ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

烈車戦隊トッキュウジャー感想 第24話

2014.08.20 (Wed)

第24駅 「分岐点を越えて」




ワゴンちゃんヒップ(#24)




7時30分発、うっふんアイドル・ワゴンちゃんの
セクシーヒップが発車いたします。お乗り遅れのないよう、ご注意ください。

なお、チビッ子には刺激が強いので、白線の内側に下がって
部屋を明るくして離れてから、十分ご注意の上ご覧ください。第24話。




車掌
「皆さん、残念ながら皆さんの町、昴ヶ浜は消えたも同然です。
地図にもどこにも載ってないのがその証拠ですね。」


チケットくん
「人間から闇が出ている間はまだマシ。
それさえ終わって完全に闇に飲まれた時…」


車掌
「町は、シャドーラインのものになってしまうんですよ。」


チケットくん
「行く手段もないんです。」


虹野明
「いやシャドーラインに乗り込めばいい。俺ならできる。
行く覚悟があるなら教える。」

「まず捜すのは分岐点だ。シャドーが地上やレインボーラインの路線に
乗り入れるための切り替えポイントがある。
だがポイントは不規則に出現する。
それを探知できるのはシャドーラインの烈車だけだ。
つまり………これを使う。」






明にお任せ(#24)





そ、そんなことが可能なのか明ーッ!!




ライト
「フッフフ…虹野明か…!!
敵に回すと恐ろしいが、味方になるとこれほど頼もしい奴もいまい。」


トカッチ
「ああ!!この俺が神に感謝することがある。
奴が敵ではなかったことをな。」



闇に飲まれた町に行くためには、シャドーラインが利用すると言う
不規則に出現する分岐点を探し出し
シャドーラインの烈車で乗り込むしか方法はない。

その探知と侵入、双方を可能にするのが明の持つドリルレッシャー。
解決策と手段を同時に提示した明くんの頼れる感がハンパない。
あの逞しい二の腕に抱かれたい。そんな気持ちで一杯になりますね!

今回の件に関しては、彼がいなければ完全に詰んでいただけに
元シャドーと言う立場がフルに活かされたパターンと言えよう。
すごいよ明さん!!そのうち、闇の皇帝の唯一の弱点とか教えてくれそうw


シャドーラインによって完全に闇に飲ま込まれた町は
地図からも消えてしまう模様。これはさすがに探せないわね。
世界から切り離されることで、記録や記憶からも消えてしまう感じでしょうか。

一度闇に飲まれた町に行くことは、レインボーラインでは不可能。
シャドーラインの烈車でなければ行けないという条件も厳しいですね。
さらに性質上、強引に敵地に突っ込んでいくしかないわけで
車掌さん&チケットくんが嫌がる理由も理解可能な程のハードっぷり。
ここからは覚悟がなければ進めない、運命の分岐点と言う事か。





うっふんアイドルワゴンちゃん(#24)





ワゴンちゃんのプリケツのアップから始まるという
ブレイブ極まりないスタートを切ったトッキュウジャー。
カメラに対して、あえて尻を向けてくるという蛮行を許されるのは
セクシー客室販売員ワゴンちゃんだから許される行為であろう。


でも、トッキュウジャーの皆さんは全然見てない。
渾身のセクシーポーズもガン無視。
ポールを使ったダンスアクションすらも総スルー。
でも大丈夫だよワゴンちゃん。私は凄く感謝してるからね。
一日一万回の感謝の正拳突きしちゃってるからね。






闇の皇帝・ゼット
「俺の前に出てこれただけでも、褒めてやるぜ。で?」


ノア夫人
「負けましたわ陛下。私の狙いなど、とっくにご存じだったのですわね。
せめてお礼をひと言。フッ!!」


闇の皇帝・ゼット
「ノア…面白いお礼だな。」


ノア夫人
「えぇ。私の望みを我が娘ともども潰していただいたことへの。」


闇の皇帝・ゼット
「グリッタは、てめぇが差し出したんだぜ?


ノア夫人
「あぁ…!」


闇の皇帝・ゼット
「あれは俺のためのキラキラだった。いや…今もそうだ。」
「なんなら今度は、てめぇが俺の妃になってみるか?
俺を取り込めるかもしれねぇ。どうだ?」






服従ノア夫人(#24)





イ、インモラルゥーーーッ!!




近い近い顔が近い。グリッタちゃんと同じようにチューしちゃうのかと思ったわ。
娘だけでは飽きたらず、母親にまで口説きにかかるとか闇の皇帝ハンパない。
なんでしょうかあの怪しい色気は。キラキラ以上にエロエロを感じるんだけど。
これもう闇の皇帝どころじゃないですよ。
もはや闇のジゴロですよ。なんだ闇のジゴロって。


片手でナイフを受け止めて、もう片方の手で腰を引き寄せつつ
「闇の皇帝相手に生意気なことを言っちゃう口はこれかな?」
とか言いながら、ノア夫人の唇を奪うゼット。

膝から崩れ落ちるノア夫人をお姫様抱っこして
「俺の命を狙うなら、妃になればいつも傍にいられるぜ?」
そう呟くとそのまま闇のベッドルームへ出発進行ときたもんだ。(きてません)
そんなイマジネーション捗る展開を提供してくるゼットさんマジパネェっす!


これでノア夫人が籠絡されて、ゼットの愛人になっても面白かったかも知れん…。
そうすれば立場的には、シャドーラインの№2になれるやん?
隙あらば命を狙っていく闇の貴婦人になるのもええやん?
ネロ男爵激おこぷんぷん丸待ったなしやん?
もはやニチアサでやるべきストーリーでは無くなってきちゃう気もしますがw


「このナイフはッ うおおおこのペーパーナイフはッ!!
このナイフはグリッタがゼットに突きたてようとしたナイフだァーッ!!」


母娘そろって皇帝の命を狙っていくスタイル。
なぜこの親子はすぐにナイフを振りかざしてくるのかw
娘のグリッタ嬢がが恋愛月9系だとすると、母親はドロドロ愛憎昼ドラ系みたいな。


「グリッタの仇ィィィ!!」と絶叫しながらドスを構えて特攻していくのではなく
あくまでもエレガントに接近して、スマートに刺殺しようとするノア夫人に
貴婦人としての高貴さを感じ…ないですねw

闇の皇帝を娘に喰わせて、間接的に支配しようとしていたノア夫人ですが
あれだけのことをしたのに逃亡せずに逆に立ち向かっていくガッツが凄い。
悪の組織の幹部になるだけはあると、そのふてぶてしさに感心しておこう。


ネロ男爵
「ノア夫人、服従か死か。どちらか選ぶしかないな。」



言うたった。ネロ男爵が言うたったわ。
散々コケにされたお礼に、言われたままのセリフを返すネロ男爵。
でも、それ以上責めないのは、なかなかジェントルマンだったなと。

なんなら、ここぞとばかりにもっとネチネチ責めても良かったのよ?
跪いたノア夫人の頭にワインをぶっかけると・か。





シャドーラインアナウンス
「お知らせいたします。
ただいまレインボーラインの烈車が入線して参りました」


ネロ男爵
「何!?トッキュウジャー!一体どうやってシャドーラインに…?」


闇の皇帝・ゼット
「いるだろう。向こうにはザラムって奴が。」


ネロ男爵
「おのれ~奴め…許さん!!」


闇の皇帝・ゼット
「相変わらず騒々しい奴だ。
そういや…お前の将軍はどうなったかね?」






態度がデカいゼーット(#24)

グリッタ嬢・幻(#24)





グリッタちゃんイターーー!!




やはり、ゼットの中に吸収されたグリッタちゃんはまだ生きておったか。
ゼットの中でキラキラをため込んで、内側から食い破って復活する展開くるで!


服従する姿勢を示したノア夫人も
ゼットの中に吸収されたグリッタちゃんの存在に気付いたからこそ
あえて屈服したカンジですし、グリッタ復活のあかつきには
ノア夫人の時代がカムバックする可能性もあるかも知れぬ。

グリッタちゃんを取り込んで以降、ゼットの衣装がパワーアップしてるんですね。
肩パッドから生える羽はグリッタちゃんの意図だったのか…。
それと同時に、なんだか性格もワイルドに変貌した気がしますね。
セクシャル度数もパワーアップしてますがw
玉座に座る姿がなんだかとってもセクスィーである。






管理人ルーク
「業務連絡~レインボーラインの者を発見。
私はこのシャドータウンの管理人ルークだ。
ここはお前たちが来る場所ではない。出ていけ。」


ライト
「やだ!え…?」


トカッチ
「ウソ!なんで!?」


ミオ
「何もしてないのに?」


管理人ルーク
「この町は完全にシャドーの空間。
レインボーラインのエネルギーは長くは持たんということだ。」






シャドータウンに引きずり込め(#24)





シャドータウンでは、トッキュウジャーの力は30秒しか持たないのだ!


名乗って決めポーズしただけで強制変身解除されてて吹いたw
せっかく生身での決めポーズ披露なのに…!
背後のTQGマークが転げ落ちたり
横からのアングルで再ポーズを決めるトッキュウジャー達に涙が止まらねぇ。


変身時間が著しく短くなるというデメリットは
いかにも敵陣に乗り込んできたってカンジで素敵ですね。
レインボーラインが誇るイマジネーションの力も、ここでは弱まるのか…。
完全にシャドーラインの町なのに、むしろ変身できるだけ凄いと考えるべきか。


シャドータウンの番人はルーク。ルークシャドーとかじゃなくて、管理人ルーク。
いかにも守護ってますって感じのデザインしてますね。
他にもあるシャドータウンにもコイツがいるのかな?
もしくはナイトとかビショップとかがいるわけ?
微妙に弱そうなのですが、トッキュウジャーがパワーダウンしているので
相対的に強敵になるので問題はない。


完全に闇に飲み込まれた町の住人達は、カッチカチフリーズしている模様。
よーく見るとプルプルしている人もいるが、気にしないであげよう。それが優しさ。

しかし、時が止まっているだけだとは、ちょっと意外。
闇を搾り取られた挙句のシャドータウン堕ちなので
もっと、しぼりカスだッ!ってカンジの人々が無残にも横たわっているような
地獄絵図を想像していただけに逆に驚きましたね。


…あの女子高生たちも止まってるんでしょ?
ヒカリくんちょっとローアングルから覗いてみ?
目の前にシャングリラが広がるから…あっ、ポリスレッシャーさんチーッス。





ネロ男爵
「ザラム!」


虹野明
「ネロ男爵か。」


ネロ男爵
「貴様ポイントのことをトッキュウジャーに洩らしたな!」


虹野明
「悪かったな。だがもう遅い。さっき乗り込んだとこだ。」


ネロ男爵
「そんなことはいい。どうせシャドータウンではまともに戦えんからな。
ワシが許せんのは、裏切りを重ねる貴様だ!ここで消えてもらうぞ!」


虹野明
「そうか。俺はここを動くわけにはいかなくてな。
ここを守り抜いて消える…ちょうどいい死に場所だ。」






ここが俺の寝場所だ(#24)

ネロ男爵到着(#24)

ここが俺の死に場所だ(#24)





今、寝てたよね?




「ちょうどいい死に場所だ。(キリッ)」じゃないよ。
お前、完全に寝てたじゃん。頭カクーンいってたじゃん。
なんかカッコつけてますけど、完全に寝起きですよ彼。

ライト達が命がけで戦ってる時に、リラックスしすぎだろ明ェ…。
もうちょっと危機感持ってくださいよォーッ!!


シャドータウンに侵入しているときに分岐点を切り替えられたら
閉じ込められちゃうんだろうな。
…って事は、分岐点を守る為に必ず一人は残らなくちゃならないのかしら。


トッキュウジャーとしての力は弱まるシャドータウンでこそ
元シャドーであるザラムとしての力が使えそうなのですが
明本人は、極力あの姿になりたくないだろうし複雑な所よね。
ここぞという時には、ザラムとしての活躍が見られるんじゃないかと
ほんのちょっぴりだけ期待しておこう。






ヒカリ
「1つだけ作戦がある。まず当たり前だけど変身はギリギリまでしない。
それでも変身できる時間は大体30秒。その間に怪人倒すのは難しい。
でも5人分なら…。」


カグラ
「5人分?」


ヒカリ
「乗り換えだ。全員で乗り換えてたら意味ないから1人で乗り換える。」


ライト
「そっか…。1人30秒の5人分だから…えっと…100秒!


ミオ
「150秒!」


ライト
「150秒!!」






100秒!(#24)





ミオ
「いいですか 3かける5はいくつです」


ライト
「3かける5は さんご…15?」


ミオ
「そうッ!やっぱりできるじゃあないですか もう半分できたも同然ですよ!」


ライト
「そーかッ!さんご15ねッ!よしッ!」
「1人30秒の5人分だから…えっと…100秒…!へへへ当たってる?」


ミオ
「このチンピラがオレをナメてんのかッ!何回教えりゃあ理解できんだコラァ!
さんご15ってやっておきながら なんで150より減るんだ
この……ド低能がァーーッ



ライトェ…。





管理人ルーク
「業務連絡~。1人だけ戻ってきた。」


ライト
「1人じゃない!」


管理人ルーク
「変身などすぐ無効になる!…乗り換えだと!?」


闇の皇帝・ゼット
「あいつら…やっぱり乗り換えてきやがった。」






乗り換えて戦う(#24)





1人30秒×5人分で150秒!!
いつもの2倍の頑張りが加わり、150秒×2の300秒!!
そしていつもの3倍のイマジネーションを加えれば、300秒×3の900秒!!
管理人ルーク!お前をボコるのに十分の15分だーーーっ!!



うむ、某理論に基づいたイマジネーションとガッツによる計算で
Bパート丸々戦える時間をたたき出してみたのだがどうだろうか。(どうでもない


150秒でけりをつける!
変身時間30秒というピンチを5人の力を合わせた
乗り換えチェンジで切り抜ける展開が激熱。
相変わらず頼りになるのは、影のリーダーヒカリくんの閃きと言ったところですね。
メガネはただの飾りのトカッチとは大違いである。でも好き!


ゼットの言動から察するに、乗り換えチェンジのシステムは
シャドーラインに支配された町で戦うために
レインボーラインで考案されたギミックだったっぽいですね。
これまでの乗り換えチェンジは、ほぼ無駄乗り換えだったという事かw
あらかじめ教えてくれといても良かったんだよ車掌さん…。

一度、消費されたエネルギーは再チャージまでどのくらいかかるのかしら?
ライト達が相談していた時間から考えると数秒程度じゃ戻らないっぽいけど…。


ここは俺たちに任せて先に行け!からの生身アクションが超熱い。
でも実は、前回もライトが1人で5人分を乗り換えて
シュバルツ将軍と戦ってるんですよね。
ほぼ同じことをやっているのに、立場と見せ方に変化を付けているので
マンネリ感をあまり感じないのが上手いなと。





管理人ルーク
「そんな戦い方があるなんて…!」


ライト
「さっき言ったろ?1人じゃないって。」
「俺たちはいつも5人だ!5人で絶対お前を倒す!」

「レインボーラッシュ・将棋!」






1人レンケツバズーカ(#24)

レインボーラッシュ将棋(#24)





5人…明きゅん……(´;ω;`)




いや、分かってる。5人は元々幼馴染の運命共同体だしね。
この5人しか乗り換えチェンジできないし。
あの場面では「俺たちはいつも5人だ!」って言うのは理解できる。

ホラ…明くんもトッキュウ6号だしさ…。
ちょーっと居眠りこいちゃってましたけど
彼も必死で分岐点を守って戦っているわけで
その頑張りを考慮してあげてもイイノカナーなんて思ったりしたわけよ。

…でも、あいつ普段フラフラしてて
いつも一緒ってわけじゃないからいいか別に。(冷)


チェスの駒であるルークを、将棋倒しで倒すイマジネーションがナイス。
貴様ごとき「歩」で十分よ、という豪気を感じるぜ…!
力を合わせて格上を倒すイマジネーションかな。






管理人ルーク
「貴様ら!よくも管理人のメンツを潰してくれたな!!」
「業務連絡~もっと巨大化いたしま~す!」


ヒカリ
「こんなのありなんだ。」


虹野明
「そうだな…。」


トカッチ
「デカけりゃいいってもんじゃないぞ!」


ライト
「よし!この間の全部合体でいく!超超烈車合体!あの槍を狙え!」


管理人ルーク
「ぐわぁぁあっ!小さくなりま~~~す!!」






無駄な巨大化(#24)





あいつなんで巨大化したのん?




巨大戦でさらに巨大化した管理人ルークさんの頑張りにグッと来たのですが
特に何の活躍もなく、アッサリとやられてしまいションボリ。

槍からクローズ達を召喚して、超トッキュウオー&ビルドダイオーを
遥かにしのぐ大きさになるとかビジュアル的にも面白い展開だったのに
その槍を破壊されて即縮小である。何の為に超巨大化したんだアイツは…。


超巨大化の要である槍を、トッキュウジャー達の背後に刺しておくとか
どうぞ破壊してくださいって言ってるようなもんじゃないですかー!やだー!

せめて、超超トッキュウダイオーとの競り合いは見たかったところ。
巨大ロボを踏みつぶせるほどの巨大な敵なんて滅多にないのに勿体ないわー。



シャドーラインの分岐点を探して、闇に飲まれた町を探す。
ライトたちの町・昴ヶ浜を探すためとは言え
本格的にシャドーラインに対して攻めの姿勢をとるワケで
今後は激しい戦闘も増えて行きそうな予感。
町の記憶が蘇ったことで、トッキュウジャーも新たなステップへと進んだカンジ。

シャドータウンでの変身時間のリスクは、なんとかしなければならないと思うけど
その辺は、イマジネーション強化の特訓とか、パワーアップ回でやるのかしら。





ダブルクロス(#24)

シャドータウン解放(#24)





なにしてんのこの子達…。




なぜクロスカウンターが炸裂している形になっているんだw
空いた方の手に持っている武器の存在が哀しいぜ。

小競り合いしている間に、シャドータウンが解放されちゃって
ネロ男爵涙目じゃねーのコレ。


って言うか、あれこれ指図してたシュバルツ将軍がいなくなっちゃったので
自ら現場に出張ってこざるを得なくなったネロ男爵に泣ける。

しばらくは、シュバルツの代わりに明の相手をすることになるのかしら。
これはその内、プロレス技の掛け合いになる可能性あるで…!






   この裏切り者がァァア…ッ!!
                           ここが俺の死に場所だ…!
                   ;.‐''"´`' 、;   
                 ;.(>)^ ヽ   ';   ___  
    タイタイタイタイッ!   ;./(_  (<)   l.;/(>)^ ヽ\;
               ;/ /rェヾ__)⌒::: ;ノ′ (_  (<) \;
              ;/  `⌒´-'´  u;;/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;  タイタイタイタイッ!
              {            ノi   `⌒´-'´  u;  ノ;;
             ヽ.      /  \ヽ 、  ,     /;
          / ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ '   ―-、
         /        ̄    /              ヽ
          |    、.   r‐x‐、,'    ,.‐x‐、   . /   /
         \.   \  ! (__) ヽ、. / (__) 〉_,./   /
              \    ミ、_,.   ̄ ̄ ̄      /





命の惜しい方は黒い線の内側に下がってお待ち下ちい。




コメント

No title
現在のブルースカイ王国に似た状況のシャドータウン、しかし見事なひらめきで一気に解放!変身時間30秒×5で合計150秒・・・ん?150秒といったら、メガシルバーの当初の変身時間とほぼ一緒!メガレンジャー思い出したわ。
今日のレインボーラッシュ。将棋というよりドミノ倒し。そういえば「将棋倒し」という言葉があったね。
明君が頼りになりすぎて凄い
こんばんは。ようやく最近、少し涼しくなってきましたね。
最近こちらでは雨が多かったので、明君繋がりでたまにはトッキュウジャーのコメントもしてみます。
ヨルさんも書いていますが、明君、ホントーに万能と言うか、心強い味方ですよね。
シンケンジャーの源ちゃんやゴーバスターズの陣先輩&J等、メインライターが小林靖子さんの戦隊に登場する追加戦士はキャラも強さも魅力的で凄い人ばかりですね。
本人は昔の罪(雨天中止…)を悔いて常時死に場所を探しているとの事ですが、平成ライダーを昔から見てきた身としては「555」等に登場する悪役キャラの人間の方がよっぽど残酷で反省すべき存在だと思います。
だから明君にも、あまり昔の事を気にしないで今を生きて欲しいですね(…と言って明君が唐突に「ここが俺の生き場所だ!!」とか言い出すと、それはそれで死亡フラグになりそうで怖いですが)。
お邪魔しました。
No title
冒頭のワゴンを見ながら、思わず「一応は子供向け番組だよな、これ?」とツッコミを入れてしまいました。

さて、「仮面ライダー鎧武」は甲子園で潰れましたが、こっちはやったので思った事をいくつか。
「仮面ライダー鎧武」がない分、多めになります。

①繰り返しますが、冒頭のワゴンは視聴者サービスでいいんですよね?

②完全にシャドーラインに乗っ取られた町は地図上からも消滅する。これって、町の住民も戸籍上から消滅するんですかね?

③シャドーラインの烈車で分岐点に乗り入れる事を提案する明。これで「あれ?ドリルレッシャー、何処にやったっけ?」みたいな動きがなかったら、完璧だったんですけどね。まあ、この方が明らしいですが。

④グリッタだけでなく、ノア夫人をも取り込もうとする闇の皇帝ゼット。この欲望、鴻上会長なら大絶賛でしょうね。

⑤後、今回はネロ男爵が嬉しそう&ノリノリでしたね。

⑥シュバルツ将軍はどうなったかと呟く闇の皇帝ゼット。いや、あんたが斬り捨てたんだろうが・・・というツッコミは置いておいて、彼と貴虎、果たしてどちらが先に復活してくるんでしょうね?

⑦頻繁に業務連絡する管理人ルーク。マイクだけで通信機器が見当たらないんですが、何処かにありましたっけ?

⑧変身時間が30秒にまで短くなってしまうシャドータウン。今後もこの状況で戦う事があるとしたら、明がザラムの姿で戦わなくてはならない事になる可能性もありますね。

⑨思いっ切り寝てた明。シャドータウンに侵入しているときに分岐点を切り替えられたら、閉じ込められてしまう?取り敢えず、切り替えレバーにセメントでも流し込んでおいたらどうでしょう?ああ、ポイントを戻せなくなりますね、すみません。

⑩今回のライトの計算力を見る限り、以前からヨルさんが仰っているようにトッキュウジャーの5人が本来に子供である可能性が出て・・・きたんですかね?

⑪ヨルさんと同じ疑問なんですが、烈車のエネルギーを再チャージするのってどのぐらい掛かるんですかね?烈車を握り締めてイマジネーションを込めれば、回復が早まるとかあるんですかね?

⑫シュバルツ将軍に対して行ったのと同じ戦術に驚いていた管理人ルーク。ほら、あんたがシュバルツ将軍を斬り捨てたせいで、情報が伝わってないじゃないですか、闇の皇帝ゼット。

⑬将棋倒しで倒された管理人ルーク。今後、ナイトとかビショップが出てきたら、オセロとか囲碁で倒されるんでしょうかね?

⑭超巨大化した意味が全くなかった管理人ルーク。せっかく超巨大化したんだから、トッキュウジャーも空気を読んで、脚の間に入って槍で股間を突き上げるとかしてあげなさいよ。(←えげつない下ネタ)

⑮何かクロスカウンターしてた明とネロ男爵。ひょっとして意外と仲いいのか、この2人?

⑯シャドータウンが解放されるのはいいんですが、これってどういう原理なんでしょう?海辺とかならともかく、内陸の方だと周囲の土地を割り開きながら出てくるんでしょうか?意味もなく重箱を隅をつついてみます。

何とか自分たちの街に辿り着く術を得たトッキュウジャー。
次回は何やら童話の登場人物が出てくるみたいですね。
「星の銀貨」とか出てこないですかね?
カグラが怪我したのは4人がよけたからですよね 
しかしライトの名乗りポーズ後ろからみたらちょっと間抜けですね

生身のアクションありましたが、流星くんと志尊くんは格闘技経験あるからかフォームが奇麗ですね
窓から落ちるシーンは足から落ちてたのでびっくりしましたよ
物語も折り返しということで、「分岐点」ですか。
新展開が面白いと、次回への期待も増すというものです……。

>7時30分発〜、うっふんアイドル・ワゴンちゃんのセクシ〜〜ヒップで発射いたしまーす。お乗り遅れのないよう、ご注意くださ〜い。なお、チビッ子には刺激が強いので、白線の内側に下がって部屋を明るくして離れてから、十分ご注意の上ご覧ください。
相手を理解したいなら尻を見るだけで十分なヨル兄貴のことですから、最初のキャプにOooh、きっと来るきっと来ると分かっていたはずなのに……褒め殺してやるッ!このド畜生がァーッ(前屈みになりながら)!!
ワゴンちゃんはあとどれだけ未来のアキバレッドを生めば、気がすむのでしょうか(笑)。しかし真魚ちゃんにサンタのイヴちゃん、そしてナオミちゃんも嫉妬しそうなヒップやで……。

>スルーされるのは、ワゴン(セール)の風情なり
あのライトが「昴ヶ浜」チェックをおいしいお弁当にアハ〜ンなお茶ウフ〜ンなお菓子より優先している姿は、「絶対に帰る!」という想いの強さが視えて、何気に好きです。

>来斗 桃太郎と伊達 勝
チケット(悟空コス)「さぁ、お二人さん…どっちが暗屯子様やります?」
ちなみにショーだと、ルー語もとい似非外国人風な喋り方をするディーノ男爵(男爵ディーノに非ず)という下級幹部が登場したみたいです(笑)。ノリは軽いですが、トッキュウジャー全滅のために、配下である「〜ナリ」口調のストーブシャドーに少しずつ力を与えてゆき、最終的には自我の無い操り人形(シャドーモンスター)に変えて襲わせるというえげつない奴でした。お友達の応援でシャドーモンスター諸共倒されましたが、遊園地や住宅展示場等を狙うシャドーラインの連中も、コミカルながらに恐ろしい奴らが多く、TV本編と共通していて良い感じです(アキバレンジャーと戦った平社員シャチーク似のヘンシュウシャドー、モモタロスそっくりなネッケツシャドー等リサイクルを探すのも面白いです)。ちなみにノア夫人配下は「夫人怖い。娘さんは可愛い。」という認識みたいです(笑)。

>これがナレーションで言っていた「イマジネーションを失った世界は、闇に沈む……。」という奴ですか
想像(創造)する力を完全に失えば、確かに未来も存在もないですね。
そして「運命の分岐点」ですか……相変わらず、巧い表現ですね!

>一日一万回の感謝の正拳突きしちゃってるからね。
ネテロ会長は、1時間に短縮するまで数年かかりましたが、ヨル兄貴はどないでしょうか(笑)。

>皇帝陛下に、闇と光あれ!
今までの描写にもありましたが、シャドーラインは、シャドーの住人側の動きはモニターで確認できるのですね(裏切ったザラムや切り捨てられたシュバルツ将軍の去就は不明となるみたいですが)。
しかしネロ男爵が久々に生き生きとしてましたねぇ(笑)。ノア夫人に対しても最初に「ノア……ッ!」と呼び捨てにしたり、タメ口叩いたり予想以上(笑)のオウム返しとさぞ気持ち良かったことでしょう。心なしか頭に髪が生えたような気分でしょうか(笑)。
しかし光を克服されたら、かなり厄介ですね。シャドーラインサイドは(多少の制限はあっても)平気で乗り込んでこれるというのに、レインボーライン側は攻めたくても攻め切れない面が露呈されましたし。

>イ、インモラルゥーーーッ!!
神楽ガール・カグラ(コーチ:キュアエース)「だから大人って嫌い!!不潔よ!!淫よ!!インモラルよ!!」

>なんだ闇のジゴロって。
親子丼が大好きなんですよ(迫真)。
そう言えば、黒(ヘイ)とかいう闇の世界を生きるタラシがいたなぁ(アニメ『DARKER THAN BLACK 』シリーズより)。

>ゼットさんマジパネェっす!
コイツはノブくんと違って、一筋縄ではいきそうにありませんね(苦笑)。

>ゼットの中でキラキラをため込んで、内側から食い破って復活する展開くるで!
グリッタ嬢をシロアリかどこぞのエイリアンみたいに(笑)。
しかし生きておられたとは……、希望も捨ててみないものですね。最近ならクリスマス辺りに復活イベントがありますけれど、展開も特急なこの物語だとどうでしょうか(笑)。
そう言えば、グリッタ嬢はかつてゼットを「寂しそう」と評してましたが、彼と一体化したことで、何かを掴むのでしょうかね。

>将軍はどうなった
今まで何気に頑張ってきたシュバルツ将軍がいなくなったことで、シャドーラインの進行はどうなることやら……。歓楽地もそうですが、Gロッソ駅周りでも、相手の攻撃を跳ね返すシューハ・スーを所持したストーブシャドー(ドスの効いた声でまともな口調)や巻き戻し,時空を歪ませる等時を操るトケイシャドー,相手を闇の世界に誘うタクトシャドー達を引き連れ、シリアスなバトルや「がんばろう!日本」や「Let It Go〜ありのままで〜」といったネタをぶっ込んで暴れてましたが……仰るように全部ネロ男爵に任されるのかそれとも……。

>シャドーラインの路線
キャッスルターミナル全体図での描写にもありましたが、やはり地下でしたか……、といっても「地下帝国バタン」と同じくただの「地下」ではなく異空間と繋がっているみたいでしたね。

>管理人ルークの業務連絡
闇形式が、「モヤ(職用車=業務用)609(ルーク)-24」ということで、「モ」はmanager(管理人)という説が出てましたが、もし管理人達を束ねる幹部が出るとしたら……鈴木 れい子さんか大山 のぶ代さんボイスで「モノクロ」の捩りとか(コラ
仰るとおり、解説からしても、今まで登場した行動隊長的なシャドー怪人達と違って、管理担当なためか高いスペックや良い武器を有している割りに、戦い方はあまりよろしくなかったですね(ストーブシャドーですら巨大戦はクライナーロボとの連携で厄介でしたし)。時間制限のあるはずのトッキュウ1号がお喋りをしても余裕で勝てるくらいでしたし。
でも「業務連絡〜業務連絡〜。」という言い回しは、新しいポジション「管理人」の個性が出ていて、気に入りました。城壁並みに強固な頭を持っているのに、トドメはボディに喰らわせるから意味がないというのも(笑)。

>クローズ、出撃
始発駅でもクライナーの影からも出て来てましたが、ルーク系チャリオットからも出てきた描写からして、やはり闇があるところならどこからでも出て来るのですね。

>よーく見るとプルプルしている人もいるが、気にしないであげよう。それが優しさ。
一応「動ヶ無イ」駅ということで、時間を止められたというよりは、固められて闇を生み出し、沈んだという形なので、プルプルしていてもおかしくないかもしれません(笑)。それはそれとしてトイレに行きたい時等に動きを止められると、確かに絶望して闇を生み出してしまいそうです。

>はい、時間切れ
この生身でのポーズ練習及び撮影が、夏の映画公開時の会見で活かされたとか(笑)。
しかし動かなくなった人と像を見間違えるツッコミ待ちなボケやら名乗り時の「ごめんくださ〜い!」やら相変わらずおいしいですね、トカッチ(笑)。

>公表するぞ、オレンジを……!
トッキュウ6号デビュー時は、キラキラ中毒になっていた皇帝陛下に対するショックやそれの反動での闇集め、そしてノア夫人サイドの監視等で、明にまで目がいかなかったようですが、懸案事項が殆んど片付いたことで、潔癖な彼が裏切り者の制裁に向かうのは必然でしたか。

>もっと、しぼりカスだッ!ってカンジの人々が無残にも横たわっているような地獄絵図
確かに(笑)。いえ、生かさず殺さずな本編の状況も結構エグいですけどね(笑)。

>あっ、ポリスレッシャーさんチーッス。
ポリスレッシャー「この烈車は、特急、きらり台警察署行きです。」

>この……ド低能がァーーッ
チケットくん(エテ公コス)「皆さん、昔のジャンプ読みながら、町探してましたからねぇ……。」
「クサレ脳ミソ」と罵らなかった辺りにミオちゃんの優しさを見ました(正直修正版の方が酷い辺り、荒木先生の抵抗を感じます)。
じっくり派のために、計算もライトへのツッコミもワンテンポずれて発言できないトカッチに吹きました(笑)。

>某理論に基づいたイマジネーションとガッツによる計算
……ま、まぁゆでですしね(笑)。しかしイマジネーションの力を考えたら、できそうな気がしてきます(できるとは言ってない

>付き合ってやる、150秒間だけな!
アクセルフォームでそんだけ動けたら、凄そうですね(笑)。
最初の変身も数えましたが、トッキュウチェンジャーのスイッチを入れてからきっちり30秒でした(笑)。

>一度、消費されたエネルギーは再チャージまでどのくらいかかるのかしら?
ヒカリ「再チャージ?単四の電池二本交換したら、すぐ動くようになるよ。」

>スーパーガールで蹴散らせ
腕を怪我してるのに、これ……第三のピンチですね。まぁそのためにヒカリも残ったのでしょうけど。

>あらかじめ教えてくといても良かったんだよ車掌さん…。
車掌さん「聞かれなかったからですぅぅぅぅ!」
チケットくん「知らなキャ知らないままで何の不都合もありませんしぃぃぃぃ!」
始発駅では無駄乗り換えを注意してましたが、第2駅で戦っている彼らを見て、チケットくんを宥めながら「これも彼らのイマジネーションです。」と認めてましたっけ。しかし仰るとおり、教えてくれても良かったと思いますが、シャドータウンへ行く覚悟を問われて「ないです!」と言い切ったり、留守番の時にシャドータウンの特性も言わず黙って送り出したりしていた辺り、まだ何かあるのでしょうか。1〜5号の力を使いこなせる=力を一つに集中,とか……まぁゼットが「やっぱり乗り換えてきやがったか。」と発言してましたので、ヨルさんの仰るとおり、シャドータウン対策でFAでしょうね。
さて闇の皇帝対策用であるトッキュウ6号のスーツは「乗り換えの必要がない」というのもそのままの意味か、それとも……。女帝グリッタ戦では押されてましたので、興味深いですね。

>五つの力を一つに合わせて
夏の映画で「我らは常に6人!」と先に自己申告していたウッチーは、戦国の世を駆け抜けていただけあってやり手だったということですね(笑)。

>男爵のガチムチプロレス
何故かは分かりませんが、虚弱なイメージがありますので、無理はしてほしくないという感情が……(笑)。

>シャドータウン解放
JUDO様の指摘にもありましたが、シャドーラインの領地となれば存在は消え、解放されれば元に戻る……この辺りはよく言う世界の修正力が働くのでしょうかね。割りを食う人がそんなにいないことを祈ります。

>他媒体展開
①8月に発売された「てれびくん2014年9月号」の『トッキュウジャー』記事は、テレビ絵本(グラビアストーリー)「燃えろ クローレッシャー」という、チケットくんに反応をキャッチMAX!されたてれびくんオリジナル…もとい伝説の烈車クローレッシャーがライト達烈車戦隊の新たな仲間になるまでの物語でした(時間軸は、シャドー烈車軍団が暴れていたことからして、ゼットとグリッタ嬢の結婚式前か)。
クローレッシャーは、サファリ烈車シリーズの原型なのか虎をモチーフにしたクロー(爪)系烈車で、あまりにも強過ぎるイマジネーションエネルギーを抑えられず暴走しがちなために自らジャングルの奥地に引きこもっていたという野生の烈車で……そこ!前作のトバスピノとちょい被るとか言わない!!
隠れ家であるジャングルを離れ、町で暴れ始めたクライナーロボ軍団相手に傷つきながらも立ち向かうクローレッシャーの姿に、皆を守ろうとする「優しい心」を見たライトと心を通わせたことで、クローレッシャーは真(正義)の力に目覚め、必殺技のクローサイクロン,そしてトッキュウオークローという連結武装を編み出し、クライナーロボ達を撃破するという熱い展開でした。
「来月発売の『てれびくん2014年10月号』のホンモノふろくにクローレッシャーが付いてくる!」という宣伝も抜かり無し(笑)。
それと、来月は『侍戦隊シンケンジャー』以降恒例となった『よしもと新喜劇』コラボ、『烈車戦隊トッキュウジャーとよしもと新喜劇じゃー』が開演される模様です(笑)。
テレマガとくせいDVDも楽しみですね!

>> さん
>将棋倒しとドミノ倒し
将棋の駒もドミノ牌も本来の遊び方(ゲーム)とは違った楽しみ方をされるのですから、やはり人間って一つになれるかもと思ったりします(笑)。

>>JUDO様
>ルークの業務連絡について
ルークの連絡がマイクを通して、シャドータウンのあちこちに流れてましたので、そういう闇の仕組みなのかもしれませんね。

>『星の銀貨』
つまり慈愛の精神から素っ裸になる女の子を朝から拝めるのですね(ゲス顔)!あっ、いや違うんです、ポリスレッシャーのダンナ!!

長々と失礼しました。
No title
オモチャの仕様でしかない乗り換えをこうも見事に消化するとは素晴らしい回でした
さすがに歌と違って『気にするな』で済ませるにはアクションが大きすぎますし、きっと第一話からずっと考えてきたんでしょうね
やはりレインボーラインはかつてシャドーラインと戦ったことがあるようで
先代トッキュウジャーとかいるのかしら。七人揃ってはポーズ的に無理でしょうが零號の希望はまだ断たれてはいないようです
ルークがカッコイイですね
シンプルながらも堅牢さや特別性が感じられる見事なデザイン。フィギュアとかになってほしーなー。無理だろうけどなー
あと量産前提なのが少し悲しいかも。カンブリ魔みたいにいっぱいわらわら出てきて十把一絡げで倒される役はちょっと
巨大化からさらに巨大化という流れも燃えました。でもなぜ萎ませてしまうの?
あのサイズ比で倒した方が超超トッキュウ大オーの強さの演出としてよかったと思うのですが
コメント返信ッ!


>>現在のブルースカイ王国に似た状況のシャドータウン



最近は、ゼットが玉座の横に鏡を置いたりしてて
幻影帝国と似てきてますよね。まさにニチアサリンク!


>150秒といったら、メガシルバーの当初の変身時間とほぼ一緒!


メガレンジャーは見ていないのですが
メガシルバーって変身時間に制限あるんですね。
2分30秒…ウルトラマンより少ないとか…。





>>一介の753ファンさん



一介の753ファンこんばんは。返信が遅くなっちゃって申し訳ない。
最近、涼しくなったと思ったら、また暑くなったりして
季節の変わり目を感じますね。体調管理に気を付けてねン。


>明君、ホントーに万能と言うか、心強い味方ですよね。


元シャドーというポジションもあるけど
それを除いても万能感はありますね。
メカニックとしても優秀だとか頼りになりすぎですわ。

そう言われると、小林靖子さんの追加戦士は万能キャラが多いですな。
追加戦士は、途中からの加入なので有能じゃないと
レギュラーキャラについて聞けないってのもあるかも知れませんね。


>だから明君にも、あまり昔の事を気にしないで今を生きて欲しいですね


やってきたことが雨天中止くらいだったので
それほど深刻ではないのが救いですねw

明には最終的に「死に場所探しはもうやめだ」とか行って欲しいと思っております。
…確かに、逆に死亡フラグになりそうで怖いですけどね。





>>JUDOさん



子供向け番組でも適度なお色気は必要ッ!
最近はお色気が少ないと思うので
ワゴンちゃんには視聴者サービスを頑張って欲しいのよねw


>完全にシャドーラインに乗っ取られた町は地図上からも消滅する。
 これって、町の住民も戸籍上から消滅するんですかね?


闇に飲まれて存在が消える。「死んだも同然」になるって事ですね。


>これで「あれ?ドリルレッシャー、何処にやったっけ?」みたいな
 動きがなかったら、完璧だったんですけどね。まあ、この方が明らしいですが。


ドリルレッシャーの管理すら適当っぽいのが明らしいですよね。
ああいう細かいアクションで個性を出すのは嫌いじゃないわ。


>彼と貴虎、果たしてどちらが先に復活してくるんでしょうね?


貴虎兄さんって、もしかしてもう死んでるんじゃ…いや、まさか…。


>烈車を握り締めてイマジネーションを込めれば、
 回復が早まるとかあるんですかね?


イマジネーションがエネルギーだろうし
そういうギミックがあってもおかしくないですよね。
イマジネーションが高まれば、より長く戦えそうなカンジ。


>今後、ナイトとかビショップが出てきたら、 
 オセロとか囲碁で倒されるんでしょうかね?


それ良いですねw
今後のレインボーラッシュに期待しておこう。


>せっかく超巨大化したんだから、トッキュウジャーも空気を読んで、
 脚の間に入って槍で股間を突き上げるとかしてあげなさいよ。


そういう戦法とりそうですよね。
ルークの巨大化が解けなかったらやってたか・も。


>これってどういう原理なんでしょう?海辺とかならともかく、
 内陸の方だと周囲の土地を割り開きながら出てくるんでしょうか?


通常空間から断絶されていた空間が元に戻るだけじゃないかな?
…と、SF脳全開で答えてみる。


>「星の銀貨」とか出てこないですかね?


星の銀貨とか初めて知りました。
主人公の女の子を誰がやるかが問題だな…!





>>石楠花さん



>しかしライトの名乗りポーズ後ろからみたらちょっと間抜けですね


横から見ても、前から見ても、ぶっちゃけダサいと思うw


>生身のアクションありましたが、
 流星くんと志尊くんは格闘技経験あるからかフォームが奇麗ですね


うむ!特に横浜流星くんのハイキックは綺麗すぎて惚れる。
戒斗さんに見習ってほしいほどのキックでした。





>>にわか三級(仮)さん



ワゴンちゃんの尻と同時に出てくるテロップの
「テレビをみる時は、へやを明るくして(はなれて)みてね!」すら
なんだか淫猥なカンジに見えてしまう不思議!


>「絶対に帰る!」という想いの強さが視えて、何気に好きです。


確かに!ライトが食い気よりも優先すべき事項ってのは
それだけでも重要度が分かりましね。(それでいいのかライト…)


>ルー語もとい似非外国人風な喋り方をするディーノ男爵
 (男爵ディーノに非ず)という下級幹部が登場したみたいです(笑)。


男爵ディーノじゃん!それ絶対、男爵ディーノじゃん!!
面白手品は使わずに、エグイ戦い方をするようで、ちょっとホッとしたw

そして、グリッタ嬢の可愛さがシャドー怪人に広がっててホッコリした。


>ネテロ会長は、1時間に短縮するまで数年かかりましたが、
 ヨル兄貴はどないでしょうか(笑)。


5回で飽きました。(キリッ


>グリッタ嬢をシロアリかどこぞのエイリアンみたいに(笑)。


それくらいのバイタリティはあると思うんだよね!

「寂しそう」と言っていた伏線の回収はあるかも知れませんね。
つまり、グリッタ嬢の出番はまだ終わりではないという事なのさ。


>シリアスなバトルや「がんばろう!日本」や
 「Let It Go~ありのままで~」といったネタをぶっ込んで暴れてましたが…
 …仰るように全部ネロ男爵に任されるのかそれとも……。


あ、けっこうネタをぶっ込んでくるのねw
シュバルツ将軍がいなくなって、ネロ男爵の出番が増えた印象ですな。
まぁ、ネロ男爵本人は嬉しそうなので良いんじゃないかな?


>闇形式が、「モヤ(職用車=業務用)609(ルーク)-24」ということで、
 「モ」はmanager(管理人)という説が出てましたが、
 もし管理人達を束ねる幹部が出るとしたら……
 鈴木 れい子さんか大山 のぶ代さんボイスで「モノクロ」の捩りとか(コラ


シュバルツ将軍と、グリッタ嬢がシャドーラインからいなくなっちゃいましたもんね。
中ボスクラスの幹部が出てくることは流れ的にも自然なカンジ。
モで始まる、黒に関係した言葉…で考えると色々と分かりそうですが
本編を楽しみにして華麗にスルー。


>それはそれとしてトイレに行きたい時等に動きを止められると、
 確かに絶望して闇を生み出してしまいそうです。


トイレ中に止められても羞恥で絶望の予感!


>ポリスレッシャー「この烈車は、特急、きらり台警察署行きです。」


最悪の場所じゃねーか!
そう言えばポリスレッシャーの地元なのか…。
ポリスレッシャーもなかなかいい性格をしていそうだぜ。


>「クサレ脳ミソ」と罵らなかった辺りにミオちゃんの優しさを見ました
 (正直修正版の方が酷い辺り、荒木先生の抵抗を感じます)。


あの修正にはむかっ腹が立っているのですが
荒木先生の反骨精神を受けて怒りを抑え込んでいるの巻。


>最初の変身も数えましたが、
 トッキュウチェンジャーのスイッチを入れてからきっちり30秒でした(笑)。


おぉ、凄いw
そういう部分をちゃんとしてくれてると好感度アップよね。


>シャドータウンへ行く覚悟を問われて「ないです!」と言い切ったり、
 留守番の時にシャドータウンの特性も言わず黙って送り出したりしていた辺り、
 まだ何かあるのでしょうか。


純粋に怖がっている部分もありそうですが
そんな理由で黙っていることも多々ありそうですよねw
ストーリー上の大人の都合ってのもあるでしょうけ・ど。


>あまりにも強過ぎるイマジネーションエネルギーを抑えられず
 暴走しがちなために自らジャングルの奥地に引きこもっていたという
 野生の烈車で……そこ!前作のトバスピノとちょい被るとか言わない!!


もう「野生の烈車」という単語だけでもちょっと面白いんだけどw
自ら引きこもる所にトバスピノを超える冷静さを感じる気がしなくもないね。

って言うか、クローレッシャーとか本編に出てきてもいい感じですよね。
ホラ、てれびくんの売り上げもさらにアップしそうじゃん?





>>地獄行さん



小林靖子さんがインタビューで
乗り換えチェンジに意味を持たせたいと言っていましたが
上手いこと考えたなと言う印象ですね。

これまでも、乗り換えチェンジをテクニカルに使ってきましたが
敵のエリアで使うためのギミックだったというのは納得の出来。


>七人揃ってはポーズ的に無理でしょうが
 零號の希望はまだ断たれてはいないようです


トッキュウ6号の後ろで、両手で丸(0号的な意味で)を作れば大丈夫!


>ルークがカッコイイですね


いかにも守護者・管理人ってカンジのデザインが素敵でしたね。
シャドー怪人は総じて好きなデザインが多いですわ。


>あのサイズ比で倒した方が
 超超トッキュウ大オーの強さの演出としてよかったと思うのですが


同意ですね。
超巨大化したルークと超超トッキュウダイオーのぶつかり合いは
是非とも見たかったなと。迫力ありそうですよね。

出てくることが濃厚な量産型ルークの活躍に期待しておこうw




管理者のみに表示

トラックバック