ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

烈車戦隊トッキュウジャー感想 第25話

2014.08.28 (Thu)

第25駅 「おとぎ話が飛び出して」




特訓してきた(#25)

ミオちゃん母性(#25)




トカッチのほっぺに絆創膏を貼ってくれるミオちゃん萌え。
って言うか、貼ってもらったトカッチが羨ましすぎる。
なんだかミオちゃんの臀部と、トカッチの頭部が近いし。超近いし。

うん、よく考えたらトカッチに絆創膏なんて贅沢すぎるぜ。
脛にガムテープでも貼って、強引に引っぺがしてやればええねん。

そう、過去が増えるほど人は大人になっていくのよ。第25話。




カグラ
「ねぇ…おとぎ駅だって、あんまりシャドーっぽくないね。」


闇の皇帝・ゼット
「よう、ライト。キラキラしてるか?」






皇帝登場だゼーット(#25)





ゼット
「YO!みんな!キラキラしてるか~い?」


オーディエンス 
「イエーイ!ゼットたん、かわいいー!キラキラー!!」


ゼット 
「えぇ~なになに~?
よく聞こえないかったからもう一回、大きな声で言って下さ~い!」


オーディエンス
「ゼットたん、宇宙一かわいいよー!」


ゼット
「やだもー。みんなもカワイイよー!!
じゃあ、まずは新発売のアルバムにも収録されている、この曲!
闇の皇帝・ゼットで 『暗闇の在処』 聞いてください♪」




キラキラしてるかーーーい!?
そんなテンションで、闇の皇帝・ゼット参上!
ちょっぴり高い所から、ヤンキー座りで堂々登場だゼーット!!

シャドー怪人に乗っ取られたわりには、メルヒェンな名前の「おとぎ駅」。
駅の看板が、どことなくエレガントだったのは
皇帝陛下がいらしていたからだったのかも知れぬ。


まだ町にゼットがいたことから、乗っ取られたてホヤホヤの駅である事。
ポスターや旗にもある「夏のこども絵本まつり」というイベントを襲いに来た事。
導入部のビジュアルで、ザックリとした状況が把握できる構成にシビれるぜ。

キラキラの為にやってきたようですが、現状は経過観察中だったって感じかしら。
相変わらずフットワークの軽い皇帝陛下である。


そんな、ゼットの傍に付き従っているネロ男爵が
イイカンジに側近のオーラを醸し出していますね。
…って言うか、他の幹部の忠誠心がないからだとも言えますがw

なんにせよ、これがネロ男爵の望んだポジションだったんだろうなー。
ゼットの暗黒オーラで、ピンスポシャドーもろとも吹っ飛ばされても
よじよじと登っていくる姿がちょっぴりキュートであった。






闇の皇帝・ゼット
「おい、ピンスポシャドー…出てこい。」
「てめぇ、なんであんなキラッともしねぇもん出した?」


ピンスポシャドー
「なんと…!そんなはずは…。
あれは人間どもが作った物語から実体化させた
まさにイマジネーションの塊。ご覧あれ!ピンスポット!!」

「陛下、いかがで?キラキラしておりませんか?」


闇の皇帝・ゼット
「てめぇ…もういらねぇな。」






ピンスポシャドー(#25)





全然キラキラしてねぇ…。




キラキラどころか、全体的にドロドロしてる。
はだかの王様に関しては、なんかベトベトしてそうな雰囲気さえ感じる。
これには、さすがのゼットも解雇通知を叩きつける事に躊躇なしであった。


物語のキャラクターを実体化させる能力を持つ、ピンスポシャドー。
表舞台には立たない裏方のスポットライトが照らしたキャラが
現実へと召喚される構図が面白い。

しかし、抜け出してきたキャラクターは完全やさぐれモード。
闇の力で実態させているせいで、捻じ曲がって出てきてしまうらしい。

なるほど…二次元の嫁を実体化させようとしても性格が破綻してしまうので
理想と現実のギャップに、大きなお友達からの闇も出まくり確実と言うことか。

性格が激変していたり、キャラクターがやられると物語から消失するっぽいとか
この辺の部分は、ボヘミアン・ラプソディーよりも、月光条例のほうが近いカンジ。


それにしても、各キャラの扱いが酷すぎるw
はだかの王様って熱いから脱いでたわけじゃないだろ…。

なんだろうこの控室で見てはいけないオフショットを見ちゃったみたいな。
もはや「なりきりが足りない」とか言う問題じゃないと言うね。
元のキャラクター達から訴えられたら敗訴確定なんじゃねと言うね。

半裸でアヘ顔さらされた、はだかの王様に至っては
はだかの王国(仮名)の軍隊総出でピンスポシャドーを殲滅しても良いレベル。


護衛役で出てきたランプシャドーといい
ゼット直属の部下は、キラキラ光るっぽい奴が多いのかしら?
むしろ実力よりも、いかにキラキラしているかで側近を決めているのかもですね。


ピンスポシャドーさんって、頭部はスポットライトで占められているから
顔が腰のすぐ上にあるんだけど…トイレの時とかちょっとイヤじゃね?


ライト
「おい、桃太郎!みんなを連れて逃げろ!」


桃太郎
「あん?お前、呼び捨てにすんなよ。『桃太郎さん』だろ?」




さんをつけろよデコ助野郎!





凄い靴擦れ(#25)





靴擦れが凄いシンデレラ。
ガラスの靴って、やっぱり履き心地悪かったんだね…。
帰りにビーサンを買っていくといいだろう。





虹野明
「ここか…俺の死に場所は。」


ネロ男爵
「貴様の相手をしている場合ではない。追うぞ、ピンスポシャドー!」


虹野明
「逃げたか…。」






死に場所はここかぁ!(#25)

死に場所ちゃうかった(#25)





今日も今日とて、死に場所を求めて颯爽登場してきたものの
ものの数分で、たった一人取り残されることになった明くん吹いたw


遅れてやってきて、取り残される。
ここが明の死に場所か…!
地面に落ちているユウドウブレイカーか哀しみを増加させるぜ…。






ミオ
「キャー(棒)」


カグラ
「タスケテー(棒)」






赤ずきんミオ(#25)

シンデレラカグラ(#25)





なんという演技力。




赤ずきんとシンデレラから目を逸らすために
それぞれ変装したのは良いけど演技が酷過ぎたw

カグラは、こういう時こそなりきるべきだと思うのですが
ここはフツーに演技で乗り越えるのね。
なりきると凄いけど、演技は微妙なのねカグラちゃん…。

まぁ、2人とも可愛いからイイや。





トカッチ
「助けてくれてありがとう。あのさぁ…君、リョーナイトだよね?」


リョーナイト
「来るぞ!」
「落ち着け。すぐに慌てるから余計な動きが増える。
本当ならできる事でもできなくなるんだ。」






リョーナイト(#25)





シャァベッタァァァァァァァ!!




あ…喋るタイプのキャラなんすね、リョーナイトさん。
いかにも喋らない雰囲気を醸し出していたもんだから
急に饒舌に語りだしてビックリしちゃいましたわw


謎のヒーロー、覇王体系リョーナイトは
幼い日のトカッチが生み出したイマジネーションヒーロー。

流星がモチーフのスタイリッシュなデザインは
小学生時のトカッチが考えだしたにしては、なかなかのハイクオリティ。


「純粋なものほど、影響を受けやすい」という
ピンスポシャドーの闇の力で生み出されたわりには
トカッチのイメージ通りのキャラクターだったリョーナイト。

これはトカッチが純粋ではなかったから…と言うわけではなく
闇の力と相反するトッキュウジャーだったからと考えるとスマートなのでそうしよう。


ピンスポシャドーの能力はあくまで「物語のキャラクターを実体化させる」こと。
つまり、リョーナイトはただの落書きで出来たキャラクターではなく
トカッチの中では、リョーナイトを主役にした壮大なストーリーがあるに違いないで。
最終的には、リョーパラディンにクラスチェンジするんやで。


トカッチのピンチを救い、的確なアドバイスまでしてくれるリョーナイト。
このスーパーヒーローっぷり、実に頼りになりますね。
これはもうトッキュウジャーの7人目として迎えてもいいかもしれない。
デザイン的には浮きまくりですがw





虹野明
「この死に場所は、俺に譲れ。」


ミオ
「一緒にやろうよ…。」


カグラ
「あ~…。」






死に場所きた(#25)

ポイ捨て(#25)





ここが俺の死に場所か。(本日2度目)


本日2回目の死に場所キタコレ。
1回目は死に場所じゃなかったからね。
ちょーっと場所間違えちゃったからね。

ミオとカグラをガシっとキャッチ!
これぞ両手に花…と、思わせてポイである。
これだけカッコ良く登場しておいて
粗雑にポイして突っ込んでいくのが明くんなんだよね!!






トカッチ
「本当ならできるって、僕にもできるはずってこと?
練習が足りないんじゃなくて?」


リョーナイト
「それはもう十分やってるんだろ。」


ネロ男爵
「何をコソコソと…どちらが先に消えるか相談か?」


トカッチ
「ライト、ヒカリ、秘密の特訓のアレやってみよう。」
「大丈夫…僕、見えたから。成功のイマジネーション!」






トカッチトレイン(#25)





トカッチ (武器)




ライトとヒカリがトカッチをホームランしてぶち当てる凄い技デタ…。
最近のニチアサは、仲間を飛び道具にするのがブームなのだろうかw


成功のイマジネーションで見事にネロ男爵を吹っ飛ばしたトカッチ超特急(仮)。
ネロ男爵の杖を真っ二つにするほどの威力とは驚いた。

ただし着地のイメージまでは出来ていなかった模様。
豪快にお腹からズザーッと着地してましたけど
あれだけでも結構なダメージを受けていそうであるw


一番負担がかかる役どころを担当するのがトカッチと言うのはどうなのか…
って言うか、冒頭でこの技を特訓してたの!?
トカッチってば弾役として練習で何度も吹っ飛ばされていたのか。凄いガッツだ。

一人一人の力が弱くなるシャドータウンにおいては
コンビネーションの方が有効だと考えられるので
この技の発想に至った考えは理解可能。ちゃんと繋がっているのがイイカンジ。



「トカッチー、新技考えたんだー。お前、弾役な。」


「えっ?」






トカッチ
「おとぎ話のイメージを悪くしてくれたからね。
名誉回復しないと。」


ライト
「オッケー!レインボーラッシュ・おとぎ話大集合!!」






レインボーラッシュおとぎ話(#25)





名誉挽回どころじゃないよ、むしろイメージ崩壊が加速してるよ!


キングパンチを披露した、はだかの王様と
華麗な剣技でフィニッシュを決めた桃太郎さんは良いけど
スーパー頭突きを繰り出す赤ずきんちゃんと
ガラスの靴で飛び蹴りを繰り出すシンデレラはワイルドすぎるだろ…。
格ゲーのキャラみたいな動きしてるじゃねーの。


シンデレラに至っては、ピンスポシャドーさんの顔の位置的に
スカートの中身が丸見え間違いなしだからね。
かぼちゃパンツが丸見えだからね。
もう完全に、12時過ぎのシンデレラですよ。





トカッチ
「待って!勝てたのは僕のダメな所、教えてくれたおかげだよ。
ありがとうリョーナイト!ううん…お兄ちゃん。」






トカッチ兄(#25)

リョウくん(#25)





今、明らかになるリョーナイトの正体!意外!それは兄ッ!!
リョーナイトはトカッチのお兄ちゃんがモデルだったんですね。


昴ヶ浜のことを思い出したときに、トカッチのお兄ちゃんが出てきていたので
いつか再登場するだろうと予想していましたが
まさかこんなに早く出てくるとは…。
しかも、スーパーヒーロー・リョーナイトの中の人ですよ。
変身ヒーローですよ。お兄ちゃん超発光してますやん。

トカッチとお兄ちゃんのリョウくんは、けっこう歳が離れていそうですが
この兄弟のエピソードとかまるっと1話見たいですねー。
トカッチのブラコンっぷりが白日の下に晒されると思うとゾクゾクするねぇ。






虹野明
「連結完了、ビルドダイオータンク!」


ライト
「明!勝手に連結するなよ!!」


虹野明
「俺に任せろ!」


ライト
「ちょっ…ちょちょちょ、ちょっと!」
「ちょっと!ちょっとちょっと!!」






ビルドダイオータンク(#25)

よくやったお前ら(#25)





横取り連結合体ビルドダイオータンク!!




割と簡単に横取りされちゃうタンクレッシャー吹いたw
そりゃ、トッキュウオーもシュバルツ将軍に乗っ取られますわ。


ただでさえ逞しいビルドダイオーが
タンクレッシャーのドーピングでさらにマッチョなカンジに!

ビーム攻撃ってパンチではじき返せるものなんですね…。
そのままラッシュでフィニッシュするのかと思いきや
最後はトッキュウオービルドに譲る優しさね。

今回の明くんは、死に場所にいっても微妙に活躍できなかったので
フラストレーションが溜まっていたのよ…。
もうちょっと活躍したかったんですよ。
ひと暴れしたからスカッとしたのよ。


あっ、ライトくんの「ちょっと、ちょっとちょっと!」は、古いと思いまーす。






ネロ男爵
「陛下、申し訳ございません。
…ですが、すでに進行中の別の作戦で、この失敗を取り戻せるかと。」


闇の皇帝・ゼット
「失敗でもねぇよ。
トッキュウジャーのキラキラもでっかくなっただろうからなぁ。
勝っても負けても、俺に損はねぇ。その内、まとめて…!」


シュバルツ将軍
「やはり無事だったか。これさえあれば…!!」






シュバルツ復活(#25)





シュバルツ将軍キターーー!!




ゼットに斬り捨てられて、川へとダイブしていったシュバルツ将軍が
川の底から華麗にカムバック!!
胸や顔に、痛々しい傷が出来てるかなーとか想像していましたが普通に無傷。
むしろなんだか元気そう。なかなかタフな男よシュバルツ。


どうやら、自身の専用クライナーを探していた様子。
超超トッキュウダイオーにやられそうになった時に
グリッタちゃんが庇ってくれたおかげで、烈車はギリギリ無事だったのね。

まさしく、グリッタちゃんの愛の力の賜物であると言えよう。
よし、シュバルツ専用クライナーを「ラブリー☆グリッタ号」と名付けよう。(!?


ここからのシュバルツ将軍の動きが気になりますね。
今まで通りレインボーラインを潰すのか
皇帝に反旗を翻しシャドーラインに敵対するのか
個人的には、グリッタ嬢の仇を取ってくれると胸熱なのですが。

グリッタ嬢に挙げたハンカチが胸ポケットに潜ませて
専用クライナーでキャッスルターミナルに特攻してくれても良いのよ。
ゼットの腹から、グリッタちゃんを引っこ抜くまで頑張れシュバルツ!


一方のゼットは、最終的にトッキュウジャーのキラキラも
全部まとめてゲットしようとしてるのね。

シャドー怪人が暴れれば闇が手に入る
仮にトッキュウジャーに負けたとしても、トッキュウジャーのキラキラは強くなる。
ゼットにとっては、どう転んでも問題なし。さすが闇の皇帝、ぬかりなしである。
自分の中のキラキラをチェックするために
玉座の横に姿見を置いちゃうだけのことはある。


そんな、ゼットの中にグリッタちゃんの影を見るノア夫人。
忠誠を誓ったふりをしつつ、隙をついてグリッタ復活を目指すカンジかしら。
思惑渦巻くシャドーラインの面々
彼らを取り巻く環境もゴタゴタしてきてナイスよね。


…ちゅーか、ノア夫人なに編み物してんの?
なに編んでるのアレ。ゼットにマフラーでもプレゼントすんの?

あっ!ネロ男爵に、ニット帽を編んであげてるのかも!
ホラ、男爵ってば涼しそうな頭部してんじゃん?
シルクハットより、ニット帽の方が暖かいじゃんよ的な。






ミオ
「自分のダメな所に気付いたのは、トカッチなんじゃない?
だから、イメージのお兄さんが教えられたんだよ。
勝てたのは、トカッチの力!」


トカッチ
「ミオ…。ミオって…なんて言うか、ホントにその…優しくて…」


虹野明
「もう一発いくぞ!!」






フラグクラッシャー明(#25)





いわせねーよ!!




良い雰囲気でイチャイチャしながら、フラグを立てようとするトカッチに
スーパーフラグクラッシャー虹野明の打ち上げ花火が唸る。
いいぞ明…お前の空気を読まない所が、いい方向に作用しておるぞ…!

あの規模の花火を素手で打ち上げるとか、凄いな明きゅん。
場合によっては地元警察の御厄介になるレベルの規模だぞそれェ…。
そもそも、そんな花火どこから調達してきたんだ。
なんとなく顔が広そうなイメージではありますが。


トカッチメイン回。
お兄ちゃんをモデルにしたヒーロー・リョーナイトが実体化する展開は
ミオちゃんのイマジネーションがマイッキーを生み出した時と似ているのですが
リョーナイトのアドバイスが、トカッチ自身の心から来ていた所にグッときました。
さり気なく、成長を感じさせるのがイイカンジ。


パスをなくした時といい、トカッチメインの回は
ミオちゃんが絡んでくることが多くてキュンキュンしますね。

微妙に報われず、外れくじを引きがちなトカッチを
しっかり見てくれて、ちゃんと理解してくれるミオちゃん。
それは彼女の世話焼きな性格からくるものなのですが
トカッチからするとそれがとても嬉しい事なんでしょうね。ホッコリするわ。

…まっ、だからと言ってイチャコラするのはメチャゆるさんよなああああ!
それとこれとは、話が別ってやつだぜ。


今度また調子にのって、良い雰囲気になろうとしたら
明の花火がトカッチのメガネを直撃する事になるので気を付けるが良いだろう。

もしくは、トカッチ自身が花火となって
夜空に大輪の花を咲かせることになるので気をつけるが良いだろう。



「素晴らしい!ホラ、見て御覧なさい!
ライトさん、ヒカリさん、こんなに綺麗な花火ですよ!!」




コメント

No title
やさぐれ赤ずきんが飲んでいたのがぶどうジュースだったのに注目しました。おばあさんへのお土産の葡萄酒に手はつけないのか子どもの飲酒シーンはNGなのか
ピンスポシャドーの光でねじれたおとぎ話は猛きイマジネーションで正されねばならない!
という展開ではなくメインはリョーナイトことトカッチのお兄ちゃん
自分をモデルにヒーローまで作られるとなると本人も大変だったでしょうねえ。プレッシャーは想像するに余りある
作中でご当地キャラが出るのは今回2度目。かなり珍しいほうかもしれません
リョーナイトの言葉に理解を示し、トカッチを認めてくれたのが以前似たような経験をしたミオというのがいいですね
昴ヶ浜では今頃「マイッキー、ミオちゃんに手を出すメガネは、ユグさなーい!」とハッスルしているシュウマイがいるかもしれませんが
いい雰囲気になったら花火が邪魔するとかどこまでも古いサンデーみたいなかほりのする回でした
そして来週は温泉回ならぬ銭湯回だと……!
バカな、キャンデリラ様のイーユダン作戦は却下されたのに!
まさかまた予告と内容変更しないですよねお願いしますよ東映様!
No title
トカッチが明と組むのが多いのは
明の兄貴質が作用してるから?

ライトのたっちネタは
グリッタちゃんを召喚するため
でしょう(中の人的に)
No title
どうも、諸事情でテンションが上がらず、キラッともしていないJUDOです。
こんにちは。

さて、ローテンションのまま、今回も思った事をいくつか。

①いきなり「キラキラしてるか?」と訊きながら登場する闇の皇帝ゼット。これって、実際にキラキラしてても「はい」とは答えにくいですよね。

②ピンスポシャドーが闇の皇帝ゼットの言葉を聞いて驚いてましたが、彼にはあれがキラキラしているように見えたんでしょうか?まあ、シャドー怪人だから「キラキラ」そのものが理解できないんでしょうね。

③明らかにやる気のないおとぎ話の登場人物たち。あれって、「川の治水方法を考えるために3年間ずっと寝ていた三年寝太郎」を実体化させたらどうなったんでしょう?「ただ寝てるだけのバカ」が出てくるんでしょうか?

④トカッチが考えたヒーロー、リョーナイト。懐かしいですね、私も考えましたよ、自分だけのヒーロー。戦闘能力も頭脳も桁外れに高いのに気まぐれで、自分のやりたい事しかやらない。でも、結果的に人を守っている。確かそんなヒーローでした。

⑤「この死に場所は、俺に譲れ」という明。いや、あんたはともかく、ミオとカグラに死ぬ気はないから。その言い方だと、2人まで死に場所を求めてる事になるぞ。

⑥何で射出されるのがトカッチなのか?おそらくトカッチの個人武器は銃だから、フルスイングできないからでしょう。乗り換え?そこはほら、ねぇ・・・。

⑦そもそも、あれって5人でやって2人がトカッチを受け止める役になれば・・・ん?ライトとヒカリがトカッチを飛ばす役だから、受け止めるのはミオとカグラ・・・3人でやっててもらいましょう。

⑧頭突きする赤ずきんに、跳び蹴りするシンデレラ。これが白雪姫だったら、リンゴでも投げ付けたんでしょうか?浦島太郎だったら・・・スライディングする亀の上に乗って、すれ違い様に釣竿で一撃?

⑨兄の存在が明らかになったトカッチ。何となくですが、ヒカリは長男、ライトとカグラは末っ子、ミオは長女のような気がします。

⑩タンクレッシャーを横取りしたビルドダイオーも問題ですが、だからといって余ってる部分と合体してトッキュウオービルドになるトッキュウオーもどうなんでしょう?まあ、別に悪いとは言いませんが。

⑪ライトの「ちょっと、ちょっとちょっと!」は古い事も問題ですが、まず1人でやってる事にツッコミを入れるべきですね。次はトカッチ辺りを誘ってやりましょう。


⑫今回、思いっ切り素手で花火を打ち上げていた明。彼の行動を見て、ふと「エクスカイザー」を思い出しました。とある夏の話で、3体のロボが花火を打ち上げるんですが、1人が腕のランチャーから打ち上げてるのに対し、他の2人は花火玉を掌に乗せて、上にポイポイ放り投げてたんですよ。それを思い出して、何となく懐かしくなりました。

トッキュウジャーの「キラキラ」まで狙う闇の皇帝ゼット。
早くも生存が確認されたシュバルツ将軍。
シャドーラインは様々な思惑が交錯してますね。
次回は銭湯回らしいですが、色々と大丈夫なんですかね?
女性陣はともかく、男性陣が斬鬼さんや尻彦さんみたいな事にならなければいいのですが・・・。
ゆっくりした結果がこれだよ!!!(ヲタク)
シュバルツが生きていた事を確信した時思わずガッツポーズしたとか言えないわぁ〜(白目)
No title
今回の話の前半まで見ていて『トカッチの心から生まれたリョーナイト……アカン、
これリョーナイトがトカッチを敵の攻撃から守ってマイッキーの二の舞になるパターンや』
と思っていたけど別にそんなことにはならなかったネームレスバンブーです。

リョーナイトは無事に消滅せずにトカッチの心に戻っていきましたが
もしマイッキーが倒されずにハンマーシャドーを撃破できていたら
マイッキーも同じようにミオの心に戻っていったのかなと思いました?

あとリョーナイトの戦闘での活躍は複数のクローズの撃破とネロの攻撃からトカッチを守った事でしたが
どうせだったら『レインボーラッシュ・おとぎ話大集合』に合わせてピンスポシャドーに
トリニティストレイザーの五芒星バージョンみたいな攻撃をする位の派手な活躍をしても良かったかなと思います。

そして今回と前回で発見した誤字脱字です。
確認と訂正をお願いします。

第25話

キラキラの為にやってきたようですが、現状は経過観察中だって感じかしら。
相変わらずフットワークの軽い皇帝陛下である。

だって→だったってorって

一人一人の力が弱くなるシャドータウンにおいては
コンビネーションの方が有効だと考えれれるので
この技の発想に至った考えは理解可能。ちゃんと繋がっているのがイイカンジ。

考えれれる→考えられる


トカッチ
「おとぎ話のイメージを悪くしてくれたもんね。
名誉回復しないと。」

してくれたもんね。→してくれたからね。

(注:家で録画したものでよく聞いて確認した所これでした)

ライト
「オッケー!レインボーラッシュ・おとぎ話!!」

おとぎ話→おとぎ話大集合

シンデレラに至っては、ピンスポシャドーさんの顔の位置的に
スカート中身が丸見え間違いなしだからね。

スカート中身→スカートの中身

ビルドレッシャータンク(#25)

※:ビルドダイオータンクがトッキュウオーの前にいる画像の説明文です

ビルドレッシャータンク→ビルドダイオータンク

グリッタ嬢に挙げたハンカチが胸ポケットに潜ませて
専用クライナーでキャッスルステーションに特攻してくれても良いのよ。

キャッスルステーション→キャッスルターミナル

第24話

闇の皇帝・ゼット
「グリッタは、てめぇえが差し出したんだぜ?

てめぇえ→てめぇ

隙あらば命を狙っていく闇の貴婦人になれのもええやん?

なれのもええやん→なれるのもええやんorなれんのもええやん

元シャドーであるザラムとしての力が使えそうなのですが
明が本人は、極力あの姿になりたくないだろうし複雑な所よね。

明が本人は→明本人にとってはor明本人としては

これまでの乗り換えチェンジは、ほぼ無駄乗り換えだったという事かw
あらかじめ教えてくといても良かったんだよ車掌さん…。

教えてくといても→教えてくれといてもor教えといてくれても

巨大戦でさらに巨大化した管理人ルークさんの頑張りにグッと来たのですが
特に何の活躍もなくアッサリとやれらてしまいションボリ。

やれらてしまい→やられてしまい

その槍を破壊されてそく縮小である。何の為に超巨大化したんだアイツは…。

そく縮小→即縮小

スーパーヒーロータイムの感想(2014/08/17 のものです)

巨大戦でさらに巨大化したルークさんにグッと来たのですが
特に何の活躍もなくアッサリとやれらてしまいションボリ。
何の為に超巨大化したんだアイツは…。

やれらて→やられて
追記です。
自分の書き込んだコメントの中の

『リョーナイトは…省略…
マイッキーも同じようにミオの心に戻っていったのかなと思いました?』

の最後の『?』は誤字で本当は『。』でした。
今まで誤字脱字を報告してきた自分が誤字をする日がくるとは……
もしピーターパンが飛び出してたら、みゆきちゃんのバッドエンド堕ち待ったなし(苦笑)。はっぷっぷ〜。
がんばるとき、つらいときは、夢が紡ぐお話が好きなにわか三級(仮)でございます。小林先生は、小ネタの嵐の中、きっちり良い話を挟むのが巧いですね。
関係のない話ですが、最近出ている『怪談えほん』シリーズは中々にゾクッときます(『ちょうつがいきいきい』とか新作『かがみのなか』とか)。『悪い本』は迂闊に手にとってしまいましたが、たまたま本屋で流れていた「VAMOLA!キョウリュウジャー」がなければ危険でした(苦笑)。

>脛にガムテープ
そのフレーズだけで、痛ぇッ!陰湿な嫌がらせには、「粘着」な業がよう似合いますわ(笑)。

>そう、過去が増えるほど人は大人になっていくのよ。
チケットくん「まぁ、『立派な』大人になるかは別ですがね。」

>おとぎ駅
仰る通り、ゼットパワーでしょうね。隣接駅が相変わらず「あっち」と「こっち」なのも、味が出てますね(笑)。
そして皆さんの仰るように、性質がボヘミアン・ラプソディー(自由人の狂想曲)や月打に似てましたので、ピンスポシャドーの力が世界規模になってたら大変でしたねぇ(苦笑)。
それと『月光条例』ですが、元々『うしおととら』は『マッチ売りの少女』に対する想いから生まれたと公言していた作者だけあって、力が入ってるのは読んでて感じましたが、少し勿体つけ過ぎていて、「完結したら一気読み」がしっくりくる感じでした。

>「暗闇の在処」聞いてください♪
……部下達と一緒に「Silent wish」等もお願いします。あっ、アンコールはグリッタ嬢復帰を願って「そして王子さまが」を(黙れ

>ちょっぴり高い所から、ヤンキー座りで堂々登場だゼーット!!
水木のアニキ「!」ガタッ
大貫 一朗太「!」ガタッ
天国の葉月 サブロー「!」ガタッ
鬼地獄のポセイドンオルグ「!」ガタッ
etc

>純粋な存在は闇に染まりやすい
『スマイルプリキュア!』に限っても、メルヘンランドの住人達がバッドエンド王国サイドに堕ちたり、バッドエナジーの影響でメルヘンワールドに悪影響が出たり、絵本の世界の住人達が悪堕ちしたりと大変でしたからねぇ(苦笑)。ニコは……、仕方ないですか(涙)。森の少女もといスマイルちゃん(かつてのヨルさんの推察通り、この名が公式みたいです)の存在が鮮烈だったとは言え、自作絵本を完成させてましたし(涙)。

>ゼット直属の部下は、キラキラ光るっぽい奴が多いのかしら?
ランプシャドーがネロ男爵に自己紹介したことやライト相手の課外授業からしてゼットがキラキラに影響を受けた後に生まれたタイプ、そしてザラムと旧知の仲だったリングシャドーのように古株とに分かれている感じでしょうか。リングシャドーが「やみでみがかれたふきつなジュエル」で、皇帝専用クライナーロボが「トッキュウオー」リスペクトで、カスタマイズしていたことからして、古株もそれなりに変化していることが伺えます。ピンスポシャドーは会話からして前者ですかね。

>ピンスポシャドー「シャドー怪人はトイレに行きません!」
シャドーかいじんうんちくでの「こどもがもつえほんをねらいやすい」位置に頭を持ってきてるという設定は面白かったですね。そのために生み出されたって感じがします。

>二次元の嫁を実体化させるリスク
ネットで「性格さえよければ……。」と言われるキャラを実体化させると更に歪むか逆に矯正されるかの博打ということですか(苦笑)。
いや、よく考えたら、子ども向けに苦心してアレンジしている純粋なメルヒェンだからああなったのであれば、ラノベとかアニメ作品とか血反吐吐くような労力と熱意、少々の大人の事情だけでなく、若干「欲求不満」も混じっている作品ならば案外影響を受けない可能性も(コラ

>じゃあ渡嘉敷君は先生と一緒に逃げようか?
殿様と同じく余っちゃう派か(涙)。

>今年見つけたニキビ面、ひとつたわしに臭いな
案の定、上のフレーズが実況で出たようで(笑)。
それはそれとして、デザート食ってなかったからって、きびだんごで第四のお供「馬」になるとは……美味いもんのグレードで「何でも」してくれそうなライトくん(笑)。

>蔵王大兄リョーナイト
トカッチの兄弟ですし、騎士道大原則も守ってそうです(笑)。
トカッチの本名からして、兄の名も一文字みたいですね。ご推察通り、トカッチが強いイマジネーション持ちだったことと兄への想い、そしてピン・スポットも掠った程度だったためか歪まず、星モチーフで意外と格好良いヒーローでしたが、演じられた大野氏は、テニミュ経験は勿論、『ウルトラマンギンガ』とその後日談エピソード&映画でも変則的な形ですが、ウルトラマンティガやウルトラセブン(よく知らないため「ウルトラマンセブン」と言ってしまうネタあり)に変身する役を演じておりました。

>圧倒的演技力
カグラはなりきるとドスの効いた声も出せたはずなので、やはりシンデレラのあの姿がショックでモチベーションが下がりましたか(苦笑)。

>シャァベッタァァァァァァァ!!
スポンジボブ「ウワーオ!!」
しかしトカッチへアドバイスはナイスでした。彼は「落ち着けば」大体のことはできる子ですからね。
リョーナイトの特性やミオちゃんの励ましからしても、最初から自覚はあったのでしょうが……。

>最終的には、リョーパラディンにクラスチェンジするんやで。
トカッチの考える物語をアニメにしたら、最終的にキラキラに輝きそうです(笑)。

>デザイン的には浮きまくりですがw
かつて追加戦士扱いで、ニンジャマンやシグナルマン、ズバーンにゴセイナイト等が参戦した例もありますし、いけるかも(笑)。番外戦士だったら白バラ仮面(太陽戦隊)にX1マスク(光戦隊)、VRVマスター(激走戦隊)にシンケンブラウン(おい)等もおりますし、歴史は深いですね。

>呉島よ、これが兄弟だ
pixivに投稿している絵師のおじゃむさんのネタで、トッキュウ2号と龍玄が「無駄を切り捨てろ」という兄の助言等を思い返すに辺り、対照的な反応をみせる姿は吹きました(笑)。

>最近のニチアサは、仲間を飛び道具にするのがブームなのだろうかw
リボン「こっち見んなッ!!」
カッチカチのトカッチボール!
トカッチアタックとかトキャッチとかやってましたので、推薦されたのでしょうが、散々痛めつけてくれたネロ男爵に遂に一泡吹かせたのは感慨深いですね。

>名誉挽回どころじゃないよ、むしろイメージ崩壊が加速してるよ!
名誉返上しても大丈夫!『シュレック』シリーズとか重火器ぶっ放す赤ずきんちゃんとかよりはマシです!!だぁぁむですとろーい!!!

>誇りを取り戻したキャラクター達
はだかの王様はマントを脱いでましたが、ちゃんと絵本の中にマント諸共戻ったようで安心です……きびだんごはライトの腹の中でしょうが(笑)。
ニューフェイス、元テレビ戦士に元宝塚女優さん、そして元レジェンド戦隊(?)、お疲れ様でした。

>強制カミツキ合体の後を継ぐ横取り連結合体
まぁ壊れている時にお祭りに向かったトッキュウジャーの面々よりも修理に来てくれた明になびきますよね(笑)。

>勝っても負けても損はない
今までキラキラに興味を持っているが故に潰しに来ず、ちょっかいを出す程度だったゼットですが、グリッタ嬢をキラキラ諸共吸収してパワーアップした後ですらトッキュウジャーをさっさと取り込まない理由付けになっているのが巧いですね。
ネロ男爵の失敗を取り戻す新しい計画は、次の銭湯話(笑)?

>なかなかタフな男よシュバルツ。
もっと「ゆっくり」されても良かったのですが、皆さんの予想通りボディ虎兄さんより早かったですね。軍帽も落とさなかったみたいですし(笑)。
ラブリー☆グリッタ号の中には、集めた闇がまだ残っているでしょうけれど、今度はどんな策で来るのでしょうか……。

>ネロ男爵のニット帽
口調からして結構なお歳みたいですし、有難い……か(笑)。そろそろ爵位も上げては如何かと。

>虹色の花火
やはり虹は明を笑顔にさせます……と同時に二人の良い雰囲気もぶっ壊せた安堵もありますか(笑)……トッキュウ3号の雑な扱いからして、本命はトカッチですね(腐)。これにはトカミオ恋愛推進委員会の声かけ事案さんも苦笑い。
そして警察沙汰ですが、大丈夫!すぐに烈車に隠れてしまえば、SPDみたいなチームでもない限り、大人達には見えません(笑)。まぁミオちゃんはそんなことしないでしょうが(笑)。

>ヨルーザ様「素晴らしい!ホラ、見て御覧なさい!ライトさん、ヒカリさん、こんなに綺麗な花火ですよ!!」
この後、ヨルさん的にビチグソなトカッチとミオちゃんの子どもが、中国の秘境で漢堂 ジャンに拾われるのですね、分かります。
ちなみに「光の旅」って歌、好きです。

>>覇王大兄さん
巧いネーミング!
>ぶどう酒かぶどうのジュースか
基本的にはぶどう酒と書かれてますが、幼い子らへの読み聞かせやお芝居だとジュースと言い換えているところも少なくないとか。

>イーユダン作戦
キャンデリラはゴタゴタでデーボ・バーカンスを生み出したことを忘れていたくらいですし、もう忘れてるかも(涙)。

>>まちまちさん
>トカッチと明の絡み
転校生だったためになかなか仲間の輪に入れなかった過去の自分とダブらせていたからだと思いましたが、成る程そういう意味合いもありえますね!

>グリッタを呼び戻せ!
エノグシャドーが復活してこないことを祈ります(笑)。

>>JUDO様
>キラキラが理解できない
そう言えば、ソウジキシャドーもそんな感じでしたね。

>歪んだ三年寝太郎
寝るだけの馬鹿か役人を永遠に眠らせる復讐鬼か……後者じゃ月打か(苦笑)。

>>ネームレスバンブーさん
>リョーナイトの活躍をもっと見たかった
この辺りは、サポートリーダーの兄らしく脇に徹してましたね。

>>勝手にメガシルバーの補足
「当初」と さんも仰られた通り、制限時間は後になくなります。そもそもメガシルバーのスーツは、電磁戦隊メガレンジャーを擁する世界科学連邦(I.N.E.T.)の特別開発班チーフである天才エンジニア早川 裕作が、「前線で邪電王国ネジレジアと戦う5人の若者の力になりたい」という想いから、メガレンジャーのスーツの「プロトタイプ」に、初期メンバー5人のスーツそれぞれに付加されている特殊能力を加える形で、自分の変身用に独断で改造したため、制限がありました。
後(販促期間終了辺り)に、再調整して、性能を落とす代わりに、制限時間を取っ払うことに成功しております(いわゆる追加戦士弱体化の理由づけ)。性能は落ちましたが、地のスペックが高い(しっかりと鍛えている文武両道タイプ)こともあって、最後まで頼りになる明るい兄貴分でありました。
ちなみにウルトラ戦士の制限時間ですが、主に獅子座L77星から来たウルトラマンレオは2分30〜40秒、アニメで活躍していたウルトラマンジョーニアスは4分、平成のウルトラマンガイア&アグルは「地球生まれのウルトラマン」故に主だった制限時間はありませんでした。

長々と失礼しました。
久しぶりにコメントします。
 こんばんは。

 今回おとぎ話の登場人物を実体化させる怪人がいましたが、そういえばドラえもんの道具にも似たようなのがあったなあなんて・・・。

 もし人魚姫が実体化されたら、男性陣の誰かがお姫様抱っこで逃げてたのかな。それ見たかったかも。

 あいかわらずのゼット様、やっぱり一度ののしられたい・・・。(爆)

 最後のトッキュウジャーの攻撃、かっこよかったのは桃太郎だけで、特に赤ずきんちゃんとシンデレラがあれはひどい・・・。(泣)

 明くんのロボ内、冷蔵庫があったり洗濯物中干ししてたり生活臭あり過ぎ。あまり視聴者の夢を壊さないで・・・。

 次回は、全員ヌードというお色気展開ですが、私のような人種は男性陣の裸より「服を着ていても抱きついたりじゃれあったり」っていう方が嬉しいんすよう・・・。

 
No title
カミナリさんが出るって宣伝したのでシンケンみたいガッツリ絡むのかなと思ったけど違った(´・ω・`)ショボーン
でも放送終わったあと写真上げてたけど楽しそうで何よりなのあげてた( ̄m ̄〃)ぷぷっ

トカッチのお兄さんちょいちょい出てくるけど、今のトカッチより若いってとこにやっぱり意味があるんでしょうかね

トカッチとミオってなんで急にああいう描写入れるようになったん?
シュバルツ将軍復活!
水落ちしていたと思ったら、
キッチリ自分のクライナーを確保しているとは、さすが軍人
グリッタちゃんに感謝しないとね!
これからの将軍の活躍に期待しているので、
爆ぜるのは勘弁しておこう(偉そう)

とりあえず、今は鏡に映るグリッタちゃんの幻影で
乙女成分を補充しつつ、復活を祈るしかありますまい
コメント返信ッ!


>>覇王大兄さん



>やさぐれ赤ずきんが飲んでいたのが
 ぶどうジュースだったのに注目しました。


ナイス着目。普通にスルーしてましたわ。
ワインと掛けつつ年齢を考えたグッドな演出だったのね。


>ピンスポシャドーの光でねじれたおとぎ話は
 猛きイマジネーションで正されねばならない!


素敵なHNといい、素晴らしいセンス…!
覇王大兄さん恐るべしやで。


>作中でご当地キャラが出るのは今回2度目。
 かなり珍しいほうかもしれません


マイッキーのインパクトが抜群だっただけに
再びイマジネーションでキャラクターが出てくるってのは
意外な展開でしたね。
それでいて、ちゃんと区別できていたり
ミオちゃんと絡めていたり、しっかりした作りなのがニクイ。

昴ヶ浜に帰ったら、マイッキーとリョーナイトの一騎打ちや。


>バカな、キャンデリラ様のイーユダン作戦は却下されたのに!


イーユダン…イラストの中だけに登場したレアデーボモンスター…。
でも、キョウリュウジャーは男ばっかだからなぁw


>まさかまた予告と内容変更しないですよねお願いしますよ東映様!


女湯のカットが微妙に変更されていた事実!





>>まちまちさん



>トカッチが明と組むのが多いのは
 明の兄貴質が作用してるから?


うーん…トカッチのお兄さんのリョウくんと明は
全然タイプが違う気がするなぁ。
どちらかというとミオのお姉さん気質に惹かれてるイメージ。


>ライトのたっちネタは
 グリッタちゃんを召喚するためでしょう(中の人的に)


「ザ・たっち」と見せかけて「タッチ」をイマジネーションして
グリッタちゃんの魂に訴えかけていたのか。ライトさんパネェっす。





>>JUDOさん



>まあ、シャドー怪人だから
 「キラキラ」そのものが理解できないんでしょうね。


闇の住人であるシャドーには
基本的に理解できない事なんでしょうね。
ネロ男爵やグリッタ嬢ですらも理解はしてないんじゃないかな。


>「川の治水方法を考えるために3年間ずっと寝ていた三年寝太郎」を
 実体化させたらどうなったんでしょう?


三年寝てない太郎が出てくる予感。


>私も考えましたよ、自分だけのヒーロー。


私も昔、鼻くそが爆弾くんというヒーローを考えましたね。
ワンピースにMr5が出てきたときは驚きました。
やられたぞと。完全にパクられたぞと。


>おそらくトカッチの個人武器は銃だから、
 フルスイングできないからでしょう。


って言うか、仲間を射出しなくてもいいんじゃね?という疑問。


>浦島太郎だったら・・・スライディングする亀の上に乗って、
 すれ違い様に釣竿で一撃?


僕に釣られてみる?


>何となくですが、ヒカリは長男、ライトとカグラは末っ子、
 ミオは長女のような気がします。


少なくとも、カグラは長女なんですよねー。ビックリ。


>他の2人は花火玉を掌に乗せて、上にポイポイ放り投げてたんですよ。


明くんよりもワイルドな花火だぜ…!


>女性陣はともかく、男性陣が斬鬼さんや尻彦さんみたいな事に
 ならなければいいのですが・・・。


さすがに尻は出ませんでしたねw
逆に考えると、斬鬼さんと霧彦さんの偉大さが分かるのぅ。





>>ゆっくりさん



シュバルツ将軍生存確認はグッときましたねー。
ガッツポーズをとってこそ真のシュバルツァーと言えよう。





>>ネームレスバンブーさん



マイッキーに続く、2体目のイマジネーションキャラ・リョーナイト。
さすがに、マイッキーと同じような行動をとるのはどうかと思うので
今回のような扱いでよかったなと。
なかなかカッコ良かったし、また出てくれてもいいな。マイッキーもね。


>トリニティストレイザーの五芒星バージョンみたいな攻撃をする位の
 派手な活躍をしても良かったかなと思います。


五芒星スラッシュカッコ良さそうですね。
リョーナイトがおとぎ話ではなかったのが悔やまれる。


>そして今回と前回で発見した誤字脱字です。
 確認と訂正をお願いします。


いつもありがとうございます。修正しておきますねン。





>>ネームレスバンブーさん



>最後の『?』は誤字で本当は『。』でした。
 今まで誤字脱字を報告してきた自分が誤字をする日がくるとは……


OK!でも、セリフの意味は通じるから大丈夫やん。
私の誤字脱字に比べたら全然問題ないやん。





>>にわか三級(仮)さん



>最近出ている『怪談えほん』シリーズは中々にゾクッときます
 (『ちょうつがいきいきい』とか新作『かがみのなか』とか)。


怖いよ!ちょっと検索しただけでもう怖いよ!!
でも『悪い本』はちょっと興味ある。
後で本屋に行ったときにチェックしてみようかしら…。
キョウリュウジャーの曲がかかっていると読む勇気が湧くのですがw


>少し勿体つけ過ぎていて、「完結したら一気読み」がしっくりくる感じでした。


月光条例は単行本で一気に読んだので、個人的には高評価ですわ。
藤田和日郎先生がノリノリで書いてるのが伝わってくるのが良いのよ。


>……部下達と一緒に「Silent wish」等もお願いします。


これが鏡花水月の卍解…!?


>絵本の世界の住人達が悪堕ちしたりと大変でしたからねぇ(苦笑)。


こう考えると、絵本の世界の住人が闇に落ちる展開って
結構あるって言うか、わりとベタな展開なんですね。
スマプリなんてまんまだもんなぁ。


>シャドーかいじんうんちくでの「こどもがもつえほんをねらいやすい」位置に
 頭を持ってきてるという設定は面白かったですね。


子供に目線を合わせてくれるシャドー怪人だったのねピンスポさん…!


>ネットで「性格さえよければ……。」と言われるキャラを実体化させると
 更に歪むか逆に矯正されるかの博打ということですか(苦笑)。


更に歪んで出てくるに100ペリカ!
どうあがいても絶望なキャラに変換してくると思うぜピンスポさんはw


>殿様と同じく余っちゃう派か(涙)。


俺余ってるだろォォォオオ!!!?


>案の定、上のフレーズが実況で出たようで(笑)。


このフレーズは書かねばなるまい。(使命感)


>トカッチの兄弟ですし、騎士道大原則も守ってそうです(笑)。


騎士道大原則のパロネタを書こうと思ってて
すっかり忘れちゃったのよ!凄い後悔してる!
凄いどうでもいいことなんだけど、凄い後悔してる!w


>しかしトカッチへアドバイスはナイスでした。
 彼は「落ち着けば」大体のことはできる子ですからね。


落ち着ければ出来る子ですもんね。
秘めるポテンシャルは相当のもんやで。イケメンやで。


>かつて追加戦士扱いで、ニンジャマンやシグナルマン、
 ズバーンにゴセイナイト等が参戦した例もありますし、いけるかも(笑)。


なるほど…いわゆるイロモノ枠ですね!(超失礼)


>カッチカチのトカッチボール!


技名これで決まりじゃね?w


>はだかの王様はマントを脱いでましたが、ちゃんと絵本の中に
 マント諸共戻ったようで安心です……
 きびだんごはライトの腹の中でしょうが(笑)。


ライトは結局、きびだんご食べたのかな?
おとぎ話世界の食べ物を食べられるって結構憧れちゃうね。超美味そう。


>トッキュウジャーをさっさと取り込まない理由付けになっているのが巧いですね。


この辺の作りは、ホント巧みですよね。
ラスボスが呑気にしてる理由づけがあるってのはイイカンジ。


>やはり虹は明を笑顔にさせます……と同時に
 二人の良い雰囲気もぶっ壊せた安堵もありますか(笑)
 ……トッキュウ3号の雑な扱いからして、本命はトカッチですね(腐)。


そっちか…明の狙いはそっちだったか…。
超トッキュウ三角関係キタでコレ…。


>再調整して、性能を落とす代わりに、
 制限時間を取っ払うことに成功しております
 (いわゆる追加戦士弱体化の理由づけ)。


おぉー、これまた上手い設定ですね。
こういうのを知ると歴史を感じてグッときちゃいますわ。グラッツェ!





>>かぐやさん



かぐやさん、こんばんは。コメントサンキュー。


>もし人魚姫が実体化されたら、男性陣の誰かが
 お姫様抱っこで逃げてたのかな。それ見たかったかも。


やさぐれた人魚姫が出てくるわけだから
もしかしたら、半魚人風の奴が出てくるかも。生臭い奴。


>あいかわらずのゼット様、やっぱり一度ののしられたい・・・。(爆)


かぐやさんがキラキラしておる…!


>明くんのロボ内、冷蔵庫があったり洗濯物中干ししてたり生活臭あり過ぎ。
 あまり視聴者の夢を壊さないで・・・。


あれ絶対あそこに住んでますよねw
ホワイトボードには引っ張る紐の説明とか書いてある親切さ。


>次回は、全員ヌードというお色気展開ですが、私のような人種は
 男性陣の裸より「服を着ていても抱きついたりじゃれあったり」
 っていう方が嬉しいんすよう・・・。


なるほど…奥が深いものだな。キラキラ道と言うものは…。
私は男子も女子も脱いでくれたらキュンキュンしちゃうぜw





>>百日紅さん



あの出番でインパクトを残すジョン・カミナリさんは素敵よねw
本人も楽しそうで何よりでした。


>トカッチのお兄さんちょいちょい出てくるけど、
 今のトカッチより若いってとこにやっぱり意味があるんでしょうかね


シャドータウンの人々は時が止まるってのもポイントかも。
昴ヶ浜が闇に飲まれていたとすると、みんな顔の姿のままなんだよね…。


>トカッチとミオってなんで急にああいう描写入れるようになったん?


実は、わりと前からあったりするんですよね。
私の目には、ヒカリとカグラのフラグも見える。





>>グリッタちゃん不足確定のKRさん



>グリッタちゃんに感謝しないとね!


ホントですよ。グリッタちゃんが守ってくれなかったら
クライナーごと爆散してたことは間違いないもんね。

グリッタ嬢に感謝しつつ、早く助けに行くのだシュバルツ。


>とりあえず、今は鏡に映るグリッタちゃんの幻影で
 乙女成分を補充しつつ、復活を祈るしかありますまい


何気にほぼ毎回、鑑の中で出てくるグリッタちゃんに
乙女のサービス精神を感じてグッとくるぜ。

これは復活するのも時間の問題と言えよう。(真顔)





管理者のみに表示

トラックバック