ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

烈車戦隊トッキュウジャー感想 第30話

2014.10.02 (Thu)

第30駅 「誕生日のお祝いは」




カグラ
「あっ!思い出した…今日、ミオちゃんの誕生日だ!」





カグラ専用車両(#30)




トッキュウレッシャー女性専用車両内部初公開!

個室で区切られてるわけでもなくドアの横に
フツーにベッドがドカン置かれていると言う圧倒的違和感。
せめてドアと壁くらいは付けてあげて欲しかったぜ…。

それでも女の子らしさが漂うのは
カグラの女子力の高さがあればこそなのかも。
ミオちゃんの車両はダンベルとかありそうで困る。第30話。




カグラ
「…と言うわけで、ミオちゃんには内緒のサプライズパーティーを行います!」


ライト
「準備っていっても誕生日パーティーするなら…。」


カグラ
「ケーキです!もちろん私が作りまーす!
私はパティシエ、私はパティシエ、私はパティシエ…スイーツガール!」
「じゃーん!試作第1号。どう?」


ライト
「なんていうか…これ、ケーキ?」


トカッチ
「甘くも辛くもなく…珍しい味だよね。」


ヒカリ
「口の中の水分をのきなみ持ってかれるような…。」


虹野明
「俺の死に場所はここだ…。」






スイーツガール(#30)





甘くも辛くもなく、口の中の水分をのきなみ持っていかれるような
ケーキの形をした何かを作りだすガール!!



パティシエガールじゃなくて、スイーツガールなのね…。
頭の中身が生クリームのよーにゆるふわスイーツ(笑)な雰囲気が出てますが
スカートが短くて色っぽかったので何も問題はない。何もな。


カグラのなりきりでも、ケーキの味は再現不可能。
なりきりによる身体能力強化も、自分の体の限界を超えちゃうデメリットがあるし
出来ることと出来ないことがあるのは万能感がなくて良いですね。

…って言うか、ケーキの形を作りだせるだけでも十分凄いと思うけどねw
もっと根本的なこと言うと
思い込みで脳のリミッターを外せるのが凄いんだけどね。
イマジネーションの限界を軽く乗り越えている気がするというね。


みんなが言葉を濁しているというのに
「俺の死に場所はここだ。」とか言っちゃう明ェ…。
まさかの死に場所決定ですよ。とんでもない死神の料理きちゃった。

言い方はちょいとばかり酷いですが
ケーキの味がダイレクトに伝わってくるシンプルな感想だぜ…。

ケーキの形をした味のないスポンジを食っているような感覚でしょうか。
でも、せっかくのケーキ(的ななにか)を食べないのは勿体ないので
このあとカグラのケーキはライトくんが頑張っていただきました。





カグラ
「よし!頼もー!!」


小倉あいり
「あの…なんでしょうか?」
「大切なお友達の為に、ケーキを作りたいから弟子入りさせてくれってことね?」


カグラ
「はい!よろしくお願いします!!
お料理する時は、ミオちゃんに頼りっきりだったから…
せめて今日くらいは、私が作ってあげたいんです!」


小倉あいり
「そうねぇ…こう見えて私も忙しいのよねぇ。
まっ、仕方ないか。今回だけ特別だからね。」


カグラ
「はい!ありがとうございます!」






弟子入り志願(#30)

パティシエ修行(#30)





う~ん、仕方ない。今回だけ特別だゾ☆




飛び込みで弟子入りにやってきたカグラちゃんを
冷蔵庫でも買うかのような大胆さで迎え入れるパティシエ・小倉あいりさん。
お店もあるというのに、なんて心の広いお方なんや…。

どこの馬の骨とも知れない女を厨房に入れちゃうとか
常識的に考えてあり得ないとは思うのですが
友達を想うカグラのピュアハートに心を打たれた…そう言うことだろ?
あーあーみなまで言うな!俺には分かってる。分かってるんやで俺には。
ホンマビッグなパティシエさんやで…。


しかしあれだな…ピンクがケーキ屋さんでケーキを作っているのを見ると
ゴセイピンクの事を思い出すな…うっ頭が…!!






ライト
「うわっ!?なんだこれ?鳥の巣?」


ミオ
「しかもヒヨコが乗ってる!?」


ウィッグシャドー
「ケッケッケッ!シャドー特製鳥の巣ウィッグだ。」
「無駄だ。そのウィッグは二度と外れん。
それよりそのヒヨコちゃんを大事に育てなければ、大変なことになるぞ。」


トカッチ
「どういうこと?」


ウィッグシャドー
「そのヒヨコちゃんが死ねば、お前たちも死ぬってことだ!
ヒヨコちゃんの命とお前たちの命は、ウィッグを通じて連動しているのだ。
無理だと思うが、まっ…大事に育てろよ!」


カグラ
「みんな、遅れてごめん!プッw なにその頭!?」


5人
「笑いごとじゃない!!」






鳥の巣頭(#30)





おこらりた…。





ヅラ被った上に、頭部にヒヨコ乗せてたから
純粋に笑っただけなのに普通に怒らりた…。

そりゃ、金髪サイドカールで脳天にヒヨコが住んでたら笑うよね。
どこの、昇天ペガサスMIX盛りなんだと。
昇天ヒヨコ MOVIE大戦 MEGA MAX盛りなんだと。


頭の上のヒヨコが死ぬと、自分も死ぬ。うん、わけがわからないよ。
「自分の命とヒヨコの命がウィッグを通じて連動している」
…もう説明の部分だけでもカオスさがハンパない。
ウィッグを通じてヒヨコと命が連動?どういうことだってばよ。
なるほど、ウィッグ・鳥の巣頭・ヒヨコ…と言うわけですね。全然分かりません。
アカン、冷静に考えれば考えるほど分からなくなっていくわ!
よし、考えるのをやめよう。


ウィッグシャドーのデザインは、なかなかキモくてイイカンジ。
鳥の巣頭が、そのまんま怪人になったようなデザインは清々しさすら感じるわ。
頭にヒヨコを乗せるウィッグを取り付けるためだけに生まれたような怪人ですわ。
特に、お腹の部分の顔がキショくて素敵ですね。
よく見ると、ちょっとはにかんでるような表情でイラッと来るw






闇の皇帝・ゼット
「ノア。ちょっとやり方が回りくどすぎやしねぇか?」


ノア夫人
「ご安心を。作戦というものは、一見回り道に見えるものが近道だったりします。」


ネロ男爵
「確かに、ヒヨコを頭につけたまま戦うことはできぬな。」


モルク侯爵
「ノア夫人、本気で闇を集めようとしているとはわらわには思えんが。」


ノア夫人
「結果はいずれ出ることになりますわ。吉報をお待ちください侯爵。」






回りくどい作戦(#30)

ちゃんとやれや侯爵(#30)





その吉報が届くことはなかったという…。




さすがに回りくどすぎですね。そもそも、意味が分からなすぎですね。
闇をゲットしたいのか、トッキュウジャーを無きものにしたいのかすらあやふやですし。
ウィッグなのかヅラなのかあやふやですし。

微妙にやる気を感じないノア夫人の作戦に
何気に納得しているネロ男爵がアホっぽいw
「確かに、ヒヨコを頭につけたまま戦うことはできぬな。」じゃないよw
なんだよ確かにって。頭にヒヨコをつけたままだろうが戦えるだろ…。
そんな中で、まともな意見を言ってくれるモルク侯爵は貴重な存在だと思うのだ。


ヒヨコちゃんが死んじゃったら、トッキュウジャーも死んじゃうらしいですが
死んだら闇が回収できないと思うんだけどどうなのかしら?

死ぬ瞬間に闇が出る?それとも、残されたものの哀しみが闇を生む?
シャドーラインの特性からして、人間を殺すってのは
闇を出させるという観点からしても得策じゃないと思うんですよね。
そう言った意味ではウィッグシャドーの能力は使いづらいかも。
逆に戦闘のみで考えると、最強クラスの能力と言えよう。






虹野明
「ヘルメットが被れないが…まぁ仕方ないピヨ。」
「あ~ん!」


ライト
「じゃぁ明、今度は俺がそっちあげるから。」



「おう!おう俺の子にもあげてくれ、俺の子にも。」


ライト
「せっかくだから名前つけたほうがいいよね。」


虹野明
「あぁ、この子の名前は「いちのじょう」だ。」


ライト
「明、もう名前つけてたんだ。」






ノリノリ明くん(#30)





ノリノリじゃねーの。




語尾にピヨを付けたり、早々にヒヨコちゃんに名前を付けっちゃったりして
笑顔全開でヒヨコの世話をする明くん萌え。
自らの命がかかっているというのに緊張感を通り越して
母性とか芽生えちゃってるじゃねーのコレ。
なんだ「いちのじょう」って。どっから出てきた「いちのじょう」。

ニコニコしながら、ヒヨコの世話をする明くん。
子猫の時もメロメロになっていましたが、もしかしたら小動物全般に弱いのかも。
トッキュウ6号をハムスターで囲んだら行動不能にできる予感。

ヒヨコがいてはヘルメットが被れないと言っていましたが
むしろ被っていた方がヒヨコちゃんの安全も守れて一石二鳥なんじゃなかろうか。
でも、ヒヨコちゃんが「暗いの怖い!」ってなっちゃうから却下なんですね。了解。


なんだかんだ言いながらも一生懸命に世話をするトッキュウジャー。
金髪のヅラをかぶって頭部に生息するヒヨコの世話をしながら
キャッキャしている姿は、シュール以外の何者でもない空間を形成しておりますね。
ザ・ホークマン養成所かよ。





小倉あいり
「ねぇ、ケーキ作りで一番大切なことってなんだと思う?」


カグラ
「あぁ、やっぱり味…ですよね?」


小倉あいり
「もう一度考えてみて。どうしてケーキを作りたいと思ったか。
私は味より大切なもの、あると思うよ。」


カグラ
「味より大切なもの…。」






パティシエカグラ(#30)

料理は愛情(#30)





はいはい 料理は愛情 料理は愛情。




料理は愛情はいいとして、なんかキャラソンが流れてましたよ…。
上手くも下手でもなく珍しい歌だよね。
頭の中の冷静と情熱の間の部分をのきなみ持っていかれるような…。
俺の死に場所はここだ…みたいな、味のある歌声でしたね!!


頭にヒヨコを乗せられていないので、自由に動けるカグラちゃん。
みんなを助けるために、ウィッグシャドーを探し出し
たった一人で立ち向かう…わけではなく、ケーキを作りにカムバック。

ヒヨコ育成パートと、ケーキ作成パートが混じり合うこの構成ハンパない。






カグラ
「ケーキ完成!我ながら自信作!ミオちゃん喜んでくれるかなぁ?」


ウィッグシャドー
「今度は誰を鳥の巣ヘアにしてやろうか。
おぉ丁度いい。まずはお前をいたぶることにしよう。逃がすか!」


カグラ
「あぁ…ケーキが…。シャドー怪人許さない!」


虹野明
「こっちは育児に忙しい。とっとと終わらせる。」


ウィッグシャドー
「いいのか?そんなに激しく動いて。ヒヨコちゃんが死んでしまうぞ?」


トカッチ
「ダメだ…下手に動くと、愛しのピヨリーナ二世が…!」


虹野明
「いちのじょう、お前の死に場所はここじゃない。」






ヒヨコでピンチ(#30)





クッ…頭のヒヨコが気になって戦闘に集中できない…!!




凄い理由でピンチになってる…。
ちゅーか、あの状態で決めポーズとられても決まらないよなぁw


「いちのじょう、お前の死に場所はここじゃない!」
ヒヨコの世話を「育児」とか言っちゃう明くんの熱の入れようである。
何気にトカッチも「ピヨリーナ二世」と命名してますからね。
みんな微妙に愛着が出てきているというね。

ヒヨコの名前は、明が「いちのじょう」で、トカッチが「ピヨリーナ二世」。
後半、ライトがポツリとつぶやくシーンがあるんだけど
ライトのヒヨコは「ピヨたん」で良いのかな?

ミオとヒカリのヒヨコの名前は謎ですが
ミオちゃんは「ピヨッキー」とかだと思うね。
ヒカリはドライに「ヒヨコ4号」か、厨二チックに「黒龍」とかつけそう。


カグラが、自分の歌をBGMにして一生懸命作ったケーキを台無しにするとは
こいつはメチャゆるさんよなああああ!!
これだけでも、十分万死に値するぞウィッグシャドー。
珍しく激怒して絶対に許さないと吠えるカグラの凛々しいお顔がイイカンジ。





ウィッグシャドー
「決着をつけてやる!さらばだトッキュウジャー!」


ヒカリ
「ヒヨコが巣立ったのか?」


ウィッグシャドー
「まさか…今までヒヨコちゃんを育てきった奴など1人もいなかったのにー!?」


トカッチ
「さよなら、ピヨリーナ二世…。」


虹野明
「いちのじょう…。」






巣立ちの時(#30)

ニワトリアタック(#30)





巣立った…。




愛情を込めて育てたヒヨコたちが
立派なニワトリになって巣立っていった…。
なぁにこれぇ…。

そうか…わ…わかったぞ花京院!
つまりは、ケーキ作りもヒヨコの世話も愛情が大事。
気持ちを込めて接すれば、きっと報われるというメッセージッ!
たしかに受け取ったぞッ!


育った直後に、生みの親であるウィッグシャドーに攻撃を仕掛けていったのは
ヒヨコたち…ニワトリたちの恩返しだったのかも知れない…。
生みの親より、育ての親ってことなのかも知れない…。
絶対そんなに重いテーマは内包してないだろうけど
そんな雰囲気あったかも知れない…。

自分の能力を把握しきれてなかったウィッグシャドー…。






ウィッグシャドー
「じゃあ、僕はこの辺で…。」


カグラ
「待ちなさい!言ったでしょ、絶対に許さないって!!」
「ライト借りるね。ハイパーレッシャーセット!」


ミオ
「カグラ!えっ…ええっ!?」


ウィッグシャドー
「ケ~ケッケ!なにその格好!かっこ悪っ!」


カグラ
「うるさい!大切なのは見た目じゃない。大切なのは気持ちだよ!
ケーキ作りもそう。大切な人を思って
大切な人に美味しく食べてほしいと思って
気持ちを込めて作ることが一番大事だって。」

「だから私は戦う。困ってるみんなを助けたい!
大切な人を守りたいって気持ちと一緒に!」


ミオ
「なんだかよく分かんないけど、それ私も全面的に大賛成!
カグラ一緒にやろう!」






ハイパーレンケツガールズ(#30)





ミオちゃんと繋がったまま戦うなんて
頭がフットーしそうだよおっっ





なんというレンケツガールズ。これにはさすがの私も赤面せざるを得ない。
たまたま横にいただけで、一緒にハイパーになれちゃうとか
ハイパーレッシャーさんも案外ガバガバである。

いやまて、烈車であるがゆえの連結機構だと考えれば
このような仕様は、あってしかるべきなのではなかろうか。うん、きっとそう。
胸の車輪がいつもより少なくなっているのが芸細。


…で、これはハイパートッキュウ5号なのか、ハイパートッキュウ3号なのか。
はたまた、ハイパートッキュウ3&5号なのか。

繋がったまま戦闘するもんだから、戦いにくそうなことこの上ない。
パワーはアップしているでしょうが、機動力は一気にダウンの予感w
手をつないだまま戦うどころではなく肩が繋がっちゃってますからね。
ダブルアーツ…うっ頭が…!!(本日2度目)

ダブルキックはカッコ良かったですが、利点があったかどうか微妙な所であり
2人分の体重を片手で支えるミオちゃんのガッツに乾杯。

巨大戦の時はハイパー解除しても良かったのよ…。


カグラとミオ、2人一緒のハイパー化披露によって
全員が横並びになれば、みんな揃ってハイパーになれる可能性が見えてきたね。
明くんも含めて、6連結で横並びになったハイパートッキュウジャーの
6人ハイパーショルダータックルが見れれる日も夢では無くなったと言うわけだ。
俺には見える!6人連結ハイパートッキュウジャーの勇姿が!(幻覚)






ミオ
「私って、今日誕生日だったの?」


ライト
「そういうこと!カグラが思い出してくれたんだ。」


カグラ
「ミオちゃんごめんね。途中でシャドー怪人に襲われちゃって…。」


ミオ
「そんなことない!私すっごく嬉しいよ。
ありがとう。カグラの気持ち受け取ったよ。」


車掌
「みなさん、私たちからのスペシャルプレゼントです。」


ワゴンちゃん
「ジャジャジャジャァーン!ワゴン特製ローストチキンよ~!
激しく美味なんだから~♪」


トカッチ
「いや…このタイミングでチキンはないんじゃないかな…。」


ライト
「…俺も、さすがに無理。」


虹野明
「いちのじょう…!」






ワゴンちゃん特製チキン(#30)






          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\    さすがの俺も引くわ…
    / ∪  (__人__)  \     
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





このタイミングで、どジャアァぁぁぁ~ンと特製ローストチキンを出すワゴンちゃんに
さすがのライトも引いてて吹いたw
ここでモリモリ食べられたら、それはそれでちょっと引いちゃいますもんねw


みんなが愛情を込めてヒヨコの世話をしていた時に
別の車両ではワゴンちゃんが愛情を込めて
チキンの下ごしらえをしていたと思うと胸が熱くなるな。

烈車を追いかけてくるニワトリが4羽しかいなかったら
ちょっぴりビターなカンジだったのですが
ちゃんと5羽いて良かった良かった。
なんで烈車を追いかけてきてるのかって事については、たぶん本能的な何か。


無事にミオちゃんの誕生日パーティ開催。
ケーキは半壊してしまいましたが、祝おうとする気持ちが一番大事。

サプライズとして演出していましたが
ミオちゃん本人が自分の誕生日を覚えてなかったので
サプライズも何もないような気がしなくもないですがスルーの方向で。
そもそも、カグラが夢を見てたまたま思い出したことですしね。

まぁホラ、抱き合うカグラとミオちゃんを見れば
大概の細かい部分はどーでもよくなってくるのでOKなのです。


…で、ミオちゃんはいくつになったの?





食べさせっこ(#30)

さすがのライトも引く(#30)





キマシタワーーー!!!




カグラとミオの食べさせっこ!!
よし、ここにキマシステーションを建造しよう。


キマクってるカグラ×ミオの背後で
ローストチキンをグイグイ薦めるヒカリ×ライトも軽くキテる。
押されるライトを心配する明くんもタマリマセンワー。




コメント

ぼくらは生物リーダー
特急「育児放棄ヨクナイ」
明くんが可愛いでちゅピヨ。
「調教」じゃなくてホントに
良かったww

カグラのなりきりは味・中身を
再現出来ない…。あくまでイメージ、
外見は昔に見た物でしょうね。

ヒカリ名付け。「乱歩」とか付けそう。
嫌いな野菜を食わせるに違いない。

ハイパー化は基本1人までと雑誌に
載ってたので2分の1しか使いこなせない
というションボリ感。

ゼットが強くなったら、取り込まないと
いけない「キラキラ」も増えると
思うんだけどなぁ…。

ミオちゃんはベンチプレスで
寝そうだから困る(らない
特急(完)
No title
はじめまして。
鎧武の感想探してて紛れ込みました。

ミオちゃんのひよこについては中の人のtwitterに情報がありましたよ。

https://twitter.com/lespros_riria/status/516946613466456064
No title
乗り物酔いする身としては、揺れる車内で寝るのはきつそうです。

後、関係ないですが、「ミラクル9」に白石隼也さんが出てましたね。

「最後の希望」の名に恥じない活躍してました。

後、弟の体育祭を見に行って、「キラキラしてるねぇ」と闇の皇帝ゼットみたいな感想を抱きました。

さて、本題に入って今回も思った事をいくつか。

①私が「誕生日」で最初に思い浮かべたのは「誕生日プレゼント」でした。余談ですが、私は生クリームが苦手です。

②カグラが作った、甘くもなく辛くもない珍しい味のケーキ。これを聞くと、「ショコラ」というゲームで大村翠が作ったケーキを思い出しますね。ホールのケーキ1つに砂糖を大さじ1杯しか使わないという全く甘くないケーキでした。

③誕生日ケーキを作るためとはいえ、飛び入りでパティシエに弟子入りしようとするカグラの行動力は凄いですね。もし断られたら、どうするつもりだったんだろう?まあ、あれだけの行動力(よくぼう)があれば、鴻上会長が嬉々として教えてくれそうですが・・・。

④「頭のヒヨコが死んだら、自分も死ぬ」と親切に教えてくれるウィッグシャドー。教えなければ、トッキュウジャーたちが勝手に死んでくれるかもしれなかったのに、やっぱり鳥頭なんですかね?

⑤ウィッグシャドーの腹の部分が何となくヤミーとか牙狼のホラーっぽく見えたのは私だけですかね?

⑥結局、ノア夫人は何がしたかったんでしょう?もしかして、ウィッグシャドーは囮だったんですかね?ところで、このウィッグシャドーって劇中で1度も名前を呼ばれてませんよね?何故でしょう?

⑦で、何で名前まで付けてノリノリでヒヨコの世話してんだ、こいつ等は?

⑧小倉あいりパティシエの「ケーキ作りに1番大切な事は何か」という問い掛けに、私は「技術」と即答しました。これは「探偵!ナイトスクープ」で「愛情を掛けた妻の料理」と「終始探偵にイジられながら、愛情とかなしで作った林シェフの料理」を食べ比べて、林シェフの料理が勝ったという話を見た影響です。

⑨頭のヒヨコが気になって戦闘に集中できないトッキュジャーの面々。そんな彼らに、私から一言。

斬るな、撃て。
(訳:キリマスモードじゃなくて、ウチマスモードで遠距離から戦え)

⑩私がヒヨコに名前を付けるなら・・・「ジョン・ドゥ(ジェーン・ドゥ)」とか?

⑪自分を育ててくれたトッキュウジャーに助太刀し、去っていったニワトリたち。それはいいんですが・・・彼らは何処へ行ったんでしょう?

⑫何か繋がったままハイパー化してしまったミオとカグラ。これは・・・ヨルさんの仰る通り、最終回で6人が横一列に連結して戦うフラグか!?(←絶対違う)

⑬絶妙すぎるタイミングでローストチキンを持ってくる車掌とチケットとワゴン。まだターキーならギリギリセー・・・やっぱりアウト?

今回出番がなかった将軍は何をしているのか?
あのニワトリたちに再登場のチャンスはあるのか?
色んな事が気になりつつ、私は「キラキラ」を探す旅に出ます。
No title
 朝っぱらから、百合の世界全開だなあ・・・。
 前作、前々作と実質シングルヒロインで百合の演出があまり出来なかった分今作で思いっきりはじけたいっていうのがまるわかりですね。

 明のヒヨコ、「いちのじょう」ってまんまご時勢ネタだ!

 最後、ローストチキンか山盛りの唐揚げが出てくると思ってたら案の定出た・・・。ローストチキンは形がまんま残るからグロいわ・・・。

 しかし、明は小動物が好きでウッチーは子ども好きか。「それまで生きてきた世界と正反対の世界で仲間に支えられて生きてる」という同じ境遇もあいまって絶対来年のVSシリーズですぐうちとけそう。
更新お疲れ様です。ものもらいお大事に(もし完治しておられたら申し訳ない)。
・大事なのは見た目じゃない……まぁ見た目で第一印象が殆んど決まるのがこの世の常ですが(涙)。これもいきもののサガか・・・・。

>カグラ「クッキングアイドル!アイ!マイ!カグラ!」
レディ「……ッ!」ガタッ
・アカン!中の人の確執の噂が現実になってまう!!
・夏の映画や第28駅等の描写でも匂わせておりましたが、お菓子作りはミオちゃん主導で、カグラは補助でしたか。
・まぁ「見た目が美味しそうなのに美味しくなかったら、それはサンプルか何かである」という考え方からすれば、見た目以外は名状しがたき何とやらを生み出すのは、仰るとおりなかなか凄いことですね(苦笑)。死神のレシピ、一つ追加ね。

>パティシエガール
・「パティシエール」って言葉もありますからね(笑)。勿論鳳蓮さんも名乗っていた通り、「菓子職人(パティシエ)」という単語に男も女も関係ないのですが。
・そして目の付けどころがシャープなヨルさんのチェック通り、「スイーツガール」だと「美味しそうな女の子」というニュアンスも出ますので、間違ってはないですね(デ◯ヘルじゃねーぞ

>思い込みで脳のリミッターを解除
・だからいつもフワフワなんですね〜。やり過ぎると、ミカサみたいになりますので、良い塩梅です(しつこい

>ビッグなパティシエさん
・あいり先生を演じられた中原 果南さんは、昼ドラで時々ある人情派コメディで有名な『はるちゃん』シリーズの主演の方ですか。
・カグラを受け入れる辺り、度量が凄かったですが、「貴女、何座?」とか訊かれたり、徹底した殺菌消毒、検便も施したりしたのでしょうかね。

>エレガント・エリ
・『天装戦隊ゴセイジャー』は素材は悪くないのに、持て余した感バリバリで、何かモヤモヤした展開も多かったのが、勿体無かった印象です。

>おこらりた…。
・これは確かほんのりと怖い話を語るスレでの笑える誤字でしたっけ(笑)。

>昇天ヒヨコ MOVIE大戦 MEGA MAX盛り
・ちゅよく 愛らしく YOUNG BIRD BREEDING STYLE♪

>ウィッグシャドー「毛ッ毛ッ毛!」
磯野 波平「そこのキミ、少し話があるんだが……。」
・見た目も雄鶏風でしたね。タイプシャドー等もそうですが、ノア夫人配下も結構「闇のイマジネーション」が充実していて何考えているのか分からない奴が多いです(笑)。

>闇をゲットしたいのか、トッキュウジャーを亡きものにしたいのかすらあやふやですし。
・一応「ヒヨコちゃんは、いままでにだれもそだてたことはなかった=鳥の巣系ウィッグとカワイイ系ヒヨコちゃんのコンボで命を奪ってきた」シャドー怪人らしくトッキュウジャー撃破によるキラキラな闇の回収、それと「今度は誰を鳥の巣ヘアにしてやろうか?」というセリフからして一般人を襲い、恥ずかしい頭にして生み出す闇とヒヨコちゃんを育て切らねばならないという死の恐怖による闇を集める作戦を運行しようとしたみたいですね。
・先にウィッグシャドーが自分の能力をネタ晴らししていたのは牽制でもありチェーンシャドーよろしく死の恐怖を植え付ける意味合いもあったようで、実際ミオちゃんは「私、絶対嫌だから!こんなの付けて死ぬなんて……!」と動揺していて効果ありと視受けられましたので、常套手段だったのでしょうか。
・しかしヨルさんも仰るとおり、ノア夫人は別の思惑があるみたいでしたね。グリッタ嬢の生存を確認できましたし、余裕が出てきましたか。

>闇装備「カワイイ系ヒヨコちゃん」
・『ゼルダの伝説』シリーズのコッコ並みの活躍でありました(笑)。
・何気に闇から生まれて光に属したタイプですし、別れた親の一人に倣ってレインボーラインの一員として活躍してそうです(笑)。
・仰るように、ライトはピヨたん、トカッチはリョーナイトと同じく安定のセンスなピヨリーナ二世、輝夜さんの指摘通り明は(大和屋先生の相撲ネタか)逸ノ城(いちのじょう)、ミオちゃんはあいあいさんの情報通りぴよしと個性が強かったですね。ヒカリは言動からして「ヒヨコ」か……。

>トッキュウ6号をハムスターで囲んだら行動不能にできる予感。
?ム太?「今日から君はタイショーくん2号なのだ!!」

>ヒヨコちゃんが「暗いの怖い!」ってなっちゃうから却下なんですね。
・名前も「しゅうたろう」に改名ですな。

>ザ・ホークマン養成所かよ
・『キン肉マン』懐かしい(笑)。

>ケーキ作りに大切なこと
カグラ「……そっか!キャラデコだ!」
小倉 あいり「トッキュウ1号が電話でお祝いしてくれるヒーローダイヤルも忘れずにね。」

>虹野 明「こっちは育児に忙しい。とっとと終わらせる。」
・死に場所キャラすっかり忘れとる(笑)。

>ウィッグシャドー「いいのか?そんなに激しく動いて。ヒヨコちゃんが死んでしまうぞ?」
ピヨちゃんズ「「「「「ピヨピヨ(いえ、死にませんよ)?」」」」」
・JUDO様の指示通り、「斬るな、撃て!」が効果的でしょうが、そうしたら向こうもあのキモい顔のウィッグボンバー等の飛び道具攻撃をしてきたのでしょうね。いやらしい相手です。

>わかったぞ花京院!
・花京院さん、無駄死確定(涙)!

>ダブルアーツ…うっ頭が…!!(本日2度目)
・何年も温めてきた作品より担当のアドバイスで描いたラブコメがウケた古味先生の心境やいかに。

>レンケツガールズ
ハイパーレッシャー「何か面白いかなと思って、つい。」

>ローストチキンの行方
・くぅくぅお腹がなりまして、結局みんなで食べました。

>キマシステーション
・男の子(ただし、イケメンとガチムチに限る)がちょっと絡んだだけでアッー!、女の子(ただし、美少女に限る)がちょっと絡んだだけでキマシタワー!……世の中、腐ってやがる。

長々と失礼しました。
No title
明の「いちのじょう」はえらいタイムリーですね(笑)

車掌とかワゴンちゃんはひよこを育ててるの見てないんですかね
じゃなきゃ持ってこないだろうし
No title
ケーキ作り(ゴセイジャーのエリとゴーカイジャーのジョー)にニワトリ(ゴーバスターズのヒロム)と
今回はやけに他の戦隊のメンバーを連想させる要素があるなと感じたネームレスバンブーです。

今回は(車掌さん役の関口さんの演技ミスだと思いますが)チケットくんが口を閉じたまま喋る
という謎の現象が何度かあったのが気になりました。

完成したケーキを運ぶ最中にヴィッグシャドーを発見し声に出して気付かれるカグラに違和感を感じました。
細かいことを言えば演出的にあそこは
「ウィッグシャドーを発見してライト達に伝えるべくその場を早歩きで離れようとするも
 たまたま落ちていた空き缶を蹴飛ばすなど大きな音を出して気付かれてしまう」
みたいな方がいいと個人的に思いました。
デリケートな物を運んでいる最中に運んでいる物を壊す相手に気付かれるような反応をするのもおかしいですし……

そしてJUDOさんのコメントと内容が被ってしまいますが
ケーキ作りで大事なのは「気持ち」と本編でカグラが言ってましたが俺は
ケーキ作りでは『気持ち』も確かに大切ですが『知識と技術』もそれ以上に大切だと思います。
アバン先生の名言「正義なき力が無力であるのと同時に力なき正義もまた無力」をもじって言うなら
「気持ちを込めず知識と技術だけで作られたケーキが不完全なのと同時に知識と技術がなく気持ちだけで作られたケーキもまた不完全」
ってワケですからね。

そして今回はニワトリやヒヨコが出て来ましたがゴーバスのヒロムがいたらフリーズしまくってたんでしょうか?

最後に今回発見した誤字脱字です。確認と訂正をお願いします。

フツーにベッドがドカン置かれていると言う圧倒的違和感。

ドカン置かれている→ドカンと置かれている

ヒカリ
「口の中の水分をのきなみ持ってかれるような…。」

甘くも辛くもなく、口の中の水分をのきなみ持っていかれるような
ケーキの形をした何かを作りだすガール!!

のきなみ→軒並み

このあとカグラのケーキはライトくんが頑張っていただきました。

ライトくんが頑張っていただきました。→ライトくんに頑張っていただきました。

ちゃんとやれや侯爵(♯30)

侯爵→夫人

※ノアとモルクが映っている画像の説明文です。

闇をゲットしたいのか、トッキュウジャーを無きものにしたいのかすらあやふやですし。
ウィッグなのかヅラなのかあやふやですし。

無きもの→亡き者

死ぬ瞬間に闇が出る?それとも、残されたものの哀しみが闇を生む?

ものの→者の


「おう!おう俺の子にもあげてくれ、俺の子にも。」

おう!おう俺の子→おう!俺の子

※確認したらこうでした

頭の中の冷静と情熱の間の部分をのきなみ持っていかれるような…。

のきなみ→軒並み

※ノアとモルクの映っている画像の説明文です。

キャッキャしている姿は、シュール以外の何者でもない空間を形成しておりますね。
ザ・ホークマン養成所かよ。

何者→何物

管理者のみに表示

トラックバック