ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』 &『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』 の感想

2014.07.22 (Tue)

『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』

『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』





鎧武&トッキュウ劇場版




以下ネタバレ注意。




『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』




ギャラクシーラインSOS




「パンダは強い、パンダは強い…最強パンダー!!」



ギャラクシーラインを宇宙へ戻すために奮闘するライトがカッコイイ。
劇場版補正も加わっていつもの倍くらいカッコ良く見えてしまった。
ビルを経由してレインボーラインの路線を空へと向けるアイデアに加え
ファイヤーレッシャーで水をまいて虹のアーチを作り
子供達のイマジネーションをプラスして宇宙まで飛び出すシーンはグッときたぜ。

単純に虹の上を走るのかと思っていたのですが
そこに人間のイマジネーションを加えたのは予想外でした。
虹を見て張り切る明くんも可愛かったなw


そしてそれ以上に、レディが超可愛かったんですけど。
もうレギュラーでもいいんですけど。
車掌さん乗り換えてレディでもいいんですけど。ごめん言い過ぎた。
車掌さんもチケットくんも好きです!でもレディはもっと好きです!!

ラストで、まいんちゃんの帽子をかぶったパペット(パス子)が出てきて吹いたw
レディの口が動いちゃってるのがまた可愛いんだなコレが!

なんか、「まだ上手くないんですけど」…とか言っていましたが
もうチケットくんはパペットですよと言わんばかりの暴挙ですよね。
OPでM・A・Oちゃんが声を当てていることを見切っていた私に死角はなかった。


ギャラクシーラインは25年周期で地球に来る路線のようですが
レディや車掌さんは歳はとらないのかな?
もしそうだとすると、激しく久しぶりだと言っていたワゴンちゃんも含めて
レインボーラインの乗務員はずーっとあの容姿と言う事に…。
なんというイマジネーション溢れる設定。
これはもうレディをレギュラーにするしかない。(確定)




チケットくんのアナウンスからOPと、しっかりとした導入部に好感触。
ライト&トッキュウ1号と、変身前と変身後が一緒に絡んでいる所がお祭り感ですね。
ヒカリと一緒にシンクロけん玉をするトッキュウ4号が何気に凄い。


しかし、ギャラクシーラインなのにサファリレッシャー…。
宇宙と列車のコラボレーションで爆誕したのはサファリレッシャー。
この流れで動物モチーフとかどういう事なの…。

宇宙からも列車からも関連性を見いだせないサファリレッシャーですが
そういう破天荒なカンジ、嫌いじゃないよ!

サファリガオーロボモードは、ホワイトカラーに胸のライオンが相まって
実に勇者なカンジがするイカスロボになっておりました。
サムライオンしちゃうのも良いですよね。
ロボモードの出番がほとんどなかったのが非常に残念でした。
サファリガオーはオールCGで、ロボの着ぐるみは無いパターンかな?


トッキュウジャーのサファリ乗り換えチェンジも楽しかった。
なりきりイマジネーションが強いカグラが
ほぼパンダになっていたのが良いですね。もうただの着ぐるみじゃないのアレw
なにあの笹。武器なの?笹が武器なの?
モフモフしながらコロンと転がってきてレンケツバズーカを支えたり超キュートであった。

微妙に被ってるライオンとワイルドキャットはいいとして
ガブガブはっちゃけるアリゲーターヒカリと
華麗に空を飛び、クールに戦うトカッチイーグルの違和感よ…!


明はサファリ乗り換えはなかったものの、純粋に出番が多かったですね。
「ここが俺の死に場所だったか!」と神出鬼没に出てこれるのは明くんの強みやで。
性格や物腰は、本編よりも若干柔らかかった印象でしょうか。
この時期の劇場版は追加戦士の性格が固まっていないことが多いので
そこら辺を味わうのもまた一興。

ビルドレッシャーの中に扇風機があったり
ゼットの玉座の間にキラキラが追加されてたりしてましたけど
本編の方にも後々反映されるのかしら?




冒頭からケーキに顔面を突っ込んで、メガネを持っていかれたり
ライトに膝枕してあげたり、劇場版でも大活躍だったトカッチ萌え。

ナイル伯爵とハウンドシャドーのコンビは
銀河を股にかけるサファリレッシャーの動物たちを狩るハンターってカンジで結構好き。
巨大化時に合体するのもグッドでした。

短い時間に内容がギュッと詰まってて面白かったなと。




いや~ん弁当




ワゴンちゃんは、うっふんアイドルやったんや!



「次は~仮面ライダー鎧武~仮面ライダー鎧武~。」






『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』




黄金の果実争奪戦




あれ?ラットは?



なに?なぜライダー映画でサッカーをしているのかだって?
逆に考えるんだ。サッカーがやりたかったライダー映画だと考えるんだ。


大勢のエキストラ入りのスタジアムで繰り広げられる
アーマードライダーサッカーは見応えあり。
このサッカーシーンありきで作られたであろう作品なので
かなりの気合を感じました。仮面ライダーがサッカーしてるだけでも
ビジュアル的にはちょっと面白いし。
一応、誰も傷つかない戦いという理由づけもあったしね。

中盤の、ユグドラシルとシャルモンの戦闘シーンは迫力あったなと。
乱入してくる戒斗さんのバイクアクションもカッコ良くてナイス。
ちょっと尺が長かった気もしますが。

ラストのアーマードライダー大集合変身はやっぱり燃える。
シドとプロフェッサー凌馬がいなかったのが残念だったけど
あれでちょうど11人になるって事なのね。

極アームズVSマルスの騎馬戦は素晴らしい。
強いて言うなら白馬に乗って欲しかったという事くらいかしら?w
画的な見せ場は劇場版ならではの迫力を追及してて非常に良かったなと。


劇場版限定最強フォームがなかったのがちょっと寂しい。
それと、鎧武はドングリアームズやドリアンアームズを使ったんだから
ジンバーメロンになってくれても良かったのよ?
鎧武・闇ブラックジンバーアームズも悪くないんだけどね。
むしろワイルドなアクションは結構好き。




ストーリー的には問題点…と言うか、疑問点が多々ありますが
夢を操れるラピスの能力でだいたいOKにしてしまっている力技感が凄い。
あの世界はパラレルワールドなのかとか、各キャラクターの時間軸とかよく分からん。
ミッチが世界の異変に気付いていることで混乱度が増す。
斬月・真じゃなくて龍玄になってたりね。

基本世界の38話よりも先の世界の話になるのだろうか…。
本編よりもちょっと未来の紘汰に、ラピスが見せた夢の世界と言うカンジ?


それにしても、戒斗さんはなぜあんな爽やかキャラになっているのだろうかw
傷つけ合う戦いでなければ、戦いの最中以外はナイスガイになるのか…。
世界の異変に気付くミッチは、さすがの疑り深さだわw

初瀬ちゃんなんですぐ死んでしまうん…。
仲良しチームシャルモン3人組でのコンビネーションバトルも見たかったなー。

せっかく黒影・真になったペコもすぐ消えちゃったしね。
チームバロンの3人同時変身とか
自分よりも後輩のライダーが黒影・真になる初瀬ちゃんのツッコミとか見たかったなと。


ドラマ的には、キャラクターが多いので広く浅くな印象。
せっかく多数のキャラがいるんだから、いろんな絡みが見たかったなとは思う。




裕也さんかと思った?残念!コウガネさんでした!

仮面ライダーマルスはなかなかカッコ良かった。
だが正直、変身前のコウガネの方が迫力があって好きw
マルスは見せ場はあったけどラスボスとしての凄みは
片岡愛之助さんの方があったかな。


仮面ライダー冠は、ボールになる為に出てきたんや…。
あの錫杖で、どんなアクションをしてくれるのかとか
鎧矛とのコンビネーションを期待した私がアホやったんや…。


ラストはアーマードライダー達の
疾風!アイアンリーガー張りのライトニングクラッシュでゴール。
ぶっちゃけ、これはやると思ったw
律儀にゴールを出現させるマルスさん萌え。


戒斗・貴虎・光実が、それぞれデェムシュ・ロシュオ・レデュエと対比されていましたが
そうなるとラピスは、紘汰のポジションだったんじゃないかなと思ったり。
ラストでサガラから銀のロックシードを与えられたシーンを見てそんな風に感じました。

身を挺してマルスを封印したラピスですが
紘汰はどうやって世界を救うのか…本編のラストが楽しみである。



総合的にアクションもストーリーも悪くないんだけど
もっと面白くできたんじゃないかと思える部分が多いのが惜しい所。

アクションやキャラクター勢ぞろいの横軸は広かったけど
メインストーリーが構成する縦軸は細かったみたいな。
パスタもソースも美味しいけど、上手く絡んでいないみたいな?(疑問形)
上手くバランスを取ってくれたら、もっと盛り上がれたのかも知れんね。

紘汰と紘汰・闇の対話とか、紘汰が自分を乗り越える所とかはかなり好きなんだけど
マルスとの最終決戦には、そんなドラマチックさが足りなかった印象ですかね。


今回は新ライダーの出番はないのか…。
スタッフロールの後に、シルエットだけでも出てくるかと思ったけどそれもなし。
挨拶くらいしに来てもいいのに…!!


ゴン中山をはじめとするJリーガーの出演は良いとして
陣先輩と腑破十蔵はなぜ通りすがったのか…。(今作品一番の謎)






おまけ

『サウンドロックシードシリーズ SGロックシード9 アーマードライダースペシャル』




SGロックシード9




各キャラのボイス入りチョーイイネ!

フルーツ部分もクリアパーツで綺麗だし、これは確保せざるを得ない。
ミッチがランダムで闇ッチになるのですが、比率多くね?
3回に2回は黒いミッチが声を出してくるんだけど。
…あっ、これ原作に忠実なやつや!


かなり魅力的なアイテムですが、この5人で終了なんだろうな…。
残りのアーマードライダーも出してくれればよかったのに。
初瀬ちゃんとか城乃内とか、ザックとかザックとかザックとか。

あっ、でも木の実組はクリアパーツになると微妙かしら?
じゃあ、ゲネシスの4人とかどうでしょうか。

メロンエナジーは基本的に貴虎兄さんボイスとみせかけて
5回に4回は黒ミッチボイスになるので超注意。




コメント

No title
では、それぞれの映画について思った事をいくつか。
記憶が少し曖昧な部分もあるので、ストーリー上の時系列はバラバラです。

トッキュウジャー

①まず、私が「パンダ強っ!」と言っていた理由がわかっていただけたようで何よりです。

②ライトも格好よかったですが、私としてはきっちり仕事をこなしていた明にも称賛を送りたいです。

③25年経っても、容姿が変わっていないっぽい車掌さんとマイン、もといレディ。ひょっとして彼らは電王のイマジンみたいな存在で、イマジネーションでそれぞれの姿になっている・・・この仮説、どうですかね?

④おそらく久し振りにキャッスルターミナルを訪れたであろうナイル伯爵。描写そのものはありませんでしたが、ミラーボールやら何やらでキラキラになってるキャッスルターミナルに驚いたんでしょうかね?

⑤ファイヤーレッシャーで虹を作るというライトの案はよかったですね。虹を作る方法そのものにも結構な説得力がありますし。

⑥時間の都合もあるでしょうが、サファリガオーのロボ形態にもう少し出番をあげてもよかったんじゃないですかね?

⑦パス子について「まだ上手くできない」と言っていたマイ・・もといレディ。つまり、あれはやっぱり腹話術?でも、仮に腹話術だとしたら、M・A・Oの声が出せてるだけで十分に凄いよ、マ・・・もといレディ。


仮面ライダー鎧武者

①誰も傷付けたくないなら、同じ球技でもチュックボールかペタングやれよ。まず、怪我人は出ないぞ。スポーツに対してはとことん捻くれる。それが私です。

②中盤のシャルモンとユグドラシルの戦いを見ながら、「これって歴代の劇場版の中でも、かなり派手なバトルだな」と思っていました。ただ、銃好きとしては「アーマードライダーの装甲にM4の5.56mmNATO弾で効果あるの?せめてM16を持ってくるべきじゃね?」と考えてました。まあ、それを補って余りあるほどの激戦でしたけどね。

③鎧武にはジンバーメロンになって欲しかった。ブラックジンバーアームズが格好よかっただけに、余計そう思います。

④強いて言うなら白馬に乗って欲しかった?鎧武とマルス、どっちにかはわかりませんが、前者だと銀色の身体で白馬に乗ると光の反射とかで撮影しにくいんじゃないですかね?まあ、それを言ったら実も蓋も、鍋まで残らないですけど。

⑤初瀬ちゃんには、もう少し頑張って欲しかったですね。でも、暴走して城乃内に殴り掛かってたシーンでは「やっぱり本編で見捨てられたのを怨んでたのか」みたいな考えが頭の中を過ぎりました。

⑥裕也に化けていたコウガネ。多分できないと思うんですが、あの黄金のロックシードでインベス召喚したら、オーバーロードクラスのが出てくるんですかね?

⑦問題。ラピスが変身した意味を次のうちから選びなさい。

(1)特に意味はない。
(2)ボール形態(フォーム?)になるには、変身する必要があった。
(3)サガラにロックシードを渡されたから、取り敢えず。

さあ、どれ?

⑧戒斗がデェムシュで、光実がレデュエ、そして貴虎がロシュオ。つまり・・・デュデュオンシュとグリンシャは初瀬ちゃんと城乃内!?(←多分違う)

全体的な評価として「トッキュウジャー」は高得点ですが、「仮面ライダー鎧武」の方は微妙ですね。サッカーが嫌いというのを差し引いても、もう少し色々できた気がします。まあ、それをやると、放映時間という問題も出てくる訳ですが。ディレクターズカット版が出るとしたら、全体的にキャラを掘り下げて欲しいですね。
No title
金の戦隊ヒーローと、蛇のオルフェノクとしてゲスト召集されたんたと思いますよ
リンゴと銀河の金と銀!
特急夏映画
チケット君アナウンスが便利に案内…!
いつもの感じで嬉しかったなぁと。

レディ。思ってたよりキッチンアイドル…。
ワゴンさんのとなりの「ミサンガ」風
チケット君とか細かいな。

「狩りの時間だ!」
ナイル伯爵、ヒャダインさんの雰囲気が
ピッタリ。本編にサファリレッシャーと
一緒に登場してもらいたい…!

「イマジネーション足りてないの、お前
の方じゃない!?」カッコいい(確定

腹話術なのかどうかはメイキング
で分かるぞ!(誰かが声を当ててるかも
知れないぞ!

サファリの挿入歌が凄く…アキバレンジャー
です…(歌手的な意味で。

鎧果実夏映画
片岡愛之助さんって…。マルスって
洋風でしょ!?とかいうバタコの勝手な
考えは片岡さんの渋い声でゴールデン
スカッシュされたのだ!

全体的にシリアスだった…。
騙された…。こんなに自分好みのストーリー
だと思わなかった…(サッカー要らない。

疑問が「銀のリンゴロックシード」なんで
すよね~。これってサガラ産だとしたら
サガラはフェムシンムの化学者の失敗
を知っていて無視してた事になる気がする
な~と…。
人間界の植物からロックシードを
造れるからサガラにとってどうとも無い
ことかもしれないですが…。

確かに地上白兵戦は長かったな~。
その分ラピスのバックボーンとか
欲しかったかも。

鎧武・闇は個人的に惜しい…!
戦闘は最近使わない無双セイバー主体で
格好良かったですが、
闇コウタを受け入れて欲しかったっていう
か、自分の争いの感情を殴って終わらせて
欲しくなかったなぁ。

終盤の全員集合はなんか(;゜∇゜)
な感じだったんですよ。争いの感情に
狂わされていた事に全く触れずに
シグルドとデュークを残してマルスを
倒したのはかなり台無しな気が
したんですよね。
(これもサッカーが邪魔してた要因かなと。

湊さんが果実化しなかったのが面白い。
強い人に付いていきたいだけで
「黄金の果実」を欲してなかったと。

プロフェッサーはあれくらいの出番が
丁度良いかなww

今回の映画で一番笑ったのが
曽野村が出てたところっていう…。

ちょっと長いかな?
夏映画(完








No title
パンフレットの小林靖子さんのインタビューをまとめると

・動物モチーフの烈車を出すのは脚本着手前から決まっていた(玩具的な大人の事情)
・なんやかんや考えて宇宙を舞台にすることに
・でも動物の烈車なのに宇宙で戦うのはおかしいから、ロボ系は終始地上戦にした
・サファリ→動物→狩り→ハンターという連想で猟銃使いのナイル伯爵と、猟犬のハウンドシャドーを出した

ということらしいです。
動物と宇宙でちぐはぐでしたが
でもトッキュウジャーの世界としてまとまっていたのは良かったですね。


あとチケット君は生きているのかどうか……。
レディのあのセリフで腹話術人形か!? って思いましたけど
途中で車掌とチケット君が同時、かつ別々にしゃべるシーンがあるから
もう何なのかわからんですわ
東映マークの表示からチケット君の車内アナウンス、いつもより豪華な映像を使ったオープニング
冒頭から高めてくれた期待を上回る素晴らしい出来でした。映画館の大音量で気づきましたが、どうやら私はトッキュウの楽曲がかなり好みみたいです
今回の作戦、レディの「今の人は下ばかり見て宇宙を見ない」って台詞に対する答えなんですよね
時代がどうでも大きな虹がかかれば人は上を見る。想像力豊かならその上を走る烈車だって見るでしょう
そしてその想像力は空を越えて宇宙だって目指す。宇宙という劇場版ならではの大きな設定とテレビ本編をうまくミックスした素晴らしい脚本だと感心しました
サファリレッシャーのモチーフが動物であるという点にはあまり気になりませんでしたね
考えてみればおかしな話なのですが、あのイケメンライオンフェイスに惚れ込んでしまって早々にどうでもよくなってしまいました
今回の敵役、ナイル伯爵。ハウンドシャドーとのコンビがいい具合に合っていましたね
獲物を狩り立てるハンターと戦うトッキュウジャーもまた大自然のハンターである肉食獣の力を得てナイル伯爵を倒すという展開は見事。レインボーラッシュがいつになく真っ当な形をしていたのもポイント高いです
最後の〆は綺麗なライダーキックを披露してくれたトッキュウオーとサファリガオーロボ。どっかのfeat.デンライナーが血涙流して悔しがってるかもしれません
あーっ!やっとヨルさんの感想読めますよ!(必死)
シフトの都合ですぐ見に行けなくてウズウズしてました…夜の回は大きなお友達ばかりなので、気が楽ですね!(チキン)
【トッキュウジャー】
すごく良かった!ストーリーしっかりしてて、かつ分かりやすくて。
はぐれてしまったレディと、自分達の街に帰りたいライトとの対比。
文明の発達と共に、下を向いてばかりの現代人でも、イマジネーションは失ってない!ってゆうメッセージ性。ちょっと、前半〜虹をかける流れでうるっときちゃったのは内緒です(笑)
後半はパンダとかパンダとかパンダとか…度肝を抜かれました。
てか、スーツonスーツ?(笑)アクターさん、お疲れ‼︎
なんか…ヒカリ君、みょーにカグラに優しくなかったですかぁ?フラグ?
レディの可愛さは異常。
表情のパターンが少なかったのが残念ですが、キャラ付けかもですね。
可愛いから、何でもいいや(笑)
明君の扱いも、上手かったですね。常にいるわけじゃないけど、ここぞとゆう所で神出鬼没。ビルドダイオーのコックピット内の生活感をスクリーンで観るとなかなかぐっと来るものが(笑)
正直、トッキュウジャーはCMからカオス臭しかしなかったので期待以上ですんごく楽しめました☆(酷い)
ヒャダさん…ノリノリやった…。
グリッタちゃんの出番が少なかったのが残念‼︎
【鎧武】
お、重いっ。
前半はかなり唐突にサッカー始まって、そのノリにようやく頭が付いて行った所で、ライダーバトルロイヤル始まるし…。ちょっと話が難解でしたね。紘汰とかチームバロンとか、私服がスタイリッシュ過ぎてなんか違和感(笑)あんな爽やかな戒斗さん、戒斗さんじゃないやい!

貴虎兄さんに嫁がいる⁉︎ときっと世の全・兄さんファンが激怒したと思ったら、ソッコーでミッチが解説を入れてくれた(笑)ぶどう・グッジョブ‼︎
ヨルさんの感想にもありましたが、ラピス=紘汰のポジションなんでしょうね。ラピスがもがいて傷付いて、守れなかった自分の世界を悔いてるからこそ、紘汰に想いを託したストーリー。そう思えば色々難解だったけど、納得できるかなーと。(ザックリし過ぎかしら?w)
ストーリーはともかく、スーツアクターさんの色んな苦労があったんだろうな…と。スーツ着てサッカーとか、馬に乗ったりとか、アクションの幅って本当沢山あるのにすごいですよね。高岩さん、まじリスペクト‼︎
鎧武乃風の主題歌も、かなりお気に入りです。何より、片岡さんの目力…ハンパねぇ(笑)


総合的に、2作とも楽しめました〜。やっぱり2本立てなので尺の都合で詰め込み感は仕方ないですけど、夏の映画‼︎って感じで観に行けて良かったです〜。でも、なぜ陣先輩達は出てきたのかはやはり謎(笑)
しかも、なんであのシーン?w
ヨルさんが感想上げてくれたお陰で、観に行くの先延ばしにならなくて良かったっすー!
ありがとさんですー!
長々と、すみません(笑)

ドラ泣きしてしまいそうです。
他のサイトで感想を投稿したのでなるべく被らぬように。
ネタバレを抑えた感想があまり参考にならなくて申し訳なかったです(苦笑)。

烈車を見ようとしなくなった大人達がイマジネーションを取り戻す流れも綺麗で丁寧で良かったです!

>車掌さんもチケットくんも好きです!でもレディはもっと好きです!!
何でやキリンやって可愛いやろ!
そのうち車掌さんの朋友として小堺氏の演じるキャラが……無理か(笑)。
パンフレットだと関根氏は「残っている最後の『枠』を狙う」旨の発言をしてますので、カマキリ拳法で悪を断つか(無理
レディはイマジネーションを取り戻した後のデレも良かったですが、弁当を食い終わったライトが近づいてきた時に「何ですか?…」とすまして言いながらも流石に後ろめたかったのかちょっと退いたのも可愛らしかったです。

>チケットくんはパペット
トロワさんが考察されたことやTV本編での車掌さんとの輪唱や操縦席出没等からして、ただのパペットじゃないかもしれません。サファリレッシャーのアナウンスとパス子の声も同じでしたし、烈車と深い関係があるのかも…。

>この流れで動物モチーフとかどういう事なの…。
未開の地を周る意味でも男の子の魂をくすぐる上でもナイスチョイス。サファリパークPRのラッピング電車もあるにはありますしね。

>トッキュウジャーサファリ
挿入歌は劇場版を意識した歌詞とかダジャレとかもあって流石の熱さでしたが、串田氏がいつ「サファリパ〜〜クッ♪」と締めるのか気が気でなかったです(笑)。

>笹の意味
そりゃあなりきってクッチャクッチャと(笑)。コアラになったらユーカリも食うぜ(思いこんだら命がけ
しかしあの見た目は見てるだけで暑苦し…じゃなくて愛くるしかったですが、ナイル伯爵達へトドメを刺しにきたパンダも含めて破壊力は圧倒的と、流石「大熊猫」…漢堂 ジャンとの手合わせも避けられませぬ!

>トカッチ、あれこれ劇場版
不死鳥トカッチとネタにしたら本当に羽ばたきましたね(笑)。
戦いの終わりに、トッキュウ6号にハイタッチを促していたのも良かったです。
お掃除したり膝枕しながら脈を確かめたりと女子力高いトカッチですが、前者はレインボーパスの対価と関係なく自主的にやってるんだろうなと思ったり(笑)。それとトカッチ生クリーム責めのシーンで「大丈夫!?」と心配されていたのも、当たり前ながら好印象でした。下手なアニメとか漫画とかだと、不可抗力なのに「どうしてくれんのよ!?」と理不尽に責められる不快な下りもあったりしますので。

>明くんのキャラ
実はライト達からは見えないだけで、あんな優しい顔してることもあったりして…(笑)。そして虹で笑顔になった明ですが、かつて笑わせようと躍起になっていたライトは自分の預かり知らぬところでリベンジを達成していたというのも面白い話でした。

夢を司りながらもやっと眠りにつけたラピスのためにも、負けられません!

>サッカー世界
「夢だけど!夢じゃなかった!」…ラピスの記憶、夢と現実が混じり合った感じの世界でしたね。夢をみる島、クトゥルフ神話の幻夢境(ドリームランド)に『エルム街の悪夢』シリーズの殺人鬼フレディが見せる悪夢といった辺りでしょうか。舞に愚痴ったように、どこぞの魔法少女の如く何度かやり直したみたいですが…。
時空が歪んだ影響で、紘汰がラピスを探してトンネルを抜けるまでの間に、「サガラの介入もあって傷を負った直後の戒斗さんが放り込まれる→戒斗さん、頂点目指してオールライダーカップ出場→イナゴ怪人と決着→ラピス、戒斗さんの記憶を消して、やり直す」が行われても、時間の流れが違う以上不思議ではなかったです。
まぁ紘汰達の世界に沿うようにするためアーマードライダーを出さざるを得ない事情から、「ヘルヘイムの森の侵攻はないけれど、繋がってはいる」と改変した為に、プロフェッサーがすぐに記憶を取り戻して、いらん事をしたのがコウガネ復活の理由か(苦笑)。

>仮面ライダーマルス ゴールデンアームズ
知恵の実を超越するどころかカチドキアームズに押し負け、知恵の実の力の一端である極アームズにも二連敗…劣化コピーの自覚があるにしろないにしろイナゴ怪人を退けた鎧武に手を出さずに帰ったり、裕也さんの姿で煽動しながら鎧武の力を手中に収めようとしたり、と「神」となるためにこそこそ頑張っていた印象です。
最後のサッカー対決は角居 裕也として何気に楽しんでいた証か(笑)。ラピスもボールになりましたし、コウガネやコウガネを生み出した科学者はもしや家族か(笑)。

>チームゲネシスの崩壊
貴虎、乱心と言うべきでしょうが、TV本編を視ていると「その選択が一番正しい」と思えてしまうのですから、不思議なものです(笑)。
他にもチームシャルモンとか鳳蓮(ブラーボ)と貴虎(斬月・真)の戦いとかルートによって人間関係が変わる感じが、アドベンチャーゲームお得意のニトロプラスらしいな、と(笑)。

>ラピス(シャムビシェ=鉱石ラピスラズリの色合いである「紺碧」)
仰るとおり、ラピスが(戦う覚悟ができなかった)紘汰ポジであり、コウガネの創造主でありおそらく人間態のモデルとなったのが、(知恵の実に関する語りからして)戦極ポジでしょうね。
前者は仮面ライダー冠の青とか鎧武に似た顔や「白銀 ニューステージ!!」とかも意識してると思いました。

>>トロワさん
>ナイル男爵とサファリ
サファリで有名なケニアを流れるナイル川に合わせて、わざわざアイリッシュ語で「黒」を意味するナイルを引っ張って来た辺り、凄いです(笑)。

>>バターコーンさん
>闇紘汰を受け入れて欲しかった
(ハートキャッチ)プリキュアの試練とかペルソナとかだったら確かにそれもありですが、流石に邪悪の種(イナゴ)混じりの闇紘汰は言動からしてキチ過ぎましたし、受け入れたら、レデュエみたいになりそうです(苦笑)。

>サガラのスルー
ラピスがサガラを「蛇」と呼んでいたことからそれなりに付き合いがあることが見受けられますし、争う同胞に絶望した彼が戦いを避けようとするのを辞めて立ち向かう覚悟を決めた時に「その顔をもっと早く見せて欲しかった」と残念そうに言っていたことからしても、戦う気力を失ってしまったら介入しなくなるのでしょうね。

>>朧月夜さん
>ヒカリとカグラ
実は最初期からこんな感じです(笑)。

また長々とすみませんでした。
No title
サッカーって、スポーツの中では群を抜いて争いの種になっているような。殺されたり、戦争になったり…。

それは置いておいて、2作とも十分に満足出来ました!
ユグドラシルVSシャルモンの尺とか、なんでミッチは記憶がある&素直に紘汰と共闘してるのとか、細かい疑問点はありますが、全体的にはしっかりとまとまっていたと思います。きれいな戒斗も見れたし。
コメント返信ッ!


>>JUDOさん



パンダ強かったですねw
カグラ本人が最強と言ってたし最強で間違いあるまい。


>私としてはきっちり仕事をこなしていた明にも称賛を送りたいです。


明くん出番多かったですね。
このタイミングで追加戦士の出番が多いってのは破格の待遇かも。


>ひょっとして彼らは電王のイマジンみたいな存在で、
 イマジネーションでそれぞれの姿になっている・・・
 この仮説、どうですかね?


ぽいよね。少なくとも普通の人間じゃなさそう。
しかし、容姿に差がありすぎるのはなぜなのか…
車掌さんよりまいんちゃん…じゃなかったレディの方がええやん…!


>おそらく久し振りにキャッスルターミナルを訪れたであろうナイル伯爵。


そう言えば、当初は闇の皇帝が不在でしたけど
あれってどこに行ってたんですかね?ぶらり旅?
今後本編で明らかになるのかしら。


>ファイヤーレッシャーで虹を作るというライトの案はよかったですね。
 虹を作る方法そのものにも結構な説得力がありますし。


あれは良かったですね。ちゃんとレインボーともかかってましたし。
子供たちのイマジネーションが助けになるってのは
本編の最終回で使っても良いレベルだったなと。


>仮に腹話術だとしたら、M・A・Oの声が出せてるだけで十分に凄いよ、
 マ・・・もといレディ。


ちょっと口が動いちゃってるのが可愛すぎ問題。


>スポーツに対してはとことん捻くれる。それが私です。


仕方なかったんや…W杯開催年だったから仕方なかったんや…。


>中盤のシャルモンとユグドラシルの戦いを見ながら、
 「これって歴代の劇場版の中でも、かなり派手なバトルだな」と思っていました。


個人的には、凄いけどライダーの必要性が薄いなコレ…と思っていましたw
華麗にバイクを乗りこなす戒斗さんがカッコ良かったですが。


>鎧武にはジンバーメロンになって欲しかった。
 ブラックジンバーアームズが格好よかっただけに、余計そう思います。


せっかくだし出すべきだったよね。
付加能力も気になりますし。防御力アップ?
やっぱ、ジンバーメロン作るの面倒だったのかな。
リペイントの方が簡単だぜ!という声が聞こえてきそうである。


>あの黄金のロックシードでインベス召喚したら、
 オーバーロードクラスのが出てくるんですかね?


上級インベス3体くらいじゃないかしら?(適当)


>問題。ラピスが変身した意味を次のうちから選びなさい。


①特に意味はない。現実は非常である。

ボール形態になるなら変身しなくても行けそうよね…。


>つまり・・・デュデュオンシュとグリンシャは
 初瀬ちゃんと城乃内!?(←多分違う)


いいとこ上級インベスかなw(酷)

確かに鎧武の方は、登場人物が多すぎて
各キャラの掘り下げと言う点では浅かったですね。
しかしこれは、本編でも同様のことが言えるわけで…
尺的な意味も含めて仕方ないのかもですな。





>>金の戦隊ヒーローと、蛇のオルフェノクとして
 ゲスト召集されたんたと思いますよ




つまり「黄金(の果実)」と「蛇」…と言う事なのかキバヤシ!!
おぉ…なんか凄いな。これは解読不可能でしたわ。





>>バターコーンさん



チケットくんのアナウンスの万能感凄いよね。
次は仮面ライダー鎧武~は面白かったなw


>ワゴンさんのとなりの「ミサンガ」風チケット君とか細かいな。


「クッキンアイドル」と「うっふんアイドル」…
二文字違いで凄い差が出ちゃってるぜ…!!


>「イマジネーション足りてないの、お前の方じゃない!?」
 カッコいい(確定


映画のライトは本編よりもカッコ良く見えたわけで。
ナイル伯爵やサファリレッシャーも良かったですね。
サファリレッシャーはまた出てくれるはず!…25年後に。


>サファリの挿入歌が凄く…アキバレンジャーです…(歌手的な意味で。


やはりイマジネーションと妄想力は表裏一体なのか!!


>片岡愛之助さんって…。マルスって洋風でしょ!?
 とかいうバタコの勝手な考えは片岡さんの渋い声でゴールデン
 スカッシュされたのだ!


マルスよりも片岡愛之助さんの方がインパクト強かったわw
あのまま戦っても十分強そうなオーラがある。


>人間界の植物からロックシードを
 造れるからサガラにとってどうとも無い
 ことかもしれないですが…。


最近、サガラは謎のまま終わるんじゃないかって思ってる。
大気圏外から地球を見下ろすサガラでエンドみたいな。


>闇コウタを受け入れて欲しかったっていうか、
 自分の争いの感情を殴って終わらせて欲しくなかったなぁ。


あそこで紘汰・闇をぶっ飛ばすのが紘汰さんってカンジ。
結局、敵の術みたいなものだったし、アレはアレで良いかなと。
争いの感情を受け入れるとするならば、それは戒斗の役目かも。


>シグルドとデュークを残してマルスを倒したのはかなり台無しな気が
 したんですよね。 (これもサッカーが邪魔してた要因かなと。


それはありますよね。サッカーだから11人とかどうなのかと言うね。
戦闘シーンやサッカーシーンのせいで、キャラ描写が浅かったのは残念でしたわ。
最後の勢揃いはもっと盛り上げられたと思うのだ…。


>今回の映画で一番笑ったのが 曽野村が出てたところっていう…。


まさかと思っていましたが、やっぱりあれ曽野村だったのか!
もう二度と出番はないだろうと思っていただけに
劇場版で出番があったのは、黄金の果実の導きであったと言えよう。
レーッドホット!





>>トロワさん



>動物と宇宙でちぐはぐでしたが
 でもトッキュウジャーの世界としてまとまっていたのは良かったですね。


元々バラバラの設定をまとめる手腕が凄いですよね。
動物と宇宙の組み合わせが若干アレですが
宇宙へ帰還するサファリレッシャーの画が良かったり
ギャラクシーラインを設定することで世界観が広がったりは上手いなと。
ナイル伯爵を宇宙的にしないで、動物を狩るハンターにしたのもイイカンジ。


>レディのあのセリフで腹話術人形か!? って思いましたけど
 途中で車掌とチケット君が同時、かつ別々にしゃべるシーンがあるから
 もう何なのかわからんですわ


考えるんじゃない、感じるんだ。
車掌さんは車掌さん、チケットくんはチケットくん。
そう…それでいいんだ…。(白目)





>>インメルマンターンさん



チケットくんのアナウンスや、特殊オープニングがあったのは良かったですね。
冒頭からグッと掴まれた感じです。


>今回の作戦、レディの「今の人は下ばかり見て宇宙を見ない」
 って台詞に対する答えなんですよね


空を見上げれば虹が見える。その先には宇宙がある。
宇宙から来たレディがイマジネーションを忘れかけてるのがポイントよね。
虹をかけて人々のイマジネーションを蘇らせる展開はグッときました。


>考えてみればおかしな話なのですが、あのイケメンライオンフェイスに
 惚れ込んでしまって早々にどうでもよくなってしまいました


ライオンマークが、キョウリュウジャーのドコルドさんに見えて仕方なかったわw
でも、胸にライオンの顔があるロボってのはやはりカッコイイですね。


>最後の〆は綺麗なライダーキックを披露してくれた
 トッキュウオーとサファリガオーロボ。
 どっかのfeat.デンライナーが血涙流して悔しがってるかもしれません


トドメのキックはカッコ良かったわー。
デンライナーってトッキュウオーの足になってましたよね確かw
軽い…デンライナーの扱いが軽い…!





>>朧月夜さん



18時過ぎの回を観に行ったのですが貸し切り状態でした。
すげーくつろいで観られましたわ、どうも僕です。
リラックスしすぎて後半ちょっと眠くなったけどw


>はぐれてしまったレディと、自分達の街に帰りたいライトとの対比。
 文明の発達と共に、下を向いてばかりの現代人でも、
 イマジネーションは失ってない!ってゆうメッセージ性。


30分程度しかないのに、素晴らしくまとまったストーリーでしたよね。
虹をかける所はグッときちゃいました。
私も感心しつつ泣きそうになっちゃいましたわ。


>後半はパンダとかパンダとかパンダとか…度肝を抜かれました。
 てか、スーツonスーツ?(笑)アクターさん、お疲れ!!


パンダ可愛かったっすわw
でも動きにくそうって言うか暑そうだったね。
ああいうのは本編じゃできない楽しいイベントだなと。


>なんか…ヒカリ君、みょーにカグラに優しくなかったですかぁ?フラグ?


ヒカリ×カグラ、ミオ×トカッチ。これね!(?)


>レディの可愛さは異常。
 表情のパターンが少なかったのが残念ですが、キャラ付けかもですね。
 可愛いから、何でもいいや(笑)


ずっとツンツンしてましたねー。
でもそれでも可愛いんだな!衣装もキュートでナイスでした。


>明君の扱いも、上手かったですね。
 常にいるわけじゃないけど、ここぞとゆう所で神出鬼没。
>ビルドダイオーのコックピット内の生活感をスクリーンで観ると
 なかなかぐっと来るものが(笑)


明くんの出番が思った以上に多くて驚きました。
ビルドダイオーの運転席もいつもよりパワーアップしてましたね。
あんなに生活感あふれてると、ダメージ受けた時が大変そうだぜ。


>正直、トッキュウジャーはCMからカオス臭しかしなかったので
 期待以上ですんごく楽しめました☆(酷い)


確かにw
動物戦隊のお笑いノリかと思いきや、そこはあくまでワンポイント。
しっかり感動させてくれる良いストーリーでした。


>あんな爽やかな戒斗さん、戒斗さんじゃないやい!


なぜ戒斗さんだけ、あんなキャラになっていたのかw
傷つけあう争いのない世界だと、好青年になるのか強者…!


>ラピスがもがいて傷付いて、守れなかった自分の世界を悔いてるからこそ、
 紘汰に想いを託したストーリー。そう思えば色々難解だったけど、
 納得できるかなーと。(ザックリし過ぎかしら?w)


そうそう。そこをもっと掘り下げてくれればもっといい感じでしたよね。
サッカーと中盤の戦闘シーンで尺を使いすぎなければいけたような気がするゥ。

でも、そのアクションが凄かったのも事実。
仰る通りスーツ着てサッカーとか乗馬アクションとか見応えありましたね。
片岡愛之助さんもカッコ良かったわー。


>でも、なぜ陣先輩達は出てきたのかはやはり謎(笑)
 しかも、なんであのシーン?w


謎の友情出演に困惑でしたよw
あのあと出番がなかったことにもっと困惑でしたよ!


>ヨルさんが感想上げてくれたお陰で、
 観に行くの先延ばしにならなくて良かったっすー!
 ありがとさんですー!
 

こちらこそ、読んでくれてありがとう!
急いで書いたので色々と雑なのがアレですが楽しんでいただけたのならば幸いです。
もっとちゃんと書けばよかったかな?w





>>にわか三級(仮)さん



ネタバレに配慮た上でコメントしてくれただけでも感謝だよ!

子供たちに交じって、虹を見た大人もイマジネーションを溢れさせる展開…
実に良い感じでしたね。本編でやってくれても通用するほどのクオリティでした。


>そのうち車掌さんの朋友として小堺氏の演じるキャラが……無理か(笑)。


小堺さんチラッと出てこないですかねw
この間のお笑い回で出てくれても違和感なかったのになぁ。ゴー☆ジャス…。

車掌さんは追加戦士枠を諦めていないのか…!
トッキュウ0号が出るとしたら、また一回チケットくんに変身して欲しいなw


>後ろめたかったのかちょっと退いたのも可愛らしかったです。


キリンさんよりレディの方が1000倍くらい好きです!
レディのツンデレ良かったですわー。
ツンツン状態でも可愛いのがズルい。あれには車掌さんは勝てない。


>サファリレッシャーのアナウンスとパス子の声も同じでしたし、
 烈車と深い関係があるのかも…。


25年経ってるのに若々しいレディといい
車掌さんやチケットくんは普通の人間とは違うっぽいですかね。
イマジネーションの塊みたいなものかな。


>串田氏がいつ「サファリパ~~クッ♪」と締めるのか気が気でなかったです(笑)。


色んな意味でアウトっぽいですが同じ期待をしていた私なのであったw


>そりゃあなりきってクッチャクッチャと(笑)。
 コアラになったらユーカリも食うぜ(思いこんだら命がけ


ぬぅ…さすがなりきりリーダー…!
そこまでパンダになりきっていたとは。
あれが幻の激獣パンダ拳だったということか…!!


>不死鳥トカッチとネタにしたら本当に羽ばたきましたね(笑)。


むしろ、ちょっとカッコ良すぎて違和感w

細かいネタをふんだんに入れ込んでくるトカッチはさすがでしたね。
そう言えば、ケーキに顔面突っ込んでましたけど
不思議と嫌悪感は湧かなかったな…これもトカッチ効果なのかしら。
これはマジで凄いかもしれない。


>そして虹で笑顔になった明ですが、
 かつて笑わせようと躍起になっていたライトは自分の預かり知らぬところで
 リベンジを達成していたというのも面白い話でした。


なんか北風と太陽みたいなカンジw
しかし、虹で笑顔になる明は良かったですね。
以前のお笑い回のラストがこれだったら凄く良い話で絞められたのかも。


>舞に愚痴ったように、どこぞの魔法少女の如く何度かやり直したみたいですが…。


なるほど、何度か夢の世界を自分の思うように改変してるのか…。
本編の戒斗さんは完全なる異物だったわけね。
微調整を繰り返した結果、ミッチが違和感を感じ取ったり
プロフェッサーがいらんことしたりしだしたのか。
ラピスくん、思った以上に頑張ってた。

でも、この辺はもうちょっと分かりやすく描写して欲しかったな。
力技で強引にまとめてましたけど、説明されればスッキリできるしね。


>知恵の実を超越するどころかカチドキアームズに押し負け、
 知恵の実の力の一端である極アームズにも二連敗…


あれ…これってば劇場版のボスキャラとしては実力が低くね…?
コウガネさんの黄金の果実って…。
やはり人間態のままの方が強かったんじゃないかと言う疑念。


>貴虎、乱心と言うべきでしょうが、TV本編を視ていると
 「その選択が一番正しい」と思えてしまうのですから、不思議なものです(笑)。


シドを高所から叩き落す事で
何気にリベンジを果たす貴虎兄さんさすがです!


>仰るとおり、ラピスが(戦う覚悟ができなかった)紘汰ポジであり、
 コウガネの創造主でありおそらく人間態のモデルとなったのが、
 (知恵の実に関する語りからして)戦極ポジでしょうね。


個人的に、この辺はもっと掘り下げて欲しかった部分ですわ。
きっと物語に深みが出たと思うんだけどなー。勿体ないなと。
白銀ニューステージは、紘汰のセリフとかけてあったのね。
それなのに一瞬でボールになる冠の扱いに涙が止まらねぇ…!


>戦う気力を失ってしまったら介入しなくなるのでしょうね。


そう言えば、サガラは最初から
「戦って勝ち残った者だけがー」と強調してましたね。
サガラの目的が何なのか分からないけど
彼には彼の思惑があるって事か…それともただ面白がっているだけなのか…。


>ヒカリとカグラ
 実は最初期からこんな感じです(笑)。


ワゴンちゃん×明くんのフラグはいつ立ちますか?





>>Shinjoさん



なんだかんだサッカーは世界的にメジャーなスポーツだと言うことかしら。
攻守がノンストップで目まぐるしく入れ替わるから
野球みたいなターン制のスポーツよりも描きやすいってのもあるでしょうね。


>ユグドラシルVSシャルモンの尺とか、
 なんでミッチは記憶がある&素直に紘汰と共闘してるのとか、
 細かい疑問点はありますが、全体的にはしっかりとまとまっていたと思います。


予想以上にちゃんとしてたなと言う印象でしたw
サッカーメインっぽかったのであまり期待はしてなかったんですけど
思った以上に楽しめました。
細かい疑問点はいつもの事と言えばいつもの事かしらねw
上手く調整すれば解決できそうなのが歯痒かったなと。

しかし、あの世界の戒斗さんはなぜあんなにきれいだったのか…。
爽やかすぎるよ戒斗さん!




管理者のみに表示

トラックバック