ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

烈車戦隊トッキュウジャー感想 第22話

2014.07.30 (Wed)

第22駅 「女帝の誕生」




花嫁姿グリッタ嬢(#22)




グリッタ嬢のウェディングドレス姿が、キラキラと眩しすぎて目がくらみそうだよぅ!
極上の闇で作り上げた純白のドレスがお似合いで超素敵。

白百合に囲まれた一輪のバラのような可憐さと
ティッシュにくるまれた紅芋のようなワイルドさを感じますわ~。

グリッタちゃんの威光に平伏し、万雷の拍手をおくれ世の中のボケども!
そして、祝福しろ。結婚にはそれが必要だ。第22話。




グリッタ嬢
「もうすぐここにシュバルツ様が…。」


闇の皇帝・ゼット
「よぉ、グリッタちゃん。キラキラした夜だなぁ。」


グリッタ嬢
「陛下…どうして…!?」


闇の皇帝・ゼット
「気づいてるか?お前、今までで一番キラキラしてるぜ。
そいつが欲しかったんだよ俺は。」
「来い。闇と光…お前は最初から俺のものになるって決まってんだよ。
言っておくが、将軍は来ないぜ。」


グリッタ嬢
「えぇっ!?(シュバルツ様が来ない。陛下は全部ご存じだった…。
では、もしここで逃げたら陛下はシュバルツ様に何をなさるか…
それだけはダメ!それだけは…!!)」






健気ガールグリッタ(#22)





愛しのシュバルツ様と駆け落ちする為に
やっとの思いで約束の場所にたどり着いたグリッタ嬢。
しかし、その場で待っていたのは許嫁のゼットだった。

「お前は最初から俺のものになるって決まってんだよ。」

そう言って、強引にグリッタを手に入れようとするゼット。
望まない相手との結婚…でも、断れば愛しのあの方の身に危険が及ぶ…。

「どうすればいいの…。」戸惑いながらもゼットを受け入れようとするグリッタ。
そのキラキラと輝く瞳は、苦しみの涙で一層光輝くのであった。



ト、トレンディーーー!なにこれトレンディーーー!!



このままOPの代わりに「ラブ・ストーリーは突然に」(小田和正)が
流れてきそうなこの展開。月9?これ、月9?否!ニチアサ!!


夜景をバックに彩られる、悪の組織の恋愛模様。
シュバルツ将軍の姿がなく、皇帝がいたことで観念したグリッタ嬢ですが
あくまでも全てゼットがお見通しだったと思っているだけで
シュバルツ将軍に裏切られたことを知らないという悲劇っぷり。
さらに、シュバルツを巻き込むまいとする健気っぷりに泣けるわぁ~。
今時、ここまで献身的かつ
悲劇的なヒロインがいるだろうか?いやいない。(反語)

そんなこんなで、グリッタちゃんのラブトレインも
いよいよクライマックスと言うわけか…。


全国のチビッ子たちが、どれだけグリッタ嬢の恋心に興味があるのかは不明ですが
少なくとも私は尋常じゃないくらい食いついているので問題はない。
なにも・問題は・ない。



ネロ男爵
「陛下、この結婚式ただちに中止を!
ノア夫人が、何やらたくらんでいるのは間違いありません!」


闇の皇帝・ゼット
「…で、グリッタ狙ったってワケだ、てめぇは。」


ネロ男爵
「はっ!夫人の邪魔さえなければ…。うっ…アッー!!?」


闇の皇帝・ゼット
「心配すんじゃねぇよ。俺をどうこうできる奴はいねぇ。」




ノア夫人の不穏な動きを察知して、グリッタ暗殺に乗り出したネロ男爵ですが
結局、ノア夫人に邪魔されて諦めた模様。
ゼットはゼットで、そんな部下達の動きを知っても我関せずというカンジ。


確かに手も触れずに幹部級を圧倒することが可能なくらいの実力はあるけど
キラキラさえ手に入ればどうでもいいってワケでもないだろうに。

…もしかして、キラキラだけあればいいのか?マジでか。




ミオ
「みんな、ちょっとごめん。大事な話。」


カグラ
「聞いて。ミオちゃんがね、大事なことを思い出したの。ねっ?」


ミオ
「うん。もしかして…私たちの町がわかるかも…!」


ライト
「星…星を見るんだ…!秘密基地で…俺たちだけで…。
星の祭りだから…。」


ミオ
「あっ…そうだよ!それ!!」






ミオちゃん思い出したってよ(#22)

星祭りじゃね?(#22)





星のお祭りの夜の記憶。
うーん…キーワード的に嫌な予感しかしないのが凄ぇ…。
ミオちゃんも思いだそうとすると不安になってくるとか言ってましたし
その時に、何か事件が起こったという事なのだろうか。

やっぱ、今の体はイマジネーション体で、本体はまだ子供説か…。
もしくは、実は全員死んでました説か…。

いや、色々と考慮するとライトだけ子供の頃に死んでいるパターンが
一番しっくりきちゃうのですが…
わかった、この話はやめよう。ハイ!!やめやめ!


いやぁ、みんな結構涼しげな衣装になりましたね。(唐突な話題変更の失敗例)
そんな中、ヒカリくんだけ暑そうに見えるw





パンフで探す戦隊(#22)





星に関するお祭りがある海沿いの町を、パンフレットで調べる戦隊!

…ググればいんじゃね?
レインボーパスには通信機能があったと思うけど、ネットは不可?
明くんのアプリチェンジャーとか、いかにも使えそうだけど
お祭りの規模によっては調べるのは困難かもですね。


星のお祭りに関して断片的に映し出される映像を見ると
みんな冬服なんですよね…。
つまり、星に関するお祭りは冬にあると言う事なんじゃないかなと。
子供のライト達も暖かそうな格好してるし、夏祭りって感じじゃなさそう。






グリッタ嬢
「(シュバルツ様…
この式が終われば、私はもう今の私ではなくなるかもしれません。
それでも…あなたさえ、ご無事であるなら…
いつまでもグリッタの心はお傍にあります…。)」


ノア夫人
「オッホホホホホホホ!陛下、恐れながらここまでですわ。
我が娘には、私譲りの結婚相手を呑み込む力が宿っていますのよ!」


闇の皇帝・ゼット
「すげぇ!キラキラだ!!」


ノア夫人
「オッホホホホホホ!闇の皇帝の力はグリッタに!
闇の女帝の誕生です!!シャドーラインは私達のものですわ!
オホホホホホホホホ…!!」






ウェディンググリッタ(#22)





ケッコン(食)




食った!食った!グリッタが食ったーっ!!


うわーっ!グリッタちゃんそれ食べ物じゃないよ!
変なもの食べちゃダメ!ホラ早く、ペッして!ペッ!!


闇の皇帝を頭からガブリンチョ!グリッタちゃんの貴重な捕食シーンキタコレ。
ハンマーシャドーが出した、等身大シュバルツフィギュアを丸呑みしたのは
この伏線だったのね。
誓いのキスの代わりに、婿様を踊り食いとかレベル高いわぁ…。
ははぁん…さてはこれが噂に聞く、初夜ってやつだな!

グリッタ嬢の背中の羽で捕食シーンを隠したのは
あまりのグロさに衝撃的過ぎて見せられないよ!と言うことだったのだろうか。
もしくは、獲物が逃げられないようにするための捕縛技なのか…。
まったく罪なエンジェルウイングである。グリッタちゃんマジ大食い大天使。


結婚相手を呑み込んで、己の力とする能力を使い
闇の皇帝を喰らい、新たな皇帝へと即位したグリッタ嬢。
ノア夫人がグリッタ嬢の結婚を急いでいたのは、これ狙いだったのね。

ノア夫人にも同じ能力があるようで…
つまりは夫人の旦那さんも、すでにお腹の中と言う事か。
何食べてるんすかノア夫人。


相手のエネルギーを取り込んで、自分の力に変えるのかな?
より強い相手を呑み込むほど、自分も劇的パワーアップみたいな。

相手を完全に消化すると、口から卵を産んで子供を作るシステムなのかもしれぬ。
ピッコロ大魔王みたいなカンジで。
卵から、ちっちゃいグリッタちゃんが大量に出てくると思うと
背筋がゾクゾクしますね!良い意味で!!


つか、皇帝なにしてんの皇帝。
「うわぁーキラキラだぁー」じゃないよ。ガッツリ食われてんじゃねーの。
スゲー余裕こいてたのに、ガブリンチョされてんじゃねーの。

だが、捕食される寸前でもキラキラを求めるそのガッツはグッドだね!
さすが生粋のキラキラマニア。キラキラゲットに命をかけるという凄みを感じる。
グリッタちゃんが放つキラキラは
ゼット自身が食われてでも体験したい程に魅力的なものだったのだ…。





ノア夫人
「グリッタ…いえ陛下。
新しい力が馴染むまで、しばしお休みを。」






食ったから寝るわ(#22)





食ったから寝るわ…( ˘ω˘)スヤァ





シュバルツ将軍
「グリッタ嬢…あなたを利用したことを許されよ。
闇に生まれながら、闇よりは力に惹かれし業…全ては我が野望。
存分に戦い、地上を武によって制圧するため。
そこにこそ、軍人としての私の存在意義はある。」

「行くぞ!闇の皇帝が消えた今
どう動こうとも我が軍団の自由!狙うはレインボーライン!!」






ゴメンねグリッタ嬢(#22)

進撃のシュバルツ(#22)





ヒャッハー!邪魔者もいなくなったし大暴れだー!!




シュバルツ将軍はグリッタ嬢から「結婚の意味」を聞いていたので
彼女を利用して闇の皇帝を消す算段だったのか。
ほほぅ…シュバルツ、お主も悪よのぅ…!

グリッタちゃんに対する謝罪の気持ちもあるけれど
それ以上に己の力を存分に発揮して戦いたいシュバルツ将軍は
生粋の軍人だったのか…。


グリッタ嬢の愛情よりも、闇よりも、力が欲しい。
人間から闇を生み出すなんてことはせずに
純粋に烈車の力で蹂躙し支配する。ダークよりパワー!

分かりやすいパワータイプの支配的欲求。
ある意味、キラキラマニアの闇の皇帝・ゼットよりも
悪の組織のボスに相応しい性格と言えるのではなかろうか。


まっ、グリッタ嬢を裏切って彼女の純情を踏みにじった事は許さんがね。
軍帽とったらハゲてたらええねん。






虹野明
「今日は、ここが俺の死に場所か…。」


トカッチ
「いや…「今日は」って、おかしいでしょ。」


ヒカリ
「もう、突っ込むのも疲れてきた。」


ミオ
「ダメだよ!ほっといたら明くんダメになる。」






今日の死に場所(#22)






     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \   ちょりーっす
     |┃三    /  \   / \
     |┃     /  (●)  (●)  \  今日の死に場所はここかー?
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \





持ちネタになってるじゃないですかー!やだー!




今日も元気に死ぬ気のなさが前面に出ている明くんキタ!
「俺の死に場所はここか?」で、ナチュラルに合流してくる姿に吹くw
なんだろうこの「ここか…祭りの場所は?」みたいな。
これさえ言っとけば多少無理のある登場でも許されるみたいな。


そんな明くんに、ちゃんと突っ込んでくれるトカッチの優しさが沁みるわぁ~。
「ほっといたらダメになる!」と心配してくれるミオちゃんは
面倒見の良さをこじらせて、悪い男に引っかからないか心配になるレベル。

でも確かに、こんなの放っておいたら、どんどんエスカレートして
「よーし、今日も元気に死に場所探しちゃうぞー!」とか言い出しかねないので
ちゃんと突っ込んであげないとアカンであろう。たとえ面倒くさくてもw



車掌さん
「大変です!烈車が乗っ取られました!」




シュバルツ自らが出陣してトッキュウジャーを引き付け
その間にクローズ達が、トッキュウレッシャーをジャックする大作戦。
闇の皇帝の縛りがなくなった途端
ここぞとばかりに烈車強盗に及ぶシュバルツ将軍は
色々と溜まってたのねきっと…!


車掌さん&チケットくんが、シャドー怪人がいないのは妙だと
気付いた頃には、時すでに遅し。
どこでも改札を破壊すれば普通に侵入可能とは
レインボーラインのセキュリティ体制に疑問が残るばかりである。
結果的に、レインボーパスがなくても乗車可能やないのアレ。


烈車ジャックに来たクローズ達を相手に
車掌さんが必殺のカマキリ拳法で戦ったり
汎用人型車内販売員風決戦兵器のワゴンちゃんが得意のサイボーグ空手で
クローズをちぎっては投げる展開を期待していたのですが夢と散りました。





ノア夫人
「トッキュウジャー、紹介してあげましょう。
ここにいらっしゃるのは、闇の皇帝・ゼットの力を引き継ぎ
新しくシャドーラインの皇帝の座についた女帝グリッタです。」


ライト
「皇帝って…じゃあゼットは!?」


ノア夫人
「オホホホホ…!闇にありながら光にとりつかれた者など
皇帝にふさわしくありません。消えましたよ。
シャドーラインは、新しい陛下と共に一気に侵攻を開始します!!」






お目目が真っ赤(#22)

ノリノリノア夫人(#22)





うわーっ!お目目が真っ赤だーっ!?




グリッタちゃんのキラキラお目目どこいったんやねん…。
女帝になったことで、新たな衣装に着替えるかと思いきや
ウェディングドレスのままなんですね。
結婚式当日に花婿に逃げられて花嫁大号泣みたいな。そんな風貌しちょる。


テンション高めのノア夫人が面白いw
わざわざ愛娘の成長を見せ付けにくるとは、なんという親バカ。
トッキュウジャーに宣戦布告しちゃったりして、この夫人もノリノリじゃんよ。

前回、ミオちゃんたちに一時的にとは言え協力を依頼してきたので
もしかして話の分かるタイプなんじゃないかと思ったものですが
そんなことは微塵もなかったでコレ。
元気一杯に襲い掛かってきましたわ。おっかねぇ。


ノア夫人は元からグリッタちゃんに闇の皇帝を呑み込ませて
2人で地上を征服しようと画策していたんですね。
作戦は無事に成功し、下剋上大成功と言うカンジでしょうか。

こういう下剋上をするのは、ネロ男爵だと思っていただけにちょっと意外。
ノア夫人の方が野心に溢れた女だったのね。


シュバルツ将軍も烈車の力で地上支配を目論んでいたし
闇の皇帝の為に働いていたのはネロ男爵だけだったという事実…。
皇帝陛下の事を思っている一番忠実な家臣はネロ男爵だったのか。

ゴメンねネロ男爵…あいつ絶対裏切るぜ!とか思っててゴメンね。
だってそんな感じの声してるんだもん。



ミオ
「グリッタ!あなた逃げたんじゃなかったの!?」


女帝・グリッタ
「逃げる…?なぜそんな必要があります?無礼者!!」




前回、入れ替わった2人の会話があったのは胸熱。
ミオちゃんはグリッタ嬢が逃げた理由を知っていたので
ドレス姿の彼女を見て驚いたんでしょうね。
敵であろうと気をかけるミオちゃんのらしさが出ててグッときたぜ。






シュバルツ将軍
「トッキュウレッシャーの実力見せてもらおう。烈車合体!」


チケットくん
「まもなく、大変不本意ながらトッキュウオー完成いたしまーす。
はいドアが嫌々開きまーす。」


シュバルツ将軍
「乗車完了トッキュウオー!!」

「いくぞ!トッキュウオーキック!
まだ倒れるのは早いぞ、トッキュウオーパンチ!
フミキリケン!烈車スラッシュ!!」






楽しそうなシュバルツ将軍(#22)





それにしても、このシュバルツ将軍ノリノリである。




舞散るバラの花びらと共に、絢爛登場トッキュウオー!
野郎…仕込みやがったな…!この時の為に仕込みやがったなシュバルツゥ!


意気揚々と「烈車合体・乗車完了トッキュウオー!」と叫んだり
「トッキュウオーパンチ!」とか「トッキュウオーキック!」とか
ちゃんと技名を叫ぶシュバルツ将軍に萌える。
一回やってみたかったんだろうなーw
シュバルツ将軍ってば烈車大好きだし
いつかトッキュウレッシャーも欲しいって言ってたもんね。


ビジュアル的には味方の3大ロボが揃い踏みの図なのですが
搭乗者の技術力だけで、ここまでピンチになってしまうのか…。

たった1人でトッキュウオーを操れちゃうイマジネーションといい
この辺は烈車マニア・シュバルツの面目躍如と言った所でしょうか。


しかし、「フミキリケン烈車スラッシュ」まで繰り出してくるとは思わなかった。
敵の幹部が味方のロボで必殺技を放ってくるとか凄いな…。
背景がちゃんとキャッスルターミナルになっている所に
シュバルツ将軍の想いを感じざるを得ない。
もうこれ俺のだもんねー、みたいな。トッキュウオーもーらい、みたいな。






グリッタ
「暗闇変形。」


シュバルツ将軍
「グリッタ嬢!?いや…陛下!なぜ…?」


女帝・グリッタ
「理由はありません。戦いたくなっただけです。」
「ダークネスフォール発射!」






花嫁大進撃(#22)





ぅゎ グリッタちゃん っょぃ。




ゼットを呑み込んで得た闇の力と、皇帝専用クライナーロボの力で
トッキュウジャーをフルボッコ。


グリッタちゃんが乗ってきた専用クライナーロボは
ゼット専用クライナーが変形したものかな。
ゼット本人が使う前にグリッタちゃんが使うことになるとは。

って言うか、そもそもグリッタ嬢がロボを操縦するなんて夢にも思わなかったw
ウェディングドレス姿で巨大ロボの操縦席に座るシュールさよ…!
ビジュアルだけ見ると、なにがなんだかわかんねぇなコレw


「理由はない、戦いたくなっただけ」と、言っていましたが
グリッタちゃんに元の心があるのならば
シュバルツ将軍を助けに行ったとも受け取れますね。
闇の皇帝を取り込んで女帝になっても、彼女の献身さは微塵も損なわれていない説。

つまりは、ウェディングドレス姿でシュバルツ将軍との初めての共同作業として
トッキュウジャー抹殺を張りきっちゃう女帝グリッタちゃんと言う事である。





女帝・グリッタ
「ダークネスフォール。発射。」


トッキュウジャー
「うわぁあああーーーッ!!?」






ダークネスフォール(#22)

女帝めちゃつよ(#22)





ダメ押しにもう一撃。この容赦なさ、さすが女帝である。

そして、ここで次回へ引き。
しかも、一週間お休みと言うオマケ付きとかなんという焦らしプレイ。
これが覚醒した女帝・グリッタの力…
焦らされ過ぎて私のトッキュウオーから闇が噴出しちゃいそうですわ!


ハッピーウェディンググリッタちゃん三部作(たぶん)のパート2。
闇の皇帝・ゼットとの結婚式から怒涛の展開を見せるシャドーラインの面々。
もはや、ストーリーラインのメインは完全に乗っ取り成功であり
トッキュウジャーのドラマよりも濃厚な展開にドキドキであるw

心配なのは、グリッタに呑み込まれたゼットですね。
あのまま終わる男じゃないだろうし、復活してくることは間違いないでしょうが…。

やっぱり、グリッタちゃんのお腹を引き裂いて出てくるのかしら?
純白の花嫁衣装が血で真っ赤に染まっちゃうんだ。
胃液で溶けかけた半裸のゼットがズルリと爆誕しちゃうんだ。

アカン!変なイマジネーションが止まらへん!
とりあえず気長に次回をまちながら『祈って』おこうかな…
グリッタ嬢の無事を…。(絶賛爆発中のトッキュウジャーをチラ見しながら)




コメント

再来週から「暗闇戦隊シャドーライン」始まります。
皇帝「キラキラがー好きだからー」
王様「嫁が生き返ればどーでもいい」
神「プリキュアは恋愛禁止だからね。あ、めぐみにはブルーって呼んでほしいな」
今期のニチアサには、碌なのがいませんね。
一番マシそうなのが、見た目人外というのが皮肉。

トッキュウジャーの5人は、ドンドン銀河鉄道の夜に近づいてますね。
闇に呑まれた故郷の町は、どうなってしまってるんでしょう。
新婚ホヤホヤレッドアイ
特急22話「昼ドラINでSOS」
シャドーライン、分からない…。
ノア婦人の旦那さんは人間体なのかとか
ゼット以前に皇帝はいたのかとか。
(ファンガイアの親戚なのかとか。

お祭りで死亡フラグとは…
おのれ外道衆。じゃなくて
靖子にゃん…!(大丈夫なのかね…。

女帝グリッタ、魅力半減!
後半どんどん鬱展開クル…?

ダークネスフォール 周囲の大気ごと
相手を常闇へ葬る… 相手は死ぬ。

キャラクターソングアルバムの
カグラの歌とか「シャドーライン」
とかが気になるなぁ。特急22話(完

No title
どうやらグリッタ嬢は問題なくウェディングドレスを着れたようですね。

さて、今回も思った事をいくつか。

①何かシャドーライン内の人間関係がジェットマン並にドロドロしてきてませんか?

②闇の皇帝の身を案じるネロ男爵。彼の心労は相当なものでしょうね。それでハゲたんですかね?

③星に関するお祭りがある場所がライトたちの町。もしかして、闇の皇帝ゼットも子供の頃のライトたちと一緒に星を見たんじゃないですかね?つまり、闇の皇帝が見たという「キラキラ」とは「星空」と「星の祭り」の事だった・・・この仮説、どうですかね?

④結婚相手を取り込むという凄い能力が明らかになったグリッタ嬢とノア夫人。ひょっとして、ノア夫人の頭にある横向きの顔って・・・旦那さんの頭?

⑤闇の皇帝を取り込み、眠りに就いた女帝グリッタ。食べた後は身体の右側を横にして寝た方がいいぞ、女帝グリッタ。尤も、女帝グリッタと人間の体内構造が同じならばの話ですが・・・。

⑥野望のためとはいえ、グリッタを利用した事に対して謝罪の気持ちは持っていたシュバルツ将軍。彼としても、あまり使いたくない手だったんでしょうね。

⑦ミオの「ダメだよ!ほっといたら明くんダメになる」という発言に対してツッコミ。

あんたは明のオカンか!

⑧改札を壊せば、あっさりと侵入できるレインボーライン。せめて何かこう罠ぐらい作っておこうぜ。ほら、車両内に催眠ガスでも散布する機能とか。

⑨女帝グリッタを連れて現れたノア夫人、というかクローズに一言。

もっと大きな傘を持ってこい!女帝の身体、殆どはみ出してるじゃねぇか!

⑩ノリノリで烈車合体し、トッキュウオーを操縦するシュバルツ将軍。それはいい・・・いや、あんまりよくないんですが、きちんとアナウンスしてるチケット君も結構気になりました。

⑪後、何となくなんですが、シュバルツ将軍にはカラフルなトッキュウオーよりディーゼルオーの方が似合う気がするんですが、ヨルさんはどう思われます?

⑫クライナーがどう変形しても、あの形にはならない・・・という無粋なツッコミは置いておいて、皇帝専用クライナーロボからはグレートワルズと同じ匂いがしますね。

グリッタに取り込まれてしまった闇の皇帝ゼット。
彼が「キラキラ」であるグリッタを殺すとは思えないので、口から出てくるんじゃないですかね?
あるいは、ネロ男爵が助けるか。
いずれにしろ、何でこのタイミングで特番を挟むのかと関係者に問い詰めたいです。
No title
はじめまして~。

子供と毎週<span style="background-color:#FFFF00;">トッキュウジャー</span>を見ていて<span style="background-color:#FFFF00;">トッキュウジャー</span>のファンになり、携帯でいろいろ調べていたらこちらに辿り着きまして。
1ヶ月ほど前から見させてもらってますが、記事がめちゃめちゃ面白くて~o(^o^)o
<span style="background-color:#FFFF00;">トッキュウジャー</span>が放送される度にこちらをチェックするようになりました^ ^

ちなみに私もグリッタちゃんの大ファンです!

皇帝どうなってしまうんでしょうね~。
でも大口さんのブログにトッキュウメンバーとのロケ写真が載ってたのできっと復活するんでしょうね!

それはそれで楽しみなんですが、そうなるとグリッタちゃんが心配になってきますね(~o~;)

ではでは、また再来週の感想も楽しみにしています!!!
グリッタちゃん専用クライナーがグレートワルズに見えるのは気のせいですかねぇ・・・ゼットもグリッタちゃんも無事でありますよーに(白目)
さよなら乙女、こんにちは女帝!
食べちゃいたいくらい愛してるわけではないけど、
結婚したらモグモグしちゃうとは、人生の墓場とはよく言ったものですね(錯乱)
嫌なフラグ立ってると思ってましたが、これはヤバい!ロボの形状も合間ってヤバ過ぎですよ!

相変わらず、グリッタちゃんの献身っぷりは泣けるでェ…
貴重な乙女が女帝になってしまったけれど、冷たい感じのグリッタちゃ、グリッタ嬢も素敵ですよ、うん

シュバルツ将軍は、まぁ、根っからの武人だったというワケでしたね
自分を慕うグリッタちゃんを踏み躙りたくはないが、
力を得るという野望のためなら切り捨てられるという…爆ぜろ

そして、敵も味方も大いに盛り上がっているこの最中に、特番…だと…!?
とりあえず、闇を垂れ流しながら待っておきますよ、ええ…ええ
ニチアサキッズタイムがお休みってことは外で遊ぶ時間が増えるってことだ(小学生か!
さて前回のヨルさん予想が今のところ見事に半分当たったわけですが、このまま大穴……いっちゃいます?

>そして、祝福しろ。結婚にはそれが必要だ。
・・・・・・・・・・・・え?何をするって?今この人グリッタ嬢を「イモ」っつった?
それはそれとして、「万雷の拍手を〜」の下りはにわかな自分でも知ってますよ!アレですね、最近出てきたキュアビート(セイレーンはそんニャこと言わニャいニャ!!

>このままOPの代わりに「ラブ・ストーリーは突然に」(小田和正)が流れてきそうなこの展開。
ねえ、セックs…キラキラしよ(ロペリドさんリスペクト)。
流れたら、本当に「突然」すぎて、視聴者困惑します(笑)。しかし『あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ』等のアニメ作品、特撮作品で敵組織に絞ってもドウコクと太夫にエンターとエスケイプ等のように、(ジャンルや視聴対象の違いもありますが)小林先生は、月9とはちょっと毛色の異なる男女の機微が巧いですね。

>今時、ここまで献身的かつ悲劇的なヒロインがいるだろうか?いやいない。(反語)
世間一般じゃ「負け犬」扱いで流しますからね(憤怒)。

>チビッ子達は何を見る
男の子は基本格好良くバトッてくれたら何でも良いのでしょうけれど、この二クールで、トッキュウジャーの活躍と平行して、シャドーラインの背景(「貴族の権力闘争」)を幹部達の衝突や思慕、裏切りといった戦隊らしい展開やインパクトのあるケッコン(食)と子どもにも分かる様に表現してるよなと思いました。まさに仲の良いレインボーラインサイドとは、対(影)となる存在です。

>…もしかして、キラキラだけあればいいのか?マジでか。
以前ライトとの会話から「闇がなければ存在できない」ことは自覚してましたので一応闇も求めるのでしょうが、降臨直後から「キラキラな闇をくれ」と言ったり、「きらきらぼし」を歌うほど禁断症状が出たりしてましたので、「光(キラキラ)と闇」を備えたグリッタ嬢を優先したのでしょうね。

>我那覇 響「…わかったさ、この話はやめるさ。ハイサイ!!やめやめ」
まだまだ分かりませんが、思うことはただ一つ。故郷への手がかりを見つけて輝いているライト達を車掌さん達が優しく見守っていたことから、そこまで悪い結果にはならないんじゃないかという根拠のない想像です。

>唐突な話題変更
あぁ、暑そうですね。そそそそう言えば、最近ヒカリのけん玉よろしくケンダマクロスって中々にクールなオモチャで子ども達が遊んでるのを見かけましたよ(無理矢理繋げようとして余計グダグダになった失敗例)。

>レインボーラインでググる
レインボーパスは設定だと「小型端末としての機能も備え、通話、メール、写真や動画などのカメラ機能、Web機能も充実。」だそうです(第6駅でもそんな感じでしたね)。しかし、日常シーンでスマホよろしく弄ってる描写は特にありませんでしたから、私用の場合、後払いの電子マネーよろしく結構な額(割引きなし)を請求されるのかもしれませんね(苦笑)。まぁ、仰るように、検索対象によっては、WEBを使うと滅茶苦茶詳しい箇所もあれば、さわり程度ってこともありますので、パンフレット物量作戦もありと言えば、ありです。それでも空振りの可能性があるのですから、情報を集めるのは難しいと感じます。
それはそれとして、出撃前にちゃんと片付けるトカッチのハンパねぇ女子力よ……。

>より強い相手を飲み込むほど、自分も劇的パワーアップみたいな。
ケッコン(食)とか、大食艦の赤城さんでもやらねーぞ(笑)!?
「娘を嫁がせて、権力を握る」をこういう形で表現するとは、絶句でした(笑)。そう言えば、最初からノア夫人は「皇帝の力目当て」と設定されてましたね。
それと前にロペリドさんが仰ったとおり、チョウチンアンコウは言い得て妙かと。アイツは闇の住人であり、山岡 士郎の飯(アンキモ!アンキモ!)とは似て非なる存在です。

>卵から、ちっちゃいグリッタちゃんが大量に出てくる
「今週のビックリドッキリグリッタちゃん」とは良いイマジネーションです(笑)。個人的にはアニメ版『氷菓』に出てきた小天使ぷちたんだの群れみたいなのでも良いですが(知らん

>ありゃー…黒鉄将軍の路線(みち)は、覇道だったのか…
JUDO様も言及しておりましたが、最初の頃は「フ…。」と笑ってましたので、利用することしか考えてなかったのでしょうけれど、あそこまで献身的にされて、少しは罪の意識も湧いたみたいですね。もう少し時間があれば、お互いが惹かれあって、ハンマーシャドーとの絡みよろしくグリッタ嬢がシュバルツ将軍をガブリンチョする展開もひょっとしたらあったのでしょうが……ゼットのせいで歯車がズレたか…。

>軍帽とったらハゲてたらええねん。
ネロ男爵「わしは、ハゲてなどおらん!おぅルぅばっくだ!!」ガタッ
この際ゼットも吐き出されたとき、ハゲてたらええねん。そしたら、オトコみんなキラキラや…!!

>面倒見の良さをこじらせて、悪い男に引っかからないか心配になるレベル
大丈夫!ミオちゃんの場合、「恋=決闘」だから!!

>色々と溜まってたのねきっと…!
ノア夫人もハッチャけてましたしね(笑)。ネロ男爵もそろそろ危ないです…今のところ男爵の絶頂は、「皇帝を迎える」準備が整った時でしたし…(涙)。

>トッキュウレッシャー強奪作戦
春の映画やショー展開に進んで出撃したりして、因縁深かったですが、まさかここまでやるとは…。今までやりそうでやらなかったことですが、情報戦を得意とするシュバルツ将軍のことですし、グリッタ嬢がフェンスシャドーやジャックインザボックスシャドーを差し向けたのも、ストーブシャドー出撃時と同じくトッキュウオー形態を含めた烈車のデータ収集の意味合いもあったのでしょうか。
しかしバリアーがあるなら発生源を叩けばいいじゃないという発想は盲点でした(笑)。どこでも改札を簡単に壊してましたが、クローズ達とその武器も以前集めた闇でパワーアップしてるのですね。

>烈車ジャックに来たクローズ達を相手に車掌さんが必殺のカマキリ拳法で戦ったり汎用人型社内販売員風決戦兵器のワゴンちゃんが得意のサイボーグ空手でクローズをちぎっては投げる展開を期待していたのですが夢と散りました。
車掌さんはチケットくんが邪魔で真の力を解放できませんでしたし、ワゴンちゃんは頭の中まで売っちゃってますので、ちかたないね。しかし車掌さん、闇の皇帝対策と期待されたトッキュウ6号にうまく変身できなかった上に武力に屈したとあっては上層部に睨まれませんか (笑)?まぁスカウトした連中が期待以上の成果を挙げてますので、大丈夫か

関係ないですが、烈車(列車)ジャックもバスジャックもシージャックも正確にはハイジャックだそうですね。一説によると、向こうは物を奪う時に「Hi, Jack(アメリカ等でポピュラーな名前、これ呼べば大体当たる的な)!」という決まり文句があるからとか…知ってたらすみません。

>うわーっ!お目目が真っ赤だーっ!?
サイヤ人やセーラー戦士の目すら痛めるのですから、プールの消毒は完璧ですね!最近だと『ONE PIECE』のチョッパーの目が真っ赤になってます(笑)。

>もしかして話の分かるタイプなんじゃないかと思ったものですが
そんなことは微塵もなかったでコレ。
ノア夫人「それはそれ、コレはコレです。そもそもワタクシはあの時『この瞬間だけ』と言ったはずです。」
大人はズルくてナンボです。でも確かに連れてきたクローズ達がやられたあの状況だと、ミオとカグラに預ける方がネロ男爵を近づけるよりも安全でしたね。今までの戦いからして、彼女達は、元に戻ったとしてもグリッタ嬢を手にかけることはないでしょうし。まぁ仰るとおり、面倒見の良いミオちゃんにとっては少し後味悪い結果となりましたが……。

>闇の女帝 グリッタ
ゼットもそうでしたが、闇の支配者でありながら、白基調とは何の皮肉か。
そしてベテラン声優さんはやっぱり演じ分けが凄い…!三ツ矢氏と芸人やってる場合じゃねぇ…と言いたいところですが、声優さんは食べてくのは大変らしいですからねぇ。それはそれとして、ラッキューロも下手をすれば、こんな未来もあったのかもしれないですね、中の人は小笠 愛さんでしたし。
それと平伏すべきグリッタ陛下をチュミミーンな女帝と一緒にした人が前回のスーパーヒーロータイム感想のコメントにおられましたが、どないです(告発)?しかし日高 のり子さんと雪野 五月(当時は雪乃か)さんは声質似てますね。『犬夜叉』で桔梗とその生まれ変わりの日暮 かごめの役をそれぞれ演じたのは狙ってたのですね。

>だってそんな感じの声してるんだもん。
「反逆」的な(笑)?そう言えば、今期は『RAIL WARS!』で、平和な人生を望みながらも、鉄道をテロ等から守る公安隊に研修の一環で配属される羽目になった高校生の役もやってるのですから、因果なものです。しかしこの作品、良くも悪くもラノベですが(苦笑)。

>それにしても、このシュバルツ将軍ノリノリである。
そして、チケットくんのテンションだだ下がりである。
シュバルツ将軍の大立ち回りを見て、「男の子の夢だよな、ああいうのって…。」と思うのと同時に「イマジネーションも、光と闇で表裏一体なんだろうな。」とも思えました。後者はシュバルトさんも前に突っ込んでましたね。

>ウェディングドレス姿でシュバルツ将軍との初めての共同作業
ウェディングケーキを粉々にする勢いだぜ……!
仰るように、変形したクライナーはゼットがよく乗っていたものでしたし、推察通り、女帝となっても彼女の心は将軍の「お傍に」あるのでしょうね。
しかし主人公サイドはダサいと言われ、敵サイドはスタイリッシュと言われるのは、製作側も案の定狙ってたということですか(笑)。しかし皇帝の愛機でこの戦闘力、そりゃネロ男爵も残念がりますわ。

>焦らされ過ぎて私のトッキュウオーから闇が噴出しちゃいそうですわ!
……ちゃんとトイレで流してくださいね(コラ

>胃液で溶けかけた半裸のゼットがズルリと爆誕しちゃうんだ。
そんな『アナコンダ』とか『ザ・グリード』とかのモンスターパニック映画みたいな(笑)。まぁ鎧の中を「良い休暇」とスカした前作のエンドルフよろしくグリッタ帝のナカでキラキラ満喫してそうですが…満足するのでしょうか。
しかし他の変なイマジネーションといい、ラッコのぼのぼのちゃんみたいなのでぃす。

>>バターコーンさん
>ノア婦人の旦那さんは人間体なのかとか ゼット以前に皇帝はいたのかとか。 (ファンガイアの親戚なのかとか。
気になるのそっち(笑)!?
人間態に関しては、怪人態にならなくとも皆「ザラム」と認識していたことや皇帝の容姿からして、シャドーラインの連中ももしかしたら皆が人間態持ちな可能性もありますね。
ゼットはナイル伯爵との会話からして、地球人が宇宙に行けるようになった頃には、君臨していたみたいですので、結構長いですよね。
ファンガイアとの関係は…連中はステンドグラスっぽいですが、シャドーサイドはガラクタっぽいから別種族かと(マジレスか

自分でも思った以上に長くなりました。申し訳ないです。
コメント返信ッ!


>>ロペリドさん



暗闇戦隊シャドーライン…面白そうだわ…!
巨大変形ロボもあるし行けるでコレ。

 
>今期のニチアサには、碌なのがいませんね。
 一番マシそうなのが、見た目人外というのが皮肉。


なんだろう、神が一番イラッと来るw


>トッキュウジャーの5人は、ドンドン銀河鉄道の夜に近づいてますね。


もう誰かが死んでないと済まないレベルになってきた気がするゥ…。
町の件に関しては次回あたりに詳細が分かりそうですね。
その辺りはあんまり引っ張らないのかな。





>>バターコーンさん



>ノア婦人の旦那さんは人間体なのかとか
 ゼット以前に皇帝はいたのかとか。
 (ファンガイアの親戚なのかとか。


ノア夫人の旦那さんは、グリッタちゃん似なんじゃないかな。
グリッタちゃんはお父さん似と思われる。
ゼットの皇帝っぷりに関しては謎が多いですよね。
そもそも番組開始当初はどこに行っていたのかも謎だわ。

ファンガイアの親戚かどうかは分からないですが
ファンガイアの王なら、今、プリキュアで神やっとる…。


>女帝グリッタ、魅力半減!
 後半どんどん鬱展開クル…?


乙女度がまさかの急降下!
このまま鬱展開に入るとか勘弁して欲しいわ…。
グリッタちゃんハッピーエンドルートで頼むぜ。


>ダークネスフォール 周囲の大気ごと
 相手を常闇へ葬る… 相手は死ぬ。


なんか死ななかったから、2発目撃っちゃった。(・ω<)


>キャラクターソングアルバムのカグラの歌とか
 「シャドーライン」 とかが気になるなぁ。


グリッタちゃんの歌に興味津々ですよ!
チェーンシャドーの棺桶の歌が入っているのが嬉しいですねw





>>JUDOさん



>闇の皇帝の身を案じるネロ男爵。彼の心労は相当なものでしょうね。
 それでハゲたんですかね?


ひゃあ!
デリケートな部分に食い込む問題ですねw
確かにネロ男爵は見かけによらずストレス抱えてそうですよね。
その影響が頭部に現れてしまってもおかしくはあるまいて…!


>闇の皇帝が見たという「キラキラ」とは
 「星空」と「星の祭り」の事だった・・・この仮説、どうですかね?


ありうる…!
これはライトと同一人物パターン来ちゃうかなー?


>ひょっとして、ノア夫人の頭にある横向きの顔って・・・旦那さんの頭?


横向きの顔よりも、ノア夫人の左目辺りの造形の方が旦那っぽくね?
グリッタちゃんのカラーと同じだし。
もしかしたら、体の各部にある紫の部分は旦那の影響なのかも。


>グリッタを利用した事に対して謝罪の気持ちは持っていたシュバルツ将軍。
 彼としても、あまり使いたくない手だったんでしょうね。


一応、謝罪の言葉があっただけでも良かったよ。
しかし、グリッタ嬢の気持ちを裏切った罪は思いで…!


>改札を壊せば、あっさりと侵入できるレインボーライン。
 せめて何かこう罠ぐらい作っておこうぜ。


と言うか、クローズごときの攻撃で壊れちゃう改札って…。


>きちんとアナウンスしてるチケット君も結構気になりました。


嫌々ながらもアナウンスしちゃうのが車掌のさがなのか。


>シュバルツ将軍にはカラフルなトッキュウオーより
 ディーゼルオーの方が似合う気がするんですが、ヨルさんはどう思われます?


確かに、シュバルツ将軍の性格的にはディーゼルオーの方が似合うかも。
いやむしろ、ビルドダイオーの方が似合うかも。
カラーリングをブラックにすればバッチリやね。


>彼が「キラキラ」であるグリッタを殺すとは思えないので、
 口から出てくるんじゃないですかね?
 あるいは、ネロ男爵が助けるか。


ネロ男爵が皇帝を助けたらネロ株価急上昇ですね。
最近ションボリ気味の彼に挽回のチャンスはあるのか…!





>>ぴよこさん



ぴよこさんはじめまして。コメントありがとうございます。
楽しんでいただけてなによりです。
ゴメンね、なんかタグが上手く反映されないブログでゴメンね><


>ちなみに私もグリッタちゃんの大ファンです!


グリッタちゃん可愛いですよね~。
ビジュアルと性格と声のギャップが
とんでもない化学反応を引き起こしておりますわ。総じてベリーキュート。


>皇帝どうなってしまうんでしょうね~。
 でも大口さんのブログにトッキュウメンバーとのロケ写真が載ってたので
 きっと復活するんでしょうね!


まぁ、これでリタイアしたら
「闇の皇帝(笑)」と言われること間違いなしなので
是非とも華麗に復活していただきたいと思いますわ。

その際には、グリッタちゃんにも無事でいて欲しい…な!


>ではでは、また再来週の感想も楽しみにしています!!!


はいはーい。ゆっくりペースでやっていきますよー。





>>ゆっくりさん



あれ、グレートワルズに似てますよね。
よくよく見なおすとあんまり似てないんだけどw
皇帝専用だけに、ロイヤルな雰囲気が似ちゃうのかしら?


>ゼットもグリッタちゃんも無事でありますよーに(白目)


敵の安否を願いたくなっちゃう戦隊…
それが烈車トッキュウジャーなんだよね!
みんな幸せになったらええねん…。





>>グリッタちゃんのフラグを粉砕したいKRさん



>結婚したらモグモグしちゃうとは、
 人生の墓場とはよく言ったものですね(錯乱)


上手い!ゼットさんが美味かったかどうかは分かりませんが。

あのロボの形状はグレートワルズっぽくて素敵ですよね。
出てきた次の週にやられたグレートワルズね。
グリッタちゃんが同じパターンに入らないように祈っておこう。


>貴重な乙女が女帝になってしまったけれど、
 冷たい感じのグリッタちゃ、グリッタ嬢も素敵ですよ、うん


冷徹な雰囲気を纏いつつも
巨大戦でシュバルツ将軍の助っ人に行っちゃう辺りに
グリッタ嬢の優しさを感じざるを得ない。


>シュバルツ将軍は、まぁ、根っからの武人だったというワケでしたね
 自分を慕うグリッタちゃんを踏み躙りたくはないが、
 力を得るという野望のためなら切り捨てられるという…爆ぜろ


まさに武人だったシュバルツ将軍。
彼には彼の道があったというわけですね。
まぁ、乙女心を踏みにじった罪は重いですがね…!


>とりあえず、闇を垂れ流しながら待っておきますよ、ええ…ええ


このタイミングでの特番は、人々から闇を集めるための
シャドーラインの作戦だったと言われてもおかしくないレベル。
ユグドラ…テレ朝絶対に許さねぇ!





>>にわか三級(仮)さん



>「万雷の拍手を~」の下りはにわかな自分でも知ってますよ!
 アレですね、最近出てきたキュアビート
 (セイレーンはそんニャこと言わニャいニャ!!


ギタリスト的にだいたいあってる。
えっ?グリッタちゃんをイモ?そんなこと言ってないっすよ、嫌だなぁ。


>ねえ、セックs…キラキラしよ(ロペリドさんリスペクト)。
 流れたら、本当に「突然」すぎて、視聴者困惑します(笑)。


そうか…困惑するか…。実はちょっと迷ったんだけど
やはり久保田利伸さんの「LA・LA・LA LOVE SONG」の方が良かったか…!

小林靖子さんの描く敵サイドのドラマは
毎回凝ってて良いですよね。ヒーローサイドを食っちゃうのは問題ですがw
レインボーラインとシャドーライン、チビッ子向けと大人向けってカンジで
バランス感覚も雑妙だと思いますわ。


>「光(キラキラ)と闇」を備えたグリッタ嬢を優先したのでしょうね。


ハイブリットなグリッタちゃんは、ゼットの嫁になる運命だったのね。
…ゼットさん食われちゃいましたけどね。


>故郷への手がかりを見つけて輝いているライト達を
 車掌さん達が優しく見守っていたことから、
 そこまで悪い結果にはならないんじゃないかという根拠のない想像です。


そうだったら嬉しいな。
車掌さんはどの程度までライト達の事を把握してるんですかね?
知ってても話せないって事もあるのだろうか。


>私用の場合、後払いの電子マネーよろしく
 結構な額(割引きなし)を請求されるのかもしれませんね(苦笑)。


あぁー…そっちかぁ~…w
そう言えば、彼らは労働で賃金ゲットしてるんでしたね。
お金がなくて使えないってこともあるでこれ。


>「娘を嫁がせて、権力を握る」をこういう形で表現するとは、絶句でした(笑)。


ビジュアル的にも分かりやすさ満点でチョーイイネ!
…グロイけどw


>最初の頃は「フ…。」と笑ってましたので、
 利用することしか考えてなかったのでしょうけれど、
 あそこまで献身的にされて、少しは罪の意識も湧いたみたいですね。


うぬぅ…情が湧いても、己の覇道は止められなかったという事か…。
フッフフ、黒鉄のように剛健な男よシュバルツ。


>この際ゼットも吐き出されたとき、ハゲてたらええねん。
 そしたら、オトコみんなキラキラや…!!


それキラキラやない。ピカピカや!


>大丈夫!ミオちゃんの場合、「恋=決闘」だから!!


おっふw


>どこでも改札を簡単に壊してましたが、
 クローズ達とその武器も以前集めた闇でパワーアップしてるのですね。


なるほど、そう考えるとシックリくる。
シュバルツの集めた闇は全て烈車軍団結成の為に使われているのね。
トッキュウレッシャー乗っ取り作戦はお見事でした。やるじゃんシュバルツ。

ハイジャックの語源は知りませんでした。
とりあえず全部ハイジャックでOKなのね。雑ゥ!


>しかし車掌さん、闇の皇帝対策と期待されたトッキュウ6号に
 うまく変身できなかった上に
 武力に屈したとあっては上層部に睨まれませんか (笑)?


相手がいっぱいいたし、銃持ってたし…(小声)



>ノア夫人「それはそれ、コレはコレです。
 そもそもワタクシはあの時『この瞬間だけ』と言ったはずです。」
 大人はズルくてナンボです。


本当にうまくトッキュウジャーを使ったという印象ですね。
ノア夫人ってばズルい女…!


>それと平伏すべきグリッタ陛下を
 チュミミーンな女帝と一緒にした人が
 前回のスーパーヒーロータイム感想のコメントにおられましたが、
 どないです(告発)?


「そのネタ使えばよかったわー」と悔しがった私であったw


>しかし日高 のり子さんと雪野 五月(当時は雪乃か)さんは声質似てますね。


女帝→エンプレス→ネーナ→雪野五月…イマジネーーーション!!
確かに声質似てるかも。
個人的にファイ・ブレインのアナが印象的だったりする。


>しかしこの作品、良くも悪くもラノベですが(苦笑)。


『RAIL WARS!』…トッキュウジャーと合わせて、今、電車が熱い!
とか思って楽しみにしていましたが、どうなのかしらあの作品…。
一応見てるよ。一応。電車よりもお色気的な意味で。


>しかし主人公サイドはダサいと言われ、
 敵サイドはスタイリッシュと言われるのは、
 製作側も案の定狙ってたということですか(笑)。


どう見てもクライナーロボの方がかっこいいもんなぁw
黒鉄変形!とか暗闇変形!とかもイカスじゃんよ。


>まぁ鎧の中を「良い休暇」とスカした前作のエンドルフよろしく
 グリッタ帝のナカでキラキラ満喫してそうですが…


このままゼットが復活するとなると
2作連続で取り込まれてからの脱出パターンに…。
なにこれ流行ってるの?w


>自分でも思った以上に長くなりました。申し訳ないです。


大丈夫ですよ。
いつも楽しんで読ませていただいております。コメントグラッツェ!




管理者のみに表示

トラックバック