ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

烈車戦隊トッキュウジャー感想 第34話

2014.11.05 (Wed)

第34駅 「恋は大騒ぎ」




ワゴンちゃん
「ハイハーイ!恋愛だったら私にお任せ!
頼れる男って言うのわぁ~。」


カグラ
「ゴツイ人?」


ワゴンちゃん
「イヤ~ン♪見た目も大事だけど…男は黙って背中で語るのよ!」





KK恋愛特集(#34)

うっふんポーズ(#34)





            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、   男は黙って広背筋。
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l
           | (__人__)  ;;;;;;;;il
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
             \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;






                  ____
                /      \  おっと待ちな。
               /  \   / \   俺の大胸筋も黙っちゃいねぇぜ?
             /   (●)三(●)  \
             |      (__人__)     |
             \     ` ⌒´    ,/
            /_ \::  `   ´.:::/ `ー-、__
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...         ̄``ー-、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:     ::::::::|:.:.:.:...    r       \
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ν  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.     >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ





逞しマッスルにメロメロなワゴンちゃんのウッフンポーズが激しくセクシー。
ミオとトカッチ、恋のから騒ぎ。第34話




ビリヤードシャドー
「アイアムビリヤードシャドー!
ユーたち、ミーと付き合っちゃおうゼ!」
「と言っても、一方的に突くなんだけどな。」


ミオ
「大丈夫ですか!?こっちへ!」


表参道
「すみません、僕は表参道義雄と言います。
あのー、ミオさんでしたっけ?あぁ~素敵な名前だぁ~。
僕と、僕と…付き合って下さい!!」


ミオ
「えぇーーーッ!!?」






フォーリンラブ(#34)





イエス、フォーリンラブ。




シャドー怪人に尻を開通させられそうになった所を
間一髪助けてもらった表参道さん。
貞操を守ってくれたミオちゃんに一目惚れである。

目がハートになってましたからね。
これで惚れてなきゃおかしいレベルで惚れてますわ。
フォーリンラブっちゃってますわ。


まぁ、怪人から助けてくれたスーパーヒーローの中身から
あんなに可憐な乙女が出てきたら
表参道さんが惚れる気持ちも分からなくもない。


朝っぱらから、ド派手なスーツに身を包んだ怪しいメガネをかけた男のヒップを
ビリヤードのキューで突貫しようとする怪人とか
そんな大惨事を未然に防いだことで
明らかなる変態から惚れられちゃうミオちゃんとか
初っ端からカオスな雰囲気が漂ってきていましたね。

「荒れるぜ…止められねぇ…!」
そう思った視聴者の直感が正しかったことが分かるのは
そう先のことではなかった…もちろん悪い意味でw






ミオ
「明くん!助けて!!」


表参道
「なんですか君は?」


虹野明
「俺か、俺の名は…。」


ミオ
「虹野明くんよ。でもって彼は…ごつい背中の…私の彼氏!






トカッチ死亡確認(#34)





KA・RE・SHIキター!!




ごっつい背中の彼氏きちゃったーーー!
バ…バカな…ミオちゃんと明がいつの間にそんなステディな仲に…!?

みんなが寝静まった後、トッキュウレッシャーを抜け出したミオちゃんが
ビルドレッシャーで明くんと一緒に
夜な夜なビルドダイオーしちゃっていたというのか…!?

嘘だ…!嘘だと言ってよミオちゃん!!はい、嘘です。


たまたま通りすがっただけの、ごつい背中を持つ男・虹野明は犠牲になったのだ。
ミオちゃんが表参道さんから逃れるための犠牲にな…。


状況を判断するとかしないとか以前に、なにか発言しようとするたびに
横っ腹にミオちゃんエルボーを叩き込まれる明くんも可愛そうです><
彼はレクイエムを奏でながら死に場所探しをしていただけだというのに…!!


ミオちゃんの明くん彼氏宣言によって、ショックを受けまくるトカッチがカワイイw
動揺のあまりメガネをクイクイしすぎて、完全にズレれましたからね。
最終的には卒倒して運ばれて行っちゃいましたけど
振られたショックで気絶するとかなにこのカワイイトカッチ。



表参道
「ノーノーノーノーノー!あなたが何と言おうと僕は諦めない!
僕のこの熱い気持ちが通じるまでは!」
「2人はカップルと言うには程遠い。
あなたの言動、その場しのぎの言い訳に聞こえます!」


ミオ
「勝手に決めつけないで!」


表参道
「それまで僕はずっとあなたを想い続ける!
あなたが世界のどこにいようが、かならず見つけ出す!
なぜならそれが…真の愛だから!!ジュテーム!!」




グイグイくる。グイグイくるよこの表参道氏。

すげー粘着質でストーカーチックなんだけど
微妙に鋭い観察眼を持っている所がイラッと来るわw






ワゴンちゃん
「ミオちゃんと明くんがアツアツデートすればいいの!
それを見せ付けて、あの人に諦めてもらいましょ!」






ドレスアップ明(#34)





キィィー!!なによあの男!!
いつもは暑苦しくてむさい恰好でいるくせに
こういう時だけビシッと決めちゃってさ!あざといのよ!フンッ!!
…悔しい…でも、カッコイイ…!!


っちゅーカンジで、スーツでバッチリ決めた明くんに対して
嫉妬の炎を燃え上がらせるトカッチ。
ハンカチ噛んでキィィーッ!を、リアルでやっちゃうメガネ系男子…
そして、それが似合ってしまうナイスガイ、それがトカッチなんだよね!


フォーマルなスーツを着込んだ明きゅんが新鮮ですね。
ヘルメットをかぶろうとして止められてて吹きましたがw

明の服をスタイリングしたのは、なりきりモードに入ったカグラちゃんかな?
私はオシャレ、私はオシャレ、スタイリストガール!の服装が可愛かったのですが
ここでのメインは、あくまでも明とミオちゃんであり
カグラちゃんに関しては、クローズアップされなかったのが寂しい所。


明と同様、デート服姿へとコーディネートされたミオちゃんも安定して可愛い。
いつもホットパンツ姿で、綺麗なおみ足を見せつけてくれているわけですが
スカート姿も普段より大人っぽくて素敵ですね。
テレて困惑している姿も初々しくてグーよグー。美人さんやのォ~。





ライト
「ヒカリはいかないの?」


ヒカリ
「俺はパス。人の色恋に首を突っ込む趣味ないから。」


ライト
「そっか、それじゃ。…なに?どしたの?」


ヒカリ
「ライトも留守番。ここはトカッチに任せよう。」


ライト
「なんで?せっかく着替えたのに!?」


ヒカリ
「いいから。ライトが行くと余計ややこしくなる。」






ノリ悪くね?(#34)

影のリーダーのお仕事(#34)





ヒュー!ヒカリくん男前ー!!

さり気なく、ライトを制止するヒカリくんの気遣いですよ。
トカッチのミオに対する気持ちを悟らせない為の気遣いですよ。


ミオちゃんの色恋騒動にときめきまくって
シャドー怪人のことなぞすっかり忘れているメンバーの中で
唯一、色々と考えて行動しているヒカリくんさんマジ影のリーダー。
こういう部分に気が回せる男はモテる。はず。






ワゴンちゃん
「まずはデートの定番、お茶!しちゃいましょ!」


虹野明
「なるほど…お茶か。うぉぉおーッ!!」


ミオ
「それ違うから。なんでそう言うことばっかり知ってるのよ…。」


虹野明
「これがお茶?コーヒーじゃないのか?」
「そうか…こいつ飲めばいいのか。熱っちィーーーッ!!?」






明DEデート(#34)





うおォン 明はまるで人間蒸気機関車だ。




コーヒー吹いたwww
やだもうこのスタイリッシュ明くんマジポンコツ。
熱いコーヒーを飲んで、鼻から煙を吹き出す姿はまさに蒸気機関車。
明特急出発進行、そしてリバースへである。
その野点セット一式どこから調達してきたんだ明ェ…。

ま…まぁ、ミオちゃんの顔面に
エメラルド(マウンテン)スプラッシュを食らわせるという
最悪の結果にならなくて良かったんじゃないかな?
それはそれで見てみたかったけど。


ミオと明のラブラブデートを追跡するチームワゴンちゃん。
黒服は何のつもりの変装なのだろうか…。
探偵?追跡者?ハンター?

ちゅーか、ワゴンちゃんどうなってんのそれ?
豊満なボディがあのスーツの中に収まるとは思えないんだけど。
もしかして、着やせするタイプなの?

あと、みんな一応、サングラスとかかけて変装してるんだけど
ワゴンちゃんだけ、顔面丸出しじゃん。
なんで丸出しなの?それじゃ単なるスーツ姿のワゴンちゃんじゃん。
肝心の所が隠れてないから、正体バレバレじゃん。
いや、そもそも正体がドーノコーノ言う前に怪しすぎるだよもう…。

ここでもなりきっていたであろうカグラのキュートさが光る。
スーツ姿だけど、下はスカートなんですよね。
シャツの胸元がイイカンジに開いててセクシーだったのですが
やっぱりあんまり映ってくれなくて、ちょっぴり残念なのであった。


それにしても、普段はメガネのトカッチが
サングラスをかけていると言う違和感がハンパない。
これで、グラサンをクイクイされてもトカッチ度は激減よね。
もう偽トカッチと言っても過言では無かろう。






ビリヤードシャドー
「トッキュウジャー…突き合いたいのは2人だけか?」


ヒカリ
「ほっとけ。他の4人もいろいろ付きあって忙しいんだ。」


ライト
「でも、俺たちの心は一つ!いつも6人で戦ってるんだ!」


ビリヤードシャドー
「だけど2人だろ?」


ライト
「そう言う気持ちってこと!!」






ビリヤードシャドー(#34)

1と4だけ戦隊(#34)





気持ちが大事!!


1号と4号しかいないけど、6人で戦っている気持ち!!

ミオちゃんの偽装デートに付き合っているのが4人+ワゴンちゃん。
一方、シャドー怪人に対応するのが2人…アレ?比率おかしくね?
ミオちゃんのデート>シャドー怪人の図式が成り立ってね?

軽い…ビリヤードシャドーさんの扱いが軽い…。






ワゴンちゃん
「こうなったら明くん!最後の手段よ!!
私の言うとおりに、お芝居してね。ゴニョゴニョゴニョ。」




「トツゼンダガ ミオ オレト ケッコンシテクレ。
キュウリョウ ノ サンカゲツブンダ。」






明プロポーズ(#34)





ロ ボ か 。




どんだけ片言なんだこの明。
ドラクエのテキストを忠実に音読したみたいな喋りしやがって。

ワゴンちゃんからの指示を、脳みそを経由させずに
聞いたまま口から出しただけの
とんでもない棒読みのプロポーズ来ちゃった。
なにこの学芸会みたいな。


しかも、スキンシップを図ろうとして肩を抱こうとした結果
盛大に拒否られた挙句、腕を極められた直後のプロポーズである。
どんなタイミングだ…。
すげぇよ…明くんの空気の読めなさすげぇよ…。
と見せかけて、全てを指示しているのはワゴンちゃんであり
責任の大半は彼女にあると言えよう。おのれワゴンちゃん。

結婚指輪が給料の3か月分とか、ワゴンちゃんの年齢っていったいw


…って言うか、明くんがワゴンちゃんの指示に従いすぎ問題ですよ。
お茶を飲めと言われればお茶を飲み、手をつなげと言われれば手をつなぐ。

もはや、ワゴンちゃんの指示には絶対服従の完全なるイエスマンであり
寸分の疑問も抱かずに命令を遂行するマッスィーンと化していたもんね。
リモコンで操縦される鉄人28号みたいなもんだったわ。


志向性集音気を駆使して、デート中の会話を盗み聞く
探偵ガール・カグラちゃんのセクシーな胸元が気になってブレイブ。






表参道
「ミオさん!もう嘘をつくのはやめて下さい!
あなた達2人は、結婚どころか付き合ってもいないはずです!」


ミオ
「えっ?いや、そんなことないけど?」


表参道
「だったら証拠を見せて下さい!
本当にあなたの言うことが正しいのならば、キスして下さい!」


虹野明
「いいだろう。」

ミオ
「あの…明くん…?」


虹野明
「安心しろ。キスくらい知ってる。」






明キッス(#34)


ズキュウウウン





               . -―- .      やったッ!!さすが明!
             /       ヽ
          //         ',    おれたちにできない事を
            | { _____  |        平然とやってのけるッ!
        (⌒ヽ7´        ``ヒニ¨ヽ
        ヽ、..二二二二二二二. -r‐''′  そこにシビれる!あこがれるゥ!
        /´ 〉'">、、,,.ィ二¨' {.  ヽ     _ _      
         `r、| ゙._(9,)Y´_(9_l′ )  (  , -'′ `¨¨´ ̄`ヽ、
         {(,| `'''7、,. 、 ⌒  |/ニY {              \
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ  ,ゝ、ー`――-'- ∠,_  ノ
           |   「匸匸匚| '"|ィ'( (,ノ,r'゙へ. ̄ ̄,二ニ、゙}了
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | | ,ゝ )、,>(_9,`!i!}i!ィ_9,) |人
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  || /-‐ヽ|   -イ,__,.>‐  ハ }
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |′ 丿!  , -===- 、  }くー- ..._
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |.  { {ハ.  V'二'二ソ  ノ| |   `ヽ
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  ヽヽヽ._ `二¨´ /ノ ノ
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |、   \\'ー--‐''"//
\___,/|  !  ::::::l、  \  \| \   \ヽ   / ノ





いったいったー!明がいったー!!
表参道さんの純真無垢なピュアな唇めがけて明がいったー!!
初めての相手はミオではないッ!この明だッ!ーーーッ


一切の躊躇や迷いなく一直線にパワフルにワイルドに、唇を奪い取ったったわ。
あの密着度、動き、余韻…完全に入ってますわ。ディープなやつですわ。
2人の環状線が内回り外回りした挙句
愛のドリームエクスプレスが出発進行しちゃってますわ。


…いやいや、ニチアサキッズタイムでなに見せてくれちゃってるのコレ!
なに男同士の濃厚なキスシーンを見せ付けてくれやってるの!?
誰得?トッキュウジャーを見ているどの層へのサービスなの!?
ピンク色のキラキラエフェクトとかどういうことなのw


仁王立ちで唇をぬぐう明の足元に、しんなりと崩れ落ちて
「初めてだったのに…」と呟く表参道さん。
もうやだこの烈車戦隊。
このあと滅茶苦茶トレインした。(隠語)





33話の予告(#34)





というか、前回の予告と全然違うじゃないですかー!やだー!
ミオにキスを迫る明の予告のシーンはどこに行ったの?
フェイクだったの?

男同士のホモホモしいキスシーンを効果的に見せつけるための
作戦だったとするなら予想以上の効果をあげたぞッ!






ヒカリ
「やっぱり、かなりのストレスだったか…。」


トカッチ
「そもそも、お前のせいでこんな事になったんじゃないか!」
「ハイパー終電クラッシュ号泣ミックス!」


ビリヤードシャドー
「八つ当たりだろう~!!」






全部トカッチが(#34)





ビリヤードシャドーの相手は、トカッチが全部やってくれました。


ミオちゃんのモテモテっぷりと、明とのデートシーンを見せ付けられて
たまりまくったストレスを怪人相手に発散させるトカッチが強い。(確信)
通常戦闘でも巨大戦でも、完全なる無双状態。
最初から最後まで1人で片付けてくれました。八つ当たりって怖いね!

トカッチ初めてのハイパー化がこんな扱いでいいのだろうか?いいんです!
だってトカッチだもの。仕方ないじゃないか。
こんな扱いでもいいじゃない。トカッチだもの。みつを。


ビリヤードシャドーに、地獄突きを喰らわせるハイパーレッシャテイオー…
付き合うと突き合うにひっかけての地獄突きですね。わかります。


トカッチの八つ当たりで倒されてしまった、ビリヤードシャドーさん…。
普通の話(?)に出てきてたら、華麗なビリヤード殺法で
トッキュウジャーを翻弄する強敵だったんだろうなぁ…。

ぶっちゃけ、影薄かったもん。
完全に表参道さんに食われちゃってたもん。後半キャラブレてたもんw
キャラ的には弱い方じゃなかったし、デザインもカッコ良かったんだけどね。
武器のキューに、グリップがついてるのがカッコ良くてイイカンジでした。





ミオ
「トカッチ…何かあったの?」


カグラ
「さぁ?わかんない。」


虹野明
「まさか…俺があいつにキスしたせいか?」






トカッチ応援団(#34)





なにを心配してるんだ明ェ…。
「仕方ないな、あとでアイツにもキスしてやろう」とか思ってんのかしら?

フッフフ…まったく罪な男よ虹野明…!






表参道
「責任…取ってよね…!」


虹野明
「…なんだ!?何か視線を感じたが。」


表参道
「カムバック!マイダーーーリン!!」






目覚めた表参道(#34)





┌(┌ ^o^)┐




頬を染めるな頬を!潤んだ瞳で見つめるんじゃあない!!
なんだこのオチwww

闇は生まれなかったけど、新たな何かが芽生えちゃってるじゃねーの。
2人のラブトレイン連結合体待ったなしじゃねーの。

メガネフレームがフィーバー状態に突入してましたけど
どうなってんのあのメガネ?


恋人のふりをする、ミオちゃんと明に
トカッチが嫉妬を爆発させるコメディ回かと思いきや
まさかこんなホモホモしい展開になろうとは…。
本質的には、明×表参道回だったというわけですね。おっかねぇ。


濃厚な男同士の絡みと、未知の世界へと続くイマジネーションの輝き…。
キラキラだったぜお前たち。(虚ろな瞳で)





虹野明(#34)





明と…表参道わ…ズッホモだょ…!




コメント

No title
黙って背中で語る男が好みらしいワゴン。
ゴルゴ13とか次元大介みたいな人がいいんでしょうか?

さて、今回も思った事をいくつか。

①ビリヤードシャドーの武器がガオハスラーロッド(ブレイクモード)に見えて仕方ないんですが、どう思われます?

②キャラもそうですが、「表参道」という苗字も凄いですよね。まあ、どうでもいいですが。金持ちのボンボンとかなんでしょうか?

③明を自分の彼氏だと言ったミオ。一瞬、「そいつを選ぶなら、カグラとの百合でいいんじゃね?」と思ったのは私だけですか、そうですか。

④ハンカチを噛んで嫉妬する描写って、今時珍しいですよね。元が子供である事を考慮すると、トカッチはどういう子供だったんでしょう?

⑤ヒカリよ、どうせ止めるならライトが着替える前に止めてやれよ。何かガッカリしてたぞ、ライト。だが、それでも十分に男前なので許そう。

⑥「お茶する」と言って「これはコーヒーではないのか」と不思議がる明。これ、私も小さい時に同じ疑問を抱いたんですよねぇ。何か懐かしいです。

⑦しかし、「お茶する=茶道」と認識しているという事は・・・明にとって「花見=華道」なんでしょうか?

⑧それはそうと、追跡組の衣装はどうやって調達したんでしょう?烈車の備品?それともわざわざ自前で購入?

⑨2人(+ワゴン)がミオのデートに着いていった結果、2人でビリヤードシャドーと戦う事になったライトとヒカリ。もう明からアプリチェンジャー借りておいて車掌さんが参戦してもよかったのでは?

⑩明のプロポーズなど茶番デートを見ながら思った事。かなり身も蓋もないですが・・・。

相当なバカップルでない限り、見られながらのデート(とキス)なんかしたらぎこちなくなるのは当然じゃね?

まあ、明はそれを補って余りあるポンコツでしたが。

⑪「キス」という行為自体は知っていたっぽい明。なら、何で表参道の方にキスしたのか?この疑問は誰に訊けば解決されるんでしょう?旧知の仲っぽいネロ男爵とかシュバルツ将軍でしょうか?もうストレートに脚本家に訊くべき?

⑫何か怒りに任せてビリヤードシャドーを倒してしまったトカッチ。ハイパー化してたとはいえ、トカッチ1人で倒された事を考えると、ビリヤードシャドーもそんなに戦闘能力は高くなかったんですかね?

⑬ゼットが表参道を見たら、あれも「キラキラ」に見えるんですかね?

今回の顛末をシュバルツ将軍に話したら、どんな顔するんでしょうね?

しかし、こんなドタバタの次でターミナルが占拠されるシリアス回。

展開の高低差が凄まじいですね。
おれのワゴンちゃんで吹いたわどうしてくれるwwww
No title
初めまして、いつも楽しく拝見しています。Yと申します。
普段は読み専なのですが、今回は明君の名誉のために初コメントです。

34駅最大の珍事、キスくらい知ってるか~ら~の、ズキューンなのですが、表参道氏は「誰に」キスして下さいとは言ってないんです。
まあ常識的に考えて「ミオちゃん」にキスして下さいなんですが…。
はっきり言いましょう、明君今回の騒動の核である恋の矢印をきちんと理解していたんでしょうか?

あの子絶対恋愛の概念分かってないと思います。多分シャドーラインにいた頃も「あの朴念仁にはこういう話題振っても無駄」とか思われて恋話の輪から外されていそうじゃないですか!!
いや見える、私のイマジネーションではその場面がはっきりと見える!!(確信)
というか、「キスくらい知ってる」と言ってましたが、それを行うための過程や理由は分かってないと思うんですよ。指示がないとデートっぽい事も出来ないとこや、あのロボみたいなぷろぽーずとか箱のぞんざいな扱いとか見るに。

そんな明君がですね、恋の混戦状態激しいこの状況を正しく把握しているわけがない。
そこに主語抜きの「キスして下さい」ですよ。人の話を全然聞かない、それどころか独自解釈するような子に主語抜きの指示語ですよ!
……発言者ニイキマスヨネー。

おのれシュバルツ。友達なら恋愛における様々な行為は誰に対してするものなのか教えておけよっ!!
あの子多分キスは誰にでもやっていいものだと思ってるんじゃねーの!?
トカッチ大暴れ時のあの発言は、「表参道さんばっかりズールーいー。僕もー」と、トカッチの心情を誤解してそうな勢いだよ……。

コホン。という訳で、あの大惨事は上記の様々な要因が合わさった故の悲劇だったんですよ……。
明君は決してホモォではないんですよ……!!
ラストの悪寒を感じる場面がその証拠ですよ!

それにしても、大人なのに小学生より恋愛関係(含む様々な常識)が分からないって、明君どんな人生送っていたのでしょうか。シャドー側の掘り下げが少なすぎて妄そ…イマジネーションが捗りますね。

そして次回予告のシリアスを吹っ飛ばす明君とシュバルツのシーンがwww
電話きたからちょっと待っててする明君。
敵から視線を外して座りこむ明君。
律儀に待ってるシュバルツ。
仲良し過ぎるだろ君たち……。

35駅はこのシーンの為に正座待機します!
では長々と失礼いたしました。
誰得か?もちろんこのROM様だ!!!ゴゴゴゴゴゴゴ
いやーニチアサやりますなぁ
ドリアンなオカマとか、おホモ達とかニチアサ先輩どこに向かっているんでしょう
終着駅見えないなぁー


ともあれ、誰得回かと問われれば私得であったことは間違いないですね!
No title
フルスロットルで出発進行!はかなり危険だよなとか考えてふと思い出しましたが
ここ数年スーパーヒーロータイム!で番組終了時の内容に関する意見交換みたいなのがなくてさびしいです
早口言葉なんかよりも「新形態カッコいいぜ!」とか「俺たちも負けないぞ!」みたいなやりとりの方が楽しいと思うんですが
今回も濃かったですねえ
明とトカッチが
いちおうミオが話題の中心ですよね……?
お茶しようと言われて野点を始めたりキスしてみせろと言われて表参道氏の唇を奪ったりと
明君はホンマにフリーダムと書いて無法者すぎる
シャドーを離れてからどのくらいレインボーラインの保線作業員やってたのか分かりませんがその間どんな人間生活?やってたんでしょうか
ハイパートッキュウ2号になった時点でビリヤードシャドーの終着駅は見えていましたがまさか巨大戦までも一人で成し遂げるとは
ハイパーレッシャテイオーを一人乗り仕様にしたのががっちりハマってしまいましたね
次回との間に1週休みが入ったのは正解です。だってこれの翌週じゃ尻アス展開なんて突いていけないよ……
恋はから騒ぎどころか大騒ぎ(笑)。
・本編放映後の、「俺得」、「私得」の嵐……めっちゃスキマ産業やないですか!やだーー!
・坂本 真氏の演技は相変わらずピカイチでした(笑)。

>女性ファッション誌のKK
・女子大生対象のファッション雑誌「JJ」の先を行く的な(笑)。

>逞しマッスルにメロメロなワゴンちゃん
チケットくん「筋肉あれば、白饅頭でもいいんですね、アンタは。」

>ビリヤードシャドー
・声優さんは、稲田 徹氏の1号ライダーとのコンビが板についてきた2号ライダーの藤本 たかひろ氏でしたか。
・ハスラーだけにギリギリのところを狙ったキャラでしたが、更にギリギリな痴情の縺れで倒される辺りお気の毒でした(笑)。しかし「ひとっ走り『付き合え』よ!」なヒーロー活躍前に「突き合うどころか一方的に突く」キャラをぶつけるとかスタッフも良い性格してます(笑)。

>ビリヤードシャドー「素人のラッセは厳禁〜!」
・下手にプロのテクを真似ようとすると、ラシャ(ビリヤード台の緑色のマット部分)を傷つけて、最悪罰金ですものね(笑)。

>表参道 義雄さん
・東京メトロの表参道駅+大和屋先生の師匠の名前からか(笑)。地下鉄だけに今回の話はアングラか(コラ
・仰るとおり、何気に観察眼も鋭かったですし、ピンク統一で派手ではありますが、身なりも良い辺り、JUDOさんも仰ったように資産家か(笑)。金に物を言わせて、明を追いかけて来なくて良かったですね(おい

>ミオちゃんの中身は、小学生じゃ……
・肉体(からだ)は大人なら、問題無いでしょう(ゲス顔)。

>通りすがりのとばっちり
・トッキュウジャーへの助太刀に駆けつけた頃には、戦いが終わっていて、出のタイミングを失い、公園を散策していたのでしょうか。

>トカッチ、昼下がりでも死す
・ヒカリのスーパーセーブがなければ即死だった……トカッチ、安心しなさい。明が寝取るのは烈車だけです。
・そして「カワイイトカッチ」に何が屈折したものを感じた、にわかです。

>表参道からは逃げられない…!!!
・前回もそうでしたが、車掌さん達はライト達を降ろした後、「シャドーラインの路線に長くいると、危険だから」と離れますが、作戦会議等で烈車に戻っている辺り、少しの時間くらいなら呼び戻せるのですね。

>カグラ「私はオシャレ、私はオシャレ、私はオサレ、スタイリストガール!」
ひめ「!」ガタッ
・まぁひめのファッションセンスは「対象年齢:3才〜」な感じですが(黙れ

>ミオちゃんの顔面にエメラルド(マウンテン)スプラッシュ!
・巧い(笑)!
・もし実現してたら、明くんはトカッチにオラオラオラアラオラと裁かれてましたね(苦笑)。

>ワゴンちゃん、着やせ疑惑
・最近は着痩せスーツも売ってますからね(笑)。そして隙あらばカグラの胸元をガン見しているヨルさんに吹いた(笑)。

>偽トカッチ
・眼鏡が本体だからね、ちかたないね。

>表参道さん「初めてだったのに……。」バァァーz_ァン
・まぁ明くん、猫ちゃん等への溺愛振りを視るに、チュッチュしてそうですしね(笑)……それとかつてシュバルツ将軍がグリッタ嬢になびかず、ネロ男爵共々裏切ったザラムに執心していた辺り、まさか、いや、そんなな関係を推察されてました(笑)が、まぁ後者はないか。表参道さんの熱い視線に怖気立ってましたし。

>勝利のフラストレーション!
・号泣ネタとかほんまにもう(笑)。

>だってトカッチだもの。仕方ないじゃないか。こんな扱いでいいじゃないか。トカッチだもの。みつを。
東方 常敏「有名だものォー!」

>>JUDOさん
>ガオハスラーロッドとキツツキ系キュー
・意識はしてそうでしたね、狼と啄木鳥の違いはあれど。

>珈琲はお茶か
・茶外茶(チャノキ以外の植物で作られた飲み物)ということで、広い範囲での「お茶」に当たるみたいです。

>なぜ表参道の方にキスを?
・「本当に、あなたのいうことが正しいのならば、キスしてください!」と明に指さしながら言ったため、「ボクにキスしてください!」という意味に受け取ったということですかね。

・そして物語は、駅伝へ続く!
長々と失礼しました。
こんばんは。
 今回は、これ本当に子ども向け番組かよー!って感じです、ハイ!

 今回のMVPの場面、ガチで男同士でしちゃうなんて、その描写が可能だったんなら、「ジョー&シド先輩」or「ウッチー&お館様」で見たかったっつーの!!!

 あの表参道さん、ボウケンジャーにも出ていてキャラもなんか似たようなものだったそうです。

 後、ライトのスーツ姿を見て「これで黒髪ならカンペキ就活生じゃん!」と思いました。本当よく似合ってました。
表参道さんだけずるーい!!
明くん、キスして下さい!!(私にも)

あっ違うーー!!トカッチにじゃない!!

明「順番だからな」

ミオ「うわー…」

管理者のみに表示

トラックバック