ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダー鎧武/ガイム感想 第41話

2014.08.23 (Sat)

第41話 「激突!オーバーロードの王」




「さらわれた人々、そして舞を助ける為、ユグドラシルタワーに突入した紘汰たち。
その途中、紘汰はオーバーロード・レデュエが見せる幻影に囚われる。
それを破り、さらなる決意を固め、紘汰は自分の運命へと踏み出した!」




紘汰さんの花(#41




紘汰の足元に生えたヘルヘイムの植物の中に一輪だけ咲く花。
絶望の運命に突き進みつつも、希望を感じさせる演出にグッときちゃう。第41話。





光実
「お前たちに舞さんは渡さない!
舞さんは世界で唯一、価値のある人間なんだ。
彼女だけは、絶対に救わなくちゃいけないんだ!!」


戒斗
「笑わせるな!あの女は強い。貴様の救いなど必要としない!」


光実
「僕だけが舞さんを幸せにできる。お前たちじゃない!」


戒斗
「幸せにするだと?心にもない事を!
貴様は、ただ人形が欲しいだけだろう!!」
「貴様は結局、誰も愛してなどいない!」


光実
「黙れ!!うるさい!クズが!!」


プロフェッサー凌馬
「ビートライダーズ諸君、高司舞君の居場所が判明したよ。」
「どうやら、彼女はヘルヘイムに連れ去られたようだ。
だけど気をつけたまえ。森にはロシュオというオーバーロードがいる。
おそらくそいつが王様だ。」






生身で殴り合い対決(#41)





「本日もユグドラシルタワーにお越しいただきまして誠にありがとうございます。
ご来塔中のお客様に迷子のお知らせをいたします。
沢芽市からお越しの高司舞ちゃんがヘルヘイムの森でお連れ様をお待ちです。
お心当たりの方はヘルヘイムの森・ロシュオ城までお越しくださいませ。」



プロフェッサーからの業務連絡キタ!!

なんというネタバレ放送。
直前(前回)にミッチが、戒斗さんに対して
「舞さんを取り戻しに来たんだろ?でも残念。あの人はここにはいないよ。」
と、ドヤ顔で言い放ったというのに、まさかの即バレですよ。
これがマスターインテリジェントシステムの力か…!

ユグドラシルタワーに捕らえられている人々の解放と
舞ちゃんの救出が紘汰達の目的だったと思うんだけど
協力者として同伴してきたプロフェッサーは
これで一応の筋は通したことになるのかな。
まだ、色々と企んでいる様ですが、思っていたよりはまともに動いてくれたかも。


一方、お互いに変身解除されてからの生身の殴り合いが熱かった戒斗VSミッチ。
なんか舞ちゃんを奪いあって殴り合う2人ってカンジになっててちょっと吹いたw

…あの場に舞ちゃんがいたら
「お願い!私のために争わないで!!」って、確実に言えたね。
乙女が言ってみたいセリフ殿堂入りの必殺の一言を言えたね。

しかし、ここで戒斗さんの口から「愛」という言葉が飛び出す事になるとは…。
聞いてるこっちの頬が赤くなっちゃうオブスピアーである。





城乃内
「隙アリィッ!」






ドタマかち割っちゃる(#41)





うおっ!危ねっ!!




変身解除された生身のミッチに襲い掛かるグリドンの一撃!!
生身の人間の頭部をめがけて攻撃を仕掛けてくるとか
さすが自称策士(笑)の城乃内さん、彼の辞書に「容赦」の二文字はないのだ。

普通のトンカチでも致命傷でしょうに
アーマードライダーの専用武装であるドンカチで襲い掛かるとか
完全に殺りにいってますよねコレw
微塵も躊躇を感じさせない豪快かつワイルドな振り抜きっぷりにシビれるわぁ~。


さすがの暗黒ミッチも、ドンカチで殴られたら
頭部のジンバーメロンがスパーキングすることは間違いなしであり
危うくミッチの野望が城乃内くんに阻止される所であったと言えよう。





凰蓮
「ワテクシもいるわよ!ニセモノ坊や。」


戒斗
「お前たち…生きてたのか。」


城乃内
「当たり前だろ!あんな所でくたばれるかよ。」






生きてたシャルモン(#41)





お前たち、生きていたのか!(驚愕)




戒斗さんがサラッと酷いことを言っているようなw
すでに死んでいると思っていたと言うことなのかい戒斗さん!?

確かに、あれだけ大量の数のインベス相手に
たった二人で立ち向かったチームシャルモンからは
これ以上ないくらいの死臭が漂っていましたが
もうちょっと信じてあげても良かったのよ…!


まぁ、私も少なくとも城乃内くんは瀕死の状態くらいまで
追い込まれるかと思ってましたけど。
凰蓮さんが割れたメガネを持ってくるもんだと思ってましたけど。

2人とも元気満々で駆けつけてくるからビックリしましたよ。
やるじゃんメガネやるじゃん。






戒斗
「葛葉ァッ!」


紘汰
「戒斗!」


戒斗
「人質はみんな助けた、安心しろ。残るは…。」


紘汰
「あぁ!早く舞を助けないと!」


戒斗
「葛葉ァアッ!!」


紘汰
「何だよ!?」


紘汰
「貴様、覚悟を決めたようだな。」






葛葉ァッ!(#41)

良い顔になったわね(#41)





見ただけで分かるというのか戒斗ーーー!?




さすが強者の眼力を持つ、ザ・強者の戒斗さん。
紘汰が自分自身の身すら顧みない覚悟を決めたことを
一目見ただけで見抜くとは恐るべし強者である。

駆紋戒斗先生は強者評論家でありながら、覚悟鑑定士でもあらせられるからね。
彼の鑑定眼にかかれば、一瞬で看破することなど造作もなき事なのだ。


しかし、この切羽詰まった状況で
何度も呼び止めてまで言う事なのか戒斗さんw
どんだけ紘汰さんの事を真剣に考えているんだ…
まったく心配性な強者さんだぜ。





光実
「この…舐めやがって…!」


凰蓮
「そろそろ潮時ね。ずらかるわよ!」


城乃内
「はい!」


凰蓮
「キャ・キャ・キャ・キャーッチ!大丈夫?坊や、大丈夫?」






シャルモンコンビネーション(#41)





城乃内秀保 (武器)




なんというコンビネーション。
そうか…城乃内は敵に投げつけるものだったのか…。
自分で投げつけておいて、心配しちゃう凰蓮さんがフリーダムw


驚愕の合体技を披露した凰蓮&城乃内。
殺伐とした空気が張り詰める展開の中に吹き抜ける一陣の癒しの風…
それがチームシャルモンの2人なんだよね!

彼らの存在自体がストーリーの暗い流れを上手く中和してくれている。
そんな気がしない気がしなくもないかも知れない。(?)


そして脱兎の如く即撤収。この引き際の良さである。
相手との力量の差と戦況を見極めて、隙をついて迅速に撤退する…
さすが凰蓮さんプロフェッショナルな立ち振る舞いと言えよう。

ここは時間さえ稼げればいいわけで、別に勝つ必要はないからね。
敵対者をボコるまで殴るのをやめないタイプの多いキャラクター達の中で
冷静に行動できる凰蓮さんは貴重な存在なのです。

大量のインベス相手に生き延びてこれたのも
凰蓮さんの指示があってこそだった予感。
きっと、城乃内くんを武器にしてブラーボ無双を繰り広げたに違いないのだわ!


チームシャルモンの2人がかりを物ともせずにボコにするミッチが強いですね。
普通にクズ呼ばわりしてたし、本当に振り切ってんのね彼。
階段でのバトルってのもちょっと新鮮でした。
格上のミッチが上、チームシャルモンが下と言う構図が分かりやすくてナイス。


光実
「その階段を二段おりろ
命だけは助けてやろう。尻尾を巻いて逃げかえるがいい。」
「逆に死にたければ…………足をあげて階段を登れ。」


意外ッ!ドングリが飛んできたッ!






舞ちゃん
「みんなを救おうとしたあなただから…
そんな理想を信じたあなただから…奥さんは全てを託したんでしょう?」


ロシュオ
「お前も同じ事を言うのか?…見届ける役目は、お前に託そう。
元の世界に帰るがよい。」
「去れ。私はフェムシンムの長として、最後の責務を果たす。」


レデュエ
「あの女をロシュオに預けて、私を出し抜いたつもりか?
お前、意外と間抜けだね。」
「考えてもみなよ。ロシュオが本当にあの女の事を気に入ったなら
お前みたいな危ない奴のそばに置いておく訳ないだろう?」


光実
「そんな…。」


貴虎・幻
「誰もがお前の思惑通りに動くとでも思ったか?」
「お前の事など、誰も信頼していない。
本当に価値がない人間は…光実、お前1人だけだ。」


光実
「どうして…!どいつもこいつも!ふざけるな!…舞さん!!」






舞ちゃんボッシュート(#41)





黄金の果実を埋め込まれてポイされる舞ちゃん…。
ロシュオの所が一番安全とか思っていたミッチとは一体…。
安全どころじゃねーっすよ。お土産に黄金の果実を持たされて
インベスだらけの沢芽市に強制送還ですよ。お帰りはあちらですよ。


暇だったので、舞ちゃん相手に昔話をした結果
まんまと黄金の果実をあげちゃうロシュオお爺ちゃん。
嫁さんの面影がチラチラしちゃってもうダメだった。
黄金の果実をあげるしかなかった。
可愛い孫娘にお小遣いをあげるお爺ちゃんのノリであげるしかなかった。
そういうことですか?違いますか。そうですか。


舞ちゃんが、ロシュオの元に来たのはこの為だったのね…。
王妃復活の為の器にされると予想していただけに
黄金の果実を埋め込まれて放置されるとは思ってもいませんでしたわ。
キーアイテムをゲットで、一気にヒロイン力が高まりましたね舞ちゃんさん!


考え抜いた策略が全然上手くいかない事に定評がある呉島光実氏。
今回も、舞ちゃんの居場所はバラされるわ、凰蓮&城乃内に邪魔されるわ
知らない間に舞ちゃんを無断返却されるわ、レデュエには小バカにされるわ
貴虎兄さんは煽ってくるわで、もうボロボロである。
肉体的ダメージは無さそうですが、精神的にはフルボッコである。

他人を出し抜いて操ると言うこと自体が、ミッチに向いてないのかも…。
どちらかというと自分で動いた時の方が成功率が高い気がするわ。
まだしも貴虎兄さんの方が人望はあったかな。
幻とは言え、今回も貴虎兄さんの出番があって嬉しかったのであったw
…本体のボディ虎兄さんは、まだ海の底なのかしら?
そろそろ浮かんでこないと、お魚さんに喰べられちゃうゾ!






ロシュオ
「来たか…黄金の果実を求める者よ。」


戒斗
「貴様がロシュオか。」


ロシュオ
「いかにも。お前たちが、オーバーロードと呼ぶものの王だ。」


紘汰
「舞をどこへやった?」


ロシュオ
「案ずるな。すでに元の世界へ戻した。だが…お前たちは、ただでは帰さん。」


紘汰
「あれが…!」


戒斗
「黄金の…果実…!」


ロシュオ
「然り。お前たちがこれを求める以上、戦いは避けられぬ。
見極めてやろう…かかって来るがいい!」






後はロシュオを倒すだけ(#41)





「よく来たな、葛葉紘汰…待っていたぞ…
葛葉紘汰よ…戦う前に一つ言っておくことがある
お前は私が『「黄金の果実』を持っていると思っているようだが
実はもう持っていない。」


「な、何だって!?」


「そしてお前の舞ちゃんは
黄金の果実を渡してクラックから人間界へ返しておいた。
あとは私を倒すだけだなクックック…」


「フ…上等だ…オレも一ついっておくことがある。
このオレの姉ちゃんが捕らわれている気がしていたが
戒斗がなんとかしてくれたぜ!」


「そうか」


「ウオオオいくぞオオオ!」


「さあ来い紘汰!」




コウタの勇気が世界を救うと信じて…!ご視聴ありがとうございました!

このまま最終回に突入してもおかしくない程の疾走感を感じるw
状況を整理しておいてくれた上に、しっかりと説明してくれるとか
さすがフェムシンムの王・ロシュオさん。器がデカい。

紘汰達からすると、とりあえずはロシュオを倒して
黄金の果実をゲットすればOKという状態であり、まさにラストバトル。
オーラ全開で空中浮遊とかしちゃうロシュオさんのラスボスオーラが半端ない。


とは言え、本質的にはそう簡単に行くものではないわけで…
ロシュオからすると、黄金の果実の片鱗を持つ人間である
葛葉紘汰の決意と覚悟を見極めるためのステージなんですよね。
彼からすると、戒斗さんはオマケかな。





プロフェッサー凌馬
「いいぞ…さぁ、見せてくれ。黄金の果実を持つ者の力を!」






スケスケだぜ!(#41)





どこに行ったかと思ったら、普通に覗き見してたプロフェッサー。
インビジブルしたまま、紘汰達をつけてきてたのかしら。

最終目的は黄金の果実の奪取なのか、データ収集なのか…
ここまで来ておいて、ロシュオに手を出さない所が微妙なカンジ。






ロシュオ
「どうした、この程度か?」
「お前たちが何の覚悟もなく、私の前に立ったのだとしたら
死をもって償うより他ない。お前たちは黄金の果実に値しない。」


紘汰
「これは!?」


戒斗
「命をつくりだしたのか!」


ロシュオ
「そうだ、これが黄金の果実。世界を思うがままに創り変える神の力だ。
これほどまでに強大な力を背負う覚悟が、本当にお前にはあるのか?」






強いよロシュオさん(#41)





ぅゎ ロシュオ さんっょぃ。




やばいロシュオさん鬼強い。
サイコキネシスを浴びせられるだけでも近づくことが困難になるのに
スーパーサイヤ人みたいな黄金のオーラを出されたら
もはや動くことすら難しくなるというね。

瞬間移動からの大剣の一撃、そしてさらに瞬間移動とかもうチート級。
火縄大橙DJ銃とソニックアローレモンエナジーの同時攻撃もバリアで防御。
傷一つつかないどころか、一歩も動かず戒斗のライダーキックを弾き飛ばすわ
なんとか斬りつけても一瞬で回復しちゃうしで泣けてくる。
紘汰&戒斗のコンビが手も足も出ずにフルボッコ。


念動力、瞬間移動、超回復、ヘルヘイムの植物操作、インベスを生み出す力
加えて、ミサイルを消し去った時に使った物質転移能力まで持ってる。
あまりの隙のなさに、まったく勝ち目が見えないので
どうやって勝つんだろうと思ったら、普通に勝てないというまさかのオチ。
現実は非常である。


黄金の果実の力でインベスは生み出せるけど
王妃の命は蘇らせることは出来ない…。
新たに生命を作り出せる力であっても
失われた命を取り戻すことは出来ないというのは
様々な作品でも同じように扱われている真理よね。
現実は非常である。





戒斗
「黄金の果実…世界を創り変える力!
あの力さえあれば、俺は…!!」






果実欲しい(#41)





戒斗が黄金の果実に対しての執着を見せたのがちょっと意外。
ここに来るまでは、紘汰や舞ちゃんの心配ばかりしていたように見えたので。

ロシュオの圧倒的な力と、それに比肩する紘汰の力。
双方の力を目の当たりにして、強者としてのソウルが燃え上がったのだろうか。

腕の傷もギリギリな状態になっている様ですし
自分自身に残された時間が無いという事も影響しているのかも。





ロシュオ
「フフフ…どうした?黄金の果実を手に入れ人類を救うのではないのか?
哀れよな…だが、もう苦しまずとも良い。
お前を黄金の果実の呪いから解き放ってやる。永遠にな!!」


紘汰
「俺は…!俺は誓ったんだ。後悔なんてしないって!」
「俺が、みんなを守るんだ!」






黄金の果実はここデース(#41)

ズェッテー守る(#41)





極みアームズの力に頼れば、人間では無くなる。
それでも構わないと決意を固めた紘汰の誓いが熱い。

ロシュオが持つ黄金の果実に向かって
無双セイバーを掲げる鎧武のカッコ良さが光る。






ロシュオ
「葛葉紘汰よ。確かに見届けたぞ、お前の覚悟を…。」


レデュエ
「ハハハハハハ!油断めされましたな、王よ。」
「この瞬間を、ずっと待ち焦がれていた。
黄金の果実…世界の全てを弄ぶ力が私の物に…!
な、何だこれは?本物はどこへやった!?」


ロシュオ
「我らフェムシンムは、役目を終えた…。」


レデュエ
「言え!どこに隠した!?」


ロシュオ
「愛する者よ…これで私もお前の元に…。」


レデュエ
「ふざけるな!おのれ…おのれ!!
もう少しで、黄金の果実が手に入るはずだったのに…!」






思てたんと違う(#41)





思てたんと違うー!!




なんかシワッシワのやーつが出てきたコレ!
レデュエが奪おうとしていたのは、地球の為の黄金の果実だったはずであり
それは、すでに舞ちゃんさんの体の中。
ロシュオさんから出てきたのは、黄金どころか枯れ果てた果実なのでした。

本来ロシュオが所有する黄金の果実は、すでに彼と同化していると思うので
このロシュオの体内から腐りかけのアッポゥ的なモノはフェイクかな?
もしくは、ロシュオが使っていた黄金の果実の成れの果てなのか…。

フェムシンムの王たるロシュオ本人が
すでにフェムシンムという種の存在の未来を悲観視してたもんなぁ。
黄金の果実さんが光を失ってもおかしくはあるまい。


それにしても、あれだけの強さを誇っていたロシュオが
レデュエ如きの一撃でやられてしまうとは…。
背後からの不意打ちだったとはいえ、ちょいとガッカリ。

普通の通常攻撃に対しては超回復が発動するけど
同じフェムシンムであるオーバーロードからの攻撃は
効果は抜群だったという事かしら。
カチドキアームズの攻撃は通用しなかったけど
極アームズの攻撃なら通ったのかも知れぬ。

紘汰さんも黄金の果実の欠片でオーバーロード化してるけど
まだオバロパワーが足りなかったんですねきっと。たぶん。


余談ではあるが、レデュエに背後から黄金の果実を抜き取られたロシュオの姿が
なんだかカッパに尻子玉を抜かれたみたいなカンジ見えちゃって激しくイヤン!






紘汰
「レデュエ!お前みたいな奴は、ここで俺がぶっ潰す!!」


レデュエ
「くたばり損ないめ!今のお前に何が出来るって言うんだ!」


紘汰
「変…身…ッ!!」


レデュエ
「何だ…?その力は…!?」


戒斗
「葛葉…貴様、もうオーバーロードに…?」


レデュエ
「私が…滅びるだと…!?」






紘汰さん絶許モード(#41)





レデュエさん散ったーーー!??




ロシュオだけではなく、レデュエまで退場…だと…!?
早いよ早い、超早い。とんでもないスピーディーな展開で
オーバーロードの二大巨頭が揃ってリタイアですよ。
ミッチにトドメを刺すのはレデュエの役割だと思っていたのに…!


不意打ちでロシュオを倒したものの、黄金の果実が手に入らず逆上。
グッタリとしているロシュオを滅多刺しにするレデュエがエグイ。

殴るだけでは飽き足らず、槍でザックザック刺しまくるもんだから
ロシュオの体液が飛び散り、四肢が分断されるくらいのスプラッタ映像が
日曜朝のお茶の間に飛び込んでくるのかと心配しましたが
ニチアサ的に考慮されていたようで良かった良かった。


絶対に許さないモードに入った紘汰さんの猛攻でレデュエも退場。
目を真っ赤に光らせて、破壊されたカチドキロックシードを一瞬で修復。
DJサガラが作り出したカチドキロックシード
あの時もDJサガラの人間ではない感にゾクゾクしたものですが
それと同じことが出来るようになってしまった紘汰に漂う悲壮感。

そして、決意の極アームズに変身する紘汰のバックに流れる
『極Escalation』がシビれるくらいに超カッコイイ。

「俺達が最強の力 手に入れたとして
その後に この目には どんな世界映るのだろう」

紘汰と戒斗のデュエット曲なのですが歌詞も含めてイイカンジよね。


レデュエの操った植物を逆に操り返したり
格の違いを見せ付ける紘汰さんパナイ。
ロシュオの大剣を使って攻撃したのはグッときました。
紘汰にも色々と思う所があったんだろうとジーンと来ちゃうね。


ロシュオの大剣を使ったのは、極アームズの特性としても悪くない気がする。
レデュエの槍とか、デェムシュの剣とか
オーバーロードの武器も召喚しちゃっても良いかも知れんね。






DJサガラ
「これで、フェムシンムは1人残らず滅びちまったなぁ。
結局、お前の犠牲が無駄になったわけだ。」


王妃
「仕方ないわ…私もこの人も、出来る限りの事はやったもの。」


DJサガラ
「そうか。じゃぁ、これで本当にお別れだな。王妃様。」


王妃
「あの子たちを、人類をどうするつもり?」


DJサガラ
「そいつを決めるのは俺じゃない。あいつら自身だ。」


王妃
「せめて…祈りましょう。
あの子たちが、私達フェムシンムとは違う未来に辿り着ける事を。」
「ロシュオ…これからはずっと一緒よ…。」






フェムシンム王妃様(#41)





おぉ…舞ちゃんとは似ても似つかない御姿だったですね王妃様…。
とは言え、始まりの女と同じく左目だけ赤いのが意味深ではある。


ここで王妃が出てきたのは、レデュエの生命力吸い取りマシンの効果なのかな?
DJサガラと会話してたけど、霊的存在ではないと言い切れないのがもどかしい。
どちらにせよ、一目だけでもロシュオと合わせてやりたかったな。

ロシュオお爺ちゃんってば、人間を見極めるために色々してただけで
オーバーロードの中では唯一まともな人だったような気もしますしね。


ロシュオが討たれ、レデュエも散り、王妃も消える。
これにて、フェムシンムは全滅らしい。マジでか。種族滅びたんか。
インベスとかもいなくなっちゃったのかな?
少なくとも知性のあるオーバーロードは全滅しちゃったわけで
どちらにせよ滅びの道へとまっしぐらなわけですが。


フェムシンム全滅!
ヘルヘイムの森の侵略を、黄金の果実の力で
体を改造して乗り越えたオーバーロード達。
彼らの姿は、おそらく貴虎兄さんが描いた未来
プロジェクト・アークが実行された世界の末路のビジョンなのだと思う。

一握りの存在だけが生き残ったところで、時が経てば争いが起こり
新たな世界を巻き込んで崩壊への道をたどるという運命なのでしょう。

最後にロシュオは自分の妃を蘇らせるために行動していましたが
未婚である貴虎兄さんに、劇場版では病床に伏せる嫁がいるのが胸熱である。

ロシュオの持つ黄金の果実を狙って、虎視眈々と時を待っていたレデュエは
ミッチとプロフェッサーを足して二で割って、闇に浸した感じのキャラでしたがw

ロシュオの傍で消え去る王妃のシーンで、ひっそりと咲く一輪の花は
冒頭の紘汰さんの足元で最多花都の対比なのか・も。


フェムシンムがここで全滅とか
これからのクライマックスはどう展開していくのかしら…。
真の敵は、人間なのか。そもそもの元凶である、ヘルヘイムの森なのか。
それともDJサガラの理由のない悪意なのか…!





チャッキー
「舞!?舞、大丈夫!?」


舞ちゃん
「大丈夫…何ともないよ…。」






舞ちゃんレッドアイ(#41)





なんともあるじゃないですかー!やだー!!




目ぇ赤くなっちゃってるじゃないですか。
黄金の果実を捻じ込まれて、早くも人間じゃ無くなりかけてるじゃないですか。
ロシュオさん何してくれてんのマジで…。

黄金の果実の一片を使っているだけの紘汰でさえ
オーバーロード化が止まらないのに
丸ごとINされちゃった舞ちゃんの進化スピードが尋常じゃない事に。
このまま黄金の果実と同化してしまうのだろうか?


…なるほど、つまり次回からは黄金の果実争奪戦ではなく
舞ちゃん争奪戦へとシフトチェンジしていくと言うわけですね。

舞ちゃんが真のヒロインとして開花する時がついにくるって事か…!
「お願い!私のために争わないでー!!」っつって。




コメント

No title
ロシュオ様の最期は・・・禁断の果実を舞ちゃんに渡しちゃったんで、パワーダウンしていったんじゃないでしょうか・・・だからレデュエに致命傷負わされたと
それでも、インべスの命を作り出すところは、流石は王といったところか

ところで、唐突に現れた王妃様の人は、吉田メタルの奥さん『岩崎ひろみ』さんだそうで
No title
脳筋だったり破壊観望しかなかったりいろいろあれな人(?)ばかりで「そらこいつらの世界滅ぶわぁ」っておもえるオバロの皆さんでしたがロシュオさんは最後まで威厳があって人格者だったイメージ。(最後にとんでもないもん普通の女子のにパスしやがったけど)怪人キャラとしては味方に近いけど味方ではないまさに「王」にふさわしいキャラでしたねぇ死ぬ時でも嫁さんの事しかないとか凄すぎやぁ。

これでフェムシンムオーバーロードが全滅してついにオーバーロードがコウタだけに・・・・・!いや、マイちゃんもかな?てっきりレデュエ辺りが暴走してラスボスかと思ったらよく考えたら仮面ライダー鎧武で起きていた事はははじめからあくまで人間同士での力の奪い合いなんですよねぇダンスバトルしかりユグドラシルしかり

フェンシルムはあくまで黄金の果実を用意するための舞台装置だったんですねぇ。世界に危機を救えてそしてほぼ思いのままにできるその強大な力をコウタ達が競いあうのでしょうか?これは目が離せませんぜぇ・・・!

ミッチー死亡フラグ満載だけどミッチー・・・おまえ死ぬのか・・・・?

最後の最後で龍玄再登場!キウイヘッドとカラーチャンジだけでもキウイがほんと空気(泣)だったから意外と新鮮にみえる不思議。
禁断の果実を取り込んでしまったマイを救うために命を駆けるミッチの行く末一体はどうなるのか・・・・

しかしニーサン復活予想してたけどミッチ死亡回で出ないと本当に死亡が濃厚になりそうですよねぇ
ニーサンの死亡確定も次回決まりそうなのが裏の見所か・も
支配者のいなくなった森
このままの流れだと、第一話の冒頭みたいに舞争奪戦が起きるんでしょうか。
それによって、アーマードライダー全滅。
黄金の果実でも死者蘇生はできないので、舞は過去に移動。
黄金の果実を埋め込まれないよう、昔の自分を沢芽市から引き離そうとした。

こんな感じでしょうか?
「私のために争わないで!」ということは、ラミレスは優子さんとはまた別の後継者を得ることになるのか……!
正直な話、「冬の映画もあるし、主人公もそこまで酷い状況にならんだろ(笑)。」と高を括ってましたが、ここまでくると、どうなってしまうんだろうとヒヤヒヤしますね。結構話数も残ってますし、片付けなければならない事項を考えると、一話くらい新しい仮面ライダーへのバトンタッチ回に使ってくれるとなると、まだ希望も持てるのですが、果たして……。
まぁこうやって一喜一憂できるのも、リアルタイム視聴の良いところです。第二期だと、絶望的だったフィリップや映司,賢吾達も帰ってこれましたし、信じましょうか。

>大地に咲く一輪の花!
不安になる「ハナガサイタヨ」的なのではなく、希望が持てる「咲いて」みたいな展開になれば良いですね。

>すでに死んでいると思っていたと言うことなのかい戒斗さん!?
先に行く時やプロフェッサーを殴った時の様子からして、「仲間の死」を覚悟していた感じでしたね(笑)。いや、ヨルさん達と同じく自分もあそこまで元気だとは思ってませんでしたが(笑)。
思えば、「この戦いが終わったら…。」的なセリフは言ってませんでしたね(笑)。
斬月・偽戦でも余力がありましたし、もしや先輩ライダー達が何人か駆けつけてくれたのか……。それと仰るように、あの手慣れた感じからして、前にみたいにグリドンの坊やを武器にしたのでしょうね(笑)。

>まったく心配性な強者さんだぜ。
下手すりゃ舞より心配してますからね(笑)。でも自分よりも紘汰が次のステージに行ってると知ったら、滅茶苦茶嫉妬するのですから、強者心は難しいものです。

>殺伐とした空気が張り詰める展開の中に吹き抜ける一陣の癒しの風
これが「パティシエ」なんですね(違う

>そんな気がしない気がしなくもないかも知れない。
要は「一服の清涼剤」と言ってるんじゃあねーか!

>城乃内 死なず
ただし、白目はむいてそうです。

>価値の無い人間はお前だけ
幻影貴虎兄さんは、やはり光実の本当に最後の良心か……ミッチ時代は少しだけ自己肯定力が低かった感じですし、残酷な運命に流され続けて変な方向に振り切れたのでしょうが、自分でも止められない現状で、あのままドンカチくらって頭をスパーキングしなかったことは幸か不幸か…。

>世界を思うがままに創り変える神の力
そんな力を持ってしてもままならぬことが多かったようで、そりゃ絶望しますわね……と言いますか、種をばら撒く媒体のインベスを生み出した辺り、ヘルヘイムの森の力自体を超える芸当はできないということですか。
それはそれとして、ロシュオさん、やっぱりつぶらな瞳ですね。

>葛葉 紘汰、覚悟のススメ
知恵の実の力の一端のみで、実の恩恵を受けているロシュオを一瞬でも怯ませたのですから、大したものですよね。
この後は、ネタばらしをして、「これには流石の勇者達も苦笑い」…な光景が待っていたのかもしれませんが、現実は常に非情です。

>One bad apple spoils the barrel(ひとつの腐ったリンゴが樽全体をダメにする)
腐ったリンゴ理論からして、あの元凶の残骸……ということではなく、仰るとおり、フェムシンムサイドの知恵の実かもしれませんね。連中の末路に相応しい感じです。

>ロシュオの最期
ロシュオが連中を改造したことからして「オーバーロードからの攻撃は有効」も確かにあるかもしれませんし、 さんが仰るようにパワーダウンもありそうですね。覚悟完了な二人との戦いで意外と消耗していたというのもありそうです。

>レデュエの最期
光実と同じく色々と溜まってたのでしょうね、彼女も。ロシュオを滅多刺しにしている様は、「欲しいおもちゃが手に入らずに、暴れる子ども」みたいでした。現実だと、2年くらい前、外国で、欲しいゲームを買ってもらえず、親を射殺した四歳児が話題になってましたが、レアケースだと思いたいです(苦笑)。
最期は、「王」である紘汰を「オモチャ」と見誤って、ぶった斬られた末に消し炭にされてましたが、少しスカッシュ…じゃなくてスカッとしました。朧月夜さんが仰ったとおり、この辺りの紘汰の気迫は佐野氏の演技もあって凄かったです。

>圧倒的ニチアサ配慮
そう言えば、「特撮番組等のテレビ番組はフィルターがかかっている」という話がありましたね。血飛沫は火花に置き換えられたり、刑事さん達が当初怯えていたようにクウガも実は他の未確認生命体と変わらないエグさがあるとかアギトとアナザーアギトは本当に同じ容姿をしている…とか。

>戒斗{俺は、このままじゃ、ただの雑魚(BUZAMA)だッ!}
幻影中村選手「BUZAMAだな、駆紋 戒斗。本当の強者を教えてやろうか?」
傷を乗り越えて、彼もオーバーロードになりそうな勢いであります。

>フェムシンムの王妃
ロシュオの嫁ですし、ロシュグランシュとかミジョブリョとか?
それはそれとして、サガラとの会話からして、実はロシュオの側にずっといたのでしょうね。エネルギーの影響で実体化はしていたみたいですが、最期にロシュオを迎えることができたのが唯一の救いか……あの少年にもよろしく言っといてください。

>フェムシンムのちょっとしたこと
連中も元は人間とほぼ変わらなかったみたいですが、回想シーンでの若き日のロシュオは怪人然としてましたので、あれは鎧だったということですか。
ついでに言うと、オーバーロード達は当初独特の言語を用いてましたが、最期の言葉辺りからしてすっかり日本語が定着してましたね。レデュエが「カンたンスぎル」と言っていたとおり、使いやすかったのでしょうか(笑)。

>フェムシンム全滅!
初級,上級インベスはともかく「オーバーロードインベス」とカテゴライズされていた連中は映画やショー展開も含めてこれで全員退場ということですか。共通の敵撃破ということで、数名ほど除いて何とかまとまっていたアーマードライダー達にどんな変化がおきるのやら……「人類にとってのもう一つの未来」だった彼らとの接触で、かなり大きな軋轢も生じましたが、王妃も願うように、それだけではなかったと信じたいものです。
追記1:ザワメシティ防衛戦線の時間軸であるショー展開だと、主に初級インベスをベースとしたフェムシンム達との戦いもありました。その中の一体フェムシンムのパティシエ(ヘルヘイムの実でお菓子を作ってました)・ガトーは、ブラーボの「新たな良きライバルになりそう」という想いを汲んだバロンの一撃で「吹っ飛ばされる」だけですんだはずですが、あのバナナスカッシュでくたばったということか、それともブラーボとグリドンがインベスの群れを相手に奮戦していた時に何かドラマがあったのか…。
ちなみに「初級インベス」と記してますが、ショーに出てくるタイプの初級インベスは、動きやすさを重視して、黒タイツに初級インベス風のマスク,メイル,ブレス等をつけたまさに「インベスアームズ」とも言えるアーマードライダーもどきでして、MCのお姉さん達からも「鎧のインベス」と呼ばれたりします。

>ロシュオさん何してくれてんのマジで…。
ロシュオ{あっ、そう言えば、知恵の実の封印、過程を一つうっかり飛ばしてしまったな……まぁ、後は葛葉 紘汰が何とかしてくれるだろう(キリッ)。}
ロシュオが掴んだはずの果実を、王妃が授ける様なシーンが前から気になっていたのですが、「はじまりの女」の名称や舞と王妃のオッドアイ、王妃の犠牲、武神鎧武が運命の巫女を求めたこと等からして、もしかして知恵の実(タネ)は女のナカにぶち込まなきゃいけないということですか(下品ですまぬ!

>次回
かつてプロフェッサーが見せてくれたイラストのような禍々しさを、光実の新しいアームズから感じましたが、まさか……!
soyさんが「ある種族以外が足を踏み入れると人外の存在になってしまう禁断の森」絡みでゼ○ダの伝説 時のオ○○ナネタを、ロペリドさんが「無限ループって怖くね?」ネタを使われていたとおり、一筋縄ではいきそうにないですね。
No title
メタルさんが出演するころぐらいに岩崎さんがケーキ作ってたんですよね
本編にまだ出てない段階だから、お店に頼めないとかわかりますが自分で作るなんてすごいですね
ttp://ameblo.jp/hiromi-iwasaki/day-20131117.html

ラスボスは誰になるんでしょうかね
戦国さんがっぽい感じもしないでもないですが
三日天下すら維持できなかったレデュエさんに合掌
(レデュエの怯える声)
「ロシュオ様見て頂けましたか?私の存在の重さを」
これらのネタはもう見られないのか……

と、それは置いといて
・城ノ内、まさかの大金星
光実に油断があったのでしょうが、あの斬月・偽に有効打を与えるとは。龍玄に惨敗し、ブラーボに弄ばれ、必殺使っても雑魚インベスすら倒せず、旧斬月には瞬殺され、ついには変身すらさせてもらえなかった頃が嘘のようです。策士(笑)な部分はきっと変わっていないんでしょうが。

>さすが自称策士(笑)の城乃内さん、彼の辞書に「容赦」の二文字はないのだ。
以前にも変身して姉ちゃんに危害を加えようとしてましたね。その時はタライアームズで制裁されましたけど。

>お前、意外と間抜けだね。
>本当に価値がない人間は…光実、お前1人だけだ。
前回は戒斗さんにただのバカ呼ばわりされ、戦闘面では格下のブラーボ、グリドンを取り逃がし、光実株は地の底、バダン帝国まで落ちていくのであった。

覇権フルーツはNEWトラル
裕也さんの案外ドスの利いたフルーツジュース・コールと
後半の爽やかな笑顔が眩しかったり、
サガラをいい加減はっ倒したくなったり、
紘汰が最終覚醒な燃える前回から連続視聴。
夏休みモードが過ぎて体内時計がガタガタな
Soyであります、こんにちは。

◻︎俺達、参上!
・今後の展開次第じゃまだ油断しちゃ
いけないかもだけど一応!
祝!シャルモンコンビ、生還ッ!

師匠の形見のドリノコを両手に、
すっかりハードボイルドになった城乃内君が
助っ人に現れる、とかじゃなくて良かったです、マジで。

・>意外ッ!ドングリが飛んできたッ!

ミッチ「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
『僕は階段を降りながら下っ端ライダー共と話をしてたと
思ったら、いつの間にか でけードングリが
全力で顔面まですっ飛ばされて来た』
(中略)
眼鏡だとか策士(笑)だとか、
そんなチャチなもんじゃあ断じてねぇ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…!」

…そして帰ってきて早々、
こんな感じにミッチすら巻き込んで笑いに走る、
シャルモンコンビが大好きです。
きっとインベス群も城乃内君をジャイアントスイング、
とかして切り抜けたんでしょうね…!(笑)
このテンションで最終回まで生き残ってくれ、
皆の癒し…!

◻︎果実に釣られてみる?
・ヨルさん同様、ここまで紘汰や舞ちゃん、
アーマードライダー一同を引っ張ってきたり、
気遣ったりしてきた事が多かったので、
果実を目にしてうめく、久々の強者志望な戒斗さんに、
私もちょっとびっくりしました。

果実に魅入られすぎて闇堕ち…は、
多分戒斗さんの性格的にいかない気がするので、
終盤に果実(の力の)所有権、兼、
新たな世界の方向性を巡って紘汰と戦う展開の
前フリだったりするんでしょうか?

なんとなくサガラが喜びそうで癪、
かつ舞ちゃんの望む「ドルーパーズで皆で打ち上げ」が
また遠のきそうなハードな展開になってしまうけど、
それはそれで楽しみな気も…。

◻︎こんな答えは聞いてない
・>思てたんと違うー!!

あのレデュエのブチ切れっぷりを、
たった一言でまとめた…だと…⁉︎

この後、怒鳴りながらロシュオを滅多刺しにする
レデュエが超怖かったんですが、
この一言と河童云々(もう、そうとしか見えない…!/笑)で
吹き出してだいぶ癒やされました。ヨルさん流石です。

>早いよ早い、超早い。
とんでもないスピーディーな展開

(大事な時の)展開が早いのが仮面ライダー鎧武!
(某生きてるセーラー服兼モモタロスボイスで)

不意打ちで散ってしまったロシュオはともかく、
レデュエもまさか同じ回でリタイアとは…。
ロシュオの剣でコンボを叩き込まれてから散るのは
燃えましたが、いざいなくなると何だかちょっと
さみしいような…。
とりあえず、ここまでの性悪・暗躍っぷりにある種の敬意を払って…
レデュエ嬢(&中の人の津田さん)、お疲れ様でした。

◻︎あらゆる意味で泣けるで!
・中の人と女優様(中田さんと岩崎さん)含め、
ロシュオ夫妻もここまでの無双&キーパーソンとしての活躍、
お疲れ様でしたー。
…あと色ボケ夫婦とか、バッドエンドの引き金扱いとか、
ここまで好き勝手な評価してすみませんでした(全力土下座)。

夫婦の最期、二人に「会えて良かったですね」と言いたい一方、
すごく切なかったですね…王妃のベールがロシュオの玉座にかかるシーンには
久々に涙腺がゆるゆるに…。

前半でハードな展開楽しみだなー、とか言ったのになんですが、
やっぱりこの夫妻が安心できるような未来やEDに
行ってほしいものですね。

・そして今回の終盤&来週。
紘汰、戒斗さんだけでなく、なんか舞ちゃんにも
人外化(始まりの女さん化が有力?)のフラグが…!
そしてミッチと、多分プロフェッサーが嫌な化学反応を起こしそうな予感、
ならぬ悪寒も…!

レギュラー陣をなおも襲う不吉なフラグに、夫妻とは違う意味で、
一週回って今回も色々泣きそうです。

・それではこのへんで。
夏休みどころか年中体内時計がピンチな
Soyでした。


◼︎にわか三級(仮)様
・>「ある種族以外が足を踏み入れると
人外の存在になってしまう禁断の森」絡み

…このコメントを見てから、
某オカリナの歌を目印に彷徨う森と、
ヘルヘイムの共通点に気づいた、
にぶちんなSoyであります…。
みーんなスタル◯ォス…他、
あの森も色々おっかない森ですよね。
統治者が幼馴染みの可愛い女の子なのはお得ですが(笑)。

…ん?馴染みの女の子が不思議な森の統治者に
なる(かもしれない)ってのも、
割と冗談じゃない共通点でしたね…
お、おそるべしゼ◯伝…(冷や汗)。
No title
結局なにも果たさず何も残せず沢芽市と世界を傷つけるだけ傷つけて逝ったバーローたち
御冥福をお祈りする気にはなれませんがどことなく物悲しい気持ちが残りました
ラストシーンのロシュオの死体が萎びたでっかいスルメイカのように見えたのはナイショです
黄金の果実が嫁伝来のものだったという新事実が発覚!
争いの果てにただ一人が手に入れるものだったのでは?
もしかするとロシュオの奥様はヘルヘイム主催フェムシンム統一格闘技戦のチャンピオンだったのかもしれません
病死か自然死か事故死かは分かりませんが彼女が存命し、黄金の果実を得たままだったらヘルヘイムの肥やしになっていたのはコータサンたちだったのかも
No title
1週遅れで41話が放送しました。
42話は明日放送です。

さて、愚痴るのにも飽きたので、さっさと今回も思った事をいくつか。

①紘汰の足元に咲いた1輪の花。そういえば、ヘルヘイムの森の植物って、花が咲いた事ないですよね?こういう部分も地球の植物とは大きく違う部分なんですかね。

②変身解除しても殴り合いを続けるミッチと戒斗。戒斗はミッチに対して「お前は誰も愛していない」と言ってましたが、ミッチが愛しているのは「自分の抱いているイメージの舞」であり、要するに自分なんですよね。だから、自分の思い通りにならないと癇癪を起こす。本当に完全な子供ですね。

③舞の居場所について館内放送してたプロフェッサー凌馬。放送設備も生きていたとすると、本当にレデュエは自分の興味のない部分には手も触れなかったんですね。

④生身の相手に容赦なくドンカチを振り上げるグリドン。まあ、わざわざ「隙あり!」と言って、自分の存在をアピールしてますから、まだマシですかね。私ならコッソリ攻撃します。

⑤ブラーボとグリドンの生還に驚く戒斗。彼は劇場版「キン肉マン(Ⅰ世)」を見た事がないようですね。あの映画だと、崖から落ちようが、背骨が砕けてようが問題なく生還してくるぞ。まあ、私も驚きましたけど。

⑥それにしても、どうやって生き残ったんでしょう?その辺のヘルヘイムの果実でインベス召喚して同士討ちさせながらとか?

⑦自分で城乃内を投げ付けておいて、キャッチして心配する凰蓮さん。多分、彼女(?)としては弾き返される事は予想してなかったんですかね?

⑧舞に黄金の果実を託して送り返したロシュオ。ようやく舞がヒロインらしくなってきましたね。嘗てここまでヒロイン力の低いヒロインがいただろうか。前作のコヨミとは雲泥の差ですね。

⑨で、貴虎はいつ戻ってくるの?もしかして、病院で昏睡状態になってて、ミッチの前に現れてるのが生霊みたいな感じだったりするの?

⑩ロシュオの強さが半端じゃない。バリア張るわ、瞬間移動するわ、斬っても再生するわ・・・伊達にオーバーロードの王をやってる訳じゃないんですね。

⑪まだ黄金の果実を狙ってたんですね、戒斗。

⑫紘汰の覚悟を見届けたところで、レデュエに背後から刺されるロシュオ。細かいですが、激昂してても日本語で喋ってるレデュエはどんだけ日本語に染まってるんでしょう?例えば、日本在住のアメリカ人でもブチギレたら、英語になりますよね?

⑬破壊されたカチドキロックシードを修復し、さらにレデュエまで撃破してみせた紘汰。悲しいですが、彼はもう完全にオーバーロードになってますね。

⑭明らかに舞とは違う容姿の王妃。あれは何なんでしょう?紘汰たちの時には、若い時の姿で登場してたとか?それでも似てないし・・・どういう事?

フェムシンムが全滅し、舞が黄金の果実を託され、紘汰が完全にオーバーロード化した今回。
残りのやるべき事は――

・ヘルヘイムの森の侵攻を止める。
・ミッチをしばき倒す。
・プロフェッサー凌馬をしばき倒す。

こんなところでしょうか。
とにかく明日の42話に期待です。
コメント返信ッ!


>>ロシュオ様の最期は・・・



地球の分の果実は渡したけど
ロシュオが本来持っていた果実の力はあったと思うんですよね。
長い間、王をやってきて弱ってきていたのかなとも思いました。
それでも十分強いんですけどね。結局勝てなかったわけですし。


>ところで、唐突に現れた王妃様の人は、
 吉田メタルの奥さん『岩崎ひろみ』さんだそうで


うむ。メタルの嫁であり、ロシュオの嫁と。





>>マイに黄金の果実がはいって謎の少女の誕生5・5753日前?さん



55753さんお久しぶり!

個性豊か過ぎなオバロの皆さんですが
地球のみんなも負けず劣らず個性的ですよね。
同じように滅んじゃいそうなのが問題ですがw

ロシュオさんはフェムシンムの中では人格者でしたね。
本質的には一途に王妃の復活を願っていただけだもんなぁ。


>フェンシルムはあくまで黄金の果実を用意するための舞台装置だったんですねぇ。


紘汰達のありえたかもしれない未来の一つだったのではと思いますわ。
ヘルへイムの森の侵略を生き残ったけど
生き残った先には絶望しかなかったというね。
紘汰はフェムシンムとは別の方法をとらなければならないのですが、どうなるかしら。


>最後の最後で龍玄再登場!キウイヘッドとカラーチャンジだけでも 
 キウイがほんと空気(泣)だったから意外と新鮮にみえる不思議。


ほとんど斬月・真だったもんね。
ノーマル龍玄をちょっと使ってくれても良かったかも。
しかし、ミッチはもう退場するしか道はない気がしますね。


>ニーサン復活予想してたけど
 ミッチ死亡回で出ないと本当に死亡が濃厚になりそうですよねぇ


生きていると見せかけて、普通に死んでいたパターンなのかい兄さん…!!





>>ロペリドさん



>このままの流れだと、第一話の冒頭みたいに舞争奪戦が起きるんでしょうか。


まさか黄金の果実争奪戦が、舞ちゃん争奪戦になって行くとは…!
ここからがヒロイン力の見せどころですな。


>黄金の果実でも死者蘇生はできないので、舞は過去に移動。


過去に意識を飛ばして、注意を喚起するくらいが限界かもなぁ。
結局、メッセージだけでは何も変わらなかったってカンジでしょうけど。





>>にわか三級(仮)さん



最近は劇場版なんてパラレルワールドの一言でどうにもなるからなぁ…。
全滅しても、全滅前の世界から来たと言えばOKだし。
なにかあってもディケイドなら何とでもなりそうだし。

新ライダーとのコラボ回はやって欲しいですね。
劇場版での出番もなかったし、最終回後に特別篇があると良いのですが。


>不安になる「ハナガサイタヨ」的なのではなく、
 希望が持てる「咲いて」みたいな展開になれば良いですね。


仮面ライダーGIRLSカモン!


>斬月・偽戦でも余力がありましたし、
 もしや先輩ライダー達が何人か駆けつけてくれたのか……。


ハッ!もしかして新ライダーが助けてくれたのかも!
その模様は特別篇、もしくはディレクターズカット版で!


>下手すりゃ舞より心配してますからね(笑)。
 でも自分よりも紘汰が次のステージに行ってると知ったら、
 滅茶苦茶嫉妬するのですから、強者心は難しいものです。


そうそうw
もうめんどくさい子ですよね戒斗さんってば。
こんな女とは付き合いたくない典型のようである。


>種をばら撒く媒体のインベスを生み出した辺り、
 ヘルヘイムの森の力自体を超える芸当はできないということですか。


植物を操ったり、クラックを開けたりするけど
ヘルヘイムの森の侵攻を制御で気はしないってカンジかしら。
黄金の果実より、それを生み出す森の力の方が強いって事かね。


>フェムシンムサイドの知恵の実かもしれませんね。
 連中の末路に相応しい感じです。


王が種族の終わりを悟った時に枯れ果てるとかだとグッとくる。


>最期は、「王」である紘汰を「オモチャ」と見誤って、ぶった斬られた末に
 消し炭にされてましたが、少しスカッシュ…じゃなくてスカッとしました。


あまりにアッサリとスカッシュされてビックリですよ。
しかし、レデュエの最後としては相応しいのかもなぁ。


>そう言えば、「特撮番組等のテレビ番組はフィルターがかかっている」
 という話がありましたね。


なるほど。では脳内でフィルターを除去しておけば問題なしと。
でも、アマゾン兄さんが攻撃するとちゃんと赤いやつが出るのはチョーイイネ!


>傷を乗り越えて、彼もオーバーロードになりそうな勢いであります。


予感的中か…!


>回想シーンでの若き日のロシュオは怪人然としてましたので、
 あれは鎧だったということですか。


鎧と肉体を融合させて現在のオーバーロードになったとすると
アーマードライダーの鎧と対比されてる感じがして良いですな。


>黒タイツに初級インベス風のマスク,メイル,ブレス等をつけた
 まさに「インベスアームズ」とも言えるアーマードライダーもどき


なんか色々と苦労してるんだなーと思っちゃったわw
確かに初級インベスは動きにくそうなフォルムしてるもんねぇ。
ちょっとカワイイけど。


>武神鎧武が運命の巫女を求めたこと等からして、
 もしかして知恵の実(タネ)は
 女のナカにぶち込まなきゃいけないということですか(下品ですまぬ!


言い方はともかく、それであってるっぽいのが凄い所だぜw





>>石楠花さん



>メタルさんが出演するころぐらいに岩崎さんがケーキ作ってたんですよね


作ってましたね。凄いクオリティである。
でもドリアン臭そうで困るw


>ラスボスは誰になるんでしょうかね
 戦国さんがっぽい感じもしないでもないですが


オバロ化してない真人間のプロフェッサーがラスボスってのもいいですが
実力的に極にはかなわなそうなんだよなぁ。奥の手があると良いかも。





>>ギャレンエナジーアームズさん



レデュエさんの存在…って言うか、最後は軽かったですねー。
あっという間に退場していきましたわ。
三日天下どころか、3分すら持ってませんでしたねw


>城ノ内、まさかの大金星


あの城乃内くんが、ここまで成長するとは思いませんでしたね。
絶対途中で逃げ出すか、死ぬかしてリタイアすると思ってたんだけどなー。
凰蓮さんという師匠についたのが正解でしたね。
自称策士(笑)の部分は彼の良い所なので変わらくてもいいのよw


>以前にも変身して姉ちゃんに危害を加えようとしてましたね。
 その時はタライアームズで制裁されましたけど。


勝てそうな相手には全力を尽くす…そんな意気込みを感じますわ!


>前回は戒斗さんにただのバカ呼ばわりされ、戦闘面では格下のブラーボ、
 グリドンを取り逃がし、光実株は地の底、
 バダン帝国まで落ちていくのであった。


そこからさらに落ちに落ちて黄泉の底である。





>>Soyさん



>覇権フルーツはNEWトラル


やだもうカッコイイサブタイ!


>師匠の形見のドリノコを両手に、
 すっかりハードボイルドになった城乃内君が
 助っ人に現れる、とかじゃなくて良かったです、マジで。


それはそれで見てみたかった気もしますわw
シャルモンコンビは、ここまで来たら死にそうもないですね。
どちらかと言うとザックの方が危ない予感。


>ミッチ「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
 『僕は階段を降りながら下っ端ライダー共と話をしてたと
 思ったら、いつの間にか でけードングリが
 全力で顔面まですっ飛ばされて来た』


本当にありのままだから困るw


>終盤に果実(の力の)所有権、兼、
 新たな世界の方向性を巡って紘汰と戦う展開の
 前フリだったりするんでしょうか?


その通りかなと。
ロシュオや紘汰の力を見て、力を欲する欲求が強くなったのかも。
体の限界が近いってのも


>あのレデュエのブチ切れっぷりを、
 たった一言でまとめた…だと…!?


シリアスなシーンをぶち壊してしまって本当にすまないと思っている…!
でも、背中から果実を抜き取るシーンは、ちょっと面白かったの。


>不意打ちで散ってしまったロシュオはともかく、
 レデュエもまさか同じ回でリタイアとは…。


ここは本気でビックリしました。
ミッチを倒すのはレデュエだと思っていたので超意外。
レデュエは、かなりクズいキャラだったのでもっと粘って欲しかったなー。


>…あと色ボケ夫婦とか、バッドエンドの引き金扱いとか、
 ここまで好き勝手な評価してすみませんでした(全力土下座)。


待つんだ、そのくらいで土下座していたら
私は今すぐにでも地面にめり込まなくてはならなくなるぜ…?

結局は会えなかったロシュオ夫妻の最後は切なかったですね。
玉座のカットが美しかったですわ。


>そしてミッチと、多分プロフェッサーが嫌な化学反応を起こしそうな予感、
 ならぬ悪寒も…!


予感的中か…!!


>夏休みどころか年中体内時計がピンチな Soyでした。


世間一般の夏休みも終わり、ペースを戻さないとですね。
まぁ、私の体内時計はボロボロですが。
季節の変わり目、体調管理にお気を付けて下さいませ。





>>チェ……ロシュオのうすのろめ。
 どうせ死ぬなら世界中に開いたクラックを
 閉じてから死にゃあよかったんだ




ロシュオが頑張って閉じても、ヘルヘイムの森が無尽蔵に開いちゃいそうよね。
彼らは基本的に地球なんてどうでも良くて
自分たちの欲望に忠実に行動していただけってカンジですな。
滅びを乗り越えて生きてきたけど
結局は自分たちから滅びへ向かっていってような哀しさがあるわ。


>ラストシーンのロシュオの死体が
 萎びたでっかいスルメイカのように見えたのはナイショです


焼いたら美味そうとか思ってないぞ!


>黄金の果実が嫁伝来のものだったという新事実が発覚!
 争いの果てにただ一人が手に入れるものだったのでは?


フェムシンムにおける始まりの女だったってことですね。
黄金の果実を渡す役割をサガラから与えられた存在だったと。

…まぁ、実力的にはレデュエなんぞワンパンKOしそうな雰囲気はある。





>>JUDOさん



>ヘルヘイムの森の植物って、花が咲いた事ないですよね?
 こういう部分も地球の植物とは大きく違う部分なんですかね。


紘汰の力で咲いた花なんじゃないかなー?と考えています。
彼のあの力が世界を救う切り札になるかもみたいな。


>自分の思い通りにならないと癇癪を起こす。本当に完全な子供ですね。


そやね。紘汰に対しても自分の理想のヒーロー像を当てはめてましたし。
ミッチにはミッチなりの理屈があるんだけど歪んでるわよね。


>まあ、わざわざ「隙あり!」と言って、
 自分の存在をアピールしてますから、まだマシですかね。


危ないから避けてね!みたいな城乃内くんの優しさかしら?


>それにしても、どうやって生き残ったんでしょう?


むろん実力で!(キリッ


>ようやく舞がヒロインらしくなってきましたね。
 嘗てここまでヒロイン力の低いヒロインがいただろうか。


ホント、ようやくってカンジですよね。
謎の少女として第1話から存在感だけは出していたのに
ヒロインとして本気を出すのが遅すぎだぜ舞ちゃん。


>で、貴虎はいつ戻ってくるの?


もしかしたら…もう戻ってこないんじゃ…。(オロオロ


>細かいですが、激昂してても日本語で喋ってるレデュエは
 どんだけ日本語に染まってるんでしょう?


本当はオバロ語でしゃべってるけど
プロフェッサーがマスターインテリジェントシステムで
同時通訳をしてくれていたと思いこむといいだろう。


>明らかに舞とは違う容姿の王妃。あれは何なんでしょう?


ロシュオさんの嫁っすよ。舞ちゃんとは別人ですね。
フェムシンムの世界の始まりの女ですな。


>・ヘルヘイムの森の侵攻を止める。
 ・ミッチをしばき倒す。
 ・プロフェッサー凌馬をしばき倒す。


あと戒斗さんを何とかしないとかな?




管理者のみに表示

トラックバック