ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

烈車戦隊トッキュウジャー感想 第28話

2014.09.19 (Fri)

第28駅 「カッコ悪いがカッコ良い」




虹野明
「ライトを全力で助ける。それが俺の死に場所だ!」
「俺の…死に場所ォォーーーッ!!」





走れ明(#28)




走る走る、明は走る。死に場所を求めて明は走る。

毎回のようにハーモニカを吹きながらフラっと登場してくるのに
こう言う時に限って、全然見つからないんでやんのw
体力がなくなってダウンするまで全力疾走することないやん…。

いつもはすぐに見つかるのに。見つけようとすると見つからない。
明の死に場所と言うのは、そういうものなのです。第28話。




ワゴンちゃん
「ハァ~イ♪ミオちゃんお手製のウフンなサンドイッチよ!」


ミオ
「ほら、ヒカリもちゃんと食べて。
めくらないの!野菜入ってないから。」


ヒカリ
「オムレツに入れたよね?」


ミオ
「それぐらい食べなさいよ。」


トカッチ
「ヒカリってぇ~野菜嫌いなのにぃ、4号ってぇグリーンだよね~。」






嫌味トカッチ(#28)





なに言ってんのこのメガネ…。




おやおや、トカッチが意味不明なこと言いだしましたよ。
長旅の疲れが出ちゃったのかな?どうしたトカッチ。一旦、休むかトカッチ。

…とか思っていたら、ヒカリに対する嫌味のつもりだったのね。
小学生以下レベルの罵倒セリフに一同困惑ですよ。ポカーンですよ。


ミオちゃん特製オリジナルオムレツサンド。
ヒカリは野菜嫌いで全然食べないから、好物のたまごサンドと組み合わせれば
野菜を食べさせられるんじゃないか?と言う創意工夫が感じられますね。

しかし、それを見極めてサンドイッチをめくるヒカリが小憎たらしいw
オムレツの中に野菜入ってるよね?
ホラこれ野菜だよね?食べないからね俺。
俺、サンドイッチはたまごサンドしか食べないからね!

完全に野菜嫌いの子供に、何とか野菜を食べさせようとするお母さんの図である。
トカッチが嫉妬するような関係性には見えないが
トカッチのメガネには、2人がイチャコラしているように映ったのだろうか。
とりあえず、メガネを拭いてはどうだろうか?


ミオちゃんオリジナルのオムレツサンドを
最後に食べようと取っておくトカッチがカワイイ。
これは、ショートケーキの苺は最後に食べるタイプ。
取っておいた結果、ライトに食われるタイプ。


カグラちゃんのエプロン姿が可愛かったですね。
それに比べて、ワゴンちゃんのエプロン姿は
なぜあんなにも扇情的なのだろうか…。
あれ新婚さんが裸エプロンする時のやつ(※)でしょ?知ってるんだぜ俺。






ネロ男爵
「この城に移られるのですか?侯爵が?」


ノア夫人
「侯爵には、シャドータウンの管理という
大事なお仕事がおありなのでは!?」


モルク侯爵
「よいか?それもこれもシャドーラインの弱体ぶりが目に余るからだ!
見よ!陛下の意気消沈ぶりを。」


闇の皇帝・ゼット
「お前がうるせぇからだよ。」


モルク侯爵
「これ以上陛下の美しく深い闇が汚されぬよう、わらわが指揮をとる!」






うるさいモルク侯爵(#28)

説教モルク侯爵(#28)





モルク侯爵が来たことで、あからさまに不満そうなメンバーに吹くw
ゼットもネロ男爵もノア夫人も、案外のん気なカンジでやってきたからね。
ノンビリと闇(とキラキラ)を集めていた平和な部署に
ウザいほどにやる気満々のお局様がやってきたっつーカンジっすよぉぉ~~。



モルク
「ノア!一度は娘ともども裏切ったお前が
なぜこうしていられるか分かっているか?
では、闇のひとつも集めぬか!」

「ネロ男爵!ザラム、そしてシュバルツ裏切り者2人の始末はどうした?
災いの根はすべて絶て!すぐにだ!!」




皇帝陛下が、お前がうるせぇから意気消沈してると言っているのに
完全スルーして傍若無人に振る舞うモルク侯爵の迫力パナイ。
力関係が完全崩壊しておるわw


まぁ、皇帝陛下はキラキラに夢中であんまり指示は出さなかったし
モルク侯爵が、陣頭指揮をとってくれることにより
シャドーラインが悪の組織っぽくなったのは良い傾向なんじゃなかろうか。

あのまま放置されたら、ミラーボールや姿見だけではなく
玉座の間が全面鏡張りにされたり
様々なキラキラグッズが所狭しと並べられて
ダンスホールの様になるのも時間の問題だったと言えよう。






ノア夫人
「あのうるさい女侯爵が、城にまで乗り込んでくるとは。
挙句、この私をシャドー怪人同様の扱い…うるさい古狸のオババめ!
…とは言え、今は疑いを持たれるわけにはいかないわ。」


虹野明
「ここか…俺の死に場所は。」


ノア夫人
「まったく、お前にはいくつ死に場所があるのやら。」






ノア夫人出陣(#28)





ついに、ノア夫人にまで突っ込まれてしまった…。




明の守る世界の全てが、彼の死に場所だってことだよ。
言わせんな恥ずかしい。


ハーモニカでレクイエムを奏でながら、死に場所を探して颯爽登場、虹野明。
もはや、なぜここに辿り着けたのか疑問に思う方が野暮ってもんですねw
タンクトップからガッツリと覗く肩胛骨がセクシーである。

…そう言えば、ノア夫人も胸元がかなり開いてますよね。
よく見ると、胸の下…おへその上あたりも開いてるんだよね。
年甲斐もなく結構セクシーな衣装してるんだよね…ノアちゃんってば…。

熟女の色気に誘われてホイホイついて行くと、呑み込まれちゃうから注意だゾ!



虹野明
「催眠状態だ!頭についてる羽根を外せ!」




頭に羽根をくっつけるだけで、一瞬で催眠状態にして操れるとか凄くね?
一気に多くの人間を催眠状態にすることも可能だし
かなり強力な能力を隠し持っていましたね。
この辺は、さすが幹部の貫録と言ったところでしょうか。

モルク侯爵に言われて、嫌々やっているにしては
平和な広場を一瞬で大混乱にたたき込むエグさがあるぜ。


泣いてて動けない女の子を、身を挺して守るライトがカッコイイ。
こういうシーンを入れてくれると、キャラの性格が際立って良いですね。

相変わらず、変身直後にユウドウブレイカーを投げつける明も良かったですねw






虹野明
「あ…スマン。」






刺さっとる(#28)

正直スマン(#28)





おぃぃいいいい!!




スマンじゃないやろ!!
お前これ…ライト兄ぃの後頭部にガッツリ刺さっとるやんけ!
ノア夫人の羽根が刺さっとるやんけ!!

スマンで済んだらレインボーラインいらんのじゃ!
一大事やぞこれは…兄ぃ!大丈夫ですか兄ぃぃい!!


やべぇよ、全然大丈夫じゃねぇよ。
ノア夫人の羽根攻撃を華麗にかわしたライトでしたが
背後で明が跳ね返した羽根が、ライトの頭にサックリヒット。

間髪入れずに、綺麗な角度で謝る明くんに吹いたw






闇の皇帝・ゼット
「モルク、お前が俺を弱いと言う理由…まだ聞いてなかったな。
なんだ?言え。」


モルク侯爵
「陛下がおっしゃる所のキラキラ…」


闇の皇帝・ゼット
「ネロがうるさくなくなったかと思えば、今度はお前か。」


モルク侯爵
「陛下が本当にキラキラを我が物ものに出来るならば何も申しません。
…が、わらわが見たところ今の陛下は
火に吸い寄せられて燃え尽きる虫も同然。
まして、レインボーライン…トッキュウジャーに吸い寄せられれば…。
奴らに吸い寄せられるのではなく、陛下が吸い寄せなければ。
この深い底なしの闇で。本当にお愛おしい闇…。」


闇の皇帝・ゼット
「…重い。」






べったりモルク侯爵(#28)





頭が乗ってますやん…。




モルク侯爵の頭が、皇帝陛下の頭に乗っちゃってますやん。
ヘッド・オン・ザ・ヘッドしちゃってますやん。
ダイナマイトなバディーも重そうですが
ゼットが言いたかったのは、モルク侯爵の頭部の方であったと予想しておこう。

しかし、ベッタリやな…。
なんだろうこの子離れできてないカンジ。
ゼットがイラつくのも無理はないカンジ。


火に吸い寄せられて燃え尽きる虫も同然…
キラキラを自分のものにするどころか
下手をしたら自分がキラキラによって滅ぼされてしまうという事かな。

光に吸い寄せられるのではなく、もっと大きな闇で光を飲み込むべし。
キラキラすらも取り込む強大な闇の力を手に入れろと
モルク侯爵はおっしゃっているのかも知れない。






ヒカリ
「あのさぁ…なんなの?言いたいことあるなら言えば?」
「ヤキモチ?」


トカッチ
「えっ!?ちょっ…えっ?な、なんで?
全然違うんだけど!?なんでそうなるの?」


ヒカリ
「ミオのこと好きなんだ?」


トカッチ
「うわぁぁぁあああーーーっ!!?」






友情連結(#28)





ち、ちげーし… 全然そんなんじゃねーし。
ミオの事とか全然なんとも思ってねーし。全然好きじゃねーし! !
好きって言う方が好きなんですぅー!バーカバーカ!!


あまりにストレートに聞いてくるヒカリの言葉に動揺しまくって
叫びながら、がむしゃらに走りだし空中でしばらくダッシュして落下。
時間差でメガネが遅れてついてくるという
トゥーンアニメみたいなリアクションで答えるトカッチが素敵ですw

なぜトカッチは、これほどまでにキュートなのか…。
これが女子だったら、あざとすぎて嫌悪感を感じるレベルなのですが
メガネ男子トカッチは、こういう事を軽々こなしてくるから困る。



トカッチ
「ち…違うよぉ…全然。ただ、ちょっといいなぁ…ぐらいのさ。
ヤキモチかな?違うよね?」

ヒカリ
「トカッチ。面倒くさい。」

トカッチ
「ごめん、カッコ悪いとこ見せちゃって。
…って別に元からカッコ良くないか。」

ヒカリ
「俺は、お前のカッコ悪い所がカッコ良いと思うけどね。
俺はあんな風にさらけ出せないから。
たまに何か言えば、冷たいとかキツイとか…。」

トカッチ
「あぁ…まぁね。何を考えてるか分かんない時あるし。」

ヒカリ
「じゃっ、お互い面倒くさいってことで。」

トカッチ
「うん。」




おうおう青春しとるのォーーー。


感情に表に出す事が苦手で
相手に冷たい印象を与えてしまうヒカリからすると
表情も豊かで自分の感情を無理なく表に出せるトカッチは
羨ましくてカッコイイと。


トカッチはミオが好きだという事を
ヒカリは自分のコンプレックスを打ち明けたことで
お互いめんどくさい者同士、認め合った2人。
(…ヒカリが本心をさらけ出しただけのような気もしますがw)

ヒカリがそれを出来たのは、相手がトカッチだったからという部分は大きそう。
2人がガッチリと握手するシーンにグッときちゃったぜ。
やっぱこれよね。やっぱ友情シーンと言ったら川原よね。


それにしても、トカッチってばミオちゃんの事を結構本気で好きなのね。
もうちょっとやんわりした感情だと思っていただけにちょっと意外。

ヒカリはミオのお節介…特に食事に関しては
わりとガチで迷惑に思っている様ですし、恋愛感情はなさそうかな。


個人的には、ヒカリはミオよりも、カグラのことが好きなんじゃないかなーと。
そうした方が、イイカンジにカップリングがまとまる気がするなーと。

…ライトは明くんとですが何か問題でも?






ノア夫人
「このままにしておけるわけありませんもの
向こうから来るのを待てばいいのです。
もう少し日差しの弱い所でね。」






木陰のノア夫人(#28)





操られたライトの対応策を考えるべく、一時撤退したトッキュウジャー。
余裕綽々で木陰でのんびりと待つ、ノア夫人がエレガント。

やっぱりシャドーラインの一員なので
強い日差しの元に長時間いるのは厳しいのかな?

ノア夫人の日傘や、ネロ男爵のシルクハットには
光避けの効果と意味合いも含まれているという事かしら。


ノア夫人の後ろで、剣を振り回しているライトが危険人物にしか見えねぇw
公園で線路のマスクをかぶった赤い男が刃物を振り回している事案発生ですわ。

しかし、トッキュウジャーですら一発で催眠状態にして
狂暴化させて操れるってのは凄いですね。
これは、ネロ男爵も奥の手の一つや二つないと、またバカにされるで!!






カグラ
「本当にライトと戦わなきゃいけないのかな?」

ミオ
「うーん…強すぎてこっちも手加減できないってのが問題かな。」

ワゴンちゃん
「もう!2人とも激しくシリアスに考えすぎ!
もうちょっとお気楽に考えてみたら?」

「今までライトくんに、バシーッてツッコミたいことあったでしょ?
それを思い出して、ドーン!とやっちゃえば?






怒りのドロップキック(#28)





ドーン!(ドロップキック)




ダメだ…操られているライトを止めるためとはいえ
本気で攻撃することなんでできない。だって俺たちは仲間なのDAKARA!
…でも、日頃の鬱憤が溜まってたし、ちょっと激し目に突っ込むよ!!

その結果、集団ドロップキックの炸裂である。
凄い大技出ちゃった。
今までのイライラをライトにぶつけるという名目で
これまでにない息の合ったコンビネーション来ちゃった。


顔面に牛乳ぶっかけたり、けん玉の糸を絡まされちゃったり
女子の前にパンイチで現れたり…
ライトの日頃のフリーダムな行いが、みんなにストレスを与えていたのねw

どれもこれも、故意ではないし悪意があってやったわけでもないので
微妙に怒れない所が実に厄介な所だぜ。
でも、牛乳ぶっかけられて笑うのはダメだよなぁ。
せめて、笑いながら謝まるくらいはして欲しかったかなw



ノア夫人
「ホホホホホホ!始まりますわね、トッキュウジャーの潰し合いが。」




トッキュウジャー同士の潰し合いを目論んでいたノア夫人でしたが
ワゴンちゃんのドーンと突き出したヒップと共に出された名案で
潰し合いではなく、激しいツッコミ合いになったという事実。

仲間同士で戦い合うというシリアスになりそうな展開も
トッキュウジャーにかかればこんなものであるw
ありがとうワゴンちゃん!素晴らしい助言をありがとう!
お尻を見せ付けてくれてありがとう!!


それにしても、ミオ&カグラの前でパンイチ姿で仁王立ちとは凄いぞライト。
堂々としたあの表情ね。俺は決して隠さない。
むしろ見せ付ける。そんな気概を感じますね。
ガイアがライトにもっと見せろと囁いている。
ライトの怒張したトッキュウオーを(以下略)。






ノア夫人
「お前たち…よくもやってくれましたこと…礼をせねばね。」


ライト
「みんな…!なんだこれ?今、戦ってんの?」


ヒカリ
「そういうこと。俺たち結構限界かも…。」


ライト
「そっか。なんだかわかんないけどわかった!あとは任せろ!!」






ハイパー決着(#28)





やだ…ライトくん超元気…。




操られてからずーっと興奮状態で暴れまくっていた上に
他の4人からドロップキックを受けたのにピンピンしておるわw
むしろ、逆に絶好調な雰囲気すら感じるタフネスっぷりである。
まぁ、久しぶりに「よくわかんないけどわかった!」も聞けたし良いかな。

ノア夫人をパンチ一発で吹っ飛ばすハイパートッキュウ1号のパワーパナイ。
突撃して拳を当てて、左肩の煙突から蒸気を噴き出して吹っ飛ばすという
一連のギミックには、力強い蒸気機関車のパワーを感じるですわ~。
見た目的にもパワーが出てるってのが分かりやすく伝わってくるしグッドよね。

ハイパートッキュウ1号は、ゼットともタイマン殴り合いで渡り合ってたし
幹部連中とも、いい勝負が出来そうな強さがありますな。



ライト
「うーん…見てるだけなのはなぁ…。
あっ、そうだ!ダイカイテンキャノン!よし、これ使おうっと。」




軽いノリで新兵器を取り出すライトェ…。
新しいオモチャを手に入れた子供みたいなノリやね。

明くん&ビルドダイオーの見せ場を奪い去っていったダイカイテンキャノン。
全員でのハイパー5連結クラッシュは
クライナーロボ2体を貫通するほどの高威力。

等身大のまま巨大ロボを2体撃破とかどういうことなの…
これ、軽々しく使っていい威力の兵器じゃねーぞ!!

シールドレッシャーのビームとか
ポリスレッシャーの銃撃とかよりも高威力だろこれ…。
さらにホーミング機能までついてるというね。
シャドー怪人が巨大化したら、とりあえずぶっ放しておけばええねん。






ワゴンちゃん
「は~い、またまたミオちゃん特製のプリンで~す!」


ミオ
「はい。プリンは好きだよね?」


ヒカリ
「俺はいいから、トカッチにあげたら?」


トカッチ
「あぁーーーっ!!僕、もうもらったから!!
ちょっと…お願い言わないで!もうちょっとゆっくり…。」


ライト
「何?何?何?なんの話?」


トカッチ
「お願い!特にこの面倒くさーい人には…。」


ヒカリ
「ハァ…なんで俺、人の秘密ばっかり…。」






オフレコで一つ(#28)





プリン~?ケッ!オレはヒカリだよ…!
『プリン』なんて女子供の食うものなんて
チャンチャラおかしくて…ンまあ~~~い!!


野菜の入っているオムレツサンドは食べないけど、特製プリンはちゃんと食べる。
満足そうな顔するヒカリくんに、ちょっとホッコリしたのであった。

トカッチがミオの事を好きだという事は、2人の秘密。
ちゃんと言っておかないと普通に喋ってしまいそうなので
釘を刺しておいてのは正解だと思うぞトカッチ。
特にライトの耳に入ったらもう終わりやからな!

人の秘密ばかり知ってしまうと嘆くヒカリ。
そう言えば、小学生の頃、ミオが学校にマイッキー人形を持ってきていた事も
秘密にしてるんですよね。

他にも、車掌さんがチケットくんをハンカチ代わりに使っていた事とか
夜中にカグラが忍者コスして、けん玉振り回していた事を目撃していたり
ヒカルくんってば、他人の秘密を目撃しやすい子なのだろうか?
殺人現場を目撃して、事件に巻き込まれる的な。

他人の秘密を胸に秘めて、明日も元気に張れヒカリきゅん!






ノア
「(間違いない…陛下はグリッタを完全に飲み込めてはいない…!)」






ゼット&グリッタ(#28)





脂身が多くて、ちょいと胸焼け気味ってことですね。わかります。


グリッタちゃんってば、ちょっぴり太目だからね。
ゼットが自分の中に取り込んだと言っても
そう簡単には消化できてないと言うわけですよ。

グリッタちゃんがゼットのお腹の中で
ゴムマリのよーにビョンビョン跳ねまくれば
お腹が痛くなって、グリッタちゃんがリバースされるんじゃないかしら?
ちょいと胃液まみれになっちゃうますが御愛嬌。


ノア夫人のグリッタちゃん完全に飲み込まれていない発言で
グリッタ嬢の復帰は確定したも同じですな。グリッタちゃんカムバック早よ!





シュバルツ将軍
「ぬぅ…。」






復活シュバルツ(#28)





ちょいと右車輪がギクシャクするがァァァァァ
俺の専用クライナーは修理は完了ォォォォォ





シュバルツ将軍復活!満を持して!!
ようやく戦線復帰するようで超楽しみ。

どうやらレインボーラインに接触してくるようだけど
次回の最後には普通に裏切ってそうで怖いわw





プリン置き(#28)





チケットくんの頭のあそこ、プリン置きだったのか…。


野球選手のサインボールを置いても良いかもしれませんね。
使い方は、みなさまの自由な発想で無限大に広がります。

そう、それがイマジネーションなんだよね!




コメント

走る走る明、死に場所、求めて~
>走る走る、明は走る。死に場所を求めて明は走る。

走る走る俺たち~という歌を思い出しました。

>ミオちゃん特製オリジナルオムレツサンド。

食べたいですね、このサンド。

>シャドーラインが悪の組織っぽくなったのは良い傾向なんじゃなかろうか。

戦闘面では前は白兵戦ならシャドーラインが上、巨大化戦ならレインボーラインの方が上でしたが現時点では単純な戦闘力ならレインボーラインの方が上ですからね。シャドーラインにシュバルツがいないのも弱体の一因でしかも、次回はトッキュウジャーと協力。組織を引き締めるという意味での強化はできるでしょうが戦闘面での強化はどうするのか?

>おぃぃいいいい!!

これには笑いましたね。

>キラキラすらも取り込む強大な闇の力を手に入れろと

光すら飲み込む闇というと…ブラックホールみたいになれということですかね?

>ノア夫人の日傘や、ネロ男爵のシルクハットには
光避けの効果と意味合いも含まれているという事かしら。

逆にそういうのが無いモルクやゼットはシャドーラインの中でも闇の力が強いということなのかもしれませんね。

>これ、軽々しく使っていい威力の兵器じゃねーぞ!!

まったですな。

>次回の最後には普通に裏切ってそうで怖いわw

しかし、それだとワンパターンというかありきたりなんですよね。だから、最初はゼットを倒すまではトッキュウジャーを裏切る気はなかったけど戦いの中でノアが接触。そこでノアはシュバルツにゼットの中でグリッタが生きていることを教え、秘かに協力することに決め、裏切るといった一癖ある裏切りをしてほしいものです。
それでは、
グリッタちゃんの復活早よ!
水落ち〜上陸〜クライナー発見〜修理、と
シュバルツ将軍って着実タイプよね
なんだかフラグも着々と立てているような…
まぁ、我が愛しのグリッタ嬢が復活してくれればそれで良いのだー!
でもなー将軍いないとグリッタちゃんが悲しむしなー
とりあえず爆ぜろ!ごはん食べるときにむせろ!
あと、ついでにトカッチのメガネの裏に指紋付いちゃえ!
No title
レインボーパスにGPSみたいなものは搭載されていないんでしょうか?

さて、今回も思った事をいくつか。

①オムレツの中に入っている野菜を指摘するヒカリの細かさより、まず言いたい。トカッチ、お前の嫌味は意味を理解するとか以前に聞き取りづらい。

②城に居座るっぽいモルク侯爵。ネロ男爵とノア夫人は不満そうでしたが、もし裏切る前のシュバルツ将軍がいたらどんな反応をしたか見たかったです。

③関係ないですが、ワゴンの声を担当する堀江由衣さんは日本ナレーション演技研究所東京校で講師をしている鈴木れい子さん(モルク侯爵の声優)の教え子らしいです。

④モルク侯爵が来た事で、全体的に慌しくなったシャドーライン。描写されてないだけで、一般のシャドー怪人やクローズたちも「面倒な人が来た」みたいな陰口とか叩いてそうですね。

⑤明に「いくつ死に場所があるのか」とツッコミを入れていたノア夫人。言われっぱなしも何なんで、言い返しておきましょう。

明は死に場所を見付けるために、(古い自分が死んで)生まれ変わってるんだ!

⑥思いっ切り誤爆してしまった明。まあ、ちゃんと謝った所だけは評価しておきましょう。

⑦頭に羽根を付けられ、操られてしまったライト。どうしても拭い去れなかった疑問を1つ。

トッキュウブラスター(ウチマスモード)の威力をダメージを与えない程度に調整して、頭の羽根を撃ち抜けばいいんじゃね?

⑧モルク侯爵に寄り掛かられ、もの凄く迷惑そうな闇の皇帝ゼット。爵位の高さ的にも、ぞんざいに扱えるような相手ではないというのが厄介ですね。

⑨何やら青春してるトカッチとヒカリ。自分が色恋沙汰とは無縁だっただけに、「何やってんだ、こいつ等」という思いが頭から消えませんでした。

⑩ライトを放置して寛いでいたノア夫人。明の到着がもう少し遅かったら、クローズたちが紅茶でも淹れ始めてたんでしょうか?

⑪烈車では結構なレベルで好き勝手やってたライト。悪気はないんでしょうが、私なら殴りますね。

⑫等身大でクライナーロボを倒してしまったトッキュウジャーの面々。前に巨大化した敵を倒したのは・・・アバレブラックでしたっけ?

⑬何やら色々と秘密を抱え込んでしまっているヒカリ。彼の胃が心配です。

⑭シュバルツ将軍は生存確認から今までずっとクライナーを修理してたんですね。明と違って修理道具の類は持ってなかったっぽいんですが、よく修理できましたね。

何やら復活フラグが立ったグリッタ嬢。

次回はトッキュウジャーとシュバルツ将軍が共闘するようですが、はてさてどうなる事やら・・・。
No title
野菜が嫌いなのにぃ××××だよね?
って感じでトカッチの嫌味がまるで聞きとれず
4回くらい聞きなおした揚句ついには字幕に頼りやっと理解しましたが
何言ってるんでしょうこの男
嫌味?それ嫌味?
口調が普通だったらただの不規則発言かと思うほど安い嫌味は本人の小心な性格らしく微笑ましささえ感じてしまいました
とはいえ悪意というのは伝わるものでうかつな発言はとんでもない不況を買うこともあるので私たちも気をつける話ですね
>…ライトは明くんとですが何か問題でも?
すごい在庫処理臭……!
シュバルツ将軍が生きているのは把握されていたのですね
てっきり「あの高さからなら無事では済むまい」と思われていたのかと思っていたのですが
本気で軽視して相手にしていなかっただけとは
次回は共闘だそうですが、どうなるのでしょうか
グリッタちゃんに義理立てするほど思い入れがあると思えませんし、
皇帝に対する叛意もいったん反抗してしまった以上後に引けなくなった以外の動機がなさそうなんですよね
にっちもさっちもいけなくなった挙句仕方ないから敵に身売り……
あれ? これ復活どころか死亡フラグじゃね?
明のように正義に目覚め、烈車の力でフラグを振り切れ将軍!
このあたりぐらいに大口さんが喉の調子が悪かったらしくてピークだったとか
病院行っても原因不明でしゃべらなければ治るんじゃないとか言われたとかなんとか
だから今回モルクさんがほとんど状況説明なことしてたんですかね 

戦隊に恋愛描写は結構珍しいですよね
最近だとボウケンジャーとか?

トカッチの転がり方昔のマンガみたいですね
雑草あそこだけ刈ってるし、スタント使って転ぶなんて無駄に力入れてますね(笑)

グリッタちゃん復活しそうな気もしますが、ああいうのは進化?したりするから人間になって登場するとかあるかもですね
カッコ悪いがカッコ良い……エガちゃんのポリシーですね(笑)。
・第6駅から重ねてきたフラグですが、トカミオ恋愛推進委員会も満足であろう今回はさくっと。

>いつもはすぐに見つかるのに。見つけようとすると見つからない。明の死に場所と言うのは、そういうものなのです。
・明君は青い鳥症候群だったのか……!

>なに言ってんのこのメガネ…。
・ジェラシークレットさんも仰るように、ヒカリと違って、皮肉や悪口を言い慣れてない感じが微笑ましいですね(笑)。

>「ミオしってるか ヒカリは たまごサンドしかたべない」
M{まず「ミオしってるか」に1番、「ヒカリは」に3番、「たまごサンドしかたべない」に2番と打っておく。そして彼にこれらの写真を見せて、順番に並べさせる。彼が最初から3枚と決めつけて、「本来は『ミオしってるかヒカリはたまごサンドしかたべない』と並べるのが普通だけど、番号順に並べると……」という言葉を引き出せたら、ブラフの写真(「コレステロールがたかい」)を見せる……この時の対応を注意深く観察すれば、彼が二郎ではなく洸(キラ)、いやヒカリであるという疑惑が確信へと変わる……!}

>シャドーライン強化月間
・鬱陶しいですけれど、よく周りを見てますし、指示自体は的確なのが、現実の上司っぽくて何か複雑です(苦笑)。
・「まず先にシャドータウンの管理人達を鍛えた方が良いのではないか」とも思いましたが、抜かりなしでしょうね、ハイ。
・それはそれとして、モルク侯爵の助言は、ヨルさんのコメント 通り、エンヤ婆のあのセリフが「なじむ」感じですね(笑)。 そしてジョジョニウム11巻表紙のエンヤ婆は何か憑き物が落ちた感じでしたねぇ(笑)。

>ノア夫人の闇集め
・元々「量より質」重視だけあって、お見事でしたね。しかしシャドー怪人扱いされて憤る辺り、怪人クラスは基本「平民」か。

>キラキラを御しきれていない
・幼年雑誌のハイパートッキュウ1号特集で、「やみの皇帝もたじたじだ!」とありましたが、誇張表現ではなくて、事実だったということですか(笑)。そう言えば、組手の後は手を伸ばしてフラフラ近づくのみでしたね。

>ピンピン!トッキュウ1号
・ミオちゃん、ライトのオムレツサンドにナニを入れた……?

>巨大戦潰し
・前作のキョウリュウレッド・カーニバルよろしく、トッキュウ1号自身が烈車そのものになったからこそなせる技ですね。

>ンまあ〜〜〜いプリン
・ヒカリの水虫も解消です。

>ヒカリは見たかもしんない
ダイゴヨウ「よぅ兄弟!!」

>脂身が多くて、ちょいと胸焼け気味・ゴムマリのよーに
・ちょっと男子!何グリッタちゃん泣かせてんのよ!謝りなさいよ!!

>ちょいと右車輪がギクシャクするがァァァァァ俺の専用クライナーは修理は完了ォォォォォ
・右車輪やべぇとか脱線フラグ立ててどうする(笑)!?

>>JUDO様
>トッキュウブラスターで撃ち抜けば……
・それができれば苦労はなかったのでしょうが、何だかんだ言っても、トッキュウ1号(ライト)は最強ですからねぇ(苦笑)。

>巨大化した敵もしくは巨大な敵を撃破
・ギガノイド第2番「英雄」を撃破したアバレブラック、黄金の剣(大剣人ズバーン)の力でレムリアの幻獣を一刀両断したボウケンレッド、巨大ゾーリ魔をぶった斬ったキョウリュウレッド等等「強さ」のアピールにもなりますね。

>>石楠花さん
>戦隊の恋愛描写
・つい最近だと前作もそうでしたね
。それと動物戦隊も(笑)。

失礼しました。
いつもありがとうございます。
 ヒカリの野菜嫌いが判明した今回、せめて野菜ジュース位は飲めば・・・。

 モロ「将軍家光と春日局」な侯爵とゼット様ですが、そのうちあの侯爵「お世継ぎを~!」とか絶対いいだすぞ・・・。

 ライトのパンツいっちょ、更にボディラインモロ出しのボクサーパンツって!せめてラインが出ないトランクスにしてくれ!セクハラだ!!(記憶の限り、過去戦隊でここまで脱いだヒーローはいない・・・。)

 最後のプリン、てっきりかぼちゃプリンかさつまいもプリンでミオちゃんが「ヒカリ、野菜食べられたね。よかった!」とかくると思ったのに、ちょっと残念でした・・・。
 

管理者のみに表示

トラックバック