ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

烈車戦隊トッキュウジャー感想 第35話

2014.11.14 (Fri)

第35駅 「奪われたターミナル」




総裁(本体)(#35)




置いちゃったよ。
これまでは首元の隙間から手を入れて汗を拭いていたのに
面倒くさくなってガッツリ脱いじゃったよ。

総裁の生首感ハンパない第35話。




ネロ男爵
「侯爵!陛下に一体なにが…!?」


モルク侯爵
「さてなぁ…陛下のお気を悪くする何かがあったのやも…。
原因はともかくとしてだ。闇を嫌う陛下が
率先してここまでお力を示されるのは滅多にないこと。
この機を利用し、例の目障りなものを一気に…!」


総裁
「ハイパーレッシャターミナルより緊急連絡!
ターミナルがシャドーラインにジャックされた!」






ターミナル乗っ取り完了(#35)





ハイパー警備ザルターミナルキタ!!




何やってんすかコレ。
アバン前にハイパーレッシャターミナルを占拠されるとか
どんだけスピーディーなターミナルジャックなんすか。

ターミナルに乗り込んで、闇で包み込み、クライナーロボで包囲するまで
数分しかかかっていないという芸術的乗っ取られっぷり。
全米が燃えるアクションムービーのOP張りのスピーディーさで
ハイパーレッシャターミナル占拠完了である。

緊急連絡でクライナー接近警報が鳴り響いたくらいで
警備システムとかまったく動いてなさそうだったもんなぁ…。

発見されないように隠れ潜んでいたので
元々見つかったら脆いタイプの基地だったのだろうか。


いつになく闇のオーラ全開のゼットさん。
出まくってる。闇出まくってる。出すぎてゼットさん見えなくなっとる。

そんな闇垂れ流しモードになったゼットの力を利用して
今こそ好機とハイパーレッシャターミナルへと攻め込むモルク侯爵以下幹部達。
奇襲はまんまと成功し、ターミナルを手中に収めたのであった。

近づく烈車が走行不能になってしまうのは
シャドータウンと同様のシステムですね。
一瞬でターミナル全体を包み込む、ゼットさんの闇パワー強力すぎだわ…。
冒頭で1人だけ吹っ飛ばされたネロ男爵萌え。





闇の皇帝・ゼット
「いつまで経っても馴染まねぇな…てめぇのキラキラは。」

「俺のものにならねぇキラキラなら消す。
…わかったろ?闇なら腐るほどある。消すなら一瞬だ。
俺の本性はそっちだしな。」






全然呑み込めねぇ(#35)





キラキラを手に入れたくて、グリッタ嬢を吸収したものの
キラキラするどころか、全然消化できなくて胃腸がムカムカ状態のゼット。

圧倒的な闇の力を見せ付けて、グリッタ嬢に脅しをかけた形ですね。
大人しく俺のものになれ、ならないなら消す。うん、ヤンデレかな?


光をも飲み込む圧倒的な闇。キラキラを望んでも手に入れられないジレンマ。
自分が望むものと、自分の存在自体が相反していることを自覚しつつも
キラキラを望む姿は、ちょいとばかり物悲しくもありますね。
ウソみたいだろ。闇の皇帝なんだぜ。これで。





シュバルツ将軍
「(グリッタ嬢…あなたに助けられた私の命。
当然、あなたにお返しすべきもの。なんとしても…!)」






どうするシュバルツ(#35)





フッフフ…まったく、義に厚い男よシュバルツ…!!


グリッタ嬢の仇を討つべく、ゼットに反旗を翻したシュバルツ将軍。
彼女がまだ生きていると知った今、彼のとる行動は…?
グリッタ&シュバルツのラブトレイン発車のベルはまだ鳴っていないのだぜ。


…シュバルツ将軍ってば、グリッタ嬢が散った川原に
ちょいちょい戻ってきてますよね。
相変わらず見た目にそぐわずセンチメンタルな奴である。






車掌
「総裁!ご無事でしたか?」


カグラ
「総裁ってウサギだったんだ。」


総裁
「ウサギではない。総裁だ。」


車掌
「そうです!ウサギではなくてラビット!」


総裁
「…でもない。総裁だ。」






ウサギではない総裁だ(#35)





ウサギやん…めっちゃウサギやん…。


入口で耳をひっかけてるわ、その衝撃で頭がズレてるわ
頭部ガバガバな状態でトッキュウジャーの前に姿を現した総裁。
ファンシーな顔面に反して、かなり大柄な体格が迫力を増長させておるわ。

シャドーラインに占拠されたハイパーレッシャターミナルから
脱兎の如く逃げ出してきたというワケですね。
なんで一人だけ逃げてきてるんですかね、この惣菜ウサギは。
ターミナルが乗っ取られちゃったから、お前ら取り返して来いですってよ奥さん!


…そう言えば、ターミナルには他に人影がありませんでしたけど
あそこって総裁1人だけで経営してんのかしら?

だとするなら仕方ない部分もあるけれど
ターミナルがシャドーに乗っ取られたら
あらゆる駅が闇に飲まれることになるらしいので、やっぱり断罪。
鼻の穴にニンジンを突っ込んでおこう。

サルとウサギに挟まれて、ラビットファイスを披露する車掌さんに吹いたw




総裁
「ターミナルに乗り込む方法ならある。
ハイパーレッシャターミナルの新しい力を使う。
サポート烈車を含むトッキュウ烈車全13両揃って初めて発動する力だ。
闇を払いターミナルを取り戻すことも可能だろう。」


ヒカリ
「ちょっと待って。13両ってことは…1両足りなくない?」



「ドリルレッシャーか。」


車掌
「でもあれは元シャドーの烈車ですよ。」


総裁
「その分パワーは大きい。それに私はドリルが好きだ。






ベストが派手(#35)





ドリルが好きなら仕方ない。




なぜターミナルの新しい力を使うのにドリルレッシャーが必要なのか…
それは総裁がドリル好きだからです!(納得)


明がレインボーラインに来た時に
「やっべ、ドリルクライナー超クール!全合体に加えるしかねぇ!」と
張り切って設計図を描く総裁の姿が脳裏に浮かんでは消えた。


シャドーラインに乗っ取られたターミナルを取り戻すためには
ドリルレッシャーが必要不可欠なのですが
シュバルツ将軍に持っていかれてしまっているというのがポイント。

そもそも、ドリルレッシャーがあれば
闇に包まれたターミナルにも普通に侵入可能なんじゃなかろうか。
現状唯一とも言える闇に突入できる、元シャドーラインの烈車ですしね。

やめたげて!車掌さんで遊ぶのやめたげて!!






虹野明
「ドリルレッシャーを返してもらう。」


シュバルツ将軍
「なるほど… 聞けぬ相談だ!」


車掌
「明くんピンチです!ライトくんたちが大ピンチです!」


虹野明
「(このままじゃ、決着がつく前にトッキュウジャーが…!)」
「頼みがある。「お前が言うどんな条件でも飲む。絶対だ。
その代わり…ドリルレッシャーを返してくれ!頼む!」


シュバルツ将軍
「ザラム、貴様…。」


虹野明
「頼む!!」






最終的には土下座(#35)





ドリル返してください!オナシャス!




とりあえず、力づくで奪い取るスタイルで襲いかかったものの
余裕がないとみるや、頭を下げてお願いするスタイルに切り替える明くん。
変身を解除して、ヘルメットを脱いでまで頭を下げる姿にグッときたぜ。


シュバルツからドリルレッシャーを取り戻すために
自分自身が忌み嫌う、ザラムの能力を使ってまで戦う明。
部分的集中豪雨で身を隠し、隙をつこうとするタクティクスも
車掌さんからの着信で台無しにw
戦闘中はマナーモードにしておくべきだったか…!
って言うか、普通に出るんですね、電話。


ユウドウブレイカーをぶん投げて捨てたかと思わせて
反射させて攻撃してキャッチしたり
足場の悪い中、巧みで迫力のあるアクションがチョーイイネ!






闇の皇帝・ゼット
「なぁ、ライト。
このままてめぇを取り込んだら…てめぇのキラキラはどうなる?
馴染むのか…消えるのか…。」


ノア夫人
「(消えるですって…?
まさか、突然あれほどの闇を見せたのは中にいるグリッタに何か…!?)」


ライト
「どっちでもない。俺に見えてるのは
どうなったって…お前を倒すってことだけ。」


闇の皇帝・ゼット
「試すか?」






グリッタちゃんがドーン!(#35)





決まり手・グリッタどすこい押し出し。




はい、グリッタちゃんがドーン!!
ゼットの体内から、露骨な肋骨が飛び出てきて
ライトを取り込もうとしたその瞬間、グリッタちゃんがドーンである。
ゼットの体内からグリッタちゃんがドーンである。

なにこのショッキング映像。
ゼットの腹からグリッタちゃんとか普通にホラーじゃね?

「ここは満員だ。取り込むことはできねーぜ。」的なカンジで出てきたグリッタちゃん。
ゼットに取り込まれてはいるものの、頑張れば外部に干渉可能とか何それ凄い。
グリッタちゃんのガッツマジ凄い。


しかも、形的にはラスボスに捕らわれた悲劇のヒロインが
主人公を救ったカンジと言うね。この圧倒的女子力ですよ。
他の追随を許さない、メインヒロインの独壇場だったと言えよう。


ハイパーレッシャターミナルを開放すべく乗り込んだライト達でしたが
ゼットにフルボッコされてKO。
それ以前に、闇の力でパワーアップしていたモルク侯爵たちにも苦戦してましたし
勝ち目の薄い戦いだったと言わざるを得ない。
闇の皇帝が気まぐれに乱入してくるのってズルくね?






シュバルツ将軍
「ザラム…話の通じないお前が、頭を下げて交渉とはな。
そこまで変わったのは、戦いに見ているものが変わったせいか。」


虹野明
「そんなことを言い出すお前の方が…昔とは違うようだがな。
自分のことだろ?」


シュバルツ将軍
「フフ…我ながら妙なことだ。」


虹野明
「ゼットの言うキラキラでも見えたか?俺は見えてる。」


シュバルツ将軍
「よかろう、ザラム。条件を言う。」






条件言っちゃうよ(#35)

ドリル返却(#35)





やだもうカッコイイ。




なにこの漢同士の熱い会話。
明の熱意を買って、条件付きとはいえドリルレッシャーを返してくれました。

明とシュバルツの関係性も、いつも丁寧に描写されていて
彼らの行く末が気になるのも面白い所です。
同じドリルを使った仲ですからね、この2人は。


ゼットからちょっとキラキラしてると言われたシュバルツ将軍ですが
グリッタちゃんからの影響や、トッキュウジャーとの戦いを経て
キラキラなものが見えつつあるのでしょうか。
それって愛なの?グリッタちゃんへの愛なの?フゥー!(興奮)






ライト
「このまま突っ込め!ターミナルホーム進入!全車両停車!」


総裁
「これよりターミナルは特別モードに移行する!」


チケットくん
「お下がりくださ~い!
ただ今より、ハイパーレッシャターミナルが特別合体モードになりまーす!」


モルク侯爵
「立った…!」


ネロ男爵
「…だけ?」






トッキュウレインボー(#35)





立った立ったターミナルが立った!




ターミナルのバカっ!なによ意気地なしっ! 
1人で立てないのをドリルのせいにして
ドリルはちゃんと戻ってきたわ!
ターミナルの甘えん坊!恐がり!意気地なし!
どうしてできないのよ、そんな事じゃ一生立てないわ! 
それでもいいの?ターミナルの意気地なし!
あたしもう知らない!ターミナルなんかもう知らない!!


クララの罵詈雑言の嵐を背に、ハイパーレッシャターミナルが立ち上がる。
あれがトッキュウレインボー…
なんという…なんという…なんだアレ?

13両全ての烈車が合体…合体なのかアレ…?
ターミナルに収納された後、それが立ちあがっただけのような気がするのですが…。
全車両縦に並んでるだけじゃんよ…。
「そもそも、合体って何だろう?」そんな疑問が湧き上がる
実にアバンギャルドな合体だったと言えよう。


ぶっちゃけ、シャドーライン幹部3人が披露した
超クライナー合体ロボの方がカッコ良かったわ!
…とか思っても、良い子は心の奥底にしまっておこう!

せっかく3人の幹部が力を合わせた合体ロボ(カッコイイ)が出たのに
なんの見せ場もなくトッキュウレインボーに粉砕される悲しさですよ。
ここは一度、既存のロボで敗北してからの方がカタルシスがあったかなー。

トッキュウレインボーファイナルスラッシュも全合体の最強技なのに
特に列車のイメージがないのが若干残念でしたが
巨大さや強さは存分に感じられたのは良かったなと。

ただ、満を持して戻ってきたドリルレッシャーが股間腕ではなく
左脛に、ちょこんとくっ付いているだけなのが腑に落ちねぇw






ネロ男爵
「はぁ…死ぬかと思った。」


モルク侯爵
「陛下!その不愉快なものをさっさと消しておれば
我らは確実に勝利しておりましたぞ!お分かりか!?」


闇の皇帝・ゼット
「…。」






死ぬかと思った男爵(#35)

憂鬱だゼーット(#35)





お腹からグリッタちゃんが出てきて、軽くヘコむ闇の皇帝・ゼット氏。
「変なもん飲み込んじゃったなぁ~、消化しないで吐き出すべきかな~」
とか考えてそうな顔してる。そうそう、早くペッ!しなさいペッ!!


グリッタ嬢がライトを助けたことで、敵味方両サイドに
ゼットの中にグリッタ嬢がいるという事が明るみになったわけですが
まったく気付いていなかったネロ男爵が
今回の一件でようやく気付いたというのも見逃せないポイント。

手柄を立てようと頑張っているけど、基本的に彼だけ蚊帳の外だったもんなぁw
「死ぬかと思った」とか言いながら、ソファに座る姿がキュートだったし
シャドーラインの癒し系担当と言うポジションは盤石なのでOKかもだけど。



シャドーラインによるハイパーレッシャターミナル占拠。
ゼット&幹部達との戦闘に、トッキュウレインボー登場と
今回も見どころ満載でありながら、ちょっと速度が出すぎと言えなくもないですね。

ターミナル占拠&トッキュウレインボー登場の件は
前後編の2話かけてじっくりやってくれても良かったかも。
3体合体超クライナーロボは犠牲になったのだ…サクサク展開の犠牲にな…。

グリッタ嬢の生存確認もありつつ
明とシュバルツの約束を不透明にすることで
次回以降の興味を引く展開はイイカンジ。
明くんメインのエピソードが待ち遠しいですわ~。






シュバルツ
「よかろう、ザラム。条件を言う。」


虹野明
「…。」






黄昏る明(#35)





ドリルを取り戻すために、シュバルツ将軍の条件をのんだ明くん。
勝利の後も浮かない顔をしながらレクイエムを奏でていましたが
シュバルツが出した条件とは一体何だったのだろうか。

ワゴンちゃんのパンツをとって来いとか、そーゆー要求だろうか。

「ゼットを倒すために、私をトッキュウ7号にしてくれ!」とかだろうか?
トッキュウレインボーもギチギチに詰め込めば
シュバルツ専用クライナーも合体できそうだし何とかなるかも知れん。
トッキュウ7号あるで!(ないで!)


シュバルツの出した条件を明確にせずに、これだけ引っ張っておいて
次回はヒカリ回と言う事実!
ドリルレッシャー返却の交換条件は、いつになったら明かされるのか?
ご期待しちゃってよろしいかしら?







    / ̄ ̄\ .........::::::::::...r‐ ' ノ. 条件を言うぜ… 
  /      \........::::::::_ ) (_    
  |::::::: :      |.....:::(⊂ニニ⊃)   「お前の死に場所は俺が決める」
  .|:::::::::::::     |....: ::::`二⊃ノ  
   |:::::::::::::      |..: :::: ((  ̄  だから、俺が許すまで死ぬんじゃあねーぜ
   .|:::::::::::::::     }    [l、
    ヽ        }  /,ィつ
   /   ヽ   . ノ .,∠∠Z'_つ  仲間と一緒に戦ってキラキラして
  /    ''⌒ヽ  ./ .r─-'-っ    何も思い残すことが無くなってから
 .| (      / } ./  ):::厂 ´   十分生きたなと思ったら幸せな気持ちで逝け…
  |   /  .// .ト  /







    .:.:...        :.:.:                    :: :.:.:.:..     :::.:.
    :.:.       .:.:.:..         キュン…        ..::.:     .::.:.   ::.:.
     : ..: ::.. :. :::: :.::.         -──―-、        :.::    ::.::.:.:
: :.                   /                     .:.::    .:.:.::::.
  :.:                /、_ ー'    、、_,        .:.:.: ::.:    .::.:.  :.:.
  ::.:               //(_,|'      /´)`ヽ、   .|          :.:.:.:.:
  .::.                 l  ー' / / / /lー cノ    l  シュバルツ…
::.:                >-─-、人__)  ̄ '"'   /
      .:.:.::::.        /     .lー'        /      .:.::.:.:...
      ::.:.  :.:..      / `''    /          く      .::::   ::.:
.       :.:.:.::     /      /




お前ら、キラキラしてるぜ!!




コメント

No title
あのウサギの頭って、勝手に喋り出したりしないですよね?


さて、今回も思った事をいくつか。

①ターミナルが変形するより早く、強引に乗り込んで占拠。豪快ですね。

②イライラすると、身体から闇が噴き出す闇の皇帝ゼット。難しい知恵の輪とかに挑戦してもらったら、割と簡単に闇が噴き出したり・・・しないですよね。

③キラキラを欲するも、グリッタ嬢のキラキラは全く馴染まない。ある意味、太陽に翼を溶かされたイカロスみたいな感じですね。

④グリッタ嬢の仇討ちを誓うシュバルツ将軍。「闇の皇帝からグリッタ嬢を救い出すも、力尽きてグリッタ嬢の腕の中で死ぬ」みたいな展開にならない事を祈ります。

⑤総裁がウサギでもラビットでもないとすると・・・カニーンヒェン(ドイツ語)、ラバン(フランス語)、コニーリョ(イタリア語)、コネッホ(スペイン語)とか?

⑥なるほど。総裁はドリルが好きなんですね。では、「勇者特急マイトガイン」からこの言葉を送りましょう。

エグゼブ:だから、ドリルは取れと言ったのだ・・・。(絶命)

※「私の趣味ではないから外せ」と主張していた、とあるロボのドリルに貫かれた時の発言。

⑦仲間を救うため、敵であるシュバルツ将軍に頭を下げる明。正に「漢」ですね。後、「今は手が離せない」の一言で電話を切らない辺りにも好感が持てます。

⑧まさかのグリッタ登場に救われたライト。いつも思うんですが、敵を身体の中に取り込むって相当なレベルで危険な行為ですよね?

⑨条件は出したものの、嘗ての盟友にドリルレッシャーを返したシュバルツ将軍。こういう展開って熱いですよね。この2人には、いつか一騎打ちで決着を付けて欲しいものです。

⑩変形して烈車たちを迎え撃ったものの、あっさりとターミナルを取り戻されてしまったシャドーラインの幹部たち。ふと思ったんですが、ロボに変形せずにそのままターミナルに居座った方がよかったんじゃないですかね?

⑪goo辞書で「合体」という言葉を引くと、「二つ以上のものがまとまって一つになること」あるいは「心を一つに合わせること」という意味らしいです。つまり、物理的にくっついてるし、皆の心は1つになってるので、あれは合体です!

⑫クライナーロボの合体は格好いいんですが、どう見ても玩具で再現できなさそうな部分だけは残念ですね。

⑬グリッタ嬢の事を終始「不愉快なもの」と呼んでいるモルク侯爵。完全にグリッタ嬢を邪魔者としか見ていないのがよくわかりますね。

シュバルツ将軍が明に提示した条件とは?
トッキュレインボーのデザインはある意味でサムライハオーを超えたのではないか?
ヨルさんに訊いておきますが、ワゴンはパンツを穿いてるのか?

色々と気になる事の多い回でしたね。
シュバルツ将軍「どういたしまレーゲンボーゲン。」
・所謂「溜め」なイベント消化+フラグ回でしたが、クリスマス商戦か新春映画で派手にやってくれれば、問題ないですね。
・おそらくですが、トッキュウレインボーの造型を見て、「これ、引っ張ってもしょうがないな……。」とスタッフは判断したのかもしれませんね(苦笑)。「立っただけ」のセルフツッコミからして(コラ

>ネロ男爵、今日も飛ぶ
・他の幹部と違いぶっ飛ぶ辺り、ネロ男爵ってやっぱりマゾの気があるんじゃ……。

>奪われたターミナル
・ライト達に焼肉を提供したり、ワゴンちゃんにエステを施したりする職員さん達がいることは示唆されてたはずですが……このオカズ、真っ先に逃げやがったな!?
・それはそれとして、こうもあっさりと乗っ取られたのは、「普段は表に出て来ない」ハイパーレッシャターミナルが最近巨大戦で出ずっぱりなので、位置を特定されたこともあるのでしょうが、仰るように、「いくつかのサポート烈車が『過去の戦い』で失われたこと及びそれを放置していたこと」、そして「イマジネーションの強い子ども達の身体を大人にしてまで切り札である烈車戦隊トッキュウジャーを結成したこと」等からすると、「戦闘要員が現在圧倒的に少ない」というレインボーラインの弱点のせいでもあるのでしょうかね。ショー展開で登場するレインボーライン関連駅のスタッフさん(MC)達もシャドーラインの連中が乗り入れて来た時の対応は、大体「こんな時は……、みんなでトッキュウジャーを呼ぼう!」ってな具合(笑)でして、非戦闘員だと分かりますし。防衛システムもかつて闇でパワーアップしたシャドー烈車軍団にトッキュウレッシャーをあっさりジャックされたことから期待できませんしね(苦笑)。
・そして仰るように、「見つかると脆い」タイプで正解だと思います。時の駅長が操るキングライナー(時のターミナルの一部)も、それ自体の戦闘能力は高かったですが、結構あっさりとイマジン達の侵入を許してましたし。

>ネロ男爵(侯爵ばかりに手柄を立てられてはたまらん!)
・TV本編では失敗続きとは言え、今回の襲撃といい、シャドーラインの底上げといい、水面下ではモルク侯爵の指揮は順調みたいですね。

>全13両
クローレッシャー「どうせオイラはアウトロー……。」
・つまりスコープレッシャーとエナジーレッシャーの本体は過去の戦いでぶっ壊されてるということですか……。

>ドリルレッシャーは元シャドーラインの烈車故にパワーが強い
・成る程、それでシュバルツ将軍が奪っていったわけですか。確かに他のクライナーにもヒケを取ってませんでしたしね。

>電話に出る明
・ビルドレッシャー調教時は意地でも出なかったのに……妙なところでマメな男です(笑)。まぁ出方からして「ライト達のピンチを知らせるものかも」と思ったから出た感じでしたが。
・仰るように、アクションは視応えありましたね。一度で良いから、ネロ男爵とのガチバトルの一部始終も視てみたいものです(笑)。

>ハイジの罵詈雑言
・ハイジ終了のお知らせは、口笛で。

>合体ってなんだろう?
・マクドナルドでのハッピーセットCM(人間トッキュウオー)を視る限り、「ボディとボディを合わせる」のも「合体」と呼んで差し支えなさそうです(笑)。まぁ、JUDOさんの仰ったことでFAでしょうが(笑)。

>烈車のイマジネーションがない最強必殺技
・「闇を切り裂くレインボー」なイメージでしたね。何と言いますか、ロビー総裁も「シャドーラインを廃線にしてやろう」というガチな意気込みで設計したのだろうなと思えました(笑)。

>既存のロボで敗北してからのカタルシス
・おそらく夏にそれをやったのと、また次に取っておくためか……。まだ超クライナーロボの出番はありそうですし、次に期待です。

>ドリルライナーは左脛
・右脛は鉄壁のシールドレッシャーですし、重たい上半身を支える両足の強化は十分ですね(笑)。

>ネロ男爵「死ぬかと思った……。」
・あの疲れ具合からして、脱出時に「レディーファースト!」をくらってギリギリだったとか(笑)?

>お前ら、キラキラしてるぜ!!
・なんだこれは・・・たまげたなあ。

>>JUDOさん
>ドリルが命取り
・お惣菜の趣味だから、この場合は問題ないですね(笑)。

>キラキラを取り込む行為
・仰るように、「試すか?」の台詞からして、自信と狂気と一種の投げ槍感がありましたね。

>モルク侯爵の不快感
・前々からキラキラなトッキュウジャーを「見苦しい」と見下してましたからね。ゼットにも「キラキラを自由にできるなら、文句は言わない」旨を語ってましたので、古株だけに危険視してるとも取れます。

長々と失礼しました。
ドリルレッシャー返して下さい!
オナシャス…

やだよ、条件を呑むんだよ。
あくしろよ

管理者のみに表示

トラックバック