイスと
気になるポイントも多く、続きが気になる展開だというのに
次回は、ニンニンジャーとのコラボスペシャルと言う現実である。
なるほど…私の忍タリティが試されているという事ですね。
こいつぁ耐え忍ぶしかねぇぜ!


余談ではあるが、壁ドン、袖クル、顎クイは(分からないけど)分かるとして
「肩ズン」ってなんなのよ…。あれ別にズンしてなくね?

「舌ズン」なら知ってるんだけど。
桃白白がブルー将軍を殺した時の技でしょ?





舌ズン





なんでも知ってるからね俺。




コメント

死ぬほど痛いゾ
ヤバい、剛くんがまた死ぬ!と思ったヒト、怒らないから手を挙げなさい。ハイ私です
マッハ自体未完成で持ち出されたためか戦力増強が追い付いていない様子。
剛くんは頑張ってるし、気質も優しいのでなんとか報われてほしいところですがここへ来てドライバーが破損。神はまだ彼に試練を与えるつもりなのでしょうか
今回のエピソード、脚本は香村純子さん。ウィザードでサブライダーを担当されていました。
タイプフォーミュラーの本格参戦と敗北したチェイスの新たな出発、剛くんの焦りの正体などかなり重要な回を任せられているようで転換期に相応しい新しいドライブを見せてくれる期待大です
両腕を横に広げてブーーーン!あんな体勢で人ごみを走り抜けるとか危なっかしいったら。
けど背面にロケットみたいに炎を噴出して走るのはちょっとカッコいいかも。気のせいですね
クリスマスと年明けに帰還した海外調査部隊でシフトカーは打ち止めかと思った?
残念!フォーミュラー仕様がロールアウトだ。けど汎用性の低さがフォーミュラー専用ってカンジでいいです
観覧車でなくマッハが吹き飛んだのは偶然でなく誤射?シュートロイミュードは精密動作性に難ありでしょうか
またストレートに腹立つロイミュードのモデルが登場しました。りんなさんの元カレ以来だからそんな久しぶりではないのですが、最近人間側に同情的になれるケースが続いていたので少し新鮮
さりげなく、そして大胆に猿呼ばわりするヨルさんのコメントにも頷けます。死ぬほど怖い目にあってほしい
欠けた幹部会議と狂医師と美人婦警の秘め事。
メディックの手によって焼却されたブレンハンカチの遺志は二代目ハンカチに受け継がれた! 普通に二枚目ありましたね。前回の狼狽はなんだったのか
絶好調でメディックに嫌味を言うブレンですが、このテの女性は嫌味一言を万倍にして物理的に返してきますから危険です。月のない夜道に気を付けて!
マッドドクターは狂気と名前につきつつも医師らしく守秘義務は尊重する様子。前回の洗車を嫌がるモンスターもですがシフトカー個別の性格が見える演出はいいものです
九死に一生を得たチェイス。彼を心配し、進ノ介たちに秘密を作りながらも助けた霧子ちゃんの真心も本物なら、彼の死を悼み、理屈じゃないとメディックを制するハートの友情もまた本物。
死神の枠から解き放たれた魂は人と機械のどちらを選ぶのでしょうか。次回に刮目、ってコラボ回ですかあ~!?
嘆いても仕方ないので、まず明日はdビデオに登録して仮面ライダー4号を視聴しましょう。果たして進ノ介は繰り返される死のループから剛くんを救うことが出来るのか、そして4号とはいったい何者なのか!
おのれディケイド! お前のせいで続きがWebになってしまった!
No title
ロリショージョ、モエニュードウ、ホイコーローに続いて、コイニョーボ。

次は「オオニュードウ(大入道)」とかどうでしょう?

さて、ロイミュード072みたいなロイミュードが来て欲しいぐらい手が足りない状況ながら、今回も思った事をいくつか。

①ハートは本当に友達思いな男ですね。そして、ブレンとメディックが火花を散らしている事に気付かない鈍感さ・・・意外とハートにはギャルゲー主人公あるいはハーレムアニメの主人公の素質あるんでしょうか?

②ブレイクガンナーにマッドドクターを装填し、チェイスを治療した霧子。これって、マッドドクター的にどうなんでしょう?「たとえ敵でも治療が必要な患者には手を差し伸べる」みたいな感じなんですかね?

③「遊園地に爆弾」は定番ですね。爆弾と聞くと、思い出すのが「ミスターブレイン」で登場した「どんな爆弾でも止める方法」ですね。「爆発の1分前に爆弾を作った人に渡す」という身も蓋もない話ですが。

④思いっ切り爆発に巻き込まれたマッハ。どう考えても、マッハ呼ぶよりシフトカー総動員の状況だと思うんですが・・・シフトカーたちは何してたんでしょう?

⑤半裸男子が2人いるのはいいとして、マッドドクターはずっとチェイスに付き添ってるんですね。他に協力してくれそうな口の硬い(?)シフトカーっていないんですかね?何となくデコトラベラーとかは協力してくれると思うんですが・・・。

⑥嫉妬、ストレス、いずれもマッハ状態の剛。助けてあげて、マスター・ラゲク!

⑦どう見ても犯人の茂木拓郎。よし、こいつを爆破予告のあった場所に縛り付けて放置してみよう!

⑧矢を撃ち込んで爆発させていたシュートロイミュード。「幽遊白書」の鴉みたいな能力だと思ってた私の期待を返せ!

⑨で、タイプフォーミュラはミサイルを走って追いかける・・・カブトやファイズでもやらなかった事ですよね。

⑩両腕を水平に伸ばして走るって・・・加速するはずなのに、明らかに空気抵抗が増えてません?

⑪思いっ切りベルトが壊れてしまった剛。あのベルトは「マッハドライバー『炎』」ですから、次はハーレー博士に「マッハドライバー『稲妻』」とかを作ってもらおう!

⑫で、釈放された茂木拓郎。取り敢えず、お詫びの品としてドクササコでも渡しておきましょう。

⑬そういれば、コアが破壊されてなかったシュートロイミュード。泊も最近は「普通に倒すだけでコアが破壊されてた」という状態だったので、油断したんですかね。

もの凄く展開が気になるところで、次回は合体スペシャル。

スタッフ空気読め。「甘城ブリリアントパーク」のシルフィー以下か、貴様らは?

と言いつつ、忍者と刑事がどうコラボするか期待してます。
No title
>ハート様のシャワーシーン

メディックちゃんとブレンさん大喜び…!!(笑)
お背中流しますわ、ハート様♡とか言いながら
バスタオル一枚巻いただけの状態で堂々と入ってくるメディックちゃんと
シャワールームに既にカメラを仕掛けているブレンさん、まで想像しました。
メディックちゃんの胸元から目が離せませんね!※なんの話だ
舌ズン!!!
タイプフォーミュラの本気走り。。。最近話題のラッスン的なスパイダーフラッシュローリングサンダーにしか見えないという悲しみでした

舌ズン。電車で爆笑ですよ!
混んでる電車で我が回りに空間が出来ましたよ!
何これ、モーゼ的な何かですか?

管理者のみに表示

トラックバック