ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダー鎧武/ガイム感想 第40話

2014.08.16 (Sat)

第40話 「オーバーロードへの目覚め」




湊曜子
「これで終わりよね?」


戒斗
「葛葉たちのあとを追うぞ!!」





強いぞチーム戒斗(#40)




大活躍するチームKAITOの快進撃。
一方、なんの描写もなかったチームシャルモンが心配でならない。
次回のアバンで、割れたメガネが無残にも転がっている様なことが
なければいいのだが…。
次回予告で流れた不吉な映像にワクワクしつつ第40話。




プロフェッサー凌馬
「ハハッ…しばらく離れている間に、また随分と様変わりしたもんだ。」


紘汰
「まるっきり他人事かよ。」


プロフェッサー凌馬
「待て、こんな所にエレベーターなどなかったはずだ。」


紘汰
「ここは!?ラット!リカ!姉ちゃん!
姉ちゃん!姉ちゃん…!なんだよこれ…どうすりゃいいんだよ!」


プロフェッサー凌馬
「あっ、なるほどね~。
ここにいる人間は、み~んなこの機械の部品にされてるってわけ。」


紘汰
「おい!あんたなら助けられるだろ?」






プロフェッサーの顔芸(#40)





そして、あの顔である。




「オーノーだズラ これはもうだめズラ 
オラにはどうすることも出来ないズラ 生命力吸われちゃってるズラ」

みたいな、あの顔である。
街角アンケートで10人中9人が遠慮なく殴りたいと答えた、あの顔である。
下唇を掴んで人体の限界まで下方向に引っ張ってみたいこのカンジ…!
ホンマ、プロフェッサーの煽りスキルの高さはヘルヘイムに響き渡るで。


知らないエレベーターにあえて乗る勇気!!
いつの間にか便利な直通エレベーターが出来ていたとか…。
人質の所にたどり着くまでに幾多の困難が待ち受けているに違いないと
ワクワクしていた私がアホみたいに思える文明の利器キタコレ。

って言うか、なんなの。
フェムシンムってエレベーターとか作れちゃう技術力あるの?
地味に凄くね?レデュエが設計してインベス総動員で作り上げたのかしら。
フェムシンム驚異の呪術的技術力の賜物なのか・も。

実際は、これも全てレデュエの幻覚で
意図的に誘導されたってのが有力かなーと思いましたが
そもそも、この場所に誘導する意味がないというね。
なんか森を操る力でグワーッと大胆リフォームを敢行したのだろうか。


プロフェッサー凌馬
「君とは色々語らいたいんだが…話は連れの気が済んでからにしよう。」



レデュエとプロフェッサーは気が合いそうだと思っていましたが
プロフェッサーの方は対話を求めるレベルで興味津々だった模様。

レデュエもミッチなんかと組むよりは
プロフェッサーと組んだ方が色々と捗る気がしますね。
この2人が手を組んだら(彼らにとっての)理想の世界をつくりあげちゃいそうで
なんだかとってもデンジャラス。





レデュエローリング(#40)





レデュエさんの 凄い 回転。




戦闘場所を移動するために3人一緒に横回転しつつ上昇し
天井をぶち破っていく姿が超シュールw
おそらくメインは極アームズのとんがりヘッドだと思われる。
ドリル的に利用して突貫したのではなかろうか。さすが大将軍ですね。


レデュエ相手に、ダイレクトで極アームズに変身した紘汰がイイカンジ。
一応、カチドキを経由しないといけないのがアレだけど
スムーズにキャストオフしててカッコ良かったなと。






レデュエ
「お前はもはやこの世界の住人ではない。
むしろ我々の仲間だよ。
すでに人間の食べ物がのどを通らなくなっているはずだ。」

「禁断の果実の禁断たるゆえんだ。
それが何を意味するのか今から見せてやろう。
この先お前を待ち受けている世界に案内してやろうじゃないか。


裕也
「出てきたな、化け物め。」


紘汰
「化け物?俺が?裕也…なんだよ!あっ…なんだよこれ!?」


裕也
「平和になったこの街を、お前らの好きにはさせない。
フルーツジュースにしてやるぜ!!






裕也鎧武(#40)





やったー!裕也さんカッコイイー!!


オリジナル変身ポーズに加えて
決め台詞まで完備とは至れり尽くせりの扱いじゃないか裕也さん!
良かった…裕也さんに出番があって本当に良かった…。
例えレデュエの幻覚だったとしても、裕也さんオンステージはあったんや…。


紘汰を精神的に追い詰めるレデュエの催眠術。
これから訪れるであろう紘汰の未来のビジョンを
過去の出来事を絡めて見せる手法がテクニシャン。

こうなっていたかも知れない可能性と
こうなるかも知れない可能性を、両方同時に見せているのが非常に上手い。
裕也と初瀬ちゃん、インベス化して死んだ2人のシーンを上手く絡めて
紘汰の葛藤を表現したのがお見事でした。
2人の気持ちが紘汰を通じて描かれると同時に
紘汰自身の覚悟へと繋がっていくというね。


しかし、インベス化したあの2人に仮に意識があったとしたらならば
あんな風に思っていたかも知れないのか…。
これは精神的ダメージがデカいですね。


催眠世界とは言え、裕也さんが再登場した上に鎧武にまで変身したわけですし
せっかくなので、初瀬ちゃんも出てくれれば良かったのにね。
黒影にならなくても良いのよ?モブチックにいてくれるだけでも良かったのよ?
紘汰に傷つけられるラットの役とかどうかね?(手遅れな提案)


裕也鎧武のチンピラっぽい戦い方もナイスでしたw
容赦のない蹴りが紘汰ビャッコインベスを襲う!
フルーツジュースにしてやんぞオラァッ!!





プロフェッサー凌馬
「なるほどね…催眠術か。妙な技を使ってくる。」

「やれやれ留守が長引いたもんだ。
よし…回線は生きている。アクセス権限も有効。
あいつら興味のない装置には手も触れなかったようだね。
マスターインテリジェントシステム、再起動。
ハハハハ…!君たちの行動は全て録画済みだよ。」






インビジボゥ(#40)

全部録画済み(#40)





紘汰とレデュエがバトルしてる間に
インビジブルで姿を消してこっそりエスケープするプロフェッサー。
やだもうなにこのディエンド。


彼がユグドラシルタワーに来た理由は
マスターインテリジェントシステムに蓄積されたデータの回収。

そういえば、あのシステム起動したまま脱出しちゃってたんだっけ…。
今更のこのこ紘汰達を利用してまで取りに戻ってくるとは、とんでもない男である。
面の皮の厚さで言えば、良心の呵責が微塵もない分
裏切りの貴公子・呉島光実さんを軽く凌駕する存在であると言えよう。


ヘルヘイムの森にもカメラがあるのは知っていましたが
ミッチとレデュエの密会など、かなり重要な場面も録画されていた様子。
どうやって撮ってたいたのだろうか…
もしかしてステルス迷彩機能付きの自動追尾型のカメラなのかな。
ユグドラシル驚異のメカニズム。


ミッチとレデュエの関係性、舞ちゃんの居場所
そして知恵の実を持つロシュオの存在まで把握完了したプロフェッサー。

ミッチ&レデュエに対してアプローチをかけてくるのかしら?
壊れかけてる3人がトリオになったら、もう手がつけられないぞ…!





舞ちゃん
「それが私たちの世界を救ってくれるの?」


ロシュオ
「フッ…使い方次第だ。だが、あくまでこれは創造と破壊の力。
もし救済を望むなら、果たして救われるのは王か世界か…。」


サガラ
「運命に流されるまま生きるしかないのが人間だ。
もし、世界の運命を1人で覆すことができたら…そいつはもう人間じゃない。」


舞ちゃん
「紘汰を…騙してたのね。」


サガラ
「俺はあいつが望むものを与え続けてきただけだ。
覚悟するよう忠告もしてきた。」


舞ちゃん
「じゃあ…どうなっちゃうのよ?紘汰は!!」


サガラ
「そこが面白いとこだ。
あいつが、もしも黄金の果実に至ったら選択肢は2つだ。
果たしてあいつはどちらを選ぶかな?」






知恵の実おいしそう(#40)

おじさんに絡まれる舞ちゃん(#40)






<この果実はな。お前たちの世界が森に沈んだあと
<新たなる世界を治めるためのものだ。
<しかし、果実の力で森の侵略を止めたなら新たなる森の王はどうなる?


           ___   !?
       /      \
      /ノ  \   u. \  えっ?なにこれ?
    / (●)  (●)    \   私質問されてるの?
     |   (__人__)    u.   |  
     \ u.` ⌒´       /    
    ノ            \
  /´               ヽ







            そりゃあ、行き場をなくすわな。新たな世界の創造主は>
 すなわち古い世界にとっての破壊神だ。忌み嫌われるのは当然だろう。>


         ____  !??
       ../     \
      /  u   ノ  \  えっ?サガラ?なんで?
    /      u (●)  \   …って言うか、お前が答えるんかい。 
    |         (__人__)|  
     \    u   .` ⌒/     なにこれ超怖い。
    ノ           \
  /´               ヽ




ヘルヘイムの森の奥深くで、怪しいおじさんたちに絡まれたでござるの巻。



脱出不可能の異世界の森深くで人外のおじちゃん達から
ワケの分からない話を延々と聞かされる舞ちゃんの気持ちも考えていこう。
トイレとかお風呂とかどうしてるのか想像してみよう。


はからずも世界の命運にかかわる情報を一気にゲットする舞ちゃん。
…以前、貴虎兄さんもこんなポジションにいたなぁ。(遠い目)

ロシュオさんって、わりと簡単に知恵の実を見せてくれるよね。
自慢の壺を見せびらかすお爺ちゃんみたいなカンジで。
お爺ちゃんもうそれ見たから、毎回見せなくてもいいから。


知恵の実は、想像と破壊の力を持っているとか
世界の創造主になるか、世界の破壊神になるかの二択だとか
どちらにせよ、たった1人で世界の運命を動かせる者になったとしたら
それはもう人間では無くなるとか、とんでもない内容をサラッと話してますね。
渦中の紘汰が、それを知る由もないってのが哀しい所ですが。

サガラは状況を楽しんでいるようにしか見えなくなってきましたなぁ。
彼も世界の外側の存在なのかしらね。
紘汰の選択を見届けること自体がサガラの目的なのかも。






ザック
「なんだ?ここは…。ラット!リカ!!
さらわれた人間はここに連れてこられたのか。…これ外れねぇぞ!」


戒斗
「こいつだ。」




戒斗キック(#40)

取れました(#40)





戒斗キックそぉい!!




これ外れねぇぞ! → キック一発で即行解決。これが強さだ…!!


機械から人間たちに怪しげなコードが伸びまくっているのに
容赦なく蹴りを喰らわす戒斗さんマジ強者。

あのプロフェッサーでさえ止め方は分からないと言っていたのに
一番重要そうなマシンを即破壊ですよ。一辺の迷いなしですよ。
機械をぶっ壊したら人質がどうなるかとか考えなかったのだろうか…。

結果的に、人質全員が解放されることになりましたが
一歩間違えば大惨事だったんじゃなかろうか。
色んな意味で凄い男だ、駆紋戒斗…!


…戒斗キックで破壊できるなら
電源引っこ抜けば止まったんじゃないかなコレw


戒斗
「ここは任せた。俺は葛葉を追う。」



人質なんぞよりも、紘汰さんを心配する戒斗さん萌え。






レデュエ
「苦しんでいるな?だがこれはただの悪夢ではない。
いずれお前の身に降りかかる現実だ。」

「お前は世界の運命を覆す者として、世界の外側に立つしかなくなる。
お前はもう人間ではないのだ。」

「力を手に入れたことでお前はこの世界における法則を逸脱した。
違反者であり侵略者。人々にとっては恐怖の対象でしかない。」


デュデュオンシュ
「大丈夫かね?我が友よ!
さぁ、行きたまえ!みんなが待っている!」






オーバーロード戦隊(#40)





デュデュオンシュさん…!!




やだ…デュデュオンシュさんの紳士っぷりにコロッといってしまいそう…!
言葉づかいも優しいし、あの羽もとってもエレガントだわ。

以前、デュムシュの仇を討とうとしてたり
ミッチの蛮行に対して苦言を呈していたり
オバロの中では一番仲間思いだと思われるデュデュオンシュさんだからこそ
このセリフが言えるってわけですね!
レデュエにこんなこと言われても、明かな嘘にしか思えないもんなぁw


ビャッコインバス・セイリュウインベス・デュデュオンシュ・シンムグルン
インベス四獣が勢揃いで、なんだかとっても戦隊チック。
でも、リーダー格がレデュエなのがションボリなカンジ。
ここはレッドのデェムシュがど真ん中にいれば完璧だったのにねw
カラーリングが緑だらけで地味ずぎじゃんよ。


フェムシンム四獣シリーズ内でも
オーバーロードと上級インベスの格差があるのが気になる。
セイリュウとビャッコは最弱なのか…。





人間ごときに  | フフフ…奴は  ! /        \
負けるとは   .| 四天王の    | | ビャッコが   |
フェムシンムの   | 中でも最弱… | | やられた   !
面汚しよ…  /\___ __/  | ようだな…  |
__ ____./       V      \__ ___./
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、       V
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j  /ミ`┴'彡\


【デュデュオンシュ】 【シンムグルン】 【セイリュウインベス】







光実
「どこに行こうっていうのかな?
舞さんを取り戻しに来たんだろ?でも残念。あの人はここにはいないよ。」


戒斗
「フッ…だが、葛葉抜きで貴様と出会えたのは幸運だ。」


光実
「そう言えばいつだったか言ってたっけね。
僕のこと直接始末するとかなんとか。」


戒斗
「足手まといになるやつがいなければ容赦なく貴様を叩き潰してやれる。」


光実
「どう?これでもまだ僕が弱者だと?」


戒斗
「貴様は、もはや強い弱いの問題ではない!ただのバカだ!!






戒斗とミッチ(#40)





ミ ッ チ は た だ の バ カ 。




TADANOBAKAキタ!TADANOBAKAキタコレ!!

強者評論家として名高い駆紋戒斗さんに
強者や弱者を超えた超存在「ただのバカ」として認定されたミッチ。
騙し、裏切り、賢く立ち振る舞ってきたつもりだと言うのに
ただのバカとか言われちゃったお…。


戒斗
「オーバーロードの手先になって足場を固めたつもりか?
使い捨ての手駒にされてるんだぞ!」



冷静に分析された上での評価にぐうの音も出ねぇw

ミッチはオーバーロードを利用していると思っていますけど
立場的にも実力的にも、利用できる要素が一個もないというね。
どうしてミッチはオーバーロードを利用できると思っていたのだろうか…。
ぬぅ…やはりただのバカか…!!


「貴様は、俺がこの手で直接始末する。」
そう言っていた戒斗とミッチのタイマン勝負のステージが
ちゃんと用意されていたことにグッときたぜ。

今回の話を見てて思いだしましたけど、28話で戒斗がミッチに対して言い放った
「今日の所は見逃してやる。さっさと尻尾を巻いて逃げるがいい。」のセリフを
ミッチは38話で、「見逃してあげる。さっさと尻尾を巻いて逃げろよ。」
と、そのまんま返していたのね。

つまり、今回の戒斗とのタイマンも
あの時、ケンカを売られたことに対する返事って訳かな。
見た目通り、コケにされると結構根に持つタイプなのねミッチ


ユグドラシルタワーの下でにらみ合う戒斗とミッチ
お互いに移動しながら変身、見上げるようなユグドラシルタワーのカット
変身完了して鍔迫り合い、の一連の流れがカッコ良かった。

叩き潰すとか言いながらも、ミッチのベルトを執拗に狙い
変身解除させての戦闘不能を狙って行く戒斗に優しさを感じる。

以前の戒斗なら、形振りかわまずフルボッコにしたと思うのですが
随分と丸くなっちゃってまぁ。
あわよくば捕らえて、紘汰の前に連れていこうとか思っているのかも。


ミッチはミッチで、こんなに簡単に自分から姿を見せるとは思わなかった。
ユグドラシルタワーの上の方で、インベスに苦戦する紘汰や戒斗を監視しながら
椅子にふんぞり返りつつ葉巻でも吸ってるイメージだったのでちょっと意外。






裕也
「やれるもんならやってみろ!俺たち人間は決して貴様らには屈しない!
俺が死んでも…俺の仲間が必ずお前を倒す!」


サガラ
「あの男はどちらを望むかな?世界を犠牲にして己を救うのか。
あるいは世界を守って己を滅ぼすか。」


舞ちゃん
「そんなの決まってるじゃない…!あいつはいつだってそう…。
昔から変わらない!昔から変わらない!」


紘汰
「すまん裕也…。誰が仲間か、誰のための世界か、そんなことはどうでもいい!
ここには死なないでいて欲しかった奴がいた。
そしてまだ生き延びてほしい人たちが残ってる!
俺の味方かどうかなんて関係ない!守りたいものは変わらない!
たとえ、俺自身が変わり果てたとしても!」


レデュエ
「人間は必ずお前を拒む!そんな連中のために犠牲になる気か!?」


紘汰
「犠牲なんかじゃない!俺は俺のために戦う!
俺が信じた希望のために!俺が望んだ結末のために!!」






裕也さんの笑顔(#40)





自分の信じた希望と未来の為に戦うという決意をした紘汰。
その自分の望む希望や未来に
紘汰自身が含まれる事がないであろう可能性すらも受け入れてる。

自分の思い描く未来の為に、自分が変わり果てたとしても戦い続ける。
迷いや幻想を振り切って、そう決断した紘汰は純粋にカッコイイと思う。

人の為ではなく自分の為に戦うから犠牲ではないってのはジーンときた。
お人好しにも程があるわ紘汰…!


覚悟を決めた紘汰に笑顔を向ける幻術の中の裕也。
遠く離れたヘルヘイムの森で、紘汰の事を心配する舞ちゃん。
生き延びて欲しい人と、死なないで欲しかった人。

これから紘汰自身が人間ではないものに変わって行ってしまうとしても
守りたいものは変わらない。その覚悟、嫌いじゃないわ!!


余談ではあるが、レデュエに幻惑されて苦しむ紘汰の演技がハンパない。
紘汰の苦しみや葛藤がビシビシと伝わってきたわ。
佐野岳くんってば若いのに凄いわー。惚れるわー。





紘汰
「そうだ…俺は…後悔なんてしない…!!」






なんか生えましたよ(#40)

決意の紘汰さん(#40)





まるで「10年」も修羅場をくぐり抜けて来たような……
スゴ味と……決意を感じる目だ………
たったの数分でこんなにも変わるものか……


ラストの紘汰の覚悟を決めた表情にシビれたぜ。
絞り出すようなセリフと鬼気迫った演技がディ・モールト素晴らしい。

自分の守りたいものを守るためには、自分が犠牲にならなければならない。
そのための覚悟を決めた男の気迫のパワーを感じますわ~。


精神的に屈服させて、手下として扱おうと画策したレデュエの策略は大失敗。
ミッチ相手なら効果は抜群だったかもしれませんが
紘汰さんは乗り越えた挙句、新たに決意まで固めてしまったと言うね。

ビートライダーズ、ユグドラシル、ヘルヘイム、オーバーロード…
これまで紘汰が覚悟や決意を固めるたびに
新たな事実と世界にをそれを覆されてきたわけですが
今回それを遥かに上回り覆い尽くすほどの覚悟を完了したってカンジかしら。


がんばれ紘汰。足元から植物がモジャモジャ出てきちゃってますけど超がんばれ。




コメント

No title
さあ、明日は雨なのか?
取り敢えず、てるてるぼうずを逆さにぶさ下げておきます。

さて、今回も思った事をいくつか。

①湊の「これで終わりよね?」発言が少し不安げでしたね。どんだけ警備を配置してたんだ、プロフェッサー凌馬。

②プロフェッサー凌馬がエレベーターの存在に驚いていましたが、あれはレデュエが作ったんでしょうか?いや、プロフェッサー凌馬の場合、単なる演技の可能性も・・・。

③「レデュエと語らいたい」みたいな事を言っていたプロフェッサー凌馬。しかし、その前にレデュエの事を「彼」と言ったので、その事を謝らないといけませんね。

④催眠世界の中でビャッコインベスになっていた紘汰。これって、催眠世界が紘汰の記憶を元に作られてるからですかね?紘汰の脳内では、ビャッコインベスは人間(初瀬ちゃん)からインベスになったイメージが強いでしょうし。

⑤上の仮説が正しいとすると、紘汰は無意識下で「裕也は変身したら、こう言うだろう」と思ってた事になりますが・・・紘汰の裕也に対する評価って、いったい・・・。

⑥レデュエの催眠術に対して「妙な技」と言っていたプロフェッサー凌馬。いや、お前の光学迷彩も充分に妙な技だろ。

⑦何だかんだで、状況が1番思惑通りに進んでるのって、レデュエかプロフェッサー凌馬ですかね?

⑧今回の話を見る限り、やっぱりサガラは観察者っぽいですね。ただ、要所要所でちょっかいを掛けてくるので、かなり始末に悪い観察者ですが。

⑨割とあっさりラットたちを救った戒斗。そういえば、他の皆は拘束具を外そうとはしたけど、そこに繋がるコードや大元の機械には触ろうともしませんでしたね。まあ、下手に触って事態が悪化しても困りますが。そう考えると、迷わず機械に蹴りを入れた戒斗の度胸は凄いですね。

⑩レデュエの発言。

お前は世界の運命を覆す者として、世界の外側に立つしかなくなる。
お前はもう人間ではないのだ。

つまり、世界を救った後は禁断の果実の力を使って、ヘルヘイムの森でお前を顎で使えばいいのか?

⑪紘汰を助けに現れたインベスの中にデェムシュがいなかったのは、レデュエ的にも「さすがにあいつが助けに来るのは不自然か」みたいな考えがあったんですかね?それとも、単に緑で統一したかっただけ?

⑫「騙し、裏切り、賢く立ち振る舞ってきた」つもりのミッチ。でも、実際は「騙され、仲間を裏切るしかなくなり、無様にもがいてる」だけなんですよね。確かに客観的に見ると、ミッチがバカというのもわかりますね。

⑬えっ?ミッチがユグドラシルタワーの上の方で、インベスに苦戦する紘汰や戒斗を監視しながら、椅子にふんぞり返りつつ葉巻でも吸ってるイメージ?さすがに16歳の彼には葉巻の吸い方などわからないでしょう。

⑭ふと思ったんですが、紘汰と映司(初期の方)って似てません?誰かを助ける時に、自分を勘定に入れない部分とか。

さて、最終回まで生き残って、集合できるのは何人いるのか?
生き残る可能性が高いのは、舞、ラット、リカ、ペコぐらいでしょうか。
正直、最終回の時点でアーマードライダーが全滅している可能性すらあるのが「仮面ライダー鎧武」の怖いところですね。
裕也くん。。。顔忘れてた
ちびっ子がどこまで着いてこれているのか、気になってたまりません(笑)
グリッタちゃんのキラキラを少しプラスしたいほどの闇ですねー
違反者で侵略者
鎧果実40話「オーバーロードでインベス」
レデュエ先生のオーバーロード青空教室
大将軍を生徒に開講の絵図。

足りないものを埋めるのは
選択肢を埋める事と。
(コウタさん埋まり過ぎな気がしますが。

選択肢が広がれば、力を欲して(コウタ)
狭まれば、邪魔として捨てる(ただのバカ)
どちらも危険な力を手にしてる皮肉。

若さは力を求めるっていうシドの台詞
は若い内は選択肢が広いってことかなと。

沢芽から世界。そして未来とかそんな
感じでしょうかね。
(俺のステージ広がりすぎ問題

コウタさんの望む結末がサガラの
望む方向にシフトされそうで怖い。

カチドキアームズェ…。
最近、凄い前座だったし
勝率も悪かったカチドキアームズw

次回の活躍に期待。鎧果実40話完




紘汰の決断は、色々な人たちとの出会いと別れの積み重ねでもあるんでしょうね。
幼女が「おかたづけ」や「交通ルール」等の大切さを学べる『はじめてのプリキュアえほん』シリーズの流れを汲んだ『はじめてのかめんライダーえほん ぼくたちかめんライダー はたらくくるまでだいぼうけん!』という知育絵本が出てました。子ども(SD)な仮面ライダー達の一日を通じて、車のお勉強だけでなく「仲間と力を合わせる」ことの大切さも説いているある意味キャラ物の真骨頂ですが、楽しそうに電王(でんおう)やウィザードと遊ぶ鎧武(がいむ)の姿が微笑ましすぎて泣けてきます……。

>すすめ!チームKAITO
レア物に、ロックビークル……ジリ貧バトルは迎撃システムの打ち止め(ラストオーダー)が先でしたかとニワカはニワカはちょっと賢気に言ってみたり。
やはりオートより手動の方が強かった気がしますね(笑)。しかし主任がついていたとは言え、リスクの伴う採集の末にもぎ取ったスイカロックシードで召喚されたアームズ達が次々と潰されていく様を社員達が見たらどんな顔をするでしょうか、ロックシードのエネルギーが空になるだけとは言え(苦笑)。

>人質の所にたどり着くまでに幾多の困難が待ち受けているに違いないとワクワクしていた
レデュエ「……ダれのセイだとッ!!」
フェムシンムによる侵攻は続いておりますけれど、『仮面ライダー×スーパー戦隊 Wヒーロー夏祭り2014』でのプレイツール「インベスをやっつけろ!」で初級、上級、オーバーロードを問わず、キラキラと目を輝かせた子ども達にインベス達が次々と斬り捨てられていく…まさにフェムシンムの将涙目な光景を見て、「嗚呼、とりあえず日本は大丈夫だろうな。」と思いました(笑)。ちなみにこのイベントで行われた仮面ライダースーパーステージでは、あの金メッキが悪足掻きしてました(笑)。

>「オーノーだズラ これはもうだめズラ オラにはどうすることも出来ないズラ 生命力吸われちゃってるズラ」
紘汰「OHHHHH NOOOOO---」
紘汰の怒りは、姉ちゃん達(「よくも姉ちゃん『を』こんな目に!」と発言していたことはあえてスルーする勇気を!)が酷い目に遭わされていることにプラスして、この煽っていくスタイルを崩さないプロフェッサーへのイライラが頂点に達していたこともあるのではないか…と即極アームズを視て思いました(苦笑)。

>戦極「そこにいる彼に聞いてみちゃどうだい?」
レデュエ(カ……レ….…?)ピクッ
JUDO様のネタ拝借失礼。レデュエは女性体だそうですが、キラキラ好きな彼女をどちらともとれる姿や声(自前の可能性もありますが)に改造したこともロシュオへの反感の一因だったりして(笑)。

>翡翠(レデュエ)幻魔拳
痛みも、痒みも、あるんだよ。でも後悔はないね。
催眠術とは言え、JUDO様のご指摘通り、紘汰の記憶をも応用しており、流石幻術特化の一族というべきか……夏の映画で活躍した「彼」には少し劣る感じなのも巧い按配です。

>こんなところに直通エレベーター
レデュエの「シンムグルン『すら』倒すとは……。」という発言からしても、ヨルさんの推察通り、暇潰しにグワーッとリフォームをやった可能性がありますね。それと隠し通路までの道のりに異様な程インベスが集まっていたことも考えると、レデュエは植物を通してユグドラシルタワーの構造を把握しており、隠し通路に来ると踏んでいた可能性も高そうです。あの直通ルートもシンムグルンの強さを信頼していた(仮に敗れても自分の幻術でチョチョイのチョイと考えていたかも)となると何となく頷けます。
エレベーター作りは、短期間で「ロシュオの嫁を蘇らせる機械~(モノクマボイス希望)!」もといパーフェクターを製作したことから不可能ではなさそうです。

>マスターインテリジェントシステム再起動
ヨルさんの予想通り、お宝映像が本命でしたか(笑)。
ご推察通り、監視カメラは、スカラーシステムやデュークの装備と同じく光学迷彩を搭載していたのですね……。

>過去と未来について、IFの世界
そう言えば、第1話からして、確かに裕也さんがあの時戦極ドライバーを装着していたら、紘汰がうっかり実を食べていた可能性もあるのですよね。
「フルーツジュースにしてやるぜ!」という鎧武の決めゼリフクイズの「選択肢」まで拾っているのですから、ネタとしても巧いな、と。
それにしても「こうなっていたなら裕也を手にかけずに済んだ…。」とすすり泣きながら言ってたのには自分も目頭が熱くなりました。高虎兄さんにネタバレされるまでは、「インベスは人間かもしれない」という可能性に目をそらしてましたし、本当に苦しんでましたからねぇ……。

>この力、裕也はどう使う?
元々ビートライダーズは、チーム鎧武のように純粋にダンスを楽しむ面子ばかりでなく、「表向きはダンスサークル、裏ではカラーギャング」な暴れて企業城下町で暮らすことに対する鬱憤を晴らしたいような連中も多く、インベスゲームが流行るまでは、「ダンススペースを奪い取る」名目で喧嘩をふっかけてくるチームから仲間を守るために、裕也と紘汰が奮戦していた……ということを匂わせてましたが、ガチで強かったのですね、裕也も……(メンタル的にも)!IFとは言え、「平和になったこの街をお前らの好きにはさせない!」という発言からして、仲間達と共にヘルヘイムの侵略やユグドラシルの陰謀から沢芽市を守り切ったみたいですので、裕也主役ルートはどちらかと言えば『ウィザード』の流れを継いだ基本二話完結な正統派のヒーロー物語『仮面ライダー鎧武』になっていたのかもしれませんね。世界のために人外となった紘汰を斬り捨てようともした辺りは、本郷さん達のせいですね、確実に(コラ
最後の笑顔は、IFの世界の裕也さんだけでなくずっと見守ってきたであろう現実の裕也さんの想いでもあるのだろうな、と。

>お爺ちゃんもうそれ見たから、毎回見せなくてもいいから。
ロシュオ「しかし仕舞ったままだと湿気てしまいそうで……。」

>サガラは状況を楽しんでいるようにしか見えなくなってきましたなぁ。
そう言えば、何度かこの戦いを「ゲーム」と称してましたっけ、この蛇。
仰るように、口ぶりからして、幾度となく智恵の実の力を手にした人間の末路を見てきたような口ぶりでしたけれど、ヨルさんやバターコーンさんも語られた通り、全てがこいつの掌の上というのも何か癪ですね。

>…戒斗キックで破壊できるなら
電源引っこ抜けば止まったんじゃないかなコレw
戒斗「…………ッ!?それは弱者の考えだ!!」
元町工場の長の息子なのですから、きっと間違いないのです……多分!!

>英雄と破壊神
漫画『ドラゴンクエストモンスターズ+』だと『ドラゴンクエスト2 悪霊の神々』で活躍した主人公の一人が、復活したかつての敵幹部の煽動で「破壊神シドー(2のラスボス)を破壊した男」と恐れられるというキツい描写があったのを思い出しました。

>おせっかい焼きのデュデュオンシュさん
「奴」の煽動で同族殺しをやらかして、完全にイカレてしまったのがデェムシュやレデュエだとしたら、今残っている仲間を大切にしようと考えているのがデュデュオンシュ達下級オーバーロードインベス達でしょうか。
現実でも幻でも「仲間」であるはずの相手によってホットに去る羽目になった朱雀さんに合掌。

>グリーン戦隊
中華風は緑しばりだからね、ちかたないね。

>ロードマスター ガイム「くらえええ!」
回想シーンからして、かつてのオーバーロードインベスの中には、セイリュウインベスやライオンインベス等上級インベスまんまな奴もいたみたいですが……ロシュオも改造がしんどかったのかも(笑)。

>強者さんよりTADANOBAKA入りました!
ほんとBAKA!!
しかしメロンエナジーアームズがヤられたとして、どうする気か。Wアームズになって「さぁ、お前の罪を数えろ!」なんて言われたくないですよ(苦笑)。

>見た目通り、コケにされると結構根に持つタイプなのねミッチ
成る程!そういう切り返しでしたか!!
以前朧月夜さんが仰られ、最近東映公式サイトにも掲載された通り、構成自体は既に終わらせているために、「あの台詞はこういう意味を持っていた」というのがすんなりできるそうで、紘汰の精神が迷い込んだ幻影の世界もそうですが、この辺りは流石アドベンチャーゲームの脚本で慣らした人だなと。
公式サイトの解説通り、一度視返してみると新たな発見もありそうですね。

>椅子にふんぞり返りつつ葉巻でも吸ってるイメージだったのでちょっと意外。
レデュエ「そレがねェww、吸ッたらすグに咽セて、しばラく咳が止まらナかったンだヨw。そノ後、半泣きデメロンジュース飲みナがら、誤魔化してタケドwww。」
仮に吸おうとしたら、幻影高虎兄さんには、「マニッシュ・ボー…いや、光実……格好つけたいのは分かるが、葉巻はやめておけ……葉巻と言えど結局はタバコだ、リスクがないわけではない……まだ飴やココアシガレットを咥えていた方がお前にはお似合いだ……ただ歯磨きくらいはちゃんとしろ、勇気の刃(笑)のようになりたくなければな。」とか言われてそうです(長いわ

>自分の守りたいものを守るためには、自分が犠牲にならなければならない。そのための覚悟を決めた男の気迫のパワーを感じますわ~。
ひめ(…………これはめぐみに渡してみるか。)

>『ウルトラマン×仮面ライダー×スーパー戦隊 3大特撮ヒーローフェスティバル』2ndスペシャルステージ「銀河を駆けろ!光の国の大決戦編」
第1部で敗れ肉体を失った破滅生命体 ザクロスが、何かと肩身の狭い悪の組織のための理想郷「悪が集う駅」完成のために手を組んだショッカーとシャドーラインに協力して、復活を目論んだのが、事の始まりでした。観客を洗脳しようと企んだショッカー幹部ヒルカメレオン(ゲルショッカー大幹部ブラック将軍とは別の個体です)の部隊を倒したダブルライダーを悪に染め、サーベルシャドーとショッカー戦闘員部隊、そして協力者のコウモリインベスを迎撃していたトッキュウ1号と助っ人の鎧武へ差し向けます。しかし後輩のピンチに駆けつけたアカレンジャー主導でお友達の応援の声をダブルライダーに届けたことにより、闇からの解放に成功……一気に反撃に転じます。見事悪の連合を撃破しましたが、ヒーロー同士の戦いというショッキングな光景により十分にマイナスエネルギーが溜まったことで、ザクロスは力を取り戻し、また宇宙に戻ってしまいます。地球のヒーロー達は、ザクロスを宇宙のヒーロー(ウルトラ戦士)に任せ、「悪の集う駅」にされた町を完全に解放すること、そしてそれぞれの戦いに専念することに……!勿論、ザクロスの妨害で子ども達の光(応援)がウルトラヒーローに届かなくなった時には、前回の恩返しとばかりに、町を解放したトッキュウ1号と鎧武が子ども達の応援の後押しをして、ピンチを救う下りもありました。3大ヒーロー達や応援するお友達の絆の前に、ザクロス自身が遂に「破滅」を迎え、ヒーロー達は地球の皆と共に「輝く未来」を目指すことを誓って物語は終結!!
追記:前回「収容されていた」と書いたバルタン星人ですが、こいつも脱獄して、ザクロス配下として暴れた挙句、ウルトラマン達に倒されました(笑)。
追記2:今回の苦悩や決断の演技も見事でしたが、若きヒーロー陣営の中で、佐野氏のアフレコは際立っており、ヨルさんが仰ったように、アニメでの活躍もみたいなと思いました。

>どこにある?どう使う?禁断の果実
そう言えば、カプセルロックシードならまだしもSGロックシードで、マツボックリは出てましたっけ(笑)。

長くなりすぎました、申し訳ない。
コメント返信ッ!


>>JUDOさん



>いや、プロフェッサー凌馬の場合、単なる演技の可能性も・・・。


その可能性は考えてなかったわ。
とは言え、あそこで演技する意味もないしなぁ。
なんだろうあのエレベーター…。


>その前にレデュエの事を「彼」と言ったので、その事を謝らないといけませんね。


レデュエは女性と言われていましたが
その辺は特に問題視されずにきちゃいましたね。
まっ、オーバーロード的には性別とかもうどうでもいいんじゃなかろうか。


>これって、催眠世界が紘汰の記憶を元に作られてるからですかね?


ぽいですよね。
ちなみに、ビャッコインベスは裕也。初瀬ちゃんはヘキジャインベスですね。
裕也は性格が描写される前にリタイアしてしまいましたが
もしかしたら結構はっちゃけた性格だったのかも知れないw


>そう考えると、迷わず機械に蹴りを入れた戒斗の度胸は凄いですね。


みんなが思いながらも出来なかったことを
躊躇なくやってのけるのが、戒斗さんの凄い所だぜ。
もうちょっとよく考えた方が良いと思うのだぜ。


>レデュエ的にも「さすがにあいつが助けに来るのは不自然か」みたいな
 考えがあったんですかね?それとも、単に緑で統一したかっただけ?


あいつアホだったし出さなくてもいいやとか思われてそうであるw
四獣繋がり&カラー統一でキレイだったのでOK。


>実際は「騙され、仲間を裏切るしかなくなり、無様にもがいてる」
 だけなんですよね。
 確かに客観的に見ると、ミッチがバカというのもわかりますね。


そうなんですよねー。
それをズバリ言ってのける戒斗さんはさすがであるw


>ふと思ったんですが、紘汰と映司(初期の方)って似てません?
 誰かを助ける時に、自分を勘定に入れない部分とか。


映司はそこからスタートしてますからね。
紘汰はそこに至るまでが長かったというか。
思う所は色々あるのですが、見せ方は全然違うよなーと思うわけです。





>>ROMの人さん



>裕也くん。。。顔忘れてた


裕也…(´;ω;`)
忘れられないために派手な頭にしているというのに、この仕打ちw


>ちびっ子がどこまで着いてこれているのか、気になってたまりません(笑)


チビッ子はなぁ…意外としっかり理解してたりするから侮れないよね。
まっ、バトルシーン以外はフワーっと見てれば良いんじゃない?


>グリッタちゃんのキラキラを少しプラスしたいほどの闇ですねー


グリッタちゃんがきたら、ヒロイン役奪っちゃうわー。
舞ちゃん存続の危機きちゃうわー。





>>バターコーンさん



>レデュエ先生のオーバーロード青空教室
 大将軍を生徒に開講の絵図。


ただし生徒に反抗されて、学級崩壊した模様。


>若さは力を求めるっていうシドの台詞
 は若い内は選択肢が広いってことかなと。
>沢芽から世界。そして未来とかそんな感じでしょうかね。
 (俺のステージ広がりすぎ問題


どこまでも広がる可能性が若さにはある。
そんなテーマでまとめてるカンジですね。

しかし、サガラによる誘導が感じられるのも事実。
紘汰にはサガラの敷いたレールから飛び出すほどのラストを期待したいのです。


>カチドキアームズェ…。
 最近、凄い前座だったし 勝率も悪かったカチドキアームズw


極になる為、キャストオフされるだけの存在にはなりませんよーに!
個人的にはカチドキが一番カッコイイと思うのだ…!!





>>にわか三級(仮)さん



>『はじめてのかめんライダーえほん ぼくたちかめんライダー 
 はたらくくるまでだいぼうけん!』


はたらくくるまもいいけど、ばいくものろうぜ!
(最近鎧武でバイク見てないなーとの思いを込めて)


>リスクの伴う採集の末にもぎ取ったスイカロックシードで
 召喚されたアームズ達が次々と潰されていく様を社員達が見たら
 どんな顔をするでしょうか


こんな所でスイカ割りの如く無残に散っていくスイカアームズの姿は
社員でなくても見たくなかったと言わざるを得ないw


>『仮面ライダー×スーパー戦隊 Wヒーロー夏祭り2014』での
 プレイツール「インベスをやっつけろ!」


つまりは対インベス用の精鋭を生み出すべく編み出された
特殊ツールだったという事か…!
地球の底力を見せてやるぜ。チビッ子たちが。


>紘汰「OHHHHH NOOOOO---」


プロフェッサーへの苛立ちを、レデュエにぶつけていたと思うと吹くw


>レデュエは女性体だそうですが、キラキラ好きな彼女を
 どちらともとれる姿や声(自前の可能性もありますが)に改造したことも
 ロシュオへの反感の一因だったりして(笑)。


結局、女子らしさは感じなかったなぁw
あのチャラチャラしている耳飾りは、ちょっぴり女子っぽかったかもですがね。


>あの直通ルートもシンムグルンの強さを信頼していた
 (仮に敗れても自分の幻術でチョチョイのチョイと考えていたかも)
 となると何となく頷けます。


なるほど。やっぱり罠のつもりだったの可能性が強いですね。
思惑的には完全に外れちゃいましたけど
それを外面に出さないレデュエさんはミッチとは一味違うカンジ。


>ヨルさんの予想通り、お宝映像が本命でしたか(笑)。


着替え中の湊さんの動画とかも回収したね。
当然シャワー中の貴虎兄さんのもな!


>それにしても「こうなっていたなら裕也を手にかけずに済んだ…。」と
 すすり泣きながら言ってたのには自分も目頭が熱くなりました。


わりとスッと過ぎちゃいましたけど、かなり重いセリフですよね。
重いからこそなのかも知れませんが…。
紘汰の自己犠牲の精神が垣間見られるセリフだったと言えよう。


>最後の笑顔は、IFの世界の裕也さんだけでなく
 ずっと見守ってきたであろう現実の裕也さんの想いでもあるのだろうな、と。


これは色々な想いを感じてグッときちゃいましたね。
裕也としても実に良いシーンだったなと。


>戒斗「…………ッ!?それは弱者の考えだ!!」
 元町工場の長の息子なのですから、きっと間違いないのです……多分!!


そう言えば工場の子でしたね戒斗さん。
こういうのは蹴っ飛ばせば直るんだよ!と教えられてきたのかしら?w


>一度視返してみると新たな発見もありそうですね。


一話完結ではできない流れが出来てそうなカンジですよね。
最終回の後に見返すと面白そうだわ。


>ひめ(…………これはめぐみに渡してみるか。)



使えや…番長スタイルな男子学生服になるレアカード使えや…。
最近、プリカード射出時のリボンのセリフにツボっててアカンねんw


>何かと肩身の狭い悪の組織のための理想郷
 「悪が集う駅」完成のために手を組んだショッカーとシャドーライン


凄い名前の駅出た…!
シャドーラインの性質上、どこかの町が犠牲になるのでしょうが
悪の怪人が跋扈する町とか、もう最悪じゃないの。
すぐ闇に沈んじゃいそうなのが、不幸中の幸いか…。


>今回の苦悩や決断の演技も見事でしたが、若きヒーロー陣営の中で、
 佐野氏のアフレコは際立っており、ヨルさんが仰ったように、
 アニメでの活躍もみたいなと思いました。


佐野岳くんのアフレコは熱いですよね。
元々高かった演技力もさらに上がったし成長性Aってカンジっすよォ~。


>そう言えば、カプセルロックシードならまだしも
 SGロックシードで、マツボックリは出てましたっけ(笑)。


な…出てない…だと…!?
マツボックリってカプセル版しかないんですね。
ぬぅ…初瀬ちゃんの扱い悪くね。





拍手コメント返信ッ!





>>Hadukiさん



今回は、ほぼ幻にとらわれた紘汰さんの話でしたもんね。
大人の目線で見ると熱い展開なのですが
チビッ子から見たら爽快感がないのは仕方ないカンジ。

レデュエの見せる幻が非常に巧みで
これまでちゃんと見てきた人にとってはシビれる演出だったなと。
逆に言うと、チビッ子的には退屈だったのかもですが。

紘汰にはサガラをギャフンと言わせてほしいんですよね。
舞ちゃんもストーリーに絡んできましたし
紘汰と舞ちゃんでアダムとイブになったりしちゃうのかしら?

戒斗さんは…強者だからどこでも生きていけるよ!w




管理者のみに表示

トラックバック