ミッドナイトブルーオーバードライブ

趣味の雑記を駄文にして世界に発信する波紋疾走なチラ裏系ブログ

仮面ライダー鎧武/ガイム感想 第37話

2014.07.19 (Sat)

第37話 「バロン・サッカー対決 夏の陣!」




キャプテン戒斗(#37)




『かいと』 ガッツ 780


【必殺技・消費ガッツ】


バナナシュート 240
ネオバナナシュート 370
ライトニングバナナー 410

オーバーヘッドキック 160
バナナーオーバーヘッド 380

ごういんなドリブル 60
バロンコンビ 80

マンゴータックル 180

レモンエナジースパーキング 500


とりあえずユニフォームの袖を肩まで捲ろうか戒斗さん。第37話。




サガラ
「葛葉紘汰との差は開くばかりだな。」
「あいつは、どんどん成長してるぜ。
お前は勝てるつもりでいるんだろう?」


戒斗
「当たり前だ。」


サガラ
「大した自信だな。」
「試してみるか?あいつの力を。」


戒斗
「いいだろう。」
「力の差があるなら…戦うだけだ!!」






戒斗くんふっとばされたー(#37)





【結果】 ダメでした。




いやー、意気込みだけで勝てない相手っているよねー。
気合い入れて挑んだものの、火縄大橙DJ銃でドカンですわ。
さすがにレモンエナジーでフルーツ特盛大将軍に挑むのは酷だったか…。

むしろ、あんな近距離から火縄大橙DJ銃の直撃を受けて
変身解除されただけだった戒斗さんのタフさは凄くね?
まぁ、その勢いで異世界にまで吹っ飛ばされちゃってましたけど。


久しぶりに(唐突に)出てきたサガラが
「葛葉紘汰との差は開くばかりだな。」とか言っていましたが
そりゃお前が、紘汰さんにばっかりパワーアップアイテムをあげてるからだろと。

現状、戒斗さんは頑張ってギリギリついて行ってますけど
ゲネシスがなかったら周回遅れは確実の戦力差だからね。
一度転生しない限りは紘汰さんに勝つのは無理なレベルの差が出ちゃってるね。


湊さんからゲネシスドライバーを貰ってなかったらどうなっていた事か…。
戒斗さんはいまだにBUZAMAルートを爆進中だったに違いないと思うと
考えただけで膝の震えが止まらねぇぜ…!


ひょっこり出てきたサガラさんですが
指パッチンでクラックを開いて、異世界の鎧武を召喚するとかどういう事なの…。
これまでも、地球とヘルヘイムを自在に行き来してる風ではありましたが
何気にアッサリとロシュオクラスの能力を使うサガラにビックリですわ。

サガラが召喚した鎧武は、どこから来たどこの鎧武なのかは不明ですが
戒斗さん相手に無言で襲い掛かってきて
容赦なくDJ銃ぶっ放す紘汰さんが入っているわけですよね…なにそれ超怖い!

いったいあの世界の紘汰さんに何があったのか…。





謎の少年
「…。」






映画の子(#37)

だれだ!?





なんかしゃべれ。






凰蓮
「うなれ!ワテクシのドリアンシュート!!」


ザック
「うわぁぁあああーーーッ!??」


凰蓮
「ひどい有様ね。こんなんでオールライダーカップは大丈夫なの?」

城乃内
「まぁ、どちらにせよ優勝は俺たちチームシャルモンが頂くけどね。」

初瀬
「あんま無様な試合するんじゃねぇぞ。」






ザックくんふっとばされたー(#37)





ザックくんふっとばされたー!




な、なにィィイイーーーッ!!?チームバロンが誇る
SGGK(スーパーゲンコツゴールキーパー)が手も足も出ないだとォーッ!?
10対0とか…くっ!ガッツが足りない!


おそるべしブラーボくんのドリアンシュート。なんか臭そうだし。

凰蓮さんってば、変身した後にユニフォーム着ちゃってるから
サッカー選手と言うよりもアメフト選手みたいになってるじゃないですか。
あんなのと競り合ったら血だるま確定じゃねーの。
血で染まったレッドカードが乱舞する試合展開きちゃうわぁ。


仮面ライダーナックルは、手があんなカンジだから
ゴールキーパーにする以外は使い道がないよね…。
むしろ、キーパーにしておけば鉄壁の守備を誇りそうなのですが
対戦相手がブラーボと言うのが悪かった…。
この世界の凰蓮さんは、フランス空挺部隊出身の元軍人ではなく
フランスのプロチームで活躍していたサッカー選手っぽいですね。
プロフェッショナルズルい…!


華麗なハンドスプリングスローを披露した初瀬ちゃんと
サッカーのプレイ中もメガネ着用を忘れないメガネスト城乃内。

凰蓮さんの両サイドでいきがるチンピラコンビが懐かしくて涙が出る。
初瀬ちゃんが生きてたら、城乃内と一緒にシャルモンでバイトしながら
凰蓮さんに鍛えられる日々を送っていたんだろうなー(*´σω・、)ホロリ


凰連さんだけ変身してましたけど
初瀬ちゃんと城乃内も変身できるのかな?
グリドンのドングリコロコロシュートとか見たいじゃんよ。





戒斗
「ヘルヘイムに侵食されていない…。
別の世界に来てしまったという事か。」






異世界キター(#37)





はいはい異世界異世界みたいな。

あーこれ、また異世界来ちゃったかー。かーまいったわー。
この世界も俺を必要としてるかー。くー、人気者はつらいわー。みたいな。


別の世界に来てしまったというのに、この落ち着きっぷり。
さすが別世界に飛ばされることに定評のある戒斗さんである。

そもそも本編でもクラックを通って異世界であるヘルヘイムに行っているわけで
もはや別の世界に来たくらいでは驚きもしないのね…!

「あー、この世界の初瀬は生きてんのねー。」みたいなドライさを感じるw






ザック&ペコ
「「記憶が思い出せない!?」」


戒斗
「まず俺たちが何をやってるのか説明しろ。
聞けば思い出すかもしれん。」
「だから教えろ。お前たちは、なぜサッカーをやってる?」


ザック
「なぜって決まってんだろ。
オールライダーカップで優勝して、黄金の果実を手に入れるためだ。
たった1人勝ち残った者だけが手にすると言われる黄金の果実。
俺たちが勝ち残るためにはサッカーしかないだろう。」


戒斗
「フンッ…そうか。行くぞ。」


ザック
「どこへ?」


戒斗
「練習だ。そのオールライダーカップ、優勝するのは俺たちだ。」






ブレない王戒斗(#37)





まったくブレない悪びれない。




いきなり異世界に飛ばされてきたと言うのに
冷静に状況を把握し、思考を切り替えて、強者を目指す。
これが鋼のメンタルを持つ駆紋戒斗さんなんだよね!

その圧倒的な順応力と適応性は、もはやディケイドレベル。
「ここがオールライダーカップの世界か…。」


戦国時代に飛ばされれば、DAI6TENMAOとして覇王を目指し
トッキュウジャーの世界に行けば
レンボーラインを目視できるイマジネーションを発揮する。

例え世界が変わっても決してブレない戒斗さんは
精神面では他の追随を許さないほどのメンタル強者であると言えよう。
元の世界に戻ることなど微塵も考えず
すぐさま現状での強者を目指す方法を模索して実行に移すとかまさに鬼メンタル。
彼を精神的に屈服させることは、もはや不可能なのかも知れんw


「記憶が思い出せない。」


「まず俺たちが何をやってるのか説明しろ。 聞けば思い出すかもしれん。」


なんだろうこの違和感バリバリなのに、通じてしまう会話は…w
これでもチームバロンの絆があっての芸当か。
ペコの衣装がちょっとカワイイ。


「俺たちが勝ち残るためには、サッカーしかないだろう。(確信) 」


ザックのサッカーに対する絶対の信頼感。
な…なぜサッカーなんだろうかw
しかし、基本世界の戒斗たちもなぜかダンスしてたわけで
結局の所、競い合って奪い合うことが出来ればなんでもいいのかね。

この世界でも黄金の果実を手に入れられるのは1人らしいけど
サッカーってチーム戦じゃないですか…。
同じチーム内でPK戦でもするのかしら?
うーん、最終的にはやっぱり力づくの殴り合いになりそうでもあるな。


サガラはヘルヘイムの脅威のないこの世界でもライダーズを煽ってるのね…。
オールライダーカップホットラインを運営しているサガラは
基本世界(いつもの鎧武の世界)のサガラとは別人なのかな…?
仮に別人だったとしても、なんらかの能力で
全てのサガラの意識は繋がっていそうだわ。
並行世界を股にかけながら壮大な神の遊びを実行している可能性あるで!






戒斗
「さぁ、来い!ボールを出せ。」


ザック
「戒斗…大丈夫か?お前。」


ペコ
「サッカーの仕方も忘れちゃったんですか?」


中村憲剛選手
「駆紋戒斗!無様なシュートだな。
本当のシュートを教えてやろうか?」


ペコ
「あっ…あの人は!!川崎フロンターレの中村憲剛選手ですよ!!」






強者のシュート(#37)





強者シュート出たーーー!!




一見、スカったように見える戒斗さんのシュートですが
あの足元に転がっているのはボールの残像です。
本物のボールはすでにゴールネットを突き破り
コンクリートの壁に風穴を開けているのです。
戒斗さんの蹴り足が亜光速を超えた為
一般人の視点には認識不可能なレベルでごめんなさい、嘘ですぅ…。(涙目)


なんというBUZAMAシュート。
戒斗さんの運動神経どこいったんやねん…。

久ぶりに無様る戒斗さんの姿にグッときたぜw
カモンカモンカカカカモーンカモーン!と
華麗にリプレイさせられる戒斗さんが実にトレビアン。
スカった後の何とも言えない表情と立ち振る舞いもナイスであった。


そして、いきなり登場してきたJリーガー中村憲剛選手。
懇切丁寧に解説してくれたペコを見て
彼のこの世界でのポジションが見えましたね。富樫&虎丸ポジやアレ。


中村憲剛選手がなぜここにいたのか、なぜ特訓をしてくれるのか
その演技力はどうなのか、その他諸々全体的に謎ですが
気にしたら負けな気がするので気にしない方が良いだろう。
練習するチームバロンの面々が微笑ましいw






ペコ
「この調子だと、本当にいい所まで行けそうですね。」


ザック
「いい所じゃねぇよ。目指すは優勝!だろ、戒斗?」


戒斗
「あぁ。」


ペコ
「嬉しいんです僕…強い戒斗さんについて行けるのが。
あっ…戒斗さんってどうしてサッカーをやりたいって思ったんですか?」


戒斗
「フッ…サッカーだろうが、ダンスだろうが
目の前に強い者がいればそいつと戦うまでだ。
とにかく…1回戦だ。チームシャルモンに、この前の借りを返すぞ。」






エースストライカー戒斗(#37)





やだ…戒斗さんカッコイイ…!




ちょいと特訓しただけで、バナナシュートを会得する戒斗さんパネェ。
コーナーキックからダイレクトにゴールする軌道が鬼。
あんなに曲がったバナナ初めてだよぅ…剥くの大変そう…。


戒斗さんの劇的パワーアップで、チームバロンは快進撃を続けている模様。
勝利者インタビューを受ける姿に貫録が漂っておるわ。

ペコも惚れ直してるし、戒斗ってなんだかんだカリスマ性あるよね。
軍団を率いていた方が生き生きしてる気がするし
本人も仲間がいた方が居心地良さそうだしね。
やはりあのコートはズッバロ(戒斗はチームを抜けても
心はずっとバロンなんだからね!の略)の証なんや。


「チームシャルモンに、この前の借りを返すぞ。」と豪語する戒斗さんですが
コーヒーカップを上手くソーサーに置けないというお茶目さも発揮。

カッコイイポーズでカッコイイセリフを言っているのに
キマっていない手元に目線が吸い寄せられてダメだったw
よそ見して話ながらカップを置こうとするからそうなるんやで…。






凰蓮
「ちょっと待って。助っ人を呼んであるの。」


ザック
「助っ人だと?」


ペコ
「あっ!FC東京の太田宏介選手!!」


凰蓮
「戦いってのはね、勝つためにできる事は全部やるべきなの。
覚えておきなさい。」


中村憲剛選手
「戒斗!助っ人になってやるよ。
戒斗、特訓の成果を見せてやろうぜ。」


ペコ
「あっ!中村選手!!」






解説のペコさん(#37)





あ、あいつはFC東京の太田ーッ!!
お…お前は…!?助けに来てくれたといいうか川崎フロンターレの中村ーっ!!


吠えるペコさんの実況魂。まさかの大活躍にビックリである。
ついに実況解説キャラとしてのポジションを確立しおったか…
この世界でのペコの出番は安泰やね。
もうしばらく実況させといたら
興奮のあまり泡ふいて気絶する程ヒートしてくるに違いない。


ペコ大興奮の選手紹介と共にハイクオリティなCGを駆使して
Jリーガーの助っ人参上。さすがゲスト扱いが良いw

しかし、プロのJリーガーの助っ人もOKとか
オールライダーカップのルールっていったい…。
子供の喧嘩に親が出るカンジかしら。


あっ、試合はチームバロンが2対1で勝利しました。ヤッタネ!(棒)






サガラ
「よぉ、久しぶりだな。」


紘汰
「サガラ…!」


サガラ
「そいつが出てくるとはな…時空が歪み始めている。
ヘルヘイムで厄介な奴が蘇ってね。こいつを見ろ。」


紘汰
「俺!?なんだよこれは?」


サガラ
「奇妙な現象はこいつのせいかもしれん。
あとはよろしく頼んだぜ。」






襲われまくる紘汰さん(#37)





時空が歪み始めてるとか衝撃的なことをサラッと言って
帰っていくサガラェ…。
あとはヨロシクとか、完全に丸投げですよ。あの野郎…!


サガラが開いたクラックの中にいたのが、サッカー世界の紘汰さんかな?
オールライダーカップの方では、チーム鎧武は出てきませんでしたが
紘汰さん自体は普通に存在しているっぽいですね。
何してたのかサッパリわかりませんが。


紘汰さんに執拗に襲い掛かってきていたのはイナゴ怪人。
ちょっぴり仮面ライダーっぽいデザインのイカした奴。
何で襲い掛かってきたのかはサッパリわかりませんが。

冒頭でジンバーレモン、ここでカチドキ→極で倒しにかかったのに
結局はとどめを刺せずに逃がしてましたし、なかなか厄介な相手だったなと。
大量のイナゴになってエスケープする技が強いよね。


今回の紘汰さんは、前回のラストから引き続き
貴虎兄さんの元に急ぐべく走っている最中なのですが
前回邪魔してきたレデュエに続き、イナゴ怪人の襲撃、サガラの訪問と
何気にイベントが多発してて、まったく移動できていなかったという事実ね。
短時間に人外に遭遇しすぎだろコレェ…。
紘汰さんから人外を引き付ける匂いでも漂ってんのかしら?


って言うかですね、紘汰のパートは数分の出来事だと思うのですが
サッカーやってる戒斗のパートは、明らかに数日経過しているんですよね。
この辺の誤差があるのに、2つの世界が交互に描写されるからちょっと混乱。

基本世界とサッカー世界の話は、明確に切り離しても良かったかなと思う。
紘汰の出番は最初と最後だけにした方が分かりやすかったか・も。

でも、相変わらず紘汰さんの生身状態アクションが超カッコ良かったので許せる!






戒斗
「この前の奴か。」


初瀬
「なんでお前、俺盾にしてんだ?おい!」


城乃内
「初瀬ちゃん何とかして!」


太田宏介選手
「憲剛さん!」


中村憲剛選手
「大丈夫か!?」


太田宏介選手
「逃げろ!!」


凰蓮
「ありがとう!ス・テ・キ!またね♪」






疾風アイアンJリーガー(#37)





超次元サッカーキタコレ。

生身の状態で、とんでもないシュートを繰り出す疾風アイアンJリーガーの2人。
なるほど…プロのJリーガーのシュートは怪人にダメージを与えられるのか…!
サッカーをメインとするこの世界のJリーガーは
アーマードライダーと同格の実力があると言っても過言ではあるまい。
そりゃ凰蓮さんも目がハートになるってもんですよ。

こんなレベルの衝撃シュートが頻繁に繰り出されているであろう
この世界のJリーグはどうなっているのかしら。
一試合に何人くらい死人が出ているのかしら。


太田選手のシュートを中村選手が胸でトラップしているので
物理的な威力が半減しているように見えますが
気持ちが込められているので大丈夫です。
友情パワーでむしろ威力は倍なのです。


初瀬ちゃんを盾にする城乃内のコンビネーションネタはさすがやねw





戒斗
「お前の相手は、この俺だ!ハッ!」






バロンシュート(#37)

バロンレモンエナジーキック(#37)





イナゴ怪人のエネルギー弾を蹴りではじき返し
華麗なライダーキックを決める戒斗さんカッコええ。
サッカーを経験したことで蹴り技を会得したと言う事ですね。たぶん。

紘汰がとどめを刺しそこなった相手をKOしてしまうとか凄くね?
ソニックアローで捕縛してイナゴ分身を封じてからの
ライダーキックがお見事でした。
「セイーッ!」って掛け声はどうかと思うけど。






戒斗
「俺をこの世界に連れてきたのは貴様か。何が目的だ?」


謎の少年
「理想の世界を作るためだよ。」


戒斗
「フッ…どんな世界だろうと俺は変わらん。
戦い強さを証明するだけだ。」


謎の少年
「それでいいよ。でも、邪魔な記憶は消させてもらう。」


戒斗
「うっ…!?ここは…夢か。






なんだ夢か(#37)



夢か





な ん だ 夢 か 。




うん、夢ならしょうがないな。(納得)

謎の少年に記憶を消去されて強制送還された戒斗さん。
基本世界での経過時間は数分しか経過していなそうですね。
つまり現在の紘汰さんは、いまだに走っている途中と言う事か。
なんか凄い時系列だのぅ。


「俺がサッカーだと…。何をやろうと変わらない。
俺は俺の力を証明してみせる。夢にまで出てくるのか…黄金の果実。」


サッカーだと…とか言ってた戒斗さんだけど
なんだかちょっと寂しそう。
って言うか、なんだかんだサッカー楽しんでたんじゃないかしら。
チームプレイが重要だし、戒斗のリーダーシップが発揮しやすいかもね。


劇場版とのコラボ回ですが、これはこれで結構面白かった。
盛り上がっていた本編の勢いをへし折るタイミングだったのが惜しいですが
サッカーしている戒斗さんが楽しかったので良いかなーと。

パラレルワールドに置いても己の理論を貫き
強さを証明しようと立ち振る舞う戒斗のキャラクターは
こういう異世界飛ばされ系の話にぴったりハマって楽しめました。
また別の世界に飛ばされても良いんだよ戒斗さん。
次は、野球か卓球か…ゲートボールかカバディか…。

方法は違えど、黄金の果実を求めて争っている別世界の話は興味深い。
調整役として時空を超えて立ち回っているサガラを見ると
全てサガラの手のひらの上で操られているような気がしてくるわ。
やはり奴は倒すべき相手…!





仮面ライダーマルス
「その果実に関する伝説は数多く存在する。
黄金のリンゴ、不老不死の果実、アンブロシア。
そして、アダムとイヴが食べた知恵の実。
禁断の果実を手にした者は、大いなる力を得るだろう。
しかし…選ばれるのは戦い勝ち残った最後の1人だけ。
さぁ、戦いを始めるとしようか。フハハハハハ…!」






リンゴのライダー(#37)

帰るわ(#37)





帰った…。





なんかスゲー勢いで喋るだけ喋って帰った…。
紘汰や戒斗といっさい絡むことなく帰っていったでオイ…。


リンゴのライダーのこの顔見せに意味はあったのか。
そもそも今回のコラボはちゃんと繋がっているのか。


『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』
を観て確かめるしかねぇ!(宣伝)

『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』
も同時上映で見逃すことはできねぇぜー!!(宣伝)




コメント

夢。。。か。
兄メロンと弟メロンのバトルですっかり緊迫したこの状況下で映画コラボぶっ込まれて、どうする気や!って一週間眠れぬ夜を過ごしておりました。

あー。パラレルワールドね。
あー。むしろ夢落ちね。
驚きを隠せません((((゜д゜;))))大人の事情恐るべし!

しかし、パラレルワールドでもか戒斗は戒斗のままで嬉しかったですねー
BUZAMAからはじまりどんどん力を得て行く姿。人を惹きつけるカリスマ性。
うん!うん!
さすが、ミスターバナーヌ☆
(サガラ養護の下、力を付けるラッキーミカン氏のヒーロー性に疑問を抱く今日この頃。特訓回とかないのですよねー彼。)

初瀬ちゃんが出てきた瞬間泣きそうになりましたよ(´;ω;`)
シャルモンで城野内君と二人、ほうれん様の手練手管でしごかれちゃう☆
そんな初瀬ちゃんが見たかったデスねー( ´艸`)デュフフ

来週どう戻すのか、楽しみでたまりません
夢落ちだし、触れられることもなくまったくスルーだとは思いますが(笑)
戒斗さんfeat小林豊さんなサッカーコラボ回でした
こんばんは。
今(負の意味で)話題の某元県議の所属団体名が「最後の希望」だと知ってウィザードファン全員が怒り&呆れてるんじゃないかと思った今日この頃です。

戒斗さんのサッカー挑戦コラボ回は予想していたよりも面白かったです。トッキュウジャーやキカイダーの時もでしたが、「鎧武」のコラボは前後の話の繋がりを考慮しなければ物語がすごくうまくできている物ばかりだと思います。
…そう、ホントに「タイミング」という鬼門さえなければ、もっと素直に誉められるんでしょうね。

戒斗さんの大活躍の他にも、初瀬ちゃん生存に思わず胸がジーンとしたり、ザックとペコの出番が多かったりと、チームバロン好きにも嬉しい回でした。

No title
劇場版「仮面ライダー鎧武&トッキュウジャー」を見てきました。

そんな訳で、ネタバレしない程度に感想を一言ずつ。
さすがに今回はサッカーの部分にも言及します。

トッキュウジャー
パンダ強っ!

仮面ライダー鎧武
ストーリー的にサッカーの必要性って、カレー食べる時のフォークぐらいだよね?
ぶっちゃけ、ダンスにして「昔の沢芽に戻ったのか!?」みたいな方がよかった気がします。

さて、続いて本編で思った事をいくつか。

①鎧武の極アームズにあっさり負けた戒斗。鎧武がジンバーなら、まだいい勝負できたと思うんですが・・・。ただ、紘汰と戒斗の戦力差を広げたのは間違いなくお前だ、サガラ。

②ブラーボのボールに吹っ飛ばされたナックル。正直、受けるんじゃなくて、ボールをボクシングみたいに殴ったら弾き返せたんじゃないか?反則なのかもしれないが・・・。

③初瀬ちゃんの生き生きした姿が見れて嬉しいです。彼も死ななければ、城乃内と一緒にシャルモンで修行して、格好良くなってたんですかねぇ?大勢の黒影トルーパーを相手取って「偽物なんかに負けるかよ!」みたいな感じで。

④異世界に来ようが、全く動揺していない戒斗。多分、彼は士(ディケイド)みたいな状況に置かれても、一切ブレないんでしょうね。キャラのブレなさという点では、天道総司や五代雄介にも引けを取らないんじゃないでしょうか。

⑤俺たちが勝ち残るためには、サッカーしかないだろう?いや、他にもあるだろ!もっと平和的なペタングとかチュックボールとか!間違いなく戒斗には合わないスポーツだけど!
※ペタング&チュックボール:どちらも私が知る限り、最も平和的なスポーツ。

⑥黄金の果実は1つ。サッカーは1チーム11人。つまり、代表者が「俺を含めた此処にいる11人の願いを叶えろ」と願うんですか?

⑦思いっ切りキックを空振りした戒斗。えっ?ひょっとして練習前の戒斗って、私と同レベル?

⑧プロのサッカー選手に来られても全くピンと来ないんですが、あれってどのぐらい凄い人たちなんですか?

⑨バナナシュートは曲がる。ドリアンシュートはトゲトゲになる。つまり・・・ブドウシュートはボールが増えるんですかね?

⑩戦いってのはね、勝つためにできる事は全部やるべき。私も凰蓮さんの意見に賛成です。私もルール上で許されるなら、全メンバーをプロ選手に変えます。

思い出しますねぇ、中学の時の球技大会のドッジボール。

「どんな手を使っても勝つ!」と息巻いていたクラスメイトたち。
「試合終了時点で内野の多い方が勝ち」というルール。
「ゲーム開始時点での内野の数の差」と「他のクラスの奴に助っ人を頼む事」は黙認されていたという前提条件。

上記の事を踏まえて「最初の時点で相手より内野の数を2人以上多くしておく(ジャンプボール対策)。後はこっちにボールが来たら、何もせずにじっとしてれば勝つんじゃね?」という作戦をスルーされました。
未だに納得できません。

⑪生身で怪人にダメージを与えたプロ選手たち。私もこのぐらい超次元なサッカーをやってくれれば、少しは興味が持てるんですけどねぇ。

⑫結局、元の世界に戻るまで、というか戻っても一切ブレなかった戒斗。謎の少年も変な世界に連れてきたお詫びに、腕の侵食を消すぐらいできなかったんですかね?

⑬で、仮面ライダーマルスは何しに来たの?

さて、次はちゃんと本筋に戻るようなので、一安心。
それにしても、鎧武はコラボのタイミングに恵まれませんね。
あっ、紘汰について言及するのを忘れてましたが・・・まあいいか。
ボールは戦友(ともだち)。
本当タイミング悪いなぁもう、とか、
色々文句を言いつつも、なんだかんだ、
結構コラボ回をエンジョイしてたSoyです、
こんばんは。

◻︎エリアの男爵
・今回はなんと言うか、戒斗さんの鋼のメンタルっぷりを
楽しむ回でしたね。
異世界への適応力が高いのは元より
(でも別の劇場版で第6天魔王を目指してたとは
知らなかった…/笑)、
雑な記憶喪失設定でサッカー世界の事情を把握する手際と、
バナナシュートのまさかのバリエ開拓にはびっくりでした
(散弾バナナシュートは予想外…)。

あのまま頑張ってたら、マジで、
大会優勝してたんじゃないでしょうか。
鎧武(紘汰)とは別ベクトルのスペックの
高さに軽く嫉妬&戦慄です…駆紋戒斗…恐ろしい子ッ!

◻︎4/11(じゅういちぶんのよん、パラレルの皆さん)
◼︎初瀬君とパラレル・シャルモン
・初瀬君、劇場版世界では元気そうで何よりでしたね。
終盤の乱闘シーンはセリフがうまく聞き取れなかったんですが、
城之内君に盾にされてたんですね…本編の時と立場が
逆転してるのが実にナイス(笑)。

ユニフォームピッッチピチなブラーボ(凰蓮さん)
とか、久々の木の実コンビとか、
サッカーチーム・シャルモンは、
キャラとギャグと小ネタが弾けてて
良かったですね。
どの世界でもシャルモン組は癒しだなぁ…
私も中盤で出てきたサポーター達に混ざって、
シャルモン公式タオル片手に彼らを
応援したいです(笑)。

◼︎ Jリーガーのお二人とパラレルサッカー
・サッカーそんなに関心無いくせに、
W杯だけ盛り上がるタイプの人間なもので、
二人が助っ人で出てくる度、「…誰?」と
呟きまくってました(汗)。
ペコの解説がありがたい事、ありがたい事…
しかし、太田選手、中村選手、マジですみません…。

・終盤の乱闘、画面から少し目を
離してしまって(さっきからこんなんばっかで
すみません/汗)、
何故、凰蓮さんがJリーガー二人に
メロメロなのか分からず、
怪人から庇ってくれた二人の男気に感激してたのかと
思ってたんですが、まさか怪人に攻撃してたとは…
なんかエフェクト的にも攻撃力ありそうな
シュートですね。

>こんなレベルの衝撃シュートが
頻繁に繰り出されているであろう
この世界のJリーグはどうなって
いるのかしら。
一試合に何人くらい死人が出ているのかしら。

Jリーガーであれだけの戦闘力と度胸なら、
世界中から猛者の集うW杯なんて、
もう戦は戦でも、ラグナロクとか、
ハルマゲドンとかのまるで別次元のやつなんじゃ…
恐るべし、劇場版世界のサッカーと選手…。

◼︎謎の少年
・今回ミッチ出ないな、とか思ってたら、なんか先々週くらいの
ミッチと同じような事言うキャラが…。
まさか流行ってるのだろうか…えっと…
方舟男子(何と微妙なカテゴリ)。

映画ver.のOP等々で紘汰と親しげにしてましたが、
イナゴ怪人が彼の配下っぽかったのと、
「今回の騒動はこいつのせいかな?」的な事を
久々登場のサガラが言った時に、
紘汰の側にいた辺りから、彼が今回の映画の
黒幕だったりするんでしょうか?

だったらなんでサッカー中心の世界を創りあげたのか、
色々気になっちゃいましたね…詳しくは映画館で、
の風潮がちょっと憎い…。

◼︎リンゴライダー・マルス
・私、果物はリンゴが一番好きなんですが、
そのフィルターを外しても尚、
「鎧武のライダーデザインで一番美味しそうな鎧だな」
と思ってしまいました(笑)。
肩のリンゴが絶妙にしゃりしゃりしてそうで
なんとも良い感じ…じゅるり(フィルターは…?)。

・後は素直に、片岡愛之介さんの
上手なアフレコパワーのたまものか、
少ない出番ながら悪役の凄みが
溢れ出てたのがナイスだったなぁ、と。
本編の中ボス勢(レデュエとかプロフェッサーとか)とは
また種類の違う、悪役&カリスマっぷりが
なかなか素敵だったので、あのまま本編に出てきて、
ナチュラルに中ボスやってくれないかなぁ、
と個人的には思いました。

そんなマルスも活躍は劇場版限定かぁ…
くっそぅ、自分の時間と人望の無さの両方が憎い…。

◻︎あっさり帰ってきたプロフェッサーと、
まさかの貴とr…見慣れたスーツのお兄さんが
気になる明日の本編を楽しみにしつつ、本日はこのへんで。
それでは。
毎回見事に無茶振りを捌く毛利先生に拍手!
劇場版の話は港へ駆けつけた後に起こったみたいですが、お得意の時空の歪みで、現在と未来がごちゃごちゃになったのが、今回の話といったところでしょうか。それはそれとして映画での出来事はパラレルとして流してはいけない、絶対にだ!!
ヨルさんや皆さんの疑問については殆ど映画で出てますし、色々ネタバレになりますので、今回も抑えます。

公式サイトで、サッカー経験者のキャスト達がはしゃいだり、打ち合わせそっちのけでサッカー楽しんだり、「超人なんだから早く動け!」とスーツアクターさん達が無茶振りされたりと賑やかだったようですね。ある意味、ガス抜きでもあったのでしょうねぇ(笑)。

>とりあえずユニフォームの袖を肩まで捲ろうか戒斗さん。
まさにライバル…!

>戒斗の噂でチャンバも走る
えぇ、エンヤ婆並みに(笑)。しかし上のタイトルといいよく思いつくものです、ヨルさん。
それはそれとして中学編OPでの「それにつけても俺たちゃ何なの」のフレーズから迫ってくるライバル達のシーンがありますけれど、その後に入る格好良いエレキソロをバックに、ゴール前に立ちはだかる若島津君の姿は日向を差し置いてラスボスの風格に満ち溢れておりました(笑)。

>イナゴ怪人、現る
やや老害化した本郷さんといい、コイツといい、紘太達フルーツ侍&フルーツ騎士は害虫(バッタ)と相性が悪いということか…。

>葛葉 紘太との差
「成長」は「オーバーロードとして」な辺り、エグいです(苦笑)。しかしサガラは、事実はどうあれ人を煽るのが巧い(笑)。「お前もオーバーロードを超えろ」的な(笑)。

>ザックくんふっとばされたー!
森崎くんもザックジャパンも頑張っただろ、いい加減にしろ!(そこまで言ってない

>戒斗さんの運動神経どこいったんやねん…
ボールひとつにキリキリまいな戒斗の頑張りは、かつてお菓子のビスコのCMで流れていた歌(うんとこどっこいしょ うんとこどっこいしょ な〜んでもできちゃうはーずなんだ こんどはきっといちにのさんって奴です)が頭をよぎります(涙)。

>超次元サッカー
何気に『イナズマイレブン』シリーズの勢いも凄かったですね。今は『妖怪ウォッチ』シリーズがポケモンシリーズに迫る勢いだとか。
その話は置いておくとして、フルーツ特盛大将軍でも逃した175怪人をバロンが仕留められたのは、鎧武との戦いと太田選手と中村選手の友情連携技で弱り切ってたからだと思いました(笑)。

>仮面ライダーマルス
格好の良いウサリンゴを視ることになるとは…。

コメント返信ッ!


>>ROMの人さん



パラレルワールド&夢オチのコンボって良く考えたら凄いですよねw
最終的に記憶を消されて帰ってきた戒斗さんが不憫でならないわ!


>BUZAMAからはじまりどんどん力を得て行く姿。人を惹きつけるカリスマ性。
 うん!うん!
 さすが、ミスターバナーヌ☆


起伏の激しい人生を送っている分、魅力的になってきてますよね。
ずーっと強がっている所も、カワイイかなーなんて思ったり。
なんだかんだ努力家なので、応援したくなっちゃいますわ。
紘汰さんも頑張れ紘汰さん。


>シャルモンで城野内君と二人、ほうれん様の手練手管でしごかれちゃう☆
 そんな初瀬ちゃんが見たかったデスねー( ´艸`)デュフフ


まったくだよ!
パラレルとはいえ上手く行ってそうな3人が見られたのは良かったです。
やっぱり城乃内は相方がいてこそ真価を発揮するタイプ…。(お笑いの)
しごかれるという部分に他の意味を感じた、どうも僕です。


>夢落ちだし、触れられることもなくまったくスルーだとは思いますが(笑)


おっしゃる通り何事もなかったかのように始まるんでしょうねw
今回見てなくても、ストーリー的には繋がるカンジで。





>>一介の753ファンさん



一介の753ファンさん、こんばんは。
最近の私は急に降ってくる豪雨&雷にビクビクしております。


>今(負の意味で)話題の某元県議の所属団体名が「最後の希望」だと知って
 ウィザードファン全員が怒り&呆れてるんじゃないかと思った今日この頃です。


「希望っていうのはタチの悪い病気だ。それも人に伝染する。
そいつらはね、そうやって病原菌を撒き散らしているんですよ!」


>「鎧武」のコラボは前後の話の繋がりを考慮しなければ
 物語がすごくうまくできている物ばかりだと思います。


そうなんですよね。しっかりちゃんと面白いんですよね。
鎧武は2話完結のスタイルじゃなくて
連続した一連の流れでストーリーを見せるタイプなので
そもそも中途半端な時期のコラボはマイナスにしかならない気がするわ。
タイミング良く切りの良い所でやってくれたら最高なんだけどねぇ。


>チームバロン好きにも嬉しい回でした。


戒斗・ザック・ペコが仲良さそうに一緒にいるのなんて
凄い久しぶりでしたよね。チームシャルモンの3人も。

せっかくなら、仲良しのチーム鎧武も見たかったかな。
紘汰とミッチと裕也さんが笑顔で一緒にいるみたいな。(遠い目)





>>JUDOさん



劇場版始まってたー!観に行けるのは、早くても月曜日かしらね…。
むしろ月曜日が休日で良かったなと。


>正直、受けるんじゃなくて、ボールをボクシングみたいに
 殴ったら弾き返せたんじゃないか?


それでもザックくんは吹っ飛ばされそうで激しくイヤン。


>城乃内と一緒にシャルモンで修行して、格好良くなってたんですかねぇ?


2人コンビで戦う姿を見たかったですね。
黒影トルーパーをガンガンぶっ飛ばす初瀬ちゃん黒影とか
考えただけで燃えるわー。


>キャラのブレなさという点では、天道総司や五代雄介にも
 引けを取らないんじゃないでしょうか。


主人公クラスのメンタルを所持しているという事か…!
恐るべし戒斗さん。


>つまり、代表者が「俺を含めた此処にいる11人の願いを叶えろ」と願うんですか?


その11人で最後のバトルロイヤルが勃発すると言うわけよ。
って言うか、なんでサッカーなのか…。


>プロのサッカー選手に来られても全くピンと来ないんですが、
 あれってどのぐらい凄い人たちなんですか?


知らん!


>バナナシュートは曲がる。ドリアンシュートはトゲトゲになる。
 つまり・・・ブドウシュートはボールが増えるんですかね?


分裂するブドウシュートいいですねぇ。
オレンジシュートは特徴なさそうで困る。…ちょっと酸っぱいとか?


>何もせずにじっとしてれば勝つんじゃね?」という作戦をスルーされました。
 未だに納得できません。


マジレスすると、ボールを取った場合は
何秒以内に投げなければならないとかいうルールがあるはず。
ドッジボールはパス回しで生き残るよりも
相手を殲滅する方が効率が良い気がするわ。


>で、仮面ライダーマルスは何しに来たの?


知らん!

…劇場版でなにか分かる気がしたのですが、そんなことは無いのかな?w


>あっ、紘汰について言及するのを忘れてましたが・・・まあいいか。


紘汰さんの件に関しては、今回ほぼ戦いっぱなしだったので
ストーリー的にはほぼ進展していないので問題はない。と思う。





>>Soyさん



ボールは武器(ともだち)。
タイミングさえよければ、もっと笑って見られるのにねぇ。
紘汰さんいつまで走っとるねん…。


>雑な記憶喪失設定でサッカー世界の事情を把握する手際と、
 バナナシュートのまさかのバリエ開拓にはびっくりでした


なんかもう色々と慣れてますよね戒斗さんw
サッカーだろうと即行で技術を吸収する才能もパネェ。
オーバーヘッドバナナシュートもパネェ。

ちなみに、戦国時代に飛ばされた戒斗さんは輝いておりましたw


>あのまま頑張ってたら、マジで、
 大会優勝してたんじゃないでしょうか。


優勝したら黄金の果実をゲットしてたのだろうか?
それとも、決勝でチーム鎧武の紘汰さんにボコられる運命だったのか…。


>本編の時と立場が 逆転してるのが実にナイス(笑)。


城乃内くんは昔やられたことを根に持っていたのかも知れぬw
異世界だけど、その意識には通じるものがあるのよきっと…!

チームシャルモンはメンバーのキャラが濃いから
人気が出そうですよね。サポータの多さも納得である。


>ペコの解説がありがたい事、ありがたい事…
 しかし、太田選手、中村選手、マジですみません…。


ホントだよ…ペコがいなかったら?マーク出すぎちゃってますわ。
私も誤っておこう。ゴメンよ太田選手&中村選手…!


>Jリーガーであれだけの戦闘力と度胸なら、
 世界中から猛者の集うW杯なんて、もう戦は戦でも、ラグナロクとか、
 ハルマゲドンとかのまるで別次元のやつなんじゃ…


国家の威信をかけた命がけのバトルが展開されていそうだぜ。
ガンダムファイトみたいな。


>まさか流行ってるのだろうか…えっと… 方舟男子(何と微妙なカテゴリ)。


箱舟男子はモテそうもない予感w
謎の少年も仮面ライダーマルスも、あんまり絡まなかったですね。
劇場版を見れば今回出てきた意義が分かるのかな?


>「鎧武のライダーデザインで一番美味しそうな鎧だな」
 と思ってしまいました(笑)。


リンゴがうさちゃんなのが可愛いですよねw
片岡愛之助さん声も良かったですねぇ。劇場版を見るのが楽しみだわ。





>>にわか三級(仮)さん



>それはそれとして映画での出来事は
 パラレルとして流してはいけない、絶対にだ!!
 ヨルさんや皆さんの疑問については殆ど映画で出てますし、
 色々ネタバレになりますので、今回も抑えます。


おっ、ちゃんと繋がっているのかな?
劇場版への期待値がちょっと上がったぞ!


>「超人なんだから早く動け!」とスーツアクターさん達が
 無茶振りされたりと賑やかだったようですね。


速く動けとか、鬼のようなオーダーだのぅw
無茶言いなさるw


>まさにライバル…!


日向君スタイルにしてこそのライバルキャラ…!


>えぇ、エンヤ婆並みに(笑)。
 しかし上のタイトルといいよく思いつくものです、ヨルさん。


アニメのエンヤ婆のスピード感ハンパなかったですねw
演技も気合入ってて最高でしたわ。

タイトルの件に関しては、いつも下らないことを考えている結果です。
たまに何も出てこなくてテキトーにつけているので見極めるのも良いだろう。


>森崎くんもザックジャパンも頑張っただろ、いい加減にしろ!
 (そこまで言ってない


意図しなかったダブルミーニングにワテクシ驚愕であるw
いや、ザックジャパンは検討したと思うよ僕は!


>ボールひとつにキリキリまいな戒斗の頑張りは、
 かつてお菓子のビスコのCMで流れていた歌


つまり特訓前の戒斗さんの運動神経はチビッ子レベルと言う事か。


>フルーツ特盛大将軍でも逃した175怪人をバロンが仕留められたのは、
 鎧武との戦いと太田選手と中村選手の友情連携技で
 弱り切ってたからだと思いました(笑)。


なるほど、連戦によるダメージが蓄積していたと言うわけか。
どうりで戒斗さん一人でなんとかなったはずだわ。(酷)


>格好の良いウサリンゴを視ることになるとは…。


胸にうさちゃんリンゴがくっ付いててもカッコイイって凄いよねw



拍手コメント返信ッ!


>>Hadukiさん



ライトニングバナナーにするか、ファイナルバナナーにするか
どうでもいいことで悩んだ僕です。こんにちは。
マンゴータックルがお気に入り。

サッカーの企画立てた時はノリノリだったんだろうねコレ。
ワールドカップだぜヒャッハー!ってカンジで。
仮面ライダー見てるこっちとしてみると、なんだかなぁってカンジですがw
Jリーガーは私も良く知らないのでポカーンでした。

初瀬ちゃんカッコ良くなってましたなぁw
やはり城乃内の相方は彼しかいない。そんなチンピラっぷりでした。

10-0はあくまでもドラマの中でのフィクション。
現実世界でのW杯では7-1が関の山よ…。
どういうことなのブラジル…笑えないどころかドン引きですわよ!

鎧武はストーリが地続きなのに
放送中止やらコラボやらサッカーやら障害物が多すぎやで。
盛り上がってる所で差し込まれるから余計にイラッと来ますわ。
もっと気を使ってあげて><

劇場版の感想はサックリ書いておきましたが
なかなかのサッカーっぷりでした。
あと、トッキュウジャーの出来が良かったのでオススメ。

ディズニーシーの夏イベントは、トロピカルなんですよねー。
すげー行きたいんですけど、夏休みの混んでる時期はスルーするのが暗黙の掟。
でも、今年はUSJのハリーポッターもあるし
少しは空いたりするのだろうか…。
どっちかというとランドの方に行きたいんだけど。
プロジェクションマッピングのショーが見たいのよねー。





管理者のみに表示

トラックバック