ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダードライブ感想 第12話

2015.01.04 (Sun)

第12話 「白い仮面ライダーはどこから来たのか」




部屋着霧子ちゃん(#12)

お料理霧子ちゃん(#12)




職場では毅然としている霧子ちゃんですが
普段は若干ポンコツなのかな?まぁそんなところもカワイイけどね!
オンとオフのギャップに萌えるのが霧子玄人の視点。
部屋着姿の霧子ちゃんもベリーキュートですわ。第12話。




追田警部補
「犯行現場付近でどんよりの報告が来ています。
犯人は白昼堂々、取り巻きがいる家に上がり込み
花村の手にした像をその場で奪って殴ったんです。」


課長
「怪物の犯行だと言うのかね?」


追田警部補
「普通の人間にできますか?間違いなく怪物の仕業です!」






現さん激おこ(#12)





怪物のせいなのね!そうなのね!!




普通の人間にできない犯行は怪物の仕業なんだよね!
あの、どんよりも怪人も信じようとしなかった追田警部補が
拡声器を使って声高々に、怪物の仕業だ宣言をしちゃうほど染まっておるわ。
特状課のみんなをバカにされて怒っちゃうとか、なんだか胸が熱くなりますね。


元々現場主義者だったし、現場で何度も重加速を体験したり
ロイミュードや仮面ライダーを目撃したことで
すっかりと深みにハマってますねw
ともあれ、これで追田警部補も正式に変態集団特状課の仲間入りね。ウフフ!


他の刑事さんたちからすると特状課のメンバー達は
「島流し連中」として認識されていたことになんだかホッとしたのであったw


それにしても、対策室の警察官の面々が怖すぎる。
事件の被害者は暴力団っぽかったし、捜査四課と言う感じなのだろうか。

現さんは基本的に捜査一課ですが
重加速現象及びロイミュード関連の事件においては
フレキシブルに事件に対応できる立場なのかもね。

しかし被害者もまた濃いな…。






進ノ介
「あぁ、出ねぇなぁ。今回のどんよりは気のせいか、偽証かな。」



「今の、いい画だったねぇ。
これが捜査に苦悩する警察官の姿…かな?」


進ノ介
「おい、お前スクープ記者か?」



「よし、じゃあ競争しよう。レースだよ。
どっちが先に犯人にゴールインするかの。
特状課巡査・泊進ノ介VS謎のカメラマンの対決だ。」


進ノ介
「お前、俺のこと知ってるの?」



「フッ…。」


進ノ介
「えっウソ!?なんつう身体能力だ…。」






不審者2人(#12)

すごい身体能力(#12)


変な人来た!





いや身体能力以前に怪しすぎるだろ。




怪しさ丸出しフルスロットルじゃねーの。
ナチュラルに盗撮&住居不法侵入&公務執行妨害のコンボ繰り出してるし
とりあえず署まで連行してもおかしくないレベルの不審者だぞこの子…。

(ピコピコメットと傘をかぶって怪しい行動をとっている進ノ介自身も
警察官という大義名分がなければ
完全に不審者だという確固たる自信の気持ちは当然あるがね)


…って言うか、事件現場にズカズカと踏み込んで来たり
特状課及び進ノ介の事を知っていたり
こいつが犯人だと疑われてもおかしくないくらいですよね。

あの身体能力があれば、今回の事件も実行可能だったのではなかろうか。
よし、とりあえず逮捕だな。罪を認めるまで拷問だな。






進ノ介
「重加速だ!やっぱり…」


追田
「こいつが怪物か!あっとっとっとっ…うわあっ…。
進ノ介ェーーーッ!!」


進ノ介
「現さん!!」


追田警部補
「…セーフ!!」






着地だ現さん(#12)





現さんの すごい 受け身。




あのような超高度から落下したあかつきには、いかに重加速状態であろうとも
現さんの体はメンコの様に地面に叩きつけられて
無残にもネギトロめいた死体になってしまうことは明白。

身体的爆発四散を回避し、五体満足で生還できたのは
追田警部補の華麗なる五接地転回法がなせるワザであった事は
もはや言うまでもあるまい。




五接地転回法




いやなに普通に着地してんの現さん…。
完全に両足から行ってたけどなぁ…。

重加速って重力も軽減されてんの?
たしかにあまり詳しくは説明されていない現象ですが
例え重加速状態であろうとも、高度から自由落下して着地したら
あのままゆっくりと足の骨がジワジワと砕けていくんじゃないの?
追田さんの断末魔が響き渡るんじゃないの?

ドライブ(&ロイミュード)も落下する追田さんと一緒に
階下に移動しながら戦っていたので
彼らが生み出す重加速範囲自体が移動していたという考え方も出来るな…。
うん、よしわからん!
現役刑事の身体能力と受け身テクニックで無事でしたと言うことにしておこう。


せっかくタイプテクニックになったというのに
落下し続ける追田さんを助けることなく終わってしまったのにはガッカリ。
ガンマンロイミュードを相手にしながらも、追田警部補を助けるという
二つの動作を同時にこなすのが、タイプテクニックの見せ場だろうに…。

ファイヤーブレイバーのマニュピレーターをいつ出すのかと待っていたのに
結局出さないまま終わっちゃったわ。
ロイミュードと戦いながら落下する追田さんをチラ見するのが
タイプテクニックのお仕事だったのだ…。


追田さんの着地に全部持っていかれたので影が薄かったですが
ガンマンロイミュードはなかなかカッコイイロイミュードですね。
まぁ、あまりにも普通すぎて逆に地味だという雰囲気も漂わせておりますが。





霧子
「連絡こないなー…。」






電話待ち霧子ちゃん(#12)





何このカワイイ生物。






進ノ介
「繋がったよゲンさん。脳細胞がトップギアだぜ。
そいつは右手でパイプを振り回した。
だが、出てきたロイミュードは左手で銃を操った。つまり…。」



「つまりそこにいる戸田川直樹は本物。ロイミュードとは別人さ。」


進ノ介
「ちょ…ちょっと待てよ。俺、今せっかくトップギア入ったのに…。」


追田警部補
「お前、ロリショージョじゃねぇのか?」



「彼は、花村の悪事の手伝いを断ったため家に火をつけられた。
動機は復讐さ。」
「人間が重加速を使ったってことが今回のポイント。
気づけないのも無理ないですよ。
そして彼にバンドで重加速の力を分け与えていた真犯人は…こいつだ。」


進ノ介
「嘘!?なんで人間態の写真まで持ってんだよお前!!」


追田警部補
「うわぁ…ゆっくり気絶するって気持ちわるぅ…。」






ゆっくり気絶だ現さん(#12)





き…キメェ!気絶する感覚がゆっくりやってくるッ!


いやあの、ゆっくり気絶するってどういう事?ロリショージョってどういう事?
重加速状態でも人間の意識自体は普通に動いてると思うんだけど…。

肉体的ダメージから来る意識の喪失は純然たる意識ではなく
肉体の方に起因するので重加速の影響を受けることは
必然であると言う事なのかなに言ってんの俺。


今回は追田警部補フィーチャーされまくりですね。
通常は進ノ介の傍には、いつも霧子ちゃんがいるのですが
今回は有給休暇でお休みだったため、追田さんが代役だったのですが
まぁ、華がなかったですねw

男だらけでむさ苦しいことこの上ないわ。
ギャグ的な意味では大幅パワーアップでしたが
そのほかの点ではオール大幅パワーダウンだよ!
霧子ー!早く帰ってきてくれー!!


進ノ介の脳細胞フルスロットルシーンを
柄杓で叩き落しながら登場する不審者こと剛くんが超イカス。
謎解きシーンのシリアス度を、根底からぶっ壊す小悪魔の所業であった。
記憶のビジョン(パネル)を拾い上げる進ノ介が可哀想でならないw


…って言うか、事件はこれで解決?普通に怨恨?
ガンマンロイミュードが、なぜ彼に重加速バンドを提供したのか
なぜ彼の悪事に加担したのかといった事件の裏に隠された真実は
次回へと続くという事かしら。





ピコピコ2号(#12)





劇場版でも登場していた重加速軽減機が出てきていましたが
あれって原理的にはシフトカーと同じですよね。
シフトカーはあんなに小さいのに
重加速軽減機があんなに大きいってどういう事なの…。

犯人が使用していたブレスレット型な上に
重加速発生&キャンセラー機能搭載なんだよ?


これは技術的な問題ではなく
りんなさんの趣味的な問題である可能性が高いな。
ピコピコしてるのカッコイイじゃなーい!みたいな。






霧子
「泊さん!?」


進ノ介
「霧子!?えっ、どうしてここに?」


霧子
「それが…私この場所に呼ばれて…。」



「レディースアンドジェントルメーン!
イッツタイムフォー、スーパースターアクショーン!!」
「レースは俺の勝ちでいいよね?仮面ライダードライブ。
犯人の利き腕に気づいたのは、なかなかだったけど
ギアが入るのが遅いんだもんなぁ。」


進ノ介
「なんだと!?」



「…と言うわけで、悪いけどお楽しみは俺からだ。レッツ変身!
追跡!撲滅!いずれもマッハ!仮面ライダーマッハ!!」


進ノ介&霧子
「はい?」






マッハ登場(#12)





登場!演出!いずれもダッサ!!




やだもうなにこのアホっぽい子…。
レースは俺の勝でいいよね?答えは聞いてない!ですって。
勝手にレースを持ちかけてきて、勝手に突っ走り
独走状態でゴールして勝利宣言しちゃうとか
なかなかのツワモノきちゃったわコレ。
そりゃ、進ノ介&霧子ちゃんもポカーンなりますわコレ。


アホみたいに高い所から登場して、捻り込みを加えたアクロバティックな動きで
場所を移動しつつバイクに乗り込み疾走して特設ステージにマッハでIN!
何のためのシフトカーなのかさっぱり分からないアメイジングサーカスが
ド派手な花火と演出効果で、初登場を盛り上げる。
演出が派手派手すぎて、肝心のマッハが見えにくくなっているのが泣けてくるw


これ全部、自分が登場するためにわざわざ用意したと言うのか。
ははぁん…さてはバカだなコイツw
この登場シーンの為に、アメイジングサーカスちゃんと一緒に
ロケハンしたのだろうと思うと微笑まし過ぎて胸がキュンキュンしますね。


劇中の雰囲気をマッハでぶち壊しながら颯爽登場、仮面ライダーマッハ。
随分と思てたんと違うキャラでしたわ。
クールなイメージを想像していただけに、良い意味で裏切られた気分だわ。
いや、悪い意味かも知れないけれどw







「イッツショータイム!」


進ノ介
「すげぇ…なんなんだあいつ?」



「限界まであと90秒ってとこか…そっちがね。」
「ラストスパートだ。」


進ノ介
「弾が曲がった!」


ベルトさん
「シグナルバイクの能力だ」


進ノ介
「あぁっ!また曲がった!」



「もうさすがに限界。どうだい、いい画だろ?」






活躍もマッハ(#12)





どうだい、カッコイイだろ?
シャッターチャンスは今ですよっつってね。うるさいよバカw


マガール!キュウニマガール!!ヤッター!カッコイイー!!


なぜマッハドライバー炎の音声は日本語なのか。
そもそもなぜ炎がついたのか。
アメリカ帰りの仮面ライダーと言う設定も相まって
怪しい日本語感満載に聞こえてなかなかナイスなドライバーですね。


ワイヤーぶら下がりグルグル回転、高所からの爆破&飛び降り。
ド派手な登場に引けを取らない、ド派手なアクションがマッハイカス。
シグナルバイクコウカンによる曲がる銃撃と
マッハスピン(アイアンリーガー)からのライダーキックが超カッコイイ。
ライダーキックは効果音も実に仮面ライダーしてて素晴らしかったなと。

仮面ライダーマッハのデザインはぶっちゃけ微妙なのですが
風にたなびくマフラーだけはカッコイイので困るw
右肩前面についているタイヤは標識のイメージなんですね。だせぇ。

メットが上がるギミックは純粋にカッコイイですね。
あそこまでするならメットオフしちゃえばいいのにとも思いますが。
爆発を背にしての決めポーズ時に、クロスしている足がカワイイ。オツカーレ!


武器のゼンリンシューターは、ダイナミックなデザインで結構好き。
銃撃だけではなく、車輪部分で攻撃できるってのが良いですね。

ゼンリンシューターというネーミングセンスは壊滅的ですがw
マッハの追加武装は、コウリンサーベルでかまいませんかね?
よし!今回は特別に、ダツリンシールドもつけちゃうゾ!






メディック
「また新しい仮面ライダーを増やしたのですねクリム。
まったく、諦めの悪い男。ベルトの分際で。
ガンマンは預かります。では、ごきげんよう。」



「何度治しても最後には俺が砕くさ。」
「ジャパンデビューインパクトあったでしょ?
まずとにかく見てもらいたくて呼んだんだ。」


霧子
「どういうことなのよ?説明して剛!」


進ノ介
「剛?ちょっと…霧子なんでこいつの名前知ってんだよ?」


ベルトさん
「詩島剛。アメリカに行っていた霧子の実の弟だ。」


進ノ介
「あぁー霧子の弟。なるほどね…えぇーッ!!?」






メディック回収(#12)





なるほど。重度のシスコンですね。わかります。




おいおいなに霧子ちゃんに抱きついちゃってんの。
許さないよ。たとえ弟でも許さないよ。マッハで撲滅するぞコノヤロー。


進ノ介に自分の凄さを見せ付けるために勝負を持ちかけ
霧子ちゃんをわざわざ現場に呼び出してまで
自分のカッコ良さを見せ付けるため剛くん。

全て、お姉ちゃんに自分の凄い所を見せ付けるためだったと考えると
剛くんのアホっぽさとシスコンっぷりが明確になりますね。
まぁ、あんなお姉ちゃんがいたらシスコン化するのも無理はなかろうて。


進ノ介に事件を追うレースを持ちかけてきていましたけど
最初から彼の方にアドバンテージがありましたし
結局の所、進ノ介の実力を試すための出来レースだったと言う事かな。

生身でも身体能力が高いのは姉弟らしさを感じる所。
詩島家の家族はみんなあんな感じなのかしら…。
霧子ちゃんは以前
「仮面ライダーになれるものならなりたかった」と言っていましたが
その役割は弟に割り振られていたと言うことなのね。


メディックはロイミュードを回復させることのできる能力を持っているようで
役割的には非常に分かりやすいポジションですね。
ナンバー回収役として出番もそこそこありそうな予感。
バレエチックな動きをしていましたけど、お人形さんみたいで超キュート。


進ノ介に至っては、今回は完全に新キャラに食われる役回り。
ガンマンロイミュードとのバトルでも
観客の一人として霧子ちゃんと一緒に見てるだけ状態だったもんw
マジオツカーレ!






ガンマンロイミュード
「礼を言う、メディック。」


メディック
「どういたしまして。」


ハート
「素晴らしい友達がよみがえったな。まさに癒やしの女神だ。
ガンマン。俺も、お前たちの計画を手伝おう。」


メディック
「ハート様はまだ無理をなさってはいけませんわ。あなたは治療中。
ガンマンの手助けは、ブレンとチェイスにでも任せればいいかと。」


チェイス
「ハート以外は呼び捨て…か。」


ブレン
「いいじゃないですか。ハートへの忠誠心が厚いのは…良いことです。」






ハート様サービス(#12)


ハートパイタッチ(#12)


なにパイオツ触ってんだ!





ハート様のパイオツデターーー!!




うぉおおおおいいい。なんで脱いでんの?なんで脱いでんのハート様ぁああ!!
2014年最後の放送と言うことで、ちょっと早めのお年玉と言う事ですか?
なんだよもう、そう言うことなら早く言ってよね。ごちそうさまです。

上半身裸体のハート様にパイタッチするメディックちゃんェ…。
完全に乳首狙ってんなアレは。
ハート様の先端にビリビリ刺激を与えようとしているエフェクトですわアレ。


って言うか、なぜハート様は上半身をさらけ出しているのか。
ハートの心臓部を癒しているとは分かりつつもパイタッチにしか見えないという事実!
ロイミュードなんだから裸になる必要性は皆無だと思うんだけどね…
おそらくメディックちゃんが、脱がないと治療できないとか言ったんでしょうな。
いいぞもっとやれ。今後もいやらし癒しの女神として頑張っていただきたい。


ハート以外には「様」をつけないどころか、ぞんざいに扱うメディックちゃん萌え。
呼び捨てにされたブレンさんはこの状況をどう思っているのかしら。

「アタシのハートにパイタッチとか許せないわ!あの泥棒猫!!」とか思いつつ
「でも、ハートの裸を見られたのはちょっと嬉しいカモ。」とか考えてるのかしら。

少なくとも、ブレンの持つロイミュードパッド(妖怪パッド的な意味で)で
ハートの半裸画像を克明に記録しているであろうことは確定的に明らか。




コメント

No title
職場での毅然とした態度は、霧子にとっての「仮面」なのかもしれませんね。

さて、新年1発目ですが、今回も思った事をいくつか。

①あそこで追田警部補を笑った連中が重加速にあったら、どんな顔するか見てみたいですね。

②あの被害者、今回襲われなくてもそのうち別の奴に襲われてた気がする。

③わざわざ泊の前に現れ、勝負を挑んできた剛。拷問はマズイでしょうが、とにかく彼を住居不法侵入で逮捕しておこう!

④重加速のおかげで普通に着地してしまった追田警部補。えっと・・・落下速度が落ちたから平気だったという事でいいんしょうか?

⑤剛からの連絡を待つ霧子が完全に彼氏からの連絡を待つ彼女みたいでしたね。

⑥泊の周りを回ってた映像って、比喩的表現じゃなくて物理的に出てきてたの?

⑦シフトカーはあんなに小さいのに、重加速軽減機があんなに大きいってどういう事か?多分、動力の問題じゃないですかね?シフトカーと同じ動力炉を使う訳には行かないから、普通のバッテリーを使ったらあのサイズになったとか。

⑧剛と一緒に来たシフトカー、アメイジングサーカスの目から彼はどう見えてるんですかね?割と気が合ってたりするんでしょうか、あの1人と1台?

⑨何となく剛は「シャンゼリオン」の暁と組んで欲しい。収拾が付かなくなる可能性がありますが・・・。

闇の種を食べた速水克彦の肉体は、戦士として生まれ変わった。そして、梅干しを食べることにより、その戦士としてのパワーが発現するのだ。闇の種に含有されていたダーク・グレタミン酸は、梅干しに含まれる塩分と結合して速水克彦の血液の中を駆けめぐる。そして血液の中で練られていたチヌ第一物質が速水克彦の脂肪分によって分解され、タイロミンとデジタミンに分かれるのだ。一方、デターミントはリンパ液に結合して、カチルダ酸とノバ粘液とサルマドンとマグールトドータミンを作り出す。この際、ノバ粘液は体温によって分解され消滅するが、その残滓がカチルダ酸に結びついて核カチルダ酸に変化するのだ。そして、核カチルダ酸とサルマドンによって生成されたカッサノ蛋白質により、速水克彦はザ・ブレイダーであった記憶をなくすのであった。

すみません。「シャンゼリオン」という事で、何となく書いておきたかっただけです。

⑩そういえば、マッハが掴まってたワイヤーは何処からぶら下がってたんですかね?

⑪何やら踊りながら話していたメディック。「じっとしろ!」と思ったのは私だけですか?

⑫かなりのシスコンらしい剛。最終的に「あかね色に染まる坂」の主人公みたいに「おーい、シスコン」と呼ばれて返事できるようになれば、お前も免許皆伝だ!

⑬で、あの弟は何者?どっちかといえば、今のガンマンより中の人が同じだったケットシーみたいな感じなんですが・・・。

メディックがブレンによって帝王トランザみたいな最期を迎え・・・ないか、今のご時勢じゃ。
とにかく今後ブレンがどう動くのか気になりますね。
マッハトテモハヤーイ!
ドライブ12「好きなウザさ」
仮面ライダーマッハ、颯爽登場!
キュウニマガール!トテモハヤーイ!
カナリツヨーイ!うるせぇ!

ドライブの人気がチェイサー、マッハと
多極化する予感…!
イマスグナオール!(マッドドクター)
シフトカーも使えるとは、
マッドドクター使えばエエねん。

私服霧子ちゃん、自宅待機可愛い…。
受け身な霧子ちゃんも良いじゃない!

挑発型のウザキャラ好きですww
ドキプリのレジーナとか。
執着型は苦手かな~と。
ウィザードの俊平とかシンケン
の流ちゃんとか。

どことなくデカブレイク的な雰囲気を
感じつつ…ドライブ(完)
ロリ少女にどんよりさせられたい
詩島家の 凄い 身体能力

メディックの、従順だけど他の男には冷たいところ、好きです。
アメリカ帰りのマッハだゾ
ついに登場しました仮面ライダーマッハ!
白いボディに赤いライン。ライドロンリスペクトのドライブの対比になるようデザインソースにロードゼクターが入っているのでしょうか
ダサいですかねえ?初見で超カッコいいと思ったんですが
ピンと立ったアンテナやライダースーツをコンセプトにデザインされたスマートなフォルム
肩アーマー一つでしっかり左右非対称を印象付けるアイデア。そしてなんといっても風にたなびく正義マフラー!
映画で見た時はこんなの作れるのになんで毎回パピヨンマスクの最終フォームだとか青いスネちゃまヘアーの全身プラネタリウムだとか出してくるんだと
感動通り越して怒りすら覚えたのですが。そうかあ。ダサいのかあ。ううむ
重加速の描写がなんだかフワッとしてるのは同意です。進ノ介も戦いながら焦ってるのでやっぱりあの状況現さん危ない筈なんですけどね
映画でもそうでしたが爆炎が止まったり普通に燃えたりとどうにも一貫性がないのでやはり実際に録るのは難しい画なのでしょうか
現さんの特状化が微笑ましい。もうすっかり仲間ですね。第二話から兆候はあったのでなんの違和感もありませんが
ピコピコのデザインがりんなさんの趣味!それなら説明がつきますね。結局重加速下で動けても仮面ライダーではない以上霧子ちゃんwithシフトカーの下位交換でしかない。ならいっそ趣味に走るというのは落としどころでしょう
新登場の剛君(なぜか君づけ)。顔も声も濃い!いや、濃いを通り越してもはやくどい!
白人でもアヤシイ日本語使いでもないのに物凄くアメリカン。進ノ介が醤油ならさしずめケチャップとマスタードでしょうか
ベルトさんが言うところの「そんなバカな」技術を伴って現れた弟キャラ。そしてこちらもまた『弟』や『金を欲しがる』といったこれまでとはまた違った新機軸を出してきたロイミュード勢。2015年もひとっ走りは減速を知らないようです。
彼女の弟がこんなにライダーな訳がない 。前編ーマッハがマッハでマッハなShow Timeー
2015年もドライブにひとっ走りお付き合い、
遅ればせながら新年初記事コメントなSoyです、
こんばんは。

◻︎一目で尋常でないどんよりだと気付いたよ?
・>怪物のせいなのね!そうなのね!!
似たようなツッコミを巷でも見かけたのですが、
他の部署や刑事達って重加速はともかく、
ロイミュードの方はまったく信じてない感じなんですね。

グローバルフリーズの時も出張ってたし、
その後も大体重加速とセットで出現してるので、
警察内でも同じくらい認知されてるのかなと
思ってたんですが…。

世間の通報や目撃談を相手にしてないのか、
マジで知らないのかはわかりませんが、
とりあえずどーしよーもない感じでしたね、
この刑事達…。

・一方、同じ警察でも、これは重加速絡みの事件だと
割と的外れでもない主張をしてくれたり、
話聞いてくれないばかりか特状課までけなした刑事達に
憤慨してくれた序盤のこの辺りで、
ゲンさんの株がかなり上がりました。
中〜終盤のギャグシーンも最高だったし、
もとより株が低かった訳でもないのですが、
ヨルさんも仰ったように特状課の面々を仲間として
評価してくれてたのが垣間見えたり、
元々の熱血さとか真面目な性格とか、
彼のギャグ方面以外の良いところが見れたのがとても良かったです。

◻︎海の向こうから二号ライダーが来たそうですよ?
・満を辞して来日してきた今回の主役、
仮面ライダーマッハこと、詩島剛君。
霧子さんの弟とはいろんな意味でびっくりでした。
二号ライダーとの事で、私もなんとなくクールでドライなキャラを
想像してたんですが…。

>いや身体能力以前に怪しすぎるだろ。

…マッハやってる時のアクロバットなアクションとか、
相棒(?)のアメイジングサーカスwithミニバイク軍団は
かっこよかったり可愛いかったりで好印象なんですが、
ここの公務執行妨害コンボとかその後の紙飛行機云々とか、
進ノ介の推理シーン妨害などなど、
肝心の剛のキャラと行動がいちいち面倒臭ぇ…!

予告のリアクションや公式サイトを見るに、
ただハイテンションなだけのキャラじゃなさそうなので、
霧子さんが如く落ち着きのある(?)
活躍や側面は来週に期待でしょうか。

…しかし二週間くらいたったのに、
未だに思い出すと一発殴りt…アクの強いキャラと
リアクションだったなぁ、うん(混じり出す物騒な本音)。

◻︎俺の女神と参謀が修羅場すぎる・序章
・>ブレン
「いいじゃないですか。
ハートへの忠誠心が厚いのは…良いことです。」

騒動の中心になりそうなのが可愛い女の子とかじゃなくて、
マッスルボディなイケメンなのが色々複雑な気もしますが、
まさかのハート様を巡って、
前作・前々作とはまた別ベクトルで悪役サイドの関係が
こじれそうな気配には不謹慎ながらちょっとワクワク…。
しかしロイミュード幹部の皆って、本当、ハート様大好きですね。
推しロイミュード幹部なメディックとブレンが正にその筆頭なので、
ハート様に一周回って嫉妬しそうです(笑)。

◻︎それでは今回はこのへんで。
拍手でも挨拶をしましたが改めて、
ヨルさん、今年もどうぞよろしくお願いいたしますー。
『トッキュウジャー』でホッコリしていたところにアイスバケツぶっかけられた感じでした(苦笑)。
・何と言いますか、三条先生や巨匠(笑)の悪ノリもあってか色々「雑」でしたね(苦笑)。でも掲示板や実況等だと「面白かった!」とか「設定とかいちいち気にし過ぎw!」とかいった高評価もちょいちょい見受けられました…………東映特撮の未来が少し不安になりました(コラ
・そう言えば、てれびくん2015年2月号付録であるシフトカーのハイスピードが活躍する全プレDVD(つまりはシークレット・ミッション)が来月号で受付するみたいですね。

>怪物のせいなのね!そうなのね!!
・ゲンパッチ!今何時!?
・マク○ナルドで混入騒ぎが多いのも、妖怪…に見せかけたポケモ……いえ、忘れてください。
・それはそれとして、Soyさんのご指摘は御尤もだと自分も思います。「ロイミュードと戦えるのは、仮面ライダーとそのバディや島流し状態な特状課のみ」,「ゲンさんも馬鹿にしていた特状課にすっかり馴染んだ」ことを描写したかったのでしょうが、怪物達の引き起こしたグローバルフリーズや怪事件の勃発が世間で認識されているのにあのノリとか監視カメラの画像等があがってないとか、警察が無能の集まりに視えてしまうのが何とも……(冬の映画だと、お偉いさんは特状課に無茶振りしていた辺り、期待の裏返しとも取れますが)。ゲンさんが最初に特状課を馬鹿にしていたのは、彼もまた窓際故と思ってましたが、「どんよりもそれを引き起こす怪物の存在もありえない」というのが、現場の連中の共通認識みたいですね。何か無理矢理情報統制でもされてるのか他の方のご指摘通り「企画段階でいい加減だった」だけなのか気になるところです。

>花村 金蔵
・暴力団まがいの行いをしている地上げ屋……とのことでしたが、取り巻きの見た目やら言うことを聞かない奴の家を燃やすやら明らかに性質の悪いヤのつく稼業やないですか!?JUDOさんの指摘通り、そのうちしっぺ返しを受けそうでしたね。

>戸田川 直樹
・解散した門出ピーチクパーチクのパーチクの方でしたか。
・あんなアイテムもらったら、そりゃ復讐もしたくなるわな……と思いましたが、あれだけ好きにできる空間の中で結局病院送りにするだけだったり(それでも大問題でしたが)、刑事さん達を見てすぐに逃げてしまったりと本来は田舎から出てきた純朴な青年だったのかな、と。

>ギャグキャラ補正がなければ、再起不能(リタイヤ)だった
・まぁ色々と出鱈目になるどんよりのお陰で命拾いしたのでしょうけれど、仰るとおり、「(つまらんギャグはいいから)さっさと助けろや!」と思ってしまいましたね(苦笑)。

>詩島姉弟
・片や「一見無愛想に見えるけど裏表のない」娘、片や「一見人懐っこそうだけど裏表の激しい」子、「静寂(しじま)」がこうも分かれるとは……。

>浄寛和尚「マッハGO剛GO〜♪」
・最近のお子さん達だと、JAバンクの替え歌が印象に強いのでしょうか……「はしりだしたら あとにはひけぬ」といい、主人公である三船 剛や響 剛の正義感といい、トライドロンを駆るドライブに割と合う歌なんですよね。

>ロリショージョ連呼
・妻子持ちが連呼する言葉じゃねぇ(苦笑)。
・前もアルファベット・ルパンとか言ってましたし……何だかんだで調査能力は優れてますので、後は耳鼻科に行くだけですね(コラ

>りんなさんの趣味
・進ちゃんがディスると苦言を呈してましたので、その可能性大ですね(笑)。

>脳内ビジョンを実体化
・進ちゃんは烈車見える子ですね、きっと。

>アメイジングサーカス
・移動サーカスの動物輸送車ですね(笑)。「賑やかな音や光を発し、派手な演出で舞台を盛り上げることができる。」って賑やかし担当のようですが、テクニックタイプみたいなのも気になります。しかしタネも仕掛けも口から出るのか(笑)。
・今までマッハはチョロっと出て、さっさと帰ってましたが、仰るとおり、準備を整えてたのですね。しかしエンターテインメントと言いますかパフォーマンスだけはしっかり学んで帰国してる辺り、いつぞやの日本メジャーリーガーか(苦笑)。

>ダツリンシールドもつけちゃうゾ!
・「脱輪したけど、追跡!撲滅!いずれもぉーーマッ!ハァーーー!」……嫌すぎる(苦笑)。

>マッハ!!!!!!!!
・CGを使ってもいい。ワイヤーを使ったって問題ない。スタントマンを頼ってください。早回しでも構いません。最強の格闘技ムエタイを使わないならしょうがないです。でも愛されるキャラにはなってほしいです、はい。
・マッハ時のセリフや設定だと「肉体にかかる負担のため時間制限がある」みたいですが、「機能や能力の向上で制限時間を増やせる」…要は四国の勇者みたいに「根性」で何とかできる部分もあるみたいですね(ちょっと違う
・ショーで割りと長めに出ているのは、お友達の応援の賜物ということか(笑)。

>ガンマンロイミュード
・オリジナルはケットシーに乗っ取られて死亡、データや思念はロイミュード017が利用……とつくづく怪人に愛された御人です(涙)。

>メディックの再生能力
・ボディを壊されたガンマン(017)が下級ロイミュード(バット型)からやり直す必要なく再生していた辺り、厄介な能力みたいですね。
・ベルトさん達とも面識がある辺り、ロイミュード009(コブラ型)の進化は早い方だったみたいですが、何か因縁もありそうな口ぶりでしたね。

>胸が厚くなるな
メディック「これ以上ご無理をなされるなら、乳首ドリル……しちゃいますよ(はぁとさま)?」コリコリ

>他はぞんざいなメディック
・いますよねぇ、相手によって接し方が全然違う奴(苦笑)。
・ガンマンには普通に接していましたので、患者にも比較的優しい方でしょうか。

>元締め「はい、お金ちょうだい♪」
・もういくつ寝ると、お年玉でしたしね(コラ
・しかしこのネタは、マービンJr.さんよりもおねだり豊氏の印象が強いです(笑)。それはそらとして、弟は何故参戦しなかったのかと思いましたが、もしかして他の連中にもあの重加速バンド売ってた(笑)?

>ハートの半裸画像を克明に記録しているであろうことは確定的に明らか。
・そしてロイミュードパッドのお宝映像をガン見してブレンに制裁されるチェイスくん。

>>JUDOさん
>踊るメディック
・中の人の馬場 ふみかさんがバレエ経験者だからだそうですが、彼女の人間態モデルも影響していると考えるべきでしょうかね。バレリーナ志望だったけど足を怪我してしまい、「治したい!」とか……これじゃ『ハピチャ』映画のあの娘とか『MOVIE大戦CORE』のあの娘とかとちょい被りますか(苦笑)。

>ワイヤーぶら下がり
・まさかのアメイジングサーカスとか(笑)。

>>バタコさん
>瞬平と流さん
・後者はお気に入りだったので、聞き捨てならぬ。いえ、ウザキャラでしたけれども!ノベライズですらネタにされてましたけれども(笑)!!前者は終盤での魔法使い達への啖呵で少し感心しました。

>>ロペリドさん
おまわりさん、こっちです。

>>ドライブしんちゃん
・スタッフもキャストもあえて「ダサかっこいい」を意識してるみたいですので、演出や芝居が大きいと思います。ヨルさんも最初はクール系と思ってたみたいですし。今後戦闘面以外の、詩島 剛としての「かっこいい」部分も伴った強調をしてくれるといいですね。

長々と失礼いたしました。

管理者のみに表示

トラックバック