ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダードライブ感想 第20話

2015.03.07 (Sat)

第20話 「西城究はいつからロイミュードだったのか」




本願寺課長
「キューちゃん!」


白西城&黒西城
「ハーイ!」


本願寺課長
「おはよー!」


白西城&黒西城
「オハヨー!」





キューちゃん(#20)




鶴太郎さんのキューちゃんネタキタ!
ちゃんとやってくれて超嬉しいw
2人に増殖した究ちゃんは、イラつき度も2倍!第20話。




進ノ介
「でもさぁ、俺たちが突然顔出したら究ちゃん驚くだろうな。」



「その本の究さんの写真、俺が撮ってあげたんだ。」


進ノ介
「本業は、ネットワーク研究家だっけ?」


霧子
「特状課には、客員として協力してるだけで
西城さんは元々、知る人ぞ知るオタクのカリスマですからね。」






究ちゃんサイン会(#20)





やだ…究ちゃんってば予想以上に凄い人だった…。




本を出版&サイン会を開催するとか言っていたので
お客さんが誰も来ない状態で、長椅子に座って死んだ目をしたまま
微動だにしない究ちゃんの姿を想像していたのですが、まさかの大盛況ですよ。

オタクたちの大行列ですよ。オタクの大洪水やー(間違った彦摩呂感)ですよ。
マジでか。マジで大人気か究ちゃん。いや、究ちゃんさん!


究ちゃんと、りんなさんは警察官ではなく
客員として特状課に協力しているという事は理解していましたが
究ちゃんが、ここまで有名なネットワーク研究家だったというのは知らなかった。
これはコメンテーターとして、テレビ番組とかにも呼ばれちゃうレベルなのかしら?


意外なカリスマ性を発揮する、究ちゃんの姿に驚愕しつつも
出版した本のタイトルが「万歳!ネット人生」という
案外フツーなカンジだったのはちょっと残念。
もっとロイミュード関係に振り切った都市伝説系かと思ったのですが…。
でも、内容は激しく気になりますね。
今後はことあるごとに、この本を配り歩いたりしたらええねん。


本の表紙の写真は、剛が撮ってあげたらしい。
いつの間に仲良くなってたんだあの2人…!

3人ならんで究ちゃんのサイン会へ向かう進ノ介&霧子&剛がなんかカワイイw
冒頭のやり取りがハートフルで良いんですよねー。






ロイミュード072
「許さん…!絶対に許さん…!!」



「そこまでだ!追跡、撲滅、いずれもマッハ!仮面ライダーマッハ!!」


ロイミュード072
「おぉっ!本物の仮面ライダーが…ついに…ついにキター!!」


進ノ介
「やっと追いついた。」


ロイミュード072
「もう1人のライダーもキター!!…あれ?君は名乗りとかないの?」


進ノ介
「俺?あぁ…仮面ライダードライブ。」


ロイミュード072
「違ーう!さっきやってた様なやつ!」



「マッハー的な?」


進ノ介
「あっ…あぁ。仮面ライダード~~~ライブ!!






カーレン的決めポーズ(#20)





戦うお巡りさん!激走戦士・仮面ライダードライブ!!




それ激走戦隊カーレンジャーじゃないですかー!やだー!
それだよそれ!じゃないよ。それ激走戦隊のやつだから。
カーレンジャーのやつだから。
車繋がりとかそーゆーアレですか、素敵です。


進ノ介には「ひとっ走り付き合えよ!」と言う決め台詞がありますが
あれは名乗りとはちょっと違うもんね。
剛の様に、ガッツリとした名乗りセリフがある方が珍しいかも。
「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ!悪を倒せと俺を呼ぶ!!」みたいな。


仮面ライダーの登場&名乗りに興奮するロイミュード072。
072…ぬふぅ…。
仮面ライダー達とロイミュード072が、名乗りの件で盛り上がっている中
重加速でゆっくりと倒れていってるアイドルの子が可哀想なのであった。






ハート
「いい殺気だ。 君の死神部隊だな、メディック。」


メディック
「左様です。ロイミュードを倒せなくなったチェイスに死神はもうできません。
彼は打倒ライダーに集中させ
代わりに私たちが、不良品のリセットを遂行します。」


ハート
「素晴らしいよ。君は非の打ちどころがない。」


メディック
「ブレンとは違いますわ。ブレンとは。」


ブレン
「あるだろ!非の打ちどころなら!まず…その……性格だ!!」


チェイス
「性格?」






覗き見ブレン(#20)





ブレンとは違うのだよ、ブレンとは。




さすがメディックちゃん。
こっそりと覗き見しているブレンを横目で確認しながらのディスりである。

ハート様からお褒めの言葉を頂きつつ
自分の評価を上げ、ブレンの評価を下げる一石二鳥の小悪魔スタイル。
これにはブレンさんもビキビキするしかないのであった。

メディックの日のうちどころを探した結果
「性格」ということに行き着いたブレンさん。
それって、メディックちゃんの参謀役としての能力は
自分より上だと言ってるようなものなんじゃないかな?w
まぁ、性格が悪いというのは、あながち間違ってはいないんですけども。
だがそれ良いというパティーンもあるわけで。

なんかもう、ブレンさんの一挙手一投足が面白くなってきたw
ハンカチ噛みすぎて、引き千切る日も近いね。


ブレンの言葉に反応して、「性格?」と呟くチェイスくん。
今回の出番はこのセリフ一言である。
4文字で全てを語る男・チェイス。渋いですね。

ここでのチェイスのセリフは
単に「こそこそ覗き見しながら、陰口叩いてるお前が
メディックの性格のこと言えるのかよ、駄メガネ。」という意味なのか
それとも、今後に関わってくる伏線になるのか、わりと気になる。

メディックによって強制的に洗脳されている状態のチェイスには
己の真の性格について思う所があった…かも知れない。


…って言うか、このシーン風めっちゃ強くね?


なんという強風。なぜならばここは船の上だからなのです。
毎回、ロイミュード幹部達のアジトは凝ってて良いですね。

いやもう、メディックちゃんとハート様の髪が
バサバサなびくのが気になっちゃってですね。
メディックのスカートが、何かの間違いでめくれちゃわないかと心配で凝視ですわ。

そもそもこの時期に、あの恰好で海の近くとか相当寒かったんじゃなかろうか?
ハート様はイカスコートを着てるから良いけど
メディックちゃんなんてノースリーブだもんね。二の腕丸出しプリンセスだもんね。






霧子
「まぎらわしいので違うシャツを着せました。
便宜上、白西城さん、黒西城さんとします。」






究ちゃんズ(#20)





白西城、黒西城。2人の究ちゃん。一粒で二度おいしい。いや、おいしくはない。
白と黒が合体すると、灰西城になるんですね。どうでもいいです。


どうせ増えるなら霧子ちゃんが増えろや…
そんな私の想いを裏切って、増殖したのは究ちゃんなのでした。
なんでや…なんで増えたんや究ちゃん…!
カリスマ的存在になると、分裂するくらい容易いことなんだね…。


どちらかが本物の究ちゃんで、もう片方はロイミュード。
とりあえず、霧子キックを喰らわせて
死んだら究ちゃん、生き残ったらロイミュードという形でどうだろうか?

これまでも、こっそり入れ替わって特状課に来ていたようですが
今まで見てきた究ちゃんの中に
ロイミュードが混じっていたという事になるのか…。
必死に仮面ライダーの情報を集めようとしていたのが
ロイミュード究ちゃんだったのかな?





追田源八郎
「どうだ!このワンコがどうなってもいいのかー!?」






鬼の現さん(#20)





特状課の取り調べを受ける白西城&黒西城。
でもここは警察署じゃなくて、久留間運転免許試験場…。
取り調べ室ではなく、講習室みたいな場所で取り調べしているのが細かい。
どちらかがロイミュードとなれば、特状課で処理すべき問題ですしね。

衝撃だったのは、西城究がハンドルネームだったということですね。
本名は、今井健太…普通だ…。


ドッグくんを人質にして、吐かせようとする現さんが鬼である。
よく見ると、メインキャラっぽい女の子(たぶんマイちゃん)が
棚に挟まれて助けを求めてるし…
こんな尋問されたら、やってないことだって白状しちゃいそうだよぅ。





西部現さん(#20)





追 田 警 察



フッフフ…ショットガンで狙撃してきそうな面構えだぜ…!






進ノ介
「これを見ろ。」


黒西城
「あぁーっ!?それは!!」


白西城
「日本に5枚しかないと言われている新番組スタート記念皿!!」


進ノ介
「今の俺には簡単に偽物が見抜ける。こうやってな。」






マーマーマンション限定絵皿(#20)





そんなフリスビードッグみたいな…。




記念絵皿を利用して、より機敏にキャッチした方がロイミュード!
究ちゃん相手にはこれ以上ないくらいのベストな選別方法なのですが
なんとなーく腑に落ちない見分け方であるw


日本に5枚しかないと言われる記念絵皿は
カラフルコマーシャルが投影した映像を
スピンミキサーが実体化させた模造品…シフトカーの能力凄すぎだろコレ…。
精巧な3Dプリンターみたいなものだろうか。



進ノ介
「よくできてるだろ?あげるよ、その偽物。」


ベルトさん
「それは、シフトカーの力で作った複製品だ。」




警察がコピー品を作っていいのか?
初めてこの光景を目にしたあなたは、違和感を感じるかもしれない。
当然その通りであろう。
しかし、仮面ライダードライブは、ロイミュードから市民を守る戦士。
これは、警察としての仕事ではなく、仮面ライダーとしての責務であり
なんら問題がないという事は確定的に明らか。






ロイミュード072
「さぁ、君もこれで用なしだ。」


西城究
「殺されるなら頼みがある!今夜放送されたアニメの最新話を見せてくれ!
見れなきゃ、死んでも死に切れない…!」

「…良かった…この回見逃さなくて…
基本ギャグだけど、たまにこういう泣きの回がくるんだよなぁ。」


ロイミュード072
「凄い…なんだこの神アニメは…!」


西城究
「君…わかるの?」


ロイミュード072
「うん!」






芽生える友情(#20)





マーマーマンションが、1人の人間の命を救い
1体のロイミュードの運命を変えた瞬間である。イイハナシダナー。


アニメで芽生える友情ってめっちゃ素敵やん?
それ以前に、ちゃんとアニメを見せてくれたどころか
一緒に見ていたロイミュード072さんがキュートすぎるだろ。
神アニメ視聴完了時なんて正座でガン泣きしてたからね。萌えキャラやコレ。

しかし、アニメで意気投合したとは言え
そのままロイミュードと一緒に同棲しちゃうとか
究ちゃんもなかなかの精神力をしてますよねw
最終的には、入れ替わって生活してたりして
お互いに共同生活を満喫してたようですし。

自分が2人いたら色々と捗りそうだよなー。
記憶伝達機能のないコピーロボットみたいだ…!



西城究
「仮面ライダーを探索するために僕をコピーしたんだ。
特状課に深い関わりがあると睨んでね。」




通常、ロイミュードは人間の強い感情に引きつけられた結果
犯罪者をコピーすることが多いですが…
ロイミュード072は、仮面ライダーの情報を得るために
究ちゃんをコピーした結果、悪意とは程遠いアニメ好きになっちゃったのかな。
やっぱり、ロイミュードはコピー元の人間に引っ張られる傾向にあるよなー。






霧子
「いや…まったく意味がわかりません。」


進ノ介
「『マーマーマンション』はな…セリフが字幕なところが良いんだよ!!
アイドル声優なんか使ったら…あぁ…!ぶち壊しだ!!」


ロイミュード072
「進ノ介くん…君もわかるの?」


進ノ介
「あんたに言われて見てみたのさ。いいアニメだよな。」






信じられないものを見る目(#20)

吹き替えとかいらねぇんだよ!(#20)





あぁっ!?霧子ちゃんが宇宙人を見る目で進ノ介を蔑んでいるゥッ!!


究ちゃん&ロイミュード072の心理を理解すべく
マーマーマンションをガッツリと視聴してくる進ノ介が好感触。
その上で、ドハマりしてるのが可愛らしいですね。
残念ながら、霧子ちゃんには理解されなかったようですがw


映画化するからって、主役にアイドル声優を使っちゃう愚行!
人気ハリウッド映画の吹き替え版に
話題優先のキャスティングをしちゃう暴挙!!

ロイミュード072&究ちゃんの怒りはごもっとも。
ちゅーか、無声作品に声をつけちゃう時点でアレだよなぁ。


ロイミュード072は、劇場版マーマーマンションの制作発表会場で
ついカッとなってアイドル声優を連れだして説教していたというワケですね。
自分が好きな作品が、誰かの都合で踏みにじられるその気持ちは理解可能。






進ノ介
「俺は、究ちゃんがいい奴だって知ってる。
だから、それをコピーしたあんたも簡単に悪人と結論づけたくない。
間違っていい奴になっちまうロイミュードだっているかも知れないだろ?」

「倒すかどうかは…あんたの話を聞いてから、決めようと思ったのさ。」


ロイミュード072
「進ノ介くん…僕…僕は…
できることならこのまま西城究と人間の世界で…うわぁあっ!??」


進ノ介
「おい!おい!しっかりしろ!おい!!」


メディック
「噂通り、とんだ不良品でしたわね。人間と仲良くなりたいだなんて。」


進ノ介
「貴様ァッ…!」


ロイミュード072
「進ノ介くん…いや…仮面ライダー…!
本物の西城究には、僕が大暴れして君に倒されたって…言っておいてよ。
ほら…あいつあんな顔して結構涙もろいから…僕、わかるんだよね。
あいつと同じ心…持ってるし…ね…。」






072爆散(#20)





お…072ィィィイイイーーーッ!!!




メディックちゃんの触手が、ロイミュード072の胸を貫く!
人間と理解し合えるロイミュードもいるかも知れない。
072とチェイスと重ねて淡い期待を抱く進ノ介。
そんな幻想を打ち砕くメディックちゃんマジ容赦なし。

ロイミュード072の手からこぼれ落ちた絵皿が
粉々に砕け散るカットが切ないんだなー。


究ちゃんと一緒に人間の世界で生きたいと願ったロイミュード072。
最後の最後まで究ちゃんが悲しむことを心配して
散っていったその姿勢にグッときたぜ。
進ノ介の胸ですがりつく様に懇願するとかもうね。泣きそうになっちゃうよね。


自分が暴れて仮面ライダーに倒されたことにしてくれと頼むなんて
自分本位な考えでは決して出てこない発想だもんなぁ。
人間を淘汰しての自己進化よりも、共生の道を選んだ072…。
ロイミュードに新たな未来の可能性を示したキャラだったのかも知れぬ…!



ベルトさん
「行こう進ノ介。」


進ノ介
「あぁ…!」




静かに怒りを燃やしつつ、変身する進ノ介が超カッコイイ。
握りしめる拳に力を感じる変身ポーズもバッチリ決まってたし、表情もイイカンジ。
竹内くんの役者としての成長をビシビシと感じますね。

始まったばかりのニンニンジャーで
もぎたてフレッシュな演技を目の当たりにしているので
ついつい比較してしまう部分になっちゃうのではなかろうか。







「そうか、お前ら新しい死神ってわけか。
それなのに仲間のコアを壊すのか?」


メディック
「私、最近気づきましたの。
何度リセットしても、ロイミュードはまた同じようなことをするって。
だから、ハート様と私と選ばれた者以外は消していった方が効率がいいんです。」


ロイミュード044&ロイミュード094
「えぇーっ!?」






死神部隊(2体)(#20)

えっ?俺らも?(#20)

えーっ





俺らも!?みたいなカンジで顔を見合わせる死神部隊(総勢2名)吹いたw


ちょ…僕らそんな話聞いてないんすけど!?みたいな。
最終的に俺らも消されちゃうカンジっすかメディック様!?みたいな。
これは選ばれるために頑張らないとアカンで俺ら!みたいな。


事前の打ち合わせ的には、死神部隊がロイミュードを破壊して
出てきたナンバーをメディックちゃんが回収する流れだったのかしら。
多少のダメージがあっても、メディックの修復能力があれば可能っぽいですし。

しかし、それはあくまでも建前。
実際は、いらないロイミュードを消していくための暗殺部隊だったのです!
アカン!これハート様に怒られるやつや!!


多くの仲間を進化させるよりも、少数精鋭にした方が良いという考えか…
と見せかけて、普通にハートと自分だけでいいんだろうなコレ。
消したロイミュードは、仮面ライダーにやられたという事にすればいいわけだし。

ハートが知ったらどうなってしまうのか楽しみな流れになってきたぞ。






メディック
「それが、新しい死神の長である私のやり方。」


進ノ介
「なにが死神だ!チェイサーと一緒にすんじゃねぇよ。
おめぇみたいなのを人間は死神じゃなく…悪魔って呼ぶんだ!!」


メディック
「なんですって?」


進ノ介
「来い、デッドヒート!!どうにも気分が収まらねぇ。ひとっ走り付き合えよ!」


ベルトさん
「レーザーメスだ!高熱でボディーを裂かれる!」


進ノ介
「俺の怒りの熱はそれ以上だ!いくぜフレア!!」


ベルトさん
「メディックはうまく逃げたな…。」


進ノ介
「………うぉぉおおおーーーっ!!」






怒りのデッドヒートフレア(#20)





進ノ介怒りのマックスフレア!!


ロイミュード072をやられて怒りに燃える進ノ介が超熱い。
デッドヒート&マックスフレアのビジュアルも
まさに俺の怒りが有頂天ってカンジでカッコイイですね。

分かり合えると思ったロイミュードを目の前で破壊され
戦闘後に雄叫びをあげる進ノ介の怒りに切なさを感じる。


デッドヒートでタイヤコウカンしたのは、これが初めてかな。
そもそも、デッドヒート状態でタイヤコウカンできるんだというね。
これもデッドヒートを使いこなしたゆえの成果かしら。


メディックちゃんが本格的に戦闘に参加したのも今回が初ですね。
レーザーメスや触手を駆使して戦う、中距離タイプなのかな。

自分の身を守る為に、死神部隊を盾にすると言う行動から
彼女の非情さと仲間に対しての想いの希薄さが感じ取れますね。おっかねぇ。


悪魔呼ばわりされてカチンと来ちゃったメディックちゃん。

死神は、魂を刈り取って冥府に導く神様であって
魂を輪廻転生させるために必要不可欠な存在でもあったりするんですよね。

イレギュラーのロイミュードをリセットして
新たにやり直しをさせていた魔進チェイサーは、まさに死神でしたが
不必要なロイミュードは片っ端から消していくメディックは
死神ではなく、単なる破壊神みたいんですかね。
進ノ介が悪魔だと表現したのは結構しっくりくるか・も。

ハート様の意思に反して、自分勝手に行動し始めたメディック。
まったく困った小悪魔ちゃんが動き出したもんだぜ。






西城究
「みんな、本当にごめんなさい。」
「でも…残念だな。あいつ最後に暴れたなんて…。」


進ノ介
「仮面ライダーに倒された…。」
「がんばろうな、究ちゃん。」






しんみり究ちゃん(#20)

励まし進ノ介(#20)





ロイミュード072の遺言通り
究ちゃんには真相を伝えないままにした進ノ介。
しっかりフォローするところがチョーイイネ。

マーマーマンションによる意気投合で
2人の仲も急接近のヨ・カ・ン!


りんなさん、追田警部補に続き、究ちゃんのメイン回。
究ちゃんが2人に増えたときは、ギャグテイストで進むのかと思っていましたが
まさかこれほどジーンとさせられるとは…!





割れた絵皿(#20)





ロイミュード072は、ロイミュードそのものが悪ではないという重要な存在でした。
究ちゃんと072の友情を絡め、人間と分かりあえる可能性を見い出せたのは
全体の流れから見ても、重要なポイントですね。
072の為に怒った進ノ介もカッコ良かったですわ。

一話完結で上手くまとまってたし
内容もギュッと詰まってて凄く良いエピソードだったなと。






メディック
「許せませんわ…!」






メディックちゃん進化態(#20)





なんかゴツくなってる…!!




ぷにぷにの二の腕を傷付けられて怒り心頭のメディックちゃん。
ついにガチムチボディな進化態バージョンを披露をするのであった。
進化態ではあるものの、可愛さ的には完全退化。どうしてこうなった…。


メディックちゃんってば、ちゃんと進化態あったのね!
あまりにも変身しないから、人間態のまま終わるパターンかと思ってましたわ。

全体的なデザインからは、治療系のロイミュードには見えないですね。
首の部分がコルセットみたいで、鞭打ちダメージを負ってるみたいなのは
医療な雰囲気を感じますが。
背中から生えてる角みたいなパーツのフォルムが悪魔っぽいのは素敵。


よく見ると額に「M」って書いてある様にも見えますが
彼女は根っからの「ドS」なので十分に注意するといいだろう。




コメント

No title
取り敢えず、2人に部分麻酔して切開してみれば、どっちが本物かすぐわかるんじゃないですかね?

さて、今回も思った事をいくつか。

①意外と凄い人だった西城。外見で人を判断してはいけないんですね。

②思いっ切りカーレンジャーのポーズを取っていたドライブ。泊の設定年齢は24歳なので、カーレンジャー放送当時は5歳。もしかして、泊の車好きって「カーレンジャー」に起因してるんでしょうか?

③メディックの事を「性格」が非の打ち所だというブレン。確かにすべてのロイミュードを「友達」と言っているハートと違って、メディックはロイミュードごとに扱いの差が大きいですよね。

④違う色のシャツを着せるのはいいんですが、何でわざわざ色違いのシャツ?

⑤霧子は当然として、個人的には敢えて課長が増えて欲しかったです。

⑥ショットガンでは狙撃できませんよ、現さん。後、ピストルグリップは実用性が・・・。

⑦スピンミキサーで作った模造品という事は、あの皿は特殊コンクリート製?

⑧アニメが繋ぐ人間とロイミュードの友情。ロイミュードと同棲って、生活費とかどうなるんでしょう?食べ物は食べるのか?風呂には入るのか?まあ、服は着なくてもコピーすればよそうなので、服飾費は要らないと思いますが・・・。

⑨思いっ切り「マーマーマンション」にハマッてた泊。この光景、何処かで見たような・・・ハッ!確か翔太郎が似たような事やってた!

⑩自分が好きな作品が、誰かの都合で踏みにじられる、ですか。多分、「この青空に約束を」がアニメ化した頃に、私の所にロイミュード072が来てたら、今回と同じような事になってたかもしれません。説教相手は声優じゃなくて脚本家ですが。

⑪メディックによって殺されてしまったロイミュード072。最後まで西城の事を考えているなんて、本当にいい奴でしたね。

⑫あの死神とかロイミュード018みたいな状態って、「進化途中のロイミュード」と呼ばれてたんですね。

⑬ダメなロイミュードは始末すると宣言したメディック。あれはいけませんね。ああいう事は思っていても黙っておかないと、身を滅ぼしますから。

⑭デットヒートでマックスフレアを使ったドライブ。ふと思ったんですが、デットヒートでロードウィンターを使ったらどうなるんでしょう?

1話で色々と詰め込まれていた印象の今回。
メディックの進化態も登場しましたし、今後の展開に期待ですね。
スタート皿‥‥私によこしなさい
ドライブ20
「こあくまるんです」
メディック進化態に魅力を
感じない。死神部隊は仕事をせずに
爆散。うん、イージーだな。

マックスフレアに吠えろは
超カッコ良かった。
スーパーヒーロー大戦GPの
撮影も終わって、気合いが
入る感じかな。

死神部隊のモチーフが解りにくいのが
ネックかな。鎌を持ってるから
死神に関するアレとは解りますけど。

キューちゃんはいつかやると
思った。驚きのシンクロですな。

次回‥‥フォーミュラで
武器は何になるのか楽しみ。
やっぱりキャノン系かな‥‥?
次週もナイスドライブ!
「マーマーマンション」最新話が今回のお話を暗示していたのですね……。
・「暗黒の聖夜(イヴ)事件」ラストの舞台となったエレクトロモールのビルに「マーマーマンション」の映像広告がありましたけど、まさかこの布石だったとは……!

>確保しちゃうぞ!
・このノリは、何か懐かしい(笑)。

>オタクの大洪水
・「閣下」とか、ね(苦笑)。ロイミュード関係に触れなかったのは、警察で現在客員やってるから色々と面倒臭いってのもあるのでしょうね。

>僕の友達!ヒキコウモリ!
・皆さんの仰るとおり、「072」呼びは何かやるせなくなりますので、白究ちゃんということで(苦笑)。

>戦うお巡りさん!激走戦士仮面ライダードーーーライブ!!
・シグナルマンも吃驚だ!高岩氏もわざわざ当時のチーフプロデューサーに許可取ってきたそうで本格的でしたね(笑)。
・関係ないかもしれませんが、一般的には「制服を着ている警官」を一緒くたにして「お巡りさん」と呼び、「私服警官」を「刑事さん」と呼ぶ傾向が強いらしいですね。ドライブの格好は、「私服」と見るべきか「制服」と見るべきか……。
・JUDOさんの仰るように、多感な5〜6歳頃に、激走戦隊を応援していたとなると、そりゃ車好きになりますわ(笑)。

>ドライブ「仮面ライダードライブ!ひとっ走り付き合えよ!」
・上のセリフと一緒にあの中腰ポーズやったら、白究ちゃんに微妙な反応もらいそうですね(苦笑)。

>とりあえず、霧子キックを喰らわせて、死んだら究ちゃん、生き残ったらロイミュードという形でどうだろうか?
・もっと工夫しろ(苦笑)。

>ブレンとは違うのだよ、ブレンとは。
・仲間を貶めることを注意しない,メディックに任せて1人と2体も消えて、残り70を切った辺り、ハートはやっぱ無能かも(苦笑)。

>西城 究はいつからロイミュードだったのか
・「年明けから共同生活を始めた」という話と「特状課なら仮面ライダーの情報が得られるかも」という考え、そして回想シーンからして、入れ替わってたのは、アイドルストーカー事件と大規模詐欺事件の時くらいですか……初期に仮面ライダーに食らいついてたのは、本物の究ちゃんの好奇心だったということか(苦笑)。しかしライダーを探りに行って、逆に仲間を減らす手助けしちゃってたのですねぇ(笑)。

>追田「どうだぁ!このわんこがどうなってもいいのか!?」
黒西城「ッ!卑怯者ォーーッ!!ドッグくんを離せぇぇぇ!!!」
・何が善で、何が悪なのか……!
・グッズに思い入れがないからこそできる「まさに外道」な仕打ち(笑)。しかしちゃんと進ちゃん達が白究ちゃんから聞き出した情報と同じものを引き出してるのですから、流石です(笑)。

>マーマーマンション
・Tシャツのスラングからすると、ブラックなノリもありそうですね。

>警察がコピー品を作っていいのか?
・グレーではありますが、内輪の話ですし、報告書にもボカシて書けば何とかなりそうです(笑)。

>ロイミュードと人間の関係
・シフトカーがそれぞれ個性を持っているのと同様に、ロイミュードも個性があり、なおかつネットで「理想の人間像」である存在に引き寄せられる傾向にあるそうですので、白究ちゃんのオタポテンシャルは元々高かった可能性大です(笑)。
・しかしテレビ番組を視ないと死に切れないというのは何となく分かる気がしました(笑)。『幽☆遊☆白書』で、妖怪を狩っていた霊界探偵に「明日、『ヒットスタジオ』に戸川 純が出るから(アニメだと、好きなドラマの最終回だから)、せめてもう1日生きたい。」ととある妖怪が頼んだことから、付き合いが始まったという下りを思い出しました(笑)。

>アイドル声優起用
・ミユの容姿やオタクを怒らせそうな会見からして、本来はアイドル声優ではなくアイドルの予定だったのでしょうね(苦笑)。
・確かに白究ちゃん、首根っこ掴んで屋上から落とそうとしてたのかと思いきや、もろど真ん中でしたね(笑)。まぁ本来はアイドル声優ではなくて企画した上の連中が悪いのですけど、彼女に怒って暴れて、究ちゃんにもダメ出しされた辺り、彼をコピーしたとは言え、流石に耐性までは身についてないオタク初心者か(苦笑)。

>霧子(泊さんまで遠いところへ行ってしまった……。)
・元々オタク気質のある人はのめり込むととことんのめり込みますからね(笑)。
・声優云々は理解できずとも、「究ちゃんをコピーした白究ちゃんは悪い奴じゃないと信じたい。」という進ちゃんの考えには頷き、そして「チェイスと分かり合える未来」を見せてくれたことに感動していた霧子……下げた分はきっちり上げる進ちゃんのナイステクでした。

>お…072ィィィイイイーーーッ!!!
・な、何故最初に「ぜ」ではなく「お」と言った!?何と言いかけた!?恥ずかしがらずに答えろォ(落ち着け

>剛「072は進兄さんに任せたけど、あいつら相手なら手を出していいよね……!」
・「ロイミュードは全て潰す!」と豪語していた彼が、白究ちゃんをどうするか進ちゃんに任せた辺り、彼も変わってきてますね。

>死神部隊
・人と分かり合える未来を潰したロイミュードに、繁栄の道はない……。
・044(スパイダー型)と094(コブラ型)といったロイミュード(死神)は、凄い殺気を放っていたそうですけど、ライダーを苦しめた大層な大鎌ヘルサイスで白究ちゃんに大したダメージを与えてなかったり、メディックが白究ちゃんを突き殺したことに呆然としたり、選民思想にドン引きしたりと案外こいつらも話の分かる連中だったのではと思うと惜しいな、と。
・東映公式サイトでは、今回倒された連中が生存扱い,034,054,104が撃破扱いというミスがありましたけど、修正されましたね。

>メディックロイミュード
・傷を癒すロイミュードは、傷つけられるのはお嫌いか。しかも仲間潰しておいて、擦り傷で憤慨する辺り、ロクな奴じゃないですね。
・他の上級ロイミュード同様の呼び方でしたし、「約束の数」に入っていた辺り、進化態だとは思ってましたが、「見た目と違って、中身(本性)は最悪」のパターンですわ、こやつ。
・進化しておきながら、機能停止に追い込まれていた辺り、プロトドライブと何らかの因縁ありか。

>頑張ろうな、究ちゃん
・怒るでもなく嘆くでもなく……薄々感じ取ってるのかもしれませんね。何せ同じ心を持ってるのですから(涙)。
・良いこと言ってからおちゃらける課長の油断のなさ,ゲンさんの「悪いな、嬢ちゃん!」から霧子、報告書作成決定なドタバタ等の影での励ましは救いでしたね。

>>JUDOさん
>解剖したら分からないのか?
・人間態になると「特殊な表皮」が生成されて、心音等もコピーされるので表面上分からないとのことでしたが、確かに内臓等はどうなのでしょうね。バイラルコアに人間のデータが入っていそうな辺り、そこも問題なしなのか。まぁそんなことやろうとしたら、暴れ出すからリスク高いか(苦笑)。

>白究ちゃんの進化態
・ちょっと特殊なタイプですので、「ロイミュード072 タイプマニアック」とか?

>ロイミュードとの同棲
・確かバイオリズム等はほぼ人間と同じでしたっけ。

>スピンミキサーのお仕事
・落とした時に、割れてましたので、戦闘用の特殊コンクリートではないみたいでしたね。

>タイプデッドヒート ウィンター
・雪解け水で攻撃,ロードウィンターのくしゃみが止まる……とか?

>>バタコさん
>ロイミュード(死神)
・死神と言いますか、暗殺者とか死刑執行人って感じでしたね(笑)。

長々と失礼いたしました。
究ちゃんの正体?だゾ
西城究が最上級をシャレたHNだったとは!
そして本名が今井健太!
佐藤とか田中とか出されるよりよっぽど普通の印象受けるネーミングなあたりバランス感覚がありますね
というわけで今回は究ちゃん回
番組当初から強烈な存在感を放つ一方でなにげに深く踏み込まれた話の無いキャラクターだったのですが、いいエピソードもらえましたね
見た目だけはステレオタイプなオタクですが客分として警察に招かれるばかりでなく、
大別すれば相性の悪そうな現さんに物怖じせずツッコミを入れたり、クール&ドライな反応の多い霧子ちゃんにも積極的に話しかけたりと
いわゆる『内にこもりがちな』性質は少ないのですね。剛くんとも仲がよさそうだし密かに憧れます
ロイミュード072。オーではありませんよ。ゼロです。
人の悪に魅せられその心と欲望に追従し進化する存在でありながら、善人をコピーすればその心に引っ張られて善性を持った存在へと生まれ変わってしまう。それはある意味究極の無個性なのではないかと
恐ろしい存在でありながらもどこか物悲しい。前に設計思想について話ましたがそういう意味でロイミュードはどういった機械だったのでしょうか。
ともあれ今回の『彼』が間違ったものとはいえ善人になったことは確か。アニメを見て感涙したり、最期の最後まで人を慮った発言を遺したり『彼』はロイミュードではなく、いわば『もう一人の究ちゃん』と呼ぶに値する存在だったのではないかと
死神と悪魔。死神の持つ大鎌は命を刈り取る農耕作業用具ですから本来武器としての意味合いはないんですね。死神とは決して悪意のある存在ではない
対する悪魔が持つ槍は言うまでもなく凶暴な武器。悪意を持って同胞を踏みにじり、究極自分以外は『殺して』しまうことにも躊躇がないメディックはまさにその名がふさわしい
ええ、どこかのその呼び名に一番近い生物にも近しいと言えるでしょう。こんな方向性の進化はハートに肯定して欲しくない。出来れば隠密行動であってほしいです。
実行部隊にも知られてない話だったので間違いなくメディックの独断でしょうが
コメント返信ッ!


>>JUDOさん



>メディックはロイミュードごとに扱いの差が大きいですよね。


むしろハート様以外はどーでもいいとか思ってそうですな。
仲間意識の強いハートとは正反対なのが面白い。


>霧子は当然として、個人的には敢えて課長が増えて欲しかったです。


課長が増えたら、究ちゃん以上にウザそうだわw
りんなさん、現さん、究ちゃん、と特状課メンバーの
メイン回が続いていましたが、本願寺課長のメイン回は来るのかしら…?


>ハッ!確か翔太郎が似たような事やってた!


風の佐平次…いい時代劇だよなぁ。


>1話で色々と詰め込まれていた印象の今回。
 メディックの進化態も登場しましたし、今後の展開に期待ですね。


ストーリーも中盤に差し掛かってきましたし
折り返し地点のクライマックスってカンジですよね。
そろそろ誰かがリタイアしそうな予感…!





>>バタコさん



>メディック進化態に魅力を 感じない。


アレ、メディックちゃんのイメージとかけ離れてるんですよねー。
もうちょっと可愛い雰囲気があっても良かったと思うわ。
キャンデリラくらいのキュートさは欲しいか・も。


>マックスフレアに吠えろは 超カッコ良かった。


うむ。(現状の)アカニンジャーよりは遥かに熱かった。


>キューちゃんはいつかやると思った。驚きのシンクロですな。


やって欲しいことをやってくれるってのは嬉しですよね。


>フォーミュラで 武器は何になるのか楽しみ。
 やっぱりキャノン系かな‥‥?


動きづらそうなフォームは大体キャノン系説。






>>にわか三級さん



>「閣下」とか、ね(苦笑)。


究ちゃんのネットでの評判がよく分かる呼称であったw
確かにロイミュード関係は特状課限定の情報ですし
本にして出版するとなると色々問題になりそうですね。


>高岩氏もわざわざ当時のチーフプロデューサーに
 許可取ってきたそうで本格的でしたね(笑)。


この努力であるw
一ネタに全力をかけるその姿勢ッ!僕は敬意を表するッ!!

戦うお巡りさんよりも、戦う警察官の方が分かりやすかったな…。


>初期に仮面ライダーに食らいついてたのは、
 本物の究ちゃんの好奇心だったということか(苦笑)。


良く考えると、その究ちゃんの仮面ライダーに対する好奇心に反応して
ロイミュード072が引き寄せられたって事ですもんね。

元々、究ちゃんもライダーに興味自体はあったと言うことよね。


>ロイミュードも個性があり、なおかつネットで
 「理想の人間像」である存在に引き寄せられる傾向にあるそうですので


なるほど。そう言えばシフトカーも個性的ですもんね。
ロイミュード自身の理想の人間像に引き寄せられるのか…。
うーむ…色々と考えさせられるなぁ。


>な、何故最初に「ぜ」ではなく「お」と言った!?何と言いかけた!?
 恥ずかしがらずに答えろォ(落ち着け


あってますやん?(・3・)~♪


>怒るでもなく嘆くでもなく……薄々感じ取ってるのかもしれませんね。
 何せ同じ心を持ってるのですから(涙)。


出会って早々共同生活しちゃうくらいだもんねぇ。
そのあと、特状課のみんなで励ますくだりは良かったですよね。
愛されキャラやで究ちゃんは。





>>ドライブしんちゃんさん



>佐藤とか田中とか出されるより
 よっぽど普通の印象受けるネーミングなあたりバランス感覚がありますね


ぶっちゃけ反応に困る本名であったw
究ちゃん本人が恥ずかしがっているのがちょっと面白い。

究ちゃんのメインエピソードは凄く良かったですよね。
りんなさん、現さんよりも、キャラクターの内面描写がありましたし。
1話でギュッとまとまっていたのも好感触ですわ。


>ロイミュード072。オーではありませんよ。ゼロです。


せやな。


>前に設計思想について話ましたがそういう意味で
 ロイミュードはどういった機械だったのでしょうか。


その辺は、蛮野博士とやらの登場待ちでしょうかね。
いったいどんな人物だったのやら。




管理者のみに表示

トラックバック